ニヤリとする仕掛け満載の遊び場が完成!!──バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!

「カッコイイ」を内包した「カワイイ」クリエイティヴを表現するシンガー・ソングライターでトラックメイカーのMomが初のフル・アルバム『PLAYGROUND』をリリース! 自らトラックを作成し、ネットを中心に楽曲をアップする若いミュージシャンが増えているここ最近ですが、その中でも特出したメロディ・センスを携えているのが、このMomなんです。今後そんな次世代ミュージシャンの先頭を走り続けること間違いなしの彼はどのように音楽を手にしたのか、インタヴューで彼の人物像を掘り下げます! どこか懐かしい匂いが漂うメロディ・センス抜群なポップ・ミュージックをいますぐ君のプレイリストに追加しよう!

ところどころに散りばめられた遊び心が楽しい!


INTERVIEW : Mom

Momの音楽はMVやジャケット写真のアートワーク込みで、どこか懐かしさを感じさせる。ただ「あのアーティストっぽい」とかではない。完全に彼のオリジナルでありながら、聴いていると90年代の匂いや温度が漂ってくる。その理由がこのインタヴューで解明されたと思う。小学生の頃、B‘zに惹かれて「自分も音楽を仕事にしよう」と思ったMom。その後、ヒップホップと出会い、そこで自分らしい音楽を見出していく——今回は、彼の生い立ちから現在まで、どのように歩んできたのか迫ってMomというアーティストがどう出来上がったのかを掘り下げた。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 作永裕範

小学3年〜5年生までB‘z以外は聴いてなかった

マネージャー : (カメラマンに向かって)カーテン開けますか?

カメラマン : いや、写真的には開けなくても大丈夫ですよ。

Mom : 助かります。僕、高所恐怖症なので。

──怖いのは高所だけですか?

Mom : そうですね。あとは恐怖症じゃないですけど、納豆が超嫌いでした。

──普段、納豆の匂いを嗅ぐ場面ってそんなにあります?

Mom : もともと家が納豆工場だったので常に匂いが充満していたんです(笑)。で、家族も食事の時は当たり前のように納豆を食べるから、子供の頃から逆に抵抗があって。

──ちなみに小学1年生のMomさんは、親に隠れてORANGE RANGEを聴いてたそうですね。

Mom : 小さい頃から恥ずかしいのが嫌で。ORANGE RANGEってエッチな表現の曲があるじゃないですか。そういうのを親に認知されたくなくて、バレないように聴いてました(笑)。

──小学1年でORANGE RANGEを聴くのは、早熟だと思うんですよ。普通は『忍たま乱太郎』とか『ドラえもん』とかアニソンに興味を持つじゃないですか。

Mom : 姉が音楽を聴く人だったので、その影響でヒット曲をいろいろと聴いてました。

──初めて自分から好きになったアーティストは誰ですか?

Mom : B‘zです。2006年に『喰いタン』というドラマの主題歌(「結晶」)を担当してたんですけど、それを聴いてハマりました。音楽はもちろんですけど、稲葉さんのビジュアルも好きで。学校から帰ったら、ひたすらB'zのDVDを観る生活をしてました。そのあと、ファンクラブにも入って小学3年〜5年生までB‘z以外は聴いてなかったです。

──B‘zって、Momさんの音楽にも影響してると思います?

Mom : 稲葉さんってダサくて女々しい歌詞をたまに書くんですよ。その「情けなさ」がすごく好きでした。メロディの感じもそうですけど、そういう音楽から滲み出る人懐っこさは影響を受けているのかもしれないです。

──以前、高橋優さんに影響を受けた音楽を教えていただいたら、稲葉さんの『マグマ』をあげていて。僕が理由を聞くと「あそこまでのスーパースターなのに、歌詞がカッコ悪いし、弱々しさを曝け出している。そこに惹かれました」と。

Mom : そうなんですよね。僕も稲葉さんのソロ作品も好きですけど、そういう情けない面が強く出ていて「可愛いな」と思って。そういうところが好きでしたね。

今の時代は違和感が大事だと思う

──そこから、どのように音楽と接してきたんですか?

Mom : B‘zとエアロスミスが共演をしたことがあったんです。それから、小学6年生でエアロスミスも聴くようになって。芋づる式にマッチョな洋楽を聴くようになったんですけど、ぜんぜん好きになれなくて。その後はオアシス、レディオヘッド、ソニックユース、ピクシーズのような繊細さを纏っているようなバンドを聴くようになりました。

次に音楽雑誌を読んで「90年代オルタナティヴ・ロック特集」に紹介されたCDを聴いたりして。そこから2000年代の音楽を知り、ザ・ストロークス、ザ・ホワイト・ストライプス、ブロック・パーティとかニューウェーブっぽいものからインディ・ポップなバンドを聴くようになりました。それで、他のクラスにギターをやっている奴がいて、グリーンデイのコピーをして。他にはクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの「Feel Good Hit Of The Summer」をギターで弾いて、和訳した歌詞を友達に歌わせてパソコンに打ち込んで遊んだりしましたね。

──それが中学1年生ですよね。その年齢にしては、かなり本格的だなと。

Mom : 自分のクリエイティヴを形にしたい欲は昔からあって。漫画を読まないのに、手書きで漫画を描いてみたり、そういう作ることが好きなんです。何か残したいというか。

──高校時代はどう過ごしていたんですか。

Mom : ロックをやりたくて軽音楽部に入ったんですけど、バンドをやっている人たちってクセの強い人が多いから、自分とあんまり合わなくて。「僕はバンドに向いてないのかもしれない」と、その時に思って1年ほどで退部しました。その後に音楽の価値観を変えた出来事が起こりまして。僕はCDの収集家で、ひたすら中古CD屋さんで好きなCDを買い漁ってたんです。ある日、CDを取り込んでいたパソコンが壊れてしまって、「ネット上で公開している音源って何があるんだろう」と調べたら、チャンス・ザ・ラッパーの『Acid Rap』というアルバムがあがっていたんです。そこには、いままで聴いてきた音楽にはないものが詰まってて、言葉の乗せ方とかリズムも新鮮だったし、何より音楽を身軽にやってると思ったんです。それで、チャンス・ザ・ラッパーと同世代のラッパーが「MIXTAPE」という形で作品をたくさん出してて。リック・ロス、タイラー・ザ・クリエイター、エイサップ・ロッキーも「MIXTAPE」をきっかけに知りました。あとは、バッドバッドノットグッドという若いジャズバンドの作品も聴いて、めちゃくちゃクールだなって。

「自分がやりたいのはこっちじゃないか」と気づいて、それから高校時代はブラック・ミュージックをひたすら掘ってました。僕が共通して好きだと思ったのは、ニュースクール以降のマットな質感のするブラック・ミュージック。その後は、ディアンジェロも好きになったし、ひたすらヒップホップのクラシックを聴いたり、最近のブラック・ミュージックも聴くようになって。特にフランク・オーシャンが好きでしたね。

──フランク・オーシャンのどこに惹かれたんですか?

Mom : 『ブロンド』は人生で1番いいと思ったアルバムなんです。ビジュアルも好きだし、ありそうでない音のバランスも好きだし、いまの時代は違和感が大事だと思うんですけど、その違和感も感じさせる。ピッチを意図的に上げていたり、変なフレーズがたくさんあるんですけど、それが全部美しさにまとまる感じがグッときましたね。

──Momさんが曲作りをはじめたのは高校生の頃ですよね。

Mom : 高校1年生の春休みですね。軽音楽部を辞めて時間ができたから「じゃあ、音楽を作るしかないでしょ」と。その時はHIPHOPと出会いたてだから、自分の中で音楽をうまく咀嚼できてなくて。それを音にするのは難しい状態だったので、その時はギター・ポップみたいな感じの曲を作ってました。携帯の『GarageBand』で作るようになったのは、高校1年生でしたね。

──作った曲はどこかで披露したんですか?

Mom : ライヴに出ることは一切なかったですけど、作った音源をいろんなレコード会社に送って反応を伺ってました。それが高校2年生の頃で、とにかく行動力がありましたね。

──反応はどうだったんですか?

Mom : いやぁ〜ダメでした。

──今の音楽と違うんですか。

Mom : ぜんぜん違います。酷かったと思いますね(笑)。案の定あんまり良い反応がもらえず、次に送ったのが高校2年生の夏休み。そしたら、いまのスタッフから2日後に連絡がもらえて「ヤバイ!」と思って。ただ、すぐに契約とかじゃなくて、曲ができる度にひたすら音源を送り「ここはこうした方が良いよ」みたいなアドバイスをもらうようなやり取りが続きました。その後、新人開発部の方に誘ってもらって、2回ほど弾き語りでライヴをさせてもらいました。3年生になったら受験勉強があるので、ピタッと音楽を辞めたんですけど、結局その時期が1番音楽を聴いてしまって。だから、あんまりいい大学に入れなかったですね(笑)。

メジャーな人で、こんなにローファイ感な人はいないだろう、と

──なるほど(笑)。その後、どうやってアーティストになったんですか?

Mom : 大学に入ってから、コンスタントに曲をネットにアップしてたんです。そしたらの〈Ano(t)raks〉というネットレーベルの方から「ウチで作品を出さないか」と誘っていただいて、『G・E・E・K』を配信でリリースしました。そのアルバムは、今回の『PLAYGROUND』にも入ってる「Boyfriend」という曲を収録してて。当時はiPhoneで作ったから、めちゃくちゃローファイなんですけど、そのEPを出したくらいから自分の中のMom像が見えてきました。日本語RAPをぜんぜん違う方向で咀嚼してやろう、と。


Mom/Boyfriend

──今までの日本語ラップに対して、Momさんが壊していることは何でしょう。

Mom : ミックスに変な箇所が多いし、音も荒い。それをJ-POPという文脈の中で鳴らしている痛快さはありますね。逆にメジャーな人で、こんなにローファイ感な人はいないだろう、と。今作はクレオとか、レジー・スノウとか、そういうミュージシャンたちの音を参考にしているんですけど。フランク・オーシャンもそうですけど、そのままの音像でアプローチする人は日本にあまりいないと思うんです。何かあればすぐ生楽器に変えたりするのは「あぁ、日本っぽいな」と、ちょっとがっかりしちゃう部分があって。自分が大事にしてるのは音なんですよね。オモチャ感とかガラクタ感が好きなのに、これを日本でやったら「あの音が良いのに、キレイな音になっちゃうだろうな」って。「もっと軽くて良いのに」と。

──Momさんの音楽を聴くと、良い曲を飄々と見せる感じがRIPSLYMのPESさんっぽいなと思うんですよ。油断させつつ、ものすごいスキルフルなことをやっている。

Mom : ロックの人たちって「この人はいろんな音楽を知っているんだろうな」と思わせるアプローチをする傾向があって。逆に「めちゃくちゃ音楽を知ってるんだけど、あえて魅見せてない感じ」それがヒップホップの人たちに対する認識で、僕自身ものすごく参考にしました。音楽が出来るだけ敷居の低いものとして、受け入れらたらうれしいなって思います。

──ちなみに今回で取材は何本目ですか?

Mom : 3本目です。

──インタヴュアーから、作品についてはどんな反応をされました?

Mom : 「え、そんなんで!?」って驚かれる方が多かったです。

──「そんなんで?」とは?

Mom : 車の中でヴォーカルを録ったり、オートチューンをiPhoneで録ってることに驚いてましたね。僕はこれをそのまま出すことに意味があるんだと、使命感もありつつ。あとはもっと音楽を聴かないような、今時の若者だと思われてたみたいで。それを聞いてしめしめと思いました。いわゆるYouTube世代とも言われる年代だと思うなので、もっと雑食に流行りの曲を聴いてると思われていたみたいなんですけど。

──むしろCD派ですからね。

Mom : そうなんです(笑)。もともとが超アナログ人間なので。


Mom/タクシードライバー (short ver.)

──同世代の人と価値観が違ったりします?

Mom : そんなこともないですよ。渋谷、原宿、高円寺とかで洋服を買いに行くし。…… なんか、人からの見え方を大学に入ってから考えるようになって。暗い奴に見られたくないし、安い奴にも見られたくない意識が強くて。そういう考えは、アーティストとしての見せ方にも直結してると思います。

──ところで、大学にはちゃんと通っていますか?

Mom : いや…… あんまり(笑)。単純に大学を軽視してるところがあるんです。

──どういう意味ですか?

Mom : 別に大学に行こうが、行くまいが僕は音楽を仕事にしたいと思ってたんです。だから、大学は社会へ出るまでの猶予期間として、4年間を利用してやろうと思って入ったんです。

──卒業までにミュージシャンとして、生計を立てられるようにと。

Mom : そうですね。だからこそ、いっぱい曲を作ることができました。

──話をお聞きすると、高校生の頃からレコード会社に自分の音源を送ったり、大学生になったら曲を発表し続けたり、行動力もモチベーションも高いですよね。

Mom : それは自分の好きなことだからですね。逆に、興味のないことには、全くやる気を出せないんです。学生の頃から先生に「やれば出来る子なのに」とずっと言われてました……だけど、やらなかった。

──それは大人への反抗?

Mom : いや、そういう病気だと思う(笑)。

──そんな病気ないですよ!

Mom : アハハハハ、自分が興味のないことは本当にやらないんですよ。だから、こういう我を出せるアーティストという仕事が向いているのかもしれない。逆に「これ以外で自分は何ができるんだ?」とも思ってます。

『PLAYGROUND』のご購入はこちらから


過去作も配信中!

LIVE SCHEDULE

Mom presents 『PLAYGROUND』 release party

2018年12月6日(木) 渋谷@TSUTAYA O-nest
時間 : OPEN 18:30 / START 19:00
出演 : Mom / betcover!! / さとうもか
チケット : 2300yen+1D
https://www.diskgarage.com/ticket/detail/no079839

PROFILE

Mom

シンガー・ソングライター / トラックメイカー。現役大学生の21歳。

「カッコイイ」を内包した「カワイイ」クリエイティヴを表現するため、音源だけではなくジャケットやMusic Videoなどのアートワークもすべて自身でこなし、隅々にまで感度の高さを覗かせる様は、言い例えるなら、次世代に向けた“CRAFT HIP HOP”。

すべてのトラックをiPhone、ノート・パソコンのガレージバンドを駆使し制作しているにもかかわらず、一度聴くと頭の中を支配する楽曲たちには、サウンド構築の緻密さや、あくまでポップスフィールドからはみ出ないキャッチーなメロディセンスが光る。

【公式HP】
https://www.mom-official.jp
【公式ツイッター】
https://twitter.com/karibe_mom

この記事の筆者
ライター真貝聡

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

この記事の編集者
鈴木 雄希

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP