album jacket
Add the Album to the Cart
TitleDurationPrice
1
まちのくらし (Native Fukushiman Version) -- sominica  mp3: 16bit/44.1kHz 04:29 N/A
2
直江津 -- PADOK  mp3: 16bit/44.1kHz 02:22 N/A
3
最高の夜がはじまる -- 有明け  mp3: 16bit/44.1kHz 03:21 N/A
4
クラシックミュージック -- 中村好伸  mp3: 16bit/44.1kHz 05:06 N/A
5
One Light Blues -- Shinsaku Moriyama from PETSET  mp3: 16bit/44.1kHz 03:03 N/A
6
omicron(ayumu haitani remix) -- 4 bonjour's parties  mp3: 16bit/44.1kHz 05:57 N/A
7
月光調 -- Harp On Mouth Sextet  mp3: 16bit/44.1kHz 05:58 N/A
8
resilienza -- Gak Sato  mp3: 16bit/44.1kHz 05:30 N/A
9
炎天・雨天 -- グリンフィールドのアフターダーク  mp3: 16bit/44.1kHz 05:56 N/A
10
Ten to Sen -- imaginion + Tyme.  mp3: 16bit/44.1kHz 03:37 N/A
11
stay to move -- minamo  mp3: 16bit/44.1kHz 06:04 N/A
12
Kokuu -- monocism  mp3: 16bit/44.1kHz 07:42 N/A
13
In Between the Hands -- üka  mp3: 16bit/44.1kHz 03:36 N/A
14
Polar Chalors -- Polar Chalors (HATA from Dachambo & SINSUKE FUJIEDA)  mp3: 16bit/44.1kHz 08:28 N/A
15
Tata -remix- -- 夢中夢  mp3: 16bit/44.1kHz 06:18 N/A
16
PERSPECTIVE -- 坂本美雨 with 中島ノブユキ+高田漣  mp3: 16bit/44.1kHz 05:33 N/A
17
cá ông -- enami Taisuke(江南泰佐)  mp3: 16bit/44.1kHz 03:13 N/A
Album Info

東日本大地震救済支援コンピレーション・アルバムです。 アルバム・タイトル 『Play fo Japan』 には、 「日本の未来のために演奏する」 と言う意味を込めています。 我々の思いが、 少しでも被災地に届きますように。 みなさん、 一緒に、 粘り強く、 再建と復興をめざして歩んでいきましょう。

Note

DL期間 : 2011年4月1日~2012年3月11日

ディレクター : 金子厚武

マスタリング : 岩谷啓士郎

ジャケット・デザイン:多田玲子(Kiiiiiii)

Add the Album to INTEREST

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

News

ハチスノイト、『Universal Quiet』リリースパーティーを教会で開催

ハチスノイト、『Universal Quiet』リリースパーティーを教会で開催

11月13日(木)に初のソロ・アルバム『Universal Quiet』をリリースしたハチスノイトが、リリースパーティーを2015年1月31(土)に開催することが発表された。 すべて声のみで作られた初のソロ・アルバム『Universal Quiet』の荘

ハチスノイト、初ソロ・アルバムからMV公開

ハチスノイト、初ソロ・アルバムからMV公開

11月13日(木)に初のソロ・アルバム『Universal Quiet』をリリースするハチスノイトが、アルバム収録曲「kamuy mintar」(short ver.)のミュージック・ビデオを公開した。 夢中夢、Magdalaのボーカリスト、ハチスノイ

ハチスノイト、“声”のみで作られた初のソロ・アルバム『Universal Quiet』をリリース

ハチスノイト、“声”のみで作られた初のソロ・アルバム『Universal Quiet』をリリース

夢中夢、Magdalaのボーカリスト、ハチスノイトが初のソロ・アルバム『Universal Quiet』を11月13日(木)に発売することが明らかになった。 バンド、ユニットでの活動のほか、ソロ・ボーカリストとして東京都現代美術館10周年記念公演〈F

LAKE来日公演、Turntable Films、ヤンカノイらがサポート、ELEKIBASSによるおもてなしアフター・パーティーも

LAKE来日公演、Turntable Films、ヤンカノイらがサポート、ELEKIBASSによるおもてなしアフター・パーティーも

9月10日(水)から初のフル・バンド編成での来日公演をおこなうLAKE。ツアー詳細が発表され、Turntable Films、ヤンカノイらがサポート・アクトとして出演すると共に、ELEKIBASSによるアフター・パーティーが開催されることがあきらかにな

world's end girlfriend、AKB48映画音楽を担当

world's end girlfriend、AKB48映画音楽を担当

7月4日(金)に公開となるAKB48ドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』(監督 高橋栄樹)の音楽をworld's end girlfriendが担当す

レイクがフル・バンド編成で来日ツアー開催、京都はTurntable Filmsと2マン

レイクがフル・バンド編成で来日ツアー開催、京都はTurntable Filmsと2マン

USインディの名門レーベル〈K〉所属のレイクがフル・バンド編成として初の来日ツアーを開催。松本、京都、金沢、名古屋、東京と5都市での公演を予定している。 レイクは、人気アニメ「Adventure Time」の主題歌を担当するなどソロとしても活動するアシ

More News Collapse
〈ぐるぐるTOIRO〉第1弾でATATA、虚弱。、ギターウルフら10組

〈ぐるぐるTOIRO〉第1弾でATATA、虚弱。、ギターウルフら10組

埼玉スタジアムのコンコースを使って行われるインディ音楽祭〈ぐるぐる回る〉。そのスピンオフ・イベントとして6月8日(土)、9日(日)に開催される〈ぐるぐるTOIRO 2013〉の第1弾出演アーティストが発表された。 今回発表されたのは、ATATA、ギター

RTでチケプレあり! ケイト・シコラのレコ発に4bon、キャロライン、aoki laska

RTでチケプレあり! ケイト・シコラのレコ発に4bon、キャロライン、aoki laska

日本で活動する女性シンガー・ソングライター、Kate Sikoraのレコ発パーティが、1月31日(木)の渋谷O-nestで行われる。 彼女が7年ぶりにリリースした2ndアルバム『JUST ENOUGH SPACE』の発売を祝う今回のパーティ。この記念す

Magdalaが教会を舞台に心洗われるスペシャル・ライヴを披露――OTOTOYライヴレポ

Magdalaが教会を舞台に心洗われるスペシャル・ライヴを披露――OTOTOYライヴレポ

「夢中夢」のボーカリスト、ハチスノイトと、ロックバンド「Aureole」の中心人物でkilk recordsを主宰する森大地によるユニット『Magdala』が、東京都内にある教会、ルーテル市ヶ谷の礼拝堂でオーケストラ編成によるスペシャル・ライヴをおこな

Magdalaが教会を舞台に心洗われるスペシャル・ライヴを披露――OTOTOY最速レポ

Magdalaが教会を舞台に心洗われるスペシャル・ライヴを披露――OTOTOY最速レポ

photo by ameshiba 「夢中夢」のボーカリスト、ハチスノイトと、ロックバンド「Aureole」の中心人物でkilk recordsを主宰する森大地によるユニット『Magdala』が、東京都内にある教会、ルーテル市ヶ谷の礼拝堂でオーケスト

森大地とハチスノイトによる新プロジェクト、Magdalaの最新MVが公開

森大地とハチスノイトによる新プロジェクト、Magdalaの最新MVが公開

夢中夢のボーカル・ハチスノイトと、Aureoleのリーダー・森大地が結成した新バンド、Magdalaによる「記憶のかえるところ / memories」のミュージック・ビデオが公開された。 多彩な歌声を駆使して個性的な世界観を築くハチスノイトと、ミニマル

夢中夢・ハチスノイトとAureole・森大地による新バンド、Magdalaが1stアルバムを発表!

夢中夢・ハチスノイトとAureole・森大地による新バンド、Magdalaが1stアルバムを発表!

夢中夢のボーカル・ハチスノイトと、Aureoleのリーダー・森大地が結成した新バンド、Magdala。彼らが1stアルバム『Magdala』を12月5日(水)にリリースすることが決まった。 教会音楽のように汚れのない楽曲から、迷宮のように複雑なミニマル

Kレーベル発のポップ・メイカー、LAKEが初の来日ツアー開催

Kレーベル発のポップ・メイカー、LAKEが初の来日ツアー開催

USインディーを代表するレーベル〈K〉所属のバンド、レイクが初の来日ツアーを開催する。 LAKE「Within/Without」 同ツアーは、国産インディー・レーベル〈7e.p.〉の10周年記念企画の第4弾として行われるもの。今回はバンドの中核で

Collapse

Articles

kilk records session Vol.8「DEEP MOAT FESTIVAL座談会」

連載

kilk records session Vol.8「DEEP MOAT FESTIVAL座談会」

まだ名前はないかもしれない。しかし、一つの波として時代を象徴するであろうシーンが東京を中心にうごめいている。その中心にいるレーベルがkilk records。もっと言えば、そのレーベル・オーナーの森大地だ。彼がkilk recordsからリリースしているア…

Kilk records session Vol.2「歌姫達の女子会」

インタヴュー

Kilk records session Vol.2「歌姫達の女子会」

Kilk records session 第2弾は女子会!新進気鋭のレーベルKilk recordsによる連載企画、第二弾のテーマは、なんと女子会!! ありそうでなかったアーティストたちによる女子会を、今回特別に覗かせていただけることになりました。幹事を務…

gak Sato『gF』インタビュー

インタヴュー

gak Sato『gF』インタビュー

Gak Satoの新作『gF』をHQD音源で配信開始!Gak Satoはいくつもの面から音を作り出している。テルミン奏者、Webや電話機のサウンド・デザイン、福富幸宏や東京スカパラダイスオーケストラなど名だたるアーティストを手がけるリミキサー、そして、今回…

グリンフィールドのアフターダーク『ソウル・アノニマス』 フリー・ダウンロード & HQD音源配信!

ライヴレポート

グリンフィールドのアフターダーク『ソウル・アノニマス』 フリー・ダウンロード & HQD音源配信!

グリンフィールドのアフターダークの新作をHQDで美術大学出身のメンバーで結成されたグリンフィールドのアフターダークの渾身のファースト・アルバムがリリースされる。オトトイでは、その新作『ソウル・アノニマス』を24bit/44.1khzの高音質音源(HQD)で…

4 bonjour's parties『okapi horn』インタビュー

インタヴュー

4 bonjour's parties『okapi horn』インタビュー

バンドと言うよりは音楽集団と呼ぶ方がしっくりくる。国内外を問わず、そういったミュージシャンが増えてきている。大所帯ならではの豊かな演奏とハーモニー、そこから生まれる祝祭感。このたび、2枚目のアルバム『okapi horn』をリリースした4 bonjour'…

クレイジー・フォーク・バンド 有明け『ライディングマン』 text by 渡辺裕也

レヴュー

クレイジー・フォーク・バンド 有明け『ライディングマン』 text by 渡辺裕也

長かった冬はようやく明けたみたいだ。もうコートを着込む必要がないような暖かい陽気。気分がいいので近所の公園まで散歩に出てみる。遊具で遊ぶ子供。煙草を吸いながら物思いに耽るサラリーマン。ここまでまったく違う人生を歩んできた者達が、それぞれの事情で、今この公園…

session#16 有明け×はいからさん

連載

session#16 有明け×はいからさん

TalK SessioN by musicians!ジャンルと世代を縦横無尽に駆け巡りお送りする、レコミュニPodcastシリーズ『recommuni TalK SessioN』。 今回のセッションは溢れ出すソウルが特徴的な2組のアーティスト。にじみ出るリ…

session#15 いなかやろう×有明け

連載

session#15 いなかやろう×有明け

TalK SessioN by musicians!ジャンルと世代を縦横無尽に駆け巡りお送りする、レコミュニPodcastシリーズ『recommuni TalK SessioN』。 共同プロデューサーに吉田肇()を迎えたセカンド・アルバム『すばらしい日々』…

サウンドポタージュ diskunion × CR-J tokyo

インタヴュー

サウンドポタージュ diskunion × CR-J tokyo

'''「サウンド・ポタージュ」selected by diskunion CRJ-tokyo'''去年からなにやらインディーズ・シーンが騒がしい。リリースが相次ぎ、多くの自主企画が開催され、どこかしらでインディーズ・バンドが大騒ぎを繰り返しているのだ。そん…