早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ーー〈朝コア〉終了直後のI love you Orchestraに突撃インタヴュー!

左からノブ、大津一真、白水悠、中平"ジム"智也、前川和彦、前がケンロー

“朝活”ならぬ“朝コア”という言葉を聞いて何を思い浮かべるだろうか…。その内実は、仕事始まりである憂鬱な月曜日の早朝から、新宿LOFTにて毎月1回行なわれているハード・コアなライヴ・イベントだ。この破天荒なイベントを主催しているのは、パンク・ジャズ・ハードコア・シーンの「孤高の異端児」、I love you Orchestra。同じシーンを代表するKAGEROのベーシスト、白水悠をリーダーに“本気で遊ぶ”音楽を奏でている。そんな彼らが2015年4月の1stアルバム・リリースからわずか5ヶ月後の9月16日に2ndアルバム『Fuse』をリリース。OTOTOYでは2週間先行でハイレゾ配信、全曲フル試聴を行ない、インタヴューで彼らに迫った!! 新しいシーンを切り拓く彼らの活動にぜひ注目していただきたい。

これが〈朝コア〉だ!! まずはダイジェストをチェック!!


〈朝コア〉ダイジェスト映像

もちろんレコ発は〈朝コア〉、しかもワンマン・ライヴ!!

I love you Orchestra "Fuse" 発売日当日スペシャル朝コアワンマン!!
2015年9月16日(水)@新宿LOFT
料金 : 1,000円 ※モーニング付き
時間 : OPEN / START / CLOSE 6:45 / 7:00 / 8:00
出演 : I love you Orchestra(ワンマン)

※※インタヴュー内で「〈朝コア〉が実現したのは○○がアタマおかしかったから」という発言が出てきます。○○に当てはまる言葉を、当日物販席で言っていただくとモーニング・コーヒーを無料プレゼントいたします!!

2ndアルバム『Fuse』を2週間先行ハイレゾ配信!


9月16日発売の2ndアルバム『Fuse』を先駆け、2週間先行配信!

I love you Orchestra / Fuse
【配信形態】
[左]ALAC / FLAC / WAV(24bit/48kHz)、AAC
[右]WAV / mp3
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?

【価格】
24bit/48kHz : 2,000円(税込)(単曲は各300円)
WAV : 1,800円(税込)(単曲は各250円)
AAC、mp3 : 1,500円(税込)(単曲は各200円)

【Track List】
1. Fuse / 2. Eraser / 3. The Bicycle / 4. Csikos Post (More Excite ver.) / 5. Walk Alone / 6. Battle Horn in 5AM / 7. Dear My Toy Box / 8. rise / capture (More Extreme ver.) / 9. Ajisai / 10. WTF?

全曲フル試聴はこちらから!!

レーベル Ragged Jam Records  発売日 2015/09/16

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

INTERVIEW : I love you Orchestra

I love you Orchestraリーダー、白水悠(Ba)を中心に「これ、本当にやったらどうなるんだろう?」と、好奇心満点で始まったイベント〈朝コア〉。正直、まさか毎月定期的に開催し続けるとは思わなかった。それどころか回を重ねるごとに工夫を凝らし、早朝から足を運ぶ奇特な(?)お客さんたちを楽しませようとますますモチベーションが上がっているように見える。それはI love you Orchestraの活動も然り。ギター×3人、ドラム×2人、ベース×1人が同時に音を出したらどうなるのか? その好奇心とワクワク感に惹かれて集まったメンバー6人が奏でる音楽もまた“本気の遊び”だ。

そんな彼らがデビュー・アルバムからわずか5ヶ月で完成させた2ndアルバム『Fuse』は、キャッチーでメロディアスな曲がある一方、メンバー不参加の轟音ノイズから激ショート・チューン(1秒!)まで、遊び心も満載な文句なしの傑作だ。そしてそのリリース日に〈朝コア ワンマン〉を開催することが決定! ライヴもアルバムもバンド構成も、すべてに於いて既成概念に捉われない自由さに溢れているメンバー6人を〈朝コア〉ライヴ終了直後の新宿LOFTで直撃した。

インタヴュー & 文 : 岡本貴之
写真 : Kana Tarumi

「平日の早朝にライヴやったらアツくね?」

朝コア終了直後のI LOVE YOU ORCESTRA

ーーみなさんおはようございます。ライヴ終了直後ですが、只今午前9時です。

一同 : あははははは! おはようございます!

ーーまずリーダーの白水さんにお伺いしますが、〈朝コア〉ってどうして始めたんですか?

白水悠(Ba・以下白水) : きっかけは、AARHNNDの田畑さん・さやかちゃんと吉祥寺の焼肉屋で飲んでたときに「まだまだおもろいことなんていっぱい転がってんじゃね?」って話をしててさ、その中で「平日の早朝にライヴやったらアツくね?」って話になって。まぁ飲みの席で出た話をね、それだけで済まさなかった結果よね(笑)。

ーー〈朝コア〉の話が白水さんから出たときに、メンバーのみなさんはどう受け止めたんでしょう。

大津一真(Dr・以下カズマ) : 今年の1月くらいにみんなで飯食ってたとき、いきなりポロッと「朝ライヴやりたい」って言いだして。口に出した以上、この人絶対やるなって(笑)。だから決まったって聞いたときも「そ、そうっすか!」って言うしかないというか。
ケンロー(Gt) : 「やりたい」って言いだしたときに、もう8割方やるなってわかってるから。それがいつになるのかなって思ってたら意外と早かったというだけで。
白水 : だって月曜日の早朝なんてみんな絶対スケジュール空いてるに決まってるじゃん(笑)。

ーー今日は特に楽しそうに演奏しているように見えましたけど。随分明るいなって。

白水 : そうね、やっぱりライヴ前っていつもスイッチ入れるんだけど〈朝コア〉の場合は特に入れないとさ、持ってかれちゃうから(笑)。
カズマ : ただでさえilyoのときは悠さん割とスイッチオフ気味なのに(笑)。

ーーみなさん、〈朝コア〉のときは早起きしているんですか? それとも前日から起きてるんですか?

前川和彦(Dr・以下前川) : 僕は結構起きてますね。今日はちょっとだけ寝ましたけど。5回中2回は、3時間くらい寝ました。
ノブ(Gt) : 僕は5回中4回寝てないですね。今日は初めて寝てからきました。

ーーやっぱり寝ると違いますか?

ノブ : 全然違いますね。寝た方がやっぱり良いです。
中平ジム智也(Gt・以下ジム) : うん、寝た方が良いですね。

ーーバンドのライヴの話とは思えない会話ですけど(笑)。

一同 : ははははは!
白水 : ただの健康についての話じゃねーか(笑) !
ケンロー : まあ少しでも寝てた方がね。
ノブ : 寝ないで来たときの、楽屋に入って始まるまでのあの…。
ケンロー : もうね、「ズン…」ってしてる感じ?
ノブ : そうそう、ズン… とした感じが凄くてねえ…。
ケンロー : 目覚ましが朝鳴ったときに意味がわからないですもん、マジで。
白水 : 普段なら「そろそろ寝るかなー」って時間だもんね。4時半なんて。
ケンロー : 起きて、「なんだなんだこれ!? なんで鳴ってんだ?」って。
白水 : 「地震か地震か!?」みたいな(笑)。
ケンロー : (気が付いて)「… 朝コアかあ…」。
一同 : (爆笑)。
白水 : もうなんか自分の意志じゃないよね、動いている感じが(笑)。
ジム : 1ヶ月がものすごい早く感じる(笑)。
ケンロー : 最近すごく早いよね。間にツアーとかやって、「ああまた〈朝コア〉か」っていう感じだもんね。

最初の頃は完全にアイコンタクトでしたね

ーーそもそもI love you Orchestraもこの編成でやろう、と白水さんが言いだしたことなんですよね。

白水 : そうだね。勝手にケンローまで入れたしね(笑)。
ケンロー : 僕は今年から入ったんですけど、割と2つ返事で軽い感じで「いいよ」って言ったんですけど(笑)。もともと他のメンバーとの面識もあったし。でもやるって決めてからすぐにレコーディングもあったから、曲を覚えるのが大変でしたね。

ーーこの編成でやっていて大変なのはどんな所ですか?

ケンロー : ドラム2台の音がわからなくなったときは、もう完全に路頭に迷いますね。〈朝コア〉のときは返しのモニターとか無いから、2人をちゃんと見ておかないと。
前川 : ドラムが聴こえないときがやっぱり一番ツラい…。
白水 : ってセリフをドラマーが言うこともあんまりないよね(笑)。
前川 : いやもう、本当に(笑)。カズマくんの体の動きで今どこかっていうのを見るレベルで。
カズマ : だから、お互いが見える視線の導線を確保しないといけないので。一応、僕がクリックを聴いてて、僕基準でBPMは出しているんです。なおかつ僕はイヤーモニターしてるんで、全員の音はある程度聴こえているんですよ。
白水 : だからたまにカズマがスティックを落としたときの5人の「えぇっ!?」っていう顔が。
一同 : ははははは!
白水 : 「お前だけは落としたらマズい!!」って(笑)。
カズマ : その瞬間に5人の視線を感じて「ああっごめんなさい!」って(笑)。
前川 : 最初の頃は完全にアイコンタクトでしたね。
カズマ : 前にヒソミネでやったときに、お互いの距離も遠くて照明も暗くて。「全然見えない、聴こえない」という状態で(笑)。あれはつらかった。
ノブ : たまに2人の視線の間に俺が入るんだよね。
カズマ : そうそうそう(笑)。前川さん見てるのに、ノブさんがこっち見て煽ってきて。「いやそうじゃないから!」って(笑)。
ノブ : (笑)。

ーーギタリストのみなさんはどうですか? 3人の役割としては。観ていると誰もコードを弾いていないなと思うんですが。

一同 : ははははは!
ノブ : 意外と俺はコードで弾くようにしてるんですよ。3人の中では。
ジム : 割とベースの音が歪んじゃってるから…。
白水 : “歪んじゃってる”(笑)。
一同 : (笑)。
ジム : あと、楽器が多いからそんなにコード感を出してもそこまで音が出てこないというか。
ケンロー : グシャってなっちゃう。
ジム : そう、だから単音で分けた方が良い…かなっていう感じではあるんだけど。
ケンロー : … かなっていうくらいで、後はもう結構自由(笑)。

ーー実際曲作りのときは、ある程度役割みたいなことを話し合ってからアレンジするのか、それともとにかく一度一斉にバーッと音を出してみるのか、どちらなんでしょうか?

白水 : 今回のアルバムは特にそうだったけど、だいたい僕がほぼ完全な状態のデモを完成させてて。ドラムはかなり本チャンのパターンのまま打ち込んであるやつ。で、ギターも「こんな感じ」っていうのは1本だけ入れて。それをジムに振るとアホ程重ねてくるから(笑)。だからアルバムの音源上はギターが3本以上入ってるんだよね。それを誰がどのポイントを弾くのか、って後で考えるってのが多いんじゃないかな、最近は。でもまぁぶっちゃけそんなに言うほど気にしてないけどね。ギターが3本いることだとか、ツインドラムであることだとか。だって音楽的には必要ないからね、全然(笑)。たまに前ちゃん(前川)がリハに遅れてきた時とかさ、超やりやすいもん。
前川 : (笑)。
白水 : ただ全然つまんない。ドラム1人でやった方がそりゃあやりやすいよ。スッキリしてるし。でも前ちゃんのドラムがいないと「だからなに?」みたいな(笑)。上手だけど「うん、それで?」みたいな感じはぬぐえない。

ーー普通のバンドじゃん、みたいな。

白水 : そうそう。
ジム : 前に『Stop Your Bitching』を録ったときに、俺が先にギターを録音したらやたらスッキリしてて。音が。でもその後ノブ君が入った瞬間にものすごいilyoっぽさが出たんだよね(笑)。
白水 : それ本当にある! ライヴのとき音のバランスみるじゃん。ノブちゃんの音量の絶妙なポイントがあるんだよ。それよりうるさいとダメだし、それより聴こえないとダメで。ノブちゃんが「そこ!」っていうボリュームになると、すげえilyoっぽくなる(笑)。僕の中でケンちゃん(ケンロー)とジムは、まあデカきゃいいじゃんね? みたいに考えてる。
ジム : (笑)

日本でやっている以上、やっぱりみんなにわかって欲しいじゃん

ーー今回、2ndアルバム『Fuse』が1stから半年も経たずに発売されるということで。何回か聴かせて頂きましたけど、傑作と言って良いんじゃないですか?

白水 : よっしゃー!!
一同 : お~!!(パチパチパチパチ)
白水 : 出来上がり聴いた時ね、僕も結構ビックリしたよ。

ーーまず1stより音がデカくなっている気がしました。

白水 : 前回はミックスとマスタリングで人間を分けたんですよ。うちのエンジニアの大津友哉に録りとミックス任せて、マスタリングはATATAとかやってるRyuji Asoさんにお願いしたの。そのマスタリングがめちゃくちゃ良かったんですよ。「マスタリングでこんなに変わるのか!?」って、Asoさんの力にビビッて。それで今回は大津に「これを聴きながらマスタリングまでやれ」って指令して(笑)。それで彼ががんばった結果、ああなったという。
ジム : 音圧がすごいよね。
白水 : うん。本当にすごい。艶もあるし。

ーーアルバムタイトルの『Fuse』はどんな意味でつけられているんでしょう?

白水 : 今回、実は先にジャケットが決まったんですよ。デザイナーのSekkyと、このジャケでいこうと。『Fuse』って言葉には「溶ける」って意味があって、他には電気のヒューズとか、あと「導火線」って意味もあるんだよね。もともとilyoはただの遊びっていうか「KAGEROでやったら怒られるようなことをやる」って言ってたんだけど、最近ちょっと意味合いが広がってきてて。特に日本でさ、やっぱインストって伝わりづらいなーってホントに痛感するんですよ。「聴いたことがないもの」とか「見たことがないもの」とか「なんかっぽくないもの」っていうものに対して、リアクションが難しいんだよね日本人。風土というか文化というか。違和感が先にくるでしょう? それは映画でも、絵画でも、小説でもそうだと思う。前衛的なものが前衛なだけのまま終っちゃうというか。でもさ、そのことに文句を言ったまま死にたくないなと思ってて。

ーー1stはタイトルが示す通り、怒りをぶつけたアルバムでした。

白水 : そう、ムカついてた。でもさ、それに対して「この国わかってねえよ」って思うだけなら日本にいなくていいじゃん? でも日本でやっている以上、やっぱりみんなにわかって欲しいじゃん。「こんな面白い世界があるんだよー」っていうことを共有した方が絶対幸せで。でもKAGEROってそれがちょっとわかりづらいというか、あんま歩み寄れないから。だからまだ伝わってないひとたちに僕の音楽をこれから提示するとしたら、KAGEROって音楽の前に1本導火線を引きたかったんだよね。そういうアルバムにしたかった。自己満足で終わるんじゃなくて、今までインストなんか聴いたことがない人とか、4つ打ちでしかノレないような子たちにもしっかり届けたいなって。KAGEROは崩せないものとか「このこだわりは外せない」ってのがめちゃ多いバンドだけど、ilyoなら色んなことに挑戦できるから。「この部分をこう工夫したら、こういう音楽を聴いてる人たちにも引っかかるんじゃないか?」っていう色んな仕掛けを10曲打てた。もちろん自分がカッコイイと思う範囲は守ったままね。それが今回の『Fuse』っていうアルバム。… ホント良いタイトルだなーって思いますよね(笑)。
一同 : あははははは!

ーー自画自賛(笑)! その1曲目の「Fuse」が前作のテイストも残したショート・チューンですが、いきなりガツンとした伝え方ですけど。

白水 : そうかな? 結構ポップじゃない? 最初クソかっけえハードコアから始まってさ、その後コミカルになって、その後ミッシェルガンエレファントみたいなコテコテのリフが入って、そんでメタルになって、んでロッンロールになって、最後またコミカルで終わるっていう。ほらほらみんなの好きなヤツでしょ? って(笑)。

ーー「Eraser」はKAGEROのカバーですが、バイオリンが入ってドラマティックになっていますね。

白水 : もともとKAGEROに持ってく前の段階から、バイオリンの旋律をイメージして創った曲だったんです。聴き比べてもらうとわかるんだけど、KAGEROの方は色々変拍子なんよ。サビとかサビ前とか。個人的にはあっちの方がよりスリリングだと思うんだけどさ、言い方変えればわかりづらいとも言えるんだよね。『Fuse』のコンセプトの1つというか、別に変拍子にしなくてもカッコ良くは出来るから、そこは歩み寄ろうかなっていうことをilyoでやったの。だからこっちの「Eraser」にはそんなに変拍子は入れてない。元々僕の変拍子はわかりづらくすることが目的じゃないからね。僕たち人間的にはみんなポップなひとたちだからさ(笑)。
一同 : (爆笑)。

ーーポップといえば、3曲目が非常にポップでメロディアスな「The Bicycle Song」。これは名曲だと思います。

白水 : ああ、やっぱそうですか?「The Bicycle Song」は最初にメンバーに投げたとき、みんなめちゃめちゃ戸惑ったと思うんだよ。
ノブ : うん、戸惑った。
カズマ : うん(笑)。最初聴いたときに、友達が「今それ誰のデモ聴いてるの?」って。「いやilyoだよ」って言ったら「えぇっ!?」って。
白水 : こんなん完全に狙ってるんだよ。正直長く音楽やってるとさ、「こういうのが好きなんでしょ?」ってことくらいはわかるよ。「The Bicycle Song」みたいな曲って掃いて捨てるほどあるじゃん世の中に。でもいざヘッドホンとかでちゃんと聴くとだいたいしょうもないのよ、内容が。バッタモンみたいなもんだし。やっぱり耳障りが良いだけのものって聴きこめないものが多くて。今回「The Bicycle Song」でやりたかったのは、耳触りが良くて、でも音色もフレーズも超イカしててアレンジもしっかりしてる、ってものを創りたかった。クソなオトナにね、あんま音楽ナメてんなよっつーね。最終的にめちゃくちゃ良い仕上がりになったもんで安心した。

ーーこの曲が入ってることが1stとの大きな違いになっているんじゃないでしょうか。

白水 : そうだね。
ケンロー : これは初めて聴いた人は絶対ビックリするよね。
ジム : ああ、ilyoのこと知ってる人が聴いたらね。
白水 : それより僕はilyoのこと知らなくてバイシクルだけ試聴してアルバム買う人のことが一番心配だよ。
一同 : あははははは!
ケンロー : それでライヴに来たら…。
白水 : 「あれ~!? 違う!?」って(笑)。
ケンロー : でもこの曲は本当、すごく良いですよね。

ーーところでアルバムは前作の反響を受けて作られたんですか? それとも曲がたくさんあるからもう1枚作ろう、ということ?

白水 : 両方あるかな。最初はフル・アルバムにするつもりはなかったんですよ。5曲入りとかでゲスト呼んだミニ・アルバムで、店舗も限定して、くらいな感じで考えてたんだけど。てかKADOKAWAとは間違いなくその話で進んでたはずなんだけど(笑)。でも前作の反響と今回の内容聴かせたら「これはもうフル・アルバムでいきましょう」って言われて。「アタマおかしいのかなこのメジャー・レーベル」って思ったけど(笑)。じゃあもうちょっと曲を書こうかなと。
カズマ : 実感として言えば『Stop Your Bitching』を出してからまだ半年も経ってないんだっていう感じなんですよ。
ノブ : ああ~そうかもしれない。
白水 : てかカセットテープ出してからまだ半年ちょいだわ!
カズマ : 感覚的には『Stop Your Bitching』を出してから1年くらい経っている感じですね。
前川 : 録ったのが早かったもんね。
カズマ : そう、(1stは)ドラムに関しては去年の12月に録ったから。悠さんがぶっ倒れてたとき(笑)。
一同 : ああ、あったあった(笑)。
白水 : 前回のレコーディングのときに僕が胃腸炎になって。バンマスがいないままレコーディングが進んでいくという。今回はちゃんとディレクションできたからね。そういうのも良いアルバムが出来た理由かもね。

「目覚めの1発を作ろうぜ」

ーー時間が経っていると感じるのはライヴを数多くこなしてきたから、というのもあるんじゃないですか?

ケンロー : ああ、それもあるかもしんないっすね。
白水 : いや〈朝コア〉のせいだよ。全部〈朝コア〉のせい。
一同 : ははははは!

ーー今日の〈朝コア〉ライヴでは収録曲の「Csikos Post」を演奏しましたよね。この曲のカバーは誰の発想ですか?

ノブ : これも、吉祥寺でみんなでご飯を食べているときに、(白水が)確か言ってたんだと思う。
白水 : なんかカバーやりたいなって思ってて。カバー大好きだからさ。でもilyoでやるなら日本人全員が絶対知ってる曲が良いなって思って。じゃあクラシックでしょって。じゃあもうこれしかないでしょって(笑)。
ノブ : この曲、最初名前が出て来なくて。「なんだっけあれ?運動会のやつ」って言ってたんですけど。それで調べて「これだこれだー!」って。


I love you Orchestra / Csikos Post official MV

ーー「Walk Alone」はKAGEROの曲なんですか?

白水 : まだライヴでもやってない曲だけどね。もともとKAGEROのアルバム用に創ってた曲なんだけど、これもilyoの方がわかりやすくしてる。KAGEROの方は激烈なパートが入っているんだけど。

ーーこの曲でもManhole New Worldのぬましょうさんが参加していますが、今作に何人かゲスト・ミュージシャンを加えた理由は?

白水 : これはよくジムとも話すんだけど、ギターでメロディで奏で続けると、僕らの感性的には「ダサいな」って感じちゃうことが多いんですよ。
ジム : なんかフュージョンっぽくなるというか、僕らがやらなくて良いというか。
白水 : ギターでメロディを弾くとクサくなるというか、どうしてもこう、バシッとこないんだよね。衝動に訴えてこないというか。だから前のアルバムってメロディのある曲は1曲も入ってないんですよ、実は。今回はわかりやすくするって点で、メロディのある曲も欲しいなっていうのがあって。だったらこのメンバーの中で無理矢理やるよりも、他の楽器を呼んじゃえば良いじゃんって。幸い友達もたくさんいるし(笑)。

ーー「Dear My Toy Box」はジムさんの曲ですが、他の曲とはまったく違う感じですね。どんな経緯で出来た曲なんでしょうか。

ジム : なんか1曲作ろうって話になったんだよね?「心地良いやつ」をやろうって(笑)。
白水 : そうそう。「ヴィレバンで売れそうなやつ書こうぜ」って(笑)。
ジム : それで2曲送ったうち、こっちが良いっていうことで。

ーー続く「rise / capture (More Extreme Fuse ver.)」はジムさんと白水さんの共作になっていますが、もはやアルバム後半はバンドが出てこないですね。

白水 : これは前に〈朝コア〉用に「日曜夜の安眠ノイズ」と「月曜朝の覚醒ノイズ」を作って配信したんだわ。それの「起きる用」の方。アルバム用にいじって、エフェクトとかもちょっと変えて。
ケンロー : この曲アタマおかしいよね、本当。
白水 : これ送られてきたとき「やっぱジムは完全にイッテるわ」って思った。
ケンロー : どうやったらこんな構成になるんだ?って(笑)。
ジム : 「目覚めの1発を作ろうぜ」って話になって。じゃあ送るわって。
白水 : ファイル開けたらすごいやつが入ってたわ(笑)。

ーー〈朝コア〉ありきで生まれた曲なわけですね。

白水 : そうそう。でもこういうのってなかなか普通のバンドって入れられないじゃん? 6人いたらそれぞれがアイデンティティになるから、どうしても6人が詰め込もうとしちゃう。いいじゃん別にって。全員入ってなくても。音楽が第一優先だから。

ーーこのバンドでしか出来ないことをなんでもやってやれっていう感じですか?

白水 : やっぱり段々つまらない大人になってくじゃん。常識とかに捉われて。そこから一歩外す勇気というかね。〈朝コア〉なんてそれこそそうだし。「こういうことがあったら絶対楽しいね」っていう話が飲みの場で出てもさ、やらないじゃん普通。だけど本当にやったらどうなるのかなっていうのを知りたかったというか。〈朝コア〉に来てくれる人なんて本当すごいよね。心から尊敬しますね僕は。そのみんなのポジティヴなエネルギーをもっと他にも広められるかどうかってのは僕ら次第だし、そういう意味でも今回はポジティヴなアルバムにしたかったんだよね。音もウジウジしたもんじゃなくて、パーッとしたものにしたかった。

ーーアルバムの印象は明るいし、優しいですよ。アコースティックな「Ajisai」もそんな優しい曲だと思います。

白水 : 僕のサイド・バンドって謳ってんのに僕が弾いてないっていう革命的なヤツだね(笑)。これは最初からアコギとトランペットだけの曲が欲しいなって思って書いた。バンド・アレンジにするつもりはサラサラなくて。このアレンジが1番良いだろうって思ってたから。だからベースも入れてない。
カズマ : 送ってきた段階で、これはもうアンビエント中心の曲にするっていうのは言ってて。
白水 : チャンケンの素晴らしいトランペットと、ジムのハンパないガットギターがたまらんね。
ジム : 録る前まではアコギにしようかガットにしようか悩んでたんだけどね。
白水 : ジムがガット弾けてよかったです。
ケンロー : うん、超絶良いよこれ。

ーー最後の「WTF?」は前作のラスト「Stop Your Bitching」の3秒を越える1秒。これはどうしても入れたかった?

白水 : やっぱこれがないと終わらないでしょ? 別に短いから良いわけじゃないけど、でもこれ以上何もないんだもん、この曲(笑)。1秒間の中に「What the fuck?」って思いが全部詰まってるから。
カズマ : BPM300の1小節です。
ケンロー : でもこれちゃんとギター3本入ってるからね。「ジャッジャジャッ!!」って。
カズマ : 俺、この曲で謎に5テイクくらい録らされましたからね(笑)。
白水 : 5回聴いて言ったのが「まあどれでもいいわ」。
一同 : (爆笑)。
白水 : 「どれも変わんねえよ」って(笑)。

「お客さんを煽りにいく」って事の優先順位が高めなバンドだから

ーーアルバムのリリース日、9月16日(水)にここ新宿LOFTで〈朝コア〉初のワンマン・ライヴが開催されます。

白水 : ワンマンなんだけど、アルバム2枚足しても44分くらいしかないんだよね。今回のも22分しかないんだわ。あんなに一生懸命10曲も書いたのに!
一同 : ははははは!
白水 : あとは今回のアルバムはゲスト・ミュージシャンを呼ばないとできない曲があるから。彼らが朝6時に来てくれるかはわからん。やれるだけやります。〈朝コア〉が実現したのも新宿LOFTがアタマおかしかったから。LOFTじゃなきゃこんなことできないよ。音楽っつーか芸術なんてさ、現代人の生活に於いてそんなに必要なもんじゃないからね。それで人が動いてくれるっていうのは簡単なことじゃないから。〈朝コア〉にしても普段のライヴにしても「楽しいから来てよ」って言うだけなら誰でもできる。でもそこからどうやって本当に行動してもらうか。最近それについて考えるのは嫌いじゃなくなったね。色々やって、人が実際に動いたときって本当に面白いと思う。昔はその感覚がなかったのかもね、僕自身に。

ーーわかる人だけに伝われば良いという?

白水 : 極端に言ってしまえばね。でも人のリアクションが嬉しいって思えるようになったのは、KAGEROがアメリカでライヴするようになってからかな。全然知らない外国人が自分の音楽でテンションが上がってるのを見て、やっぱめちゃくちゃ嬉しかったんだよね。その気持ちは日本でやってても変わらないはずだなって。ilyoには特にそういう気持ちがありますよね。ライヴの中で「お客さんを煽りにいく」って事の優先順位が高めなバンドだから。昔はそういう意識があんまなかったから。そういう意味でも今音楽が本当に楽しい。でもやっぱり他人の意見に特化しすぎたくはないね。例えばさ、今回「The Bicycle Song」でワーって評価してくれる人がいたとしても、たぶんそれだけの理由じゃもうこういうのは書かないだろうね(笑)。人から良いねって言われたら嬉しいんだけど、じゃあそれを続けようかって気にはならない。今回の「The Bicycle Song」は、これ僕が書くって誰も予想してないだろーなーって思ったから楽しかった。メンバーが「えっ!?」って言ってくれるのも楽しかったよ(笑)。

ーーそしてそのメンバーたちが〈朝コア〉のために早起きして早朝に集まってくれるという。

白水 : このひとたちが一番バカだよね。「OKです!」じゃねーよって(笑)。
一同 : ははははは!

ーー今後はツアー、〈朝コア〉以外でどんな活動を予定していますか?

白水 : 秋にilyoでマレーシア・ツアーに行くんですよ。来た話で面白いものはやっていきたいなと思いつつ、やっぱり前に進むことでより楽しめるのかなっていう感覚があるから。9月の〈朝コア〉ワンマンから国内ツアー回って、色んなフェス出て、マレーシアに行って、んで11月に代官山UNITでワンマンやる。それが終わったときに次に何が見えるかなって感じかな、今は。

RECOMMEND

KAGERO / KAGERO Ⅳ(24bit/48kHz)

ジャズ・パンク・インスト・バンドKAGEROの通算4枚目のオリジナル・アルバム。「OVERDRIVE」「sister」「THE FOREST」といったKAGERO節が前面に出た“音の暴力”というべきファスト&ヘヴィなパンク・ナンバーは鋭さを増し、「flower」「HONEY BEE」「CRY BABY」といった楽曲からは、今までにない強烈なポップネスが大放出。ジャンルの壁を超越した強力作。

>>特集ページはこちら

te' / 其れは、繙かれた『結晶』の断片。或いは赫奕たる日輪の残照。

te'の6作目のアルバム。今作でドラムtachibanaが活動休止、現メンバーでの最後の作品である。海外でもその名を轟かせ、日本を代表するポスト・ロック・インスト・バンドとなったte'。その歴史を踏まえつつ、サウンド的にもシンセサイザーを今作で取り入れたりと、常に進化を惜しまない。これから日本のインスト・シーンを切り拓いていくであろうI LOVE YOU ORCHESTRAと共にぜひ聴いて頂きたい。

>>特集ページはこちら

about tess / shining

ツイン・ドラム、ツイン・ベース、ツイン・ギターによる新宿歌舞伎町的J-POP インスト。about tess約3年ぶりのアルバムは前作「1曲100分」という超大作から一転、「10曲50分」の超絶ポップに疾走するアルバム「shining」。ツイン・ドラム、ツイン・ベース、ツイン・ギターという特異な編成を最大限に活かし、10の光を描いた楽曲達が見せるあまりにもカラフルな音像は、愛と死、希望と闇、情念と欲望が渦巻く新宿歌舞伎町的J-POPインスト。闇夜に目も眩むような閃光を放つ。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

I love you Orchestra "Fuse" 発売日当日スペシャル朝コアワンマン!!
2015年9月16日(水)@新宿LOFT
料金 : ¥1,000 ※モーニング付き
時間 : OPEN / START / CLOSE 6:45 / 7:00 / 8:00
出演 : I love you Orchestra(ワンマン)

I love you Orchestra "Fuse" JAPAN tour
2015年9月21日(月祝)@仙台LIVE HOUSE enn 3rd
料金 : 前売 2,000円
時間 : OPEN / START 18:45 / 19:15
出演 : I love you Orchestra / Manhole New World / and more!!

2015年10月10日(土)@大阪天王寺Fireloop
料金 : 前売 1,800円
時間 : OPEN / START TBA
出演 : I love you Orchestra / Rosy John / パブリック忍者 / bent / and more!!

2015年10月11日(日)@名古屋栄CLUB ROCK'N'ROLL
料金 : 前売 2,500円
時間 : OPEN / START 17:30 / 18:00
出演 : I love you Orchestra / Dr.DOWNER / TheSpringSummer / ‘wl of the art/solamils.

I love you Orchestra "Fuse" JAPAN tour FINAL!!
2015年11月12日(木)@代官山UNIT
料金 : 前売 2,500円 ※別途1ドリンク・オーダー
時間 : OPEN / START  19:00 / 19:30
出演 : I love you Orchestra ※ワンマン
一般発売日 : 2015年9年12日(土)
Pコード : 275-835
Lコード : 75141

PROFILE

I LOVE YOU ORCHESTRA

パンク・ジャズ・ハードコア・シーンを席巻する "孤高の異端児" KAGEROのベーシストでありバンマスの白水悠が「ファック大人の事情!」と言い放ち、気のしれた仲間を集めて2014年に突如結成。
「KAGEROでやったら怒られることをやる」を信条に、地元吉祥寺を中心にライヴ活動を開始。
何故かみんなライヴを避けがちなお盆やGWにツアーしてみたり、変な物販つくったり、アイドルとの対バンで逆にチェキを売りさばいたり等、KAGEROとは完全にベクトルを逆に振り切った破天荒で遊び心MAXな活動でフロアを沸かせる。

2015年2月、独立系レコードショプ限定カセットテープ『Sheep Chaser EP』を100本限定で突如リリース、発売1週間で各店舗売り切れ寸前の状態に(現在ソールドアウト!!)。また2015年度より月イチペースで朝活GIG「朝コア」を開始、新宿ロフトで早朝7時から爆音を浴びさせかけるSっぷりで世間から羨望と戸惑いの眼差しを欲しいままに。

>>I LOVE YOU ORCHESTRA Official HP

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

TOP