こどもたちが歌う坂本慎太郎、坂本慎太郎が歌う野口五郎!——こども合唱団によるカヴァー&昭和歌謡を新録カヴァーなシングル登場!

坂本慎太郎の衝撃のコンセプチャル・アルバム『ナマで踊ろう』リリースから約半年。アルバム楽曲からの新録、そして往年の名曲カヴァーをカップリングした、7インチ・ヴァイナル&配信限定のシングルが登場です!

今回はなんと、『ナマで踊ろう』から陽気なバンジョーとともにとんでもなく”怖い”社会を描いた、あの「あなたもロボットになろう」のセルフ(?)カヴァー的作品、なんですが、なんと歌っているのはこどもたち! 神奈川県は三浦市を拠点に活動するかもめ児童合唱団のこどもたちが歌っております。歌声はかわいいのに、歌詞とともになんだかうっすら怖い! そしてもう1曲は、野口五郎の1978年、レコード大賞金賞受賞の「グッド・ラック」の坂本慎太郎によるカヴァー!

同日にリリースされる限定7インチと配信のみのリリースで、CDでのリリースはありません! ということで7インチを買う予定のない方や買い逃した方、さらには7インチを買ったんだけど手軽に聴きたい! という方はこちらでご購入ください。ちなみにCD音質(16bit/44.1kHz)での配信は、実質OTOTOYの独占となります!

あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団

【配信価格】
ALAC / FLAC / WAV / mp3 : 単曲 250円 / アルバム 500円(各税込)

【Track List】
01. あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団 / 02. グッド・ラック

ディストピア童謡!

コンセプト・アルバム『ナマで踊ろう』、そのなかでもしゃれにならないSFのようなディストピアな風景を、擬似プロパガンダ・ソングとしてポップに歌いあげる「ロボットになろう」。底抜けに陽気なポップ・ソングで、歌詞ではロボトミー管理社会の理想郷を歌う。隙のないポップ・ソングと、そんな社会を肯定する歌詞は、それはどこか不穏でいて怖い。それこそアルバム・ジャケットでも語られているような『ナマで踊ろう』が掲げているコンセプトをある種、わかりやすく象徴する楽曲でもある。

この曲を、こどもの合唱団が歌う……。まさにアルバム・コンセプトをそのままさらにつきつめた、いわばディストピア童謡、ディストピアみんなのうたとでもいいましょうか。ユーモラスな荒唐無稽さで、うすら寒い管理社会やファシズムを卑近な恐怖として画いてしまう、そのイメージは、こどもに歌わせ、坂本慎太郎自身の筆によるアクリル絵具によるアニメMVで補完され、ひとつコンセプト・アートとも言える、そんな完成した世界観にまで到達した感覚すらある。それこそ、星新一やヴォネガットなどが画く、ユーモラスでいて怖い、一級品のディストピアSFのような趣すらある。


坂本慎太郎本人のアクリル絵具アニメによるMV

かもめ児童合唱団とは?

さて、ここで歌っている「かもめ児童合唱団」に関しても、音楽的にもおもしろい存在なので紹介しておこう。かもめ児童合唱団の楽曲はOTOTOYでも配信しているのでぜひとも聴いて欲しいのだが、作品がリリースされているあたりでわかるように、これがただのこども合唱団というわけではないようだ。

この合唱団は、三浦市在住の声楽家、小島晁子(ちょうこ)が1972年に結成した、三浦市の合唱団。公式ホームページによれば、4歳から6年生までの合唱団で、地元三崎出身の作曲家、小村三千三先生の昭和20年代の童謡など地元ゆかりの歌を語り注ぎたいという、小島晁子の思いではじまったのだという。お聴きの通り、いわゆるストイックな”合唱”というよりも、元気いっぱいに歌うこどもたちの無垢な歌声の、そのエネルギーをストレートに伝えるそんな歌声で、実際ひとりひとりがのびのびと個性そのままに歌うことがひとつ、この合唱団のスタイルなのだそうだ。

そんな合唱団だが、やはり三崎の活性化にも関わる音楽プロデューサー、音楽プロデューサー・藤沢宏光が出会い、2008年よりCDなど音源の制作も行っている。彼は、THE BOOMや小野リサ、小椋佳のアルバム制作にも関わっていた音楽業界のまさに中心にいた裏方でもある。彼のプロデュースによって、2010年にはアルバム『焼いた魚の晩ごはん』(配信パッケージは権利の関係で数曲少ない『骨まで食べて、ほめられた。』)をリリースしている。このアルバムには、かもめ合唱団の真骨頂とも言える小村三千三の童謡「まっててね」、地元ゆかりの「城ヶ崎の雨」などとともに、おそらく藤沢の手腕ではないだろうか、矢沢永吉「アイラブユーOK」、スピッツ「田舎の生活」、THE BOOM「故郷になってください」、さらにはブラジル音楽の至宝、ミルトン・ナシメント「トラベシア」(!!!!!)などの楽曲を、そのピュアすぎる歌声で披露。これがまたいいのだ。これまでも2013年春の人気ドラマ「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ系列)の劇中歌「私の世界」、「初恋は片思い」を歌いヒットを飛ばしたのも記憶に新しいのではないでしょうか。

坂本慎太郎が歌う珠玉の筒美京平ワーク

そして2曲目「グッド・ラック」は、なんと野口五郎のカヴァー。この曲は、1978年にリリースされ、第9回日本歌謡大賞放送音楽賞、第20回日本レコード大賞金賞を受賞し、まさに野口五郎のキャリア、その全盛期を象徴する楽曲でもあります。


野口五郎「グッド・ラック」

作詞家に中村雅俊「ふれあい」、矢沢永吉「時間よ止まれ」といった名曲を手がけている山川啓介、そして作曲は筒美京平。筒美京平と野口五郎といえば「甘い生活」や「哀しみの終るとき」、「19:00の街」など多くのヒット曲を量産。そしてもちろん、その他、多くの歌手に楽曲を提供し、まさに昭和歌謡曲やアイドル楽曲を象徴する作曲家というのはご存知の通り。いまでも多くのアーティストやプロデューサーにもリスペクトされ続けておりますな。

今回はなんでも坂本慎太郎のカラオケ(想像ができません)の十八番とのことでカヴァー。フィリー・ソウル的な美しいストリングスの楽曲を、スティール・ギターとオルガンが絡み合う、ギロとコンガによるリズムが印象的なトラックで、坂本慎太郎が歌いあげております。『ナマで踊ろう』とも地続きの、どこか涅槃な臭いが支配する、これがまたサイケデリックAORともいうべきポップスになっております。

PROFILE

坂本慎太郎

1967年 : 9月9日大阪生まれ。
1989年 : ロックバンド、ゆらゆら帝国のボーカル&ギターとして活動を始める。21年間で、3本のカセットテープ、10枚のスタジオ・アルバム、1枚のスタジオ・ミニ・アルバム、2枚のライヴ・アルバム、1枚のリミックス・アルバム、2枚組のベスト・アルバムを発表。
2006年 : アートワーク集「SHINTARO SAKAMOTO ARTWORKS 1994-2006」発表。
2010年 : ゆらゆら帝国解散。解散後、2編のDVDBOXを発表。
2011年 : salyu×salyu「s(o)un(d)beams」に3曲作詞で参加。自身のレーベル、zelonerecordsにてソロ活動をスタート、1stソロ・アルバム『幻とのつきあい方』を発表。
2012年 : 以前から交流のあるYO LA TENGOのジェームズ・マクニューのソロ・プロジェクト”DUMP”の「NYC Tonight」にREMIXで参加。NYのOther MusicとFat Possum Recordsの新レーベル”Other Music Recording Co" から、『幻とのつきあい方』がUSリリース。
2013年 : 1月11日シングル『まともがわからない』(「まほろ駅前番外地」のエンディング曲) と同ドラマ劇中音楽を手掛ける。「攻殻機動隊ARISE」エンディング曲や、冨田ラボのアルバム「Joyous」に作詞で参加。舞台「高校中パニック! 小激突!!」では作曲で参加。
2014年 : Mayer Hawthorneとのスプリット7inch vinylを、4月19日の全米 / 全欧のRecord StoreDay限定でリリース(zelone / Republic)。5月28日に2ndソロ・アルバム『ナマで踊ろう』をリリース。

>>坂本慎太郎 OFFICIAL HP

PROFILE

かもめ合唱団
かもめ児童合唱団は神奈川県三浦市在住の声楽家、小島晁子先生の指導のもと、約40年前に結成され、現在4歳から13歳までの約30名のメンバーで構成されています。地元である三浦半島最南端の港町三崎に所縁のある北原白秋や小村三千三の作品を中心に歌い、三浦市内や近郊でのイベントや老人施設や空き地ライヴと称した自主ライヴを行っています。
2008年よりCD制作を始め、現在までにアルバム「焼いた魚の晩ごはん」など、3枚のオリジナルCD作品が発売されています。
2013年春、ドラマ「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ系列)の劇中歌「私の世界」、「初恋は片思い」を歌い、音楽配信サイトで1位となり大きな話題になりました。
「みんなで歌えば、それが合唱!」というコンセプトのもと、大きな声で伸び伸びと歌う独特の合唱スタイルが魅力で全国に感動の輪が広がっています。
今まで共演したアーティスト : 由紀さおり、杉田二郎、ゆず、レ・フレール、他。

>>かもめ児童 合唱団 OFFICIAL HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
【REVIEW】ポップの旗手としてミツメの飛躍が始まる! ──史上最高のポップ・ソングをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ポップの旗手としての飛躍が始まる! ──ミツメの史上最高のポップ・ソングを、ハイレゾ配信&レヴュー掲載 2016年のアルバム『A LONG DAY』リリース以降、国内12箇所、15公演、中国7都市、台湾、韓国、ロサンゼルスをまわるツアーを行ったミツメが、満を持してシングル「エスパー」をリリースした。ミツメ節と言える、人肌の温かいポップ・エッセンスを還元濃縮した、ミツメ史上最高との呼び声高いポップ・ソング「エスパー」を表題曲にし、初期ミツメを彷彿とさせながらも、ライブで培った圧倒的な演奏力と、進化し続ける川辺のソングライティングが爆発。新たな一面とミツメらしさを兼ね備えたこちらの最新作を、OTOTOYではハイレゾ配信、そして楽曲をよりお楽しみいただくためにレヴューを掲載する。 ミツメ史上最高のポップ・ソングエスパー / ミツメ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【価格】単曲 324円(税込) / まとめ 540円(税込) 【収録曲】''1. エスパー2. 青い月 REVIEW : いまだかつてなく熱っぽいミツメのポップ宣言 こんなにも熱っぽいミツメを聴く時が来たと
[CLOSEUP]・2017年12月20日・《12ヶ月連続配信企画、第10弾》──新たな「はじまり」に胸を打つ、どストレートなウェディング・ソング 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らがこの度、第10弾「はじまり」の配信をスタートした。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、新たな「はじまり」を祝福する第10弾goodtimes / はじまり'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. はじまり REVIEW : 和やかな愛の延長戦にある、どストレートなウエディング・ソング ついに彼らの配信楽曲も10曲目に突入! こちらの配信が毎月の楽しみになっている人も少なくないはずだ。そんな記念すべき第10弾は、新郎から新婦へ送られた手紙にそのままメロディをつけたかのような、どストレートなウェディング・
【REVIEW】ヤナセジロウのソロ・プロジェクトbetcover!!がデビュー作『high school !! ep.』をリリース
[CLOSEUP]・2017年12月20日・恐怖をも感じさせる衝撃的な出会い──betcover!!デビュー作『high school !! ep.』をリリース 今後インディー音楽シーンの一端を担うことになるであろうサウンド・センスを持った表現者、ヤナセジロウ。“betcover!!”は、彼のソロ・プロジェクトとして2016年夏に本格的な活動を開始し、同年にロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・オーディション「RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN」で優勝した、いま最も魅力ある若手アーティストのひとりである。デビュー作となる『high school !! ep.』は関わったクリエイター全員が高校生であるという、まさに現音楽シーンへの若者からの挑戦状となるような1枚。Earth Wind & Fireなどのブラックミュージックをルーツとしつつ、予想を裏切る多様な切り口で聴く者を翻弄する傑作『high school !! ep.』を、レヴューと共にお楽しみください。 若者からの挑戦状! デビューEPを配信中! betcover!! / high school !! ep.'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(1
by ai
何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界
[CLOSEUP]・2017年12月22日・何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界 world's end girlfriendによる6年ぶりのアルバム『LAST WALTZ』、wegの音としか形容のしようのない、圧倒的な世界観を繰り広げていたが、このたび、収録楽曲をさまざまなアーティストがリミックスしたリミックス・アルバム『LAST WALTZ REMIX』をリリース。主宰レーベルのアーティストなど、多彩な顔ぶれのリミキサーたちが、その世界観をさらに拡張している。OTOTOYでは本作品をレヴューとともにハイレゾ配信でお届けしよう。 豪華クリエイター陣によるリミックス・アルバム!!world's end girlfriend / LAST WALTZ REMIX'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 173円(税込) / アルバム価格 1,728円(税込)※AACのみ単曲 162円(税込) / アルバム 1,620円(税込) 【収録曲】01. matryoshka REMIX / Plein Sol
by 阿部 文香
【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
筆者について
同じ筆者による他の記事