Gak Satoの新作『gF』をHQD音源で配信開始!

Gak Satoはいくつもの面から音を作り出している。テルミン奏者、Webや電話機のサウンド・デザイン、福富幸宏や東京スカパラダイスオーケストラなど名だたるアーティストを手がけるリミキサー、そして、今回はgiuliano Fujiwaraのファッション・ショーのために5年間に渡って書いてきた楽曲を再構築し、アーティストとしての新作『gF』を聞かせてくれる。そのサウンドはダブ、ジャズ、テクノ、ハウス、エレクトロニカと様々なジャンルを思わせるが、ひとつひとつの音が考え抜かれ、絶妙なバランスを保つことで見事にポップで端正な楽曲として成立している。クールに洗練されていると同時に素直に楽しめる稀有な作品だ。その成立過程と彼の音楽への考え方をメール・インタビューで答えてもらった。

インタビュー & 文 : 滝沢 時朗

>>>『gF』収録の「little rift」のフリー・ダウンロードはこちらから!

傑出したクオリティ! 24bit / 48khzの高音質でリアルな音の粒を体感してください!

gF

Gak Sato

Album ¥1,650

Gak Sato / gF

【TRACK】
1. protection & movement / 2. diagonal path / 3. erratum dub / 4. little rift / 5. so what you want? / 6. alluda / 7. liquification / 8. dtrt / 9. a man's attitude / 10. my favorite chaos / 11. my favorite things

Art Director : 松村正大

『Easy Tempo』シリーズや数々のリミックス作品で知られるGak Satoがgiuliano Fujiwara(ジュリアーノ・フジワラ)ミラノ・メンズ・コレクションのために過去5年間に渡り、書き下ろしたサウンド・トラックを再構築したアルバム。ともにミラノを拠点として活躍する音楽家とアパレル・ブランドのコラボレーション作品である。ミニマリズム、洗練されたイメージを残しつつ、アバンギャルドでモダンなコレクションを展開するブランドの精神を忠実に表現した音楽になっている。

推薦コメント到着!

現役の音楽家で、かつファッション・ショーの評論(特に、ショー音楽)をやっており、東京に関しては2003年SS以来ほとんど総てのショーを観ている。という立場から私感を申し上げますが、Gak Sato氏の、特にジュリアーノ・フジワラに提供しているショー・ミュージックの水準は、それ単体としても、服とのマリアージュとしても明らかに傑出しており、それは東京水準ではなく、4都総てを見渡しても、ランバンに於けるアリエル・ウィズマン、プラダに於けるフレデリック・サンチェス以外に肩を並べる物件は見当たりません。特に重要な事は打率で、所謂外れ年がなく、一定以上の水準をキープしている。という力量は素晴らしく、今回のように作品がアイテムとして独立させる意義を持つ、数少ない音楽家だと言えるでしょう。
ー菊地成孔(音楽家 / ファッション・ショー評論)

実験音楽的感覚を内包したサウンド・トラックでありながら、一方で叙情的なダンス・ミュージックとしても成立している。Gak Satoによる"美しきカオス"をとくとお楽しみあれ!
ー松浦俊夫(DJ & CREATIVE)

僕らは皆、子供だ? 誰の? 未来派のおとしご。いや、ゴダールの弟分。イーノの従兄弟? いやいや皆、腹違いで血はまじって、誰が誰やら。僕らは、そしてGakもまた、20世紀的都市の流動性の遊び場で、モンタージュやら編集のアルスを身につけた子供だ。僕は今、21世紀の朝や夜中、日々Gakが贈ってくれたミュージックを聴いて、暮らしてる。いや、暮らしながら聴く。彼の音楽は、調理であり、チューナーだが、でも、そのコラージュは進化し、もはやコラージュでなくスープのよう。溶けこみ、毎日たべられるよ。20世紀の子供は、色男になり、ビートルズからスティーブ・ジョブズが神様の時代になって、音楽の調理魔術も変わるだろう。さて、Gakはどうするかな、なんて、妄想させてくれるのだ。
ー後藤繁雄(編集者/クリエイティヴ・ディレクター/京都造形芸術大学教授)

Gak Sato INTERVIEW

ーー『gF』のタイトルの意味を教えてください。

Gak Sato(以下、G) : どの曲もショーで使ったままではなく、リアレンジ、リプロダクションしているので、ショーのサントラから派生した別物でもあるという意味も込めてgiuliano Fujiwaraそのままでなく『gF』と略しました。

ーー『gF』の楽曲はgiuliano Fujiwara(ジュリアーノ・フジワラ)ミラノ・メンズ・コレクションのために作られたということですが、そのために出た楽曲共通の特徴はありますか?

G : コレクションのテーマは毎回異なるので、スタイルは変わっても、シンプルでエレガントでありつつストリートっぽい雰囲気も感じられるというのが共通する特徴だと思います。

ーー楽曲を再構築してアルバムにされたということですが、具体的にどのような作業をされたのでしょうか?

G : ショー自体は大体10分から15分程度の長さなので、全体を一曲(というか、ひとつのかたまりとして)として繋がるように作っていきます。DJとして選曲で2時間なり一晩なりで、自分の流れをつくるような感覚を15分の中で行うわけです。何曲か作ってからDJミックスしてまとめていくのではなく、最初に出来た曲から触発され、次の曲のアイデアが生まれていき、その作業が進んでいくと、朧げに全体像が見えてくる。そうやって全体の流れを作ることがショーのための音楽の基本だと思っています。しかしアルバムという形にするには、各曲の長さや細部をショーとは離れて見直し、独立した楽曲として精度を上げていく作業をしています。言わば、リミックス・バージョンをオリジナル・バージョンに戻していくような感じでしょうか。

ーーアルバム全体としてテーマやコンセプトがありますか? また、ひとつのアルバムとして統一感を出すために苦労されましたか?

G : 制作の契機になっているのは、服を美しく見せるために相応しい音であるかどうかということだけです。その上で、ジャンル感はありつつも、それを露骨に出さないようにはしています。その理由は、フジワラの服に強いジャンル感のあるもの、例えば、これはスポーツ・ウェアですとか、フォーマル・ドレスです、というようなアイテムがほとんど無く、フォーマルでエレガントではあるけれども、どこかカジュアルだったり、その逆だったり、繊細なミクスチュアで成り立っているので、音楽もそこに対応しています。ミニマルだけど暖かいとか、ストリートっぽいけどエレガントとか、ミリタリー調だけどシックだとか、そういった一見相対するような要素をまとめていくことが、結果的に統一感に繋がるのかもしれません。あとは曲順でしょうか。年代順でも良かったのですが、アルバムとして聞くとどうもしっくりこない。一番最初に作った唯一のカヴァーである「my favorite things」をアルバム最後に持って来て、ようやくまとまった感じがしました。

ーーアルバムにはレゲエ、ダブ、テクノ、ジャズ、エレクトロニカなど様々な音楽の要素が聞き取れます。音楽的な背景やルーツを教えてください。

G : 僕の世代には多いと思うのですが、80年代テクノ・ニューウェーヴから派生して、あらゆるジャンルを聞いてきたつもりになっていて、実は王道のロックやポップスが全く欠落していたり、オーネット・コールマンは持っていても、チャーリー・パーカーはまだ聞いてないとか、混沌と脈絡なく色々聞いてきたこと自体がルーツなのかもしれません。その結果、異種ジャンルの音楽同士を同じ耳で聴けるという感覚は養われているのかな? と、思うことがあります。

ーーひとつの楽曲の中に先の質問でもあげたいくつもの音楽的な要素が、自然に同居していて楽しませていただきました。こうした楽曲を作られる際のポイントはなんでしょうか?

G : ポイントは、要求されていることを無駄なく表現しきることと、その中の如何に自分のアイデンティティをすりこむかということでしょうか。スタイルの引用としてのジャンル感はあるかもしれませんが、特定のジャンルがやりたい訳ではありません。例えば、”今回はデトロイト・テクノっぽく行きたい”という要求に対して、そのままデトロイト・テイストを表面だけなぞってもだめで、デトロイト・テクノの意味することは何なのか? という理解することが重要です。その理解は全くの誤解でも良いのですが、自分なりに解釈してルールを見出していくことが重要だと思います。特定のジャンルの音にしてしまうと、そのジャンルの元来持っているスタイルが強く出過ぎ、そこを強調したいのであればむしろ選曲でやった方がいい訳で、オリジナルで制作する意味合いが薄くなってしまいます。そういった匙加減がポイントです。

ーーベースにしているジャンルは違っていても、きめ細かくビートが打ち込まれていてグルーヴを保っていることがアルバムを通して印象的でした。楽曲制作の際に試行錯誤されましたか?

G : No groove, no music.ダンス・ミュージックはもとより、ノー・ビートの曲でもグルーヴは生じます。試行錯誤した点は、先ほどの答えと重複しますが、ジャンル感を踏まえつつ、自分の趣味の領域に入り込み過ぎないということでしょう。

ーーWebや電話のサウンド・デザインもされていますが、アーティストとしての作品にそうした仕事の経験は反映されていますか?

G : サウンド・デザインは音の必然性を考える仕事なので、なぜそこに、その音が必要なのかということを吟味するという意味では全ての制作に共通すると思います。DJとして選曲する場合も、生演奏をする場合も、今、どの音が必要とされているかを頭と身体で感じながらリスナーと自分との間でフィード・バックしあうことなので、全ての仕事の経験は様々に反映しあっていると思います。

ーーイタリアに長年住まれていますが、ご自身の作られる音楽に影響があると思いますか?

G : これは自分ではわからないですね。特にイタリアに住んでいるからということでは無く、イタリア人でも日本人でもなくて、常に外人という立場で在りたいなと思ってます。第三者としての視点みたいなことは常に意識しています。ミラノに住んでいるからこそショーの音楽を作るという機会に恵まれたという部分はもちろんあります。

RECOMMEND

谷口尚久 / JCT(HQD Ver.)

作曲家 谷口尚久による初のソロ・アルバム。一切の無駄を出来うる限りそぎ落としたシンプルかつクールなインストの集大成。写真家・作家の藤原新也氏原作の映画『渋谷』に使用された楽曲を含む10曲を収録。来るべき未来のドライビング・ミュージック決定盤! 本作は高音質のHQD版(24bit/48kHzのwav)。

Amon Tobin / Chaos Theory Remixed

『レッド・オクトーバーを追え』などのハリウッド映画原作者で知られるトム・クランシーを監修に迎え、映画並みの臨場感が味わえる作品として人気のテレビ・ゲーム・シリーズ『SPLINTER CELL』第3弾(日本未発売)のゲーム・サントラを、AMON TOBINがファイナル・スクラッチを使用して担当した作品『CHAOS THEORY』のリミックス作品。

The Rhythmagic Orchestra / The Rhythmagic Orchestra

ノスタルジア77ことベネディック・ラムディンと、世界中で名高いトロピカル・ミュージック集団であるソフリトのヒューゴ・メンデスを中心としたザ・リズマジック・オーケストラがノスタルジア77のレーベル<Impossible Ark>よりアルバム・リリース! ノスタルジア77オクテット、アレックス・ウィルソン・バンド、ジャズ・ジャマイカ、ザ・ヘリオセントリックス、スカ・クバーノのメンバーが一つとなり、数えきれないセッションを重ね完成されたアルバムは、ディジー・ガレスピーやチャノ・ポゾ、マチーノのようなアフロ・キューバン・ジャズの偉人達への敬意を表している。

PROFILE

Gak Sato
1969年東京生まれ。ミラノでRight Tempo Recordsのディレクター、アーティストとして10年に渡り活動。3枚のオリジナル・アルバム、Easy Tempoシリーズで70年代イタリアン・シネ・ジャズのコンピレーション、リイシュー、多くのリミックスを手がける。近年はサウンド・アートの分野や、テルミン演奏家としても活動の幅を広げている。

Gak Sato official HP

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事