さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。

同世代の少年少女へ向けて唄った4曲でひとつの物語をハイレゾ配信スタート

山崎彩音 / キキ

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 540円(税込) まとめ 1,500円(税込)

【Track List】
1. プレゼント
2. ◯
3. キキ
4. La mer


ギターと唄の一発録りをした1st EPをハイレゾ配信

山﨑彩音 / Yer

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 233円(税込) / まとめ 1,000円(税込)

【Track List】
1. 風の夢
2. 朝の唄
3. アオイカノジョ
4. 叫び
5. 15
6. 誰も知らない

INTERVIEW : 山﨑彩音

いつからか、頻繁にその名前を聞くようになったシンガー・ソングライター、山﨑彩音。活動開始後、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉をはじめとする数々の音楽イベントへの出演や大物アーティストとの共演が短期間で実現してきたのは、間違いなく彼女がホンモノのシンガーとして観る者の心を掴んできた証拠だと思う。

しかし、山﨑彩音がいったい何者なのか、はっきりいって僕はまったく知らない。彼女がどこからやってきてどこへ向かおうとしているのか、それは別に知らなくていいことかもしれない。ステージに立つ彼女の佇まいも、その特徴的な節まわしによる歌声も、“そんなことたあ~どうだっていいじゃん”と言っている(ような気がする)。

でも、1stミニ・アルバムの冒頭で〈さよならだけが人生さ〉(「プレゼント」)といきなり歌い出す18歳の心の底をひっくり返して見てみたい。そんな気持ちになったので、本人に思いきって訊いてみた。答えはきっと奥の方、です。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : Jumpei Yamada

高1の秋くらいから自分の歌を歌いたくなって曲を作るようになっていった

ーー彩音さんは湘南出身ということですが、海が近い街の生まれなんですか。

山﨑彩音(以下、彩音) : 湘南といっても家が海の近くとかでは全然なくて別に海が好きなわけでもないんですよ。ただ海の前にある高校に通ってたので、ここ3年間くらいで海に行くようになったような感じですね。

ーー憶えている限りで1番古い音楽体験ってどんなものだったんでしょう。

彩音 : 小さいときからBoAちゃんが好きで歌って踊ったり。そのあとはずっとジャニオタで、関ジャニに入りたくてギターを始めたんですよ。

ーー関ジャニに入りたかった?

彩音 : 関ジャニに入りたかった(笑)。好きすぎてどうしていいのかわからなくて、もうメンバーに入るしかないと思ったんですよ。今思うと、私がジャニーズに入ることってできないって冷静に思えるんですけど、当時は女だからとか関係なく本当に入ると思ってたんです。恐ろしい小学生ですよね。

ーー(笑)。そこからギターを買ってもらったとか?

彩音 : お父さんがもともとギターをやってたので、やりたいって言って貰ったんです。お父さんもお母さんも音楽が好きな人だったので。今思うとジョン・レノンとかクイーンとか流れてた気がしますけど、当時は関ジャニに入ることしか考えてなかったので全然響かなかった。

ーーじゃあ、ギターを手に入れてから変わっていったんですね。

彩音 : 関ジャニに、斉藤和義が楽曲提供してたんですよ。お父さんが斉藤和義を好きだったんで聴くようになって「いいじゃん!」って、熱がどんどんそっちの方に行った感じですね。ジャニーズは今でも好きですけど。それが小5、6くらいです。

ーーロックバンドを聴きだしたのは?

彩音 : 最初に好きになったのバンプ(BUMP OF CHICKEN)だったんですけど、それも小学校のときで。ネットが好きだったんですよ、ネットオタク。パソコン依存症だったんです(笑)。それでニコ動とかでバンプを知って、すごく好きでしたね。バンプもよくコピーしてました。

ーーこれまでバンドの経験はないみたいですけど、その時はバンドをやろうとは思わなかったんですか?

彩音 : バンドやりたかったし、今もやりたいと思ってます。高校に入ったときに軽音部に行ったんですけど、入っているかもわからないような状態だったので、バンドはやらなかったですね。

ーーバンドではなくて最初から1人で歌い出したんですね。

彩音 : そうです。中学校のときに、Xmasコンサートみたいなやつに1人で出ました。ライヴハウスは、高校1年の夏休みにTwitterか何かで出演募集していて、たぶんバンドが出るような感じだったんですけど、「私1人なんですけどいいですか」って連絡して。バンドは組めなかったけど歌いたいし、好きな曲をカバーして歌えるならやってみようかなって。それでブランキーとかゆらゆら帝国とか東京事変とかをやりました。

ーーゆらゆら帝国をアコギ1本でやってる女子高生ってあんまり見たことがないというか…。

彩音 : ウケますよね(笑)。「空洞です」をやりました、あのイントロのリフを弾いて。なんかお気に入りで。本当に自分が好きな曲を歌いたいっていうだけだったから、もちろんバンドの曲が多いし、弾き語りっていう意識もあんまりなかったんです。でも、向上心はあったのでもっと頑張りたいなと思って続けていて。高1の秋くらいから自分の歌を歌いたくなって曲を作るようになっていきました。

「私はこうやっていく」という第三者に対するメッセージ性もある

ーー彩音さんの曲は詞が先に出来るそうですね。

彩音 : そうなんですよ。気に入っているフレーズが先にある場合もありますけど、ほとんど詞が先ですね。音楽を作るより詞を書く方が身近というか。

ーー学校の授業中に書いたりとか?

彩音 : 高校とかほとんどサボってばっかりで。朝、家を出てまっすぐ学校に行けないんですよ、ひとまず間に挟んで休まないと。カフェとかマックとかに行って、そこから学校に行ったり行かなかったりっていう生活を3年間していたんですけど、そういう朝の時間が自分の中では大事で。本を読んだりノートに何か書いたりして。そこで前作『Yer』(1stE.P)の歌詞は書きました。

レーベル me and baby music  発売日 2015/12/18

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


ーー確かに、「朝の唄」ってありますもんね。

彩音 : 「朝の唄」を1番最初に作ったんです。高1の秋冬くらいに家でギターを弾いてたら、何の前触れもなく曲ができたんです。曲を作る上で誰かを参考したとかいうことはないんですけど、周りの同世代の子たちがオリジナル曲をやってたので、私も作りたいなと思ってたらできました。

ーー学校に関してはあんまりポジティヴな感じじゃなかったんですね。

彩音 : 入学してしばらくは絵に描いたような女子校生の生活をして輝いていたんですけど(笑)、そこから一気に落ちてから上がれなくなりました。学校がつまらなくなって。友だちはいたんですけど。

ーーそういうときの気分は歌に反映されている?

彩音 : そうですね、前作はそれが強く出てました。

ーー本格的に活動をし出したのはいつ頃からなんですか。

彩音 : 高2が始まるくらいに高橋 Rock Me Babyさん(東芝EMIで忌野清志郎の宣伝を担当・現在山﨑彩音をマネージメントしている)と出会ってからですね。3月くらいに初めて東京でライヴをやって、これからもっと頑張って行こうと思っていたときだったので。ただ、歌を歌って生きていきたいというのは、結構前から思っていたんですよ。オリジナルがなかったくせに図々しくも。

ーーでも、だからこそオリジナルを作れなきゃと思ったわけですね。東京でライヴ活動を始めてからは、学校のない日はほとんどライヴみたいな生活だったんですよね。

彩音 : そうですね。だから学校と自分のやっている音楽とかライヴとのギャップが激しくて、つらかった時期はありましたね。やっぱりライヴは好きなことをやってるから楽しいし、狭いライヴハウスでも広く感じるんですよね。でも教室にいると、「なんでここにいなきゃいけないんだろう?」みたいな気持ちになったり、「昨日ライヴ楽しかったのになあ」とか。

ーーそういうギャップの激しさでいうと、高校時代から〈フジロック〉をはじめとする大きいステージや有名ミュージシャンとの共演も経験してきましたよね。そうした経験から歌や作る曲が変わってきたりはしましたか。

彩音 : それはありました。『キキ』に反映されていると思います。2016年4月8日に下北沢GARDENでやったライヴでチャボ(仲井戸"CHABO"麗市)と共演したとき(リクオ主催のセッション・イベント〈HOBO CONNECTION~HOBO SPECIAL~〉)が大きかったですね。あのライヴは、うれしいけど「まだいいよ~」っていう気持もあったし、「だってチャボだよ!?」って思ってたんですけど。『キキ』の1曲目が「プレゼント」っていう曲名になったのも、その8日の出来事があったからなんです。チャボに会うことは私の中で夢だったんです。(忌野)清志郎には会ったことがないしもう会えないし、チャボに会ってチャボのギターで清志郎の歌を歌うっていうのが1つの夢だったので、それがこんなに未熟なときに叶ってしまうのかっていうのもあったし緊張もあったんですけど、実際にチャボに会って一緒に歌って「また夢を見せてもらったな」っていうか、すごくロマンチックで希望に溢れてたんです。それでその日の夜に「プレゼント」っていうワードと、歌詞の一部が書けて。「こんな素敵な夜もあるんだから頑張って生きて行こう」って思って、〈小さくなっちまう心に こんな夜を 君に プレゼントしたい〉っていうところが浮かんできたんです。メッセージ性とか自分の気持ちが混ざって、自分の中では1番前向きで意志が強い曲になったかなって。

ーー前作は学校生活とか自分の日常を日記みたいに書いていたというか。

彩音 : 自分のために作って自分のために歌うというのがありましたね。でも今作はもっと聴かせたいというか、「私はこうやっていく」という第三者に対するメッセージ性もあったりします。

村上春樹に呪われている感じなんです(笑)

ーー「キキ」はアルバムタイトルにもなっていますが、どんなテーマで作った曲ですか。

彩音 : この曲は〈フジロック〉の後くらい、9月くらいにできた曲なんですけど、17歳だったときのリアルな気持ちというか、自分の中にずっと潜んでいる少女的というか幼い気持ちがあって。それが出ている曲です。タイトルは村上春樹の本に出てくる“キキ”っていう子がいるんですけど、村上春樹は、ギターを弾き出した頃に出会って以来、ずっと今も好きというか囚われているというか、村上春樹に呪われている感じなんです(笑)。村上春樹の作品に出てくる女性に私自身が憧れているというのがあって。お気に入りの名前だったのでつけちゃいました。

ーー村上春樹の影響は大きいんですね。

彩音 : 大きいですね。音楽よりもけっこうそういう方からの影響が大きいですね。

ーー彩音さんはどちらかというと、“ことばの人”ですよね。

彩音 : ああ、うれしい言葉ですね、それは。カッコイイ(笑)。

ーー歌詞を聴いていても自分のことを直接的に言っている感じじゃないですもんね。

彩音 : うん、だって恥ずかしいですもん。わりと恥ずかしがり屋なんで。本当のことはあんまり言えないですね。言わない方がいいっていうか、“隠しておく美学”みたいなものが自分の中であって。「キキ」は聴いてくれた人が想像してくれる曲になったなって思います。

ーーでもその中には、メッセージ性も含まれているわけですよね。誰に向けて歌いたい、という気持ちも大きくなってきましたか。

彩音 : いろんなことがあんまりわからなかったんですよね。自分のこともそうだし世の中のこともそうだし、音楽のことも全然わからないし、これまでは「わからないからわからない」っていう風に歌っていたんですけど、それも変わってきて。どういう人に向けて歌いたいのかっていうことを思うようになりましたね。

ーー彩音さん自身が歌を聴くときにそういうメッセージを感じることが多いですか。「この曲は私の歌だ」とか。

彩音 : だいたい、自分のために歌ってくれているって思っちゃいますよね、曲を聴いていると。「私の曲じゃん!」みたいな。たまに悔しくなったりするんですよ、「この曲をあなたが作ってなかったら私が作ってたと思う」って。そういう感情になったりするときがあります。

ーー本当にその人の曲が好きになるってそういうことだと思うんです。自分は世代的には彩音さんの曲に自分を投影するというのとはちょっと距離があるんだけど、同世代の人が聴いたときには「これは私だ」って思う音楽なんじゃないかなって。

彩音 : ああ~、たまに言われますね「よく言ってくれた」みたいなことは。嬉しいことですね。

今は「次の作品はどうしよかな」っていう新しい気持ちでいる

ーー『キキ』かなり前からライヴでやっていた曲も入っていますが、制作は去年から始めていたんでしょうか。

彩音 : そうです。バンド体制で録るとか色んな案があったんですけど、やっぱり高校生のうちに、もう1枚自分だけでやりたいと思ってこういう形になりました。

ーーエレキギターやピアノが入っていたり打ち込みのリズムが入っていたり、アコギに弾き語りだけではないですけど、そのあたりは共同プロデューサーの山本哲也さんと話しながら進めていった感じですか。

彩音 : わたしはイメージを口にするのが苦手だったんですけど、山本さんがレコーディングのときに「この曲はこう思うけど、これを加えてみよう」とかアイデアを出してくれて。1人でやる音源として考えてはいたんですけど、「この曲は上でピアノが鳴っているな」とか、ちょっとしたイメージがあったので、何かしら音は加えるだろうなとは思っていたので。「プレゼント」なんかは「これはバンドの曲だ」みたいに作ったりしました。

ーー最近、ドラマーのワタナベミカさんとライヴをやっていますが、それは『キキ』の制作過程でそういう方向性も生まれたということ?

彩音 : そうですね。ライヴでやるんだったらリズムを加えてみるのもいいかなということで、今回は打ち込みを入れてみたんですけど、いずれバンドでやりたい気持ちもあって、まずドラムと2人で固めた方が良いかなって。やってみたら、ドラムと2人って意外と新鮮で面白くて。それを今は突き詰めてます。

ーー出来上がりを聴いてみてどう思いました?

彩音 : ギター以外の音を入れたりすることによって、曲たちが持っているあるべき形に近づいたというか、曲自体の良さが広がったと思うんです。それが形になってすごくうれしかったし、前よりもジャケットも含めて「こういう風にしたい」という自我が出てきたので、それが上手くできたのでよかったです。前作では自分を客観的に見ることができなかったんですけど、今回はそこが少し補われたかなって思ってます。でも、わりと出来上がってから時間が経っているので、それも過去の自分になってきちゃったかなって。これがリリースされて、今までの自分と『キキ』が一緒にどっかにいっちゃうような感覚ですね。だから今は「次の作品はどうしよかな」っていう新しい気持ちでいる感じです。色んなことにチャレンジしたいですね。

RECOMMEND

カネコアヤノ / ひかれあい(24bit/48kHz)

カネコアヤノ新作EP『ひかれあい』完成。バンドメンバーに林宏敏(G. / ex.踊ってばかりの国)、本村拓磨(Ba. / Gateballers)、濱野泰政(Dr.)を迎えて「とがる」「天使とスーパーカー」「朝になって夢からさめて」の新曲3曲を制作。さらにこの新曲3曲の弾き語りヴァージョンを収録した全6曲入り。

>>特集ページはこちら

片平里菜 / amazing sky

シンガー・ソングライター、片平里菜のファースト・アルバム。2013年8月7日のデビュー日から1年間の集大成となる作品。シングル表題曲や未発表曲に加え、配信限定シングル「始まりに」を収録。

吉澤嘉代子 / 箒星図鑑(24bit/48kHz)

妄想系個性派シンガーソングライター吉澤嘉代子の初期集大成、待望の1stフル・アルバム完成!! これまでのリード楽曲「未成年の主張」「美少女」「ケケケ」に加え、アルバム・リード曲の「ストッキング」と「泣き虫ジュゴン」、綾小路 翔が参加して話題の「ブルーベリーシガレット」等の新曲を収録した充実の一作。

>>特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

山﨑 彩音 ミニアルバム『キキ』リリース記念 MINI LIVE&サイン&握手会
2017年5月5日(金)@HMV&BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース
時間 : 開演 14:00
イベント内容 : ミニ・ライヴ&サイン握手会 ※ミニ・ライヴは観覧フリーです。

PROFILE

山崎彩音

1999年1月26日生まれ、神奈川県湘南 18才
シンガー・ソングライター

15才から東京、神奈川の有名ライヴハウスで活動。16才の時に1stE.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディング。ジワジワ話題になる。翌2016年、仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクト、アースデイ at 代々木公園野外音楽堂、渋谷クアトロ、渋谷WWW等のイベントに出演。〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演(2日連続で出演)。オハラ☆ブレイク 16のトップで出演。2017年4月26日、ファースト・ミニ・アルバム『キキ』を発売。言葉と空間。余計なものが一切入っていない。声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。

Official HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
同じ筆者による他の記事