2024/04/24 18:00

不純と矛盾と向き合うということ──GLASGOWにいま問う、「“素晴らしい”日々とは?」

GLASGOW(撮影:Yuta Aoki)

GLASGOWがメジャー・ファースト・アルバム『NOW I SAY』をリリース。直訳すると「いま、わたしは言います」。これはなにか明確なメッセージを伝えたいという意味ではない。今作ができるまでの過程で思ったことや感じたことをその時々で綴っていき、矛盾や変化に気づいていく。そういった作業の反復のなかで生まれた発見やメッセージをじっくりと描いた作品だからだこそのタイトルなのだ。収録曲13曲のうち6曲はEP『FOOLISH AS THEY MAY SEEM.』(2023)リリース後に発表されたシングル、残り7曲は新曲(3曲はインタールード)という構成であり、本編では2023年のシングル群にも触れつつ、対照的な新曲“それでも息を”と“休息充電”についてじっくりと触れていく。すると様々な変化が訪れたGLASGOWの新たな精神性が見えてくるのだった。

GLASGOW、初のフル・アルバムをリリース!


INTERVIEW:GLASGOW

まるで独白のようなイントロ的楽曲"In you"に引き続き、<素晴らしい日々よ/これから僕らさよならさ>──そんなふうに歌う"それでも息を"によって、GLASGOW初のフル・アルバム『NOW I SAY』は幕を開ける。メジャー・デビュー、メンバー脱退、初のアニメ・タイアップ、そして會田茂一やいしわたり淳治をはじめとする外部コラボレーターとの制作など、激動の季節を経て産み落とされた本作には、藤本栄太(Gt)が言うところのバンドの「哲学」が強く刻まれている。なぜ、彼らは初のフル・アルバムで<さよなら>と歌ったのか? それは感傷の泥沼に聴き手を引きずり込むためではない。本作について、藤本とアラタニ(Vo/Gt)にじっくりと話を聞いた。

取材・文:天野史彬
ライヴ写真:のとかずき

こだわりは持ち続けつつ、エゴは捨てなければいけない

──アルバム『NOW I SAY』は「フルアルバム」というフォーマットでしか表現されえない表現をされている、とても濃密なファースト・フル・アルバムだと思いました。おふたりの手応えはいかがですか?

藤本栄太(Gt):正直、最初めちゃくちゃ不安ではあったんです。アルバムの前に出したシングル曲のなかにはアニメの曲もあればそうでない曲もあり、そういう曲たちをまとめるのは大変そうだなと思って。でも、"それでも息を"と"ながいおわかれ"(吉田仁がサウンド・プロデュース)という2曲ができたことで、1枚の作品として聴いたときに起承転結があるものになるものにできたなと思います。それに、いま言った"それでも息を"は自分たちがすごく好きな音像で作ることができて、その曲をリード曲にできたことも自信になりました。

【MV】GLASGOW / それでも息を
【MV】GLASGOW / それでも息を

アラタニ(Vo/Gt):僕らにとってフル・アルバムを作るのは、はじめてのことなんです。でも、僕ら自身はアルバムを聴いて育ってきた人間でもあるし、シングルを集めたベスト・アルバムではなく、ちゃんと「アルバム」と呼べるものを作りたい、という気持ちはあって。そういう作品をいまのサポート・メンバーたちと一緒に作ることができたのは大きかったです。聴いてくれる人にはぜひ、最初から最後まで通しで聴いてほしいアルバムになったと思います。最初から最後まで聴かないとわからない充実感は確実にあると思うので。

──今作は1曲目に"In You"というイントロ的な楽曲があり、続く2曲目にリード曲である"それでも息を"というロック・バラードがはじまる。このエモーショナルな流れの時点でかなり心掴まれました。

アラタニ:イントロやインタールードの曲はアルバムが完成する直前に作ったんです。いまの時代には合わないことなのかもしれないけど、「やってみたい」と思って。

藤本:"それでも息を"に関しては、デモをしっかりパソコンで作り込んで、それからバンドで合わせたんですけど、スタジオで、いい意味でぶっこわれたんですよ(笑)。

アラタニ:ぶっ壊れたね(笑)。この曲、元々は「BBHFの"バックファイア"みたいな曲にしたい」とこいつ(藤本)は言っていたんですけど、いざスタジオでやったら、ゴリゴリのロック・サウンドになって(笑)。

藤本:いま海外でもミニマルなものって流行っているじゃないですか。日本の音楽でもミニマルな感じの曲って好きなんです。Vaundyの"踊り子"とか、マカロニえんぴつの"恋人ごっこ"みたいな。それこそ、Galileo GalileiやBBHFのような海外のミニマルさを洗練した形でアウトプットしているもの。そういうものに通じるミニマルさを自分たちでも出してみたいなと最初は思っていたんですけど。でもスタジオに入ったら、よく言う言葉ですけど、バンドマジックが起こった。

──"それでも息を"の音像は、雄大で、厚みがあり、尚且つ大袈裟すぎない生々しさがあって。「いま、こういうロック・ソングが聴きたかった」と思えるものだと思いました。今作には、アニメ『休日のわるものさん』のエンディング主題歌である"休息充電"をはじめ、去年以降にリリースされたシングル曲群も収録されています。曲によっては、會田茂一さんや吉田仁さんといったサウンドプロデューサーを迎え、さらに、いしわたり淳治さんと歌詞を共作されたりと、バンド外の人たちと制作された曲もあります。改めて思うのは、GLASGOWにとって2023年という1年間はかなり大きなターニングポイントになる1年だったのではないか、ということで。

アラタニ:そうですね、いままでと違う脳を使ってきた1年だったし、模索し続けた1年だったと思います。アイゴンさん(會田茂一)のようなプロデューサーに入ってもらったこともそうだし、メンバーが変わったこともそうだし。「こだわりは持ち続けなければいけないけど、エゴは捨てなければいけない」みたいな1年でした。でも、そもそも僕自身は曲作りをするときにも、自分以外の人の反応がすごく気になるタイプなんです。自分が100パーセント「これがいい!」と思うもの以上に、みんなが「これがいい!」と喜んでくれる曲を出したい。だからこそ、自分のなかにあるものに、いろんな人からもらった知識や経験をプラスすることを受け入れることができたし、そうすることで物事を考えていくことに向き合うことができた1年だったのかなと思います。正直、「本当にこれでいいの?」と思う瞬間も多々あったんですけど、でも、それも1回飲み込んで消化したうえで、自分たちから出てくるオーガニックなものがよりよいものになればいいと、ひたすら願いながら頑張った1年でした。

【MV】GLASGOW / やわらかいパン(編曲に會田茂一とGLASGOWが参加)
【MV】GLASGOW / やわらかいパン(編曲に會田茂一とGLASGOWが参加)

【MV】GLASGOW / ともしび(編曲に會田茂一とGLASGOWが参加)
【MV】GLASGOW / ともしび(編曲に會田茂一とGLASGOWが参加)

──藤本さんはどうですか?

藤本:アラタニくんはいま、「自分がいいと思うだけじゃなく、みんながいいと思うものを出したい」みたいなことを言いましたけど、こういうことを言うのって、ヴォーカルっぽくないじゃないですか。

アラタニ:ははははは(笑)。

──まあ、確かに(笑)。

藤本:それでも、バンドとして握っておかなければいけない部分はあって。それを握ることが自分の役割だったし、それを意識した1年間だったと思います。関わってくれる人が増えた状況で、「僕がやりたいことをやるので、皆さん黙っていてください」なんてことはもう言っていられないな、とは思ったんです。インディーズのときと同じやり方は自分の性格的にもできない。でもそのうえで、さっき名前を挙げたような、いま第一線にいるメジャー・アーティストのなかには、哲学を感じてかっこいいと思える人たちや、バック・グラウンドがめちゃくちゃ透けて見える人たちもたくさんいるわけで。「どうしたら、自分たちもそんなアウトプットができるだろう?」ということを、2023年はいままででいちばん考えたと思います。自分たちの哲学やバックグラウンドを大事にすることはこれまでの僕らもやってきたけど、それをやったうえで多くの人に聴かれているアーティストは、いままでの自分となにが違うんだろう?と。

【MV】GLASGOW / or.or.(編曲に會田茂一とGLASGOWが参加)
【MV】GLASGOW / or.or.(編曲に會田茂一とGLASGOWが参加)

──その問いに答えは出たんですか?

藤本:正直、わからないです(笑)。でも、ぼんやり思うのは、例えばVaundyの"踊り子"のなかにUSインディ的な要素があったり、Galileo Galileiの音楽のなかにシンセポップやUKインディのような要素があったとして、でも、そういうバックグラウンドを知らない人が彼らの音楽を聴いても「なんか、めっちゃいいな」と思えるじゃないですか。音楽の気持ちよさみたいなものは、ちゃんと伝わると思うんです。そういう感じで、共通のバックグラウンドを持つ人が「好き」と言ってくれるだけではなくて、そのバックグラウンドを持たない人が聴いても「なんかわかんないけど、いいな」と思う。そんな「わかんないけど、いい」という感覚はすごく大きくて、大切なものだとは思うんですよね。「わからないけど、いい」、「わからないけど、お洒落」……全然言語化できていないんですけど、そういう感覚をもっと追求したいと思った1年だったと思います。

──「言語化できない」ということが、むしろ重要だったわけですよね。もうちょっと伺うと、好きなものを、言葉にして分かり合える者同士で分かり合っている状態も、ある意味ではとても幸せですよね。そのうえでなぜ、藤本さんはその範疇を越えて言語化できない場所に進んでいきたいと思えたのだと思いますか?

藤本:単純に、自分の原体験がそこにあった、ということだと思います。例えば、スピッツやthe pillows、ART-SCHOOLのようなバンドを中学生の頃に知って聴きはじめたときに、彼らのバックグラウンドにあるもののことなんて、まったく知らなかった。USオルタナがどうこう、みたいなことなんて知らないで、それでも「なんか、かっこいいな」と思えたんですよね。その後、音楽を掘っていくなかで「あの曲のルーツって、これだったのか」みたいなものに出会い、さらに感動する。「○○っぽいから聴こう」ではなく、バックグラウンドを知るのはあくまでも後からだったんです。自分の音楽の原体験がそういう場所にあったからこそ、向き合えた部分はあると思います。

藤本栄太(Gt)

──アラタニさんは、ご自分が「みんながいいと思えるもの」に向かっていこうと思えるのは、なぜだと思いますか?

アラタニ:いまの藤本の話に近いと思います。僕と藤本は高校からの同級生なんですけど、僕らが最初の音楽脳を形成していったきっかけって、お互いが好きな曲を勧め合い、共通項を見つけていった作業がまずあったと思うんです。俺がミスチル(Mr.Children)を持ってきて、こいつ(藤本)がスピッツを持ってきて、こいつが持ってきたthe pillowsに俺もハマって……みたいな。そこにあったものって「直感」みたいなもので、それが自分たちの原点にあったものだと思うんですよね。このアルバムの曲を作っているときは、その原点に帰ろうとしていた部分はあると思います。今回のレコーディング中、直感的に「この曲は羽ばたいてくれるかもしれない」と思える瞬間が何度かあったんです。去年から今年にかけて難しいことを考え続けてきたけど、その内省のなかで、直感が研ぎ澄まされた部分もあると思う。

──なるほど。

アラタニ:この2年間くらいで、「もっと大きなところにいきたい」という気持ちも大きくなったし、いまのサポートの子たちも含めて、「みんなでいい舞台に立ちたいよね」という気持ちも強くなってきていて。欲が出てきたんですよね。欲が研ぎ澄まされてきた。僕らが少年時代にそうだったように、目をキラキラさせながら友達や好きな子に紹介できるようなバンドになりたい。そういう思いがすごく強くなってきたんです。

アラタニ(Vo/Gt)

この記事の編集者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

どこまでも自由なベーシスト、Yuji Masagaki──人生の充実とお気に入りを詰め込んだ『FAVOR』

どこまでも自由なベーシスト、Yuji Masagaki──人生の充実とお気に入りを詰め込んだ『FAVOR』

最期があるからこそ、終活クラブは続いていく──人生を後悔しないための“友達グルーヴ”

最期があるからこそ、終活クラブは続いていく──人生を後悔しないための“友達グルーヴ”

幸せな音楽人生を目指しながら、一歩ずつ前へ前へ──からあげ弁当の焼きそばが語る22歳のいま

幸せな音楽人生を目指しながら、一歩ずつ前へ前へ──からあげ弁当の焼きそばが語る22歳のいま

これから起こること全ては『Mitaiken』──フリーダムな好芻が描く、過去のブルーと未来への愉楽

これから起こること全ては『Mitaiken』──フリーダムな好芻が描く、過去のブルーと未来への愉楽

“宇宙時代”で感じる人間の豊かさ──レトロフューチャーを描いた、Klang Rulerの初作

“宇宙時代”で感じる人間の豊かさ──レトロフューチャーを描いた、Klang Rulerの初作

「〈アゲアゲJAPAN’24〉は最強の足し算」──米田貴紀(夜の本気ダンス) × るいまる&幸村(ビバラッシュ)

「〈アゲアゲJAPAN’24〉は最強の足し算」──米田貴紀(夜の本気ダンス) × るいまる&幸村(ビバラッシュ)

疑いながら答えを積み重ねていくdownt──自身を貫いた先で待つ名盤に向かって

疑いながら答えを積み重ねていくdownt──自身を貫いた先で待つ名盤に向かって

「どんなときでもスタイルを崩さない」──豊島"ペリー来航"渉(バックドロップシンデレラ) × るいまる&幸村(ビバラッシュ)

「どんなときでもスタイルを崩さない」──豊島"ペリー来航"渉(バックドロップシンデレラ) × るいまる&幸村(ビバラッシュ)

不純と矛盾と向き合うということ──GLASGOWにいま問う、「“素晴らしい”日々とは?」

不純と矛盾と向き合うということ──GLASGOWにいま問う、「“素晴らしい”日々とは?」

「一瞬のインパクトに懸ける瞬間がある」──イサム(かずき山盛り) × るいまる&冬也(ビバラッシュ)

「一瞬のインパクトに懸ける瞬間がある」──イサム(かずき山盛り) × るいまる&冬也(ビバラッシュ)

伝説的なライヴから早4ヶ月──憂鬱も衝動も皮肉も全部持ったまま、bokula.はメジャーへ

伝説的なライヴから早4ヶ月──憂鬱も衝動も皮肉も全部持ったまま、bokula.はメジャーへ

「俺たちでヴィジュアル系の良さを出せたら」──咲吾(BabyKingdom) × るいまる&冬也(ビバラッシュ)

「俺たちでヴィジュアル系の良さを出せたら」──咲吾(BabyKingdom) × るいまる&冬也(ビバラッシュ)

「図太い信念を持ったエンタメに勝るものはない」──小野武正(KEYTALK) × るいまる&パーミー(ビバラッシュ)

「図太い信念を持ったエンタメに勝るものはない」──小野武正(KEYTALK) × るいまる&パーミー(ビバラッシュ)

もう一度、バンドとして制作を──THIS IS JAPANが掲げた“NEW”の真意

もう一度、バンドとして制作を──THIS IS JAPANが掲げた“NEW”の真意

なぜハシリコミーズはスペシャルなのか──深化の途中で育つ、揺るぎない向上心を探る

なぜハシリコミーズはスペシャルなのか──深化の途中で育つ、揺るぎない向上心を探る

インスト・ロック・バンドとしての矜持を積み重ねた20年─強固で柔軟なLITEの更なる未来

インスト・ロック・バンドとしての矜持を積み重ねた20年─強固で柔軟なLITEの更なる未来

究極のエンターテイナー、愛はズボーン!──誰も知らない感情と遭遇する新世界を

究極のエンターテイナー、愛はズボーン!──誰も知らない感情と遭遇する新世界を

光を追い求めていく道中で触れた、常しえの憧れ──日置逸人(EASTOKLAB)× 荒木正

光を追い求めていく道中で触れた、常しえの憧れ──日置逸人(EASTOKLAB)× 荒木正

熱狂と混乱が共在するロマンをただ求めて──集合体の上で転がり続けるthe dadadadys

熱狂と混乱が共在するロマンをただ求めて──集合体の上で転がり続けるthe dadadadys

わたしはいま未成線の上に立っている──ヒグチアイがみつめる終点の向こう側

わたしはいま未成線の上に立っている──ヒグチアイがみつめる終点の向こう側

バンドだからこそ生まれたグルーヴ──DURANのロック・アルバムができるまで

バンドだからこそ生まれたグルーヴ──DURANのロック・アルバムができるまで

「dipはすべてが面倒くさい」──ヤマジカズヒデが尊ぶ、たったひとつの感情とは

「dipはすべてが面倒くさい」──ヤマジカズヒデが尊ぶ、たったひとつの感情とは

衒わず、卑屈にならず──ヤマトパンクス(PK shampoo)が循環のなかで定めた道理

衒わず、卑屈にならず──ヤマトパンクス(PK shampoo)が循環のなかで定めた道理

渋谷CLUB QUATTROワンマンへ向けて──リアクション ザ ブッタの止まらぬ歩み

渋谷CLUB QUATTROワンマンへ向けて──リアクション ザ ブッタの止まらぬ歩み

これぞ、Guiba流──超DIYの精神で制作した初作『ギバ』ができるまで

これぞ、Guiba流──超DIYの精神で制作した初作『ギバ』ができるまで

tacica『YUGE』先行試聴会&公開インタヴュー

tacica『YUGE』先行試聴会&公開インタヴュー

互いの個性を敬愛し、共鳴するということ──北(ルサンチマン) × 横山優也(KOTORI)対談

互いの個性を敬愛し、共鳴するということ──北(ルサンチマン) × 横山優也(KOTORI)対談

誰もが“ゴールドマイン”を探し求めている──GLIM SPANKYの枯れない原動力

誰もが“ゴールドマイン”を探し求めている──GLIM SPANKYの枯れない原動力

ゆらゆらと漂うメロウな楽曲はどこから?──キッサ・コッポラの結成から現在までを辿る

ゆらゆらと漂うメロウな楽曲はどこから?──キッサ・コッポラの結成から現在までを辿る

かつてないほど無邪気なBIGMAMA!?──エモを踏襲し描いた、大人の青春

かつてないほど無邪気なBIGMAMA!?──エモを踏襲し描いた、大人の青春

“らしさ”をアップデートしたLONGMAN──12人それぞれの「10/4」を描いた、コンセプト・アルバムの生まれ方

“らしさ”をアップデートしたLONGMAN──12人それぞれの「10/4」を描いた、コンセプト・アルバムの生まれ方

頑張れない大人へ──シンガー、Sean Oshimaが見つけた数々の対処法とは

頑張れない大人へ──シンガー、Sean Oshimaが見つけた数々の対処法とは

志磨遼平 × 松田龍平 対談──僕らの青春を着色した、90年代のカルチャーを振り返る

志磨遼平 × 松田龍平 対談──僕らの青春を着色した、90年代のカルチャーを振り返る

四半世紀をアーティストとして過ごす、Sundayカミデ──「生きる」をテーマにしたシングルから哲学を探る

四半世紀をアーティストとして過ごす、Sundayカミデ──「生きる」をテーマにしたシングルから哲学を探る

有意義な“自由”へと導く、Diosのセカンド・アルバム

有意義な“自由”へと導く、Diosのセカンド・アルバム

あたらよは問いかける、"季億"の在処を──四季それぞれの儚い原風景を映したコンセプト・アルバム

あたらよは問いかける、"季億"の在処を──四季それぞれの儚い原風景を映したコンセプト・アルバム

CIRRRCLEの解散を経て、AmiideとJyodanに生まれた変化とは

CIRRRCLEの解散を経て、AmiideとJyodanに生まれた変化とは

Helsinki Lambda Clubの最新作『ヘルシンキラムダクラブへようこそ』を徹底解説

Helsinki Lambda Clubの最新作『ヘルシンキラムダクラブへようこそ』を徹底解説

猫田ねたこ、共生の尊さをしなやかに描いたセカンド・アルバム

猫田ねたこ、共生の尊さをしなやかに描いたセカンド・アルバム

Glimpse Groupのバンドアンサンブルの背景にあるものとは

Glimpse Groupのバンドアンサンブルの背景にあるものとは

シンガー、葛籠貫理紗の輝きはじめた個性──ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」で見つけた喜びと充足感

シンガー、葛籠貫理紗の輝きはじめた個性──ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」で見つけた喜びと充足感

ドラマー、鈴木りゅうじが歌う理由とは?──ライブ配信アプリ『17LIVE(イチナナ)』で手に入れた無限の可能性

ドラマー、鈴木りゅうじが歌う理由とは?──ライブ配信アプリ『17LIVE(イチナナ)』で手に入れた無限の可能性

いま、インナージャーニーは『いい気分さ』!──4つの個性を同じ熱量でぶつけた結果生まれたサードEP

いま、インナージャーニーは『いい気分さ』!──4つの個性を同じ熱量でぶつけた結果生まれたサードEP

清々しくも熱狂的なバンド、フリージアン──関西から轟く、最強ジャパニーズソングの生まれ方

清々しくも熱狂的なバンド、フリージアン──関西から轟く、最強ジャパニーズソングの生まれ方

本当は自分の話がしたかった──新たに始動したEnfantsという場所で松本大はどう生きるのか

本当は自分の話がしたかった──新たに始動したEnfantsという場所で松本大はどう生きるのか

ASIAN KUNG-FU GENERATION『サーフ ブンガク カマクラ』、ついに完結!

ASIAN KUNG-FU GENERATION『サーフ ブンガク カマクラ』、ついに完結!

小林私『象形に裁つ』を2名の評者がレビュー──いま明らかになる、不思議な魅力の正体とは

小林私『象形に裁つ』を2名の評者がレビュー──いま明らかになる、不思議な魅力の正体とは

小林私『象形に裁つ』総力特集!メジャーデビュー作はどのように生まれ、どう解釈されたのか

小林私『象形に裁つ』総力特集!メジャーデビュー作はどのように生まれ、どう解釈されたのか

シンガーソングライターとしての矜持──豊かな表現を確立させた、小林私のデビュー・アルバム

シンガーソングライターとしての矜持──豊かな表現を確立させた、小林私のデビュー・アルバム

テーマは「喪失」と「再生」──ART-SCHOOLがたどり着いた最高純度の世界とは

テーマは「喪失」と「再生」──ART-SCHOOLがたどり着いた最高純度の世界とは

スピッツ『ひみつスタジオ』を下北沢で堪能する──オトトイ、行った Vol.2

スピッツ『ひみつスタジオ』を下北沢で堪能する──オトトイ、行った Vol.2

Atomic Skipperの“軌道”を記録したデビュー・アルバム完成

Atomic Skipperの“軌道”を記録したデビュー・アルバム完成

創造と破壊から生まれた、緑黄色社会のコアなポップ・ソング集

創造と破壊から生まれた、緑黄色社会のコアなポップ・ソング集

mudy on the 昨晩の変わらないスタンスを映した、11年ぶりの新作『An Instrumental』

mudy on the 昨晩の変わらないスタンスを映した、11年ぶりの新作『An Instrumental』

至高の新体制を迎えたバンド、polly──限りなく一致した美学が成す、叙情的なアンサンブル

至高の新体制を迎えたバンド、polly──限りなく一致した美学が成す、叙情的なアンサンブル

聴きたいなら買う。そんなことが失われていく現代へ──THE COLLECTORS、ライヴ・アルバム連続リリースの真意とは

聴きたいなら買う。そんなことが失われていく現代へ──THE COLLECTORS、ライヴ・アルバム連続リリースの真意とは

かつての恋人、それから両親へ──nolalaの初フル・アルバムのテーマは「飾らない“i”を愛して」

かつての恋人、それから両親へ──nolalaの初フル・アルバムのテーマは「飾らない“i”を愛して」

情けなさまでをオープンに──バンド、Apesのまっさらで無垢な新作『PUR』

情けなさまでをオープンに──バンド、Apesのまっさらで無垢な新作『PUR』

小さなミスを認め、空を見上げよう──谷口貴洋の日常から生まれる発想

小さなミスを認め、空を見上げよう──谷口貴洋の日常から生まれる発想

わたしたちとおしゃべりしよ?──illiomoteが映す世の中の歓喜と悲哀

わたしたちとおしゃべりしよ?──illiomoteが映す世の中の歓喜と悲哀

いまは0点でも100点でもいい──小池貞利(the dadadadys)が貫くストレートな表現

いまは0点でも100点でもいい──小池貞利(the dadadadys)が貫くストレートな表現

まだまだ前進する、ムーンライダーズ!──鈴木慶一と白井良明がインプロの奥深さを語る

まだまだ前進する、ムーンライダーズ!──鈴木慶一と白井良明がインプロの奥深さを語る

クリエイトとは「そうじゃない」を一緒に探していくこと──the McFaddinの揺るぎない探究心

クリエイトとは「そうじゃない」を一緒に探していくこと──the McFaddinの揺るぎない探究心

暗闇のなかで光るバンド、Apes──孤独と諦念から生まれる“ひとりではない”歌

暗闇のなかで光るバンド、Apes──孤独と諦念から生まれる“ひとりではない”歌

曖昧だからこそ輝くバンド、YAJICO GIRL──オリジナリティを理解し、確立するまでの軌跡を辿る

曖昧だからこそ輝くバンド、YAJICO GIRL──オリジナリティを理解し、確立するまでの軌跡を辿る

改めて語られる、ワンダフルボーイズの魅力──積み上げてきた思いの根源に迫る

改めて語られる、ワンダフルボーイズの魅力──積み上げてきた思いの根源に迫る

いまこそ音楽の大切さを──SPARK!!SOUND!!SHOW!!が『音樂』に込めたカジュアルな祈り

いまこそ音楽の大切さを──SPARK!!SOUND!!SHOW!!が『音樂』に込めたカジュアルな祈り

フル・アルバムに映された、ニュートラルな阿部真央──「らしさ」を飛び越えた表現を語る

フル・アルバムに映された、ニュートラルな阿部真央──「らしさ」を飛び越えた表現を語る

ステージ上にはギターとマイク、iPhoneのみ──幽体コミュニケーションズの丹念な音設計に迫る

ステージ上にはギターとマイク、iPhoneのみ──幽体コミュニケーションズの丹念な音設計に迫る

“最恐“難易度の曲を収録した問題作、完成──だいじろー(JYOCHO)が語る、細かな音作りへのこだわり

“最恐“難易度の曲を収録した問題作、完成──だいじろー(JYOCHO)が語る、細かな音作りへのこだわり

YAYYAYワールドをさらに広げていく──フリーダムな制作スタイルから生まれる世界観

YAYYAYワールドをさらに広げていく──フリーダムな制作スタイルから生まれる世界観

いい曲を作ることがいいライヴへ繋がる──神はサイコロを振らないがパフォーマンスへかける想い

いい曲を作ることがいいライヴへ繋がる──神はサイコロを振らないがパフォーマンスへかける想い

大柴広己が最終的に辿り着いた場所──ひとつのストーリーを締め括る『LOOP 8』から8年間の歩みを辿る

大柴広己が最終的に辿り着いた場所──ひとつのストーリーを締め括る『LOOP 8』から8年間の歩みを辿る

「この10年間でいま、いちばん音楽を楽しめている」──『モンスト』コラボレーションを経て実感したKANA-BOONの変化

「この10年間でいま、いちばん音楽を楽しめている」──『モンスト』コラボレーションを経て実感したKANA-BOONの変化

ともに変化を遂げるKeishi Tanaka × 松村拓 対談──ふたりが考えるソロ活動とは?

ともに変化を遂げるKeishi Tanaka × 松村拓 対談──ふたりが考えるソロ活動とは?

TWEEDEES『World Record』を2名の評者が徹底レビュー!──メッセージ性や音質の違いに迫る

TWEEDEES『World Record』を2名の評者が徹底レビュー!──メッセージ性や音質の違いに迫る

世の中を静観し、様々な“世界”を旅したTWEEDEESが新作でみせたい夢

世の中を静観し、様々な“世界”を旅したTWEEDEESが新作でみせたい夢

TWEEDEES『World Record』総力特集!4年ぶりの新作の魅力をたっぷりとお届け!

TWEEDEES『World Record』総力特集!4年ぶりの新作の魅力をたっぷりとお届け!

ライブ配信アプリ「17LIVE」でのユニークな音楽活動とは?MASUNARIのいまに迫る

ライブ配信アプリ「17LIVE」でのユニークな音楽活動とは?MASUNARIのいまに迫る

東京初期衝動のしーなちゃんが語る、初の“ビッグ・シングル”と好きなものへの向き合い方

東京初期衝動のしーなちゃんが語る、初の“ビッグ・シングル”と好きなものへの向き合い方

シューゲイザーの入口を作るべき──ハイブリッドなバンドを目指すクレナズムが紡ぐ多彩な新作

シューゲイザーの入口を作るべき──ハイブリッドなバンドを目指すクレナズムが紡ぐ多彩な新作

一生を終えたあと、貴方のなかに残る音──死生観と向き合いながら、前進したmollyの現在地

一生を終えたあと、貴方のなかに残る音──死生観と向き合いながら、前進したmollyの現在地

社会人になるタイミングで結成!多様な音楽を取り込む気鋭のバンド、Seukolって何者?

社会人になるタイミングで結成!多様な音楽を取り込む気鋭のバンド、Seukolって何者?

SPiCYSOLのいまのベスト盤ともいえる新作──四季の巡りと時代の遷移を湘南サウンドへ

SPiCYSOLのいまのベスト盤ともいえる新作──四季の巡りと時代の遷移を湘南サウンドへ

直江晋太郎(Mercy Woodpecker)× シロナカムラ(ユレニワ)対談──新たな出会いへの期待を胸に挑む〈MASH A&R presents「Treasure Tour」〉

直江晋太郎(Mercy Woodpecker)× シロナカムラ(ユレニワ)対談──新たな出会いへの期待を胸に挑む〈MASH A&R presents「Treasure Tour」〉

ドレスコーズからすべての“頭の悪い”若者のために、愛を込めて──新作『戀愛大全』

ドレスコーズからすべての“頭の悪い”若者のために、愛を込めて──新作『戀愛大全』

四方颯人 × 岩渕想太 対談──MASH A&R presents〈Treasure Tour〉で提示する現代のバンド像とは?

四方颯人 × 岩渕想太 対談──MASH A&R presents〈Treasure Tour〉で提示する現代のバンド像とは?

”声優”ではなく、山村響という“人”が届ける音──メイン・ディッシュだらけの新作になった理由

”声優”ではなく、山村響という“人”が届ける音──メイン・ディッシュだらけの新作になった理由

ロックの矛先はパラダイスではない──踊ってばかりの国の日常と精神性を映した新作EP

ロックの矛先はパラダイスではない──踊ってばかりの国の日常と精神性を映した新作EP

どこでも踊ろう!──the telephonesを全員で見つめ、生まれた“極踊”な新作

どこでも踊ろう!──the telephonesを全員で見つめ、生まれた“極踊”な新作

メロコア・シーンの希望、IF──期待の新バンドはなにを思い、なぜ動き出したのか

メロコア・シーンの希望、IF──期待の新バンドはなにを思い、なぜ動き出したのか

谷口貴洋が考える、綺麗なだけではない美しさ──人間らしさを実直に描いた6年ぶりのアルバム

谷口貴洋が考える、綺麗なだけではない美しさ──人間らしさを実直に描いた6年ぶりのアルバム

変化しながらも、大切なものはなくさない──GLIM SPANKYの美学と挑戦を反映したアルバム

変化しながらも、大切なものはなくさない──GLIM SPANKYの美学と挑戦を反映したアルバム

インスト・ロック・バンド、johannが歩んだ15年間。そして新たに見つけた映像×音楽の可能性とは?

インスト・ロック・バンド、johannが歩んだ15年間。そして新たに見つけた映像×音楽の可能性とは?

バンド解散を乗り越え、ひとりで音楽と向き合うということ──歌心を愛おしむ、岩崎優也の初作

バンド解散を乗り越え、ひとりで音楽と向き合うということ──歌心を愛おしむ、岩崎優也の初作

これは、人生の副作用──“なにもない”現状を映した、illiomoteの新作EP

これは、人生の副作用──“なにもない”現状を映した、illiomoteの新作EP

さとうもかのポジティヴをあなたへ──素直になることで生まれたシングル「魔法」

さとうもかのポジティヴをあなたへ──素直になることで生まれたシングル「魔法」

tacicaのサウンドメイクと歌詞世界を最速で探る──〈『singularity』先行試聴会〉イベント・レポート

tacicaのサウンドメイクと歌詞世界を最速で探る──〈『singularity』先行試聴会〉イベント・レポート

音楽と遊ぶバンド、Helsinki Lambda Club──気持ちいいサウンドを追求した、ミニ・アルバム

音楽と遊ぶバンド、Helsinki Lambda Club──気持ちいいサウンドを追求した、ミニ・アルバム

もう『正気じゃいられない』! ── マハラージャンの様々な視点と発想が活きた、正直な新作

もう『正気じゃいられない』! ── マハラージャンの様々な視点と発想が活きた、正直な新作

経験と個性を活かす奇才ポップ集団、YAYYAY──セカンド・アルバムに向けて動き出した一歩

経験と個性を活かす奇才ポップ集団、YAYYAY──セカンド・アルバムに向けて動き出した一歩

優河 × 谷口雄(魔法バンド)× 笹倉慎介 ──バンド・サウンドでの表現と追加公演への展望を語らう

優河 × 谷口雄(魔法バンド)× 笹倉慎介 ──バンド・サウンドでの表現と追加公演への展望を語らう

ネクライトーキーが再び彩る石風呂楽曲──個々の成長が紡ぐ、愛あるセルフ・カヴァー集『MEMORIES2』

ネクライトーキーが再び彩る石風呂楽曲──個々の成長が紡ぐ、愛あるセルフ・カヴァー集『MEMORIES2』

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2022年3月〜5月)

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2022年3月〜5月)

松本素生(GOING UNDER GROUND) × 半田修土(灰色ロジック) ── なぜ対バンすることになったのか。夢の共演へかける想い

松本素生(GOING UNDER GROUND) × 半田修土(灰色ロジック) ── なぜ対バンすることになったのか。夢の共演へかける想い

UlulUのファーストアルバム、ついに完成──ふたりの評者がそれぞれの視点で徹底レビュー

UlulUのファーストアルバム、ついに完成──ふたりの評者がそれぞれの視点で徹底レビュー

KAGEROとILYOSSを手がける、白水悠────対照的なふたつのバンドの軌跡と可能性を語る

KAGEROとILYOSSを手がける、白水悠────対照的なふたつのバンドの軌跡と可能性を語る

これまでのイメージに囚われないで──“THEティバ”というなにかを目指す、ふたりの一歩

これまでのイメージに囚われないで──“THEティバ”というなにかを目指す、ふたりの一歩

SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

視覚と聴覚を同時に刺激するバンド、the McFaddin──〈“Something is likely to happen”Release Party〉ライヴレポート

視覚と聴覚を同時に刺激するバンド、the McFaddin──〈“Something is likely to happen”Release Party〉ライヴレポート

詩に多種多様なキャラクターを宿して──“まなざし”を意識した、Predawnの新作

詩に多種多様なキャラクターを宿して──“まなざし”を意識した、Predawnの新作

SundayカミデによるWonderful Orchestra Band始動!──脳内トリップする新たなヒーリングミュージック

SundayカミデによるWonderful Orchestra Band始動!──脳内トリップする新たなヒーリングミュージック

デビュー25周年を迎えた岡本真夜──ベールに包まれたアーティスト像と人間性を探る

デビュー25周年を迎えた岡本真夜──ベールに包まれたアーティスト像と人間性を探る

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

自分が聴きたい音楽を追求し続けていく──ロック・バンド、続きはらいせの美学を表現したファースト・EP

自分が聴きたい音楽を追求し続けていく──ロック・バンド、続きはらいせの美学を表現したファースト・EP

ただ、承認されて自立していたい──励ましもせず、突き放しもしないステレオガールのアティテュード

ただ、承認されて自立していたい──励ましもせず、突き放しもしないステレオガールのアティテュード

イズミカワソラ×ニラジ・カジャンチ ── 新作『Continue』の意外な制作過程を語る

イズミカワソラ×ニラジ・カジャンチ ── 新作『Continue』の意外な制作過程を語る

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

理想郷は自分たちで作っていく──ひとつの“カルチャー”を目指すバンド、the McFaddinの新作EP

理想郷は自分たちで作っていく──ひとつの“カルチャー”を目指すバンド、the McFaddinの新作EP

これも、あれも、全部YAJICO GIRL──新作EPから聞こえる数々の好奇心

これも、あれも、全部YAJICO GIRL──新作EPから聞こえる数々の好奇心

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2021年10月〜12月)

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2021年10月〜12月)

バンドサウンドの必然性を深く問う新作──étéが鳴らす、流行へのカウンター

バンドサウンドの必然性を深く問う新作──étéが鳴らす、流行へのカウンター

原動力は「なにかを壊したい」という気持ち── 光と影が交差する、イズミカワソラの歩み

原動力は「なにかを壊したい」という気持ち── 光と影が交差する、イズミカワソラの歩み

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー  ── 集団として闘い、大衆を救う決意

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー ── 集団として闘い、大衆を救う決意

余白を楽しみつつ、ストレートな表現へ──Helsinki Lambda Clubのリアルなモードに迫る

余白を楽しみつつ、ストレートな表現へ──Helsinki Lambda Clubのリアルなモードに迫る

The fin. 『Outer Ego』クロスレビュー  ── 主観と客観を行き来する、普遍的なポップ・ミュージック

The fin. 『Outer Ego』クロスレビュー ── 主観と客観を行き来する、普遍的なポップ・ミュージック

“あなた”がいるからこそ綴られた、足立佳奈の言葉

“あなた”がいるからこそ綴られた、足立佳奈の言葉

初ミニ・アルバムのテーマは“脱出ゲーム”!? ── ポップで攻撃的な5人組、あるくとーーふの全貌

初ミニ・アルバムのテーマは“脱出ゲーム”!? ── ポップで攻撃的な5人組、あるくとーーふの全貌

ポップなPARIS on the City!が、泥臭いロック・サウンドに振り切るまでの歩み

ポップなPARIS on the City!が、泥臭いロック・サウンドに振り切るまでの歩み

ギタリストではなく、ひとりのアーティストとしての表現──25曲で語るDURANの人間性と感受性

ギタリストではなく、ひとりのアーティストとしての表現──25曲で語るDURANの人間性と感受性

BALLOND'ORの止まらぬ鼓動! ── 国内外から注目を集めるサウンドの生まれ方

BALLOND'ORの止まらぬ鼓動! ── 国内外から注目を集めるサウンドの生まれ方

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

パワー・ポップを愛する者へ───Superfriendsのルーツと現在地が反映された新作ミニ・アルバム

パワー・ポップを愛する者へ───Superfriendsのルーツと現在地が反映された新作ミニ・アルバム

多くの人に親しまれる〈NEWFOLK〉とは!?──その魅力に2部構成で迫る!!

多くの人に親しまれる〈NEWFOLK〉とは!?──その魅力に2部構成で迫る!!

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

とがるー東京の片隅で独り内的闘争を続ける「モダン・グランジ」アーティスト

とがるー東京の片隅で独り内的闘争を続ける「モダン・グランジ」アーティスト

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

[インタヴュー] GLASGOW

TOP