4人の狼が奏でる15曲のメッセージ──NoisyCell、3年ぶりのフル・アルバムをリリース

左からKiara(Ba)、Ryosuke(Vo,Gt)、Tatsuya(Dr)、Ryo(Gt,Pg)

2014年にメジャーデビューした4人組ロックバンド、NoisyCell。3年ぶりにリリースされたフル・アルバム『Wolves』は、自身最大曲数の15曲を収録。日本語で”狼たち”というアルバム・タイトルの強さ、バンド名でもある”細胞”にフィーチャーしたジャケットの緻密さから見える展望とは? メンバー全員インタヴューで紐解きます。

NoisyCell / Wolves
【収録曲】
01. Omega
02. Wolves
03. 虹霓
04. Odd Afternoon
05. 時間飛行 
06. Tiny
07. 夜
08. M.R.W.
09. ワンダラー
10. 創生記
11. Interlude
12. Letter
13. Light
14. 真昼の月
15. XV

【配信形態】
WAV / FLAC / ALAC / AAC

【価格】
単曲 257円(税込) アルバム価格 2400円(税込)

INTERVIEW : NoisyCell

このインタヴューを実施するにあたって、NoisyCellのライヴを初めて観たのが、6月28日に代官山UNITで行われた自主企画イベント〈LIGHTSHIP CRUISE Ⅲ〉でのこと。そこで観たものは、効果的なSE、派手なレーザー、プロジェクターを使った映像を駆使したライヴ。同期も使ったハードなサウンドから抒情的なメロディまで、1曲ごとに異なる演出によるエンターテイメント性溢れるもので、ハッキリ言ってこちらの予想を遥かに超えていた。その印象はそのまま、フル・アルバム『Wolves』のイメージと繋がっている。EPやミニ・アルバム全盛の音楽業界において、全15曲のフル・ボリュームの作品で勝負をかけるメンバー4人に、それぞれのルーツについて、アルバムについて、そして自主企画やツアーについて。思う存分語ってもらった。

インタヴュー・文 : 岡本貴之

メンタル的な支えになってくれている

──NoisyCellはどんな成り立ちで出来たバンドなんですか。

Ryosuke : もともと、俺とギターのRyoが高校の同級生で、軽音楽部で初めて音楽をやることになったんです。それがもとになって、活動をなんとなく続けて行ったんですけど、2014年にVAP(現在の所属レコード会社)に声を掛けてもらって、メジャーデビューしました。

Ryo : そこからメンバーチェンジを経て、2016年に現在の4人になったんです。

──RyosukeさんとRyoさんは、どんな音楽をやりたくて一緒に始めたんですか? ボカロを使って作っていたこともあるそうですが。

Ryo : ああ、そうですね、一時期は。Ryosukeとは軽音楽部を通じ出会って、同級生とバンドをやったりしていたんですけど、卒業のタイミングで2人でやるようになったんです。そのあたりから僕も宅録をするようになって、作った曲に歌を乗せてもらったりして。その延長でボーカロイドとかもやってみたりはしていました。広く聴いてもらえるきっかけづくりになれば、と思って始めたことなんですけど。

──もともとの2人の音楽志向って似てたんですか。

Ryosuke : 意外と、似てるようで似てなかったというか、似てなかったようで似てたような気もするし。

──どっちなんですか(笑)。

Ryo : (笑)。

Ryosuke : どっちかというと俺は邦楽が好きで。BUMP OF CHICKENとか、鬼束ちひろとか絢香とかポップ路線な音楽を聴いていたんです。Ryoもそういう音楽は知っていたけど、ラウド系とかメタルとかの洋楽でシャウトが入った曲の方が好きだったんですよね。俺も関わっていく中で色々聴くようになって、その中で共通の好きなものが生まれていった感じです。

──それをどうやってオリジナル曲にしていくんですか。

Ryo : 当時も今も、アイデア出しから自分がやってます。今はメンバーから曲のアイデアがくるときもあるんですけど、基本的には自分の趣味、やりたいことをある意味メンバーに押し付けているというか(笑)。そこからバンドに落とし込んでいきます。

──Kiaraさんは、どんな音楽が好きでしたか。

Kiara : 自分は、Ryosukeの言ったJ-POPから、Ryoが好きなメタルとかの洋楽まで、幅広く好きですね。子供の頃に親がよく聴いていたボン・ジョビとか、テレビでよく流れていたポップスなんかを今も聴き返したりしています。

──洋楽でもどちらかというと、ポップでメロディがあるものが好きなんですね。Tatsuyaさんはどんな音楽から影響を受けましたか?

Tatsuya : 俺はもともと、90年代のエモ・スクリーモが好きなんですよ。フィンチとか、フューネラル・フォー・ア・フレンドとかが好きでずっと聴いていて。上京してエモのバンドをやりたいって思っていたんですけど、NoisyCellのことは以前から知っていて。色んなバンドに、ドラマーが抜けたときに募集していないか電話していたんですけど、そうこうしているうちに「NoisyCellのドラム空いたけど、どう?」って逆に電話がかかってきて。「やりたいやりたいやりたい~!!」って言って入ったんです(笑)。

──すごい情熱(笑)。そこまで言われたらやってほしいってなりますよね。

Ryo : 新メンバーの2人は、新たに加わってくれたことで、メンタル的な支えになってくれているというか、僕とRyosukeは口下手で内向的な感じなんですけど、この2人は結構にぎやかし担当だったり、奇抜なアイデアを持ってきてくれるので、ライヴでは助かってますね。

──曲作りについてお伺いしますが、Ryoさんはプログラミングも担当しているんですよね。それはデモの段階である程度完成されているんですか。

Ryo : 今回はプロデューサーにakkinさんが参加したので、一緒に作業をしたんですけど、基本的にはデモで打ち込みも含めて8割くらいは完成させて、レコーディングでやりながら完成させていくっていう感じですね。

──そういうときに、新メンバーからのアイデアが活かされるようになった?

Ryo : そうですね。ただ、Tatsuyaからはよく「一発でグッとくる音作ってきて」って言われていて(笑)。無茶ぶりだなとか思いながらも、やっていく中でどんどん良くなっていくので。こう言うとなんですけど、打ち込みとかについて専門的に知らない分感覚的に応えてくれるメンバーが加わったことによって、新鮮なアレンジのアプローチが閃いたりもするので。そういうところで助けられたりしています。

「これが歌いたいことだったんだ」って見つけられた

──今作のジャケットには、バンド名に由来してあらゆる細胞をデザインしているとのことですが、そもそものバンド名の由来って?

Ryosuke : 由来ですか!? う~ん、カッコイイから(笑)。

Ryo : (笑)。バンド名の意味としては、細胞ってすごく小さいものっていうイメージがあって、自分たちを細胞に見立てて、ものすごく頑張って騒いでるっていうことから、NoisyCellっていう名前になったんです。今回のジャケットで、NoisyCellっていう存在をドカンと出したいなっていうところから、細胞にフィーチャーしたデザインになりました。

Ryosuke : これはもともと、今年の頭くらいに開催されていた「君と免疫。展」という体験型アート展に展示されていた、石井正信さんのイラストなんですよ。免疫細胞ってたぶん、こういう形はしていないんですよね。でも、石井さんが細胞が持っている役割からイメージして描いたイラストが何枚かあって。それをジャケットデザインを決めるにあたって使わせてもらったんです。

──先日、自主イベント〈LIGHTSHIP CRUISE Ⅲ〉(6月28日 (木) 代官山UNIT )を拝見したんですが、このイベントを始めたことで、3年ぶりのアルバムにフィードバックされたものもあるのではないかと思います。どんな思いでやっているイベントか教えてもらえますか。

LIGHTSHIP CRUISE Ⅲ

Ryosuke : このイベントは、昔からずっと知ってくれている人たちを特に大事にしたいという思いがあって。だから、セットリストも過去の曲や、普段のライヴではやらないコアなNoisyCellを見せるっていうコンセプトでやっていて。アルバムにもたらした影響っていうと、個人個人あると思いますけど、歌で言うと、昔の歌に触れることが多くなるから、「今まで俺がどういうことを歌ってきたんだろう」って考えることが多くて。今回の制作についていえば、それを振り返ることで「言ってることがずっと変わってないな」って、自分で再認識した部分があって。「これが歌いたいことだったんだ」って見つけられたことが、結構今作の作詞において大きな影響があると思っています。

Tatsuya : アルバムに影響しているというよりは、俺自身が自主イベントをやったことがなかったので、今までやったことがないバンドとやれるっていうところですね。この前のTHE LITTLE BLACKも初めて対バンしたんですけど、自分たちのライヴに初めてのバンドを呼んでガチンコ2マンをするっていうのが、今年いっぱいの目標で。いずれはフェスにしたいっていう欲もあって。交友関係を増やしたりとか、Ryosukeが言ったように昔の曲をやって喜ばせたりとか、色んな演出も混みで会場をどんどんデカくしていきたいっていうのが俺的にはこの企画の目指しているところです。

Kiara : 新譜を出すたびに、SNSで感想をチェックするんですけど、「昔の方が良かった」とか言ってる人の感想を見たりするんですよね。それを見る度に悲しいというか。こっちは新しくてカッコイイものを出したいって思っているだけなのに。それに対して、このイベントで、「今も昔もカッコイイんだよ」っていうことを提示していきたいです。

Ryo : 自主企画を持つということ、初めての対バン相手とやるっていうこと、昔の曲をセットリストに入れるっていうこと、とにかくやりたい放題で、自分たちにとって新しい挑戦でもあって。制作で溜まったストレスを発散するいい場所にもなっているなって思っているんです。「次はこういうことをやりたい」っていうアイデアも止めどなく出てきて、レーザーを出したりプロジェクターを使ったりとか、クリエイティブな場として活きてると思うし、これを続けていくことでバンドのメンタルの維持や向上に繋がってる気がします。

──映像も駆使してメッセージ性もあって、短い時間を使ってエンターテインメントとしてちゃんと考えられているんだなって。それは、アルバムを聴いたときにも、最初と最後にアンビエントなインストが入っていて、1つのエンターテインメント作品になっている印象とも繋がっていました。

Ryosuke : ああ~それはすごくうれしいです。やっぱり、曲順を考えているときって、セットリストを考えている脳みそと一緒だったりするので。だから、ツアーをやるときはここでこういうことをやろうとか、アルバムに対してもライヴの演出とかを考えながら曲順を考えます。「この曲でプロジェクターを使いたいな」とかも考えますね。

──アルバムタイトル『Wolves』は、どんなイメージで付けましたか。


2018.7.25 NoisyCell Full Album 「Wolves」Trailer

Ryosuke : これまで、4人が集まってやっと1つになれるというか、プレイヤーとして、ヴォーカリストとして、あらゆる面でそれぞれが自立してなかったなって思うんです。『Wolves』の制作に入る少し前くらいから、みんなミュージシャンとしての強い自覚が出てきたことを感じる機会が増えてきたんです。このアルバムっていうのは、今までみたいにみんなが寄り添って1つになるんじゃなくて、4人の個性とか意思が強く際立つ作品になるだろうなって思っていて。そこから、“狼たちが集まった”っていうイメージでこのタイトルを付けました。

──2014年にメジャーデビューして以降、メンバーチェンジはあったにせよここまで続けてきて、自分たちの中で何かが足りないっていう気持ちがあったんですか。

Ryosuke : そういう気持ちがあったし、ナヨナヨしていたし、色んなことを人に任せていたし、ある部分では無責任だった気はしますね。あらゆる面で自立していなかった気がします、今までは。「良いものを作って良い歌を歌えばいいだろう」っていう。もちろんそれも当然なんですけど、それ以上にヴォーカリストとして個であるというか。そういう自覚が芽生えたのは、今回の『Wolves』からだと思いますね。

──そういう責任感が芽生えたのは何故でしょうか。そうせざるを得ない瞬間があったということですか。

Ryo : 僕個人の話でいうと、今作を作るにあたって、曲数を15曲くらいのフルアルバムにすることになった瞬間に、「今のままじゃいられないな、今まで俺は甘えてたな」って思ったんです。一分一秒たりとも気を抜かないで活動を続けようって。それがきっかけで、自分の中で出せる精一杯をやっているうちに、そのエネルギーをみんなとも共有したいなって思うようになって。個人で頑張らないと、1つになれないんじゃないかっていうことを、制作中にみんなと話し合ったりしたんですけど。それがうまく共有できたことで、より『Wolves』っていうタイトルに相応しくなったと思います。僕としては、いったん手札を出し切ろうっていう思いで曲を作っていて。今までは歌も楽器についても、本当に密に話し合って制作していたんですけど、今回は「いったん、作曲とアレンジは俺に任せてほしい」って言って、一人でやらせてもらって。そのまま演奏しても大丈夫なくらい、細かく作りこんでみんなに渡して、それをさらに自分らしく突き詰めてもらったんですよね。だから、アレンジ面の負担を減らすことによって、僕自身のアレンジの個性を出しつつ、演奏面でのみんなの個性も出すっていうことを考えました。

──例えば「Odd Afternoon」はドラム、ベースが際立っています。曲ごとにメンバーの個性を出すことを考えた結果こうなったわけですか。

Ryo : 曲ごとの個性は全部バラバラになるようにすごく考えていて。最初のデモだとそこまでベースも全開じゃなくてわりと変拍子のクセがあるなっていうくらいだったんですけど、そこをみんなと話し合ってもうちょっと個性を出そうということになって。じゃあもう、リズム隊全開の曲にしてやろうっていうことでこうなったんです。

──「時間飛行」「Tiny」のような抒情的な曲もあって、ラウドな面とは全く違うバンドにすら思えます。こういうテイストはもともとNoisyCellが持っている要素なのでしょうか。

Ryosuke : もともと俺らの中にあったものですね。そもそもジャンルっていうものにこだわりがないというか。ラウドロックをやろうって集まったわけではないし、ボカロ楽曲もちょっと違うし。「こういう曲を作らなきゃいけない」っていう決めつけは一切ないんです。単純にカッコイイものを作りたいんですよね。最近は、俺の歌にフォーカスを置いてくれているから、歌を立たせるためにはっていうところで楽曲もできていて。その中からできてきた曲なので、俺ら的には全く違和感がないんですよね。

────リード曲「虹霓」(※こうげい)はどんな意味の言葉なんですか?


NoisyCell - 虹霓(コウゲイ)

Ryosuke : 歌詞に虹のイメージがあった曲なので、タイトルをつけるときに、この言葉が浮かんで。虹の周りにある虹、2つの虹っていう意味なんです。歌詞の中では、過去の自分が現在の自分、未来の自分を追いかけていて、その自分は雨に濡れているけど、晴れ間で待っている君に近づきたいんだっていう思いで書いていて。でも、過去の自分、雨に濡れている自分も俺の中では素晴らしい自分だし、もちろんその先にいる自分も美しい自分であって。それが“2つの虹”を意味する「虹霓」っていう言葉と噛み合って、このタイトルになりました。

曲の世界観として体感できるライヴになる

──では、アルバムから1人1曲ずつピックアップしてもらえますか?

Kiara : 僕は今話に出た「虹霓」です。この曲はアルバムの中でも、「キター!」っていう広がりがある感じと、自分たちの未来というか、この曲を持って大きな舞台に立つ自分たちを感じることができる曲です。

Tatsuya : 俺は「M.R.W.」です。アルバム唯一の英詞曲なんですけど。俺の勝手な意見だと、昔のNoisyCellだったらリードになっているかなっていう気がしていて。ただ、もちろん「虹霓」とか「Wolves」とか好きな曲がいっぱいあるんですけど、あえてこの1曲がアルバムの流れで並んだときに、懐かしさがあるというか、「やっぱいいな!」って思い返したりできる曲なので、俺は好きですね。

Ryo : 僕的には、この曲だけスネアを80年代風の音にしていて、リバーブがかかっている面白い音なんですよ。ドラマーとしてそこもアピールしてほしい(笑)。

Tatsuya : 確かに、そこはすげえこだわってましたね(笑)。一音一音、こだわりがあります。

Ryo : どの曲も最高の出来なので、1曲挙げるのは悩ましいんですけど、ギタリストとして挙げると「夜」ですね。この曲のダイナミクスというか、静と動の流れる感じが昔から大事にしてきた部分で、ずっと表現したかった曲だったので、それが上手く表現できたと思ってます。それと、激しいギターソロがあって、ギタリストとして楽しくレコーディングできた部分なので、聴きどころになっていると思います。


NoisyCell - 真昼の月

Ryosuke : 自分は、14曲目の「真昼の月」がお気に入りです。すごくドラマがあった曲で。デモの状態から完成するまでにものすごくグレードが上がっていったんです。生のストリングスを入れたんですけど、それをレコーディングに立ちあって聴いたときに「うわっこの曲、こんなヤベえ曲だったんだ⁉」って思って。レコーディングしていく過程でどんどん好きになって行った曲で、レコーディングの一番最後に歌録りした曲だったんです。そのとき、歌録りが続いていたこともあって、声が出なくなってしまって、その日は歌録りを断念してしまったんです。それがすごく悔しくて。それで、家に帰ってたくさん練習して歌詞も変えたり、苦しみながら録ったので、その分達成感もある曲で。すごく思い入れが深い曲ですね。

──壮大なバラードですから、ライヴでの重要なところで披露されそうですね。

Ryosuke : はい、そう思います。自画自賛ですけど、このアルバムはすごく良い作品で、今も推し曲に迷ったくらい、全部良い曲なんですよね。そのアルバムのラストを飾るっていいうのは、すごく責任があると思うんです。見事にその役割を果たしている曲だと思います。ライヴでも絶対やるでしょうから、演出も含めて期待してほしいですね。

──リリースツアー〈NoisyCell presents Wolves Tour 2018〉ではどんなところに注目してほしいですか。

Ryosuke : 俺ら自身のパフォーマンスももちろんなんですけど、アルバムの曲を、ライヴではこう見せるんだっていう、演出に凝りたいですね。曲の繋ぎ方、間、終わり方だったりとか、曲を表現するためのツールをいっぱい用意しているので、細かい部分がアルバムをイヤフォンで聴いたときよりももっともっと、曲の世界観として体感できるライヴになると思っているので、そういうところを注視してほしいですね。

Ryo : 今まで以上に、より曲が伝わりやすいようにテーマを意識して作っているので。その分、一体感が生まれやすくなったと思うんです。このツアーを通してお客さんとより一体感が生まれて、それが広がっていくようなツアーにできればと思っています。

Kiara : 今回のアルバムは各曲のテーマ性が強いので、各曲の世界観をライヴで楽しんでもらえたらなと思います。

Tatsuya : 「虹霓」みたいに、爽やかで疾走感がある感じの曲とかってこれまでなかったと思うし、アルバムには今までにないような曲が入っているので、それを組み合わせてこれまでと全然違うライヴができるんじゃないなって思っています。今からすごく楽しみです。

DISCOGRAPHY

LIVE INFORMATION

NoisyCell presents Wolves Tour 2018

2018年8月25日(土)@千葉LOOK
2018年8月26日(日)@横浜BB STREET
2018年8月31日(金)@富山SOUL POWER
2018年9月1日(土)@新潟RIVERST
2018年9月2日(日)@伊那GRAMHOUSE
2018年9月6日(木)@八戸FOR ME
2018年9月7日(金)@仙台enn3rd
2018年9月9日(日)@岩手the five morioka
2018年9月15日(土)@大須RAD HALL
2018年9月16日(日)@心斎橋BRONZE
2018年9月17日(月祝)@福岡LIVEHOUSE Queblick
2018年9月22日(土)@大分club SPOT
2018年9月23日(日)@熊本Django
2018年9月24日(月祝)@出雲APOLLO
2018年10月12日(金)@旭川CASINO DRIVE
2018年10月13日(土)@苫小牧ELLCUBE
2018年10月14日(日)@札幌※後日詳細解禁
2018年10月19日(金)@京都GROWLY
2018年10月20日(土)@岡山CRAZY MAMA 2nd Room
2018年10月21日(日)@高松TOONICE
2018年11月4日(日)@沖縄output  

NoisyCell presents LIGHTSHIP CRUISE Ⅳ

2018年9月29日(土)@代官山UNIT

PROFILE

NoisyCell

圧倒的な声量と超絶ハイトーンボイスのボーカルRyosuke、エモーショナルで多彩なメロディーを紡ぐギターRyoを中心に結成、2014年VAPよりデビュー、様々なアーティスト遺伝子を継承したハイブリッドサウンドで唯一無二の存在感を放っている。

official HP

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

TOP