2013/11/11 00:00

宇宙や星、天体、そのなかでも人類が観測しうる宇宙を表現した「Xeno-Catasterismi-」、超新星残骸(Supernova remnant)~「星の一生と死」をテーマとした「Xeno-Remnant-」。この2部作で1つの作品として壮大な宇宙を紡ぐセカンド・アルバムを、Virgin Babylon RecordsからリリースしたGo-qualia。Bunkai-kei Recordsの主催者であり、日本のエレクトロニック・ミュージック・シーンの可能性を広げる彼の新作を、たのしみにしていた人も多いだろう。

OTOTOYでは、この壮大な世界観を漏らさず感じてもらうべく、高音質音源で配信開始!! さらに、M7「Halo」の別ヴァージョンである「Halo (13.772+_-0.059 Gyr)」がまとめ購入特典として収録されている。ぜひともこの宇宙に身を委ね、心ゆくまで体感してほしい。

高音質音源でお届け&特典音源付き!!

Go-qualia / Xeno
【配信価格】
HQD(24bit/48kHz) 単曲 150円 / まとめ購入 2,200円
まとめ購入のお客様には特典として「Halo (13.772+_-0.059 Gyr)」の音源が付いてきます。
【Track List】
「Xeno -Catasterismi-」disc1
01. Xeno / 02. Heliosheath / 03. Sirius / 04. Oort Cloud / 05. Nemesis / 06. Pleiades / 07. Milkomeda / 08. Halo / 09. Betelgeuse / 10. Al tair / 11. Vega / 12. Meta / 13. Sic Itur Ad Astra

「Xeno -Remnant-」disc2
01. Ginnungagap / 02. Barnard's Loop / 03. Tycho's Nova / 04. Kepler's Nova / 05. Andromeda / 06. Cygnus Loop / 07. Vela / 08. Nubecula / 09. Coalsack

※OTOTOYでは「Xeno-Catasterismi-」、「Xeno-Remnant-」と分かれていないのでご注意ください。「Xeno-Catasterismi-」はM1~M13、「Xeno-Remnant-」はM14~M22となります。

>>アルバムの特設HPはこちら

INTERVIEW : Go-qualia

Bunkai-kei Recordsの主催者であり、ポップさと独特の音響を両立させるエレクトロニカのアーティストGo-qualia。「魔法少女」をコンセプトにしたファースト・アルバム『Puella Magi』を経て、今回は宇宙をコンセプトにしたセカンド・アルバム『Xeno』をリリースする。前作でも音楽の中にアニメや神話の要素を混ぜ込んだ複雑な世界をアルバムとして作り上げていたが、今作では声優の門脇舞以や歌手のやなぎなぎをゲストに迎え、その手法をさらに発展させている。『Xeno』にはより広い世界があり、強い物語性がある。そんな今作の世界観をGo-qualiaへのインタヴューからも感じ取ってほしい。

インタヴュー&文 : 滝沢時朗

僕ら自体が外側にいる異質なエイリアンなんだっていう捉え方

――『Xeno』は宇宙をコンセプトにしたアルバムですが、どのように構想していったんですか?

自分のなかで宇宙しか考えられない時期があって、延々と宇宙関係の本を読んだり、ホームページや画像を見ていました。それがそのまま曲になったっていう感じです。コンセプト・アルバムにしたのは完全に後から決めたことです。

――前作の『Puella Magi』はファースト・アルバムとしてCDで出す意味のあるものをというところからコンセプト・アルバムを作られていましたけど、今回はまず直感的に作っているんですね。

宇宙って夢があるみたいなイメージがあるんだけど、僕のなかでは考えてみるとすごく怖いものでもあるんですよ。本を読んでいても何億年単位の人間の尺度で考えられないような話を平然としていて、宇宙が膨張していることとかについて考えると怖い。あと、スプートニクやボイジャーみたいな地球から飛ばされたロケットはもう2度と戻らない船なんですよ。それも切ない話だし。そういう宇宙に放り出される孤独みたいな感覚が内面のなかで重なってインスパイアされたのかもしれないです。でも、実際にある宇宙のプロジェクトとか物理学的な発見、天体についての色々な文献とかをいっぱい読んでいく内に、精神的なことよりも宇宙の仕組みの方に興味が移ったので、アルバムのなかで振れ幅はあります。

――タイトルの『Xeno』はどういう意味なんですか?

地球から宇宙を見ると色んな星に囲まれているように感じますけど、地球自体は宇宙のなかでは本当はもっと外側にある星で、銀河系のなかでも本当に端にあるんですよ。銀河系のなかの田舎にあるのが地球。だから、『Xeno』ってタイトルも、人間本位じゃなくて宇宙単位で考えると、僕ら自体が外側にいる異質なエイリアンなんだっていう捉え方です。人間自体がすごくイレギュラーなものなんじゃないかっていう感覚は自分のなかでずっとあって。特別な存在というプラスの意味ではなくて、人間だけなんかおかしいんですよ。宇宙について考えたり、探求していくのもおかしいし。

――ディスク1が「Catasterismi」、ディスク2が「Remnant」というタイトルがついていますが、これはそれぞれどういう意味なんですか?

「Catasterismi」はギリシャ語で星の配置っていう意味です。実際にあった占星術や天文学についてヘレニズム期に書かれた散文を元にしています。「Catasterismi」では星座や星の名前から曲名を付けていて、実際に僕らが観測できる、望遠鏡を覗いたらある宇宙ですね。「Catasterismi」はベースとリズムがあって、はっきり展開する曲で固めています。「Remnant」はSupernova Remnant=超新星残骸から名前を付けています。超新星爆発は星が死ぬときに起こる現象で、超新星残骸はその残像みたいなイメージです。曲名も実際にある超新星残骸が元ですね。実際に僕がいま、目にしている星もいつか一生を終えて、消えてなくなる。それが別の物質になり、また新しい星の誕生の元になる。そういうサイクルみたいなことを意識してディスク2は「Remnant」と付けました。曲は「Catasterismi」と逆でノイズが入っていたりまとまっていない抽象的な音が多いです。ディスク1とディスク2で違うアプローチで作ることは意識しました。

――『Puella Magi』と比べて『Xeno』は音響がサウンドの中心になっていて、ビートのある曲でも『Puella Magi』のものよりはくっきりせずに、他の音と一体になっているように聞こえました。これは宇宙のイメージで曲を作った結果なんですか?

曲のなかに空間がある感じに作ろうと意識してました。あと、宇宙ってよくわからないじゃないですか。写真で散光星雲とかを見ると、星ではあるんだろうけど、よく考えてみるとこれは何なんだろうと思うし、意味がわからなくなってくる。そういうわけがわからない感じも意識していて、これは一体何なんだろうみたいな音をあえて入れました。

宇宙とか物理学の世界って、残された現実にある最後のファンタジーなんですよね

――Catasterismiの1曲目「Xeno」は宇宙船が管制塔と交信しているような音声が入っていて、アルバムが進むと出てくる朗読は誰かに語りかけていたりと、アルバムに主人公がいて物語があることを匂わせる部分がありますが、いかがでしょうか?

1曲目は実際にアポロのカウントダウンとかスプートニクの音とかを使って人類が宇宙に飛び出すところとかをイメージしていて、2曲目「Heliosheath」では太陽圏の外に飛び出すイメージ。「Heliosheath」は太陽圏とその外側の間の領域のことなんですけど、ボイジャー1号がいまいるのはその辺ですね。4曲目の「Oort Cloud」は太陽系を覆っているとされている仮想の天体群のことなんですけど、このボイジャーが完全に太陽系を抜けて一番近い恒星にたどり着くにはまだ何万光年もかかると言われてます。(※1)こういう途方もない距離が星と星の間にはあるっていうイメージが自分の中には強くあるんですよね。「プラネテス」っていうマンガでも、星と星は近くにあるように見えて実はすごく遠くてそれは人間と同じだっていう内容のセリフがあって、すごいやばいなと思いました。

※1 参考 : ファン! ファン! JAXA「ボイジャー1号が太陽圏を脱出」 : http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/679.html

――確かに気が遠くなる話ですね。

「宇宙「96%の謎」 宇宙の誕生と驚異の未来像」という本があるんですけど、人間は宇宙について4%しかわかっていなんですよね。残りの96%はダークマターとかダークエナジーっていう物質が仮説上ではあるとされていて、これが何なのか解明されたら世紀の大発見です。あと、前にSoundcloudにあげていた「96%」っていう曲はこの本が元です。

――ダークマターと聞くと世代的にファイナルファンタジーを思い浮かべてしまいますね。

そうなんですよ(笑)。だから、宇宙とか物理学の世界って、残された現実にある最後のファンタジーなんですよね。FFだとエーテルっていうアイテムがありますけど、あれも元々は神学の中であるとされていた物質で、それを元にして物理学でエーテルって名付けられてる物質があって。そもそも創世神話とかも宇宙の起源と微妙にリンクしてたりする。だから、物理学者ってすごいロマンチストだと思いますよ。実際にあるものに対して夢だけで終わらせずに、解明したいって思ってものすごい研究してますから。

――「Catasterismi」の最後の曲の「Sic Itur Ad Astra」も古代ローマの叙事詩「アエネーイス」の一節で、「Remnant」の最初の曲「Ginnungagap」は北欧神話からで、物理学的な意味の宇宙だけではなくて神話的な宇宙に関係するタイトルもありますよね。

物理学とか化学だけじゃなくて振れ幅を持たせたかったんですよね。「Ginnungagap」=ギンヌンガガプは、北欧神話に出てくる宇宙の始まりにあった巨大で空虚な裂け目のことで、エッダとか他の宇宙の創世神話にも裂け目が出てきていて。だから、昔から人間が共通して思う宇宙のはじまりのイメージがあるみたいで。そのなかでもギンヌンガガップっていうのはちょっと異質なイメージがあって前から気になっていたんですよ。「Remnant」のなかでも「Ginnungagap」だけ浮いてる感じの曲なんですけど、これだけ歌に対して全く違うトラックを作っていて。それから、声を編集して無理矢理ギンヌンガガプって聞こえるようにしてるんですけど。

Xeno -Catasterismi(disc1 digest)
Xeno -Catasterismi(disc1 digest)
Xeno -Remnant-(disc2 digest)
Xeno -Remnant-(disc2 digest)

――前作の『Puella Magi』が善悪の二項対立があるように見えるけどもそれらは実はつながっていてひとつのものであるというテーマを神話の要素を入れて描いていましたよね。『Xeno』でも生と死はつながっていてひとつであるというテーマなので、前作の世界をさらにスケールアップして描いているようにも思えますね。

いま、ちょうど映画を見てきた「魔法少女まどか☆マギカ」もそうですけど、あれも最終的に話が宇宙にまで広がるじゃないですか。あのテレビ版の最終回のまどかのイメージに似た「NGC6357」っていう散光星雲があって、海外のオタクで「まど神星雲」(※2)に改名してほしいって署名運動してるんですよ。

※2 ねとらぼ「8000光年先のアレを「Madokami nebula(まど神星雲)」に改名しよう 国境を越えた運動が展開中」 : http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1301/14/news013.html

――海外のオタクすごいですね(笑)。

そういう意味では根は同じ感覚なのかもしれない。「まどマギ」も世界を改変する話で「新世紀エヴァンゲリオン」もそうじゃないですか。あと、『Xeno』っていうタイトルにしたのも「アイドルマスター XENOGLOSSIA」っていうアニメがすごく好きだからっていうのもあって、そこから色々イメージしたりとか。その話のなかに出てくる象徴的なワードに自分が好きなミヒャエル・エンデの作品から引用していたり、アイドルっていうものに対する捉え方も普通の意味じゃなくて。芸能人としてのアイドルというのも一部ではあるんですけど、同時に隕石を除去するために主人公たちが乗るロボットがiDOLって呼ばれてそれがダブル・ミーニングになっていて。まあそれはアルバムの内容と直接的につながりがあるわけではないですけど。

――アニメの話でいくと、Soundcloudにアップしていたライブ・ミックス(※3)では曲中に『Xeno』のテーマと通じるプリキュア・シリーズのセリフをサンプリングして、「Remnant」の「Barnard's Loop」をつなげたりしてますよね。

ちょうど同じ時期にプリキュア・シリーズを最初の「ふたりはプリキュア」からずっと見てたから、ちょうど作ってる音と混ぜながら聴いてたりしてて。プリキュアのセリフは印象的で強いセリフが多くて。子供に向けて作ってるメッセージだったりするから、シンプルで心に届きやすい。

※3 Cureambient(Live-Mix at Bullet's 2013 5 28) : https://soundcloud.com/go-qualia/cureambient-live-mix-at

――「わたし達の心の中の宇宙は誰からも自由だわ」とかすごいセリフですよね。The Beatlesの「Across The Universe」とほぼ同じですよ。

「ふたりはプリキュア」「スプラッシュスター」も「ハートキャッチプリキュア」も最後は宇宙規模の戦いになったりとかするから、そういうのもわりとシンクロしてたのかも。

ここじゃないどこかを目指していて最終的には宇宙になっちゃう

――詩の朗読で声優の門脇舞以さんが参加されていますが、門脇さんを起用したのはなぜですか?

リーディングは入れたいなとずっと思っていたんですけど、やっぱり、プロにやってもらいたいなと思っていて。素人の方のリーディングだと、普段から声を使って演技をしてる人と違って声に抑揚がなかったりとか、そのへんは難しいから。でも、声優さんのやっているリーディングを聞いてるとやっぱり違って。例えば声優の桑島法子さんが「銀河鉄道の夜」とか宮沢賢治作品を朗読する「朗読夜」というイベントをやっていて、それを聞くとやっぱりプロの方はすごいなって思うし。それで、色んな人がいる中で門脇さんはたまたま自分はちょっと縁があって、やってもらえたらいいなぐらいの気持ちでお願いしたんですけど、受けてくださって。

――朗読されてる詩もGo-qualiaさんが書いたものなんですよね。門脇さんにはこう読んほしいとか伝えたんですか?

収録のときに立ち会って、イメージを伝えたんですけど、ちゃんとこういう風なイメージでと伝えたら、いい形で返ってきてすごいなと。逆に言えば、そういうイメージがちゃんとないと引き出せないのもあるのかなとも思ったりして、すごい勉強になったし、すごい体験でした。

――前回のインタヴューのなかでアニメソングのリミックスをするときに声優さんの声の可能性をどう抽出できるかということを考えていると伺いましたが、今回は声優さんのどういう特徴を引き出そうとしたんですか?

儚さというか、壊れやすい感じみたいなイメージを門脇さんは持っていると思っていました。それで、そういうイメージは今回の曲にも近いものがあったので、それをうまいこと引き出したいなと。詩も門脇さんが読んだらどうなるかなって想定しながら作りました。

門脇舞以
日本の女性声優。アニメにもなっている大人気ゲーム「Fate」シリーズのイリヤスフィール・フォン・アインツベルン役や、「ニーア・レプリカント」のエミール役などで知られる。

――今回のアルバム用に録った朗読や歌はサンプリングの声を使うのと感覚的に違いましたか?

リミックスでもオリジナルでもあんまり気持ちは変わらなくて、同じ感覚でやっています。どっちも自分のなかでは並列であって、どっちが大事とかいうことはなくて。結局、あるのは音楽だけで、最終的に音楽があれば僕はいなくていいですから。

――歌で参加しているやなぎなぎさんに関してはどうですか?

やなぎなぎ
2006年からライヴハウスやインターネット上で音楽活動をするアーティスト / ヴォーカリスト。2009年、supercellからオファーを受け、「nagi」名義でゲスト・ヴォーカルを担当。一度聴いたら忘れられない繊細な声質と、印象的な楽曲の世界観が支持され、メジャー・インディーズ問わず活躍の場を広げている。

やなぎなぎさんもすごかったですね。歌に関しては僕だけじゃなくて、黒傘のameっていう名前でギターの弾き語りをやっている兄と共同で作りました。兄に歌メロと歌詞を考えてもらって、僕はそれを実際に歌ってもらうために構成を考えたました。なぎさんも儚いイメージだけど、ちょっと影のある感じだと思っていて。そういう部分はあんまりなぎさんのソロでは聞けないから、影のある雰囲気があればいいなと。有名な方なので、普段なぎさんを聞いてる人が聞いたときに、いつもと違うなと感じてくれればいいですね。

――やなぎなぎさんは新居昭乃さんに影響を受けてるそうですから、影のある曲やエレクトロニカのサウンドには合っていると思います。宇宙っていうことでいくと新居昭乃さんには「懐かしい宇宙」っていう曲とか宇宙をテーマにした曲もありますよね。

僕も新居昭乃さんは大好きで、そのへんで結構リンクする部分があって。さっき話に出た「スプートニク」っていう曲もあります。あれもすごい良い曲ですね。

――歌や朗読はトラックにのせるだけではなく、音を色々と加工して配置していますが、これはどうしてですか?

最初は色んなパートとか色んなトーンで録らせてもらった音のどこを使おうかなって流し聞きしたんですけど、同時に並べて聞いたときにちょっとずつずれたりっていうのがすごく面白くて。1本だけで使うんじゃなくて、違う声のトーンでステレオで左右で振ったりとか、ピッチをちょっといじったりとか。片方だけぐしゃぐしゃになってどこかでそろったりみたいなことを。それから、リーディングを綺麗に録ったものを並べて、それがはっきりに聞こえるように作るのがセオリーだと思うんですけど、そういうものとは違う方向で、リーディングを加工して曲になじませていく方が僕がやる必然性があるかなと思ったので。

――歌に関してもある曲のフレーズが別の曲にもでてきたり、歌と朗読の詩が部分的に同じだったりして、アルバムを通してイメージが広がるような仕掛けがされてますよね。

断片的に記憶がある感じというか、アルバムを聞いていくなかで色んな部分でデジャヴが起こるように作りたいというのはずっとあって。1曲作ったらそれで終わりじゃなくて、先に作った曲にこの曲をどう混ぜたらおもしろいかなとかって考えながらアルバムを作ってました。それから、歌詞で直接的に伝えたりするわけじゃなくて、世界観を提示するところでとどめて、後は色んな解釈ができるような形でキーワードを散りばめるっていう形の方がアルバムでしかできないことだとも思うので。

――確かに多層的な構造のアルバムですよね。詩の朗読でも「星は死んでも星になる」という言葉があったり、「Catasterismi」の最後の曲の「Sic Itur Ad Astra」もラテン語で「こうして人々は星へ向かう」という意味だったり。

悩んでる時に空を見上げたり、星を見てなにかものを考えたりって、ずっと昔から人がやってきて、いまの僕らもやっていることですよね。これは気持ちがどこかいまここじゃないところに向かいたいっていうことで、その象徴として宇宙とか星があるんじゃないかなと思っていて。P-FUNKとかサン・ラとか。今ここにいる自分はエイリアンなんだって感覚。今いる現実があまりにも酷いから、ここじゃないどこかを目指していて最終的には宇宙になっちゃう。そういう感じは僕自身ずっとありますね。だから、『Xeno』は普遍的なテーマになっているとも思ってます。

――エレクトロニカやアニメのエッセンスで作られていますけど、宇宙というテーマ自体は万国共通の古くて新しいものですよね。

『Xeno』をきっかけに宇宙に興味を持って掘り下げてもらえたらいいなと思ってます。最終的にその人が勉強して物理学をやったりとか、もしくは宇宙開発に興味を持ってもらうとか。ただ作品を出すだけじゃなくて、音楽でそういうことをやっていきたいですね。

Go-qualiaの過去作はこちら

Go-qualia / Puella Magi

Go-qualia初のCDアルバム作品。「魔法少女」をコンセプトの中心におき、複層的世界と物語を描いた傑作が誕生! セフィロトの樹(生命の樹)とクリフォトの樹(悪の樹)という相対した2つの樹を中心とした2つの世界。その狭間に在る現実世界で魔法少女の「喪失」と「希望」の物語が全15曲79分のなかで繰り広げられていく。

>>特集ページはこちら

Virgin Babylon Recordsの作品はこちら

N-qia / Fringe Popcical

Serph、Reliqと、ソロとしても圧倒的な才覚を発揮するTakmaが、ヴォーカル、Nozomiと結成したユニット、N-qia。自由奔放で複雑なビート、繊細で透明なヴォーカルはジャンルの枠組みを超え、ファンタジックな世界を創りあげる。

>>特集ページはこちら

matryoshka / Laideronnette

2007年にリリースされた1stアルバム『zatracenie』は、まだ無名ながら口コミで広がり驚異的な売上を記録。5年ぶりとなる待望の2ndアルバム『Laideronnette』は荘厳なストリングスと柔らかなピアノ、無機質ながらも有機的なリズムが鳴り、憂いを帯びた唄、綿密に配置されたノイズが響く。

>>特集ページはこちら

world's end girlfriend / Starry Starry Night - soundtrack

world's end girlfriendが音楽を担当し2011年に台湾、中国、香港、シンガポールで公開された台湾映画、林書宇監督作品「星空 Starry Starry Night」のサウンドトラックが、WEG主宰レーベルVirgin Babylon Recordsよりリリース! 湯川潮音がゲスト・ヴォーカルとして参加したリード・トラック「Storytelling」ほか、ストリングス、ピアノ、チェレスタやシンセサイザーなどを用い、儚く美しいメロディーと共に少女と少年の憧れと冒険、喪失と希望をやさしく描き出した全12曲。

>>特集ページはこちら

>>Virgin Babylon Records Official HP

PROFILE

Go-qualia

新鋭ネットレーベル「分解系レコーズ」を主催し、その他多くのネットレーベルから楽曲 / リミックスを発表。ニコニコ動画などではアニメの音声だけを抽出し音楽として再構築した「◯◯の声だけで」シリーズなどがある。楽曲の持つ美しさとある種のPOPさには定評があり、オンライン上にはすでに多くのファンがついている。アニメ・ゲーム等の現代を色度得ウ文化を素材に分解、再構築し新たなエレクトロニック・ミュージックの可能性に迫る。

PROGRESSIVE FOrMよりリリースされた、Pleq『Good Night Two』や、スクウェア・エニックスの人気ゲーム"ニーア"トリビュート・アルバムCD『NieR Tribute Album-echo』などにリミキサーとしての参加を経て、2011年12月にはVirgin Babylon Recordsより"魔法少女"をテーマとした初のCDアルバム作品『Puella Magi』を発売。2012年にはSonerSoundTokyo2012への出演を果たす。

>>Bunkai-Kei records Official HP

この記事の筆者
滝沢 時朗

1982年東京生まれ。 twitter ID:@sarigenaginger

ショーロクラブwithヴォーカリスタス『武満徹ソングブック』

ショーロクラブwithヴォーカリスタス『武満徹ソングブック』

空気公団、最新作を2週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー

空気公団、最新作を2週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー

MOtOLOiD特集第4弾 DJ'TEKINA//SOMETHINGの“EDM的”作品を聴け!

MOtOLOiD特集第4弾 DJ'TEKINA//SOMETHINGの“EDM的”作品を聴け!

謎のネット・レーベルMOtOLOiD特集第3弾! トラックメイカー、bakerによる“悪”なEPを、限定特典とともにハイレゾで!

謎のネット・レーベルMOtOLOiD特集第3弾! トラックメイカー、bakerによる“悪”なEPを、限定特典とともにハイレゾで!

大島輝之&大谷能生のアルバムをハイレゾ配信 & インタヴュー

大島輝之&大谷能生のアルバムをハイレゾ配信 & インタヴュー

OTOTOY限定トラックあり! ハイレゾで聴く、立花ハジメのライヴ・アルバム『GalleriAprotia』

OTOTOY限定トラックあり! ハイレゾで聴く、立花ハジメのライヴ・アルバム『GalleriAprotia』

DJまほうつかいの新作EPを特殊な3フォーマットでお届け

DJまほうつかいの新作EPを特殊な3フォーマットでお届け

空気公団による、ライブ録音アルバムをハイレゾで!

空気公団による、ライブ録音アルバムをハイレゾで!

ゲーム音楽作曲家、伊藤賢治。大人気ゲーム『サ・ガ』シリーズの楽曲を熱きバトル・アレンジで収録

ゲーム音楽作曲家、伊藤賢治。大人気ゲーム『サ・ガ』シリーズの楽曲を熱きバトル・アレンジで収録

「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドによって熱演!!

「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドによって熱演!!

豊田道倫『FUCKIN' GREAT VIEW』をハイレゾ配信&インタヴュー

豊田道倫『FUCKIN' GREAT VIEW』をハイレゾ配信&インタヴュー

Go-qualia、宇宙をコンセプトにしたセカンド・アルバム『Xeno』をリリース

Go-qualia、宇宙をコンセプトにしたセカンド・アルバム『Xeno』をリリース

Babi、2ndアルバム『Botanical』フリー・ダウンロード&HQD配信!

Babi、2ndアルバム『Botanical』フリー・ダウンロード&HQD配信!

SUNDAYカミデ、小説付きの1stソロアルバムをリリース

SUNDAYカミデ、小説付きの1stソロアルバムをリリース

中野テルヲ『Deep Architecture』配信開始&インタビュー

中野テルヲ『Deep Architecture』配信開始&インタビュー

おすすめの2.3枚(2013/8/7~2013/8/13)

おすすめの2.3枚(2013/8/7~2013/8/13)

アルゼンチン音響の代表格アレハンドロ・フラノフの入手困難だった初期の名作を、2枚同時配信!!

アルゼンチン音響の代表格アレハンドロ・フラノフの入手困難だった初期の名作を、2枚同時配信!!

SIMI LABのメンバーMARIAの1stアルバム『Detox』

SIMI LABのメンバーMARIAの1stアルバム『Detox』

Riow Araiが自身のレーベルから、第2弾ソロ・アルバムをリリース!!

Riow Araiが自身のレーベルから、第2弾ソロ・アルバムをリリース!!

QN、RAU DEF、RICKによるMUTANTANERSの新作が解禁!

QN、RAU DEF、RICKによるMUTANTANERSの新作が解禁!

soyuz project が新作『perspective』を高音質でリリース!

soyuz project が新作『perspective』を高音質でリリース!

坂本美雨×mito(クラムボン)『シロネコトラネコ』配信開始

坂本美雨×mito(クラムボン)『シロネコトラネコ』配信開始

FINAL FANTASY シリーズ生誕25周年『FINAL FANTASY VINYLS』発売記念! 10月13日@JVCマスタリング・センターで行われたこと

FINAL FANTASY シリーズ生誕25周年『FINAL FANTASY VINYLS』発売記念! 10月13日@JVCマスタリング・センターで行われたこと

空気公団『夜はそのまなざしの先に流れる』予約開始&インタビュ―

空気公団『夜はそのまなざしの先に流れる』予約開始&インタビュ―

古川本舗の待望のセカンドアルバム『ガールフレンド・フロム・キョウト』

古川本舗の待望のセカンドアルバム『ガールフレンド・フロム・キョウト』

10年振りとなるXINLISUPREMEの新作『4 Bombs』リリース & インタビュー

10年振りとなるXINLISUPREMEの新作『4 Bombs』リリース & インタビュー

昆虫キッズ『こおったゆめをとかすように』

昆虫キッズ『こおったゆめをとかすように』

伊藤賢治『Re:BirthⅡRomancing Sa・Ga BATTLE ARRANGE』配信開始!

伊藤賢治『Re:BirthⅡRomancing Sa・Ga BATTLE ARRANGE』配信開始!

fifi『orange.ep』配信開始&フリーダウンロード開始

fifi『orange.ep』配信開始&フリーダウンロード開始

Vegpher『Play』高音質で配信開始!

Vegpher『Play』高音質で配信開始!

mishmash*Julie Watai『グラドルを撃たないで』音源&PV配信開始

mishmash*Julie Watai『グラドルを撃たないで』音源&PV配信開始

kilk recordsからデビュー! cellzcellar『circus from a bygone era』1週間先行配信開始

kilk recordsからデビュー! cellzcellar『circus from a bygone era』1週間先行配信開始

Coffee & Cigarettes Band『Sessions』ライヴ音源が緊急リリース!

Coffee & Cigarettes Band『Sessions』ライヴ音源が緊急リリース!

Shing02 × Chimp Beams『ASDR』レビュー

Shing02 × Chimp Beams『ASDR』レビュー

Luis Nanook 2ndアルバム『丘の上のロメロ」配信開始&フリー・ダウンロード

Luis Nanook 2ndアルバム『丘の上のロメロ」配信開始&フリー・ダウンロード

Denkitreibe 『M4TC:Derived』フリー・ダウンロード開始!

Denkitreibe 『M4TC:Derived』フリー・ダウンロード開始!

中野テルヲ『Oscillator and Spaceship』 インタビュー&フリーダウンロード

中野テルヲ『Oscillator and Spaceship』 インタビュー&フリーダウンロード

ulrich schnauss『A Letter From Home An Ambient Selection』

ulrich schnauss『A Letter From Home An Ambient Selection』

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

AO INOUE『Arrow』高音質配信開始&インタビュー

AO INOUE『Arrow』高音質配信開始&インタビュー

Go-qualia『Puella Magi』インタビュー

Go-qualia『Puella Magi』インタビュー

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

halos『ivy,ivy,ivy』フリー・ダウンロード&インタヴュー

halos『ivy,ivy,ivy』フリー・ダウンロード&インタヴュー

INDOPEPSYCHICS リマスタリング&未発表曲リリース! nikインタビュー

INDOPEPSYCHICS リマスタリング&未発表曲リリース! nikインタビュー

TYCHO 『Dive』配信開始

TYCHO 『Dive』配信開始

Atlas Sound『Prallax』配信開始!

Atlas Sound『Prallax』配信開始!

WORLD STANDARD『みんなおやすみ』

WORLD STANDARD『みんなおやすみ』

Fragment『鋭 ku 尖 ru』Fragment×ゆーきゃん対談

Fragment『鋭 ku 尖 ru』Fragment×ゆーきゃん対談

mama!milkライブ音源6新作同時配信開始!

mama!milkライブ音源6新作同時配信開始!

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.4』

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.4』

DJまほうつかい(漫画家・西島大介)ロング・インタビュー

DJまほうつかい(漫画家・西島大介)ロング・インタビュー

Babi『6色の鬣とリズミミカル』がHQDで配信開始1

Babi『6色の鬣とリズミミカル』がHQDで配信開始1

KASHIWA Daisuke『88』

KASHIWA Daisuke『88』

Build An Ark10周年アルバム & Gaby Hernandez『Sweet Starry Night』

Build An Ark10周年アルバム & Gaby Hernandez『Sweet Starry Night』

木下美紗都『それからの子供』インタビュー

木下美紗都『それからの子供』インタビュー

芳垣安洋×おおはた雄一による1夜限りのセッションをDSD録音&独占配信

芳垣安洋×おおはた雄一による1夜限りのセッションをDSD録音&独占配信

Virgin Babylon Records×Bunkaikei-records presents『super earth remixes』

Virgin Babylon Records×Bunkaikei-records presents『super earth remixes』

二階堂和美『にじみ』

二階堂和美『にじみ』

FUJIROCK FESTIVAL'11特集 渡辺裕也×滝沢時朗対談

FUJIROCK FESTIVAL'11特集 渡辺裕也×滝沢時朗対談

JESUS FEVER『Dozens Of Great Views』DSDリマスター版発売&レビュー

JESUS FEVER『Dozens Of Great Views』DSDリマスター版発売&レビュー

Wild Beasts『Smother 』レビュー

Wild Beasts『Smother 』レビュー

cyclo.『id』

cyclo.『id』

mito『DAWNS』

mito『DAWNS』

mito名義で発売直前の『DAWNS』から先行フリー配信開始!

mito名義で発売直前の『DAWNS』から先行フリー配信開始!

Tune-yards & Panda Bear 先行配信 & フリー・ダウンロード

Tune-yards & Panda Bear 先行配信 & フリー・ダウンロード

Shakuya Records『Paper Sounds』先行配信 & インタビュー

Shakuya Records『Paper Sounds』先行配信 & インタビュー

Metro-Ongen『EDEN』フリー・ダウンロード開始!

Metro-Ongen『EDEN』フリー・ダウンロード開始!

gak Sato『gF』インタビュー

gak Sato『gF』インタビュー

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 - 待望のBiS初フル・アルバム『Brand-new idol Society』が配信開始! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 - 待望のBiS初フル・アルバム『Brand-new idol Society』が配信開始! -

プロデューサーに益子樹(ROVO)を迎え、ANIMAが新作『シャガール』をリリース!!

プロデューサーに益子樹(ROVO)を迎え、ANIMAが新作『シャガール』をリリース!!

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.1』

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.1』

Oba Masahiro 『Still Life』 リリース&インタビュー

Oba Masahiro 『Still Life』 リリース&インタビュー

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

LIVE REPORT アニマキュレート2@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

LIVE REPORT アニマキュレート2@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

LIVE REPORT アニマキュレート@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

LIVE REPORT アニマキュレート@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

FilFla『Sound Fiction』インタビュー

FilFla『Sound Fiction』インタビュー

LIVE REPORT 青葉市子@青山EATS and MEETS Cay

LIVE REPORT 青葉市子@青山EATS and MEETS Cay

アルゼンチン特集 Alejandro Franov & Sami Abadi レビュー

アルゼンチン特集 Alejandro Franov & Sami Abadi レビュー

DOOBEEIS 『DOOBEEIS』配信開始!

DOOBEEIS 『DOOBEEIS』配信開始!

谷口尚久1st album 『JCT』フリー・ダウンロード

谷口尚久1st album 『JCT』フリー・ダウンロード

BEATシーンを牽引する COSMOPOLYPHONIC 配信開始!

BEATシーンを牽引する COSMOPOLYPHONIC 配信開始!

Low End Theory 来日特集!

Low End Theory 来日特集!

Brian Eno『Small Craft On A Milk Sea』日本先行配信!

Brian Eno『Small Craft On A Milk Sea』日本先行配信!

Chisato Ohori デビュー作『toanowa』配信開始

Chisato Ohori デビュー作『toanowa』配信開始

SUFJAN STEVENS(スフィアン・スティーヴンス) 『The Age of Adz』レビュー!

SUFJAN STEVENS(スフィアン・スティーヴンス) 『The Age of Adz』レビュー!

Design 『D.E.S.I.G.N』先行配信開始 & インタビュー!

Design 『D.E.S.I.G.N』先行配信開始 & インタビュー!

NINJA TUNE 20周年記念 特集!

NINJA TUNE 20周年記念 特集!

JESUS FEVER『lemniscate 』

JESUS FEVER『lemniscate 』

待望のLA BETAS特集! Alpha pup / corde音源フリー・ダウンロード開始!

待望のLA BETAS特集! Alpha pup / corde音源フリー・ダウンロード開始!

Turn On The Sunlight 『TURN ON THE SUNLIGHT』配信開始!

Turn On The Sunlight 『TURN ON THE SUNLIGHT』配信開始!

昆虫キッズ『text』より「サマータイマー」フリー・ダウンロード&インタビュー

昆虫キッズ『text』より「サマータイマー」フリー・ダウンロード&インタビュー

mama!milk『Parade』HQD高音質配信スタート&インタビューUP

mama!milk『Parade』HQD高音質配信スタート&インタビューUP

3drum3piano vol.01@西麻布SUPER DELUXE

3drum3piano vol.01@西麻布SUPER DELUXE

world's end girlfriend 名作『hurtbreak Wonderland』を大胆に分解する「division」シリーズ完結

world's end girlfriend 名作『hurtbreak Wonderland』を大胆に分解する「division」シリーズ完結

AC部 featuring まつゆう*「キッスはまだはやいわ」映像作品

AC部 featuring まつゆう*「キッスはまだはやいわ」映像作品

ATOM & MASAKI SAKAMOTO『METEOR SHOWER from "Alien Symphony"』高音質で販売開始&インタビュー

ATOM & MASAKI SAKAMOTO『METEOR SHOWER from "Alien Symphony"』高音質で販売開始&インタビュー

CONVEX LEVEL 高音質ライブ音源「you are the alien」 フリー・ダウンロード

CONVEX LEVEL 高音質ライブ音源「you are the alien」 フリー・ダウンロード

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団『キング オブ ミュージック』

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団『キング オブ ミュージック』

LIVE REPORT KAIKOO POPWAVE FESTIVAL

LIVE REPORT KAIKOO POPWAVE FESTIVAL

鈴木祥子『my Sweet Surrender』 インタビュー

鈴木祥子『my Sweet Surrender』 インタビュー

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ MixをHQD配信 『Made In Japan "Future" Classics』/ インタビュー

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ MixをHQD配信 『Made In Japan "Future" Classics』/ インタビュー

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ Mixを24bit48KHzの高音質配信開始!! 『Made In Japan "Future" Classics』収録アーティストによるコメントも掲載!!

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ Mixを24bit48KHzの高音質配信開始!! 『Made In Japan "Future" Classics』収録アーティストによるコメントも掲載!!

環ROY『BREAK BOY』インタビュー

環ROY『BREAK BOY』インタビュー

クラムボン ニュー・アルバムより「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

クラムボン ニュー・アルバムより「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

ZZ PRODUCTION『ZZ』

ZZ PRODUCTION『ZZ』

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER『VOLCANO』未収録音源を高音質でフリー・ダウンロード

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER『VOLCANO』未収録音源を高音質でフリー・ダウンロード

レイト『さよなら昨日』特集ページ

レイト『さよなら昨日』特集ページ

レイト『さよなら昨日』先行フリー・ダウンロード

レイト『さよなら昨日』先行フリー・ダウンロード

ソウル・フラワー・ユニオン『アクア・ヴィテ』動画配信開始

ソウル・フラワー・ユニオン『アクア・ヴィテ』動画配信開始

TOP