DJ MOTIVEによるメロウ&チルアウトなバレアリック・ポップ、deadbundy──ハイレゾ配信

岐阜を拠点に、これまでジャジー・ヒップホップ〜チルアウト・ダウンテンポで多くのヒットを放っているトラックメイカー、DJ MOTIVE。そんな彼のもうひとつの顔というのが、2013年の1stアルバムをリリースさせたバンド、deadbundyだ。DJ MOTIVEを中心に、山口雅弘(Vo,Gt / ex HEPBURN)、木下潤一(Vo,Gt / CHAMPA)の編成で、ライヴにはさらに彼らの仲間のミュージシャンたちもイレギュラーに加わる模様だ。そのサウンドは、DJ MOTIVEの作品にも片鱗を見せているチルアウト〜アンビエントなムードをバンドとして発展させたもので、藤原ヒロシやCalmといったその手のサウンドのマエストロにも評価を受けている。4年ぶりにリリースされた2ndアルバム『whole (of sound)』はさらに拡大した、彼らの表現のスケールを楽しむことができるそんなアルバムとなっている。


deadbundy / whole (of sound)(24bit/48kHz)

【Track List】
01. Doors
02. Lorentz
03. Damage Report
04. Marble
05. Secret About
06. Vector
07. Varial
08. Whole (Of) Sound
09. Echoes
10. Brighten Flower Cans
11. Roswell
12. Meta
13. Collective
13. Brave New World

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC
AAC
単曲 300円(税込) / アルバムまとめ購入 2,000円(税込)

INTERVIEW : DJ MOTIVE from deadbundy

どちらかといえば、アンビエント・テクノ〜エレクトロニカ的なムードがそのアルバムの全体を覆っていた1st。そこから4年の歳月を得て完成したdeadbundyの2ndは『whole (of sound)』は、彼らがバンドとして活動してきたその軌跡が刻印されているアルバムと言っていいだろう。その4年とは、フェスやライヴ・イベントなど、さまざまなオーディエンスが集まる活躍の場を増やした4年でもあったようだ。こうした現場でのフィードバックがサウンドに大きな影響を与えた本作は、1stのチル&メロウなムードから一歩進み、新たにビート感が前面に出ている。さまざまなオーディエンスを音楽へと集中させるためのグルーヴをひとつ彼らは新たな現場での武器として身につけたという感覚だろう。さらに表現の幅を広げ、これまでのチル&メロウな世界観を崩さず、浮遊感溢れるdeadbundy印のバリアリック・ポップを奏でている。

インタヴュー & 文:河村祐介
編集補助 : 阿部文香

はじめは遊びながらやっていたことの延長っていう感じです

──DJ、トラックメイカーとして活動されているのですが、バンドをはじめようと思ったのはなぜですか?

そもそも聴く側としては、バンドから音楽に入ったんです。deadbundyに関しては、バンドをやってみればもうちょっと音楽の幅が広がるかなっていうところがあって始めました。そもそものはじまりは、友だちのバンドを観に行ったりしていて、その友だちとかと「やってみようよ」みたいな。だからはじめは遊びながらやっていたことの延長っていう感じですかね。

''──2013年に1stアルバムを出されているわけですけど、アルバムを出すというもうちょっとちゃんとした活動をするというところにシフトしてきたんだと思うんですが。そのきっかけみたいなものは何かあったりするんですか。例えば、楽曲がいい感じに溜まってきたとか、手ごたえを感じるようになったとか、色々あると思うんですけど。

そうですね。遊びながら作っているうちに、だんだんいい曲が溜まってきたり、このバンドでやりたいことがまとまってきたりして。そのなかで2~3曲、特にいいものができたところで、それを中心にどんどん肉付けしていったら、自然と1stアルバムができていました。

──緩いながらも活動していったら形になっていったという感じですか?

そうです。メンバーそれぞれ違うプロジェクトでも活動していることもあって、案外deadbundyが息抜きになったりするんです。僕の場合はソロを出した後に「deadbundyやろうかな」みたいな周期でやるといい感じで(笑)。

──山口さんと木下さんとは、どういった繋がりで一緒にやるようになったんでしょうか。

山口さんは、フェスで一緒になったりというのがあって。昔から地元では有名なバンドのヴォーカリストだったこともあって、もともと面識はあったんですが、向こうから声をかけてもらったのがきっかけでした。木下くんはもともとCHAMPAっていうジャムバンドをやっていたんですけど、僕、ファンだったんですね。だから「やってくれる?」みたいな感じで声をかけて、いまに至ります。

──DJ MOTIVEさんがある程度作ったものに肉付けするという感じなんですか。

そうですね。ほとんどの曲は僕が最初にトラックを作って、他のメンバーにデータで送りあってという流れで制作しています。あんまり直接会ったりはしないです(笑)。

──スタジオに集まってというよりも、それぞれ重ねていってそれをMOTIVEさんがまとめるという。

そうですね。もう、独裁政権みたいな感じでやってます(笑)。ただ、今回のアルバムに関しては木下・山口発信の曲も入れてみたくて、色々と出てもらったりしました。

──ちなみに、それはどの曲だったりするんですか。

4曲目の「marble」は、木下の曲です。「whole (of sound)」と、「damage report」は、山口さんの曲が原型になってて。いろいろいじくってたら、こんな感じになっていました。

バンドからソロへの影響は、すごくあると思います

──なるほど。バンド・プロジェクトをやるというところで「こういう音を作りたかった」みたいな、ひな型になるアーティストさんやコンセプトみたいなものって、元々あったんですか。

やっぱりそのとき聴いている音楽に一番影響されやすいので、コンセプトはコロコロ変わっちゃいますね。1st『deadbundy』では、アンビエントとか、チルアウトと言われている音の感じというか。ただ、ライヴをするうちにちょっと物足りなくなってきて。ジャムっぽい要素とか、色々入れたくなってきたんです。今回のアルバム・タイトルの"whole(of sound)"って、音全部っていう意味なんです。だから、サウンドコラージュとかやってみたり、四つ打ちだったり、ヒップホップの要素だったり、色々な要素を取り入れていて。コンセプトというとこんな感じかな。

──今回のアルバムに関して、もっと幅を広げるみたいな部分があったんですか。

そうですね。ちょっとはステージ映えする曲も欲しかったし、やっぱりチルアウトとかって限られた人しか聴かないんで。もうちょっと普通の人にも聴いてもらえるような、そんな音楽を目指しました。あとはメンバーが共通して少しWARP系の音が好きだっていうところがあります。いまでいうビビオとかThe XXとか、あとはヨーロッパのインディーズやアメリカのビートシーンみたいな。割と勉強しています。

──たとえばバンドでやってみて気づいたことが、トラックメイキングに応用されている、みたいな。

それはめちゃくちゃありますね。もともと僕、音楽理論とかよくわからずにトラックメイクしていたんです。それがバンドを始めてからは、メンバーに音楽的な理論をちょっとずつ教えてもらうことも多くて。バンドからソロへの影響は、すごくあると思います。ソロでやっていた頃と違って、自分で楽器を弾くようにもなりましたし、歌うようにもなりましたし。

──今作に関していうと、意外とこのdeadbundyって歌が重要なのかなって思っていて。やはり歌モノにするっていうのは、なにか理由があるんでしょうか。

さっきも言ったんですけど、やっぱり前のアルバムへの反省があって。ライヴを重ねるうちに「普通の人に聴きやすいものじゃなかったかな」と思うところもあったんですよ。それで歌モノにしてみました。でもだからと言って、歌詞をちゃんと聴いてほしいわけじゃないんです。何か伝えたいメッセージがあるわけではないので。ちょっと語呂が良いものを、ある種の楽器みたいな感覚で使っているんですね。だから声もサウンドのひとつとして捉えてもらえると嬉しいです。「シンプルに邪魔にならなく存在している音」みたいなイメージ。

──ライヴでの活動というのが、このアルバムには大きい影響を与えているということですかね。

そう思います。ソロでは、あまりライヴはやらなかったので。バンドでライヴをやってみて初めて、「こういうものなのか」って思いました。

──バンドでライヴをやる時って、どういった編成でやっているんですか。

いまのメンバーの3人に、ドラムやキーボードを入れたりしてます。昨日もちょうどライヴがあったんですけど、6人編成でやってました。サポートという名目のメンバーもいて。そうですね、昨日はライヴハウスだったので。会場の大小で減ったり増えたりするんです。フェスで演奏する時も人数が増えます。一方、小さいハコだと3人でやったりしますね。

──ロックバンドと一緒にやることって結構あるんですか。フェスみたいなものとかも含めて、その場合の反応はどうでしょうか?

観客の反応ですか。うーん、可もなく不可もないという感じで。

──その辺もあって、今回はウケるものを作ろうみたいなところがあるんですね。

そうですね。やっぱり楽曲によって、跳ねるときと跳ねない時の差がすごかったんですよ。だから前よりは、オーディエンスのことがわかってきたかな。

──その部分を今回は反映させてみたということなんでしょうね。

そうですね。少しダンス・ミュージックっぽいものも入れてみたりしました。

──deadbundyというプロジェクト名って、どこから来ているんですか。

もともと、弟とふたりでDJチームみたいなものをやろうとしていて。deadbundyはもともとそのチーム名なんですよ。兄弟揃ってシリアルキラー・マニアだったので、テッド・バンディっていう、アメリカのシリアルキラーをもじろうという話になって。あと当時サイケデリックな音が好きだったので、そこにGrateful Deadの"Dead"をくっつけて、こんな形に。

──今の名前の由来からすると、全然違う音になってそうで、すごいですね(笑)。

そうなんですよ。気がついたらこうなっちゃってました、いつの間にか。

ビートルズの『ホワイト・アルバム』みたいなイメージです

──今回のアルバムは、できるだけ広い層に聴いてもらいたいみたいなところがコンセプトとしてあった感じですか。

そうですね。今まではあまりポップ・ミュージックとかを気にしたことがなかったんですけど、最近は「ちょっとだけそういうこともできるのかな」と思うようになってきて。

──なるほど。でも元々のサウンド・コンセプトとしては、チルアウトとかバリアリックっぽいハウスとかが基本にはあって。そこに今作はインディロックとか、ポップ・ミュージックの要素を入れてきているっていうことですよね。

そうですね。今回は特に意識しています。

──『whole (of sound)』というアルバム・タイトルも、そういうところから来ているところがあったりするんですか。

ビートルズの『ホワイト・アルバム』みたいなイメージです。メンバーみんなで聴いていた時に、「こういうちょっとゴッタ煮っぽいものを、今っぽい感じで、一生に一回やってみたいよね」みたいな話になって。

──要はちょっと実験性もありつつ、すごいポップな音楽みたいな。

そうです。

──なるほど。たとえばdeadbundyで、やってみたいことって他にあったりするんですか。1枚目を出して、今こうして2枚目のアルバムを作れたところで、1枚物を作ると逆に目標が定まったりとかあるじゃないですか。挑戦してみたいことってあったりするんですか。

次は、ブラック・ミュージックをやってみたいですね。以前に挑戦もしたんですけど、ただの真似事みたいになってしまって……。ただ、ヴォーカリストの山口さんはブラック・ミュージック的な声じゃないので、だからそこをどう上手く消化して、いい音楽にしていこうかという作業が一番難しいかな。

──皆さんそれぞれで聴いているバックグラウンドは全然違うと思うんですけど、どんな感じなんですか。

木下は元々ジャムバンド出身、で主にブルースかな。たとえば、The Bandとかを聴いてる。山口さんはもう、エモい音楽一択ですね。彼はエモいものしか聴かないんじゃないかな。そのせいか暗いんですよ、性格も(笑)。まあ全員暗いんですけど。僕はもう何でも聴いてます。それこそEDM? 以外なら、何でも。

──なるほど。今回のアルバムはそういう意味では挑戦作だと思うんですけど、割と満足いく挑戦ができたみたいなところはあるんですか。

そうですね、満足のいく挑戦ができたと思います。最初に想定してたイメージとは違いますけど、良いアルバムになったと思います。

──ちなみに最初のイメージはどんな感じのものだったんですか。

もう、オール・ダンス・ミュージックにしようかなと。なので、そういう楽曲がめちゃくちゃ溜まっていて。それはそれで、また違う形で出そうかなと思ってはいるんですが。下手をしたら2枚分くらいストックがあるかもしれないです。

──作っていたら自然と今の音の質感になってきちゃったという感じですか。

そうですね。今の人って、結構1曲単位で聴くと思うんですよ。でも僕は古い人間なので、どうしてもアルバムの構成で考えちゃうんです。いい感じの楽曲が2~3曲できたら「これをどうアルバムにしていこうかな」ってすぐ考えちゃう。

──じゃあ、キーになる曲が何曲か出来た状態から、その間を埋めていくみたいな感じでアルバムが出来上がったと。そうなったら、別にダンス・ミュージックじゃなかったっていう感じですかね。

そうですね。出来上がってから気がついて、「あ、やっちゃったな」って(笑)。いつもそうなんですけど、自分がすごい気に入った曲ができたらそれを軸にアルバムとしての構成を考えていくんです。今回はそれが1曲目「doors」だったんです。曲の持つイメージのままどんどん作っていったら、こんな形のアルバムになりました。あとdeadbundyはSFの要素を少し持たせたいなと思っているので、「Roswel」とか「Brave New World」、「Doors」あたりはSFファンなら反応してくれるかもしれません。特に「Roswel」の歌詞はロズウェル事件を基にしてるんですけどロマンチックで気に入ってます。


RECOMMEND

DJ MOTIVE / MAJESTY

2015年リリース、DJ MOTIVE名義の原点であるビート・ミュージック・ベースのへと回帰した作品。

DJ MOTIVE / GRAVE 2007-2015

ジャジー・ヒップホップでひとつの時代を切り開いた、その活動の中から歌モノを中心に集めたベスト。

Bibio / A Mineral Love

インタヴューでも言及されていたチルアウト・ダウンテンポ、2016年の金字塔的アルバム。

V.A. / Postcards From Phantom Island

本作にも通じるバリアリック・ムードのチルアウト・ダウンテンポの名コンピ。

PROFILE

deadbundy profile
2011年ごろトラックメイカーのDJ MOTIVEを中心に結成。2013年1stアルバム「deadbundy」、7inch レコード「SUNRISE」発売後、各地のフェスに出演。ライブハウス、クラブ、野外ステージなど場所や雰囲気を問わないライブを展開している。メンバー全員が作詞・作曲・歌唱するスタイル。アンビエント~チルアウトを主軸に、ロック、ジャズ、テクノ、エレクトロニカ、サイケ、プログレ、フォーク、サウンドコラージュなどとにかくジャンルレスで多彩な音楽を追求している。CALM(music conception)、藤原ヒロシ氏など、有識者によるフォロワー多数。2nd ALBUM「WHOLE OF SOUND」2017年7月発売。

>>deadbundy アーティスト・ページ

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
筆者について
同じ筆者による他の記事