歌うアホウドリ、言葉の壁をぶち破るーー徹底的に喜怒哀楽を描くバンド、5年間を集約した12曲でデビュー

ラップ、ポエトリー・リーディング、歌と叫びを織り交ぜ、徹底的に喜怒哀楽を表現する楽曲の作成と演奏を志す4人組バンド、歌うアホウドリ。2011年の結成から5年という月日を集約した12曲入り初の全国流通盤『無我夢中』をこのたびリリースした。言葉そのものに深いこだわりを強く持ちながらも、音と言葉を組み合わせることで言葉の壁をぶち破ることを目標にしてきた彼らが、「言葉」と「音」を惜しみなく詰め込んだ渾身のアルバム。OTOTOYでは本作を配信するとともに、インタヴューで4人に切り込んだ。言葉と音が生み出す圧倒的な感情の表現を体験してみてはいかがだろう。

5年間を集約した1stフル・アルバムを配信

歌うアホウドリ / 無我夢中
【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 200円(税込) / アルバム 1,800円(税込)

【トラック・リスト】
1. 終わりと始まり
2. The World Is Mine 
3. 曼珠沙華
4. Skit 
5. 灯台 
6. 音の街に眠る猫 
7. Early Night
8. 独り言 
9. 折れた翼 
10. 泡沫 
11. 灯す物語
12. Bonus Track


歌うアホウドリ / 灯台

INTERVIEW : 歌うアホウドリ

『無我夢中』は、はみ出しそうな言葉が強烈に耳に残るアルバムだ。ポエトリーリーディング、ラップ、歌。呼吸するのを忘れそうなほど濃密なリリックを放つヴォーカルは、その言霊が生み出したかのようにピタリと寄り添うサウンドを纏って次々とストーリーを紡いでいく。それは、誰かに向けた直接的な愛情表現でも社会へのアジテーションでもない。それらを控えめに言下に置きながら、自分自身の内なるものにこそ怒りや失望を感じ、希望の光を求めているからこそ、己と向き合う言葉が溢れて止まらないのだろう。彼らはどうしてここまで言葉にこだわるのか? そして彼らはなぜ“歌うアホウドリ”と名乗っているのか? Satoshi(Vo.Gt)を中心にバンドの核心に迫った。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

左からJuri(Bass)、Hidehito(Drums)、Satoshi(Vocal & Guitar)、Mitsuyoshi(Guitar)

曲作りが終わっていざ発売となると燃え尽き症候群みたいな感じ

ーーラップ、ポエトリーリーディング、歌と言葉がとても耳に残るアルバムですが、1作を作るのにものすごいエネルギーを使ったんじゃないですか?

Satoshi(Vo) : まさにその通りで、エネルギーを使いすぎて、今週のライヴ後くらいに“死のうかな”って思ったくらいで。

一同 : (苦笑)

Satoshi(Vocal & Guitar)

Satoshi : こういう形の音楽を昔から目指してきてはいたんですけど、詞の比重が昔より多くなっているんです。初めてフル・アルバムを作ることになって、詞と向き合う時間の長さがエグ過ぎて。それに没頭し過ぎたが故に、曲作りが終わっていざ発売となると燃え尽き症候群みたいな感じはありますね。

ーーそれだけこれまでの活動のすべてを注ぎ込んでいる作品ということだと思うのですが、歌うアホウドリはどうやって誕生したバンドなのでしょうか。SatoshiさんとHidehitoさんが中心となって結成されたそうですが。

Satoshi : 2人ともアメリカの大学に留学していたんですけど、そこで出会ったわけではなくて、アメリカの大学の日本校に別々の大学から編入してきて知り合ったんです。僕は当時アメリカでバンドをやっていたんですけど、日本に戻ってきてメンバーがいなかったので、彼を誘ってスタジオに入ったんです。

Hidehito(Dr) : 割とすぐにスタジオに入りましたね。会った翌日くらいの勢いで。そのときは今のベースではなかったんですけど、3人でスタジオに入ったんです。

Satoshi : そこから音をもっと重ねたいなと思ってギターを探してたんです。それでmixiとかでメンバーを集めてギターとキーボードの2人組が入ってきて、そいつらがベースも連れてきて5人組でやっていたんですけど、それからギターとキーボードがいなくなってまた3ピースになったんです。

Hidehito : それから1年くらいしてからギターの門脇が入ってきて、その後ベースが辞めて、サポートをしてくれていた佐久間が正式に加入して今の形になりました。

ーー4人でどんな音楽をやろうと話していたんですか?

Satoshi : 普通のロックをやっていたこともあるんですけど、“誰でもできるなんじゃないかな”って思いはじめて、その中でラップもやり出して。不可思議 / wonderboyとかTHA BLUE HERBとかShing02とか色んな方々からの影響はあるんですけど、こういう方向で自分なりの言葉の紡ぎ方ができたら、ちょっと他とは違うバンドになるんじゃないかなと思ったんです。佐久間はもともとシンプルなベースを弾くのが好きな人で、彼(Mitsuyoshi)は逆に全くヒップホップを聴かないメタルのギタリストで。

Mitsuyoshi(Gt) : メタラーでしたね。ピロピロ弾いてました(笑)。

Mitsuyoshi(Guitar)

Hidehito : 2人でやっていたときからラップの曲はゼロではなかったんですけど、共通認識としてラップの曲ってライヴでやってもちゃんと聴こえないだろうというのがあって。だから歌もののセットを組んだ中にラップを1曲入れたりしていたんですけど、だんだん“別にラップで良いんじゃないか”みたいな感じになって行ったんです。ベースの佐久間が入ってから、彼女が良い間を取ってくれるというか、ゴチャゴチャ音が鳴っていない状態になったので、ラップしても邪魔になっていない感じが良いのかなって思います。

ーー「Early Night」の演奏にはミニマル・ミュージック的な印象も受けました。

Satoshi : もともヒップホップが好きではあるんですけど、自分たちのやっている音楽がヒップホップとはちょっと違うところにいるなという実感もあって。うちらの曲はギターがコード弾きしている曲が多いんですけど、「Early Night」は単音でずっと弾いていて。こういう演奏に到達したいなというのは昔から課題として持っていて。それが上手く出来たんじゃないかなと。

Mitsuyoshi : この曲は、スタジオで適当にジャムっていて、リフが入ってきて。ラップの歌詞を僕らはレコーディング当日まで知らないんですよ。だからどんな曲になるかはわからなくて、全然イメージと違ったりすることもあるんですけど、それが面白いですね。

Hidehito : 録音する前から曲はあったんですけど、基本的にライヴのときはフリースタイル状態なんですよ。だから自分たちが演奏していてもSatoshiがどういうことをやってくるかわからないんですよ。

Satoshi : ライヴで歌詞を作っちゃうときがあるんです。ライヴをやっているときに、メンバーがそのときに出している熱の中で自分が歌ったものは彼らの心も代弁していると勝手に感じているし、そのときにしか出ない言葉もあるので。

助走が終わって飛んだ後は誰よりも長く美しく飛んでやろう

ーーフリースタイルとはいえ、Satoshiさんの中には核になっているテーマはあるんじゃないですか?

Satoshi : 1つのテーマから逃げられなくなって、どの曲でやっても絶対この単語を使っちゃうなという時期があるんです。たぶんそれは、俺は今歌いたくてしょうがないことだと思うんですよ。そういうときは、その単語がテーマとして当てはまる曲を探してガチガチに1曲として書き上げると、不思議とフリースタイルをしているときにその単語は出てこなくなるんです。

ーーそういう言葉を重視した音楽に向かったSatoshiさんの原体験ってどこにあるんですか?

Hidehito : 映画か落語じゃない?

Satoshi : ああ、そうだね。立川流がすごく好きなんですけど、立川談志さんがやっていた「芝浜」とかの即興性に、自分の曲で挑もうという部分は恐れ多くもあるんじゃないかと思うんですよね。落語家のみなさんがやる古典落語なんかはプロットとしてガチガチに固まっている部分があるじゃないですか? でも1人ひとり演じ分けがちゃんとあって、「こんなところでこんなセリフを言うつもりじゃなかったけど言っちゃった」という言葉が良かったりもするので。そういう意味で言うと噺家さんたちの持っているものを勝手に受け継いでいるかもしれないですね(笑)。

ーー歌うアホウドリというバンド名について教えてもらっても良いですか? たぶん、気になる人が多いと思うんですよ。

Satoshi : もともと、アメリカ留学していたときにポエトリーに近いことをやっていたんです。自分は小さい頃に足が悪くて手術して車椅子生活をしていた時期があったんですけど、ポエトリーリーディングをするなら、そういう自分の原体験を歌にするのも良いのかなと思って。足が使えない人間を翼が折れた鳥に重ね合わせてみたんです。それでアホウドリっていう鳥が気になってどうしてそう呼ばれているのか調べてみたら、理由の1つはあまりにも警戒心がないということ、もう1つはアホウドリは鳥類で一番羽がデカいらしいんですけど、羽がデカすぎるので助走をしないと飛べないらしくて。その助走のバタバタしていてダサい様がアホみたいっていうことでアホウドリって呼ばれているらしいんですよ。それがアメリカ留学までして日本に帰って来てバンドをやっている、周りからしたら「なんてアホなんだ」って思われそうな自分とシンクロしたんです。それに、この時代にバンドをやって生計を立てることを目指していることも人から見たらアホだなって思われるでしょうけど、でも一番羽はデカいから「助走が終わって飛んだ後は誰よりも長く美しく飛んでやろう」という意気込みを込めてこのバンド名にしました。

ーー初の全国流通盤と配信、1stアルバムということでジャケットも含めて、バンドのイメージを決定付けるものになると思うのですが、どんな作品にしようと考えて作ったのでしょうか。

Satoshi : 最初はもっとミクスチャー感のあるアルバムを作ろうとしてたんですけど、これをざっくばらんに並べただけだとその辺の中途半端なアルバムになってしまうという意識が出てきて。それで言葉を中心に据えて作ることにして、どんどん曲を入れ替えて短期間で作って行ったんです。

ーー『無我夢中』というタイトルについても教えてください。

Satoshi : 一番最初は、全然違うタイトルにしようとしていて。「独り言」という曲があるんですけど、全然違う歌詞で、「ディスコグラフィー」っていう曲だったんですよ。その内容が、自分がどういう音楽を聴いてきたのかっていうのをメロウなラップに乗せてやりたくて作っていたんですけど、こんなこと発表して誰が面白いんだと思ってやめて(笑)。ただ、「ディスコグラフィー」っていうのは今まで自分が聴いてきた音楽を通ってきたからこそ、ここでこういうアルバムを作るっていう意味で、アルバムのタイトルにしようと思ったんですけど、最初にお話したように曲が入れ替わって行ったので、制作期間的にもギリギリだし、やってることもおかしくなってきてるし、とりあえず無我夢中で走り抜けるしかないっていうのが、奇しくもアホウドリの助走の様と自分の中で重なったんです。がむしゃら感と無我夢中という言葉の響きと、自分が今やりたいことが全部リンクしたんですよね。

ーー当初ミクスチャー感のあるアルバムにしようと思っていた、という意味では2曲目の「The World Is Mine」にその名残がありますね。

Hidehito : 3人でやっていたときに、どうにかして色を付けようとしてドラムはわけわからないことをやってくれって言われて。それでタムのガチャガチャした感じを無理やり突っ込んで、そこから生まれた感じです。でもこれに歌を乗せるのは無理だから、語っているようなラップを入れたんです。

Hidehito(Drums)

Mitsuyoshi : 僕は一番好きですね。もともとこの曲は僕が入る前からあった曲なんですけど。この曲がなかったら僕は入っていなかったかもしれません。

Satoshi : たぶん、一番最初に聴かせたのがこの曲なんだよね? 「こういうバンドをやってるんだけど」って。それでこいつがなぜか親にこの曲を聴かせて。もっとマイルドな曲を聴かせれば良いのに(笑)。

Mitsuyoshi : 「こういう曲やってるんだ」って聴かせたんです。そうしたら「お母さんちょっとこういうのわかんないけど…」って。

一同 : (爆笑)。

Satoshi : ミクスチャー感を出すっていうのは、こういう曲をもっと増やそうとしていたっていうことです。でもそっちもでもないなって思っちゃったんですよね。こういうのってあんまりないと思うんですよ、アルバムを通して聴いても。ミクスチャーといってもちょっと違うと思うし、ラップといってもおよそ想像されるラップとはちょっと違うし。

弱った心に寄り添うようなものを作りたかった

ーー演奏している3人にお伺いしたいんですけど、ベースが8ビートを淡々と刻んでいたりドラムも打ち込みのようにループ感のある演奏をしている曲がありますけど、言葉の情報量が多い分、そういう演奏に徹することに快感があるのでしょうか。

Hidehito : 好きなドラマーがチャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)だったりするのでバンドを始めた当初は力感が大事だと思っていたところがあって。ザ・ルーツのドラマー、クエストラブもすごく好きなんですけど、クエストラブは機械みたいなことはやろうと思えばできるけど、人間っぽさ、揺らぎを必ず出したりしているんです。僕はその逆を辿って行ったというか(笑)。バンドでもっとラップを多くしようとして行く中で、それを突き詰めていく中でシンプルな演奏がだんだん面白くなって行ったところはありますね。

Juri(Ba) : 私が入った当初はドラムもギターも手数が多かったので、その中でベースもうるさかったら、ボーカルが立たないなと思って。手数で表現するというよりも、ライヴとかでもシンプルな中でハマる瞬間っていうのがあるんです。例えばシンバルとキックとベース音が同時に当たる瞬間だったりとか、本当にわかる人にしかわからないような0.0何秒ズレた瞬間がバスドラと合っているとか、そっちをやっている方が私的には気持ち良いし楽しいので、やっていてシンプルな演奏がつまらないと思ったことはないですし、逆にその方がごまかしが効かなくて面白いと思います。今回のアルバムを基盤にしてまだ精進しなきゃいけないなとは思っていますね。

Juri(Bass)

Mitsuyoshi : 僕はリフから曲を作って行くことが多いんですけど、僕には言葉で伝える役割って絶対できないしドラムのようにキープすることもできないし、他の人が僕が出来ないところを補ってくれて曲が出来ると思っているんです。曲の中で弾いているリフは、そういうみんなが良いと思ってくれたリフなので、シンプルに繰り返し弾くことはもちろん嫌じゃないし、むしろそう弾く方が難しい気がしますね、ピロピロ弾くよりも。ピロピロ界から戻ってこれて良かったです(笑)。

ーーアルバムを聴いて思ったのが、歌詞にほとんど他者が出てこないですよね。ただ、「独り言」には、“君”が出てきますし「音の街に眠る猫」には“あなた”が出てきます。それは誰に向けて歌っているんでしょうか。

Satoshi : ラップって、わりと自分のことを歌う方が多いと思うし僕も自分のことを歌っているところもあるんですけど、出てくる“君”“あなた”っていうのは、自分に近しい人を思い浮かべて書いているかもしれないですね。最近思ったんですけど、「傷ついたり弱った心に寄り添いたい」と思って書いている歌が多いんです。それは、一番最初はそうやって始めたつもりがだんだん薄れて行って、「なんで歌詞を書いてるんだろう?」っていう状況までになったんですけど、この前、ふぁっと死のうと思って考え直したときに、「弱った心に寄り添うようなものを作りたかったんだな」と改めて思って。弱った瞬間の自分であり、自分が近くで見てきた人たちが弱った瞬間であり、そういう人たちの弱った心が、“君”とか“あなた”という言葉を自分の中で想像させて書いていると思います。

ーー「泡沫」という曲にはそういう内面の葛藤が描かれていると思いますが、他の文学的な歌詞と比べてこの曲だけやけに生々しいですよね。

Satoshi : これはもう、イライラしていたんでしょうね(笑)。この曲はわりと初期の頃に出来た曲というか、今の形になって行ったのを決定付けた1曲なんですけど。今まで自分の気持ちを普通に歌ったことがなくて、詞に昇華したいなという気持ちがあったんですけど、この曲は割と直接的な言葉で書いています。自分自身を吐露するような曲を作る時期だったんですよね。

ーー歌うアホウドリは、これからどんなところに音楽を届けて行きたいですか?

Satoshi : 中学校のときに自分がディスクユニオンとかに行って中古CDを買って友だちと交換し合ったりして「これやべえな!」って何回もなってたんですけど、その当時の自分にかっこいいと思わせるようなものを作っていきたいです。できればアルバムを通して世界観を聴いてもらいたいですね。まだまだ助走かもしれないですけど、全国流通、配信されることで1人でも多くの人に聴いてほしいと思っています。

RECOMMEND

UHNELLYS / CHORD (24bit/48kHz)

ロックを基調にしたソリッドなトラックと、ヒップホップのスタイルで紡がれる攻撃的なリリック。独自のミクスチャー・サウンドを鳴らしてきたUHNELLYSが、最新作『CHORD』を24bit/48kHzでハイレゾ配信開始。通算5作目のフル・アルバムである今作は、原発問題(「DOORS」)、動物虐待(「BOWOWOW」)、宗教問題(「7」)、人種差別(「LETTER FROM」)に言及するなど、これまでになく社会への問いかけが感じられる覚悟の作品。

>>特集ページはこちら

MOROHA / MOROHA Ⅱ

ギターとMCという最小編成からなる2人組、MOROHAのセカンド・アルバム。ファンの間で音源が待ち望まれてきた「三文銭」、ライヴで披露するや瞬く間に大きな反響を呼んだ「ハダ色の日々」など、心揺さぶる楽曲を収録。

>>特集ページはこちら

chori / 祝福のおわった夜に

京都は西陣生まれ、宇治川のほとり観月橋在住の詩人、chori。スポークン・ワーズ、ヒップ・ホップから伝統芸能まで貪欲に吸収しながら、従来の詩の朗読とは確たる一線を画することばの絵筆が、ギター、コントラバス、ドラムスのつくりだすキャンバスのうえで踊る。「唯一無二」「独特な世界観」などといった紋切り型の形容詞では語りきれない、革命的な表現を日夜発信しつづけ、満を持して全国デビュー・アルバムをリリース。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

歌うアホウドリ presents 1st Full Album『無我夢中』発売記念LIVE
『助走Vol.3』
2016年6月16日(木)@代官山LOOP
時間 : 開場 18:30 / 開演 19:00
料金 : 前売 2,400円 / 当日 2,900円 (+1ドリンク)
出演 : 歌うアホウドリ / UHNELLYS / memento森 / GOMESS

PROFILE

歌うアホウドリ

2011年、Vo.SatoshiとDr.Hidehitoを中心に結成。後にGt.門脇充芳、Ba.佐久間珠理が加入し現行体制へ。メンバーのほぼ全員にアメリカ渡航経験があり日本語ひいては言葉そのものに深いこだわりを強く持つ。ラップとポエトリー・リーディングに歌と叫び。喜怒哀楽を徹底的に表現する楽曲群の作成と演奏を志す。言葉の壁を音と言葉その物でぶち破ることを目標に現在まで活動を続ける。これでまでに自主制作版ミニ・アルバムと100円シングルを1枚ずつ作成。2016年6月15日に自身初の全国流通盤1st Full Album『無我夢中』(11曲+ボーナストラック1曲の計12曲)をリリース予定。

>>Official HP

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

TOP