コンプレックスにはコンプレックスを!!ーーthe coopeez・藤本浩史 × 忘れらんねえよ・柴田隆浩による、世にも奇妙なフロントマン対談

京都在住のDIYロック・バンド、the coopeezが、自主レーベル「chadult(チャダルト)」より3rdフル・アルバム『rucksack』をリリースした。オルタナティブ・ロックを基調とした変幻自在な楽曲群と、フロントマンである藤本浩史のコンプレックスから発する言葉の力で、 世代や性別を飛び越えて中毒者をじわじわと増やし続けている。一度見たら忘れないアートワークも全て藤本が手掛けており、まさに自給自足バンドといえる彼ら。本作のリリースを記念し、忘れらんねえよの柴田隆浩と藤本の対談が実現。形は違えど、コンプレックスを原動力にロックする2者の対談を、クリエイティビティ溢れるMVとともに、じっくりお楽しみあれ!!

the coopeezの3rdアルバムを配信スタート!!

the coopeez / rucksack
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ購入 2,000円(税込)

【Track List】
1. イントロダクション / 2. イチカ&バチカ (album ver) / 3. リュックサック / 4. バランスの鬼 / 5. 長所と短所のブルース / 6. ラストチャンス / 7. ダイハード / 8. 未知との遭遇 / 9. バックトゥザフューチャー / 10. マイウェイマイラブ / 11. ターミネーター

対談 : the coopeez・藤本浩史 × 忘れらんねえよ・柴田隆浩

キャッチーで耳に引っかかるメロディと特徴的な声、ロック言葉を排除したような飾らない歌詞、内省的でありながら大衆的であろうとするアンヴィバレントな感情がほとばしるthe coopeezの3rdアルバム『rucksack』。冒頭の「イチカ&バチカ」から洋画のタイトルが並ぶ後半へと続きラスト〈寂しくて死にそうな声、それが誰かを生き返らす〉と歌う泣きメロ「ターミネーター」を聞き終わる頃には“このバンドは、俺だ!”というくらい感情移入してしまうのではないだろうか。

こんなによいアルバムを作ったthe coopeezのヴォーカル・ギターであり作詞・作曲を手掛けている藤本浩史は、全作品のアートワークも手掛けるデザイナーでもある。我々凡人から見たらそれこそ「才能の固まり」としか思えない藤本だが、1stアルバム発売時からひたすら自らを「コンプレックスの固まり」と称している。そんな藤本が今回『rucksack』をリリースするにあたり、忘れらんねえよの柴田隆浩を対談相手に指名した。藤本の“安定のロー”っぷりにたじろぎつつも、「the coopeezは絶対にいける!」と絶賛する柴田との「目には目を、コンプレックスにはコンプレックスを」対談をどうぞ。


the coopeez「ラストチャンス」

インタヴュー & 文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

あんまりいい思いをしたことがないんでね、人生

ーー今回は、the coopeezの3rdアルバム『rucksack』発売記念として、藤本さんのご指名で柴田さんとの対談を企画させていただきました。柴田さんを対談相手に選んだのは、どんな理由があったんでしょうか?

藤本浩史(以下、藤本) : 今年の3月に僕らのイベントで、the coopeez、忘れらんねえよ、イナズマ戦隊の3マンをやったんです。そのときに単純に、「あ、こんなに気に入ってもらえたんや」みたいな驚きがあって。

藤本浩史

柴田隆浩(以下・柴田) : めちゃくちゃよかったんですよね。以前、京都MOJOに出させてもらったときにCDを頂いて帰りの車の中で聴いたら「途中の人」(2ndアルバム『newbalance』収録)に衝撃を受けてリピートしまくって。PVもまたシンプルでめちゃくちゃよくて。でもライヴをガッツリ観たのはこの前の対バンのときです。


the coopeez「途中の人」

藤本 : そうですよね。前の渋谷屋根裏の(対バンの)ときはほとんど…。
柴田 : いや、俺たぶん自分のことしか考えてなかったと思うし。俺だいぶ別人でしたよね(笑)、見た目的にも。
藤本 : そのときはほとんどしゃべれなかったですね。みんな酔っ払ってたんで、忘れらんねえよ陣が(笑)。酒田さんとかも目がイっちゃってて(笑)。梅津さんはめっちゃ体調悪いとかで楽屋ですっごいテンション低くて(笑)。とんでもないバンドだな、みたいな。
柴田 : わはははは! 底辺バンドだなっていう(笑)。

ーーその渋谷屋根裏での対バンはいつ頃の話ですか?

藤本 : それは3年前位ですかね(※2012年5月16日)? 前の前のアルバムを出したくらいのときに、当時渋谷屋根裏でブッキングしてたブービー君のブッキングで一緒になって。僕はそのときぶっちゃけ、うらやましいなと思いましたね。「キテるよ~!」みたいな感じでしたから。
柴田 : うっそ!? そんときあんまりキテなかったし今もあんまりキテないっすよ(笑)。
藤本 : いや、ブービー君が「今、忘れらんねえよ、すげえんすよ!」って。
柴田 : 忘れらんねえよが結成してそんなに時間が経ってない頃で、渋谷屋根裏の店長の赤城さんという人が「なんかオモロい奴らがいる」って感じで、小さいグループの中で盛り上がってたんですよ。でも動員5名みたいな(笑)。そんな感じの頃だった気がします。
藤本 : 僕は「すごいっすよ最近」みたいな感じで聞いてて、PVとかも見ていて。「悔しいなあ」という気持でしたね。そこからは全然、対バンとかはなくて。その辺くらいから来たじゃないですか、忘れらんねえよ。
柴田 : 「この高鳴りをなんと呼ぶ」で。
藤本 : そっからもう、すごいことになってるぞみたいな。
柴田 : 実際にはそんなにすごいことにはなってなかったですけどね(笑)!。


忘れらんねえよ「この高鳴りをなんと呼ぶ」

藤本 : いやいや(笑)。「なんなんだ僕らは」みたいなくらい、ウンともスンともいってなかったんで。まあ今もいってないですけど。「チクショー!」みたいな(笑)。
柴田 : ははははは!

ーーお互いに「何ともなってない」とおっしゃってますけど、2バンドとも評価が高いと思いますし、ファンも増えていると思うんですけど。

藤本・柴田 : いやぁ~…。
柴田 : これはバンドマンの宿命なんですかね? どうしたって上を見ますよね?
藤本 : そうですね。
柴田 : なんで俺良い曲書いているのにこれを世の中に伝えられない無能野郎なの? ってすげえ自分に腹が立ってくるんですよね。色々考えてドミノとかやるんですけど、ずっと横ばいなんですよ。ハネなくて次のステージに行けなくて。
藤本 : 本当ですか? 対外的に見たら全然そんなイメージないですけど。
柴田 : ああ、それはそういうふうに見せてるんです(キリッ)。
スタッフ一同 : (笑)。
藤本 : だから、聴かすためにこそこういう企画(ドミノ倒し等)をしているということですよね。それはめっちゃすごいなと思うんですよね。
柴田 : 今回のthe coopeezのアルバム『rucksack』に入っている「イチカ&バチカ」はかなり好きなんですけど、要はそういうことを歌ってくれているというか。〈愛せば愛す程、言えなかったよまた今日も〉とか、“一生懸命やってるのに上手くいかない”ということを、こんなに美しく書けるかみたいな。俺このメロディも超好きです。


the coopeez「イチカ&バチカ」

藤本 : ああ、ほんますか(照笑)。あんまりいい思いをしたことがないんでね、人生。
柴田 : わははははは!
藤本 : そもそも、そこから来てるんですよ。昔から、幼少の頃からの。
柴田 : 幼少の頃から(笑)!
藤本 : 柴田さんはどういうお子さんだったんですか?
柴田 : 僕は、浮き沈みがありましたね。イケてる時期とイケてない時期と。小学校の頃はイケてました。

柴田隆浩

藤本 : もう、クラスの人気者的な。
柴田 : そうそうそう。勉強も出来てスポーツも出来るみたいな。でも中学校で激落ちして、「2軍」って罵られて。それですげえコンプレックスが出来て。で、高校デビューしたんですよ。バンドというものを見つけて。そのときはブルーハーツが地元で流行っていてコピバンをしていたんですけど、それを上手くやれてたから、そこで浮上したりとか。だから結構浮き沈みがあります。
藤本 : 僕は常にこうやったんで(手で低空を飛ぶアクション)。
柴田 : わははははは!
藤本 : 常にコンプレックスを培って生きてきたのでこういうことになってるんですよね。

俺、eastern youthと同じものを感じるんですよ

ーーインタヴューでも常にコンプレックスという言葉が出てきますが、それは作品を出すにつれて払拭されたりしないんですか?

藤本 : 変わらないですね、たぶんこれからも。幼少期からずっと、あんまり相手にされない人間だったんで。クラスの人気者的な時期を味わったことが僕はないので。だから、上がってる時期を知ってるのは逆にツラいかもしれないですね、下がった時が。僕はもう、常に下がってるのでそういう意味では安定しているというか。「安定のロー」みたいな(笑)。
柴田 : わははははは!

ーーどうすれば、上がったと実感できそうでしょうか。

藤本 : そうですね、バンドで結果を出したいなと。いうても、(ツイッターも)柴田さんの10分の1くらいのフォロワーですからね、僕。
柴田 : あのフォロワーも、残酷に戦闘力みたいになってるじゃないですか? けど俺はもう、抜かれたバンドのフォロワーを見ない能力がついていて。
藤本 : (笑)。あ、そのアカウントにいったとしても。
柴田 : いったとしても見ないです。そこに目の焦点を合せない能力が身についてるので。これは、練習すればできるようになります。
藤本 : マジすか。逆に自分のフォロワー数を見ない技を身に着けるのはどうですかね。
一同 : (爆笑)。

藤本 : 「みんなこんなに行ってるんや! 俺はまあそれのちょっと下くらいかな」みたいな。
柴田 : なるほど! どっちも身に着けられれば最強ですね、それは。

ーー何に共感し合ってるんですか(笑)。2人共もっと自信持ってくださいよ! 2人共、いい曲書くんですから。

柴田 : 『rucksack』を聴かせてもらった感想なんですが、すごく表現が純粋に見えるんですよね。コンプレックスを感じてきた人が、ある意味一回も汚れていないわけじゃないですか。いい思いをしていない、コンプレックスがどんどん深化しているという。特に「リュックサック」の〈やり続け、願い続ける姿は、花よりよっぽど綺麗じゃないか〉って、これは1回も汚れてなくてずっとローで来た人しか到達できない、すっごい純粋な表現なんじゃないかなって思って。自分の歌詞は割とスカすことが多いというか、あえて笑わせようとか。それは俺の武器だとは思っているんですけど。そうじゃない、本当に訥々と静かに思っていることを丁寧に話している気がして。それが僕にはめちゃくちゃ刺さるんです。俺、eastern youthと同じものを感じるんですよ。
藤本 : それは畏れ多すぎですね(笑)。
柴田 : いやこれ、マジですよ。俺「踵鳴る」とか聴くと泣くんですよ。〈解答(こたえ)は知らない〉とか〈標識(しるべ)はいらない〉とか、あれは嘘じゃなくて本当に思っているじゃないですか?
藤本 : 僕も大好きな曲です。
柴田 : それと同じで汚れてない。eastern youthはそれを絶叫しているけど、the coopeezは静かに訥々と思ったことをゆっくり喋っているような。それは1回も汚れてない人しか言えない言葉のような気がして。そこがすごく好きなところなんですよね。

ーー聴いている方からすると、藤本さんも柴田さんもコンプレックスを曲に昇華できる人だと思っていて。でもそれをもっと病んだ感じで表現する人もいると思うんですが、お2人の作る曲はそうした病んだ感じには決してならないですよね。

柴田 : そうですね。だって、「リュックサック」もサビで前を見るじゃないですか。「イチカ&バチカ」も〈必ず想いは伝わるはずさ〉って。“しんどいな”で終わらないですよね。それは藤本さんがそういう考えの持ち主なんですか? それとも歌くらいはそうしたいみたいな?


the coopeez「リュックサック」

藤本 : 僕は自分のことを弱者だと思っているんですけど、弱者が最終的に「弱いなあ~」で終わったら、「弱い」で死ぬなと思って。そこは何とかならへんかなって。諦めたくないな、という所でずっと「安定のロー」で生きてきたんですけど。この歳になったら、うだつの上がらない感じが段々武器になってくるんじゃないかと思ってきて。
柴田 : うん、だってそれをむき出しにしてますよね、今回。
藤本 : そうしたら、過去の自分が救えるぞみたいになって。だからそれに対してコンプレックスはありますけど、否定をしようとか無いことにしたいとは思わないですね。
柴田 : あと、そういう部分を隠したくもないという部分もないですか? 全部出した方がカッコイイじゃん、みたいな。
藤本 : そうですね。そういう、さらけ出した感のある人が好きですね。それこそOTOTOYのeastern youthのインタヴューを読んだりして、「たまんないなあ」って(笑)。経済が破綻しかかってる、とか。いいか悪いかはわからないですけど、そこまで言える吉野さんって本当にすごいなって。
柴田 : 信頼できますよね。ギターマガジンで吉野さんが連載してる「ヨノナカバカナノヨ」でもすごい愚痴ってたけど(笑)。「梅雨死ね」とか(笑)。
藤本 : でもやるっきゃない、みたいな所に絶対いはるんで。それがもうこの歳になるとグッときますね、そういう生き方が。
柴田 : 「イチカ&バチカ」って本当に好きなんですけど、「the coopeezもっと売れてよくね!?」って思うんですよ。例えば、映画「モテキ」に出たN'夙川BOYSの「物語はちと? 不安定」みたいに、知られたら絶対行くと思うんだよなあ。俺もそうなのかもしれないけど、聴かせるまでに至らない悔しさというか。聴かせれば絶対イケるって、藤本さんも思ってる気がするんですけど。
藤本 : 思ってるんですけど、でも、全然火つかへんなあみたいな(笑)。その努力がやっぱり足りないんでしょうね。
柴田 : いや、でもそれは努力してもどうにもなんないものもありますよ。ドミノは12万人に観られたんですよ。でも曲のYouTube再生回数は12万なんて全然行かないし。「なんだよそれ!」って(笑)。要は(the coopeezが)行かないのは、ただそれくらいの理由でしかないって言いたいんですけど。後輩にも「途中の人」を聴かせたんですよ。超気に入ってCDを探してましたけど、なかなか見つからないって。
藤本 : この前もCDの返品の請求がハンパなくて…。
柴田 : ははははは(苦笑)!

自分が聴きたいものを作りたいという気持があるんですよね

ーー返品の話までさらけ出しますか(笑)!?『rucksack』は自主レーベルchadultから初めてのリリースなんですよね。

藤本 : はい、今回から。

ーータイトル通り、リュックサックのように色んなものを背負って臨んでいるわけですけど、どういった理由で自主レーベルを立ち上げたんですか?

藤本 : 単純に、前のレーベルがレーベル業を終了することになって。それから誰も相手にしてくれないんで、じゃあもう自分らで出すしかないという感じで。だから、「D.I.Y」とは言ってますけど、誰もやってくれないというだけで(笑)。PVも誰も作ってくれないので、自分でやるしかないなと。
柴田 : 歌詞ってどういうふうに書いているんですか?
藤本 : 嫌なことがあったか、仕事でツラいことがあったとか、フラれたとか…。負の作用によってエネルギーを発してしまうところがあって。「こういうふうに作ろう」って作ることは今のところはないですね。
柴田 : だから俺は純粋さを感じるんだと思ったな。すげえ純粋な感じがするもん。
藤本 : 個人的には自分の曲は世界で一番自分が好きなんですけど(笑)。それはたぶん自分が聴きたいものを作りたいという気持があるんですよね。

ーーそもそもコンプレックスがあってもバンドを組んで人前で歌えたのはどうしてなんでしょうか。

柴田 : やっぱり曲に自信があるからですよ。自分が作る曲がすごく良い曲だから聴いてほしい、聴いてもらって褒めてほしい、認めてほしいからですね。歌が伝わって「おお、これ超良い!」「だろ? 一緒に歌うぞ!」みたいな。そのためにやってますね。
藤本 : 柴田さんがバンドをやり始めた理由ってなんだったんですか?
柴田 : 中学で「2軍」になって、スポーツいまいち、ルックスもダメ、ヤンキーにもなれなくて。いまだにコンプレックスなんですよね、中学生の頃の「1軍」「2軍」って。それはずっと変わらないんですよ。それをひっくり返したくて、なんかないかなって思ったときに、俺は歌が得意だしバンドがあるぞって。それで中学のときに始めたんです。いま続けている理由はまた別になってきましたけど。
藤本 : 僕は一時どころかずっと2軍だったんで(笑)。理由はわからないですけど、人前に立ちたい、所謂フロントマンと言われる人に単純に目線が行ってた感じですね。吉井和哉に憧れてましたから。兄貴の影響でTHE YELLOW MONKEYのビデオとか観てて。「カッコイイなあ」って。モテたいとか売れたいとかじゃなくて取りあえず人前に立ちたいなって。根っこは説明不能なところで動いていたんですけど、その「2軍」のせいかもしれません。ひょっとして「1軍」で「高校でも大学でも軽音入ってバンバンライヴやってました!」とかだったら満足していた可能性もあるかもしれないですね。僕は生まれて初めてのライヴが24歳だったんで。「1回人前に立ちたい」から止まらなくなってしまった感じですね。

ーー2人共満足していないから良い曲が書けるんですかね?

柴田 : でも満足したいですけどね(笑)。僕も「満足できないから曲が書けるんだ」って言い聞かせるんですけど、満足したらもっと良い曲が書けるんじゃないかと思うし(笑)。
藤本 : そうですよね(笑)。
柴田 : 確か「イチカ&バチカ」をライヴで聴いたときに、前にいる女の子が泣いてたんですよね。サビが「ミスチルか!?」って思ったんですよ。
藤本 : ははははは!
柴田 : 俺はそこで遭遇して一発でやられたから、絶対いけると思うんだけどなあ。
藤本 : ありがとうございます。僕は『犬にしてくれ』を聴いて、今までの忘れらんねえよの感じからすると、挑戦的なアルバムだと思うし、攻めてると思ったんですよ。そういう意味では勇気のあるアルバムだなって。「ここじゃないけどいまなんだ」というのはある種の賭けというか、どっぷりしてる曲ですよね。僕らの「リュックサック」もメンバーがいいって言うから採用したんです。僕も作ったときはめっちゃ良いと思ったんですけど、これ一般的なお客さんが聴いたら誰もいいって言わないんじゃないかなって。


忘れらんねえよ「犬にしてくれ」

柴田 : いや、そんなことないでしょう。
藤本 : 一般的なお客さん向けには暗い感じかなって思ったんですけど、メンバーの後押しでタイトル曲にまで持ちあがったんです。(『犬にしてくれ』は)そういう感じのディープな要素を恐れずふんだんに盛り込んでいる忘れらんねえよのアルバムやなって。遊び心もあるし、メロディもちゃんとあるし。あのグランジ・サウンドにあの歌詞、このバランス感は他にはないなって。
柴田 : けど、まだ「そこにトライしたのね」っていう音楽的な構造がどこかで見えちゃうじゃないですか。でももっと突き詰めていけば、聴いてくれた人が何も考えずに「ウォ~すげえ!」って理屈抜きでアガれる音楽が作れるんじゃないかなって。そこがまだ俺らのこれからの伸びシロなんじゃないかと思ってるんですけど。
藤本 : そのバンドにしか出せないバランス、ブレンド感ですよね、「天下一品」のスープじゃないですけど、黄金比はまだまだあるんじゃないかと思いますね。
柴田 : そうそうそう(笑)。要は諦めないってことなんですよ。できたら絶対ハネるはずっていう。

ラーメン屋とバンドって似てますよね、仕組みが

ーー今作には「バランスの鬼」という曲も入っていますね。

藤本 : 自分らにしか出せないバランスこそが新しいんじゃないかというのもあって。そう考えると世の中なんでもバランスだなっていう意味で、とんでもなく確信めいた曲だと個人的には思っているんですけど。それが伝わるか伝わらないかは別として(笑)。YouTubeの再生回数ってどこから生まれるのかなって思うんですけど、すごいバンドが1日で再生される分が僕らの1年2年くらいで(笑)。


the coopeez「長所と短所のブルース」

柴田 : ははははは! ゲス極(ゲスの極み乙女)の川谷君が言ってたけど、スマスマか何か地上波に出たら「100万回増えましたよ」って。「くれっ! 10万回分けてくれっ!」(笑)。俺はYouTubeの再生回数ってラーメン屋に並ぶ人の数みたいな感じだと思ってます。
藤本 : ラーメン屋とバンドって似てますよね、仕組みが。
柴田 : 似てる! 似てると思う。流行っている所には加速度的に人の行列が出来て行くんですよね。でも結果音楽に触れてくれればなんでもいいんです。
藤本 : 結局美味けりゃなんでもいいんですもんね。
柴田 : うん、だってゲス極はいいもんね。あれはマジで美味いラーメンだと思う。俺めちゃくちゃ好きです。まあ店構えってバンドのビジュアルである程度決まっちゃうわけじゃないですか? 僕らで言うと、辛気臭いおっさんが3人立って「いらっしゃいませ~」みたいな(笑)。味はすっごい美味いんだけど。
藤本 : 京都の僕らの住んでいる近くに一乗寺という街が所謂ラーメン街みたいになっていて、いろんな店があって色んなお客さんがいるんで、めっちゃわかるんですよね(笑)。でもやっぱり美味けりゃ最終的には残ってるなって。
柴田 : そうそう、お客さんは絶対頭がいいから。ラーメン番組に出て行列が出来ても、最終的に不味いと無くなるから。
藤本 : でもそこで安定のラーメン屋ってあるんですよね。派手じゃないけど、ずっと食べられ続けている店が。僕らは(バンドとして)そこを目指すしかないなと。派手さも若さも僕らにはもうないし、じゃあちゃんと美味いものを作るしかないなって。今は「しぶとく作るぞ!」って思っています。

RECOMMEND

the coopeez / newbalance

the coopeezが放つ待望の2ndフル・アルバム。さまざまなジャンルを取り入れた悪ふざけ満開な楽曲と、コンプレックス全開の言葉が絶妙にブレンド。一度聴いたら耳から離れない、中毒性バツグンの1作。

>>the coopeez × THEイナズマ戦隊のロック対談はこちら

忘れらんねえよ / 犬にしてくれ

忘れらんねえよの集大成。バンドの命運握る勝負のフル・アルバムが遂に完成! サウンド・プロデューサーに、特撮のメンバーであり、BABYMETAL、ももいろクローバーZなど、ロックと他ジャンルを結ぶ天才プロデューサー「NARASAKI」氏を迎え入れ、ヘタレ・サウンドを一新! 「グランジ由来のへヴィなサウンド × 高速のビート × 超しょうもない歌詞」にて発明を起こす!

>>特集ページはこちら

ザ・ビートモーターズ / The First Cut is The Sweetest

前作発売後、ツアー / フェスなどライヴ活動を勢力的に行ってきた彼らの約1年ぶりの作品。「ちくちくちく」は會田茂一プロデュース。「足しすぎず」「引きすぎず」の絶妙なサウンド・プロダクト。現時点での集大成でもあり、次のフェーズへ昇り始めた彼ら。計算されたシンプルさとキャッチーさ満載、バラエティに富んだ傑作です! 今回のthe coopeezのリリース・ツアーでも各地で対バン予定なので要チェック!

LIVE INFORMATION

the coopeez "rucksack" release tour

レコ発京都編
2015年8月22(土)@京都 MOJO
料金 : ADV / DOOR 2,800円 / 3,300円 (+1drink)
時間 : OPEN / START 18:00 / 18:30
出演 : the coopeez / おとぎ話 / ザ・ビートモーターズ

2015年8月23日(日)@神戸 ART HOUSE
2015年8月27日(木)@大阪 Pangea
2015年9月5日(土)@高松 TOONICE

レコ発東京編
2015年9月13日(日)@東京 TSUTAYA O-CREST
料金 : ADV / DOOR 2,800円 / 3,300円 (+1drink)
時間 : OPEN / START 18:30 / 19:00
出演 : the coopeez / Large House Satisfaction / tricot / the twenties

2015年9月20日(日)@長崎 ホンダ楽器アストロスペース
2015年9月21日(月/祝)@福岡 四次元
2015年10月26日(月)@名古屋 APPLO BASE

PROFILE

the coopeez

Vo / Gt 藤本浩史、Gt 小川宏実、Ba 山本聡、Dr 森田夏音

2004年8月 : 京都にて結成。幾度かのメンバー・チェンジを経て2010年現編成に。
2009年4月 : 1st ミニ・アルバム『BANPAKU』リリース。
2010年4月 : タワーレコード限定シングル『バネッサ&ハルッサ / チャダルト君』リリース。
2010年10月 : タワーレコード限定シングル『本当のAボーイ』リリース。
2011年11月 : タワーレコード限定シングル『カレーとライス』をリリース。
2012年12月 : 1stフル・アルバム 『GOLDENTIME』リリース。
2013年6月 : アルカラ主催〈ネコフェス2013〉出演。
2013年7月 : 〈JOIN A LIVE 2013〉出演。
2014年5月 : 2ndフル・アルバム 『newbalance』リリース。

過去、〈MINAMI WHEEL〉、〈shimokitazawa SOUND CRUISING〉、〈shimokita round up〉、〈Niigata Rainbow Rock Market〉等、大規模イベント多数出演。今年は、2度目となるアルカラ主催〈ネコフェス2015〉出演決定、〈SAKAE SPRING 2015〉にも出演。

現在、京都を拠点に全国的に活動中。作詞、作曲、アートワークに至るまで、全てVo藤本が手掛ける自給自足バンド。

>>the coopeez Official HP

忘れらんねえよ

ここじゃないけど、今なんだ。 僕たちは、この胸の高鳴りを信じる。

柴田隆浩(ボーカル、ギター)
梅津拓也(ベース)
酒田耕慈(ドラム)

>>忘れらんねえよ Official HP

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

TOP