ゆるふわ乙女系ラップを粉砕する──Moe and ghosts × 空間現代コラボ作ハイレゾ独占配信

2012年に発売された異形のフィメール・ラップ・アルバムとして話題となった1st『幽霊たち』から、約4年振りの作品リリースとなる"Moe and ghosts"と、昨年はオヴァルやマーク・フェル、ZS、OMSBら国やジャンルを越えたリミキサーが参加したリミックス・アルバム『空間現代REMIXES』をリリースし、日本最大級の国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」に出演するなど各方面で注目を集める"空間現代"のコラボ・アルバムがリリース。互いの音楽を研究し尽くし、寄り添いながら昇華する、刺激に満ちた今作をOTOTOYではハイレゾ独占配信する。

音作りに関して、空間現代の録音には、にせんねんもんだい等を手がける野口太郎(なお、ラップ録音はMoe and ghostsユージーン・カイム)、ミックス・マスタリングに砂原良徳やiLL等を手がける益子樹が携わった。この作品の先にはZAZEN BOYSと対バンする渋谷WWWでのリリース・パーティーも待っている。音楽的快楽に手招く彼らの作品を、いますぐ聴いてみてほしい。

Moe and ghosts × 空間現代 / RAP PHENOMENON

【Track List】
01. DAREKA
02. 不通
03. 幽霊EXPO
04. TUUKA
05. 新々世紀レディ
06. 可笑しい
07. 少し違う
08. TASYATASYA
09. 同期
10. DOUKI
11. 数字
12. ITAI

【配信形態】
[左]24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
[右]16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3

【価格】
[左]単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)
[右]単曲 200円(税込) / アルバム 1,800円(税込)


Moe and ghosts × 空間現代『RAP PHENOMENON』trailer


彼らのコラボ・ユニットの名前を聞いたのは、たしか1ヶ月ほど前、どこかのイベントで話した〈BLACK SMOKER〉のJUBEの口からだった。根元敬からマヒトゥ・ザ・ピーポーまでリリースする彼の口から出た「おもしろい連中がいる」というような話であった(〈BLACK SMOKER〉が仕切る「コンタクト」での4月29日のイベントにも出演するようだ)。そして手にした本作は、彼らが反応するのも納得の刺激に満ちたコラボと言えるだろう。

フィメール・ラッパー、Moeとトラックメイカー、ユージーン・カイムによるヒップホップ・ユニット、Moe and ghostsと、オルタナ・ロックの荒野をひたすらミニマル&変拍子で突き進むバンド、空間現代によるコラボ・ユニット。Moe and ghostsによる1st『幽霊たち』からは4年ぶり、空間現代にしてもオリジナルは2012年の2nd『空間現代2』からであれば同様、目下の最新作となる2014年のライヴ・アルバム『LIVE』からも2年ぶりとなる作品だ。2015年に開催された〈HEADZ〉の20周年イベントにて、その全貌は初披露された。

Moe and ghosts

本作のコラボは大きく分けて2つのスタイル、さらに細かく言えば4つの作品スタイルに分けられる。冒頭の「DAREKA」のようにユージーン・カイムが空間現代の音源を使いリプロデュースをした楽曲たち(「TUUKA」「TASYATASYA」「DOUKI」「ITAI」)がひとつ。そしてMoe and ghostsと共に空間現代が演奏している楽曲たちだ。後者をさらに分けると、もともとMoe and ghostsのレパートリーにあった楽曲を空間現代とともにリモデルした「幽霊EXPO」「新々世紀レディ」、その逆で空間現代の楽曲にMoe and ghostsがラップを乗せた「不通」「少し違う」「同期」「数字」といった楽曲。さらにはお互いの作曲方法などに影響を受けた全く新しい楽曲「可笑しい」の3つのスタイルに分けられる。

レーベルから提供されたMoeによる制作メモによれば「原則は、空間現代は、空間現代のままでいること。自分たちの楽曲を寸分違わず演奏する。Moe and ghostsは空間現代の楽曲を完全に理解したうえで、どう自分たちなりにアプローチするか。これがプロジェクトの肝」とある。

そのサウンド、特に空間現代の演奏によるリズムたちは、ラップの言葉のグルーヴと対話するように力強くスウィングするように聴こえるのだが、これがどちらかと言えばMoe and ghostsからの歩みよりであるとすれば凄まじいコラボだ。

空間現代

例えば既発の空間現代の楽曲にMoe and ghostsがラップを乗せた、「数字」あたりを聴くとおもしろい。むしろ空間現代の演奏が一歩一歩とラップの表現の側へと踏み込んだようなサウンドになっているように聴こえるのだ。言葉が司るイメージ、そして感情をさらにドライヴさせているのはスネアとハットの鋭い連打、ギターのカッティングといったバンド・サウンドたち。それは単なるバックバンド=伴奏というよりも、言葉を中心にした楽器表現といった方がいいような瞬間すらも現れる。連打される言葉を、まるで補完するかのようなイメージを空間現代の演奏が表現する。あるときはリズムが言葉の快楽のしもべとなる瞬間。そんなとき、はっとするほど鮮明な色がサウンドを包む。もちろんそれを色付けるのは言葉である。難解なリズム運びは言葉の快楽が補完する。しかもこれがMoe and ghostsによる空間現代楽曲の理解から生まれたのであればものすごいコラボと言えるだろう。

また山内マリコの「ここは退屈迎えに来て」のテキストを題材にした「可笑しい」。ある種グロテクスなサブカルチャーの選民的思想と、その感覚が通じない郊外の現実、そしてその間の苦悩をユーモラスに描くロードサイド・ストーリーなのだが、抑揚を抑えたMoeのポエトリー・リーディングなフロウと寄り添うミニマルな演奏が逸脱することで、景色を、感情を表現する。

前述のメモがすべての楽曲に適応されているのであれば、むしろ驚くのは「幽霊EXPO」のようなMoe and ghostsの既発曲をリメイクした演奏たちだ。やはりそこには、言葉を補完するかのような演奏がしっかりと楽曲を構成しているように聴こえるからだ。こうしたサウンドと言葉による二重らせんのダンスが、どこまでも音楽的な快楽を伴いながら登りつめていく。

またこうしたある種のカタルシスに満ちた空間現代の演奏によるトラックたちとは逆に、ユージーン・カイムによってリワークされたトラックたちは、ずたずたに解体されたリズムのグルーヴが持つ正調のおもしろさをすっと思い出させる。二重らせんの物語はアルバムの最後までさまざまな起伏を持ちながら続いていくのだ。また打ち込みトラックと生々しい演奏をアルバム1枚へとまとめ上げた益子樹のミックス・マスタリングもまた聴きどころのひとつだったりする。

雰囲気だけのゆるふわ乙女系ラップを粉砕する音楽的快楽にニヤリとする、そんな作品だ。

文 : 河村祐介

LIVE INFORMATION

"RAP PHENOMENON" release live
2016年5月30日(月)@渋谷WWW
出演 : Moe and ghosts × 空間現代 / ZAZEN BOYS
開場 : 18:30 / 開演 : 19:30
前売 : 3,000円(ドリンク代別)

過去配信作

Moe and ghosts

特集
>>噂のヒップホップ・ユニット。幽霊たちが、ついにベールを脱ぐ──Moe and ghosts メール・インタヴュー


空間現代

PROFILE

Moe and ghosts

ラップ担当の萌とトラック担当のユージーン・カイムによるゴーストコースト(彼岸)ヒップホップ。 2011年に本格的にラップ・トラック制作をはじめる。 2012年8月、初リリースにしてフル・アルバム『幽霊たち』発売。

>>Moe and ghosts Official HP


空間現代

野口順哉(Gt, Vo) / 古谷野慶輔(Ba) / 山田英晶(Dr)

2006年、現行メンバー3人によって結成。編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲を、スリーピース・パンドの形態で演奏。これによるねじれ、 負荷が齎すユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。近年では演奏における一つの試みとして、並走する複数のグルーヴ/曲を行き来しながらも、ライヴに流れる時間全体が一つのリズムとして立ち現れてくる様なライヴ形態の構築と実践に取り組んでいる。

東京でのライヴを活動の中心としながらもECD / 飴屋法水 / 大橋可也&ダンサーズなど先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えたコラボレーションも積極的に行っている。現在は京都において 断続的に公演される演劇作品、劇団「地点」によるブレヒト戯曲作品『ファッツァー』の音楽を担当。

>>空間現代 Official HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
[CLOSEUP]・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
【REVIEW】「絶望」と対峙する人間――映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月27日・「絶望」と対峙する人間──映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー! 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』である。本作で描かれるのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。そしてそんな『GODZILLA 怪獣惑星』の世界へとさらに私達を引き込むのが、劇中で流れるサウンド・トラックたち。音楽を担当したのは「HERO」「真田丸」「半沢直樹」など大ヒットドラマの音楽を手掛け、さらに『ゴジラvsスペースゴジラ』、『ゴジラ2000 ミレニアム』の映画音楽も担当した、服部隆之。そして、主題歌には稀代の才能を持つ新人女性ヴォーカル、XAIが異例の大抜擢。プロデュースは世界的人気を誇る、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が担当しており、彼女の神秘的な歌声が救いの手となるような美しい『WHITE OUT』
by ai
セーラームーンの音楽の世界をオーケストラ・サウンドで再現!クラシック・コンサート・アルバム・リリース!
[FEATURE]・2017年12月11日・祝セーラームーン25周年! 史上初となったクラシック・コンサートの模様を収録したアルバムをハイレゾ配信! 2017年で『美少女戦士セーラームーン』は誕生から25周年! 周年を祝うプロジェクトの1つとして今年8月2、3日に東京芸術劇場にて開催された、史上初の『美少女戦士セーラームーン』クラシック・コンサートの模様がこの度ハイレゾ音源化! 作品を彩り、時を越えて今もなお愛され続けている名曲たちが珠玉のオーケストラ・サウンドであなたの耳でも甦ります! OTOTOYでは当日のコンサートにも出向き、その日の興奮を実際に体感したライターによるレヴューを掲載。是非とも良い音で迫力のサウンドに触れてみてください! セーラームーンの名曲たちを極上のオーケストラ・サウンドで美少女戦士セーラームーン 25周年記念Classic Concert ALBUM'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 432円(税込) / アルバム 4,200円(税込)【収録曲】01. アバンタイトルBGM オープニングナレーション02. ムーンライト伝説03. 愛の戦士04
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平