セカイイチ、自身のレーベルから送る2作目は"踊れるファンク・ロック"!

セカイイチが通算8作目、自身主宰のレーベル〈Anaheim Records〉からは第2作目となるフル・アルバム『Round Table』をリリースした。前作『Anaheim Apart』がセカイイチの多様な音楽性の同居を示すものだとすれば、今作はそのなかの1つのドアを開け、ソウル/ファンクを志向した内容となっている。ミドル・テンポの16ビート特有のうねりと疾走感に後押しされた岩崎のキレのあるヴォーカルから"現代にアップデートされた80年代のディスコ・ミュージック"が感じられるだろう。

OTOTOYにて初登場と共に、メンバー全員へインタヴューを敢行。時代の空気を敏感に感じ取りながら、自身のレーベルでより羽を伸ばして活動する彼らに迫った。

セカイイチ / Round Table
【Track List】
01. HARD-CORE-GEEK
02. Grave of Music
03. MOTOR
04. ダイナシ
05. Lookong Around
06. Walk Alone
07. New days
08. Holiday
09. 2つの眼差し
10. Round Table

【配信形態】
16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3

【価格】
単曲 251円(税込) / アルバム 2,000円(税込)

INTERVIEW : セカイイチ

近年のネット環境の進歩は、何かを表現したい人間にとって大きな手助けとなり、音楽はその表現を伝えるツールのひとつとして時代の空気を纏って世の中に存在している。セカイイチが結成されたのは、まだネットも普及していない2003年のこと。それから13年の月日を経た今、彼らの音楽に注ぐ情熱がまったく衰えていないどころか、ますます高まっていることは、イキイキと躍動する楽曲が並んだニュー・アルバム『Round Table』を聴けばわかるはず。そこには、ただ自己表現するツールとして彼らが音楽を選んでいるのではなく、音楽を知り、音楽に憧れて、楽器を手に取り演奏と歌を身に着けてきたからこそ手に入れた心と体を揺さぶる本物のビートがある。これまでの作品とは一線を画す、“踊れるFunk Rock”の引き出しを全開にしたアルバムについて、メンバー全員に話を訊いた。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 関口佳代

オールディーズをリアレンジしていくような作業に近かったかもしれない

──『Round Table』は前作『Anaheim Apart』と比べてガラッと印象の違うアルバムになっていますね。オリジナルのフル・アルバムとしては約4年ぶりになるわけですが、どんなことを考えて制作に臨んだのでしょうか。

岩崎慧(以下、岩崎) : 『Anaheim Apart』のときは、ジャンルという意味では曲にばらつきがあったんですけど、今作に於いては「コンセプチュアルにやってみたい」ということを『Anaheim Apart』リリース後くらいから話していて。じゃあ自分たちの得意なものってなんだろうっていう話をしたときに、やっぱりソウル、ファンク、ヒップホップが好きだし、やっぱり得意なんですよね。なのでそういうソウルっぽいアルバムを作ってみたいなと。『Anaheim Apart』は、あんまりギターロック・バンド然としていない感じのミニ・アルバムになっていたと思うんですけど、そこで見せた可能性をもうちょっと一点に集中させて、ファンクやソウルに寄せた感じです。

岩崎慧(Vo, Gt)

──ある種のしばりを設けたなかで作った感じですか?

岩崎 : う〜ん、でもけっこう「ファンクをやろう、ソウルをやろう」っていう感じでもなくて、そこもやや曖昧に始まり(笑)。ただ、根底に「好きだ」っていうのがあるので、好きなものを鳴らしたいなっていう方が大きかったかもしれないですね。

──その”好きなもの”というのは、3人でセッションしながらお互いの色を出すことでできていくのでしょうか。

吉澤響(以下、吉澤) : 曲によっては、岩崎が1コーラスくらい作り込んできてくれてそれを広げるパターンと、もうちょっとセッションよりというか、スタジオに入って作る2パターンありました。その1コーラス作ってきてもらった曲を聴いて、「ああ、こういうジャンルの音楽に寄せていけばいいのか」というのを肌で感じて、そういうジャンルの曲を聴くことでマナーやルールを自分なりに考えて汲み取ってプレイする、という作業でしたね、僕は。

中内正之(以下、中内) : 「次はソウルっぽいのを作りたい」って慧が言っていて、おもしろそうやなって。やっぱりおのずと、昔の音楽が大好きでそれを今の音で鳴らしている人たちの音楽をより聴くようにして、慧が出してきた曲にギターとしてフレーズを出せる環境というか、“仕入れ”をちゃんとしましたね。

岩崎 : 仕入れ! 俺、インプットのことを仕入れって言う人初めて聞いたよ(笑)。

一同 : ははははは!

吉澤 : これは僕の個人的な考えですけど、それぞれが「じゃあ僕も好きなものを出します」ってやっていくと、狙いがぼやけていくような気がして。

岩崎 : うん、そうなんですよね。

吉澤 : みんなで狙いに向かってベクトルを寄せる作業をした方が、濃いものができて聴いている方にも広く伝わるんじゃないかと思うんですよね。

岩崎 : 「余白」ができて良いんだよね。聴く人たちの想像力にお任せできるというか、あんまり埋め過ぎないようにしていますね。説明しすぎないというか。

吉澤響(Dr)

──それは文字通り、音数を少なくすることでもあると思うのですが、例えばリード曲の「Grave of Music」は音数を少なくすることで洒落た感じを出していますよね。

岩崎 : 今作の曲はだいたい音数は減らす方向で作りました。それが自分の中でもトレンドになっていて。バラードとかミドルテンポの曲とかも、こんなふうにアレンジしたらけっこう“今っぽく聴こえる”というか。オールディーズをリアレンジしていくような作業に近かったかもしれないですね、今回は。

──今っぽいというのは、近年流行っているシティポップやダンス・ロック、クラブ・ミュージックっぽいサウンドへのアプローチも意識したということですか。

岩崎 : まあそれのみならずですけど、今年のグラミー賞を獲った方々を見ても、トラックメーカーが作ったトラックにポップなメロが乗っているものが多かったですよね。そういうのはトラック・メイキングという意味で、今のスタンダードだと思うんですよね。それがすごく良いなと思っていて。尚且つ、そこに昔のオールディーズっぽい音楽が実は乗っている、曲の骨組みになっているけど、アレンジですごく現代版にアップデートされているのを聴いて「あ、これがいま普通なんだ!?」っていう驚きがあって。それなら僕らも好きだし、自由にもっともっと好きなものを追いかけても良いんだっていう思いで作りましたね。

ちっぽけなテーブルから僕らのすべてが発信されている

──『Round Table』というタイトルはどうやって決まったんでしょうか。

岩崎 : 下北沢でレコーディングが終わって僕と響ちゃんとで雨の中を歩いているときに「『Round Table』にしようと思う」と言って決まりました(笑)。

──なるほど(笑)。円卓に音楽を乗せてどこを回してもファンキーな曲が出てくるアルバム、というような意味かと。

岩崎 : ああ、それ良いですね(笑)。僕らが10年くらい前から使っているスタジオがあって、そこで練習したり企画を考えたり全部の会議がそこで行われているんですけど、そこのテーブルが丸テーブルなんですよ。それで『Round Table』にしようかなと思ったんです。そのちっぽけなテーブルから僕らのすべてが発信されているということで。

──それは自主レーベルを立ち上げて活動しているセカイイチのイメージとも重なりますね。〈Anaheim Records〉を立ち上げてもうすぐ2年近くになりますけど、自由度もあれば大変なこともあると思うのですが、実際いかがですか?

吉澤 : 名刺を渡す機会が多くなりました(笑)。音楽を作るという意味では自由度は高まっている気がします。何ごとも早いですからね。レコーディングの日程を決めてエンジニアはあの方にしましょうとか、スタジオはどこを使うかとか、僕が聞いておけば済むので。そういう意味では早いし、フットワークが軽くなって自由度は高まっていますね。ただ、こうやってインタヴューで訊いてもらうとか、人に知ってもらう機会を作るのも自分たちなので、そういう意味ではメジャーのときに比べると人手が格段に減っているので。もちろんそこにもメリットはあるし、どこの側面を切り取るかで見え方も変わってくるとは思うんですけど、本質的な音楽活動という意味では今の方が良いのかなって思いますね。

岩崎 : ストレスがないですね。音楽を作るにあたって、さっき、うっちーが言った仕入れ、インプットしてアウトしていくという流れは、メジャーの頃からずっと今まで変わらないので、それはすごくありがたいですね。

──そういう環境から生まれた『Round Table』は、単純にめちゃくちゃカッコイイアルバムだなって思うんですけど、みなさんの手応えはいかがですか?

中内 : いやあ、それはもうすごくありますね。

吉澤 : そうですね、手応えありますね。

岩崎 : めちゃくちゃありますよ、手応え。

中内正之(Gt, Cho)

──「Grave of Music」のMVもカッコイイですし。あれは本当に床に寝ながら撮っているんですよね。中内さんの表情がたまに苦しそうに見えますけど。

中内 : あれはちょっとレスポールが重いだけです(笑)。

──重なる映像は中内さんが作ったそうですね。

中内 : はい、そうです。素材を集めて。「こんなのが良いんじゃないか」ってみんなで意見を出し合って、それで僕が色々見つけてきて作りました。


セカイイチ / Grave of Music

──『ソウル・トレイン』のような映像が出てきますよね。

岩崎 : はい、まさに(笑)。1番最初に挙がったのが『ソウル・トレイン』で、客が適当に踊っているやつとか、あんなんを取り入れたら良いよねって言いながら。

自分たちが〈Anaheim Records〉を立ち上げて、どういう気分で曲を作っているのかというのを詞にした

──『ソウル・トレイン』のイメージと重なる「Grave of Music」と「Walk alone」がこのアルバムを象徴している曲だと思うんですが、「Walk alone」は太い音のファンクで、かたや「Grave of Music」は音数が少ないライトな感じを出していて。そういうアレンジの仕方は曲が揃って行くなかでけっこう変えていったんですか?

岩崎 : 「Grave of Music」と「Walk alone」は去年にできた音源なので、軸になるだろうなと思っていて。プラス8曲をどういうふうに作っていこうか、という場面で、「Grave of Music」がポップな曲に仕上がったので、これともう1発同じくらいライトな曲を作って、勝負したいなということで「New days」を作ったんです。それが「Grave of Music」とタメを張るくらいのポップさを持っているかなと。それと、個人的に強烈に好きなのが「Round Table」ですね。

──「Round Table」は英詞ですが、どんなことをテーマに作られた曲ですか。

岩崎 : 自分たちが〈Anaheim Records〉を立ち上げて、どういう気分で曲を作っているのかというのを詞にした曲ですね。日本語詞にすると、泥臭くなり過ぎちゃうので、最初から英詞にしようとは思っていたんですけど。

──この曲に限らず、ダンサンブルな曲を作る上であえて言葉が明確に伝わり過ぎないようにしているのかなという印象です。

岩崎 : まさにそうですね。けっこう16ビートのノリが多いので、どうしても日本語だとカクカクし過ぎちゃうところがありまして。それを日本語の正しい発音じゃなく、桑田佳祐さんみたいに英語っぽいニュアンスで歌うのももちろんありなんですけど、だったら英語で良いんじゃないかなって。サビの部分だけ英語とか、英語がハマりやすいところはそれで良い気がして。日本語が母国語ですけど、英語も洋楽も大好きなので。というか洋楽しかほとんど聴いてこなかったので。愛着というか、フィット感もありますよね。

──サポート・べースの岡部晴彦さんがレコーディングにも参加しているとのことですが、こういう音楽ってリズム隊のやり方1つで変わるんじゃないですか?

吉澤 : おっしゃる通りで、リズム隊って「1+1=1」みたいなところがあって、どっちかが音数が多すぎたりシンプル過ぎたりすると、上手いことリズム隊にはならないなと思うんです。そういう意味でも彼とは相性が良いんでしょうね。彼は音数の多いタイプで、僕はビートだけ刻んでいるから後は好きにしてください、みたいなドラマーなので。だから要所要所はお互い合わせて、あとは音を聴きながら上手いバランスになるように無意識ながら考えたような気がしますね。

──聴いていて思ったのが、セカイイチにはキメのカッコ良さがあるなって。プレイヤーの演奏力と岩崎さんの声が折り重なったときにビシっと決まる瞬間がカッコイイんじゃないかなって思うんですよ。

岩崎 : それは嬉しいですね。最近はパソコンとかでなんでもできちゃうじゃないですか?それを人力でどれだけずらせるかっていうのを考えたりした曲もありますね。今回で言うと、「MOTOR」「ダイナシ」「Round Table」とかかな。

──「MOTOR」はヒップホップ調の曲ですけど、こういう曲がロックバンドから出てくるのって今や自然なことなんだなって。

岩崎 : うん、わかります。それが今の時代を表している気がしますよね。

── 一方で「New days」ではマイケル・ジャクソンを思わせる“ROCK WITH YOU”というフレーズが出てきたり、アースウィンド&ファイアっぽさとか、あえてオールドスクールなイメージを盛り込んでいますね。

岩崎 : こういうネタは、まだまだ枯れることがないくらいありますね(笑)。歌もののバンドではあるので、曲によっては展開はもちろん必要なんですけど、今はバンバン展開して行くよりも、ループ感を楽しんでいる演奏の方が僕は気持ち良いかな。同じコード進行だけど、メロが変わっていくのは昔から好きなので。わりとそういう曲は過去曲にもあるんですけど、それを今はトラックっぽく作れるようになってきたなと思います。

──2003年にセカイイチが結成されてから今年で13年目ということで、バンドの変遷ももちろんですが、音楽を取り巻く環境の変化がありますけど、そんななかでみなさんのモチベーションというか、情熱がまったく衰えていないであろうことがこのアルバムからは色濃く伝わってきます。

吉澤 : ありがとうございます(笑)。

中内 : うん、それは本当そうですね。

岩崎 : それを感じてもらえたら嬉しいです。モチベーションという意味ではむしろ増えたなと思っていますから。メジャーにいて売れたらそれはそれでハッピーですよ。でも、自主レーベルで自分たちの好きなことばっかりやってて、お客さんも増えてきたりとかすると、もう普通にめっちゃ嬉しいですし、喜びはちょっと違うかもしれないですね。だから今回は特により色濃く自分たちの好きなものを取り入れてやれたから、結果が出たら嬉しいですね。

──ライヴでより楽しめるアルバムだと思いますが、ツアーに向けてはいかがですか。

岩崎 : ライヴは本当にすごく楽しみですね。絶対踊れると思うし。

──今後はどんな活動を考えていますか?

岩崎 : ちょっと今浮かんでいるフラッシュアイデアですけど、また年内に作品を作りたいなと。ただそれはCDや配信にしていくかはわからないですけど、動画で新曲を発表して行くのも楽しいかなって。せっかく自主レーベルなので、わくわくさせるものをやっていきたいなと思っています。

LIVE INFORMATION

インストアライヴ
2016年4月20日(水)@タワーレコード名古屋パルコ店
START 18:30
2016年4月23日(土)@タワーレコード新宿店
START 21:00
2016年4月29日(金・祝)@タワーレコード梅田NU茶屋町店
START 17:00

『Round Table』Release Tour
2016年5月27日(金)@宮城FLYING SON
2016年5月28日(土)@福島Out Line
2016年5月29日(日)@岩手the five morioka(※対バンあり)
2016年6月2日(木)@長崎Ohana Cafe
2016年6月3日(金)@福岡THE Voodoo Lounge
2016年6月5日(日)@池下CLUB UPSET
2016年6月12日(日)@新代田FEVER
2016年6月17日(金)@大阪Shangri-La

PROFILE

セカイイチ

吉澤響(Dr) / 岩崎慧(Vo, Gt) / 中内正之(Gt, Cho)

2001年、Vo.岩崎慧がDr.吉澤響を誘い、「アコギ・ヴォーカルとドラム」という縦一列編成でライヴをスタート。2002年にGt.中内正之、2003年にBa.泉健太郎が加入し「セカイイチ」を結成。同年12月にミニ・アルバム『今日あの橋の向こうまで』をリリース。2005年4月にシングル『石コロブ』で、トイズ・ファクトリーよりメジャー・デビューを果たす。デビュー以降、現在に至るまでフル・アルバム7枚、ミニ・アルバム2枚、シングル7枚をリリースしている。

結成10周年というメモリアルイヤーとも言える2013年に、Ba.泉が突然の脱退。それでも活動を止めることなく、サポート・ベースを迎え全国でライブを展開し、同年11月には、キャリア初となる赤坂BLITZでのワンマンライヴを成功させた。2014年7月、自主レーベル〈Anaheim Records〉の立ち上げを発表。10月15日に満を持して2年7ヶ月振りのオリジナル作品『Anaheim Apart』をリリースする。

2015年4月でメジャー・デビュー10周年を迎え、5月にはメジャー・デビュー10周年を記念したリクエストワンマンライヴを東名阪で開催させる。2016年3月、Anaheim Recordsより8枚目のフル・アルバム『Round Table』リリース。

岩崎の根底に流れるソウルフルな歌と、その歌と呼吸を共にするバンドのうねるようなグルーヴ。デビュー以来、ジャンルの枠にとらわれず、グッド・ミュージックを鳴らし続ける歌ものロック・バンドである。

>>セカイイチ Official HP

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

TOP