ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る

〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。


ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信

Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. Sun To Solar
02. Jelly
03. Koinos
04. Arschkriecher
05. Moontalk
06. Nicht Ohne Risiko
07. Who Won?
08. Like an L
09. Syzygy
10. Do U Ever Happen
11. Buh-bye

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/44.1kHz ) 、AAC
単曲 288円(税込) / アルバムまとめ購入 2,571円(税込)

INTERVIEW : Laurel Halo


ここ最近の〈Hyperdub〉がリリースするものは、例えば初期のブリアルのような大きな話題となる作品は少ないが、それでも印象に残るような、ともかくピリっとした良作を出し続けている。このレーベルを紹介するのに、もはやポスト・ダブステップだとか、そんなレーベルを矮小化するような表現をする人はもはや皆無かと思うが、レーベル初期に比べカテゴリーの難しい音楽性になってきてるというのはあるかもしれない。それでもレーベルは電子音楽を中心に自由な表現の作品をクオリティ高くリリースし続けている。さて、名門〈Honest's Jon〉からのエクスペリメンタル・テクノの傑作アルバム『In Situ』に続いて、〈Hyperdub〉の看板のひとり、ローレル・ヘイローがリリースしたアルバム『Dust』もそんなレーベルの勢いを感じさせる作品だ。いや、なにより彼女の才能豊かなセンスをこれでもかと見せつけた作品だというのを先に言った方がよかったか。前々作『CHANCE OF RAIN』と前作『In Situ』はストイックなテクノを展開し高い評価を受けたが、その才能は、本作では全く別の存在感を指し示している。エレクトロ・ポップ、アンビエント、フリー・ジャズ、電子音響、つかみどころのない音楽の自由な冒険をさらっとライトに、そしてポップにやってのけている。彼女は実験音楽ともエレクトロ・ポップとも平等に軽やかに戯れる──そんな感覚が作品を覆っている。ということで、貴重な彼女のインタヴューをどうぞ!

文 & 質問作成 : 河村祐介
写真 : Phillip Aumann

デジタルとオーガニックの関係性で遊んでみたりしたの

──前々作『CHANCE OF RAIN』と『In Situ』はテクノでコールドな作品でした、今回は歌物などもありポップな要素もあります、このあたりのサウンドの変化や感覚はどこからきたものなんでしょうか?

今回は歌詞を使いたいと思ったから、それが変化に影響したんだと思う。人と繋がりたいと思ったし、地球や大地から響いてくるようなアルバムを作りたかったの。 歌詞を使うことが音楽を形成する要素になったわ。アコースティック・サウンドを人工的に響かせたり、その逆を試みたり。デジタルとオーガニックの関係性で遊んでみたりしたの。

──歌という意味では、テクノの色の強い前2作よりも、 『Quarantine』と関連性を感じるのですが

どちらにもヴォーカルが入っているから、関連性はあるわね。でも『DUST』の方がよりリラックスした感じの作品だと思う。完全に孤立した状態で作られたわけじゃないわ。

──『DUST』というアルバム・タイトルはなにを意味するんでしょうか?

私にとって「DUST (塵・ホコリ)」は、 非永久的な意味がある。あとは、地球や大地との繋がりとか。それから、払い退けるとか掃除するという行為。自分の上に積もった様々な層と向き合い、その層がどのようなものか受け入れる。ホコリには特定の場所や原点がない。でも一方で、誰かを追い抜くという「Eating one’s dust (後塵を拝する)」という表現もあるでしょ。暑くて乾燥した所で車に乗っていて、前の車がスピードを出したから、タイヤからホコリが舞って自分の前に砂埃が舞うということ。それから、「Once the dust has settled(物事が落ち着いた)」という表現に使われているdustにはかなりの重みがあり、変化の過程、生成の過程、解決への過程を意味している。

──本作は「Jelly」や「Dust」のようなソング・ライティングのある種の丁寧な構成とともに、フリー・ジャズ的な「Arschkriecher」であるとか、これまであなたが試みてきた電子音楽の即興的な要素などがスリリングに絡んできています。このふたつの要素の共存というのが、サウンドの狙いとしてあったんでしょうか?

アルバムは意図的にこのような流れにしたの。


──今回、Kleinなど多くのゲストが参加しています。ゲストを招いて音楽を作ろうと思ったきっかけはあったんでしょうか?

彼らの音楽を尊敬しているからよ。

──特にLafawndahとEli Keszlerが制作の終盤でアルバムに大きく関わったようですが、彼らはどのように本作に関わっていったんですか?

2015年の初めにレジデントを2週間やっていて、彼らをレコーディングのためにこっちに呼んだの。当時は2人ともニューヨークシティに住んでいたから、ここまでは電車で数時間しかかからなかった。Lafawndahと私は即興をして一緒に演奏した。Eliはパーカッションのパターンを自由に演奏して、私が機材を使ってそれをサンプリングした。Lafawndahはヴォーカルを歌うためにこっちに何日か来てくれたけど、彼女はコーチみたいな役割もしてくれたわ。彼女はパワフルな人で、私が普段やり慣れている、心地よい領域を超えて、新しいことに挑戦するように後押ししてくれたの。

──特にEli Keszlerのパーカションは本作でとても重要な意味をもっているような気がしますがどうでしょうか?

そうね。私も、彼のサウンドとスタイルが大好きなの。だから今回、一緒に演奏できる機会があって嬉しかったわ。

──ご自身のヴォーカルとKleinのような他のアーティストにヴォーカルをお願いしている曲は、あなたのなかで大きな違いはありますか?

違いはあるわ。ヴォーカルが1人以上だと会話のようになるの。私は、「シンガー・ソングライターが善意の主人公」という概念を取り壊したいと思っているの。だって、たくさんの観点が同時に存在しているはずだから。

──今回のゲスト陣で一緒に仕事をしていて特に印象に残っているアーティストは?

みんな印象に残っているけど、Michael Salu、Craig Clouse (Shit and Shine)とDiamond Terrifierがすごく良かった。

母国語でない言語が使われている曲がすごく好きなの

──日本のファンとしては、やはり「Moontalk」に驚くのですが、とはいえ日本語としてもわりと抽象的で、辛辣な言葉と感謝の言葉が並列されていたり皮肉も聞こえたりします。あの曲はなぜ日本語をフィーチャーしようとしたのですか?

母国語でない言語が使われている曲がすごく好きなの。期待を打ち砕いてくれるから。リスナーにとっては、曲の意味という戒めから解放されるという点もあるわ。リスナーは、単語をいちいち調べるか、適当に流して聴くかしかできないでしょ。それにしても、私の発音が聞き取れたなんて驚きだわ。

──なんのことを歌っているのでしょうか?

特にこれという意味はないの。勝利の喜びや夢が一連の流れになっているような感じ。

──アルバムのなかでひときわこの曲はポップですよね?

そうね、アルバムの中で一番ポップな曲だと思う。

──日本語の先生は誰ですか?

友人で協力者のマツトウヤ・マリよ。でも、あまり日本語はちゃんと学ばなかったの。彼女が「Congratulations(おめでとう)」の翻訳を幾つか教えてくれて、そのあとに、私が色々な表現をいくつも調べたの。深い表現(「物の哀れ」)とか軽いもの(「バカじゃないの?」「いい天気ですね」)とか。

──日本語の響きはどう思う?

最も美しい言語だと思う。私の発音は曲中ずっと酷いのが悲しいけど、歌詞も特に意味があるわけじゃないから、まだ救われたかな。

──ジュリアン・フォルターの起用はどのような経緯で?

ジュリアと私は大学の友達なの。「Do U Ever Happen」でチェロを弾いてもらったわ。

──楽曲を作る際に、例えば世界状況や身の回りのことなど、自分の外部の音楽以外の状況があなたの音楽に影響を与えることはありますか?

もちろんよ。真空状態で音楽制作をするなんて不可能だもの。音楽は人生の現状を反映できるものだし、反映させるべきだと思う。このアルバムを聴いて、リスナーのみんなにも、私が感じたような、癒しや生成・過程の感覚や、問題を消化して乗り越える方法を見出す感覚を、同じように感じてくれたらうれしい。

RECOMMEND


KLEIN / Only

『DUST』にも参加で話題に。ナイジェリアにルーツを持つシンガーのクライン。ポスト・アルカ・ジェネレーションのR&Bとも言うべき、アヴァン・エレクトロニクスとR&Bの奇怪な蜜月。

Julia Holter / Have You In My Wilderness

LAのシンガー・ソングライター、『DUST』に参加のジュリアン・フォルター。ポスト・クラシカル的な音像と彼女の伸びやかなサウンドが空気へと溶けていく。

LAUREL HALO / In Situ

シャックルトンやモーリッツ・フォン・オズワルドなどをリリースする〈オネスト・ジョンズ〉とかリリースされたアヴァンなピュア・テクノ。

LAUREL HALO / CHANCE OF RAIN

エレポップ〜電子音響的な世界観から一変し、ストレートにテクノを突き詰めた作品。

PROFILE

Laurel Halo

2010年代初頭、アヴァン・エレクトロ二クス〜インダストリアル系のNYのレーベル〈Rvng Intl.〉やLAの〈Hippos In Tanks〉などからのリリースから、〈Hyperdub〉と契約、2012年に『Quarantine』をリリースする。エレクポップやアファン・エレクトロニクスを行き来する音楽性、そして会田誠の『切腹女子高生』をアートワークに使用したことも話題となり高い評価を受けた。その後、〈Hyperdub〉からの2013年のアルバム『Chance Of Rain』では一転して、ストイックなテクノ・スタイルへと変貌をとげ、さらには2015年に〈Honest Jon's〉からリリースした『In Situ』はさらにディープにテクノを追求したスタイルでさらなる高い評価を受けた。

Laurel Halo アーティストページ

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
筆者について
同じ筆者による他の記事