本当にこんなに一緒にいるとは思わなかった──電気グルーヴの『30』ハイレゾ配信開始

(左から)ピエール瀧、石野卓球

2019年、30周年を迎える電気グルーヴ。まずは年始から30周年アルバム『30』がここにリリースされ、ツアーが開始される。『30』には、『20』『25』に続いてもはや恒例となった“周年のうた”(今回はなぜか「電気グルーヴ30周年の唄」に加えて、「電気グルーヴ10周年の歌 2019」も収録)、そしてこれまでの彼らのキャリアを象徴する楽曲たち(「Shangri-La」「富士山」「Flashback Disco」など)が、最新のアップデートが施され収録されている。そういった意味では、時間軸的にもさまざまな要素が入ったアルバムとなり、その長く、力強いキャリアを“現在”という視座からくっきりと見渡すことのできるそんな作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、ここにインタヴューをお届けしよう。(本記事はLIQUIDROOMとの共同企画。同内容の記事がLIQUIDROOMのサイト内でも掲載されます)。


その他、電気グルーヴの過去作 / 関連作もハイレゾ配信作を中心にOTOTOYでも配信予定!

INTERVIEW : 電気グルーヴ

エレクトロニック・ダンス・ミュージックをひとつ依り代に、まさに並ぶ者のいないユニークな立ち位置を作り出した電気グルーヴ。その30年というキャリアには、もちろんテクノやクラブといったさまざまなカルチャルなキーワードで語ることができるが、やはりここ10年を考えると、その圧倒的なライヴ活動が頭をよぎる。地鳴りのようなイーヴン・キック&ベースライン、喜悦に満ちた電子音が行き交い、そしてメンバーのふたりのパワフルなパフォーマンスが会場をロックする。そこには、どこまでも踊り出したくなるような世界が広がっている。30周年記念盤として制作された本作にはそうして鍛えあげられた過去の楽曲も多数収録されている。おそらく、そこには揺るぎない彼らの現在の音楽の立ち位置が示されているということだろう。そして「Shangri-La」の新たなヴァージョンや「猫夏(CATY SUMMER)」のリアレンジ版「海猫夏 Caty Summer Harbour」では、30年という月日を経て獲得した彼らのある種小粋で成熟した音楽性も堪能することもできる(もちろんライヴのエネルギッシュなサウンドも成熟によって生み出されたものでもある)。全方位隙のない、30周年というキャリアを内包したアルバムと言えるだろう。ということで、OTOTOY初登場、電気グルーヴのふたりに登場してもらいましょう。

インタヴュー・文 : 河村祐介
写真 : 沼田学
編集補助 : 千田祥子

みんな見落としがちだけど、電気グルーヴには「ホラー」があるんだよ

(左から)ピエール瀧、石野卓球

──既発曲の新ヴァージョンはどんな物差しでセレクトしたんですか?

石野 : この前の『クラーケン鷹』のライヴ盤を出して、そこにライヴものでこぼれた曲、もしくはあのアルバムに入ってたけど、スタジオ・レコーディングでちゃんと清書したいと思ったものかな。だから新曲以外は、ライヴでつかったアレンジが元になっていて、ずっとあるライヴ・アレンジをスタジオ・レコーディング楽曲として、手直しする作業というか。厳密に言うとどっからというのは難しいんだけど、基本的にはすぐできたね。

──周年の曲+これまでの楽曲のリメイクというのが今回のアルバムのひとつの構成だと思うんですが、ここ数年、つとに個人的には『塗糞祭』あたりから、ライヴのノンストップ感というか、ものすごい勢いを感じるんですが。

石野 : うん、もちろんライヴは影響しているよね。

瀧 : 新曲とか昔の曲をライヴでやって「なんか物足りないな」と思って手直して、フレーズがひとつ足されたり、間を端折ったりとか試行錯誤をしていくうちに「ああ、これハマったぞ」いうアレンジになると。ノンストップ感なのかどうかはわからないけど、そうなるとこっちも気持ちいい。基本、それを聴くとなるとライヴ盤だけなんだけど、それを1度スタジオ・レコーディングで出した。そういうことかな。

──最近のライヴでのアレンジを踏襲したセルフ・カヴァーもありつつ、電気グルーヴの場合、わりとアルバムごとに音のコンセプトが違うので、その辺もちゃんと回収したコンピ感もありつつ、電気グルーヴのサウンドを余すことなくプレゼンしているアルバムということなのかなと。

石野 : そう、なんか言い方は難しいんだよね、リミックスほどは再構築してないし、リモデルっていうかさ。

瀧 : 昔生まれた子どもが大きくなった感じ(笑)。

石野 : たまごっちがカラーになった感じ。

──なるほど(笑)。あとは卓球さんがソロでリリースされていた「flight to Shang-hai」(石野卓球『KARAOKEJACK』収録)のリモデルが入っていたり、あとは「WIRE WIRED, WIRELESS」も電気グルーヴ名義の曲ですけど、ちょっと違った感覚のものじゃないですか?

石野 : ちょっと番外編的なね。

──そういったところも結構、自分たちのなかで枠が取り払われている感じなのかなと。

石野 : そうそう、それはある。

瀧 : 基本、もう、良ければなんでも良いよってなった(笑)。

石野 : 今回作ってて思ったんだけど、電気グルーヴって判断基準が「気持ち良い」か、それじゃなかったら「気持ち悪い」かなんだよ。しかも「気持ち良さ」を狙って、「気持ち悪く」なっちゃうとかじゃなくて──そういうのは俺らもうコントロールできるからさ。今回だったら「鬼日_1117KIBI」みたいな「気持ち悪い」のか、他の「気持ち良い」やつという感じ。電気グルーヴの音楽ってさ、ユーモアとかそういう部分は避けて通れないじゃない? ただみんな見落としがちだけど、それに加えて「ホラー」があるんだよね。

──怖い(笑)。

石野 : ホラーとコメディって実は紙一重じゃない? いわゆるホラー的な見た目、マイケルの「スリラー」みたいなものとも違って。もっと見た目は、赤塚漫画みたいで、狂気というか、サイコだね、サイコ・ホラー。電気グルーヴって、それかなっていう…… その感覚を持つ数少ないグループなんですよ。

──そして、ポップもありというのが、まさにそれが『30』に詰まっている。楽曲自体もそうですが、細かく過去のセルフ・サンプリング・ネタみたいなものも詰まっていると。

石野 :そう電気はね、知れば知るほどハマるっていうか。うちらも30年も続けるとは思ってなかったからさ。例えば昔のバンドが、ライヴのときにチラッと他の昔の曲のフレーズをはさんできたときにぐっときたりするじゃん? それをやってる。「人にやられて嫌なことはやるな、人にやられて良かったことはやれ!」っていう、野球部と逆の考え方。

──野球部(笑)。卓球さんの50歳ボックスもあったわけですけど、あの振り返りから、今度の『30』に連なってくることとかはないんですか?

石野 : あれはできたものをコンパイルするだけだから、それはあまりないかな。いまはもう「電気グルーヴで音を出すときはコッチだな」っていうのができてるから迷いがないんだよね。もうちょっと具体的なところに落としていくときに、解決する悩みみたいなものはあるけど。壁にぶちあたって制作がとまるみたいな悩みは一切ないかな。瀧も、瀧が必要なときはわかるから、「ここで来て」ってやればいいし。効率いいよね。

「鬼日」だけは今回、唯一、瀧ともめた

──いまの電気グルーヴの曲作りは、瀧さんの出番を、卓球さんが決め打ちでその登場を用意してという。

石野 : 特に今回はそういう形で作った。だから最初に作り始めるときに瀧にも言ったんだけど、いつもは「Produced by Denki Groove」って入れてたのを、今回はクレジットも「Produced by Takkyu Ishino」にしてる。

──なるほど。

石野 : ライブの曲順は俺が決めることが多いんだけど、それに近いことですよ。いつもの仕事。

瀧 :でも、基本、そうよ、電気グルーヴ。

石野 : よっぽどなにかあったら瀧から「ここはこういう風にしたらいいんじゃない?」っていうのがあるんだけど、別に今回のアルバムでそういうことはなかったからね。

瀧 : そう。

──瀧さんがひっかかるような要素がすでにないところからはじまっていると。それが30周年の積み重ねと。

石野 : そうそう。いまさらこっちも瀧の意にそぐわないことやらせるっていうのはないから。ソロとの差別化というところでは、瀧の居場所を作るという制作方法。あとは「瀧の居場所を無くす」っていう方法もあるんだよね。今回の「富士山(Techno Disco Fujisan)」はそう。もともと「富士山」にガヤと一緒に瀧のリード・ヴォーカルがあったんだけど、あの曲が瀧の曲になっちゃうんだよね。だから今回はみんなで歌うものにして。みんなで歌うものの方が富士山っぽいしね。瀧一人に富士山は荷が重いっていう。日本一だからな。日本一の賞もらってるけどね。でもあれよく考えたら助演男優賞だっていうじゃん。

瀧 : 主役やってないのに主演男優賞もらっちゃまずいでしょ。

石野 : 助演だってきいて俺ちょっとがっかりした。「助演かよ~」っていうさ。そういえば「鬼日」だけは今回、唯一、瀧ともめた(笑)。

編集部注「鬼日(きび)」 : 「鬼日」(キビ)は、1990年11月17日、イギリスのマンチェスターにて1st『FLASH PAPA』制作時、「カフェ・ド・鬼」のレコーディングにおいてピエール瀧が「鬼」のフレーズを何度やってもOKが出ず、数十回にわたり延々と「鬼」と言わなければいけなかったエピソードが由来。それ以降、瀧が「今まで生きてきた人生の中で最も“鬼”という言葉を口にした日」として、この日を「鬼日」とした。これまで特設サイトでの公開はあったが、「鬼日」をテーマにした楽曲そのものがリリースされたのは今回の『30』収録の「鬼日_1117KIBI」が最初。

瀧 : 「鬼日はさわらないほうがいい」(笑)

石野 : 「あの木は切り出すな」って感じでさ、そもそもあの木を植えたのは俺たちだし、そもそもそんな木なんて無いっていう(笑)。うちらけっこうあるんだよ。まりんがみた夢で、日出郎の「燃えろバルセロナ」をリメイクしようとしたらしいんだけど、俺がその夢のなかで「あれはそのままにしておくべきものだ」って言ったらしくて、それでリメイクをやめたらしいんだよ。夢の中の話で。で、その話を聞いて、「そういや日出郎か、日出郎の店でも行ってみるかな。でも「燃えろバルセロナ」のリメイクやってよ、とか言われたら冗談じゃないしな……ん、アレ、俺、あの曲のリメイクやりてぇ」って(笑)。その後、まりんに電話して「あのさ、夢の話とはいえ、1回お前に、リメイクはダメだって俺が言ってるから正直心苦しいんだけど、「燃えろバルセロナ」のリメイクしていいかな?」って。

──夢の許可(笑)。

石野 : だから夢をみたってことで、「燃える! バルセロナ」のクレジットには「Dreamed by Prophet(予言者) Yoshinori」って入ってる。でもよくよく考えると「俺はこのプロジェクトには参加しないな」っていうのがプロフェット良徳の予言。

──しないほうの予言(笑)。

石野 : なんもつかえない予言(笑)。超能力はあるけど「うーん」ってやって「ヨルダンの貯金箱がちょっと動きました」とかそういうやつ。でも、こういうのも回収というのも違うけど、長くやっているといろいろ昔のものが使えるじゃん。 「電気グルーヴ30周年の唄」に「電気ビリビリ」のメロディが実は入ってるんだけど、瀧は気づかなくって「なんだっけ」って、何回聴かせてもわからなかったっていう。

瀧 : おお、あれな。

石野 : お前、昔さ、「電気ビリビリ」で終わったライヴのときに、歌い終わってソデで「あれ~、なんか今日、尺違わない?」って言ってたんだけど、「電気ビリビリ」のオケで「ウィー・アー」の歌詞歌ってたのコイツ。あと、“音頭ビコーズ”。JK(CMJK)がいた頃に、彼が「ビコーズ」のレゲエっぽい新しいアレンジを作ってきて、それをライヴの最後にやったんだよ。それすごいリズムが跳ねてたんだよね。そのせいで歌の入るタイミングがわからなくて(笑)。1番に俺が入り損ねて、2番の瀧も入りそこねて、それがライヴの最後の曲だったんだけど、結局、お客さんからみたら、レゲエの「ンチャンチャ」っていう跳ねたリズムのインストではけていったっていう感じ。もうリズムも跳ね過ぎちゃって音頭みたいになっちゃって、それが“音頭ビコーズ”。ライヴの最後に音頭みたいな音流して、それで去って行くっていう(笑)。

瀧 : 出囃子の逆だもんな。

──ちょっとコミカルに帰って行くだけという(笑)。あとは新曲というか周年の歌、今回は「電気グルーヴ10周年の歌 2019」も入ってますけど。

石野 : 今回「30周年」を作って、「25周年」、「20周年」があったら、「15周年」とか「10周年」もあっていいなと思って。それで「15周年」「10周年」と作って、思いのほかよくてさ。「10周年」から「30周年」をまとめたディスク2を今回いれようと思ったんだけど、そうすると本編が薄れるから。「10周年」のできがよかったから今回はまず入れて、「10周年」だけど“2019”っていう。

本当にこんなに一緒にいるとは思わなかった

ピエール瀧

──今回、気になってイントロの前髪たらした存在の前の歌詞をみたら、「便器の中から」(10周年)、「便所の窓から」(20周年)で25周年も「便所の窓から」、今回の30周年は「昼間の仕事を辞めたがる」って、はじめは便器のなかなのに仕事までみつけるほど、便所から外の世界に行っているんですよね。こうなると15周年にも変なストーリーを妄想しちゃうというか。

石野 : そう、昼間の仕事をやめたがってるのはなんでかっていうと、くみ取り便所に潜伏中だから。

瀧 : 本当は遡ると、前髪シリーズもっとあるの。

石野 : 「前髪垂らした知らないやつが葬式帰りに人跳ねる」とかね。

瀧 : そう、いつものフレーズ。でも30周年のアルバムで10周年の曲ではじまるって怖いよね(笑)。

──冷静に考えると怖いです(笑)。新録ものの周年の歌詞に関してはご一緒に考えられてるんですか?

瀧 : 今回は歌詞ができてた。そこに対して、もう完成しているんだから、さっきの話じゃないけど無理に崩して自分の我を入れる必要はないかなと思うし。

──卓球さんのしいたレールをひた走ると。

瀧 : でもそれは昔からそうだけどね。人生の頃から基本的に。

──30周年を迎えられて、すごい月並みな質問ですけど、どうですか?

瀧 : えー、もう本当にこんなに一緒にいるとは思わなかったということだよね。それこそ人生の前の、単なる高校生の友だちから入れると35年前だからね。おそらくなにもなければ、このままいくと40周年とかになると思うんだけど、40年は引くなっていう。感慨深いとか、そういうことよりもとにかくこんなに長くやるとは思わなかったということかな。

石野 : なぁ。続けるっていうことが目的じゃなかったから。いつ辞めてもいいっていうことが強みでやってきたけど、もう辞める理由がなくなっちゃったからな。

瀧 : 続くもんだとも思ってなかった。

石野 : だって俺ら、こんな仲良いって思ったことなかったよな。趣味が全然違うじゃん? コイツはスポーツマンで、俺が好きなのはスポーツ・ウーマンだし。

電気グルーヴは「6万円で解散」

石野卓球

──辞める理由がないってすごいですよね。

石野 : もう、辞めたくても辞めれないんだよ。

瀧 : そうだよ、そこにはよっぽどの理由がないと。

石野 : だって、いまグループ解散するのに理由が必要でしょ。

瀧 : 女取り合うぐらいじゃダメでしょ。

石野 : そもそも女の趣味が全然違うじゃん。

瀧 : あと一般的なのは金か。

石野 : でかい金額だともめない気がする。怖くてもめれなくなる(笑)。 俺らの「これ以上の金額でもめたらしゃれにならないけど」っていう金額は………… 6万円ぐらいじゃない。

──妙にリアルな金額(笑)。

石野 : 8万円とか10万円まで行くと「プレゼントとしていいや」っていう。「6万円はちょっと」って。

瀧 : ああ「どっち払う?」ぐらいの値段な。

──後輩的な人にご飯をおごるとか、近しい数人との飲み代としてとかで、結構リアルな額ですよね(笑)。

瀧 : そう、わからないけどそういう感じの額。

石野 : そうそう。飲み代とかな、「6万円で解散」(笑)。でも、そういうときに限って瀧が「持ち合わせねえ」とか言ってさ、しかもそれが瀧の店だったりするんだぜ。まぁ、それ以外は表沙汰にできないことなんだろうな。辞めるときって。でもそうなったら言っていこうな。もめたらツイッターの投票にしよう、「正しいのは?」「瀧?」「卓球?」「解散!」。それ絶対に「解散!」にいれるよな(笑)。だって、それに入れても解散しねーのわかってるから。

「Shangri-La」は歳をとったことでベターに歌える曲じゃない

──話は内容の方に戻りますが、『20』の時のインタヴューでは、客演を入れたものにしようとして結局ほぼおふたりでというようなことをおっしゃってましたけど、今回はかなり多彩なゲストが参加されてますよね。

石野 : そう、今回ミュージシャンでいえば(吉田)サトシは8曲弾いてて、ぴったりはまっている。

──「Shangri-La feat. Inga Humpe」では、インガ・フンペ(ドイツのエレクトロ・グループ、2raumwohnungのヴォーカリスト)さんをフィーチャリングしてますけど、この組み合わせのジャーマン・ニューウェイヴっぽいクールな感じも新しい側面って感じですけど、もうちょっとイタロな感じでくるのかなとか勝手に思ってて。

石野 : ああ、それもいいね。インガさんとは〈WIRE〉の前夜祭とか、他でも何回か面識があって。この企画の前から、なんかで一緒にやりたいなと思ってて。前にDJトビーと話してて、トビーちゃんがインガさんと仲良いから「なんかやってもらいたんだよね」って言ったら「あ、ぜんぜんいいと思うよ、俺が間にはいるよ」ってつないでくれて。そしたらその翌週にこの企画が決まって、すぐにお願いして。

──この曲の卓球さんのヴォーカルは過去のデータを使っているとか。

石野 : あのとき以上にうまく歌いたくないし、歳をとったことでベターに歌える曲じゃないから。「N.O.」はそれができると思うんだけど、「Shangri-La」は違うかな。あと歌詞覚えてない(笑)。

──ヒット曲であれだけインパクトの強さを考えるとすごい雰囲気が変わって良いですよね。「電気グルーヴ30周年の唄」のゲストはすごいトリオというか……。

瀧 : 町(あかり)さんと、日出郎。

石野 : あとザ・クレイジーSKB(殺害塩化ビニール社長)。ザ・クレイジーSKBの声は絶対入れたくて、ファイルで良いから声入れして送ってくれってやってもらって。その後で町さんと、日出郎が参加している楽曲だって言ったら、「実はふたりとも自分のイベントに出てもらっている」って返ってきて。

──聞くの野暮だと思いますけど、この3人というのは?

石野 : 気分だね。ザ・クレイジーSKBはどうしても入れたかったんだよね。

30年続けるってないよな。すごいことだと思うよ。

──今回は「Flashback Disco」みたいな広く知られている楽曲のリアレンジ版に加えてインストの「猫夏(CATY SUMMER)」のリアレンジ版「海猫夏 Caty Summer Harbour」みたいな曲も入ってますが。

石野 : これはライヴでやってるヴァージョンがあって、それをモチーフにちゃんと広げられるかなっていう曲で。この曲もそうだけど、サトシは結構弾いてくれてるんだけど、実は1回もレコーディング中は会ってない。っていうか基本的に今回の作品はあまりスタジオにも行ってなくて。最終的なミックスとかはもちろんスタジオでやってるけど。その方が効率がよかったんだよね。スタジオだとその作業が楽しくて一番良い瞬間を逃しちゃったりする。

瀧 : 5ヴァージョン前がすごく良かった、けどもう戻れないというのはあるよな。

石野 : ほとんどラップトップで作ったという感じかな。

──『TROPICAL LOVE』のときも「GarageBand」でほぼ作った的な話をしてましたけど、基本的にコンパクトに向かう、そういうモードなんですね。

石野 : ハード使ってやるのもおもしろいんだけど、アイディアを具現化するのに時間がかかるんだよね。ハードウェアのシンセももちろん持ってて、手放せないけどさ。スタジオに入ると「スタジオに入って曲を作るぞ」ってモードなんだけど、もっと日常的に曲を作ってる感じが良くて。でも、目がつらい、衰えたね。音楽作るのに目使うなんて昔は思わなかったじゃん。目がねぇ…… 「メガネを取ったら目がねぇ」ですよ。

瀧 : なにそれ、そんなシンプルなのあまり聞いたこと無い!

石野 : これハガキ職人のペンネーム、「メガネを取ったら目がねぇ」。

──そういえばさっき電気グルーヴの30年というところで卓球さんにきき忘れてしまったんですが、30周年を迎えられてどうですか?

石野 : 30年がどういうものなのか実感がないっていうかさ。精神年齢が低いから、精神年齢的に30年生きてないから。それよりも混乱するのが、途中で解散したりしてるけどYMOが40周年、あとびっくりしたのがクレイジーケンバンド20周年? 「そんな最近なの?」ていう。30年続けるってないよな。すごいことだと思うよ。

──でも、その30年というのがそれこそMステに出たりとか、地上波の番組に出たりということがありますが、ああいう状況をわりと楽しんでるのかなと。

石野 : 瀧はテレビ出てるんだけど、音楽番組は基本出てないから、ああいう場に出ると「え、ミュージシャンだったの?」ってなるじゃん? 俺は俺でそもそも地上波のテレビ番組に出るときは、あの現場を見学しに行ってる感じ。テレビにでなれている瀧に任せる感じでもないし、瀧も音楽番組だからってこっちにまかせるわけでもないしで不思議な感じ。でもああいうところに出て行くのも重要。たまに出たりしないとダメ。自分から情報を求めない人もいるから。

瀧 : 能動的に取りに行くひとじゃないところに、一発でねじ込めるみたいのはあるよね。

石野 : まだテレビって力あるんだよね。「瀧って電気グルーヴだったんだ、ミュージシャンだったんだ」もあれば「電気グルーヴ懐かしい」って人もいるし。

瀧 : 俺らの場合、違った角度でバズったりするからな(笑)。



電気グルーヴ / 関連作ハイレゾ配信中

オリジナル・アルバム / シングル

ベスト盤


ライヴ・アルバム


石野卓球ソロ作


石野卓球プロデュース作

TOUR SCHEDULE

電気グルーヴ30周年 “ウルトラのツアー”
福岡公演
2019年3月2日(土)
@Zepp Fukuoka
岡山公演
2019年3月8日(金)
@YEBISU YA PRO
大阪公演
2019年3月10日(日)
@Zepp Osaka Bayside
東京公演
2019年3月15日(金)
@Zepp Tokyo
2019年3月16日(土)

PROFILE

電気グルーヴ(石野卓球・ピエール瀧)

1989年、石野卓球とピエール瀧らが中心となり結成。1991年、アルバム『FLASHPAPA』でメジャーデビュー。1995年頃より、海外でも精力的に活動をスタートし、ヨーロッパツアーや各国でのダンスフェスティバルにも定期的に出演。2001年、石野卓球主宰の国内最大級屋内ダンスフェスティバル"WIRE01"のステージを最後に活動休止。それぞれのソロ活動を経て、2004年に活動を再開。以降、継続的に作品のリリースや全国ツアーを行う。2015年には、電気グルーヴの、これまでの活動を総括したドキュメンタリームービー「DENKI GROOVE THE MOVIE?-石野卓球とピエール瀧-」(監督・大根仁)が公開され、異例のロングヒットを記録。2016年、20周年となるFUJI ROCK FESTIVAL‘16のGREEN STAGEにクロージングアクトとして出演し、その存在感を見せつけた。2017年、前作より4年ぶりとなるオリジナルアルバム『TROPICAL LOVE』をリリース。2018年10月には、同年3月に行ったワンマンツアー「クラーケン鷹」の映像作品をリリース。2019年、結成30周年を迎える。

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

この記事の編集者
河村 祐介

わからずや

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

TOP