レーベルTuff Beatsが、震災救済楽曲を発表!

7年目を迎えたレーベルTuff Beatsが、東日本大震災を受けてコンピレーション・アルバムを作り上げた。アルバムのテーマは「アンプラグド=節電」。少しでも多くの電力が、被災地や本当に必要な所に行き渡るよう一人一人が節電し、"電気を付ける前にまずは自分のハートに火をつけよう"をコンセプトに、Tuff Beatsゆかりのミュージシャンが集まりアンプラグドで演奏した楽曲を集めた。そして売上の一部を義援金として、日本赤十字社を通して寄付する。Tuff Beatsの熱い心意気に賛同して欲しい。

CD発売日より配信でいち早くお届け!

V.A / Light My Fire
 

Light My Fire

V.A.

¥ 1,600

【Track List】
1. 明日 / Kieson
2. フレーフレー日本人 / マイク眞木
3. 小さな目 / 児玉奈央
4. SURVIVOR'S JAM / Kenji Suzuki a.k.a. Kenji Jammer
5. 国の花 / 大城美佐子
6. 橋 / 小野一穂
7. 愛燦燦 / Leyona
8. ジャンマ・ジャンマ(Himajayan "Sativa" version 4200 / NAOITO
9. とうめいにんげん / ラキタ
10. slow / 上田耕平
11. しあわせ / NUU


参加アーティストからのコメント

精出せば 凍る間もない 水車かな
ーKeison

バラは必ず咲きます。
ーマイク眞木

今日も歌が歌えることに感謝 これからもずっと発信します もっともっと深くつながりたいから!w/Love a lot
ー児玉奈央

東日本大震災で被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。音楽で少しでも皆さまの気持ちが明るくなっていただければとロンドンより一曲参加させていただきました。一日も早い復興の日が実現されますように。
ーKenji Suzuki a.k.a. Kenji Jammer

被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。私の唄が少しでも慰めになればという思いを込めてレコーディングしました。一人ひとりの方が安心して暮らせる日が、一日も早く戻ることをお祈りいたします。
ー大城美佐子

大切なメッセージは我々が気付く遥か昔からあった。現代社会が祖先からのメッセージをナイスキャッチできるように改めて自然観や死生観を見つめ直す時かと思います。ジャンマ・ジャンマと鳴る音を分かち合い沢山の愛の種が植えられますよう祈っております。合掌。
ーNAOITO

「ゆっくり、はじめよう。できることからなんでもやりたい。」今、自分にたいしてそんな気持ちでいます。
ー上田耕平(天草、YoLeYoLe)

歌おう 手をつなごう 話そう 笑おう 抱きしめよう 泣こう 生きよう
ーNUU

震災以降、様々な試練が日本列島を襲っています。大好きな日本がダメージを受けているのに心から楽しめない。グレーに冷えてしまった僕の心を少しづつほどいてくれたのは日々の音楽でした。僕の唄でも誰かの心が少し、ほぐれたらいいな。
ー小野一穂

どこにいても どんなときも
愛が燦燦と降りそそぐように
想いを込めて尊敬する美空ひばりさんの
ナンバーを歌わせていただきました

うたが歌い継がれてつながっていくように
人びともあたたかい愛でつながっていると信じています。Love&Smile
ーLeyona

元どうりにはならないだろうけど、亡くなった人や大切な物を胸に抱いて、突き進め!
ーラキタ


足元を照らす灯火のような音楽

音楽は時間を選ばない。けれど、この作品はできれば夜に聴いて欲しい。空が暗くなるにつれて人の心も夜に近づく。深夜になれば家の周りから音が消え、ふと心細さに襲われる瞬間が訪れる。そんな静寂が不安や恐怖を運んでくる時間帯、この優しい曲ばかりを集めたアルバムを聴いて欲しい。心に静かな炎が灯り、夜を越え、明日を迎えるために必要な光と熱を与えてくれるだろう。

レーベル、Tuff Beatsの声かけにより集められた所属ミュージシャン、総勢11組により制作されたこの『Light My Fire』は、売り上げの一部が義援金として日本赤十字を通して寄付される、東日本大震災救済支援のために作られたコンピレーション・アルバムだ。アルバムのテーマは「アンプラグド=節電」。テーマそのままではあるが、アンプラグドで演奏された曲ばかりを集めている。SOUL FLOWER UNIONが阪神淡路大震災時に「出前慰安ライヴ」と銘打ち、電気を使わないチンドン・スタイルで被災地に演奏をしに行ったように、電気はなくとも人の心を躍らせる音楽は生まれる。いやむしろこの作品を聴いていると、電気による装飾の無い裸の音楽の方が、その熱が直で伝わるのではないだろうか。

マイク眞木

先ほど「明日を迎えるための光と熱」と述べたが、『Light My Fire』の一曲目にはまさに「明日」というタイトルが付けられている。Keisonによる楽曲だが、優しい渋みを帯びた声と潮の香りのするギターに、誰もが一聴して心も頭もほぐされるだろう。静岡県出身の彼のオフィシャル・サイトにはサーフィンの写真がアップされている。潮の匂いがするのはそのせいかな、そんな風に考えながら二曲目「フレーフレー日本人」に続くと、Keisonがそのまま歳をとったかのように渋みと癖が深くなった声と、語りかけるように優しいメロディが流れ始める。どんなベテラン歌手だ? と思い資料を見てみれば、マイク眞木の名前があった。俳優のイメージが濃い彼だが、名曲「バラが咲いた」を生んだ歌手であり、サーファーでもある。

続く児玉奈央の「小さな目」の「正義感にかき立てられて 君は戦士にならなくていいよ」という歌詞に、心の中に固く結ばれていた緊張の糸が少しほどかれた。「今、何かしなくては」という気持ちは大切だけれど、その風潮の中で自分の無力さを感じる人も多いのでは。そういう人たちに届いて欲しい曲だ。その後、沖縄民謡の唄者であり、映画「ナビイの恋」「ホテルハイビスカス」「涙そうそう」にも出演した大城美佐子の「国の花」、Leyonaによる美空ひばりのカヴァー「愛燦々」、弾き語りをしながら世界を放浪する旅人NAOITOの「ジャンマ ジャンマ」など、全員が日本人なのに無国籍にすら感じるほど、多彩な音楽が続く。ジャンルレスに良質な音楽を追い続けるTuff Beatsの信念が窺える。

児玉奈央

ボガンボス、どんとの息子であり、惜しまれながら解散したズットズレテルズのボーカル、ラキタの「とうめいにんげん」は、過激なほどに素直な歌詞。この素晴らしさは間違いなくアンプラグドでなければ表現しきれなかっただろう。先日、福島県の方が「上を向いて歩こうなんて、まだ無理です。前を向くのだけで必死です。」と話していたと聞いた。上を向いて歩くには、空が必要だ。しかしその空が青くもなく、雲もなく、星もなく、ただ真っ暗だったら? 今はまだ涙がこぼれないよう無理して上を向かなくていい。ただ一歩一歩ゆっくりでも歩みを進めるために、前の景色を見据えよう。『Light My Fire』は、果てしなくまっすぐ続く道の足元を照らす灯火となってくれる作品だ。(text by 水嶋 美和)

Tuff Beatsの過去作も配信スタート!

Peace Tree

V.A.

¥ 1,543

Recommend

Wyolica / Castle of wind

99年のデビュー以来知名度、人気ともに音楽リスナーのみならず、アーティスト達への人気も高く、ここまでスネオヘアー、MOOMIN、SOFFet、 FLOW、Steady & Coなどとコラボレーションを果たし、多くの人の心と耳を掴んでいる彼女。フル・アルバムとしては6枚目の今作は7年振りとなる。2009年12月に東京グローブ座でのライブのチケットも即完するなどその健在ぶりをアピール。特有の優しくも切ない路線はそのままに更にバラエティに富んだ楽曲が揃っており、ゲストの椎名純平と唄うバラードの完成度は鳥肌モノ。

VELVET SONGS

V.A.

¥ 1,500

V.A / VELVET SONGS

七尾旅人、曽我部恵一、Chocolat & Akito、bird、Wyolicaら13組のアーティストが、様々なアプローチで歌い上げた、豪華カヴァー・アルバム。日本の良質なボップスを数多く送りだしたアルファ・レコードより、荒井由実、吉田美奈子、ガロ、ハイ・ファイ・セットら初期の作品にフォーカスをあてた、新しくも懐かしくもある一枚。

オトトイの支援楽曲もお見逃し無く

東日本大地震救済支援コンピレーション・アルバムです。Vol.1からVol.10まで集まった186曲を収録。タイトルには、「日本の未来のために演奏する」と言う意味を込めています。我々の思いが、少しでも被災地に届きますように。みなさん、一緒に、粘り強く、再建と復興をめざして歩んでいきましょう。

PROFILE

Tuff Beats
所属アーティストにNAOITO、Keison、児玉奈央、Kenji Suzuki a.k.a. Kenji Jammer、大城美佐子、今野英明等が所属しCDの制作と発売、ライヴ・イベントの企画制作、ラジオ番組の企画、楽曲の管理・開発を行い、独自のスタイルを確立。ジャンルや時代にとらわれない音楽を発信するスタイルで2004年8月よりスタート。

Tuff Beats official HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
【REVIEW】ポップの旗手としてミツメの飛躍が始まる! ──史上最高のポップ・ソングをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ポップの旗手としての飛躍が始まる! ──ミツメの史上最高のポップ・ソングを、ハイレゾ配信&レヴュー掲載 2016年のアルバム『A LONG DAY』リリース以降、国内12箇所、15公演、中国7都市、台湾、韓国、ロサンゼルスをまわるツアーを行ったミツメが、満を持してシングル「エスパー」をリリースした。ミツメ節と言える、人肌の温かいポップ・エッセンスを還元濃縮した、ミツメ史上最高との呼び声高いポップ・ソング「エスパー」を表題曲にし、初期ミツメを彷彿とさせながらも、ライブで培った圧倒的な演奏力と、進化し続ける川辺のソングライティングが爆発。新たな一面とミツメらしさを兼ね備えたこちらの最新作を、OTOTOYではハイレゾ配信、そして楽曲をよりお楽しみいただくためにレヴューを掲載する。 ミツメ史上最高のポップ・ソングエスパー / ミツメ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【価格】単曲 324円(税込) / まとめ 540円(税込) 【収録曲】''1. エスパー2. 青い月 REVIEW : いまだかつてなく熱っぽいミツメのポップ宣言 こんなにも熱っぽいミツメを聴く時が来たと
[CLOSEUP]・2017年12月20日・《12ヶ月連続配信企画、第10弾》──新たな「はじまり」に胸を打つ、どストレートなウェディング・ソング 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らがこの度、第10弾「はじまり」の配信をスタートした。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、新たな「はじまり」を祝福する第10弾goodtimes / はじまり'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. はじまり REVIEW : 和やかな愛の延長戦にある、どストレートなウエディング・ソング ついに彼らの配信楽曲も10曲目に突入! こちらの配信が毎月の楽しみになっている人も少なくないはずだ。そんな記念すべき第10弾は、新郎から新婦へ送られた手紙にそのままメロディをつけたかのような、どストレートなウェディング・
何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界
[CLOSEUP]・2017年12月22日・何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界 world's end girlfriendによる6年ぶりのアルバム『LAST WALTZ』、wegの音としか形容のしようのない、圧倒的な世界観を繰り広げていたが、このたび、収録楽曲をさまざまなアーティストがリミックスしたリミックス・アルバム『LAST WALTZ REMIX』をリリース。主宰レーベルのアーティストなど、多彩な顔ぶれのリミキサーたちが、その世界観をさらに拡張している。OTOTOYでは本作品をレヴューとともにハイレゾ配信でお届けしよう。 豪華クリエイター陣によるリミックス・アルバム!!world's end girlfriend / LAST WALTZ REMIX'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 173円(税込) / アルバム価格 1,728円(税込)※AACのみ単曲 162円(税込) / アルバム 1,620円(税込) 【収録曲】01. matryoshka REMIX / Plein Sol
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤナセジロウのソロ・プロジェクトbetcover!!がデビュー作『high school !! ep.』をリリース
[CLOSEUP]・2017年12月20日・恐怖をも感じさせる衝撃的な出会い──betcover!!デビュー作『high school !! ep.』をリリース 今後インディー音楽シーンの一端を担うことになるであろうサウンド・センスを持った表現者、ヤナセジロウ。“betcover!!”は、彼のソロ・プロジェクトとして2016年夏に本格的な活動を開始し、同年にロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・オーディション「RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN」で優勝した、いま最も魅力ある若手アーティストのひとりである。デビュー作となる『high school !! ep.』は関わったクリエイター全員が高校生であるという、まさに現音楽シーンへの若者からの挑戦状となるような1枚。Earth Wind & Fireなどのブラックミュージックをルーツとしつつ、予想を裏切る多様な切り口で聴く者を翻弄する傑作『high school !! ep.』を、レヴューと共にお楽しみください。 若者からの挑戦状! デビューEPを配信中! betcover!! / high school !! ep.'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(1
by ai
【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事