PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始&インタヴュー

ポップスをこよなく愛するレーベル〈WaikikiRecord〉から新たな才能が登場! その名も「PARIS on the City!」。今年6月にミニ・アルバム『全然LOVERS』をリリース、渋谷RUBY ROOMにて行われたワンマン・ライヴもソールドアウトと、徐々にその名を広めつつある彼ら。お茶の間にもひらけつつあるR&B、シティポップというフィールドに一石を投じるバンドとも言えるだろう。OTOTOYでは彼らの初全国リリース作品『この世で一番嫌いな君へ』を配信、そしてメンバーへのインタヴューを掲載。初となるバンド・インタヴューで、今作『この世で一番嫌いな君へ』について、彼らが掲げる今後の目標も語ってくれた。

ポップ・シーンの新星、1stアルバム配信開始!


PARIS on the City! / この世で一番嫌いな君へ

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 1,620円(税込)

【収録曲】
1. ベイビーメイビー
2. この世で一番嫌いな君を
3. キミはキレイだ
4. スーパースター
5. 全然ナナメFRICTION LOVE!!!
6. 悪魔の遊歩道
7. 君がスニーカーを履いた
8. さよならエンジェル!
9. シンガーソングライター野郎のうた
10. 初恋クリームチーズ


PARIS on the City ! / さよならエンジェル!


INTERVIEW : PARIS on the City!

ひたすらポップ、ときにファンキーなパーティー・ソングで踊らせる、PARIS on the City! の1stフル・アルバム『この世で一番嫌いな君へ』。冒頭の「ベイビーメイビー」をはじめ随所に覗かせるソウル・マナーとシンプルながら丁寧な演奏が親しみやすいメロディと調和した、心地良いサウンドが聴ける1枚だ。そして甘酸っぱいワードの数々…… 〈君の言葉は悪魔のようだ〉〈地獄の果てで巡り合える〉〈悪い顔してキミはキレイだ〉…… んんっ!? 甘酸っぱくない! 苦い、ビターにもほどがある。この4人、結構クセ者かも。いったいどんなバンドなのか? 記念すべき初インタヴューをどうぞ。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 作永裕範

モータウンなら張り合えるかなって

左から小林ファンキ風格(Gt)、阿久津信也(Dr)、田中裕一(Ba)、明神ナオ(Vo.Gt)

──PARIS on the City! は明神さんを中心に結成したそうですが、どんな経緯でいまに至るのでしょうか。

明神ナオ(Vo.Gt) : もともと自分がやっていたバンドからメンバーが抜けて、僕は1人でPARIS on the City! を名乗ってライヴをしていたんです。2016年にSundayカミデさん主催イベント〈lovesofa〉に出演させてもらったんですけど、サポート・メンバーをつけてライヴをやっていて。そのときのベースの方にドラムの阿久津を紹介してもらったのがはじまりです。その後12月位には小林、田中にも会って4人でミーティングをして、今年に1月に現体制で活動を始めました。

──明神さんご自身は最初からバンドを組んで活動していたんですか?

明神 : 僕はもともと、大阪・神戸でシンガー・ソングライターとして弾き語りで活動していたんです。その後上京して、アコースティック・ユニットを組んだんですけど、それがだんだんバンドになって。2016年2月に初ワンマンをやって、そこでPARIS on the City! に改名したんです。

田中裕一(Ba) : 僕は前に違うバンドをやっていて、そのバンドが解散する1〜2週間くらい前に連絡をもらって加入した感じです。

阿久津信也(Dr) : 自分は本格的な音楽活動はしていなかったんですけど、共通の先輩ベーシストの方が明神を紹介してくれて。(明神は)1人でライヴをしていたので、必死な感じがライヴにも出ていて。それを観てやるしかないなって。

小林ファンキ風格(Gt) : 僕もバンドは大学のサークルでやっていたくらいだったんですけど、SNSに演奏動画を投稿していて。それを観てくれた明神が「良かったらバンドをやりませんか?」って誘ってくれて、ライヴを観に行ってやることにしたんです。

──SNSの動画をきっかけに会うって現代の話っぽいですね!

阿久津 : 田中さんもそうですもんね?

田中 : ベースとギターはSNSで明神君が探して声をかけてくれたんですよ。だから全く初対面で、どこに住んでいてどういう人なのかも知らないという。

明神 : とりあえずメンバー探しをしないといけないっていう話を阿久津としていて。SNSで探してみようと思ったんですけど、楽器がうまいとかじゃなくて人間的に面白い人の方が良いなと思ったんです。なので動画とかで服をチェックして選びましたね。服に気を遣える人って色んなことに気を遣える人やなって。

──人間性はもちろんのこと、明神さんが自分のやりたい音楽をやる上でこの4人になったわけですよね。アルバムはモータウン調の「ベイビーメイビー」から始まりますけど、自分がやりたい音楽をメンバーにどう伝えたんですか。

明神 : 「モータウンをやりたい」って言いました(笑)。

田中 : それは最初に全員に言ってると思います。

阿久津 : なんでモータウンがいいって言ってたんだっけ?

明神 : 単純に好きだし、4つ打ちが流行ってる中で、そこと張り合えるかなって。

小林 : 僕も大学時代のサークルでブラック・ミュージックをやっていたので、ソウル、R&Bの曲をやっていて。それと人の耳に馴染むポップスを調和させる活動っておもしろそうだなって思ったんです。

──それぞれのルーツを教えてもらいたいんですけど、明神さんは歌モノのポップスが好きだったんですか。

明神 : 親の影響で小さい頃からユーミン(松任谷由美)の曲をよく聴いていて。それと、うちの親はR&B、ディスコ・ソウルとかも聴いていたので、いまでも親近感がありますね。アコースティック・ギターを弾くようになったのも父親の影響です。

田中 : 僕はもともと、親がヤマハのギター講師をしていたので、ギターを弾いていたんですよ。そのときはハード・ロック、メタル系のギターを弾いていて。でも最初に聴いたCDはボビー・ブラウンの「Roni」でそのときの衝撃が強すぎて黒人音楽が好きになって。本当はベースが弾きたいっていう気持ちがあったので、高校生のときにベースを買って弾きはじめました。日本人なら亀田誠治さんが好きですね。前のバンドのときはベースの音色やアレンジだけを追求していたんですけど、PARIS on the City! に加入して自分の役割が固定されてきたときに、コーラス・ワークと、シンプルだけど聴かせられるモータウンとかR&Bのベースを研究していまに至ってます。それと、昔ヴォーカリストを目指していた頃もあったので、それがコーラスという形でバンドに活かせるのは嬉しいですね。

阿久津 : 中学生くらいにみんなが音楽を聴き始めたときに、周りはELLEGARDEN、チャットモンチー、RADWINPSとかを聴いていたんですけど、自分はスピッツが1番好きで同級生とあんまり話ができなかったんですよ。それで高校生になってからはポスト・ロックとかフュージョンとかインストにハマり出して。上京してからは、お世話になっている先輩に黒いノリが好きな人が多かったので、黒いグルーヴが好きになったんです。沼澤尚さんとか、TOTOのジェフ・ポーカロとかスティーヴ・ジョーダンとか、“ためてナンボ”みたいな音楽にだいぶハマりましたね。

小林 : 僕がギターをはじめたのは中2の頃で、その頃は流行りの音楽を聴いていたんですけど、学校にアコギが置いてあって、当時流行っていた曲を誰よりもはやくコピーして、休み時間に弾いて目立とうと思ってたんです(笑)。そこから、有名な曲を見つけるとコピーしたいという気持がすごく強くて。中高は流行の音楽やメジャーなアーティストをコピーしていて。大学入学後にまったく別次元のブラック・ミュージックをやってるサークルと出会って、そこから管楽器や鍵盤と一緒にやるようになったんです。それまでは派手なギターが好きだったんですけど、後ろで支えるギターが好きなことに気がついて、ガラッと変わりました。

──アルバムを聴くと歌が中心になっているんですけど、演奏も凝っていて、でもすごい音圧でガーっと主張するわけじゃなく調和しているのがいいなって。若いバンドなのに丁寧な曲作りをしているなって思ったんですよ。

田中 : ああ〜それはめちゃくちゃ嬉しいです。

──それは全員、黒人音楽が好きなところから来ているんですね。作詞作曲は全部明神さんが?

明神 : そうです。僕がギター、ベース、ドラムもつくり込んだ上でデモで投げて、それを中心にスタジオで調整する感じです。「ここでこういうコーラスが入る」とか、全部アレンジのイメージを決めてつくってます。セッションでつくることはほとんどないんですけど、「全然ナナメFRICTION LOVE!!!」は全員でスタジオでセッションしてつくりました。

「こういう音楽もあるぞ」っていうことを知ってもらいたい

──はじめての全国流通盤ということですけど、どんなことを考えて制作したのでしょう。

明神 : はじめて全国に出すので、自分たちがやりたい音楽、「こういう音楽もあるぞ」っていうことを知ってもらいたいというか。PARIS on the City! を知ってもらいたいというよりは、「こういう音楽どうですか?」っていうメッセージ性が強いですね。

──「この世で一番嫌いな君を」みたいなシャッフルの明るい歌モノって、ありがちなようでいて、実は最近の若手バンドの曲にはない気がします。


PARIS on the City ! / この世で一番嫌いな君を

明神 : 基本的に明るいサウンド・曲が多いんですけど、歌詞は暗いんですよ、全部。妬みとかを歌っていて(笑)。「悔しいことを明るく歌う」っていうスタンスはアルバムを通して崩れてないですね。

──歌詞で言うと、このアルバムのキーワードは「君」っていう言葉だと思うんですが、「シンガーソングライター野郎のうた」で、〈作る曲といえば大抵は三年前に亡くなった君の歌〉とあります。この歌詞について訊いてもいいですか?

明神 : この歌詞はじつは実体験でもなんでもなくて、空想でつくっていて。でもそういう立場になったときに、自分はどういう感じになるか想像しながらつくりました。実体験もあるんですけど、想像したストーリーが多いですね。特に情景が浮かぶものは想像が多いです。

──そうなんですか? アルバムを通して、失恋した人が自分の思いを綴っている感じがしたので。

明神 : ああ、そうですね(笑)。歌詞は暗いっていうか、悔しさとかを書いてますね。いまはバンドとして知名度がないので、「世界を平和に」とか「頑張っていこう」とか歌っても、全然説得力がないなって。だから恋愛ソングしか書けないというか。ただ、意識しているところは、恋愛ソングにも受け取るけど「頑張っていこう」っていう風にも捉えられるような歌詞にしたいっていうのはありますね。

──甘く切ないポップな歌詞のようでいて〈君の言葉は悪魔のようだ〉とか〈地獄の果てで巡り合える〉とか〈悪い顔してキミはキレイだ〉とかひっかかる歌詞が出てきますよね。こういうポップさにちょっと毒を混ぜるような感じはどうしてなんですか?

明神 : ひっかかる言葉をスルーしたくないんですよ。そうしてしまうと、どこにでもあるラブ・ソングになってしまうというか。Aメロからそこは意識していて。小説じゃないですけど、「サビまで聴きたい」ってリスナーに思わせたいというか。Aメロで全部わかっちゃって「ああ、こういう感じね」とか思われるのが嫌なので。

──〈君のこと好きだけど 僕は彼女を作るのさ〉ってどういうこと?

一同 : ははははは!

明神 : これは裏の設定があって。あるカップルがいて、彼女が浮気をして、それを彼氏が見てしまうんですけど、じつはその浮気相手との間に子どもができた…… くらいのことを上手く表現したいなと思って。彼氏側の気持ちになって考えました(笑)。

──メンバーは「これどういう意味?」とか訊いたりしない?

田中 : あんまり訊かないですね。

小林 : でも、やりたい主旨はみんなわかっているので。一貫性はあるんですよね。デモを聴くときに歌詞のことを考えながら聴くんですけど、歌詞の意味についてはあえて訊かないようにしています。パッと聴いたときの自分の第一印象を大事にしたいと思っているので。

田中 : PARIS on the City! の楽曲は、人によって捉え方が十人十色っていうのがすごく重要だと思っていて。明神君が曲をつくったときの正解はあると思うんですけど、聴き手側に正解はないと思うんですよね。それでこの3人はあえて訊いてないんだと思います。

阿久津 : うん、客観性を持たせるっていうか。

明神 : 松任谷由実さんの歌詞がそういうニュアンスがあるんですよ。それに影響を受けているのもありますね。“わかり過ぎない、でもわかる”っていうか。

──お客さんから直接、曲の感想を言われることもありますか?

明神 : 僕たちは毎週金曜日にインスタ・ライヴをやってるんですけど、6月に出した1st ミニ・アルバム『全然LOVERS!』については全曲いろんな感想をもらいましたね。今作で言うと、人気なのは「悪魔の遊歩道」ですね。

──キラキラしたシンセのイントロで始まる80’sっぽいポップスですね。こう言ったらなんだけど、歌声が星野源さんに似ている気がします。

明神 : ああ〜それはよく言われますね、嬉しいです。もともとサビのメロディは2、3年前からできていて、絶対カタチにしたいなって思ってたんですよ。良い歌詞が浮かんだので形になりました。

──でも、1番好きな曲が「悪魔の遊歩道」っていうのも聖飢魔Ⅱっぽいというか……。


PARIS on the City ! / 悪魔の遊歩道

田中 : タイトルがすごいですよね? 確かに聖飢魔Ⅱっぽい(笑)。聴いたらこんなに爽やかな曲なのに。

阿久津 : 身近な言葉として入ってきているから、そうか、客観的に聞いたらそうなるよね(笑)。

明神 : 最初は、「あの日の遊歩道」やったんですよ。でも普通過ぎるなと思って「悪魔の遊歩道」にしたんです。

田中 : そうだったんだ?

夢は「パリでライヴをすること」?

──初のフル・アルバムの手応えはどうですか?

明神 : かなりSNSに上げてくれている人が多くて。嬉しいですね。

田中 : ね? 嬉しいよね。こんなに結成して間もないのにね。初ライヴが今年の1月24日ですからね。

阿久津 : いろんな色がありつつ、歌詞には妬みとか右往左往する感じ、相手と距離を縮めたと思ったらやっぱり離れている感じとか、日常でもあるような色んな気持ちが表現出来てるなって実感できていますね。演奏とかライヴのクオリティとか、人に聴いてももらうためにこれから何をしなくちゃいけないのかっていうことを考えてやっていきたいですね。

──『この世で一番嫌いな君へ』と名付けたのはどうしてですか?

明神 : 「嫌い」っていう言葉は逆に言えば「好き」っていう捉え方もできると思っていて。今作の10曲の中で「この世で一番嫌いな君を」っていう曲が今までつくってきた曲で1番インパクトがあるタイトルだなって思っていて、アルバム・タイトルにしました。50個くらい考えてたんですけどね(笑)。最悪、『ピーチクパーチク』とか言ってて。

田中 : そうそうそう(笑)。

小林 : でも、第二候補『全然全然LOVERS!』とかじゃなかった?

田中 : ミニ・アルバムのタイトルをさらにでっかくしようとしていて(笑)。

小林 : でも「前前前世」が流行ってた時期だったしそれは止めようと(笑)。今作のタイトルは満場一致で決まりました。

──東名阪ツアーがありますけど、PARIS on the City! はどんなライヴをやるバンドなんですか?

明神 : ライヴと音源は全然違いますね。ライヴは人間性を思いっきり出していくスタンスで。それしか考えてない感じです。

小林 : わかりやすく言うと、その場その場のライヴごとに僕たちの曲のニュアンスとかも変わってきていて、1番如実なのが明神のメロディ・ラインがすごく変化するので、この前お客さんに「一緒に歌おうと思ってもメロディに沿えない」っていう悩みを言われるくらいで(笑)。それくらいリラックスして感情的にやってますね。

──今後は何を目指して活動していきたいですか。バンドの夢とか、普段どんな話をしています?

小林 : 「武道館でやりたい」とか「何万枚売りたい」っていう話よりは、目の前のことを達成していこうっていう方が多いですね。

田中 : すごく現実的なバンドだよね。

小林 : でもそれが「すごく頑張ってるね」ってお客さんに伝わってると思います。

明神 : 1番嬉しいのは、みんなが音楽で生活できるうようになればっていう…

田中 : いや、現実的だな(笑)!

一同 : ははははは!''

明神 : (笑)。曲は結構マイナーじゃないというか、結構みんなが好いてくれるので、それは良かったなって。それをつくり続けていければいいですね。

小林 : 僕たちの好きな音楽が、みんなと共通な好きなものになればいいなって。「こういう音楽といえばPARIS on the City! だよね」って聴いてもらえるようになりたいですね。

明神 : パリでライヴしたいな。

小林 : 夢は「パリでライヴやること」(笑)? じゃあフランス語で歌詞書かないと。

田中 : それは要ミーティングだな。

阿久津 : 真面目な話をしたかと思えば最後はこんな話(笑)。

──最後にバンド名が回収できたところで(笑)。今日はありがとうございました!

一同 : ありがとうございました!!


RECOMMEND

ワンダフルボーイズ / ロックロックロックジェネレーション SUPERVERSION!!!

ワンダフルボーイズがライヴ会場のみ300枚限定で販売し、あっという間に完売となってしまった幻の名盤『ロックロックロックジェネレーション!!!』。そこに7曲を追加した「SUPERVERSION!!!」です。

この作品に関する特集ページはこちら


Dokkoise House / PILOTIS GROW

都内を中心に活動しながら、グッド・ミュージックを奏で、90’sポップスサウンドの鳴りを基盤に日常の中での美しい景色や、どこか懐かしい香り、ゆるさを歌うDokkoise House。彼らのはじめての全国流通盤です。

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

〈PARIS on the City!“この世で一番嫌いな君へ”Release Party! 〉
2017年11月10日(金)@名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
出演 : PARIS on the City! / ゼローネ / 佐藤守晃 / qualm / ナツノムジナ

2017年11月26日(日)@渋谷LUSH
出演 : PARIS on the City! / ChrisVanCornell / パレードパレード

その他ライヴ〈Slow Time Communication ワンマンライブシリーズ〉
2017年11月14日(火)@心斎橋CONPASS
出演 : 明神ナオ(弾き語り)(ワンマン・ライヴ)
FOOD : てんカレー

>>> MORE LIVE INFO

PROFILE

PARIS on the City!

2016.02 PARIS on the City! 明神ナオを中心に結成。
2017.01 現メンバーの阿久津信也(dr / cho)、小林ファンキ風格(gt / cho)、田中裕一(ba / cho)が新メンバーとして加入。新体制PARIS on the City! が始動。
2017.06.14 PARIS on the City!1stミニ・アルバム『全然LOVERS』TOWER RECORDS 渋谷店限定リリース。
2017.06.17 〈YATSUI FESTIVAL 2017〉出演。
2017.08.10 渋谷RUBY ROOMにて、PARIS on the City! レコ発ワンマン・ライヴ〈全然LOVERS!〉開催※SOLD OUT。
2017.08.26 渋谷7th Floorにて、PARIS on the City! ワンマン追加公演〈全然LOVERS!〉開催。
2017.10.25 PARIS on the City!1stフル・アルバム(10曲入り)『この世で一番嫌いな君へ』の全国リリースが決定。
2017.11.26 渋谷LUSHにて、1stフル・アルバム・リリースに伴ったレコ発ライヴ〈この世で一番嫌いな君へ〉を開催決定。

>>> PARIS on the City! 公式HP

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
筆者について
同じ筆者による他の記事