mama!milk『Parade』が24bit / 48kHz 高音質HQD音源で配信スタート!

mama!milkが4月にCDで同時リリースした2作品、『Parade』と『Quietude』がついにオトトイに登場! 『Parade』は24bit / 48kHzの高音質HQD音源での配信も実現。6人編成のアンサンブルで、mama!milkの新しい魅力を携えた演奏がホールに美しく響き渡る。 長らく音源化が熱望されていた未発表曲「Parade」、「an ode」を収録した5thアルバムを高音質でディティールまでご堪能ください。

Parade

mama!milk

Album ¥2,057


『Parade』(HQD / mp3)
01. Overture / 02. Mimosa / 03. Sometime sweet for Parade / 04. Parade / 05. Hourglass /
06. Sometime sweet / 07. ao / 08. Sones /
09. Parade(reprise) / 10. an Ode



『Quietude』(mp3のみ)
01. Quietude / 02. Airships / 03. Landfall / 04. 6 Kleine Praludien No.2( J.S.Bach ) / 05. Portolano / 06. Compassrose /
07. Quietude(repraise)

mama!milkインタビュー

mama!milkはアコーディオンの生駒祐子とコントラバスの清水恒輔からなるユニットだ。彼らの音楽はジャズ、クラシックやタンゴなど様々な要素が溶け合っているが、なによりとても精密に音を鳴らして曲全体のムードを醸し出し、私たちを単に耳で聴くだけではない音楽体験に導いてくれる。『Parade』はそんな彼らが音の連なりの間や向こうにある「気配」を、よりリラックスした形で音楽にしてくれたアルバムだ。『Parade』はどんな背景を持ち、どうやって作られたのかを二人に聞いた。

インタビュー&文 : 滝沢 時朗
取材協力 : 恵比寿カチャトラ

楽しくてちょっとデタラメなパレード

——タイトルの『Parade』にはどんな意味が込められているんですか?

生駒祐子(以下I) : 元々mama!milkのレパートリーとして「Parade」っていう曲をずっと前から演奏していました。最初はタイトルもなかったんですけど、ライブで何度も演奏するうちに、ある日突然「この曲はParadeだ」って思ったんです。Parade。楽しくてちょっとデタラメなパレード。みんなで一緒に歩いているのに、ゆっくりしか歩けないおばあちゃんとか、どうしても違う方向に行きたがる子どもとか、先頭を切りたがる人とかすごくいろんな人がいる。でも、とにかく、なんとかみんなで一緒に前に進んでいくパレード。その曲がきっかけとなって生まれたアルバムなので、アルバム・タイトルも『Parade』になりました。

——ライブをやる内に『Parade』のイメージが出来て、今までやられていた曲や新曲を入れてアルバムを作られたんですね

I : Parade』のイメージが広がっていく中で、いろんな楽器の奏者とこの曲を演奏してみたいと思うようになりました。そこでトウヤマタケオさんに編曲をお願いしたんです。それで、トウヤマさんに編成も決めていただいて。その編成が、私たちのアコーディオン、コントラバス、トウヤマさんのピアノに加えて、フルート、クラリネット、ホルン。それも小さなパレードでいいなと思いました。

——編曲をお二人とトウヤマタケオさんでされていますが、作曲や編曲の段階ではどういうやり取りをされていたんですか?

清水恒輔(以下S) : 今回は曲は全部祐子さんが書いてるんやけど、トウヤマさんに編曲をお願いした曲は、丸投げで好きにやってくださいって出しました。そしたら、思った以上に好きにやってきて自由だなあと(笑)。でも、ずっと一緒にやっている人なので、すごい信頼してます。
I : やっぱり私たちがトウヤマさんのことよく知ってるっていうのもあるし、本当に委ねるって形でした。

——今回はクラシックでよく行われるようなホール録音を、長野県の茅野市民会館で行われていますよね。なぜそこを選ばれたんですか?

S : ご縁ですね。去年ここの企画のコンサートに呼んでいただいて、その時の演奏はホールじゃなかったんですけど、ちょうどホールで録りたいなと思っている時だったので、下見させてもらいました。かわいらしい小ホールだったんですよね。それで、イメージができてからアルバムに入れる「Parade」以外の曲を選んだんです。場所は京都でも大阪でもよかったんですけど、メンバー六人を連れて京都でホールに通いながらやるよりは、合宿で三日間と決めて外堀埋めてからの方がいいかなと思ったんです。合宿だとみんなガチンコにならざるをえませんから。

はみ出たらはみ出たでOK

——レコーディングはどのように行われたんですか?

S : 本当にワン・ポイント・マイクだけでホールで一発録りのレコーディングをしました。オーケストラとかやったことないのにようできましたけど(笑)。順々に話すと、京都でリハーサルを三日して、それから長野に行きました。1日目の着いた日はもうみんな疲れて使いものにならないから、その日は完全に楽器のレイアウト決めだけです。それがミックスみたいなものだから。楽器の場所を決めて、みんな感覚をつかむために練習してました。
I : 楽器の場所を決めるのが一番時間かかりましたね。
S : エンジニアの人にホルンはもうちょっとこっち行った方が良いとか、フルートはもっと前とか。曲によっても全部位置を変えるんです。あとで音をいじれないレコーディングの仕方ですから、エンジニアの林皇志さんとはガチンコで話し合いました。
I : ひとつひとつの楽器にマイクを置いて、後で録った音をミックスしましょうっていうやり方もありますけど、そういうことでなくて、今日、ここで、このメンバーで演奏しましたっていう事実をそのままに収録してもらおうって決めたんです。

photo by ISHIKAWA Natsuko

——『Parade』を作るうえで、メンバーの皆さんとこんなアルバムにしたいというようなコミュニケーションをよく取られたんですか?

S : それはそうですね。でも、舵を取っていくのは僕と祐子さんと編曲のトウヤマさんの仕事で、管楽器の三人にはもっとこうして欲しいっていう風に、忠実にアルバムのイメージに近づけるために演奏してもらいましたね。
I : イメージの説明はよくしましたね。例えば「Parade」を録るにあたって、この曲は本当に一糸乱れぬパレードではなくて、とにかく、どうしてだか一緒に歩くことになってしまったけど、でもみんなで仲良く楽しくパレードしましょうね、みたいな感じで。楽譜もありましたけど、それに忠実な演奏というよりは、はみ出たらはみ出たでOKですよとか、気持ちの持ち方をできるだけ共有できるようにしました。
S : やっぱり、ある瞬間にうまいことよしやるでって全員で気持ちを合わせないといけませんでした。そこが三日間だと難しかったですね。僕だとコントラバスだからなんぼでも弾けるんだけど、管楽器の人は演奏に体力を使うから大変なんです。あと、何テイクいけそう? とか聞きながらやりました。
I : 関係ない話なんですけど、後で調べたらスポーツ選手が高地トレーニングに行くようなエリアだったみたいで(笑)。
S : 最初は長旅で疲れてるだけやと思ってたんだけど(笑)。

——前作の『Fragrance of Notes』の曲の「Sometime Sweet」が『Parade』ではアンビエント・ミュージックを思い起こさせるような響きの曲に変わっていると感じました。他のジャンルで音響面で参考にされりしますか?

S : いや、本当にホール録音だからクラシックですね。音の感触や作り方も、録音の仕方もクラシックのコンサートと同じように。
I : でも、アンビエントの音楽も普段から聞いているので、アウトプットは違いますけど発想は似たところがある気がします。アンビエントの空気が震える、漂っている、空気がはっきりきれいな感じを写し取るような方法に考え方は似ている気はします。生楽器でも発想は同じですね。
S : 特に音数が少ないと空気のちりちりした感じがすごく聞こえるじゃないですか。ちょっとした軋みとか、楽器のびりって音とか。本当に今回みたいな録音の仕方だと色んな音がよく聞こえて、集中力が上がっていく感じなんです。だから、よく聞くと色んなノイズが入っているんですよね。ピアノの椅子がきしむ音とか。そこらへんも面白かったな。
I : Parade』ではひとりの人が出してるとメロディがあるってだけじゃなくて、あの人が出してるメロディとこの人の出してるメロディが空気中で混ざって、その空気の中でふわりと広がる感じを録りたかったんです。楽器の音がぱきっとしていなくて、人によってはちょっと聞きづらいアルバムかもしれないですけど、やりたかったのはこういうことなんです。

photo by ISHIKAWA Natsuko

——『Fragrance of Notes』はアンビエント的な要素のある楽曲もありましたが、基本的にもっと濃密なムードを作り出すようなアルバムでした。そこから『Parade』のようなアルバムを作ろうと思ったきっかけはありますか?

S : それは僕の中でははっきりあります。『Fragrance of Notes』はスタジオだけど、真中にマイクをメインで一本立てて全員で囲んで、各場所に補助的にマイクはあるんだけど、真中のマイクでバランス取れるように録音をしたんですよ。その録り方は僕達にはすごく集中力が必要できつかったんですね。音を戻したりいじったりできないし、いかに小さい音をきれいに出すかが大事なレコーディングでした。そして、『Fragrance of Notes』のツアーでもUの字にバンドで並んでステレオ・マイクを真中に一本立てるっていうスタイルを通したんですよ。大小含めて色んな会場で演奏して、音が小さいとか、音圧がそんなにないって難所はあったんだけど、そのスタイルだと 僕達にもバンド・メンバーにとってもよかったんですよね。モニターも一切なしで。それで、このスタイルで録ってみたいなって思っていたら、「『Parade』を録りませんか? 」って話がレーベルから来たから、「それやったらホールでやりたい」って話をしました。『Fragrance of Notes』のツアーで色んな会場で、みんなで新しいPAの仕方とかバントしてのあり方をすごく鍛えたことは大きい経験でした。
I : ドラムの栗原務さん(ex.Double Famous)も、mama!milkとトリオでやるときには普通に叩いて出る音量よりずっと小さい、ある程度限られた音量の範囲の中で叩いていて、その中で強弱をつけてるっておっしゃってましたね。それがいいんですね。 例えば大きい会場だったらドラムの周りにアクリル板を立てて他のパートの音と分けたりもできるんですけど、がんばっても音量が限られているアコーディオンとドラムでバランスを取るってことで、生身の人間が演奏してる息遣いをより感じながらやるの、すごく楽しいんです。
S : そこで鳴ってる音をそのままお客さんに聞いて欲しいっていうのはあって、自分たちが演奏しててステージ上で鳴ってる感じを。まずステージ上がいい音になるようにみんな工夫して、それを全部そのまま聞かせたいんです。そういうライブの時の感覚と録音は同じかな。「気配」がある音の方が良いですね。

——ototoyからの高音質配信と同時にリリースされる『Parade』のアナログ盤ではCDと曲順が異なりますが、なぜですか?

S : アナログ盤はひっくり返さないといけないからです。『Fragrance of Notes』のアナログ盤もがらっと変えましたから。
I : 曲がインストだからというのも大きいとは思います。曲の並びで曲の持つ色んな表情が変わって聞こえますよね。歌詞があるともっと違うと思うんですけど。CDの時は一本の映画の脚本を書くような感じで、アナログ盤ではそのことは全て忘れてしまって、同じ言葉を使って新たな違う物語をふたつ作るような感覚があるんです。
S : CDだと1、2、3曲目は試聴とかもよくされるから、一応つかみ的な要素はいるなとは思うんだけど、アナログの場合はアナログをわざわざ買ってくれるから、そこを気にしなくてわりとチャレンジングな曲順にしますね。特に『Fragrance of Notes』のアナログはすごく挑戦的な曲順で、テンションの低い曲から始まってます。

——高音質配信に関してはどう思われますか?

I : 録音したそのままの音って、ものすごく良いんです。それをCDにする時って、どうしても、色々音を削らなければいけないですよね。エンジニアの林さんはいつも「このデータを、このままみんなに聴いてもらいたい」とおっしゃっていましたから、高音質配信、すごいことだと思います。林さんの夢が叶いました(笑)。音質がとてもいいと、例えばピアノの一音だけでも泣きそうになるくらいの力強さがありますよね。音質って音楽にとって大事ですね。

——お二人は寺院や廃校など様々な場所で演奏活動をされていて、録音環境にも大きなこだわりを持たれています。『Parade』はどんなところで聴くと合うと思いますか?

S : 録音した帰り道に山を見ながら車で聴くのが良かったですね。やっぱり、旅には合います。
I : そうですね。録音終わった録りたてのを、まだ荒い音で疲れてもいるんですけど、山を見ながら聴くのはよかったですね。

——まあ、でもそれは僕らにはできないことですね(笑)。

S : Parade』に限らず色んなところで試してみると楽しいかもしれないですね。僕は鴨川の川原に行ってワルツの曲を聴いてたんですけど、向こうに工事の大きいクレーンがあってそれがワルツに合わせて動いてるようで、変な映画見てるみたいで面白かったですね。
I : 私も音楽と実際の景色を組み合わせてみるのがすごく好き。音楽を聴きながら眺める車窓は最高です。

——では、最後に次回作の構想などありますか?

S : 結構いっぱいあります。
I : 出来上がるまではちょっと時間がかかると思うんですけど、色々考えてます。基本的には今までやってきたことと同じように、人と一緒に演奏しているそのままの音の、息づかいのようなものを、そのまま録音したいです。

空間を解き放つ音楽を高音質で

Polarisやohanaの活動で知られるオオヤユウスケが、本名である大谷友介としてソロ・プロジェクトSPENCERを始動。ドイツと日本を渡り歩きながら制作した渾身の作品。聴こえてくる音の幅の広さ、そしてダイナミクスを、存分に感じ取ることができます。ototoyでは、高音質のHQD(24bit/48khzのWAVファイル)で販売。

映画に呪われた非映画音楽。菊地成孔率いる、優雅で憂鬱で未来的なストレンジ・ラウンジ・オーケストラ「ペペ・トルメント・アスカラール」の最高傑作。

菊地成孔 (sax, vo, claves, shaker, tri)、早川純 (ba)、 藤堂昌彦 (vl 1)、 楢村海香 (vl 2)、 菊地幹代 (vla)、 徳澤青弦 (vc)鳥越啓介 (b)、大儀見元 (perc)、田中倫明 (perc)、堀米綾 (harp)、林正樹 (pf)、中島ノブユキ(comp.,arr.)

世武裕子のセカンド・アルバム『リリー』が到着。本作は、全曲の作詞/作曲を自身で担当したセルフ・プロデュース作品で、ヴォーカル楽曲を中心に収録。レコーディングは、ロック・バンドCHAINSのラリー藤本(Ba)、伊藤拓史(Dr)のリズム隊を迎えた、初のバンド編成。ロック〜民族音楽〜クラシックなど幅広い音楽趣向を見事に昇華したポップ・アルバムの誕生です。ototoyでは、アルバムの発売に先駆けて、収録曲「恋するリリー」を、高音質HQD(24bit/48KHzのWAVファイル)で販売します。軽快なピアノと跳ねるようなヴォーカルが可愛い、春らしい楽曲。購入者には、特典としてオリジナル壁紙をプレゼントします。

PROFILE

photo by ISHIKAWA Natsuko

生駒祐子(アコーディオン)、清水恒輔(コントラバス)を軸とするユニット。京都を拠点に、各地の様々な空間─古い劇場、客船、寺院等で演奏を重ね、その、クラシカルな香りと新鮮さをあわせ持つ楽曲と、「Cinematic Beauty」とも評される艶やかなパフォーマンス、そして、独創性溢れる数々のアルバム作品が、インストゥルメンタル音楽の世界で独自の輝きを放っている。近年は、アコーディオンとコントラバスのシンプルなデュオから、ゲストを迎えてのトリオやカルテット、またアルバム制作ごとに編成するアンサンブルまで、様々なスタイルで演奏を行う他、数々のアーティストのライブやレコーディングへの客演、舞台、映画、アニメーション、CF、Web Siteやインスタレーション等々への楽曲提供、楽曲書き下ろしなどでも活躍するなど、多岐にわたる魅惑的な活動を自在に展開。また、生駒は、yuko ikomaとして、オルゴールをフィーチャーしたソロ・アルバム『esquisse』や、エリック・サティのカバー・アルバム『Moisture with Music Box』なども発表。 清水は、屈指のコントラバス奏者として、トウヤマタケオ楽団はじめ数々のプロジェクトに参加。また、『esquisse』、『Quietude』』の録音、編集も手がけている。

mama!milk OFICIAL WEB

LIVE INFORMATION

  • 2010/07/11 ( 日 ) [大阪] 「BOSSANOVA underground〜10th anniversary〜」 NOON-NAKAZAKI DEPOT
  • 2010/07/12 ( 月 ) [京都] 「Presentation 67.5」 shin-bi
  • 2010/07/17 ( 土 ) [丸亀] 展覧会「SickeTel シッケテル 〜キュピキュピと石橋義正〜 」前夜祭 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
  • 2010/08/29 ( 日 ) [京都] 「ときのあとさき」 法然院
  • 2010/09/04 ( 土 ) [金沢] "Quietude" アートグミキャラリー
  • 2010/09/05 ( 日 ) [金沢] "parade" アートグミキャラリー
  • 2010/10/02 ( 土 ) [横浜] 「moodstock」横浜開港記念会館
  • 2010/10/30 ( 土 ) [静岡] サールナートホール
  • 2010/11/06 ( 土 ) [大阪] 綿業会館
  • 2010/11/14 ( 日 ) [出雲] 旧大社駅
  • 2010/11/18 ( 木 ) [北九州]「ディナーと音楽の夕べ」西日本工業倶楽部
  • 2010/11/20 ( 土 ) [岡山] 「メトロポリス伴奏付上映会」 天神山文化プラザ
  • 2010/11/23 ( 火 ) [高知] 「秋の夜長の演奏会」 たこ蔵

それぞれのLIVEについての詳細はmama!milk OFICIAL WEBでご確認ください。

o

 
 

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事