まさかの“あのジャンル”復活とか?――配信中クラブ・ミュージック集成連載 : More Beats + Pieces Vol.2

Pinch

ということで、OTOTOYにて配信されているクラブ・ミュージックや、マニアックな音源で、記事で紹介しきれなかった音源を約1ヶ月のタームでびしびし紹介しておりますこのコーナー。第2回目でございます。

OTOTOY配信曲だけでなく、最近のクラブ・ミュージックの最新動向や流れもユル優しく説明しておりますので「ちょっと、わかんないけど聴いてみたい」という方も気軽に試聴していってください!

今月もOTOTOYの編集部ボンクラ方面2人から、太っているの(河村)とやせているの(浜)のコーディネートで10枚の新作(+リイシュー数枚)を厳選してオススメしていきますのでぜひともお読みください!

ダブステップとテクノ、あとインダストリアル

浜 : つうことで、ここのところはわりとアルバムがどっと出てきたって印象ですね。ってか、河村さん暑くるしいです。

河村 : うるせぇ! 編集家業は太るの! で、本題だけど、今回は確かにアルバム・タイトルが多めといった印象。で、それは後半で、クラブ・ミュージック、特にダブステップとかベース・ミュージックの今後の流れに関わってきそうなシングルを3枚ほど、まずは紹介しよう。

Pinch / 『The Obsession (Possession)(24bit/44.1kHz)』

浜 : まずは、ピンチですが。コレでも、ほぼダブステップって感じでもなくてテクノって感じですね。リズムとかBPMの感じとか。

河村 : そうそう。ほぼハード・ミニマルの感覚に近いよね。ベルリンのベルグハイン(註1)一派とか、あとはイギリスのリージス~サージョン(註2)周辺というか。重くて、堅くて、ヒリヒリしてて。これがね、またハイレゾで聴くと、びんびんスネアが堅くて、分離がよくて、ちょーーーー最高なの。

浜 : 少し前にピンチが新レーベルとして立ち上げた〈CO.LD〉のレーベル・コンピにも近いですね。

河村 : そうそう。いわゆるダブステップからハウス・ミュージックっぽいものが出てきて、ある意味でひとつのシーンになったのがひとつの流れだったのが、もっとハードで冷たい、インダストリアルな感じのベース・テクノって感じの音が最近結構シーンでではじめてて。あ、ちょっと興奮したらお腹すいてきた。

浜 : あと、ちょっと最近のインダストリアル系の音色のハウス~テクノとかとも相性良さそうですよね。

河村 : そうそう、さっきのリージス周辺とかね。あとはロウ・ハウス(註3)ものとか、そのあたりも含めてひとつの流れを作っているよね。あとはアヴァン・ロック系のノイズ~インダストリアルも近いし。で、今回のシングルは、その象徴というかブリストル・ダブステップのドンたるピンチがそういう音を作っていて、しかもそのリミックスはベルリン・ミニマル・テクノの中心ベルグハイン一派のシェドがリミックスしてて。シェドは逆にテクノの側からダブステップに近づいている人だから、当然と言えば当然の流れ。

浜 : リズムと上もののレイヤーが詰まりまくってて音の勢いがすごいですね。単純に音もかっこいいです。そろそろ次に。

The Bug / 『Save Me / F**k A Bitch』

河村 : で、インダストリ系のサウンドの流れもちょっとありつつでザ・バグことケヴィン・マーティンの新譜。ベース・ミュージック経由の音であることは間違いないんだけど、わりとマッシヴ・アタックとか、DJクラッシュとかに通じるブレイクビーツっていうか、ああ、恥ずかしいけど、いわゆるト、トリップホップ(註4)的な感じがね。

浜 : うわ、恥ずかしい。おっさん業界人的のリヴァイヴァル発言! でも、たしかにいまの音で作った、感じですね。

河村 : このゴンジャスフィをフィーチャリングした「Save Me」のダーク・ゴシック感とかなんかね。一時期のトリッキーとかポーティスヘッド、マッシヴの『メザーニン』あたりをね。一緒に入っている「F**k A Bitch」はもうケヴィン・マーティンのお家芸的なインダストリアル・グライムだね。

浜 : この「Save Me」とかは、FKAツイッグスもそういう雰囲気ありますよね。アルバムがリリース間近で話題になってますが。

FKA twigs / 「Two Weeks」

浜 : たしか彼女はこの前来日したArcaってニューヨークのトラック・メイカーがプロデュースして話題になってましたよね。Arcaといえばカニエ・ウェストの『Yeezus』のプロデュース・チームのひとりなんですよね。たしかに、あのアルバムってインダストリアルでしたね。

河村 : そうそう。なんかすごいよね。カニエがインダスとか。そのあたりの音もそうだけど、あ、彼女は本コーナーで来月フィーチャーするのでとっておきますか。まずはシングルを聴いて待っていてください。

浜 : アクトレスのアルバムも結構似た雰囲気ありますよね。インダストリアル感のあるダウンテンポっていうか。

河村 : そうそう。ちょっとインダストリアルとゴシック入った感じのダウンビートっていうか。インディR&Bとか、さっき言ったみたいにカニエも絶妙に結びついてるし。このあたりなんか動きになりそうな気もするんだよな~。ダブステップ以降のダーク&ヘヴィーな音の、ビート違いの新しい流れっていうところで。リヴァイヴァル的な呼び方したとしても、サウンド的にはかなりアップデートされている。

FKA twigs

ユルユルのあったかチルアウト・ダウンビートをぜひ

河村 : で、トリップホップと言えば、元祖も元祖。ナイトメアズ・オン・ワックスのベスト盤がリリースされてる。

Nightmares on Wax / 『N.O.W. Is The Time』

浜 : え、誰ですか?

河村 : あ、えっとそうか、これも25周年記念だしね……君が生まれた頃にデビューしてるんだもんな。って、もちろんオレもデビュー当時は知らないけど。〈Warp〉初期からいるアーティストで、はじめはイギリスらしいダブの影響を受けた太いベースとエレクトロなんかの要素がまざったブリープ・ハウスをやっていて、このアルバムだと「Aftermath」がそれ。で、もともとヒップホップとかレゲエがバックグラウンドにある人で、そのあたりを前面に出して、1995年にリリースしたセカンド『Smoker's Delight』。さっきから出てるトリップホップの先駆的サウンドを作ったとされているアーティスト。『Smoker's Delight』から、最後に「Nights Interlude」なんかが収録されているね。

浜 : ああ、これすごく良いじゃないですか!!!! J・ディラ好きの俺も納得です。

河村 : そうそう、その手の音好きはかならずはまりますよ。ちなみに『Smoker's Delight』はKLFの『Chill Out』(註5)のヒップホップ・ヴァージョンってコンセプトだってよく本人も言っているよね。いわゆるメロー・ヒップホップみたいなものに結構影響与えていると思うよ。まぁ、元祖だよね。サウンド的にはルーツ・ダブとかロックステディとかジャマイカン・ミュージックのベース+ブレイクビーツ+ブラック・ミュージックのメロウネスって感じ。あとちょっと値ははりますが、ヴァイナルと配信のみの豪華版も、後半のリミックス集がすばらしいので。ぜひ。

Lone / 『Reality Testing』

浜 : メロウなダウンビートと言えばローンも出てますね。80’sライクなシンセの甘さや全体の雰囲気的も、ネオ・ソウルっぽさが感じられて、めちゃスムーズですね。サンプル感がもろに出てる感じもグーです。

河村 : 前はもうちょっとテクノっていうか、ポスト・ダブステップぽかったりしたけど、今回はモロにダウンテンポ系だね。チルアウト&メロウ感が強いよね。でも、ちょっとデトロイト・テクノ的なコズミック感とか、J・ディラ的なビート感もあったり。あとはルーク・ヴァイバート的なラウンジ感とか。この絶妙なメロウな感じは、LA系のビート・ミュージックに呼応したポスト・ダブステップ以降のテクノって感覚なのかもな。一時期、〈Planet μ〉がボックスカッターとかオリオルとかこういう感覚のものをよく出してた。

浜 : 結構メロウ・ファンクっぽいうノリもあって。あとはダウンテンポものなら、〈Brainfeeder〉のマシューデイヴィッドどうでしょう。

Lone

Matthewdavid / 『In My World』

河村 : フライング・ロータス周辺のサイケというと、いわゆるブラック・ミュージックっぽいサイケがあるあるけど、この人は完全にフリー・フォークのサイケ感だよね。

浜 : アニコレとかあのあたりに近いっすよね。テクノ、ヒップホップなど様々要素がミックスしてるんですけど、ビートが全体的にゆったりしてるのでとても聴きやすい。またうっすらヴェイパーウェイヴ感はあるのも面白いです。

河村 : そうそう。で、ビートはLAビートっていう感じでおもしろいよね。〈Brainfeeder〉つながりで、で〈Brainfeeder〉から前作をリリースしていたマーティンの新作。今回は〈Ninja Tune〉から。この人は冒頭で出てきたベース・ミュージックのハウス化を促した人だよね。今作はフォー・テットなんかも参加している。

Martyn / 『The Air Between Words』

河村 : ロウ・ハウスとかのアーリー・ハウス/テクノ・リヴァイヴァルと自身の音をアップデートというのを順当にやってるって感じの音。ベース・ミュージックの質感は残しつつ、聴きやすいテクノとかハウスをやっているアルバムって感じがするから、むしろベース・ミュージックとかダブステップが好きで、テクノとか聴いてみたいなんて人にじつはいいんじゃないかとか思うんんだけど。ひとつ間違えれば、完全にテクノとかハウスなんだけど、これが〈Ninja〉から出るってのがおもしろいよなぁ(遠い目)。

あっと驚くベテランが〈Hyperdub〉から

浜 : そういえば、河村さん騒いでたFhloston Paradigmって誰なんですか?

FHLOSTON PARADIGM / 『THE PHOENIX』

河村 : ああ、キング・ブリットのプロジェクトだね。キング・ブリットは、ちょっと過去の人感があったんだけど、これ良かったんだよね。失礼な話、あまり期待してなかったんだが。彼は、フィラデルフィア出身アーティストで、結構これまでジョシュ・ウィンクとハウスのレーベルやったり、一方ではクラブ・ジャズ系の音をリリースしたり。ヒット・シングルだと、SYLK 130名義で「Last Night A DJ Saved My Life」のカヴァーをやったりとか。とにかくベテランのディープ・ハウス・アーティストというのが一番印象として大きいかな。さっきも言ったけど、ここ数年は若干影が薄かったんだけど……。

浜 : あ、でもこれ〈Hyperdub〉からなんですね。

河村 : そうそう、このつながり謎なんだけど、こういうアーティストをさらっとリリースするあたりは、〈Hyperdub〉 のおもしろいところだよね。

浜 : たしかに、別にベース・ミュージックってわけでもナイですしね。去年のローレス・ヘイローとかも含めて。

河村 : アルバムは、結構実はベーシックなテクノのアルバムという感じがして、コレをいま、なんで〈Hyperdub〉 がリリースしたのかがすごく気になるけど良いアルバムだと思う。資料によればアナログ・シンセなんかを使って、ロウ・ハウ的なアプローチっていうところみたいだけど。ちょっと渋めの作品が続いたから、わりとポップなやつを。

浜 : 売れてますね。イーノ・ハイド。

河村 : そう、いきなり出たセカンド。ファーストにもアフロビートっぽさはあったんだけど、エレクトロ・ポップの側面が強かったきがするけど、セカンドはアフロビート感覚がより前面に出ているよね。

Eno ・ Hyde / 『High Life(24bit/44.1kHz)』

浜 : そうですね。イーノってことを考えてもちょっとトーキング・ヘッズ感ありますよね。

河村 : あるね。アフロビートとロックなんて言ったらもろにね。イーノはちょっと前に、アフロビートの正統な血筋とも言える、フェラ・クティの息子のショーン・クティのプロデュースしてて。今回もそのときのアーティストを参加させたりしてて、なんかちょっとアフロビート・モードなのかなぁと。このあたりは、いわゆるダンス。ダンスしてないけどすごいクオリティの高いポップ・ミュージックって感じで最高だよね。

浜 : 良いですよね。なんの前情報も無しで聴いたのですが、イーノの今までの音楽性が詰め込まれまくってて本当にびっくりしました!とにかく聴いていただきたいですね。“ライクティ”(スティーヴ・ライヒとフェラ・クティの合成語)には正直ひよりましたが(笑)。

河村 : まぁ、タイトルが“High Life”(ガーナのアフロビート“Highlife”をもじったもの?)だしね。ちょっと前に出たチューン・ヤードとか。あとはヴァンパイア・ウィークエンドとかアフロビートはひとつブームだよね。

ロンドンのソウルフル・ポップ

河村 : そして最後もいわゆるR&Bなんだけど、ジャングル。

Jungle / 『Jungle』

浜 : ジャスティン・ティンバーレイクもお気に入りの! レーベルは〈XL〉なんですね。レイヴのプロディジーにはじまって、最近だとアデルとかThe XXを発掘したり、先日亡くなったボビー・ウーマックやギル・スコットヘロンの復活作をやってたり。そういう意味ではすごく良さそうですね。っていうか、良いですよね。

河村 : コレはなんかすごくイギリスっぽいなぁという印象。しかもXLだし。例のUSのインディR&Bの雰囲気とは違って、やっぱりイギリスのジャズ、ソウル / ファンクがそこに滲みでてくるという感じがするよね。

浜 : なるほど。確かにインディな印象はまったくないですよね。音像として、最近の霧がかかったようなリヴァーブ感がありつつも、ちゃんと“歌もの”として伝わってきますね。マイケル好きの方にもオススメですよね。

河村 : レア・グルーヴ(註7)というか、いわゆる1970年代とかのブラック・ミュージックというよりも、1980年代のはじめとかそういう感じがする。ファレルと、それこそジャスティンとかのメジャーR&Bともちょっと違うし、なんか不思議な感じだけど、ストレートなソウルフル・ポップスって感じで良いよね。

JUGNLE

再発 / リイシューの小部屋へ

浜 : ちょっと趣向を変えて、こっからは再発ネタも。結構いろいろOTOTOYは思わぬところから再発もののおもしろい音源入ってきますよね。僕が注目したいのはこの辺のレア・ソウルの再発ですね。

Milton Wright / 『Spaced』

浜 : マイアミ・ソウルのアーティスト、ミルトン・ライトによる77年の作品。当時のセールス的な失敗が理由で今では超レア盤なのですが、珍しさだけでなく、いなたさとメロウネスの混ざり具合が絶妙な楽曲ばかりです。またデットな音色ゆえにめちゃめちゃ聴きやすいです。

河村 : このあたり、試聴するだけでも音楽の幅広がると思うんだけどなぁ。よく言われるみたいな洋楽離れみたいな話は単なる聴かず嫌いって感じがするし。

浜 : そうですね。このあたりのブラック・ミュージックはceroなどの、そういう音に通じていくものもありますしね。

河村 : そうそう、あと再発と言えば、大阪の江村さんという方がやってるエム・レコーズ。国内外の「なんじゃコレは!」というような音源をコンパイルして、リリースしているレーベルで、内容はタイのシンガーから、アフリカのジャズ、電子音楽、レア・サイケなどなど、とにかく「こんな音楽ってあるんだ」というものばかり。

浜 : このレーベルの音源を追っているだけで、音楽全体に対する感覚が変わりますよね。

King Tubby / King Tubbys Meets Rockers Uptown

河村 : そうそう器がだかくなるよね。あとはなぜか入ってきた。キング・タビーとオーガスタス・パブロのダブの名盤『King Tubbys Meets Rockers Uptown』いわゆるルーツ・ダブ(註8)の名盤中の名盤。これと、ヘヴィーマナーズの去年出たダブ・アルバム、この2枚で古典とアップデートという意味で完璧かも。とにかく、ルーツ・ダブってなに?って人はコレを。

浜 : これは本当にすごいアルバムですね。もう、びしびしシンバルが飛んで来ますし、ダブ独特の煙もくもくなディレイ・サウンドは最高です!

河村 : ということで、今月はここまで! 来月はたぶん、FKAツイッグスをメインにおおくりします。

註1 : ベルグハイン
2000年代後半から現代にいたるまで、ベルリンに位置するテクノの中心的存在クラブ。またヨーロッパのゲイ・カルチャーの中心的存在でもある。クラブに併設されてる〈パノラマ・バー〉もクラブ・カルチャーの中心的存在である。またレーベル、〈Ostgut Ton〉を運営し、ベルクハインのレジデントDJであるMarcel Dettmann、Ben Klockやパノラマ・バーのレジデントDJであるSteffiなどの作品をリリースし、作品面においてもテクノ、ハウスのクラブ・シーンを牽引する存在である。

註2 : リージス、サージョン
どちらも90年代後半より、UKはバーミンガムで活躍しているテクノ・アーティスト。そのインダストリアルなハード・テクノ・サウンドで、1990年代後半のUKハード・ミニマル・テクノを牽引、その後もベース・ミュージックやインダストリアル・リヴァヴィアルなどを飲み込み現在でもトップ・アーティストとして活動を続けている。

註3 : ロウ・ハウス
2000年代の中心のテクノ~ハウス・シーンの音作りの中心だったDAW + ソフト・シンセ + プラグイン的な作り方から、アナログ・シンセやドラムマシンといったガジェットを音作りの中心にしたロウ(Raw)なハウス・ミュージック。アーリー90年代リヴァイヴァルなサウンドの動きとも連結している。またその粗野な音質は、インダストリアル・リヴァヴァルとも共謀関係に。NYの〈L.E.I.S.〉等が代表レーベル。

註4 : トリップ・ホップ
ダブなどの要素を盛り込んだ主にUK産のブレイクビーツ・ダウンテンポ。1990年代中ごろ、ポーティスヘッドやマッシヴ・アタックなどのブリストル・サウンド、〈Mo'Wax〉や〈Ninja Tune〉などのインストを中心としたアブストラクト・ヒップホップなど、スモーカーズ・デライトなブレイクビーツ・ミュージックの総称としてメディア主導で名付けられた。

註5 : ブリープ・ハウス
1989年から1991年にかけてイギリスで生まれたダンス・ミュージック。特徴としては、それまでのハウスに無かった重低音のシンセベースと過激な電子音である。代表的なアーティストとしてLFO、Sweet Exorcistなどが挙げられる。

註6 : KLF『Chill Out』
自然音や電子音、ワールド・ミュージック、また過去のポップ・ミュージックなど、ありとあらゆる音の断片をDJカルチャー的なカット&ペースト、サンプリングなどの手法で構成したアンビエント・ハウス~テクノの先駆的な作品。セカンド・サマー・オブ・ラヴのレイヴ・カルチャーの喧噪の中、そのクール・ダウンですらひとつ音楽化してしまったと言える。ご存知の通り、チルアウトという言葉現在ひとり歩き中。>

註7 : レア・グルーヴ
1980年代初頭のロンドンを中心にした、クラブ・カルチャー~ウェアハウス・パーティのなかでの、ダンス・ミュージックとしてのファンクやジャズ、ソウルなどのブラック・ミュージックの再評価のムーヴメント。またはそこでプレイされていたブラック・ミュージックのこと。転じて、ブラック・ミュージック以外でも、過去の音源を現在の音楽シーンの文脈で捉え、掘り起こされた音楽に使うことも最近では多い。

註8 : ルーツ・ダブ
>>こちらの特集ページをご覧ください

>>More Beats + Pieces Vol.1はこちら

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP