夏の夕暮れどきを彩る、郷愁のバレアリック・チューン――Language、ニュー・シングルをハイレゾ独占先行配信

真夏の真昼の狂おしいまでの喧噪、そしてその熱狂をどこか懐かしむような夕暮れ時のメランコリックなチルアウト。ふたつの時、それぞれを楽しむ、それぞれの音楽というものがある。そう、夏には、ふたつの音楽の楽しみがある。Languageの新作『Nagi』は、まさしく今夏、後者のフィーリングにすばらしく機能すること、それは間違いないだろう。美しきチルアウトなメランコリック・ポップとでも言おうか、まさに夏の夕暮れときを彩る、サウダージな作品だ。

3ヶ月連続の通称”RGBシリーズ“シングルに続いて、矢継ぎ早にリリースを続けるLanguage。まさにリリース・ラッシュな彼らだが、ここにきて、早くもシングル『Nagi』をリリースする。メランコリックな空気感が広がっていく、郷愁のバレアリック・ポストロック・チューン。OTOTOYでは、本作のハイレゾ・ヴァージョンを独占先行配信。今夏必携のサウンドは、いまここでしか買えない。

Language / Nagi(24bit/48kHz)

【配信フォーマット / 価格】
wav / alac / flac : 単曲240円 まとめ購入499円

【Track List】
01. Nagi
02. Free

INTERVIEW : Language

テクノやハウスといったエレクトロニック・ミュージックの要素と、ポストロック的なバンド・サウンドを結び合わせた、ある種の上質なポップ・ミュージックを生み出しているユニット、Language。ローファイ的な電子音とバンド・サウンドの、バレアリック・ムードを押し進めた昨年のアルバム『magure』に続いて、今夏、前述のように3枚の「エレクトロ・ポップ」をフィーチャーしたコンセプチャルなシングル・シリーズ“RGB”をリリースしたばかりだが、早くもニュー・シングル『Nagi』をリリースする。

本作「Nagi」は、“RGB”よりも『magure』の路線を継承したもので、ポストロック的なバンド・サウンドの要素が強いものだ。そして特筆すべきは、珍しくそのヴォーカルをYosuke Kakegawaが務めている。伸びやかな、KAORIのヴァーカルと違ったその抑制の効いた歌声は、メランコリックな楽曲とともにサウダージな質感を増している。その空気感は、”喧噪の夏”が一歩退く、夕暮れ時が似合う、そんな感覚のものだ。

さて、本作、そしてここ最近のリリース・ラッシュに関して、メンバーたち――国内外でDJ、プロデューサー、シンガーなどで、それぞれ活躍している、DJ SynthesizerことYosuke KakegawaとNaoyuki Honzawa、KAORIに話を訊いた。

インタビュー&文 : 河村祐介

左から、Yosuke Kakegawa、KAORI、Naoyuki Honzawa

——Languageは、昨年のアルバム『magure』以降約1年ほどで、リミックス盤、そしてRGB3部作シリーズと本作、じつはすごいリリース・ラッシュというイメージがあるんですが。

Yosuke Kakegawa(以下、Kakegawa) : それはたぶん(制作とリリースの)“時差”が関係してるんだと思います。というのも、実際には2年ぐらい前から、Language自体、多作なサイクルになっている気がするんですが、去年出たアルバム『magure』が全曲映像付きだったことで、曲を作ってからリリースするまでに1年近くの時間を使ったんです。そういったところで『magure』をリリースするころにはすでに次に発表したい作品のイメージができあがっていました。その後のリリースは今のところ全作デジタルのみなので、比較的速いペースで出すことができた、というかんじです。

——デジタルでシングルを連続してリリースするおもしろさに目覚めたとかはありますか?

Naoyuki Honzawa(以下、Honzawa) : そうですね。アルバムだとどうしても作品の全体像を意識したり、曲想の配分を考えたりしますけど、シングルはその点シンプルで自由度が高いので。しかもデジタル・リリースだと、曲が完成したらたいして時間を置かずに発表できるのが魅力です。「こんな曲作ったんですけどどうですか?」みたいな感じで。

——では、そろそろ本題の『Nagi』について。本作『Nagi』の曲はどちらかと言うと、ランゲージのポストロック・サイドが大きく表に出ている作品の気がしますがいかがでしょうか?

Honzawa : そう思います。ドラムもライヴ・メンバーの小林くんに声をかけて生を録音しました。

——わりとパワフルでエネルギッシュだった『magure』に比べて、夏の終わりというか郷愁がすごいですよね? これはなにかあったんですか?

Kakegawa : なにもないです (笑)。でも、作ったのわりと最近だし、たしかに夏は反映されてます。ただ、イケイケの夏よりもメランコリックな“夏”や“悲しき熱帯”のほうに惹かれる性分なんだと思います。前回やそれ以前のいくつかの曲にもその傾向はありますね。

——「Nagi」というのは具体的にどんなイメージがあって作ったのでしょうか?

Kakegawa : 無風状態の凪のことです。時間が止まってしまったようなスタティックな風景、という視覚的なイメージが以前から頭の中にあって。この曲の歌詞を書いてるときに、ふと、数年前に知った杉本博司さんの「海景」という写真のシリーズを思い出したんです。世界中のいろいろな場所の海と空を写したその一連の作品は、被写体が海と空だけなので、どこそこの風景っていう場所性が無意味になっていて、しかも海と空という何十億年も前からあり続けた風景が今もまだ眼前にあるっていう時間感覚の無風状態が写ってる。その写真を観たときにぐっときた体験がよみがえり……みたいないきさつになります、大まじめに言うと (笑)。

——この曲のヴォーカルってKAORIさん? ではないですよね……。

KAORI : ギターの人(Kakegawa)です (笑)。当初はわたしが歌う予定だったんですが、いろいろ試した結果、こうなりました。デモの段階で入ってた彼の仮ボーカルが、わたしも含めて、みんなのイメージに近かったので。

——「Free」に関しては、どんなテーマの曲なのでしょうか?

Honzawa : 曲に関しては、フル・ヴォーカルのいわゆる歌ものではなくて、余白の多い、ゆったりとしたタイム感とKAORIちゃんのミニマムで伸びやかな歌の取り合わせを生かしたいという。

KAORI : 歌詞は、単調でストイックなイメージの曲調に対してメロウなものを載せたいと思いました。夏の世界に浮かされた様な雰囲気が出せたらいいなと思って書いたんですが、結果的にはLanguageではあまりやらないラヴ・ソング的な内容になりました。

——ジャケットのイメージに関して、コンセプトがあればお教えください。

KAORI : 味わい深い風景画を描くイラストレーター、出雲あす香さん(メガナイ)にタイトルを告げて、海と空の絵を描いてくださいってお願いしました。想像以上に凪いでて、いいかんじだと思います。

今作『Nagi』のジャケット

——RGBのシングル・シリーズに関しても良い機会なので質問させて下さい。ああしたエレクトロ・ポップ的なアプローチにしようと思ったのはなぜですか?

Honzawa : ギター・サウンドやインディー・ロック的なトーンが前景に出た『magure』の反動っていう面もあると思いますけど、去年の後半ぐらいからアナログ・シンセやリズムマシンの音色が、何度目かのブームになってたんです、メンバー内で。それで、次はひさしぶりにシンセ中心でいこうということになりました。ただ、今回はあくまで“バンド”としてのシンセ・サウンドというテーマを設定したんです。それが“テクノ”や“エレクトロニカ”ではなくて、“エレクトロ・ポップ”や“シンセ・ポップ”が出来上がっていった理由だと思います。そのへんの感覚は新鮮でした。

——RGBと3枚のリリース・シリーズにしたのはなぜでしょうか?

Languageが今年4月〜6月の3ヶ月に渡ってRed, Green, Blueの3タイトルをリリースした、RGB3部作













〈エレクトロ・ポップなシングル3部作〉
ここ最近のテクノ・ハウス・シーンでの、ロウ・ハウス・ブームやインダストリアルやクラウト・ロック・リヴァイヴァルとも共通の感覚がありそうな、Languageの”電子音楽”3部作。クラフトワーキッシュなエレクトロ「Red」、ニューウェイヴ的な質感も取り入れた「Green」、さらにはシューゲイズ・エレクトロ・ポップとも言えそうな「Blue」の3作。

Kakegawa : まず、シンセをフィーチャーした曲をいくつか発表したい、ということで5~6曲ぐらいがちょうどよかろうと。そうすると、ヴォリューム的にはミニ・アルバムでもよかったわけですけど、一時期にまとめて全曲をつくるより、2曲入りのシングルを少し間隔をあけながらつくって3作出す。シリーズ的なやり方の方がおもしろいと思ったんです。冒頭で触れた「時差」の話にもつながりますけど、その方がリアルタイム感ありますから。

——やはりRGBの3枚で電子音楽を追求したから、今回ロック的なアプローチになったのでしょうか?

Kakegawa : そうですね、反動の反動かもしれません (笑)。シンセ中心の曲、6曲やったんで気がすんだのはたしかです。

——『magure』の次作にあたるアルバムの予定はメンバー間でなんとなく話したりとかはしてますか?

Kakegawa : いえ、予定はまだなにも。このところ、ちょっと突っ走ってた感があるんで、少し休みたいです (笑)。もし次にアルバムを制作するとしたら、バンド風にセッションで曲つくってみたらどうなるんだろう? みたいな漠然とした興味はあります。時間がたつと、またコロッと気が変わってしまうかも知れないけど (笑)。

Languageの過去作はこちら

PROFILE

Language

KAORI : Vocal
Yosuke Kakegawa : Guitar / Computer
Naoyuki Honzawa : Bass / Computer

2009年8月上旬、アルバム『Slower Than Summer』を発表。その自由で解放的な音楽性が話題となり、DJ、イベントオーガナイザー、アーティストなどの音楽関係者たちから積極的な支持を得る。同月下旬、WIRE09に出演。色彩豊かなサウンド・スケープと高揚感あふれるライヴ・パフォーマンスでオーディエンスを沸かせた。その後もコンスタントにライヴ活動を続け、江ノ島”TheLive”、葉山”Café de ROPE La mer”、逗子「音霊2010」、DOMMUNE、京都Blue Eyesをはじめとした多様なクラブ / ライヴ・イベントに出演してきた。2011年3月、2作目のアルバム『Northern Lights』をリリースし、ジャンルにとらわれない奔放な音楽性をさらに印象付ける。エレクトロニック、ポストロック、グローファイの要素が溶け合う現在のランゲージ・サウンドは、かつてのバレアリックの流儀のような、音楽に対する彼らの開かれた姿勢を反映している。

>>Language OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
筆者について
同じ筆者による他の記事