生活が宿る「僕らのソウルミュージック」──思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

左から今回インタヴューに答えてくれた山入端祥太(ヤマさん / Trombone)、高橋一(マコイチ /  Trumpet, Vocal)、長岡智顕(ナガオカ / Bass)

昨年、15周年を迎えた〈カクバリズム〉への移籍から約1年、思い出野郎Aチームが初の5曲入りEPをリリースする。『楽しく暮らそう』と、彼ららしいスッキリとストレートなタイトルの作品。彼ららしいファンキーな「楽しく暮らそう」「去った!」、レゲエ・ディスコな「無許可のパーティー」、夏の終わりにしっくりと来そうなメロウ&メランコリックな「サマーカセット」「僕らのソウルミュージック」と、現在の彼らの勢いをそのまま象徴するような抜群な5曲を搭載したEPとなった。

思い出野郎Aチーム、初のEP作品



INTERVIEW : 思い出野郎Aチーム

胸のすく思い、この作品を聴いたときの感想はまさにそんな言葉。
本作は思い出野郎Aチームの、そのガヤガヤとした楽しさを、そして彼らが考える“生活”の風通しの良さをまるでコンパクトにまとめた作品と言えるだろう。そしてタイトルは『楽しく暮らそう』、これである。そこには彼らしい、パーティ・ピープルの連帯の楽しさもあれば、「楽しく“暮らせていない”」人たちにたいして手を差し伸べる優しい眼差しもある。そんな音楽を、彼らは「僕らのソウルミュージック」と呼んでいる。そんなの最高に決まってるじゃないですか。

インタヴュー&文 : 河村祐介
写真 : 沼田 学
(プロフィールのアーティスト写真を除く)

バンドが楽曲を作るモードになっていて

──今回、移籍後のアルバムからの、このシングルというタイミングはなにか意図はあったんでしょうか?

高橋一 : ちょうど2ndから1年が経ったんですけど、このタイミングで所属レーベルの〈カクバリズム〉から「なにか出せない?」という話があったんです。そこで、7インチのAB面で新曲2曲という感じでもなく、もうちょっと曲の入ったミニ・アルバムを出そうということになって。僕らはレーベル提案で締め切りを決めてもらわないとなかなか作りはじめないこともあって(笑)。「これ作らないとまたアルバム3年かかるでしょ」とレーベルから言われて「はい…… そうなりそうですね」としか言えなくて。とはいえタイミング的にはlyrical school(『WORLD’S END』収録の「オレンジ」)とかNegicco(『MY COLOR』収録の「スマホに写らない」)のプロデュースとか楽曲提供の仕事がちょうどあった後だったので、バンドが楽曲を作るモードになっていて、それが高まっていた状態でもあったのでちょうどよかったということもありますね。

──山入端さんは、そのぐらいのタイミングで加わったという感じなんですかね?

高橋 : そうですね。まずサポートとして大きく関わってもらったのが、去年の初のWWWのフル・ワンマンのライヴのときで、そのままなし崩し的に、だましだましスタジオに呼び続けて…… ついに正式に入ってもらったという(笑)。加入の経緯はそんな感じなんですけど、実はやまさん(山入端)は、オリジナル・メンバーでもあるんですよ。大学時代に彼と俺が思い出野郎Aチームを作ったんです。でも、やまさんは本格的な活動に入る前に失踪してしまって……。

山入端 : そう、ちょっと自分探しに行ってしまってね(笑)。

高橋 : それでトロンボーンがいなくなったので、その分の音の厚みを出そうということになったんですけど、なぜか源ちゃん(松下源:パーカッション)が加入して。

山入端 : トロンボーンが抜けた分の音の厚みを補充したいっていう話なのに、管楽器を増強するんじゃなくて、リズムを強化するという(笑)。

高橋 : もともと源ちゃんはジャズ研の後輩の友だちで、他のバンドでドラマーをやっていて。最初期のやまさんがいたときの思い出のライヴでは、彼はお客さんとして見に来ていて、最前列で一番盛り上がって、誰よりも褒めてくれてたんです。そんな事もあってパーカッションの経験もないのに、安いボンゴを渡して、パーカッションできそうな顔とキャラだったのでノリで入ってもらいました(笑)。

──山入端さんが新加入といいつつも、元々の要素がやっと揃ったということなんですね。

高橋 : そうなんですよ。やまさんは、初期の思い出から失踪した後に、バンドには参加しなかったんですけど、友人としては戻ってきていて。ここ数年は普通にライヴに遊びにきてくれていて。

山入端 : 単純にファンというか、いちばん好きなバンドは思い出野郎という感じで応援してたんですよ。そうやって会うし、飲みに行ったりはするけど、僕自体は音楽から離れていて。

高橋 : 2ndの曲をライヴで再現するのに、ヴォーカルの後ろにホーンが結構重なって入る曲が多くて。そうなるとライヴでは自分が歌いはじめると、単純にトランペットがなくなって、ホーンがサックス一管になってしまうので。ライヴでもアルバムと同じようにホーンの厚みが欲しいよねというところで、「そうだ、やまさんがいた!」と思い立って、メンバー満場一致で誘いました。

──2ndをライヴで再現するという部分がひとつ、契機になっているんですね。

高橋 : そうですね。

──なるほど、山入端さんの加入を経てというのがバンドのキャリアとしてはターニング・ポイントがありましたが、今回の作品の曲作りに関してはどうでしたか?

高橋 : 先程話したとおりリリスク、Negiccoで楽曲を作るモードになってたので、新曲のストックはなかったんですが、その続きで作りはじめてという感じでしたね。春先に、今回は珍しく3日連続でプリプロに入って。普段も毎週1回は練習するんですけど、そうではなくて毎日、昼から夜まで曲を練って、そのあとひたすら飲んでということを3日連続で繰り返して。

──内臓の方が疲れそうっすね。

高橋 : 3日目は僕の家で、スタジオで録ったデモを聞いて、いろいろアイディアを出したりして。そこで大体の曲は固まった感じですね。でも、ずっと皆で一緒にいたんで、最終日には話すことがなくなっちゃって。

──熟年夫婦みたいな感じで(笑)。

高橋 : もう、ビートルズとか流しちゃったりして(笑)。わりと前回のアルバムは元ネタありきというか、もってきたネタのオマージュをやるというのがひとつの方法論だったんですけど。今回は同じようにそうやって作った曲もありつつ、それとは別にそれぞれのメンバーのアイディアをメールでやりとりして、それを形にした曲もありました。今回はミニ・アルバムということもあって、いろんな色のあるものにしたいということもあって。

ジャッキー・ウィルソン歌謡曲を作ろうというのがあって

──2ndアルバムは夜からはじまって朝に、みたいな時間軸のストーリーがあったかと思うんですけど、今回はわりとバラエティ重視で、いまのバンドのスタイルを全部出すみたいな感じですかね。

高橋 : そうですね。アルバムの流れだと綺麗に見せられるかもしれませんけど、5曲だとなかなか流れっていうわけにはいかないですから、メンバーがそれぞれアイディアを持ち寄りながらいまの状態をそのまま音にしようと。

──それぞれの曲のキーマンがいるというようなのが、ざっくりしたイメージですか?

高橋 : そこまでがっつりしたキーマンが1曲=1人でいるわけではないんですけど。5曲目の『僕らのソウルミュージック』は長岡がコード進行やアイデアを持ってきていて、まさにキーマンという感じでしたね。バンドとしてなんとなく話していたイメージは、前半2曲はいままでのやりたい路線を踏襲した感じで、例えば「去った!」はジャッキー・ウィルソン歌謡曲を作ろうというのがあって。斎藤(録音:ギター)くんに、コード進行もそういう感じで作ってもらって。1曲目もわりかし、シカゴ・ソウル、〈ブラウンズ・ウィック〉とかのサウンド、歌詞に関してもそういうテイストを取り入れていて。3曲目は増田(薫:サックス)くんが「こういうディスコをやりたい」と持って来た元ネタ曲があって、それを意識して作り始めたらあまりにそのままの曲になってしまって(笑)。なのでレゲエのテイストを入れたら曲としてようやくまとまってきて、最終的に面白いバランスになったと思います。ディスコ・レゲエみたいな感じというか。

──たしかに、なんかインナー・サークルのやるディスコとかそういう感じありますね。

高橋 : あとはザ・クラッシュの後期の感じというか、『サンディニスタ』というか。リフは増田くんが作って、歌のサビのところは僕なんで、そのテイストの違いが意外に出ていて(笑)。

──ガチャガチャ感はでもおもしろいですよね。

高橋 : そうそう、そういう感覚でおもしろがっていて。2回目のホーンのリフはどこかエチオピアの、謎の民族感というか、黒沢清の映画感というか。

──エスノ・ファンク感というか。

高橋 : そのガチャガチャ感もあっていいなという曲。マッドネスとかザ・クラッシュとか、あの“整っていない”感とか、いなたさとかがいいなと思って。

最初は「長岡のいい曲」っていう仮タイトルがあって

──わりとメランコリックな後半2曲はどうだったんでしょうか?

高橋 : 「サマーカセット」はサビのベースとリフの動きのところが、みんな最初は拍が取れないって言ってて。今回の作品は最近買った自転車でサイクリングしながら作ってた曲が多くて、「サマーカセット」もそうやってスタジオ行くまでのサイクリングでペダルを漕ぐリズムに合わせてリフを頭のなかで鳴らしながら作って、そのままスタジオに入ってやって。

長岡 : 30分くらいずっとベースラインやってたんだけど、なかなかできなくて(笑)。

山入端:じゃあ「他のにしよう」っていうのを長岡が「ま、待ってくださいもうできるんで」っていう(笑)。

高橋 : 自分の中で自転車に乗ってイメージしてた段階ではなにも難しくなくできると思ってたんですけど。実際にやってみたら意外と難しかった(笑)

長岡 : でもすごいいいと思って、絶対使いたいと思って。

高橋 : でも、そのへんもあってかジャンルが一番わからない謎の曲になったかなと。謎のフィッシュマンズ感もあったり。

──そして最後は長岡さんの曲。

山入端 : 最初は「長岡のいい曲」っていう仮タイトルがあって。

高橋 : 歌詞ができるまでずっとそのタイトルで作業してたよね。

長岡 : もともとアルバム全体で、コーラスを入れたいよねという話はしていて。

高橋 : 最近のソウルの人たちのゴスペル・ライクな感じをちょっと入れたいみたいな話があって。それを長岡が特に意識してくれていてそういうコード進行で書いてくれて。ただやってみたら最終的にその感じがあんま出なくて合唱曲みたいになったんですけど(笑)。

長岡 : それこそPJモートンのスタジオ・ライヴなんかの感じを出せたらいいなと思って。ソウルあるあるな進行ではあるんですけど。

──モダンなR&Bの意識というのがあったという。

高橋 : そうですね。ネオ・ヴィンテージ感というか。それにシュギー・オーティスとかスライみたいなリズムマシンのチャカポコ感を入れつつという。斎藤くんと随分前にヤフオクで買ったやつですね。前から使ってみたかったんですけど、ようやく使えて。

──キーマンのモチーフはありつつ、わりとそういった感じでアイディアを出しつつで構築していったと。

高橋 : そうですね。岡島とか源ちゃんも随所に「こうなんじゃないか?」とか「こうしたい」とか、いろいろ出してくれて曲を作りましたね。そんななからジャッジをして進めていくという。

──山入端さんは曲作りっていうのはどうでしょうか?

山入端 : 僕が以前にいたときは、「Time is Over」とかの曲はすでにあったんですけど、今よりもっとセッション的にはじまって作って行くという感じだったので、こうしてちゃんと「曲作りする」というのは、じつははじめての体験なんですよね。

高橋 : 山さんがいた結成時は、わりといまみたいな歌があるソウルというよりも、JB的なワンコード・ファンクのバンドだったんですよ。だからそこまで歌ものの曲をしっかり作るというのでもなくて。「Time is Over」が、はじめて歌メロを作った曲という感じだったんですけど。だから、山さんが復帰後にはじめて曲作りに参加したのはNegiccoとlyrical schoolのレコーディングっていう。いきなりアイドルっていう(笑)。

──アイドルに曲を提供っていうのはどうなんですか? アイドルのキャラクターとかコンセプトとかいろいろあるじゃないですか。

高橋 : 正直悩んだ部分はありましたね。Negiccoとlyrical schoolは有名なアイドルだし、「俺らがやって平気なの?」という恐れはありつつ。でも結局、僕らにオファーが来ているということは、いわゆる職人的なアイドル・ソングを求められてはいないんじゃないかなと思ったので。そこで自分たちの持ち味はどこで、何を求められているのかを考えるきっかけにはなったのかなと。

世の中が悪くなっていると考えたらそういうことを歌詞にするんです

──新しい作品に戻りますが、歌詞に関して。とにかく良くて。「楽しく暮らそう」の「誰でもここに居て良いだろ / 誰もが 許しあえるだろ」というラインと「無許可のパーティ」の「野放しになってるヘイト / よりも禁止されたダンスビート」なんかは共鳴する、思い出野郎Aチームのある種のスタンスの表明的な部分があったり、この2曲と、その先にあるような「去った!」の音楽のポジティヴな感覚、さらにある種のラヴ・ストーリーっぽいことを想起させる甘く切ない「サマーカセット」があって、そしてこういう音楽の表現、この作品の感覚、全てをひっくるめて「僕らのソウルミュージック」と言っているような流れがあって。ある意味でバンドのテーマ性みたいなものをそのままコンパクトにまとめているように感じていて。

高橋 : そういうところはありますね。同じ様なことを2ndでも書いている部分はあるんですが、さらにそのときよりも僕は世の中が更に悪くなっている思っていて。自分は身の回りで起きていること、感じたことをそのまま歌詞として出すタイプなので。ヘイトみたいなことにしても、それは例えば猛暑だったら「暑ちい」って書くのと同じで、世の中が悪くなっていると考えたらそういうことを歌詞にするんです。そういうのを聴きたくない人がいるのも理解していて、そういう意味では葛藤は絶えずあるんですよ。例えば、せっかくミニ・アルバムというフォーマットで、シングルよりかは曲が多いけど、シングルに近いニュアンスのもので、がっちり自分のパーソナルな主張を出すよりかもっとバンドの魅力をキャッチーにわかりやすく作った方がいいんじゃないか?という思いもあったんですけど。でもやっぱり、率直に思うことを歌わざるを得なかったです。そこで、なにもなかったかのように振る舞うことができるような世の中の状況ではないと僕は思います。

──でも、押し付けがましい説教的なものではなく、言葉のおもしろさなんかも含めて、ポップソングとして成り立っているから、日常生活の音楽としてある意味で正しい形なんじゃないかなと思います。しかも、ある種、普遍的なことを歌っているわけで、むしろこれがある種の政治性だと思われるような世の中の方がやばいと思います。

高橋 : それがある意味でソウル・ミュージックの伝統でもあると思うので。ソウルに限らずダンス・ミュージックをやる以上、多くの表現は被差別者の人たちが勝ち取ってきたものという側面もあると思うので、その上澄みの音だけを享受して、スピリットみたいなものを継承しないというのは僕はちょっと違うかなと思っていて。シカゴ・ソウルとかもそうだし、だから僕らはある意味で伝統を踏まえているだけといえばそれだけなんですよね。批判するというよりも、歌詞のあり方としては「俺もそういうことがあることに対して心配しているよ」という感じ。もし僕らの音楽を好きになってくれた人がヘイトの対象になってしまったときに、なにもそんなことがないように振舞ったら加担しているのと同じだと思うし、もちろん自分たちも他人事じゃなくいつでも被害者 / 加害者になりえると思います。そういう意味でも、この姿勢をSNSとかだけでなく、歌詞として録音物で出した方がいいなと思っています。ミュージシャンの使命とか正義とか、そこまでのことではないし、もちろんやらなくても全然良いとは思いますが、誰もやらないのもおかしいのかなと。別にそういうことをなにも入れ込まない甘いだけのラヴ・ソングがあってもいいと思うし、それぞれのスタンスというところなんですが、自分が音楽をやるということであればちゃんと発していきたいなと。

「誰でもここに居て良いだろ」

──「僕らのソウル・ミュージック」というところで、思い出野郎Aチームの“ソウル・ミュージック”は、単なるコピーではなく、ある種の翻訳という感じがして。内容を理解した上で、意図をある種大事にして、オリジナリティを持って、自分たちの日常の文化のなかに伝える、溶け込ませるみたいな感覚というか。でも、反差別とか、別に普遍的なメッセージですからね。

高橋 : そう、この前、ユニットのイベントの後に、下北沢スリーの店長のスガナミ(ユウ)くんと話してたんですけど。俺らが言っている主張って実は保守的だよねっていう話をしていて。過激なことじゃなくて、誰でも人権あるでしょ?とか、それくらいの話。普遍的というか、人としてそもそも思想以前の問題でしょうっていう。

山入端 : でも「誰でもここに居て良いだろ」という歌詞は僕もすごい良い歌詞だと思ってて、とにかくその通りだなと。

──でも、さっきもいいましたけど、これミニ・アルバムなんだけど、この曲順がいいなと。

高橋 : 最後に僕らも曲順考えて、並べてみたらいいなと思いましたね。最初はアルバムと違って、曲のインパクトでっていうことだったんですけど、出来上がったみたらいいなと。

PROFILE

思い出野郎Aチーム

思い出野郎Aチームのメンバー全員はこちら、写真左から宮本直明(ナオアキさん / Key)、増田薫(マスダ / Sax)、岡島良樹(オカジ / Drums)、斎藤録音(サイトウくん / Guitar)、高橋一(マコイチ / Trumpet, Vocal)、山入端祥太(ヤマさん / Trombone)、長岡智顕(ナガオカ / Bass)、松下源(ゲンちゃん / Percussion)


2009年の夏、多摩美術大学にて結成された8人組のソウルバンド。2015年、mabanuaプロデュースによる1stアルバム『WEEKEND SOUL BAND』をリリース。2017年、カクバリズムに移籍し、2ndアルバム『夜のすべて』をリリース。メンバーは、VIDEOTAPEMUSIC、chelmico、G.Rinaなどのミュージシャンのライヴサポート、レコーディングへの参加、Negicco、lyrical school、NHKの子供番組「シャキーン!」への楽曲提供や、それぞれがDJ活動を行うなど、多岐にわたって精力的な活動をしている。

思い出野郎Aチーム公式アーティストページ
思い出野郎Aチーム公式Twitter

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

この記事の編集者