2022/02/04 18:00

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

polly

pollyはコロナ禍以降、音楽理論を学び直すなど、より真摯に音楽と向き合ってきた。神秘的で幻想的なサウンドを聴くと、どこか遠い存在のように思えるかもしれない。だけど歌詞を覗けば、パーソナルですごく繊細だ。そんなpollyが、バンド・サウンドを重んじつつも、その垣根を超え“音楽作品”として強度を出す方法を考え抜いたというサード・アルバムがリリースされた。インタビューでは、インタヴューでは、その気になる新作と2022年2月6日(日)に迫る渋谷WWWでのツアー・ファイナルへの意気込みを語ってもらった。

最新作はこちら

最新MVはこちら
愛している - polly(Official Music Video)
愛している - polly(Official Music Video)

INTERVIEW : polly

pollyのニュー・アルバム『Pray Pray Pray』が素晴らしい傑作に仕上がった。今作で彼らの音楽は大きく変わった。といって彼らの音楽の根本が変わったわけではない。これまでのpollyの繊細さ、美しさ、いびつさのようなものは残しながら、メロディはポップで親しみやすく、アレンジも音像もダイナミックで雄大でメリハリが効いたものになって、より多くの聴き手に開かれた印象がある。これまでのpollyのアルバムが自分たちの意思を混じり気なしに結晶化したような純粋で孤高な作品であるなら、今作ではそうして作り上げた楽曲をより多くの聴き手に届けたいという力強い意思が感じられるのだ。レコーディング/ミックス・エンジニアにはIvy to Fraudulent Gameの盟友・福島由也、さらにマスタリングをNYの名門スターリング・サウンドのグレッグ・カルビとスティーヴ・ファローンに依頼し、pollyの意図する表現を的確に音像化している。『祈り』と題された本作には、大切なものを失った喪失感と、いつかまた巡り会えたらという切なる思いが込められている。亡くしてしまうことでさらに成長した彼らの最新型がここにある。

インタヴュー・文 : 小野島大
写真 : 梅田厚樹

1から理論だったりサウンドの表現方法だったりを勉強し直した

──1年ぶりの3作目『Pray Pray Pray』はバンドとして一皮も二皮も向けた傑作に仕上がりました。いまの手ごたえみたいなものを教えていただけますか。

越雲龍馬(vo,g)(以下、越雲): いままでの作品のいい所だけを残せたアルバムじゃないかと思います。目指した作品像に対しての無駄がほとんどない。やっと自分らの代名詞と言えるような作品ができた。将来聴きかえした時に、“ああしておけばよかったな”みたいな後悔が前の作品たちよりも少ないんじゃないかなっていう手ごたえはものすごく感じていますね。

高岩栄紀(ds)(以下、高岩): 今作は曲作りも含めていろいろ多様性が出てきたし、新しい機材を導入したりしてさまざまなことに挑戦できた。いろいろ楽しめた作品だったなぁと思います。

須藤研太(b)(以下、須藤) : 前々作、前作と引き継いで磨いてきたバンドとしてのサウンドは勿論、如実に出せたかなと思うんです。最後の“silence”って曲とかもそうなんですけど、バンドで使う楽器以外のものを使うことで(楽曲に)幅も出ましたし、それによってバンド・サウンドとしてももちろん、音楽作品としても強度が出せたかなって思いました。

飯村悠介(g)(以下、飯村) : 曲としての強さっていうか、いろいろなプレイリストに入ったとしても、バーッと流れてるのを聴いても、耳馴染みのあるというか、聴いていても覚えやすい、メロディや歌詞が頭に残っているような、そんな楽曲が揃ってるんじゃないかと。軸がちゃんと立ったというか、筋があるなっていうのは、すごく感じています。

──今作が充実したものになったのはなにが理由だと思いますか。

越雲 : 僕個人としては、コロナ禍でライヴができなくなったり、スタジオで4人でフィジカル的に合わせる時間が圧倒的に減ったことで、家で自分だけで得るものが圧倒的に多かったんです。1から理論だったりサウンドの表現方法だったりを勉強し直した結果、自分が頭のなかに思い描いていたスケール感やメロディーの引き立たせ方、音像だったりバンド像みたいなものが的確に表現できるようになった。それが自信に繋がってるんじゃないかなっていう想いはあるんですよね。

──ひとりでの作業が増えたとはいえ、pollyはバンドであり、バンドでレコーディングするのは大前提です。そのふたつはどのようにすり合わせていったんですか。

越雲 : 『Clean Clean Clean』(2018)から同じような作り方をしてるんですけど、僕がデモでアレンジの大体ぜんぶを作ってる。今回は僕が3人に対して表現してほしいことをより具体的に的確に伝えられるようになったのが大きいですね。

──言葉でってことですか?

越雲 : 言葉だったり、あとはデータの投げ方とかも、前よりもわかりやすい形でできるようになりました。あとはメンバーそれぞれ技術的にも表現力もスキルアップしてるのを感じていたので、安心してそれぞれにフレーズを投げることができたかなぁって。

──越雲さんが作ってくる曲を聴いて、例えば以前の自分だったらできなかったけどいまはできるとか、以前は分からなかった部分が分かるようになったとか、そういうのはあるんですか?

高岩 : ドラムのフレーズとか、自分は凝り固まっちゃってて、これ以上引き出せないっていうとき、越雲さんが案を出してくれて、「こういうフレーズもあるのか」って思ったりします。意外と自分のアイデンティティを残してくれるフレーズを提供してくれて。“Light us”とかはシンバルレガート(シンバルを使った4ビートの基本的なリズム)を取り入れてくれて。僕ちょっとジャズが好きなんですけど「まさかこの曲に入るとは」って思って。「ああここでこれ使えるんだ、嬉しい」みたいな、そういうこともあって。

越雲 : スタジオで休憩時間に叩いていたり、彼らが弾いているフレーズみたいなのが割と耳に残っていたりして。そういうのが好きなんだな、じゃあここに入れてみようかなっていう。そういうインスピレーションがあって。1曲に1つずつくらいは彼らっぽいフレーズを残して(デモを)投げるんですけど。

高岩:凄いおもしろみがあると思います。

越雲龍馬

──もらったデモテープのフレージングとか、自分の裁量で変えられる部分はどれくらいあるんですか?

高岩:大まかなところは越雲さんが作ってくれて。細かい所は(自分で)。

越雲 : 曲によって絶対に変えないでくれっていうこともありますけど、「この曲のこのフレーズはちょっと考えてみてもいいよ」っていう場合もある。自分で作ってる以上、他の3人よりも絶対にいいフレーズを作ってやろうみたいな気持ちが僕にはあるんですよ(笑)。

──よくあるのは、ドラムを叩かない人がドラムのフレーズをつくると、絶対に(ドラマーが)叩けない感じになるとか(笑)。

高岩:そうなんですよ!(笑)

──手が3本ないと無理だよ!みたいな(笑)。

越雲 : それはあった(笑)。

高岩 : それはちゃんと言います。“A.O.T.O”とか、最初の(デモ)音源、無理でしたよ(笑)。あれは16ビート叩きながら、手が4本くらいないとダメみたいな。話し合ってやりやすいように変えてもらいました(笑)。

A.O.T.O. - polly(Official Music Video)
A.O.T.O. - polly(Official Music Video)

越雲 : 作品としてそれは妥協なんだけどね(笑)。

高岩 : 妥協って!(笑)物理的に無理なんだからしょうがないじゃん!(笑)

──pollyはギターが2本いるバンドで、コンポーザーである越雲さんも弾いていますが、もう1人のギターである飯村さんはご自分がやるべき事はなにだと思いますか?

飯村 : 僕はキレイなシンセっぽい音とか、ギターだけどギターじゃないような音を求めてますね。普通だったらギタリストって自分が気持ちいい音を出すと思うんですけど、pollyをやってる以上は普通の音じゃなくて、外れたもの、プラスアルファなものを自分で追求していかないといけないなっていうのはあって。例えば“窓辺”、“Farewell Farewell”とかそうなんですけど、ギターシンセの音を多用してたり。普通に聴いたら「これってギターなの!?」「どれがギターなんだ?」っていうクエスチョンマークがつくようなのがおもしろいのかなって思うんです。

窓辺 - polly(Official Music Video)
窓辺 - polly(Official Music Video)

この記事の筆者
この記事の編集者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

視覚と聴覚を同時に刺激するバンド、the McFaddin──〈“Something is likely to happen”Release Party〉ライヴレポート

視覚と聴覚を同時に刺激するバンド、the McFaddin──〈“Something is likely to happen”Release Party〉ライヴレポート

詩に多種多様なキャラクターを宿して──“まなざし”を意識した、Predawnの新作

詩に多種多様なキャラクターを宿して──“まなざし”を意識した、Predawnの新作

SundayカミデによるWonderful Orchestra Band始動!──脳内トリップする新たなヒーリングミュージック

SundayカミデによるWonderful Orchestra Band始動!──脳内トリップする新たなヒーリングミュージック

デビュー25周年を迎えた岡本真夜──ベールに包まれたアーティスト像と人間性を探る

デビュー25周年を迎えた岡本真夜──ベールに包まれたアーティスト像と人間性を探る

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

自分が聴きたい音楽を追求し続けていく──ロック・バンド、続きはらいせの美学を表現したファースト・EP

自分が聴きたい音楽を追求し続けていく──ロック・バンド、続きはらいせの美学を表現したファースト・EP

イズミカワソラ×ニラジ・カジャンチ ── 新作『Continue』の意外な制作過程を語る

イズミカワソラ×ニラジ・カジャンチ ── 新作『Continue』の意外な制作過程を語る

ただ、承認されて自立していたい──励ましもせず、突き放しもしないステレオガールのアティテュード

ただ、承認されて自立していたい──励ましもせず、突き放しもしないステレオガールのアティテュード

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

理想郷は自分たちで作っていく──ひとつの“カルチャー”を目指すバンド、the McFaddinの新作EP

理想郷は自分たちで作っていく──ひとつの“カルチャー”を目指すバンド、the McFaddinの新作EP

これも、あれも、全部YAJICO GIRL──新作EPから聞こえる数々の好奇心

これも、あれも、全部YAJICO GIRL──新作EPから聞こえる数々の好奇心

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2021年10月〜12月)

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2021年10月〜12月)

バンドサウンドの必然性を深く問う新作──étéが鳴らす、流行へのカウンター

バンドサウンドの必然性を深く問う新作──étéが鳴らす、流行へのカウンター

原動力は「なにかを壊したい」という気持ち── 光と影が交差する、イズミカワソラの歩み

原動力は「なにかを壊したい」という気持ち── 光と影が交差する、イズミカワソラの歩み

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー  ── 集団として闘い、大衆を救う決意

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー ── 集団として闘い、大衆を救う決意

余白を楽しみつつ、ストレートな表現へ──Helsinki Lambda Clubのリアルなモードに迫る

余白を楽しみつつ、ストレートな表現へ──Helsinki Lambda Clubのリアルなモードに迫る

The fin. 『Outer Ego』クロスレビュー  ── 主観と客観を行き来する、普遍的なポップ・ミュージック

The fin. 『Outer Ego』クロスレビュー ── 主観と客観を行き来する、普遍的なポップ・ミュージック

“あなた”がいるからこそ綴られた、足立佳奈の言葉

“あなた”がいるからこそ綴られた、足立佳奈の言葉

初ミニ・アルバムのテーマは“脱出ゲーム”!? ── ポップで攻撃的な5人組、あるくとーーふの全貌

初ミニ・アルバムのテーマは“脱出ゲーム”!? ── ポップで攻撃的な5人組、あるくとーーふの全貌

ポップなPARIS on the City!が、泥臭いロック・サウンドに振り切るまでの歩み

ポップなPARIS on the City!が、泥臭いロック・サウンドに振り切るまでの歩み

ギタリストではなく、ひとりのアーティストとしての表現──25曲で語るDURANの人間性と感受性

ギタリストではなく、ひとりのアーティストとしての表現──25曲で語るDURANの人間性と感受性

BALLOND'ORの止まらぬ鼓動! ── 国内外から注目を集めるサウンドの生まれ方

BALLOND'ORの止まらぬ鼓動! ── 国内外から注目を集めるサウンドの生まれ方

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

パワー・ポップを愛する者へ───Superfriendsのルーツと現在地が反映された新作ミニ・アルバム

パワー・ポップを愛する者へ───Superfriendsのルーツと現在地が反映された新作ミニ・アルバム

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

多くの人に親しまれる〈NEWFOLK〉とは!?──その魅力に2部構成で迫る!!

多くの人に親しまれる〈NEWFOLK〉とは!?──その魅力に2部構成で迫る!!

とがるー東京の片隅で独り内的闘争を続ける「モダン・グランジ」アーティスト

とがるー東京の片隅で独り内的闘争を続ける「モダン・グランジ」アーティスト

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

TOP