WaikikiRecord

12
寧ろ最低だった恋のストーリー

寧ろ最低だった恋のストーリー

Pop

PARIS on the City!

恋愛に対するコンプレックスから生まれた出来事や感情を、シンプル且つ大胆な歌詞と曲で表現し続ける4人組ロックバンド“PARIS on the City!”。じわじわと知名度が拡大していく彼等から、1st single「櫛」も収録された6曲入り2nd mini album「寧ろ最低だった恋のストーリー」が新たに登場!!

Home Party Garden Party(24bit/48kHz)
High Resolution

Home Party Garden Party(24bit/48kHz)

Pop

ELEKIBASS

60年代後半のブリティッシュロック、ブルース調のリズム、ミュージックホールメロディー、そして風変わりなサイケデリックさの要素をあわせ持つELEKIBASSの3rdミニアルバム。先行アナログシングルリリースされた、アメリカのエレファント6/アップルズ・イン・ステレオのロバートシュナイダー提供曲「Garden Party」やアメリカのキャスパー・アンド・ザ・クッキーズのジェイソン・ネスミス提供曲「Petit Ami」収録のまさにホームパーティでガーデンパーティな一枚が完成!

Theme of Melancholic Matilda(24bit/48kHz)
High Resolution

Theme of Melancholic Matilda(24bit/48kHz)

Pop

ELEKIBASS

1998年に結成し、強い海外志向を持ち、後にアメリカで人気バンドとなるOf montrealと早くから交流を重ね、現在までに7度のアメリカツアーを実施。一方、国内でも渋谷系の流れを組むバンドとしての評価も獲得。また、自ら主宰するレーベルWAIKIKI REOCRDからは国内外のアーティストの作品を数多くリリースしているサカモトヨウイチ率いる60年代後半のブリティッシュロック、ブルース調のリズム、ミュージックホールメロディー、そして風変わりなサイケデリックさの要素をあわせ持つバンド、ELEKIBASS。2016年8月にアメリカのジョージア州アセンズで開催されている、インディポップミュージックのフェスティバル「Athens Popfest」へDeerhoofやElf Power、DANIEL JOHNSTONらとともに出演、アメリカでの7inchiレコードシングルのリリースがこの秋決定、今作が4年ぶり4枚目のフルアルバムになる。

櫛

Pop

PARIS on the City!

恋愛恐怖症男4人組BAND“PARIS on the City!”。恋愛に対するコンプレックスから生まれた出来事を、シンプル且つ大胆な歌詞と曲で繰り広げる4人組ロック・バンド。Vo,Gt明神ナオの独特なウィスパー・ヴォイスや、メンバーそれぞれの幅広いアレンジを効かせた演奏力で、人気急上昇中。4月4日に初の4曲入りのシングルをリリース。

LOVELY  LOVELY  LOVESTORY

LOVELY  LOVELY  LOVESTORY

Rock

ワンダフルボーイズ

奇妙礼太郎との天才バンドの作曲 / 鍵盤のSundayカミデ率いるフリー・ソウル、ヒップホップ、レゲエなどの影響を感じさせつつも、それを和製にアレンジしたメロウなサウンド、一度観たら忘れられないような様々な趣向を凝らしたハッピーなライヴ・パフォーマンスで人気を博す関西の 6 人組、ワンダフルボーイズの音とそのハッピーなライブ映像による新作!! 杉瀬陽子(コーラス)、そして「ロッケンロールベイベー」では奇妙礼太郎を大フィーチャー。いつの時代もラブ! そして僕らはピース! だから今夜もラブ! ずっと続くよストーリー!

Hallelujah
High Resolution

Hallelujah

Pop

ELEKIBASS

ワイキキレコード、レーベルオーナーサカモト率いる、ポップ・ミュージックバンドELEKIBASS、サイケデリック/ブリティッシュポップの影響を色濃く残すパーティバンドとして話題に、2002年より海外でのリリースやツアーも精力的に行い、2018年のアメリカ・ジョージア州アセンズで行われたインディポップミュージックのフェスティバル「Athens Popfest 2018」出演も記憶に新しい。2016年リリースのフルアルバム「Theme of Melancholic Matilda」より2年振りのリリースとなるこの配信シングルは、ニューオリンズシャッフルビートに乗せて、ゲストプレイヤーのSchroeder-Headzの渡辺シュンスケのピアノが軽快に跳ね回り、祝福を意味する「ハレルヤ!」の掛け声が耳に残るハッピーソング「Hallelujah」、そしてブルー・アイド・ソウルなリズムに、「たとえ月日が流れてもなにも変わらぬことがある」というメッセージが哀愁を帯び活動19年を迎えるELEKIBASSならではのポップソングに昇華された「SEASONS IN THE SUN」の2曲のシングル。

この世で一番嫌いな君へ

この世で一番嫌いな君へ

Pop

PARIS on the City!

PARIS on the City! 10曲入り1st フルアルバム『この世で一番嫌いな君へ』が、全国リリース決定!!前回の作品、タワーレコード渋谷店限定の1st mini album 『全然LOVERS!』に収録された6曲をリマスタリングし、更に新曲を4曲プラスしたPARIS on the City! 初全国リリース作品 “この世で一番嫌いな君へ”

slow boat

slow boat

竹上久美子

京都の音楽家、竹上久美子による6年ぶりのフルアルバム。井戸健人(スーパーノア/イツキライカ)や浜田淳(Lainy J Groove)をはじめ、空中ループ、LLama、SIRMO STADなど、京都の精鋭バンドからゲストミュージシャンを迎え、サウンド・ディレクター吉岡哲志(LLama / studio INO)と共に制作した今作。"竹上久美子の核"と言える人間くさいエモーショナルなリリックと、"和製エイミーマン"と称される歌声の魅力で、血の通った等身大のポップスとして見事に成立。アートワークは京都のバンドmy letterのベーシストとしても活動する、おざわさよこ。

FESTIVAL feat.浜田淳

FESTIVAL feat.浜田淳

竹上久美子

『ローファイでメロウなサウンド+人間くさいエモーショナルなリリック』という、一見ちぐはぐな組み合わせが絶妙なバランスで成り立ち、何度もループしたくなる中毒性を生む。"混沌時代のニュー・ポップ・マイスター"竹上久美子(takegami kumiko)新体制初の音源を4月、5月に連続配信リリース&MV連続公開決定!第2弾は、5/19配信「FESTIVAL feat.浜田淳 フェスティバル フィーチャリング ハマダジュン」

汚い世界

汚い世界

103CA

印象派・ANATAKIKOUでも活動しているa.k.a KAMAMOTOMIKAのソロプロジェクト2017 声と鍵盤をループさせ、独特の世界観を魅せるライブパフォーマンスで徘徊。音楽性やファッションも目まぐるしく変化して行き、常に最新の103CAを構築しているカメレオンアーティスト。

芋虫

芋虫

103CA

印象派・ANATAKIKOUでも活動しているa.k.a KAMAMOTOMIKAのソロプロジェクト2017 声と鍵盤をループさせ、独特の世界観を魅せるライブパフォーマンスで徘徊。音楽性やファッションも目まぐるしく変化して行き、常に最新の103CAを構築しているカメレオンアーティスト。

Lifework Song

Lifework Song

竹上久美子

『ローファイでメロウなサウンド+人間くさいエモーショナルなリリック』という、一見ちぐはぐな組み合わせが絶妙なバランスで成り立ち、何度もループしたくなる中毒性を生む。"混沌時代のニュー・ポップ・マイスター"竹上久美子(takegami kumiko)新体制初の音源を4月、5月に連続配信リリース&MV連続公開決定!第一弾は、4/7配信「LifeworkSong」/発売を記念し、渋谷7thFloorでイベント開催!

Dr. KIDS LIFE

Dr. KIDS LIFE

Rock

空中カメラ

5人組の音楽グループ。幼、小、中、高校の幼なじみで結成。結成後は遊びつつ楽曲制作に精を出し、自主制作音源を2枚発表。やんわりと2000枚以上を売り上げた。2014年からボーカルの実の兄をドラムとしてメンバーに加え、本格的にライブ活動を開始。ワンマンライブを開催し、これまたやんわりと満員御礼となった。にぎやかポップと絶妙な脱力感が魅力の、独自のマジカルワールドを展開。ビデオ、デザイン、イラストレーション、漫画など、メンバー各々が特技を活かして手がけている。横浜、横須賀在住。

Theme of Melancholic Matilda

Theme of Melancholic Matilda

Pop

ELEKIBASS

1998年に結成し、強い海外志向を持ち、後にアメリカで人気バンドとなるOf montrealと早くから交流を重ね、現在までに7度のアメリカツアーを実施。一方、国内でも渋谷系の流れを組むバンドとしての評価も獲得。また、自ら主宰するレーベルWAIKIKI REOCRDからは国内外のアーティストの作品を数多くリリースしているサカモトヨウイチ率いる60年代後半のブリティッシュロック、ブルース調のリズム、ミュージックホールメロディー、そして風変わりなサイケデリックさの要素をあわせ持つバンド、ELEKIBASS。2016年8月にアメリカのジョージア州アセンズで開催されている、インディポップミュージックのフェスティバル「Athens Popfest」へDeerhoofやElf Power、DANIEL JOHNSTONらとともに出演、アメリカでの7inchiレコードシングルのリリースがこの秋決定、今作が4年ぶり4枚目のフルアルバムになる。

J.P.C

J.P.C

ジャパニーズCLUB

3ボーカルギターのバンド。クスノis世界平和&岡田太郎&アツムワンダフルの3人。2015年末、Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ、天才バンド)のオーガナイズするLoveSofaでたまたま3人で風船の飾り付けをしていたところSundayカミデの目にいい感じに映りその場で結成&バンド名つけてもらう&写真撮影&始動! クスノis世界平和はフューチャーズというバンドのフロントマン、岡田太郎は悪い芝居という劇団に所属する劇伴作曲家、アツムワンダフルはワンダフルボーイズというポップミュージックバンドでもギターを弾くミュージシャン&俳優、さらには各自ソロでも活動している3人はまさに因数分解しないと聴けない音を鳴らす!

こわれちゃう

こわれちゃう

Rock

ぽわん

GO-BANG’Sのカバー曲「あいにきて I・NEED・YOU! 」も含む6曲入りのハッピーでミラクルなラブソングが詰まった「デストロイポップ」が満載したミニアルバム【ぽわん名物、メンバーチェンジしたらとりあえずミニアルバム】「こわれちゃう」

Don′t Stop Believe in Music

Don′t Stop Believe in Music

Pop

ELEKIBASS

1998年に結成し、強い海外志向を持ち、後にアメリカで人気バンドとなるOf montrealと早くから交流を重ね、現在までに7度のアメリカツアーを実施。一方、国内でも渋谷系の流れを組むバンドとしての評価も獲得。また、自ら主宰するレーベルWAIKIKI REOCRDからは国内外のアーティストの作品を数多くリリースしているサカモトヨウイチ率いる60年代後半のブリティッシュロック、ブルース調のリズム、ミュージックホールメロディー、そして風変わりなサイケデリックさの要素をあわせ持つバンド、ELEKIBASS。2016年8月にアメリカのジョージア州アセンズで開催されている、インディポップミュージックのフェスティバル「Athens Popfest」へDeerhoofやElf Power、DANIEL JOHNSTONらとともに出演が決定、そこで会場限定にて発売される予定の7インチレコードから一足先に配信限定にて新曲をリリース。

Music Music Music Revolution!!!

Music Music Music Revolution!!!

Rock

ワンダフルボーイズ

奇妙礼太郎、手島コージとの“天才バンド"の作詞・作曲/鍵盤でも活躍中のSunday カミデ率いる、関西の7 人組、乗りに乗っているワンダフルボーイズの最新作! 代官山UNIT、梅田クアトロ、難波ハッチ、渋谷クアトロと自主企画「This is party!!!」のステージも見るたびにパワーアップしている彼らの現時点での最高傑作が完成!! ライブ同様、泣けて笑えて踊れる感動を詰め込んだ2nd ミニアルバム!!

ボーイ・ミーツ・マイナーガール

ボーイ・ミーツ・マイナーガール

Rock

ぽわん

女装家(男)含む、ガールズ? 4人組バンド、ぽわん。でゅんでゅんミニアルバム完成!

アンサンブルー

アンサンブルー

Pop

徳永憲

デビューは1998年。ひっそりと、しかしコンスタントに作品を作り上げてきた徳永憲が、 2015年放つのはその名も『アンサンブルー』 “ブルーの集合体?”とは果たして何なのか。「小さきものに目を向け、権威を憎み、しかしその全てを愛す。 <アンサンブルー>の名のもとに」(本人談)

MUSIC>>>>>>BED e.p

MUSIC>>>>>>BED e.p

Rock

ぽわん

異色ガールズバンド? ぽわん、NEW EPリリース決定! ヨシヤマモエ(Vo, G)、神永ミサキ(Key)、マツナリナオキ(Dr)からなる3人組。女装家のマツナリが在籍していることから“ガールズ?バンド”を自称しているぽわん。新作CDはレコーディング・エンジニアのタカユキカトー(ex.ひらくドア)との共同プロデュース作品。

Summer's Daughter, Strawberry Children

Summer's Daughter, Strawberry Children

渚 十吾

著書、「ストロベリー・ディクショナリー」や「エコー・マウンテン・レコード・ブック」をそのままアルバムにしたような新作が完成!「音楽は人を楽しませるためにあるんだ」うんうん、それに哀しい気持ちも心いっぱいにはらませることも出来る。60年代ポップ・ロック・ミュージック特有の太いベースにタンバリンをハットに乗っけてリズムを刻む、スティックをドシッとスネアに打ち込み、カスタネットを従えて、ハープシコードにチェンバロ、ピアノもオルガンも.....もう忘れてしまったが、たぶんドラム、ベース、ピアノ、ギター、コーラスに、ビーチ・ボーイズの"Surf's Up"やニール・ヤング、ロドニー・クロウェルやアイダやPi:anoのサウンドがイメージにあったような.....そうそう、ダン・ペンの"Rainy Day In Memphis"はサンプリングしたんだ.....

マホウノ言葉

マホウノ言葉

けふなろ

社会福祉施設で働くメンバーで2003年に結成!音楽療法をテーマにしながらもライブハウスでの企画や、ロックなテイストの曲にもチャレンジしつつ、音楽をいかに楽しむかをテーマに作られたシングル3作が話題になり、自主企画(代々木Zher the ZOOにて不定期開催)では毎回ソールドアウト!それらシングル曲を含む待望のファーストアルバムが完成!音楽療法というイメージを飛び越して、様々なアレンジサウンドに挑戦しつつも言葉とメロディで癒しを作る“けふなろ"、フシギナ言葉! マホウノ言葉!フシギナ音楽! マホウノ音楽!待望のファーストフルアルバムの完成です

LOVELY  LOVELY  LOVESTORY(24bit/48kHz)
High Resolution

LOVELY  LOVELY  LOVESTORY(24bit/48kHz)

Rock

ワンダフルボーイズ

奇妙礼太郎との天才バンドの作曲 / 鍵盤のSundayカミデ率いるフリー・ソウル、ヒップホップ、レゲエなどの影響を感じさせつつも、それを和製にアレンジしたメロウなサウンド、一度観たら忘れられないような様々な趣向を凝らしたハッピーなライヴ・パフォーマンスで人気を博す関西の 6 人組、ワンダフルボーイズの音とそのハッピーなライブ映像による新作!! 杉瀬陽子(コーラス)、そして「ロッケンロールベイベー」では奇妙礼太郎を大フィーチャー。いつの時代もラブ! そして僕らはピース! だから今夜もラブ! ずっと続くよストーリー!

冷やし中華以外、始めました。

冷やし中華以外、始めました。

Rock

OverTheDogs

ゼロ年代の純文学と共振する独特の詞世界とVo&Gt.恒吉豊のハイトーン・ヴォイスで熱い視線を集める4人組ロック・バンド、OverTheDogsのミニ・アルバム。

ピースな愛のバイブスでポジティブな感じ、なう!

ピースな愛のバイブスでポジティブな感じ、なう!

カツマーレー&The SOUL KITCHEN

スチャダラパー/TOKYO No.1 SOUL SETの遺伝子を受け継ぐ新人バンドカツマーレー&The SOUL KITCHEN、レゲエにHipHopにあれやこれ、男女のツインボーカルに1MCスタイルのポップバンドのデビューシングル!!

明日に着がえたら

明日に着がえたら

けふなろ

異例の1stシングルが早くも4000枚突破! 福祉施設で働くメンバーで結成された3人組まさかまさかのセカンドシングルリリース! 何でもありのこの時代、一周まわって普通の”優しさ”が必要だ!!僕らには”けふなろ”が必要だ福祉施設の音楽療法の話から結成した異色の経歴をもつこのバンドの転がりだしたセカンドシングルここに完成!!!!

Pink

Pink

セイルズ

セイルズ待望の初の全国流通盤が遂に発売。プロデュースはエレキベース、ゲストに藤野慶一郎、小泉ヒトシ(Soda fountains )、ドラムに仲井信太郎( ノスタル人、元・クリームチーズオブサン)を迎え全曲をリアレンジ、京都西院のスタジオ・ ハナマウイにて新録した超強力版。

機嫌なおしておくれよ YOGURT&KOYAS REMIX ~Please make your feeling better~

機嫌なおしておくれよ YOGURT&KOYAS REMIX ~Please make your feeling better~

Rock

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団

関西のグッドシンガー奇妙礼太郎のリミックス、ライブ、カバーごちゃ混ぜ盤!! だけどしっかり”歌”がある。奇妙礼太郎に感化されたアーティスト達によるリミックス、 ライブでの定番カバー曲、京都の名物フェス「ボロフェスタ2010」でのライブテイク 奇妙奇天烈な名前に、ごちゃ混ぜな編成ライブに、さらにはこんな盤までリリースと 謎に包まれすぎな、ステキなシンガー。奇妙礼太郎。あなたも一度彼の歌声を、そして このゆるい空気を体感してみてください。

12
TOP