この奇妙なエネルギーは一体何?! 一度聴いたら頭から離れない、昆虫キッズの2ndアルバム『text』が完成しました。エンジニアに近藤祥昭(GOK SOUND)、マスタリングに中村宗一郎を迎えて制作された本作。THE NOVEMBERSの小林祐介、麓健一、スッパマイクロパンチョップなどがゲストで参加し、バンドに新たな彩りを加えています。シュールな歌詞や、中毒性のあるヴォーカル&アンサンブルを、持ち前のポップ・センスで昇華した全13曲!

1. nene / 2. いつだって / 3. サマータイマー / 4. FLY / 5. ミスターロンリー / 6. ハネムーン / 7. 花とエルボー / 8. アメリカ / 9. 魔王 / 10. アンネ / 11. S.O.R. / 12. ふれあい / 13. 太陽さん

「サマータイマー」のフリー・ダウンロードはこちら(期間 : 8/5〜8/12)

INTERVIEW

昆虫キッズの音楽には本当に色んなものが詰まっている。それは音楽として語ればキーボードやホーンが躍るカラフルなアレンジ、独特なメイン・ヴォーカルとかわいいコーラスのコンビネーションだ。そして、それらがひとつなっている曲を聞けば、身も蓋もなかったりロマンチックだったり、切実だったり上の空だったりするイメージが頭の中に浮かんで、聞こえる以上の何かを残していく。そんな昆虫キッズのギター、ボーカル高橋翔に話を聞いた。

インタビュー&文 : 滝沢時朗

思い付きから曲が広がる

——『text』はポップでアレンジも色々試されている面白いアルバムだと思います。アレンジはどうやってされているんですか?

ポップで王道なアレンジが好きっていうのはありますけど、基本的に曲単位でどういう風にするのが合うかを試して作ってます。アレンジは調子がいい時なら曲の原型を1時間ぐらいで作れちゃいます。早いほうだと思うんですけど、体質的にそっちのほうが合うんですよ。時間をかけて作ったから良くなるわけではないし、その逆にパッてできたものが悪いってことも絶対ないですね。それで、また色々アイディアを出して、足したり引いたり色々やっていくんです。それで、ライブで演奏を重ねるんですけど、単純にやっぱりみんな飽きてきます。そうするとアドリブが入ったりして、曲が変わっていくんですね。それを繰り返していると曲の性格が見えてきて、色んな方向に行けるっていうことがわかってくるので、やってて面白いです。ライブはライブで4人でできることも限られてますから、その中で遊んでちょっとずつ変えていくのが、バンドの体質に合ってますね。だから、今『text』に入ってる曲もライブではアレンジが変わってきている曲がありますよ。

——「アメリカ」は曲の途中でアメリカ国歌が入ったりと結構思い切ったアレンジですが、どうやって作られたんですか?

ほとんど思いつきなんですよ。単純にこれ入れたら面白いなと思って。でも、「アメリカ」はもう途中でアメリカ国歌のコーラスが入らないと決まらない曲になってしまっていて、思い付きから曲が広がるのは、やっぱりやっていて面白いです。「魔王」の魔王の台詞も「アメリカ」のアメリカ国歌と同じでノリでやってることなんですよ。そこでやっぱり聞いた人が色々想像したり、笑ってくれたりしたらそれでOKなんです。そこまで深い意味はなかったりするんで。とはいえ、真面目にやってる部分とふざけてやってる部分があるので、そのバランスを取ることは大事ですが。あんまり真面目すぎるとはぐらかしたくなるんですかね。照れ隠しっていうか。それは自分の性格からだと思うんですけど。そういうところが出てるのかなと思います。

——アルバムを作る際に最初からこうしようというような方向性を考えて作られてましたか?

作るにあたって、明確なコンセプトっていうのはなかったです。基本的に活動がライブ中心なので、ライブを繰り返していくうちに新曲がどんどんできて、ある程度の曲数が揃ったら、アルバムになるように曲を並べて組み立てるんです。そこでトータル・バランスを考えて、こういう曲が欲しいと思ったら作ります。なので、『text』はライブの流れでできたアルバムですね。曲を作っていいなと思ったらライブでやってみて、それから細かいところをスタジオで詰めていく作業をして、納得できるレベルまで持ち上げるって感じですかね。あと、今回は毎回ライブに来てくれている人がCDを聞いた時に全部知ってる曲だと面白味がないだろうなと思って、ライブでやってない曲を入れてます。

——アルバムの流れがはっきりしているので、アルバムをはじめから意識して曲を作られているのかと思いました。

アルバムとしての流れは欲しかったんですが、とりあえず考えて曲を並べていったら、それが最初からよくできた感じの曲順だったんです。なので、意図していたとも言えるし、意図していなかったとも言えるんですが、すごく自分でやっていて面白かったですね。こんなにきれいにはまるんだみたいな気持ちよさがありました。

——今回のアルバムでポップになったと同時にロック・バンドとして力強くなったとも感じました。豊田道倫 with 昆虫キッズ『ABCD』で切れ味のいいバンド・サウンドを出されていたので、その経験が今回反映されているのかと思ったんですが、いかがですか?

まず、基本的には普段のライブ活動の積み重ねがベースとしてあります。豊田さんとやったことに関しては、僕達はバック・バンドで参加していて自分たちが中心のアルバムではなかったわけですよ。そこで普段の意識と何が違うかって、やっぱり責任感だと思ったんです。もちろん真面目なんですけど、中心ではないってことで、そこまで緊張もしてないしそこまでリラックスもしてないフラットな状態でレコーディングできたんです。だから、あそこまで荒々しい演奏もできたし、いい意味で無責任にこっちはできました。人のバック・バンドでアルバム一枚作るって、今まで通りに活動してたらなかなか得がたい経験なので、バンドとして大きいものだったと思います。

——バック・バンドに徹することで客観的な視点が持てたんですか?

それもありますし、人と何か一緒にやることによって、メンバーの違う引き出しが出てきたり、昆虫キッズの中でやってたら出てこなかったアイディアも出てきたと思うので、その経験がみんな還元されて、バンドとして面白くなったのかなと思います。

——歌に関しても以前より解放的になったように思いますが、どうですか?

まず、前に出した『My Final Fantasy』は、歌入れは半分宅録だったんですよ。自宅で歌入れをしていたので、どうしても隣とかが気になっちゃって、しぼんだ歌い方になっていたところがあります。スタジオで使用してたマイクも結構影響があります。あと、今回は気持ちとしてはもっと声を遠くに届かせてってことはすごく意識しました。

——高橋さんのヴォーカルは、ポップなメロディをえぐ味のある歌い方で聞かせることに特徴があると思います。意識してそう歌われてるんですか?

極端な話、カラオケ的な歌い方でよかったら、もっとうまく歌えると思うんですよ。でも、そういうカラオケ的なうまさはいらないんです。それとは違う言葉とかメロディをもっとよく歌うための歌い方のイメージを僕は持っていますから。メロディをはっきり聞かせて、あと言葉・単語・歌詞をそのメロディの波にうまく乗せてあげられるっていうことが、カラオケっぽくうまく歌うっていうことより重要です。そっちの方が聞いてる人に届くし、頭の中に絵が浮かぶと思うんですよね。まだ、試行錯誤してる段階ですけど。

——歌い方で具体的な目標にしているアーティストなどいますか?

目標というか、すごく良いなと思っているのはスピッツの草野正宗さんです。あの雰囲気は単純に憧れます。すごく絵が浮かぶ感じがいいんですよね。でも、ああいうきれいに歌う人とは逆の、パンクの荒々しくがなり立てるような感じにもすごく影響を受けましたよ。きれいに歌いたいときもあるし、真逆にまくし立てるように叫ぶ時もあるので やっぱり、そういうふり幅があることが面白いと思うんです。

——昆虫キッズの歌詞は抽象的な表現と、ダルいやエグいといった日常的に使っている言葉やアニメ・ゲームからの引用が同居している点が特徴だと思います。その点は意識して作詞されいますか?

歌詞のことに関しては自分でもあんまり分析できていないので、なんでこういう風になるのか自分でもわかっていないんですけど、自分の中でこう小さいストーリーみたいなものがあるんですよ。場所であったり、時間であったり、季節であったり、歌の中に出てくる人物像であったり、イメージの中でその人たちとか場所が変化していく感じを考えていくんです。自分個人のメッセージとか言葉を紡いでるっていうよりは、自分の中で考えてるパラレルな世界の出来事を作ってる感じです。自分の中の普段の想像があって、それが曲を作ることによってどんどん話がそこに集まってできてくるっていうのかな。ダルいとかっていう単語を入れるのは、例えばなにかの歌を聞いていて、すごく現実的な言葉が急に出てくるとハッとする時があるんですよね。そういう驚きみたいな感じが好きなんですよ。なので、どこかで普段自分たちが友達としゃべってる時に出てくるような単語とか、歌詞にならないような、多分歌詞にしないだろうなって言葉を盛り込めた時はすごく自分で楽しいですね。こういう方向性もあって、形になるんだっていうことを知ったので、それは発見でしたね。

今こんなにかっこいいバンドがいるのに、なんで聞かないんだろう

——高橋さんのブログで般若やThe Style Council、Deerhunterを取上げられていて、昆虫キッズの音楽性と同様に面白い幅広さだと感じましたが、いかがでしょうか。

ゾンビ映画が好きだけどタイタニックみたいなピュアなラブ・ストーリーが好きって人もいると思うし、人間ってやっぱりふり幅があるから面白いと思うんですよね。般若が好きだからこのラッパーが好きじゃないといけないってことはないし、スタイル・カウンシルが好きだからUKのおしゃれな音楽が好きってことでもないと思うので。それは表と裏っていうか、自分のそういう部分もあるし、逆の部分もあるってことです。知り合いでも渋い戦前のジャズが好きだけど今ハードコア・パンクやってますみたいな人もいて。でも、それから若い時にハードなことをやってて、そのバンドを辞めた後にひとりできれいな弾き語りをやったりとか。そういう人が好きだし、増えてったら面白いなと思いますけどね。

——メンバーの間でもそういう感覚は共通なんですか?

それは多分共通じゃないと思いますね。メンバーはみんな好きなものとか音楽の趣味はバラバラです。昆虫キッズの世界観は自分の中のことだと思うんですよ。僕も完璧に理解して欲しいとは思ってないですけど、一緒にやってるってことは面白いと思ってくれてるんだと思います。他のメンバーは何を聞いてるかというと、ドラムの佐久間くんはオウテカとかテクノよりのものが好きで、冷牟田くんは昔の日本のアンダーグラウンドなロックが好き。ベースののもとさんはメロコアとかHawaiian 6とか好きだったかな。こんなにバラバラなんですけど、でもそのほうが面白いんですよ。バラバラな人間が集まった時にすごくマジックが起こるんです。同じような趣味の人間でバンドやるっていうのももちろんいいことなんですけど、やっぱりそれって想像を越えられないんじゃないかなって思うんですよ。バラバラな人間同士でいると、一見合わないようでもパシッと決まった時の爆発力やエネルギーがすごいと思うんですよね。普段交じり合わないものが交じり合った時に発生する感じっていうのが、曲を作ってるときとかみんなで合わせてる時とか、たまに感じるんですよ。それは多分メンバーもわかってると思います。マジックを感じられた時はすごく自信にもつながるし、バンドとして大きいですね。

——高橋さんはどのように音楽を聞かれていたんですか?

最初はとにかくお小遣いもらったら、レンタル屋さん行って8cmのシングルの適当にチャートに入ってるやつとか借りて、テープ買ってきてそれを全部ダビングするってことをしてました。でも、中学生ぐらいの時にすごく違和感を覚えることがあったんです。僕はL⇔Rがすごい好きだったんですけど、その時はGLAY聞いてる人ばっかりだったんですよ。なんでL⇔Rはこんなにいいのに、みんなGLAY聞くんだってすごく思いました。自分がいいと思ったものって、そんなにみんないいと思わないんだって。

——L⇔Rもポップだけど、ちゃんと聞くと変なところのあるバンドですよね。

そうなんですよ。L⇔Rは今聞くと独特だなと思うんですけど。それで、高校に入ると音楽にはっきりはまるようになったんです。高校では軽音楽部に入ってて、僕はNumber Girlがすごく好きだったので、バンドでコピーしてました。でも、Hi-STANDARDとかMONGOL800がめちゃくちゃ売れてた時期で、みんなそれとかGLAYをやったり、先輩はまだXとかLUNA SEAをやってたりしてて。信じられなかったんですよ。なんでそんな昔のバンドのコピーを今やってるのかなって、ずっと疑問でした。今こんなにかっこいいバンドがいるのに、なんで逆に聞かないんだろうって。それで、同じようなこと思ってる仲間もいなかったから、なんとか同級生にお願いしてドラムやってベースやってって頼んで、交換条件としてお前はソフィアのコピーやる時ベース弾けって言われたり。自意識的だったと思いますけど、疎外感がすごくあって。でも、高校卒業して一応音楽の専門学校に行ったんですけど、やっぱり、そういうとこ来る連中って同じことを感じてるんですよね。そういう人に出会うのはすごくでかかったです。単純に自分以外に日本にいないと思ってたんですよ。Number Girlそれなりに売れてたのに。そういうのがあってひねくれたんだと思います。

——じゃあ、今はそういう疎外感はあんまりないんですか?

今考えると高校の軽音楽部はHi-STANDARDとかGLAYで全然いいんですよ。それで間違ってないんです。やっぱり、めちゃくちゃ売れてたなりの理由がありますから、それは高校生がコピーしたくなるよなって思います。だから、 疎外されてるみたいなのはないけど、違う形で何かの違和感はあります。でも、それってみんな持ってるものだとも思いますけどね。

——そういう違和感が音楽を作る動機になったりしますか?

動機かどうかはわからないです。全然普通に楽しく毎日過ごしてて、家で音楽を普通に聞いたりしてる中でも、すごい暗い曲ができたりするし、逆にいやなことがあったりして落ち込んでる時に明るい曲ができたりもするんです。それが何でかわからないんですよね。誰かに説明してもらえるものでもないし、自分でも説明できることじゃない。だから、曲を作りたいんだと思います。

頭の中をぐるぐる回るポップネス

ハイファイ新書 / 相対性理論
Perfume以降の新世代ポップ・シーンを牽引するバンド、相対性理論。萌え文化とリンクしながらアンダーグラウンドとも直結。淡々としているけど、突き刺さってくる言葉の群。『00年代後半のうた姫? 』センスが逸脱しております。ネクスト・ジェネレーションのナンバー・ガール的存在!

はしけ / シャムキャッツ
泪と笑いのズッコケROCK4人組(全員長男)登場! ココロにするりと入り込むポケット・サイズのポップ・ミュージック。くるり/はっぴいえんど/サニーデイ・サービス/ユニコーンなど、邦楽史に名を刻むポップ・ミュージックを背景にした秀逸なメロディー・センスと、トーキング・ヘッズやXTC、近年ならばクラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーをも匂わすひねくれたサウンドとのコンビネーションは、聴く者の記憶にストーカーのようにまとわりついて離れない。たよりないのに愛しい、クセもの過ぎるヤング・ジェネレーション。

ドアたち / オワリカラ
今、話題のバンド最新型ポップ・サイケデリア「オワリカラ」が早くも登場!! 唯一無二なアンサンブルと強靭な音圧のサイケデリック・サウンドが「新しい世界」へ導いてくれる事間違いなし! 2010年型ROCKの始まりは「オワリカラ」。

PROFILE

高橋翔(Vo,G)、佐久間裕太(Dr)、冷牟田敬(G,Key)、のもとなつよ(B)

2007年、高橋翔と佐久間裕太の2人で自主CDR『ユウとユウコのために』を発表後、冷牟田敬、のもとなつよを迎え、シングルCDR『アンネ/恋人たち』ほか自主作を立て続けに発売。09年、フル・アルバム『My Final Fantasy』を全国発売し注目を集め、同年、豊田道倫のアルバム『ABCD』に豊田道倫 with 昆虫キッズとして全面参加、さらなる話題を呼ぶ。本年5月、吉祥寺GOKサウンド・スタジオにて名エンジニア近藤祥昭により5日間の録音、3日間のトラック・ダウン、さらにピースミュージック中村宗一郎のマスタリングが施され、2ndアルバム『text』が完成した。

LIVE SCHEDULE

『昆虫キッズレコ発ツアー☆テキストとシャンソン☆』

  • 2010/08/06(金)@下北沢440
w / 麓健一 / シャムキャッツ / 竹内道宏
※『text』持参もしくは当日購入でチケット千円オフ 終演後、サイン会あり
  • 2010/08/07(土)@新宿LOFT
  • 2010/08/14(土)@静岡Freaky Show
  • 2010/08/22(日)@新宿Motion
  • 2010/08/22(日)@渋谷HOME
  • 2010/08/28(土)@名古屋KDハポン
  • 2010/08/29(日)@大阪ハードレイン
  • 2010/09/11(土)@宇都宮KENT
  • 2010/09/18(土)@新代田FEVER

o

 
 

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事