本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

インドネシアはバリの民族音楽、ガムラン。今回はそんなガムランのハイレゾ音源をご紹介。

なぜOTOTOYでガムランを紹介するのかって? このハイレゾ音源、ワールド・ミュージック・ファンはもちろんのこと、ミニマル・ミュージックなどの現代音楽、テクノやエレクトロニカ、それこそタイヨンダイ・ブラクストン『Hive 1』のようなアヴァン・エレクトロニクス・ファンまでを虜にする音楽的なおもしろさ、そしてやばさがあると確信しているからです!

今回こちらで紹介するのは、現存する古典ガムランの最高峰楽団とも言えるティルタ・サリの現地録音音源。演目はレゴン舞踊と呼ばれるバリの伝統舞踏のなかで「レゴン・ラッサム」と呼ばれるものだ。本演目は「長すぎる」という理由でなかなか現地でも完全版が演奏されることがないのだが、今回は世界初となる完全版の配信。しかもハイレゾ版24bit/96kHzでのレコーディング。ハイレゾ版ならではの倍音や立体感はいわずもな。もはや「体験」と呼ぶにふさわしい作品となっています。

さて本作を紹介するのにあたって2人の水先案内人の文章をここに。ワールド・ミュージックの造詣も深いDJのShhhhhから、OTOTOYで行ったハイレゾ試聴を経ての推薦コメント、そして本作のレコーディングを敢行した、〈ジュクン・ミュージック〉の小谷野哲郎による紹介文を現地の録音風景とともにお送りしよう。ちなみに小谷野哲郎は自身もガムラン集団ウロツテノヤ子を主宰、さらにバリ舞踏家でもあり、インドネシアと日本の文化交流を行っている人物だ。


Tirta Sari / レゴン・ラッサム完全版 (Legong Lasem Lengkap)(24bit/96kHz)

【Track List】
01. Legong Lasem Lengkap
02. Sekar Gendot

【配信形態 / 価格】
24bit/96kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC
2,700円(アルバムまとめ購入のみ)

Shhhhhからの推薦コメント

「ホントにヤバイんで楽しみにしててください」と滞空時間にして影画師の川村亘平斎から言われて1年以上待った音源がこれです。今作をハイレゾでしかるべき環境で"体験"した衝撃は忘れられない。迫り来る音の塊と粒に身体ごとえぐられ、曾祖父くらいまでの記憶を掬われた。DJやってると音楽に対して新しい / 旧いという判断基準に陥る。ワールド・ミュージックという批評体系は"現地"や"空気感"をより多く持ち込んだ音像が優先させられる。自分にとってその"新しい"や"現場"といった基準までをも疑えるような音楽体験でした。(Shhhhh / DJ)

ガムランの真骨頂、螺旋状に登りゆく古典の凄み

バリ島のガムラン音楽といえば、もちろん伝統の民族音楽ではあるわけなのですが、博物館のなかで大切にに保管されているような類のものではなく、いまなおどんどん新曲も毎年作られています。さらに新しいタイプの楽器まで日々開発されているという、現在進行形で生きている、最先端の音楽なのです。バリの若い兄ちゃんたちも、ガムランのチームで演奏することがカッコ良くて、女の子にもモテる! という、まるでロック・バンドをやったらカッコ良いというようなノリでガムランを演奏しています。

1931年にバリのガムランの楽団が初めて、フランスのパリで海外公演を行って以来、海外でもそのときどきの最先端のアーティストの刺激となり、クラシックから現代音楽、ミニマル・ミュージック、ジャズなどなどに、ガムラン音楽は多大な影響を与え続けています。でも、そんな最先端の音楽の基本にあるのは、やっぱり古典。バリ・ガムランの特徴である、フレーズの繰り返しを続けるうちに螺旋状に上がっていき、いつの間にか異次元に連れて行かれてしまっているような、そんな展開はやっぱり古典がその真骨頂。時代を超えて伝えられてきたものには、新しいものが真似ようと思っても決して真似することのできない凄さ、奥深さがあります。

ガムランを奏でる大小様々な打楽器群

今回の録音はガムラン楽団数多しといえども、歴史と伝統に裏付けされた本物の古典を演奏することのできる、バリの中でも数少ない名門中の名門、ティルタ・サリ楽団による古典宮廷舞踊の名曲の完全版。バリ島でも短縮版ばかりが演奏されるようになって、完全版の上演機会は大変少ないのですが、今回はあえて完全版。聴いていると、完全版ならでの巧みな展開でいつしか深みにはまり、次から次へと押し寄せる音の波にただただ心地よく翻弄されるばかり。これぞガムラン音楽の真骨頂。古典でありながらもまったくいろあせることなく、いま最先端の音楽としてここにあることのできるもの凄さ。とにもかくにも、この音の波に身を任せて、異次元へと連れて行かれてしまう経験を是非とも味わってみてください!

text by 小谷野哲郎

KEYWORDS

【ティルタ・サリについて】
ティルタ・サリは、バリ芸能を世界に広めた立役者であるプリアタン村プリ・カレラン王家の当主であったグンカ・マンダラ翁によって1978年に設立されました。当時廃れかけていた古典的なガムラン楽器、レゴン舞踊の伴奏に最適な愛の神のガムラン「スマル・プグリンガン」を復興させ、プリアタン王家に連綿と伝えられてきた伝統レゴン舞踊の継承を目的として一躍世界的に有名になりました。日本やアメリカをはじめ、数々の海外公演をこなすバリを代表する楽団であると共に、本物の伝統あるレゴン舞踊を今に継承しているバリでも稀少な楽団です。

【レゴン舞踊について】
今やバリ舞踊の代名詞ともいえるレゴン舞踊ですが、「レゴン・クラトン=王宮のレゴン」ともいわれるだけあって、元々王宮で育まれてきた芸能です。17世紀にバリ島中部スカワティ王家の一族の王が夢で見た天女の踊りを再現しようとしたのがその始まりと言われ、当時少年に天女の仮面をつけて踊らせたというその仮面がスカワティ地方の王宮跡に建てられた寺院に今も残っています。最初はストーリーのない抽象性な舞踊でしたが、やがて王宮のお抱え楽師たちによってストーリー性のある部分が付け加えられ、様々な物語を演じつつ舞うものとして、王宮を訪れた賓客たちに向けて披露されるようになりました。様式として、まず物語とは関係のない雅やかで華やかな舞踊を見せるパートにストーリーを描きます。レゴン舞踊の担い手は、舞踊教師にその才能を認められた子どもたちのみが習うことを許され、幼少より王宮に住まわせられつつ芸を身につけていきました。成長して王の側室となる例も少なくなかったようです。このように王宮で生まれ育まれたレゴン舞踊をいまだにその歴史と共に継承している地域や楽団はバリでもかぞえるほどしかありません。ティルタ・サリ楽団はスカワティ王家の流れを組むプリアタン村プリ・カレラン王家直属の楽団として数百年の歴史を背負いながら後継者を育成し続けている、いわばレゴン舞踊プリアタン流宗家といった存在です。

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
【REVIEW】ポップの旗手としてミツメの飛躍が始まる! ──史上最高のポップ・ソングをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ポップの旗手としての飛躍が始まる! ──ミツメの史上最高のポップ・ソングを、ハイレゾ配信&レヴュー掲載 2016年のアルバム『A LONG DAY』リリース以降、国内12箇所、15公演、中国7都市、台湾、韓国、ロサンゼルスをまわるツアーを行ったミツメが、満を持してシングル「エスパー」をリリースした。ミツメ節と言える、人肌の温かいポップ・エッセンスを還元濃縮した、ミツメ史上最高との呼び声高いポップ・ソング「エスパー」を表題曲にし、初期ミツメを彷彿とさせながらも、ライブで培った圧倒的な演奏力と、進化し続ける川辺のソングライティングが爆発。新たな一面とミツメらしさを兼ね備えたこちらの最新作を、OTOTOYではハイレゾ配信、そして楽曲をよりお楽しみいただくためにレヴューを掲載する。 ミツメ史上最高のポップ・ソングエスパー / ミツメ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【価格】単曲 324円(税込) / まとめ 540円(税込) 【収録曲】''1. エスパー2. 青い月 REVIEW : いまだかつてなく熱っぽいミツメのポップ宣言 こんなにも熱っぽいミツメを聴く時が来たと
[CLOSEUP]・2017年12月20日・《12ヶ月連続配信企画、第10弾》──新たな「はじまり」に胸を打つ、どストレートなウェディング・ソング 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らがこの度、第10弾「はじまり」の配信をスタートした。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、新たな「はじまり」を祝福する第10弾goodtimes / はじまり'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. はじまり REVIEW : 和やかな愛の延長戦にある、どストレートなウエディング・ソング ついに彼らの配信楽曲も10曲目に突入! こちらの配信が毎月の楽しみになっている人も少なくないはずだ。そんな記念すべき第10弾は、新郎から新婦へ送られた手紙にそのままメロディをつけたかのような、どストレートなウェディング・
【REVIEW】ヤナセジロウのソロ・プロジェクトbetcover!!がデビュー作『high school !! ep.』をリリース
[CLOSEUP]・2017年12月20日・恐怖をも感じさせる衝撃的な出会い──betcover!!デビュー作『high school !! ep.』をリリース 今後インディー音楽シーンの一端を担うことになるであろうサウンド・センスを持った表現者、ヤナセジロウ。“betcover!!”は、彼のソロ・プロジェクトとして2016年夏に本格的な活動を開始し、同年にロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・オーディション「RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN」で優勝した、いま最も魅力ある若手アーティストのひとりである。デビュー作となる『high school !! ep.』は関わったクリエイター全員が高校生であるという、まさに現音楽シーンへの若者からの挑戦状となるような1枚。Earth Wind & Fireなどのブラックミュージックをルーツとしつつ、予想を裏切る多様な切り口で聴く者を翻弄する傑作『high school !! ep.』を、レヴューと共にお楽しみください。 若者からの挑戦状! デビューEPを配信中! betcover!! / high school !! ep.'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(1
by ai
何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界
[CLOSEUP]・2017年12月22日・何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界 world's end girlfriendによる6年ぶりのアルバム『LAST WALTZ』、wegの音としか形容のしようのない、圧倒的な世界観を繰り広げていたが、このたび、収録楽曲をさまざまなアーティストがリミックスしたリミックス・アルバム『LAST WALTZ REMIX』をリリース。主宰レーベルのアーティストなど、多彩な顔ぶれのリミキサーたちが、その世界観をさらに拡張している。OTOTOYでは本作品をレヴューとともにハイレゾ配信でお届けしよう。 豪華クリエイター陣によるリミックス・アルバム!!world's end girlfriend / LAST WALTZ REMIX'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 173円(税込) / アルバム価格 1,728円(税込)※AACのみ単曲 162円(税込) / アルバム 1,620円(税込) 【収録曲】01. matryoshka REMIX / Plein Sol
by 阿部 文香
【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
筆者について
同じ筆者による他の記事