2021/02/16 12:00

「灯」も『ホリミヤ』も人間関係の切なさとか、きらめきとか、そういう瞬間が大事になっている

よこやま:その後のアレンジはめっちゃ大変だったよね。

境:最初はこうだいの考えたアレンジを元に進めていたんですけど、途中で「いや、違うな」と思って、もう一度岩瀬に組み直してもらったんですね。それが個人的には大きかったというか。拙いなりのドラムとギターを重ねた音も打ち込んで「こういう雰囲気でいきたい」と言われたんですけど、それが今のサウンドの方向性の基盤になってて。そこにすごい引っ張られたというか、完成形の道へ導いてくれたなと思いますね。

――じゃあ先方に送った後に、アレンジを大きく変えたわけですか。

境:新しく作り直す時に、岩瀬が珍しく「ロックをやりたい」と言ってた気がする。

岩瀬:そうだね。それを言葉で伝えたかったんですけど、うまく言葉にできなくて。

よこやま:しかも誰も岩瀬のイメージを掴めなかったから、岩瀬にデモを作ってもらったんだよね。

――もらった音源を聴いてどう思いました。

髙城:最初にこうだいが作ってくれたデモを聴いて良い曲だなとは思ったんですけど、僕は正直、ものすごい刺さるような感じはしなかった。もう少し引っ掛かりが欲しいなと思ったんです。それで岩瀬が「やっぱりアレンジを変えたい」と言って。それで送ってくれたデモは僕的に分かりやすかった感じがします。「灯」の歌詞自体も作品の世界観を表現している部分もあったんですけど、これは岩瀬の歌だなと思いました。そこから、みんな同じ方向を向いて、今のサウンドが出来上がったような気がしますね。

境:確かに。『ホリミヤ』のために書き下ろした曲ではあるんですけど、ちゃんと岩瀬の思いが染み込んでる感じがしたな。「自分はこれを伝えたい」という思いが乗っかったデモだなと思って、岩瀬の声を感じましたね。

――そこから4人でスタジオに入って。

境:そうですね。そういえば岩瀬のデモと、髙城が実際に考えたドラムパターンは違ったじゃん。あれは何を意識して考えたの?

髙城:僕は全体のストーリー性を大事にしてて。細かいフィルも1番からラストにかけて「主人公が答えを見つけて進んでいく」様を表すような前向きな雰囲気にした。「灯」も『ホリミヤ』も人間関係の切なさとか、きらめきとか、そういう瞬間が大事になっていると思って、ラスサビの後半でドラムが盛り上がっていくように叩きましたね。

岩瀬:「灯」に関してはラスサビでとにかく盛り上げたい、という狙いがあって。ラストでブレイクしてドラムのフィルで最後入るんですけど、「僕の名前を呼んで」の箇所でダカダカダカダカダン!バァーン!みたいな分かりやすく燃え上がるのが好きなので、個人的にラスサビの入りとかは、とけた電球の楽曲の中でもすごく気に入ってますね。他にもキーボードに関しては、いつも僕がコードを弾いてざめを(境)がリードギター的な役割で弾いてくれるんですけど。

境:今回は僕がコード一発で、レスポールで盛り上がるサビだけジャーンと弾くみたいな。

岩瀬:そうそう。だからキーボードは細かいフレーズでいくんじゃなくて、大きな壁みたいな感じでオルガンが入っていたりして、その辺はイメージ通りですね。あと基本的にこうだいは「ボーンボーンと弾いて」とお願いしても、最後の方でテクニカルなソロを入れてくるようなタイプなので、それがうまいことハマったし、メロディをベースで作れるやつだと思っているので、そういうのが色んな場所で入ってて。それも上手いことハマったなと思いますね。オケの感じも良いなと思ってます。

よこやま:最初に俺が作ったデモでは、ベースを結構刻んで音にしていたんです。だけど周りのプレイを見てて、俺もロックに寄った方が良いなと思って。あまり無駄なことは考えずに、シンプルにやろうと。そうなってからはダウンピッキングで固い感じで弾こうと臨みましたね。今回は遊びの要素を入れずにラスサビ以外は無骨な感じで弾きました。

髙城:僕が好きなのは2Aかな。こうだいが8分を弾いて、僕が8ビートを叩くような曲って意外となくて。最初のラフを聴いた時にめちゃくちゃカッコいいなと思って「こうだいさま様ですな」という気持ちになったし、このバンドでやりたかったJ-POPの王道をカッコ良くやれたのは良かったなと思いました。

TOP