間もなく3年ぶりのニュー・アルバム『Velvet Velvet』をリリースする、カーネーションの直枝政広さんに、新作について、そしてその新作に先駆けた「さみだれ」のHQD配信について語って頂いた。『Velvet Velvet』の詳細についてはリリースの際にまたお伝え出来るはずなので、あまりここで僕が多くを話すべきではないと思っている。ただ一言だけ。このカーネーションというバンドの『EDO RIVER』という作品と出会ってから15年が経った今、再びこのバンドの新作に興奮させられているという事実に、僕は胸を震わせている。

インタビュー&文 : 渡辺裕也

INTERVIEW

—まず、アルバム1曲目にしてタイトル・トラックの「Velvet Velvet」について聞かせてください。一気に視界が開けていくような、バンドが新しい展開に突入したのを告げるような鮮烈なオープニング・ナンバーですね。

まだ歌が乗っていない状態の時から突き抜けている感じがこの曲にはありました。歌の譜割が少なめなので、日本語を乗せるのがすごく難しいんですよ。そこでかなり根を詰めて詞を書いていったら、広大な精神世界というか、大きなイメージの曲になって。非常に深遠な始まりになりましたね。かなりオープニングっぽい曲だよね。序章というか、走り抜ける感じだよね。

—このタイトルにはどういう思いが込められているのですか?

曲の中から探り当てたイメージですね。広大なインナー・スペース、暗闇を突き破って星空のもとに辿り着くようなイメージです。サウンド自体が何か目的を持って生まれてきたものだと思うので、その中にもう1度入り込んでいって、歌詞を練り上げるんです。そこでよりその世界を大きく、はっきりした形にするためにもがき回った結果、最終地点がここだったというか。夜のトンネルを抜けたら、この世界が目の前にバッと広がっていました。だから序章には本当にぴったりだった。

—直枝さんと大田さんの2人の編成になってから初めてのアルバムなのですが、その辺りも作品を作るに当たって影響はありましたか?

気持ちとしては、昨年末に「ジェイソン」をライヴでやり始めた頃から、もう開き直っていたね。もうこれでやっていこうと。矢部君の脱退もあって、去年の夏辺りから何ヶ月か精神的に厳しい時期があったんだけれど、カーネーションを続けていく事には最初から何の迷いもなかったので、これからのカーネーションをどうしていくかを考えていくのは楽しみでもありました。そこで、矢部君のおすすめもあって、中原由貴さん(タマコウォルズ)をサポートに迎えてライヴ活動を再開したんです。やっぱりライヴありきだから、どうなっても僕達二人はライヴをやっていくんです。

—作品の青写真も、ライヴを続けながら出来上がってきたものなのですか?

そういう曲もあります。「Willow in Space」は昨年末から真っ先に披露していたし、もちろん「ジェイソン」もそう。2008年正月の段階でメンバーに聴かせていた曲もこの作品の中には入っているんですけど、それからいろんな事があったから大田くんも曲を忘れていたみたいで、今回の制作にあたって改めて取り組み始めた感じですね。ある意味僕が精神的な鉄砲玉みたいなところもあって、どんどんアイデアを投げていく中で大田君が楽しそうにやっていたら、もう問題はないなと。まず僕がデモ・テープを作り込んでからみんなに提示するというのが、僕らの基本的なやり方なんですけど、それはあくまでもガイドであって、一旦スタジオに入ったら、もうデモ・テープ通りにはやらないでくれと言っています。各々のセンスでもう一度曲に向き合ってもらう。今回も参加メンバー全員がその時のフィーリングで演奏してくれればいいと思っていました。「メンバーを選んで誘う=アレンジ」だと思っていますから。その場での思いつきや気持ちの高まりを残したい。だから今回はセッション的なものになったし、「この悲しみ」と「Songbook」で参加してくれたドラマーの宮田繁男君(ex ORIGINAL LOVE)も、ちょっとみんなで音を出しただけなのに「バンドっていいよねぇ」と言ってくれた。始めからもうバンドになったんだよね。僕らの気持ちが最初からそうなっているから。非常にラフな状況の中でポイントを見定めていくやり方というか、よりフィーリングが重視されるようになってきたね。「あなたを呼んで、ここに来てくれたらもうこの作品は完成しているんです」という事をみんなに伝えながらやってきたから。今回もそんなに時間はなかったし、「とにかくスピーディに」「絶対止まらない、考え込まない」という事をポリシーにやっているから、作業は早いんです。そこでびびるような人は呼んでいないから。そこも想像力だよね。自分の勘を信じて誘っているからね。スタジオも暗い雰囲気にはまったくならない。

—先程すごく晴れやかな作品だとお話しましたけど、その一方で今回の作品の中には<悲しみ>あるいは<雨><空>という言葉が数多く現れてきますよね。

今回、僕は作詞家として作品の中に入り込んでいった時期があるんですけど、イメージに引っ張られて出てきた言葉がたくさんある中で、歌にジャストにはまったものには自分でも納得させられる力があるんですよ。すごく不思議な体験ではあるんですけど、そうじゃないと自分がOKを出せませんからね。あとは「それは自分なのか、誰なのか」という事も問題になります。どこかに住んでいる誰かについて書いているのかもしれないし。曲の力を借りて旅に出ているような感覚もいくらかありました。逆に私小説のように「私」にどれだけなり切れるかというのも重要だし、かと言ってそれだけでも面白くないので、ランディ・ニューマンのように、別のキャラクターを借りて物語を作っているような感覚もありました。最後の「遠い空 響く声」なんかは特にそう。これはスタジオで色彩的、風景的なイメージを伝えながら直感で作り上げていって、その後にそのイメージ通りの詞を書き上げた。この曲は親が子供に残す言葉だったり、その親が子供の頃の話だったり、そういった心象風景が交差していく中で、「時間」を感じるような世界が描けて、超納得がいきましたね(笑)。

—その作詞家として挑戦していく姿勢は、今までにはなかったものなのでしょうか?

もちろん今までもずっとそういう感じでやってきていたんですけど、自分の気持ちがうまく描けるようになってきたのは、92年か94年辺りからだと思います。それも時間をかけてゆっくりと今の状態になってきた感じですね。ジャッジの基準は上がってきていますよ。曲が出来たらその場ですぐに思いついた言葉を乗せる面白さももちろんあるけど、敢えて一度曲から離れてじっくりと考えながらそこに乗せていくという挑戦も歌には必要だと思う。言葉の強度を高めていく作業だね。

—高音質配信についても伺わせてください。直枝さんは作り手としてもリスナーとしてもたくさんのメディアと直に接してきていますよね。音楽の受け取られ方の変遷も実感なさっていると思うのですが、現在の配信や音質面に関してはどうお感じになっているのでしょうか?

音質に関して単純に考えてみれば磁気のアナログ・テープだね。カセットやオープン・リールのテープ。それがメディアとして最高のものだと思っている。昔アナログ・レコードと同時に出ていたオープン・リールのミュージック・テープというものがあるんですよ。例えば昔は30センチのLPとオープン・リールがどちらも必ず売っていて、そのどちらを買ってもよかったんです。でも確実に磁気の方がよくて。いや、僕は確実にそっちの方が好きでね。

—どういうところに惹かれるんですか?

もう音の深さが全然違うんだよ。それは経験しないとわからないことだけど。そこで配信の話だけど、それはそれでいいと思っている。僕はアナログ盤も最高だと思っているし、CDだってすごくいいと思っている。でも、僕らがスタジオの中で感じている音をそのままダイレクトに聴きたいと思っている人も確実にいるはずだから、今回の高音質配信は最高だと思っています。僕らが聴いているものに限りなく近い状態を確かめたいという気持ちは、僕がオープン・リールのミュージック・テープの音を聴きたいという気持ちと同じだと思う。そういう気持ちのリスナーは確実にいるはずだしね。それは最高の楽しみ方だと思う。

—音質に対する価値観はミュージシャンである以上各々が持って然るべきものだと思います。その一方で音楽の聴き方もリスナーの数だけ様々ありますよね。例えば携帯の着うたのみで音楽を享受している人に対してはどう思われますか?

何も思いません。その人の好きなように聴けばいいし、選べばいい。いくら小さなスピーカーで聴かれようが、作品が良くなければいけないんだよね。作品の強さが重要。僕らが注意しなければならないのは、最終的な音質、音響の説得力であって、それを求めなければならない。その小さなスピーカーで聴いているみなさんのために僕らが基準を下げていく事はないです。その代わり、いろんなレンジで聴いてもらっても大丈夫なように作るのがプロだと思うんです。今後PCのメディアを中心に考えていくことになると、いろんなチャンスもあるわけじゃない? 今、WAVファイルが聴けるようになったり、ipodもそれに対応するようになったりね。そういうチャンスがあるんだったら、体験してみたらいいし、そのためのツールの入口ですよね。それが出来る以上、僕らはどんどんチャレンジしてきたいし、だからといって「全員こっちに来い」なんてことを僕は言いませんよ。ただ、チャンスは作っていかないと面白くないからね。一方で僕の曲は原始的なテープ・レコーダーの「ガッチャン! 」で録音するところから始まっている。つまりなにをやるにも大事なのは説得力ですよ(笑)。僕らが「これが強い」と思う事をちゃんと続けていければいい訳で、「あれはだめ、これはだめ」なんてことは言いたくない。そこで今回、今までMP3配信が一般化していた中で、よりよいものが出てきたんだから、それは本当にいいと思うよ。

—直枝さん自身は、現在どのように音楽を聴いて楽しんでいらっしゃるのですか?

ipodでも聴くし、家でレコードやオープン・リールをかける事もあるし、CDも専用の別のスピーカーで楽しんでいます。未だに昔のミュージック・カセットを探しているし、8トラックでも常に聴けるようにしている。あらゆるチャレンジをしていますよ。バカだよね(笑)。未だに8トラを持っていたり、ポール・マッカートニーの1stのオープン・リールを大事にしていたりさ、本当におかしいと思うよ(笑)。だって8トラまでも愛せるんだよ? あれ本当に1番音が悪いメディアだと思うし、すぐ壊れるんだけど、それすらも愛してるんだよ。例えばここでテープ・レコーダーを「ガッチャン」と回して録った会話の音質ですら、僕は愛せるんだよね。録音とか音響の世界って、本当に素晴らしいと思うんだよね。昔のSP盤をただCDに移したクラシックの音源とかもね、それがSPで聴かなければいけないなんて思わないんだ。そうじゃなくて、それがCDに移植したものだとしても、僕は最高の旅が出来るし、そこに本物のSP盤があるなら、もちろんそれも最高だしね。音響を伝えるためのメディアについては何のこだわりも僕はないな。この前も最高の音を鳴らすために何千万もお金がかかったオーディオがある場所に行って、ビートルズとかを聴いてきたんですけど、それはもちろん凄いんですよ。でも、ジャンク屋で拾ってきたオーディオを組み合わせて、いろいろと工夫していい音を作るのも同じく最高なんだよ。この前もジャンク屋でナカミチのカセット・デッキを2000円で買ったんだけどね。2000円のジャンク品だよ? でもこれが最高の音がするんだよ。そういうこと。いい音ってどこにでもあるんだよ。何でも自分が興奮する音に工夫しなきゃ。今まで出てきたメディアそれぞれに面白さがあるから、「これはない」なんて思った事はなかったよ。でも、僕はこんな事を今まで話しましたけど、所謂機材オタクかというとそうではないんです。貸スタジオとかもあまり好きじゃないし。

—(笑)。なんでですか?

だって変な機材がいっぱいあるじゃない? キーボード・スタンドとかさ(笑)。思い入れの持ち方が人と少し違うんだよ。この前も壊れた8チャンネルのMTRをオークションで買って、修理に出して、結局使えるようにはならなかったんだけど、そういうのはOKなんだよね(笑)。僕が触るといい音がなるような気がしてさ。でもスタジオのそういう機材とかはさ、個性がないじゃん。みんなが同じものを使うしさ。それがちょっと気持ち悪いんだよね。とにかくキーボード・スタンドだけはもう我慢ならないよ。だって、あれダサいと思わない? 足をクロスさせたりしててさ(笑)。もうそれは感覚的なものだけどさ。だから、所謂機能性を重視したものが一番苦手かもしれない。足をクロスさせてキーボードを支える、みたいな発想が許せないんだよ。そこにあるパイプ椅子なんかもすごく気になるんだよ。なんか大人の考えが入ってるような気がしてね(笑)。こんな変なバンド・マスターがいるから、回りの人達は困っちゃうんだけどね(笑)。

—(笑)。つまり音響というメディアにはある種の無邪気さがあるからいいんですね。

そう。だからひとつの作品をいろんなメディアで聴きたいという欲求が生まれるんだよ。だから今回の配信だって僕がカセットにダビングしたものを売ったっていいんだと思う。僕が納得のいくリミッターがかかってさえいれば、それだってばっちりだよね。「このアルバムはカセット盤で聴くのが最高だよ」って言う人もきっといるはずだからさ。今回もやっていいのなら、アナログ盤も出したいよ。でも、そんな事ばかり言ってるとスタッフが泣いちゃうからね(笑)。

カーネーション、3年ぶりのニュー・アルバムをリリース!

NEW ALBUM 『Velvet Velvet』
2009年11月25日(水)発売
発売元 : P-VINE RECORDS / Cosmic Sea Records
販売元:バウンディ株式会社

【収録曲】
1. Velvet Velvet
2. さみだれ
3. 田園通信
4. Annie
5. この悲しみ
6. Willow in Space
7. ジェイソン
8. For Your Love
9. 砂丘にて
10. Songbook
11. Dream is Over
12. 遠い空 響く声

PROFILE

カーネーション
1983年12月耳鼻咽喉科を前身にカーネーション結成。当時からのオリジナル・メンバーは、直枝ひとり。 1984年シングル「夜の煙突」(ナゴム)でレコード・デビュー。以降、数度のメンバー・チェンジを経ながら、時流に消費されることなく、数多くの傑作アルバムをリリース。練りに練られた楽曲、人生の哀楽を鋭く綴った歌詞、演奏力抜群のアンサンブル、圧倒的な歌唱、レコード・ジャンキーとしての博覧強記ぶりなど、その存在意義はあまりに大きい。2008年に結成25周年を迎え、2009年1月、ドラマー矢部浩志が脱退。現メンバーは、直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人 に、サポート・ドラマー中原由貴(タマコウォルズ)を迎えて活動している。
カーネーション web :http://www.carnation-web.com/

『CARNATION tour 2009 "Velvet Velvet"』

12/11(金)@大阪 Shangri-La
open19:00 start19:30
前売り¥4,500 +ドリンク代

12/12(土)@京都 拾得
OPEN:17:30 START:19:00
前売り¥4,500 +ドリンク代

12/23(水・祝)@東京 渋谷O-WEST
OPEN:18:00 START:19:00
前売り¥4,500 +ドリンク代

ツアー・サポート
Drums:中原由貴(タマコウォルズ) / Keyboards:渡辺シュンスケ

o

 
 

インタヴュー

ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事