エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾を、HQDクオリティで先行配信!!

2000年のレーベル発足から快進撃を続けるPROGRESSIVE FOrMの40番目のカタログは、2010年以来4年振りとなるPROGRESSIVE FOrMの記念碑的コンピレーション・アルバム『Forma 4.14』。いつも時代の最先端を提示してきたシリーズの第4弾は、10年以上に渡りシーンを牽引しているベテラン、AOKI takamasa、no.9、Inner Scienceと、近年その評価が大きく増しているSeiho、Kan Sano、Kyoka、Fugenn & The White Elephants、Yosi Horikawa、LASTorder、34423、moshimossといった若手アーティスト達が参加しています。OTOTOYでは、24bit / 48kHzの高音質WAV音源での配信。正月モードのあたまのなかを、フレッシュな電子サウンドで心地よく耳を刺激し、活性化してみてはいかがだろうか?

V.A / Forma. 4.14

【配信価格】
アルバム購入 WAV(24bit / 48kHz) : 1,800円 / mp3 : 1,500円
単曲購入 WAV(24bit / 48kHz) : 200円 / mp3 : 150円

【Track List】
1. Cepelinai (Yosi Horikawa)
2. Beat a beat, Dream a dream. (Nyolfen)
3. RV2/2 (AOKI Takamasa)
4. ざくろと銀行員 (Seiho)
5. rythme du rhizome (Shohei Amimori)
6. Turn (Kyoka)
7. Japonica Innocence (Kan Sano)
8. Chrysanthemum (no.9)
9. Lacquer (Shotaro Hirata)
10. Melt Inclusion (INNER SCIENCE)
11. Valse (Notuv)
12. Alspacka (Fugenn & The White Elephants)
13. Lilith (LASTorder)
14. Curiosity (34423)
15. Step In The Lights (moshimoss)

2014年という今のシーンの最新部を反映した作品集

2000年代初頭のエレクトロニカ・ムーヴメントに端を発するレーベル〈PROGRESSIVEFOrM〉。2001年の設立から、すでに14年の月日が経過しようとしているが、40番目のカタログとして、コンピ・シリーズ『Forma』の第4弾が、ここにリリースされた。当初はいわゆるレーベル・コンピとしてはじまったシリーズだが、年々、その役割を変えている。さらに多様となった15アーティストが参加、いわゆるレーベルのスタート当初からの“エレクトロニカ・レーベル”というイメージを打破するような、そんな多様なアーティストたちだ。そのメンツには、最も古参のAOKI takamasaにはじまり、ベース・ミュージック系の新世代、Seiho、〈raster-noton〉からもリリースするKyokaといった、さきほどファーストをリリースした松浦俊夫 presents HEXやCharaの作品などにも参加しているSan Kano、幅広いアーティストがそろっている。

上段左から : AOKI Takamasa、Fugenn & The White Elephants、no.9、INNER SCIENCE、 下段左から : Seiho、Kyoka、Kan Sano

上記アーティストや、インナー・サイエンスやno.9などの、すでにベテランとも言えるアーティストたちの音源はもちろんだが、こうしたコンピの注目をポイントをひとつあげるとすれば、やはりその間でも輝く音源を示している、新たな世代の作品たちだろう。レッドブル・ミュージック・アカデミーにも選出されたYosi Horikawaの壮大なビーツ、電子音がカラフルに明滅するLASTorder、メランコリックなグリッジ・サウンドを聴かせる、34423。さらにはアコースティックな響きのチルアウト・トラックを聴かせているmoshimossあたりは、やはりそうしたアーティストと言えるだろう。こうしたアーティストたちがベテランとともに混在している感覚がやはりコンピとしてのおもしろさだ。また、それぞれのアーティストのバックグラウンドを考えると、さらにその先にネットワークがひろがっていく様が見れる。老舗だからこそできる、さまざまなネットワークをつなぎとめる“ハブ”としてのレーベルの存在感をしめしている。同時に、まさに2010年代中期に入った2014年という今のシーンの最新部を反映した作品集として、ぜひ体感して欲しい。(text by 河村祐介)

RECOMMEND

Pawn/Hideki Umezawa / Portrait Re:Sketch

国内外で作品を発表し続けている電子音楽家、梅沢英樹のプロジェクト、Pawn。PROGRESSIVE FOrMからリリースされた、6枚目のアルバム。本作は前作『Tone Sketch』の素材をベースに再構築した作品となっている。Dumb Type高谷史郎のプロジェクト・メンバーとして活動する原摩利彦や、2013年度の日本音楽コンクール1位を獲得した網守将平、lycoriscoris、Seiji Takahashiといった電子音楽家や、ヴォーカリストとしてCokiyu、Moskitoo、fraqsea(Shelling)、柳本奈都子(rimacona)という注目の女性アーティスト。海外からはIan Hawgood、K-conjogが参加しており、さらに世界的に活躍するVegpher、Avec Avec、Quarta 330、Simon Scottもリミキサーとして参加している。

>>>特集ページはこちら

Vegpher / PLUS (HQD VER.)

本作にも参加しているVegpher。ファースト・アルバム『Play』におけるダブステップや、テクノ / ハウス、ミニマル・ダブといったテイストを継承し、静と動、無機と有機という背反するコンテキストをまとめあげた世界観が、このアルバムでは雄弁に表現されている。まさに、ベッドルームとダンスフロアを繋ぐ、新たなアイデンティティーを高らかに宣言した作品。

>>>インタヴュー記事はこちら

Fugenn & The White Elephants / B A BEACON (HQD ver.)

通算4枚目のアルバム。流麗でありながらもスリリング、叙情的でありながらもドープ、Fugenn & The White Elephantsの世界観が全面に押し出された無限に広がるサウンドからなる本作のテーマは<光>。持ち味である疾走感溢れる流れるようなメランコリックなビートから、心地よいサウンド・スケープが広がるダウンビート・トラックまで、細部に渡り揺るぎのないプロダクションはワン & オンリーと言える。

>>>インタヴュー記事はこちら

PROFILE

PROGRESSIVE FOrM

2001年、青木孝允と高木正勝による伝説のユニットSILICOMのデビュー作『SILICOM』をリリース、以後半野喜弘やAmetsubらエレクトロニック・ミュージックを中心に良質な作品を送り出してきたレーベル。

>>>PROGRESSIVE FOrM

 
 

レヴュー

【REVIEW】高音質で響く、胸を刺す冬馬かずさの歌声
・2018年05月23日・高音質で響く、胸を刺す冬馬かずさの歌声 ──『WHITE ALBUM2』サントラ高音質配信開始 PlayStation®︎3・PSVita®️ などにて発売中、いまなお根強い人気を持つゲームソフト『WHITE ALBUM2』。本作のヒロインのひとり、「冬馬かずさ」(CV : 生天目仁美)のヴォーカル曲を集めたスペシャル盤、『WHITE ALBUM2 Original Soundtrack ~kazusa~』のハイレゾ・DSD配信がスタートしました! 配信開始に合わせ、OTOTOYでは本作のレヴューを公開! 冬はもう少し先ですが、『WHITE ALBUM2』の名曲たちと彼女の歌声の魅力をぜひ高音質で再確認しましょう。 また、本作品のもうひとりのヒロインである小木曽雪菜(CV : 米澤円)によるヴォーカル・アルバム『WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK ~setsuna~』も、OTOTOYにてハイレゾ配信中。この機会にあわせてぜひチェックして下さい! 冬馬かずさ / WHITE ALBUM2 Original Soundtrack ~kazusa~ 【配信形態】(右)DSD
by 伊達 恭平
【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着
[REVIEW]・2018年05月09日・【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着 4月からスタートしたTVアニメ「ルパン三世 PART5」。そのアニメにかかせないサントラも、最新バージョンかつハイレゾで到着。OPテーマ、EDテーマやヴォーカル曲もふんだんに入った、ジャケットのイラストが最高にキュートな『ルパン三世 PART V オリジナル・サウンドトラック 〜 SI BON ! SI BON !』、キャラクターの癖や気持ちまでも表現されたような、ボリューミーな『ルパン三世 PART5 オリジナル・サウンドトラック「THE OTHER SIDE OF LUPIN THE THIRD PART V~FRENCH」』の2タイトルで、最新のルパン・ワールドを堪能せよ! 新エンディングテーマを含む、華やかな珠玉の15曲ルパン三世 PART V オリジナル・サウンドトラック 〜 SI BON ! SI BON !'【Track List】01. LUPIN TROIS 2018 02. シボン!シボン! feat. 沢城みゆき03. LOVE IN SÃO PAULO 201804. LUPINTIC
by 岡本 貴之
“Lo-Fiドリームポップ・アイドル”SAKA-SAMA、渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した初のワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信!
[PICKUP]・2018年04月27日・SAKA-SAMA、渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した初のワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信! Lo-Fiドリームポップ・アイドル、SAKA-SAMAが2018年3月17日に渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した、初のワンマン・ライヴ〈イッツア SAKA-SAMAワールド〉の模様がOTOTOY独占、ハイレゾにて音源化! 1部と2部に分かれたこの日のライヴでは、彼女たちの楽曲はもちろん、アコーディオンを伴奏にしたアカペラ、皮茶パパ、毛並みんのゲスト参加、そして新曲披露など盛りだくさんの内容に。大入りのお客さんと彼女たちのパフォーマンスから生まれる臨場感をぜひハイレゾでお楽しみください! また、この日に新たな名義“Pinokko”で活動を始めた、里咲りさのプロデュースによるシングルと2ndワンマン・ライヴを渋谷のWWWで開催することを発表。今後の彼女たちの動きも見逃せませんよ! 初のワンマンをハイレゾにて独占配信!SAKA-SAMA / ライブ・フロム・SAKA-SAMAワールド'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入のみ
声優・楠田亜衣奈、アニメ主題歌の1stシングルをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2018年04月26日・【REVIEW】声優・楠田亜衣奈、ハッピーでポジティヴ全開な1stシングルをハイレゾ配信 これまで3枚のアルバムをリリースしている声優の楠田亜衣奈が、初のシングル『ハッピーシンキング!』をリリース。現在出演中のアニメ「レディスポ」主題歌にもなっている。シングルのタイトルをでも、聴いたらなおさらに「幸せな気分」になれること間違いなし! ハイレゾで楽しみながら、レヴューでくっすんワールドを堪能しましょう。 1stシングルをハイレゾ配信!楠田亜衣奈 / ハッピーシンキング!(24bit/48kHz)【配信形態】24bit / 48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) / アルバム 3,500円(税込)【収録曲】1. ハッピーシンキング! / 2. 会いたいよでも言えないの / 3. やさしいヒカリ / 4. ハッピーシンキング! -off vocal ver.- / 5. 会いたいよでも言えないの -off vocal ver.- / 6. やさしいヒカリ -off vocal ver.- ※ファイル形式について REVIEW : スケールもハンパなく、とにかく
by 前 田
【REVIEW】『君だけの旅路 Re:boot』&『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』
・2018年04月25日・ 再始動と共に進化した楽曲達──Suara『君だけの旅路 Re:boot』、AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』ハイレゾ、DSD配信開始 2018年4月26日に『AQUAPLUS』より発売される、PlayStation®4、PS Vita用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』。その主題歌を収録したSuara『君だけの旅路 Re:boot』と同作品内の楽曲を中心にセレクトされたピアノ・アレンジ・アルバム、AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』のハイレゾ、DSD配信がスタートしました! オリジナル版の発表から12年の時を経て生まれ変わった主題歌と、美しくアレンジされた楽曲群は『うたわれるもの』ファンもそれ以外のかたも必聴です! (Text by 伊達恭平) Suara / 君だけの旅路 Re:boot 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲324 円(税込) / アルバム 1200円(税込)1. 君だけの旅路 Re:boot2. キ
by 伊達 恭平
変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''