album jacket
TitleDurationPrice
1
今、偽善者の先頭で  mp3: 16bit/44.1kHz 04:56 N/A
2
Collage Flowers  mp3: 16bit/44.1kHz 03:58 N/A
3
心呼吸  mp3: 16bit/44.1kHz 04:56 N/A
4
海とガールフレンド(2011MIX)  mp3: 16bit/44.1kHz 05:41 N/A
5
in The Soup  mp3: 16bit/44.1kHz 03:34 N/A
6
窓の向こう側  mp3: 16bit/44.1kHz 07:00 N/A
7
in your light  mp3: 16bit/44.1kHz 05:00 N/A
8
ネコはどうせめんこいんだ(「ネコはどうせかわいいんだ」福島ver.)  mp3: 16bit/44.1kHz 04:24 N/A
9
素直な自分(2011年3月3日新宿JAM)  mp3: 16bit/44.1kHz 03:14 N/A
10
そこを見る  mp3: 16bit/44.1kHz 04:03 N/A
11
BRAND NEW R&R BAND  mp3: 16bit/44.1kHz 04:24 N/A
12
Freestyle No.1  mp3: 16bit/44.1kHz 03:07 N/A
13
真昼のゆめ  mp3: 16bit/44.1kHz 05:05 N/A
14
東京  mp3: 16bit/44.1kHz 03:27 N/A
15
ペガサスフォーメーション  mp3: 16bit/44.1kHz 04:01 N/A
16
通りすがり  mp3: 16bit/44.1kHz 03:25 N/A
17
City Lights Gently Weeps  mp3: 16bit/44.1kHz 05:40 N/A
18
gleði  mp3: 16bit/44.1kHz 06:29 N/A
19
ひかり<2011 ALTERNATE MIX>  mp3: 16bit/44.1kHz 02:59 N/A
Album Info

東日本大地震救済支援コンピレーション・アルバムです。アルバム・タイトル『Play fo Japan』には、「日本の未来のために演奏する」と言う意味を込めています。我々の思いが、少しでも被災地に届きますように。みなさん、一緒に、粘り強く、再建と復興をめざして歩んでいきましょう。

Note

DL期間 : 2011年4月1日~2012年3月11日

ディレクター : 田山雄士

マスタリング : 高橋健太郎

ジャケット・デザイン : タナカカツキ

Add all to INTEREST

Discography

Jazz/World

『恋するタビビト』は、昨年の一月に僕の大切な友人の家族が亡くなった折に作った曲です。とても急だったその悲しい知らせを受けた後しばらく、大きな憤りから逃れられなくなってしまい、半ば自分の救済を兼ねて自室(studio managu)をロックダウンして制作に耽りました。まとめあげて、聞いてもらった何人かからすごく率直な感想をもらって、自分で言うのもおかしいのですが、創作物に救われたような、ゆっくり霧が晴れていくような不思議な感覚を得ました。 今、いつまで続くのか分からない未知の恐怖が押し寄せるこんな時だからどうにか、あの時の自分が慰められたように、他の誰かの苦しみにこの曲が寄り添ってくれないだろうか。そんな事を思って、蔵出しすることにしました。 売り上げは、アラゲホンジをいつも何度でも応援してくれるDJマイケルさんのお店、渋谷タングルへ寄付させて頂くことに致しました。ライブハウスやクラブよりもさらに規模も敷地も小さいタングルのようなDJバーは今、お店の条件的にも一際弱い立場に置かれていると思います。ここで、ひたすら朝まで好きな音楽を浴びながら過ごした、とても豊かな時間。なんとかまた、取り戻したい気持ちです。この場の存続のため、どうかみなさまご支援をお願い致します。最高なOTOTOYさんに投げ銭方式をご用意して頂きました。最低250円、上限なしです! 生き延びて、またもつれ合ってこんがらがって、乾杯しましょう! アラゲホンジ 齋藤真文

HipHop/R&B

MOROHA、新曲「スコールアンドレスポンス」

HipHop/R&B

MOROHA、新曲「COVID-19」をOTOTOYと公式通販サイトでのシングルCDにて限定リリース。 今作はMOROHAが所属するユニバーサルシグマからではなく、自主でのリリースとなっており、新型コロナウイルスが与えた影響、葛藤、今の実状が生々しく表現されている。 アフロ(MC)は「不要不急?不屈不朽だよバカやろう。」とその経緯を説明している。

HipHop/R&B

「再生ボタンは奥歯の上にある 噛み締めたときにだけ鳴り響く音楽」 メジャー初となるオリジナルアルバムが完成。 2016年発売の「MOROHA Ⅲ」以来のオリジナルアルバムである。 映画「アイスと雨音」主題歌「遠郷タワー」、 「保育・介護・人材のライク」CMソングとして今春も大量オンエアの「うぬぼれ」 そして未発表ながら、有線お問い合わせチャート月間1位を獲得した失恋歌「拝啓、MCアフロ様」を含む全10曲。

GOOD PRICE!
Rock

はっぴいえんど×トロピカリズモと称されたデビュー以降、パンク、サイケ、クラウト、レゲエ、ソウルと分裂症的に音楽性を変化させてきた高野山の怪物ツチヤニボンドの4thアルバム『MELLOWS』。「南米」、「アーバン」、「メロウ」をキーワードに東西を代表する若手ミュージシャン達との交流を経て紡ぎ出された楽曲は言うならば“コスモポリタンシティ・ポップ"(!?)。南米の音楽ひいては様々なラテン音楽(MPB~カンドンベ~キューバ~etc...)のエッセンスを独自の観点で吸収し、アーバン&メロウに仕上げた本作はツチヤニボンドによるメロウ領域の拡大である! YouTubeに先行公開された本作のテーマとなる『Urbane』。井手健介と母船の代表曲を琉球×ミナスなフィーリングに変貌させた換骨奪胎なカヴァー『青い山賊』を含む全9曲を収録。

今年(2018年)結成10周年を迎える井乃頭蓄音団、前作「MAHOROBA」以来2年振りとなる渾身の5thアルバム。

HipHop/R&B

アコースティックギターとMCの2人組、MOROHA(モロハ)。 その圧倒的な熱量と、聴くものを鷲掴みにするメッセージでシーンに摩擦をおこす彼らが遂に結成10周年でメジャーデビュー! これまでの代表曲「革命」「tomorrow」「恩学」「ハダ色の日々」「バラ色の日々」などを、今の彼らの熱量で再録という形でコンパイルした全12曲収録。

GOOD PRICE!
HipHop/R&B

2018年春に公開の映画「アイスと雨音」主題歌

HipHop/R&B

京都のフェス、ボロフェスタ2016にて行われたMOROHAの驚愕のライヴが音源として登場。本編で語られるMOROHAとボロフェスタとの熱い関係性、そして3rd アルバム『MOROHAIII』の発売直後ということもあり、あまりにも最高な、この音源でしか聴けない1ギター、1マイクのロックンロール!!! MOROHAの軌跡はここにあり!

Bonus!
HipHop/R&B

現在、話題沸騰中のMOROHAがニューアルバムを、 自主レーベルYAVAY YAYVA RECORDSよりリリース!!全10曲収録。

2008年井の頭公園での結成から8年を迎える4人組バンド、井乃頭蓄音団の通算4枚目となるアルバム。自らの音楽的ルーツであるカントリー、フォークを現代に落とし込み、昨今盛り上がりを見せるアメリカーナ・サウンドを意識した意欲作!

Jazz/World

日本はおもしろい。この列島には素晴らしい歌があり、祭礼や伝統行事があり、リズムがある。近年そうした日本列島に息づくさまざまな文化を再評価する動き が盛んに行われており、音楽方面でもさまざまなアプローチが試みられているが、東北を中心とする各地の民謡や伝統リズムに取り組んできたグループ、アラゲ ホンジの活動もそうした潮流のひとつに数えられるかもしれない。だが、アラゲホンジは自身でまとっていた「お祭りロック・バンド」という衣装を脱ぎ捨て、 階段三段飛ばしぐらいの勢いでネクストステップに到達してしまった。このニュー・アルバムにはこれまでの作品のように民謡や囃子のエッセンスも取り込まれ ているが、ここには同じようにジャズに対するプログレッシヴなアプローチがあり(数曲の音の質感にはフライング・ロータスが意識されていることは書い ちゃってもいいのだろうか?)、摩天楼煌めくモダン・ファンク~アーバン・ソウルがあり、ニューウェイヴ・ファンクと神楽の融合があり、リーダーである齋 藤真文のニューソウルへの愛情がある。誰も足を踏み入れたことのなかったプリミティヴ・ポップの地平を切り開く、極めて野心的なジャパニーズ・ソウル・ ミュージック。心躍らせ、涙腺を刺激してやまない9曲の名曲が今、世界に放たれる。

Jazz/World

日本はおもしろい。この列島には素晴らしい歌があり、祭礼や伝統行事があり、リズムがある。近年そうした日本列島に息づくさまざまな文化を再評価する動きが盛んに行われており、音楽方面でもさまざまなアプローチが試みられているが、東北を中心とする各地の民謡や伝統リズムに取り組んできたグループ、アラゲホンジの活動もそうした潮流のひとつに数えられるかもしれない。だが、アラゲホンジは自身でまとっていた「お祭りロック・バンド」という衣装を脱ぎ捨て、階段三段飛ばしぐらいの勢いでネクストステップに到達してしまった。このニュー・アルバムにはこれまでの作品のように民謡や囃子のエッセンスも取り込まれているが、ここには同じようにジャズに対するプログレッシヴなアプローチがあり(数曲の音の質感にはフライング・ロータスが意識されていることは書いちゃってもいいのだろうか?)、摩天楼煌めくモダン・ファンク~アーバン・ソウルがあり、ニューウェイヴ・ファンクと神楽の融合があり、リーダーである齋藤真文のニューソウルへの愛情がある。誰も足を踏み入れたことのなかったプリミティヴ・ポップの地平を切り開く、極めて野心的なジャパニーズ・ソウル・ミュージック。心躍らせ、涙腺を刺激してやまない9曲の名曲が今、世界に放たれる。

3ヶ月連続ワンマン『百軒店コンサート』も全公演ソールドアウトして今最も勢いに乗る井乃頭蓄音団の渾身の3rdフルアルバム!!!

View More Discography Collapse
Collapse

News

MOROHAのドキュメンタリー映像作品「其ノ灯、暮ラシⅡ」発売決定

MOROHAのドキュメンタリー映像作品「其ノ灯、暮ラシⅡ」発売決定

MOROHAのドキュメンタリー映像作品「其ノ灯、暮ラシⅡ」が8月26日(水)に発売されることが発表された。 「其ノ灯、暮ラシ」はエリザベス宮地監督による、MOROHAの軌跡を刻んだドキュメンタリー。続編にあたる今作は、2018年MOROHAのメジャーデビ

MOROHA新曲“主題歌”を投げ銭方式でリリース MVも公開

MOROHA新曲“主題歌”を投げ銭方式でリリース MVも公開

MOROHAが新曲“主題歌”を、本日5月18日(月)に突如リリースした。 この楽曲は、オフィシャルサイトのURLから、誰でもフリーでダウンロードできる状態で発表されている。 また、エリザベス宮地監督が手がけた「主題歌」ジャケット写真とMUSIC VIDE

MOROHAのドキュメント映像作品「其ノ灯、暮ラシ」YouTubeにてプレミア公開

MOROHAのドキュメント映像作品「其ノ灯、暮ラシ」YouTubeにてプレミア公開

MOROHAのドキュメント映像作品「其ノ灯、暮ラシ」がYouTubeにてプレミア公開される。 この作品は、2016年から2017年にかけて全43公演が行われた「MOROHAⅢ RELEASE TOUR」に密着した、エリザベス宮地監督によるドキュメンタリー

MOROHAアフロ、行定勲監督ショートムービーで役者として熱演

MOROHAアフロ、行定勲監督ショートムービーで役者として熱演

MOROHAのVo.アフロが、行定勲監督によるショートムービー「きょうのできごと a day in the home」で役者として初演技をした。 この作品は「今のこの世の中の困難な状況だからこそ、エンターテイメント作品を作ることを諦めない」という行定勲監

ライヴハウス支援企画『Save Our Place』第3弾でGotch、DEATHROら音源配信スタート

ライヴハウス支援企画『Save Our Place』第3弾でGotch、DEATHROら音源配信スタート

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第3弾配信が本日4月17日(金)15時よりスタートした。 今回の配信音源は、Gotch「Stay Inside」、DEATHRO「闇を切り裂く」、Red Tubby and Cali

MOROHA、全国ツアー「日程未定、開催確定 TOUR」を発表

MOROHA、全国ツアー「日程未定、開催確定 TOUR」を発表

舞台上に鎮座するアコースティック・ギターのUKと、汗に染まるTシャツを纏いマイクに喰らいつくMCのアフロからなる二人組ユニット、MOROHAが新たに全国ツアー「日程未定、開催確定 TOUR」を開催することを発表した。 このツアーはコロナウィルスの影響でイ

View More News Collapse
MOROHAアフロ、地元長野の信濃毎日新聞でエッセイ「俺が俺で俺だ」連載開始

MOROHAアフロ、地元長野の信濃毎日新聞でエッセイ「俺が俺で俺だ」連載開始

MOROHAのアフロが地元・長野の「信濃毎日新聞」でエッセイ「俺が俺で俺だ」の連載を本日4月3日(金)よりスタートさせた。 信濃毎日新聞は長野県内でおよそ45万部を発行する、県内屈指の新聞。以前より何度もMOROHAが取材を受けた縁で、今回の連載が決まっ

MOROHA、フジテレビ「Love music」で披露した新曲「スコールアンドレスポンス」をリリース

MOROHA、フジテレビ「Love music」で披露した新曲「スコールアンドレスポンス」をリリース

MOROHAが新曲「スコールアンドレスポンス」をリリースした。 「スコールアンドレスポンス」は、昨夜、フジテレビ「Love music」に生出演して披露された楽曲。 鋭いギターのバッキングの上で「降り続く雨に何が出来る?」という問い掛けるこの曲の最後には

MOROHA、新曲「COVID-19」をOTOTOYと公式通販サイト限定でリリース

MOROHA、新曲「COVID-19」をOTOTOYと公式通販サイト限定でリリース

MOROHA、新曲「COVID-19」を本日3月30日(月)午前1:25より、OTOTOYでのダウンロード配信とMOROHA公式通販サイトでのシングルCDでの限定販売という形で急遽リリース。 同楽曲は3月20日に行われた「J-WAVE HOLIDAY S

UK【NEO-ADU】ブランドショップ「GRAYZONE」を秋葉原にオープン

UK【NEO-ADU】ブランドショップ「GRAYZONE」を秋葉原にオープン

昨年末発禁処分となり通販にて販売し、わずか1日半で完売となった前代未聞の18禁楽譜『GRAYZONE』を刊行したUK(MOROHA)が、2020年2月に【NEO-ADU】ブランドショップ「GRAYZONE」を秋葉原にオープンすることを明らかにした。 この

MOROHA、初となる全座席有りのツアー「MOROHA ”座”」解禁

MOROHA、初となる全座席有りのツアー「MOROHA ”座”」解禁

全国ツアー『MOROHA Ⅳ RELEASE TOUR “単独”』のファイナルをZepp DiverCityで終えたMOROHAが、2020年の新たなツアー「MOROHA “座”」を解禁した。 MOROHA初の試みとなる全座席有りのツアーとなっており、京

エリザベス宮地監督「其ノ灯、限リ」上映会&MOROHAとトークライブ開催

エリザベス宮地監督「其ノ灯、限リ」上映会&MOROHAとトークライブ開催

エリザベス宮地監督のライブドキュメンタリー作品「其ノ灯、限リ」上映会が、12月19日(木) に渋谷ユーロライブにて開催されることが決定した。 本作は、MUSIC ON! TV(エムオン!)にてスペシャル番組『M-ON! SPECIAL 「MOROHA」~

忘れらんねえよ「ツレ伝オールナイトフェス」第2弾でアルカラ、グドモ、2、PAN、ハンブレッダーズ、眉村ちあき、MOROHA

忘れらんねえよ「ツレ伝オールナイトフェス」第2弾でアルカラ、グドモ、2、PAN、ハンブレッダーズ、眉村ちあき、MOROHA

10月5日(土)渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催される、忘れらんねえよ。主催「ツレ伝オールナイトフェス」。 その第2弾出演者が発表された。 今回発表されたのは、アルカラ、グッドモーニングアメリカ、2、PAN、ハンブレッダーズ、眉村ちあき、MORO

radioDTMアニバーサリーイベント第1弾発表にwebnokusoyaro、折坂悠太、Have A Nice Day!

radioDTMアニバーサリーイベント第1弾発表にwebnokusoyaro、折坂悠太、Have A Nice Day!

Podcast番組「radioDTM」が配信500回と10周年を記念したアニバーサリーイベントの詳細を発表。 〈radioDTM 500th & 10years Anniversary〉と題された当イベントは3部構成であることが発表され、新宿LOFTにて

MOROHA、新たな対バンツアー〈「MOROHA Ⅳ」RELEASE TOUR “対”〉の開催を発表

MOROHA、新たな対バンツアー〈「MOROHA Ⅳ」RELEASE TOUR “対”〉の開催を発表

現在全国単独ツアー中のMOROHAが、新たな対バンツアー『「MOROHA Ⅳ」RELEASE TOUR “対”』の開催を発表した。 このツアーは全国11ヶ所を1ヶ月でまわるツーマンツアーで、そのうちの八戸公演と四国の4公演は、対バンアーティストとのダブル

Superfriends、7インチ+CDで新曲をリリース

Superfriends、7インチ+CDで新曲をリリース

ギターポップ、パワーポップファンから絶大な人気を誇ってきた3ピースバンド・Superfriendsが、これまでライヴ場のみで販売されていた『Let's talk about feelings』を、7inchアナログ盤+CDのフォーマットで、全国流通盤とし

MOROHA単独ライヴ〈尋問〉の開催が急遽決定

MOROHA単独ライヴ〈尋問〉の開催が急遽決定

舞台上に鎮座するアコースティックギターのUKと、汗に染まるTシャツを纏いマイクに喰らいつくMCのアフロからなるアコースティックデュオのMOROHAが、既に完売となった7月13日(土)の日比谷公園野外大音楽堂からスタートさせるツアー前に新たなワンマンライヴ

〈FUJI&SUN’19〉富士山のふもとで豪華アーティストたち競演―オフィシャル・レポート

〈FUJI&SUN’19〉富士山のふもとで豪華アーティストたち競演―オフィシャル・レポート

5月11日(土)12日(日)の2日間に渡り、静岡県富士市「富士山こどもの国」でWOWOWが初主催するキャンプフェス「NEC presents FUJI & SUN '19」が開催された。 そのオフィシャル・ライヴレポートが届いたのでご紹介。 両日とも天候

MOROHA、ニュー・アルバムのリリース記念インストアライヴが開催

MOROHA、ニュー・アルバムのリリース記念インストアライヴが開催

2年半ぶりのオリジナル・アルバム『MOROHA Ⅳ』が発売となった5月29日、タワーレコード新宿店でMOROHAのインストアライヴが開催された。 リハーサルの時点で、イベントスペースには300人を超える人が溢れかえり、遠巻きに見ている人からはMOROHA

MOROHA、ニュー・アルバム『MOROHA Ⅳ』より「拝啓、MCアフロ様」のMVが公開

MOROHA、ニュー・アルバム『MOROHA Ⅳ』より「拝啓、MCアフロ様」のMVが公開

MOROHAが5月29日(水)に発売するニュー・アルバム『MOROHA Ⅳ』より、リード曲となる「拝啓、MCアフロ様」のミュージック・ビデオが公開となった。 今作は前作「五文銭」に続き奇才・エリザベス宮地によるドキュメンタリー作品。 今作は“テル”という

『SYNCHRONICITY’19 OSAKA』タイムテーブル発表 トリは渋さ知らズ

『SYNCHRONICITY’19 OSAKA』タイムテーブル発表 トリは渋さ知らズ

5月18日(土)に大阪(服部緑地野外音楽堂)で開催となる『SYNCHRONICITY’19 OSAKA』のタイムテーブルが発表となった。 『SYNCHRONICITY’19 OSAKA』は4月6日(土)4月7日(日)に東京(渋谷)で開催された都市型フェス

〈SYNCHRONICITY’19 OSAKA〉最終ラインナップでMOROHA、折坂悠太を追加

〈SYNCHRONICITY’19 OSAKA〉最終ラインナップでMOROHA、折坂悠太を追加

2019年5月18日(土)に大阪(服部緑地野外音楽堂)で開催となる〈SYNCHRONICITY’19 OSAKA〉の最終ラインナップが発表となった。 最終で追加されたのは、MOROHA、折坂悠太の2組。 第1弾でアナウンスされている、渋さ知らズオーケスト

〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO〉第3弾出演アーティスト発表

〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO〉第3弾出演アーティスト発表

8月16日(金)、17日(土)に21回目の開催を迎える北海道のオールナイトの野外ロックフェス〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉、第3弾出演アーティストが発表された。 RSRには2回目の出演となるTHE ORAL CIGARETTESにN

〈FUJI&SUN’19〉林立夫スペシャル・セッションに角舘健悟、吉澤嘉代子ら参加 大瀧詠一名曲をパフォーマンス

〈FUJI&SUN’19〉林立夫スペシャル・セッションに角舘健悟、吉澤嘉代子ら参加 大瀧詠一名曲をパフォーマンス

5月11日(土)12日(日)に富士山こどもの国で開催される、WOWOW初のキャンプフェス〈NEC PresentsFUJI&SUN’19〉 既に最終ラインナップとタイムテーブルが発表されているが、最終日の大トリを飾るスペシャルセッション「林立夫 spec

Collapse

Articles

MOROHAの新たな挑戦──〈日程未定、開催確定 TOUR〉に込めた想い

インタヴュー

MOROHAの新たな挑戦──〈日程未定、開催確定 TOUR〉に込めた想い

新型コロナウィルスの感染が拡大する中で、オーナー柿沼実に今のリアルな現状を聞いた「小岩BUSHBASHの現状」は、予想通り多くの注目を集めた。同じくミュージシャンも苦しいはずだ。音楽だけで生計を立てているミュージシャンにも話を訊いてみたいと思っていたところ…

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

インタヴュー

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

昨年〈ユニバーサル・シグマ〉からのメジャー・デビューを果たしたMOROHAが、メジャー初、そして前作から3年ぶりのフル・アルバム『MOROHA IV』が到着。前作リリース後の3年間で状況が大きく変化した彼らは、その変化にも流されず、アフロが発する言葉、鳴ら…

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ライヴレポート

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

新作『MOROHA Ⅳ』を2019年5月29日(水)にリリースすることと日比谷野外大音楽堂でのワンマン・ライヴを行うことも発表し、更にその勢いを高めるMOROHA。先日行われた自主企画ライヴシリーズ〈月金でギンギン!〜職場の死神背負って来い〜〉より異種格闘…

「ここからは真っ赤な夏だ」──MOROHA再録ベスト・アルバム配信開始

インタヴュー

「ここからは真っ赤な夏だ」──MOROHA再録ベスト・アルバム配信開始

聴き手の魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHAが6月に再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』を〈…

MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】──「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」

インタヴュー

MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】──「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」

魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には…

MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」

インタヴュー

MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」

魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には…

【1週間先行配信】中川敬、通算4枚目のソロをリリース

インタヴュー

【1週間先行配信】中川敬、通算4枚目のソロをリリース

ソウル・フラワー・ユニオン、中川敬の4枚目のソロ・ワークとなる『豊穣なる闇のバラッド』がリリース。本作は、ここ最近、ソウル・フラワー・ユニオンとは別に、ある意味でもうひとつのライフワークのように行っている弾き語りライヴをひとつの起点とした作品と言えるだろう…

息もつかせぬ音像。MOROHAの伝説となったボロフェスタライヴのハイレゾ音源配信開始!!

ライヴレポート

息もつかせぬ音像。MOROHAの伝説となったボロフェスタライヴのハイレゾ音源配信開始!!

3rdフル・アルバム『MOROHAIII』を2016年12月14日に配信して間もない2人組ラップユニットMOROHA。そんな彼らが2016年10月30日(日)に出演した京都の音楽フェス、ボロフェスタ2016のライヴ音源をハイレゾ配信開始。更にアルバム購入者…

MC+Gtで心を奮わす! MOROHA、3rdアルバム『MOROHA Ⅲ』発売記念インタヴュー

インタヴュー

MC+Gtで心を奮わす! MOROHA、3rdアルバム『MOROHA Ⅲ』発売記念インタヴュー

アコースティック・ギター1本。マイク1本。最小限の編成で最大火力の音楽を鳴らす。MOROHAは何も変わっていないが、状況は大きく変わり始めた。NTVのバラエティ番組「しゃべくり007」にてゲスト俳優に呼ばれ異例の2回出演、2016年夏にはドコモ スマートフ…

kanina、2ndアルバムをハイレゾ配信開始&盟友Aureoleとのスペシャル対談をお届け!

レヴュー

kanina、2ndアルバムをハイレゾ配信開始&盟友Aureoleとのスペシャル対談をお届け!

従来のバンド・サウンドに囚われず、クラシカルな物語を音楽で再現する、という表現方法を掲げ活動するkanina。絵本の中に入り込んだようなカラフルで繊細な世界観は、観るものをひきつけてやみません。今回OTOTOYでは彼らの最新作『a short story …

ひらくドア、ラスト・アルバム『君と世界の歌』をハイレゾ配信開始 & 解散から探るバンドのあり方

レヴュー

ひらくドア、ラスト・アルバム『君と世界の歌』をハイレゾ配信開始 & 解散から探るバンドのあり方

'''ひらくドアによるラスト・アルバムを先行配信スタート'''''ひらくドア / 君と世界の歌''''【配信形態】''wav : 単曲 250円 / まとめ価格 1,260円mp3 : 単曲 200円 / まとめ価格 900円ひらくドア、渾身の6曲を収録し…

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

その他

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

民謡など日本の伝統音楽の要素を取り込み、自らのモダンなポップ・ミュージックとして表現するバンド、アラゲホンジ。ヴォーカリスト / ギタリストの齋藤真文を中心に2007年に結成され、2011年にファースト『アラゲホンジ』をリリース。その後も着実に活動を続け、…

View More Articles Collapse
Novel Soundsから、swimmingpoo1『BONKURA』とeznokka『Remmeldea』二作品同時リリース記念インタビュー!

インタヴュー

Novel Soundsから、swimmingpoo1『BONKURA』とeznokka『Remmeldea』二作品同時リリース記念インタビュー!

広島 / 東京を拠点とする音楽レーベル、Novel Sounds(ノベルサウンズ)から、新作アルバムが2作同時リリースされる。まずはアコースティック・ギターとブレイクビーツを織り交ぜたチルウェイヴ /フォークトロニカ・サウンドを展開する、swimmingp…

MOROHA、1stアルバムから3年、待望の2ndアルバムをリリース

インタヴュー

MOROHA、1stアルバムから3年、待望の2ndアルバムをリリース

MCとアコースティック・ギターというシンプルな編成で2008年に結成、ヒップホップ、ロックといったジャンルに囚われず幅広い活動を続けるMOROHA。2010年にファースト・アルバムをリリースし、一切飾ることなく感情を言い切るそのスタイルとリリックで賛否両論…

おすすめの2,3枚(2012/09/24〜2012/09/30)

レヴュー

おすすめの2,3枚(2012/09/24〜2012/09/30)

暑かった今年の夏も終りを迎え、秋がそこまでやってきている9月の最終週。読書の秋といいますが、音楽も実に実り豊かです。このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤をピックアップし、ライターによるレビューと共にご紹介いたします。音源を試聴しな…

MOROHA アフロの40分

その他

MOROHA アフロの40分

クラブ・イベントでは15~20分のライヴが通常となっているヒップ・ホップのMC。彼らに40分の時間を与え、ライヴをやりきらせるイベントがこの『40』分。新宿MARZにて第5回目が開催される。ヒップ・ホップのフィールドでMC、バンドが熱い拳を交え、回を増すご…

acari『陽がよく当たる』先行配信&フリー・ダウンロード

インタヴュー

acari『陽がよく当たる』先行配信&フリー・ダウンロード

三浦コウジ(Vo/G)、伊藤 祐介(B)、斉藤 正樹(Dr)からなるスリー・ピース・バンドacariの2年ぶりの新作『陽がよく当たる』が完成! ライヴ・ハウス・シーンを中心に着実に認知と支持を拡大する彼ら。しなやかでありながら芯の太い良質なメロディー・セン…

2012.2.4@高円寺AMP cafe&HIGH「アイスランドナイト」へ2組4名様を無料招待!

インタヴュー

2012.2.4@高円寺AMP cafe&HIGH「アイスランドナイト」へ2組4名様を無料招待!

人口約30万人ほどの島国、アイスランド。これまで、この国からはビョークやシガー・ロスといった世界的なアーティストが誕生し、多くの人たちの注目を集めてきた。とりわけ特徴的なのは、小さなコミニティを大切にする文化である。大手ジャーナリストの取材を断っても、友達…

MOROHA アフロの40分

連載

MOROHA アフロの40分

'''『40分』Vol.4''' 2012年1月21日(土)@新宿MARZ LIVE : MOROHA / 田我流 / STERUSS / mothercoat エントランス : 2000円(1D付き) OPEN : 0:00 LIVE START : 0…

全曲フル試聴『EVERYBODY LISTEN!』vol.2 ツチヤニボンド

レヴュー

全曲フル試聴『EVERYBODY LISTEN!』vol.2 ツチヤニボンド

2011年11月4日より全曲フル試聴企画『EVERYBODY LISTEN!』にて公開していたツチヤニボンドのセカンド・アルバム『2』を、11月11日より配信開始いたします! 試聴した方々からは「はっぴいえんど×Little Creatures」「ムーンラ…

Road To VANISHING POINT

連載

Road To VANISHING POINT

音楽配信サイトとしてこれまで様々な音楽をみなさまにご紹介して参りました我々OTOTOYですが、ご家庭や通勤途中の電車の中など、屋内でご覧になる事が多かったのではないでしょうか? いやはや、毎度どうもありがとうございます。私、OTOTOYのボビーこと水嶋美和…

MOROHA アフロの40分

連載

MOROHA アフロの40分

'''『40分』Vol'3''' 2011年9月7日@新宿MARZ Live : 田中光&MASAYA YONEYAMA(応募枠)、キリコ、撃鉄(バンド枠)、ISSUGI、MOROHA photo by yukitaka amemiya 短い時間のショウ・…

VIDEO『23区S』大谷学×柴田学(VIDEO)×加藤淳也(Tokyohelloz)対談

インタヴュー

VIDEO『23区S』大谷学×柴田学(VIDEO)×加藤淳也(Tokyohelloz)対談

大都会東京のど真ん中に、Sを付けるだけで、とても曖昧で捉えどころのないイメージが生まれてしまう。擦れ違う人の顔なんて、いちいち覚えちゃいないけれど、なんだか視線が釘付けになる瞬間も都会には溢れている。VIDEOは、USオルタナティヴを始めとした中毒性の高い…

アラゲホンジのライヴ音源を高音質DSDで配信開始!

ライヴレポート

アラゲホンジのライヴ音源を高音質DSDで配信開始!

民謡、口伝承歌を含む東北地方の民俗音楽に、レゲエ、ヒップ・ホップ、ロックなど異ジャンルの音楽を掛け合わせる未来型お祭りロック・バンド、アラゲホンジ。2011年7月18日、青山月見ル君想フにて行われた彼らのライヴを高音質DSDで録音&OTOTOY独占で配信開…

アラゲホンジのファースト・アルバムを配信開始!

レヴュー

アラゲホンジのファースト・アルバムを配信開始!

民謡、口伝承歌を含む東北地方の民俗音楽に、レゲエ、ヒップ・ホップ、ロック、ポップスなど異ジャンルの音楽を掛け合わせる未来型お祭りバンド、アラゲホンジ(人名にあらず! )。現在、ライヴ会場でしか販売されていない彼らのファースト・アルバムを、全国流通より先行で…

OTOTOY presents VANISHING POINT Vol.1

その他

OTOTOY presents VANISHING POINT Vol.1

『VANISHING POINT vol.1』の前売りチケットはOTOTOYでも購入できます。しかも出演者の音源が詰まった『VANISHING POINT sampler vol.1』をプレゼント! 出演者の音源を聴いて『VANISHING POINT v…

PLASTIC GIRL IN CLOSET『cocoro』配信開始!

インタヴュー

PLASTIC GIRL IN CLOSET『cocoro』配信開始!

岩手県在住の4人組、PLASTIC GIRL IN CLOSETがセカンド・アルバム『cocoro』をリリースする。アルバムを聴いてもらえばわかるが、このバンドの一番の持ち味は抜群に親しみやすいメロディにある。もちろん、昨今盛り上がりを見せているシューゲイ…

MOROHA アフロの40分

ライヴレポート

MOROHA アフロの40分

6月11日@新宿MARZ 第2回『40分』出演者 ''応募枠 : ''GENIUS PJ's ''LIVE1 : ''サイプレス上野とロベルト吉野 ''LIVE2 : ''SuiseiNoboAz ''LIVE3 : ''MOROHA ''LIVE4 : …

HELLO HAWK『さかなの目』

レヴュー

HELLO HAWK『さかなの目』

2007年のバンド結成時より、あどけない未成熟さと焦燥に溢れたロックでシーンを突き進んできたHELLO HAWK。1stデモ、東京スーパースターズとのスプリットCDの発売に続き、ついにファースト・アルバム『さかなの目』を発表! 心揺さぶられる良質なメロディ…

Heart Beat Rockers開催! 『音楽で、できること』

レヴュー

Heart Beat Rockers開催! 『音楽で、できること』

''『Heart Beat Rockers vol.1』''2011年6月21日(火)@渋谷屋根裏前売り : 2500yen / 当日 : 3000yen出演 : 小南泰葉、TRANCE CRUNCH、ネズミハナビ、mimitto、MOROHA''『Hea…

MOROHA アフロの40分

連載

MOROHA アフロの40分

先週、群馬県高崎に行ってきました。地方に行くと毎回感じる事なんですが、ラッパーの熱量が半端じゃないんです。東京のクラブで度々感じるなんとなくラップしてます~的なライヴに出会った事はほとんどありません。それは恐らく半端な奴がいないからではなく、半端な奴が続け…

MOROHA アフロの40分

連載

MOROHA アフロの40分

マイクロフォン担当 : サイプレス上野 2台のターンテーブル・CDJ担当 : ロベルト吉野 この2人が通称、「サ上とロ吉」である。2000年のアツい夏、あらゆる意味で横浜のハズレ地区である"横浜ドリームランド"出身の先輩(サ上)と後輩(ロ吉)で結成。「HI…

MOROHA アフロの40分

連載

MOROHA アフロの40分

MOROHAがクラブからライヴ・ハウスへと活動の拠点を移した時、まず驚いたのがバンド・マンと自分達ラッパーとの練習量の違いでした。その理由の一つに持ち時間の長さがあるのではないか? という話は第1回のページで書いた通りです。しかし、さらに掘り下げていくとも…

MOROHA アフロの40分

連載

MOROHA アフロの40分

2010年2月、MOROHAは2年近く出続けたクラブ・イベントへの出演を止めました。理由はいくつかありましたが、大きな理由の1つにライヴ時間の短さがありました。クラブで自分達がもらえるライヴ時間は10分から15分、短い時は8分でした。これは決して珍しい事で…

半澤則吉『ネコはどうせかわいいんだ』

レヴュー

半澤則吉『ネコはどうせかわいいんだ』

1. 推定ルビ2. 食パン3. ぼくの舟4. ヨナヨナ5. スープの話6. 一足す一7. ネコはどうせかわいいんだ8. 信号は今、青にかわって目の前に猫が佇んでいるとしよう。思い浮かべる場所はどこでもいいし、どんな猫でもかまわない。その光景を見て、あなたは…

kanina『生きている サウンドトラック』

レヴュー

kanina『生きている サウンドトラック』

クラシカルで美しいメロディーで、独自の世界を描く男女二人組、kanina。彼らが、今野裕一郎が主宰するユニット、バストリオの最新映画「生きている」のサウンドトラックの制作を担当。劇中に流れる穏やかなサウンドは、日常の風景を彩ります。本作は、OTOTOYだけ…

MOROHA 『MOROHA』インタビュー&配信開始!

インタヴュー

MOROHA 『MOROHA』インタビュー&配信開始!

1本のマイクを持って、その日の出来事、あるいはそこから巻き起こった感情を言葉にする音楽。僕はヒップ・ホップという音楽をそう捉えている。そしてその定義の「マイク」の部分を「ギター」に変えてみると、それはそのままフォーク・ミュージックを指す言葉になる。つまり僕…

ゆーきゃんからのてがみ to swimmingpoo1

レヴュー

ゆーきゃんからのてがみ to swimmingpoo1

京都にて歌いはじめ、現在は主に東京で活動している富山出身のシンガー・ソング・ライター、ゆーきゃん。『ゆーきゃんからのてがみ』は、彼が国内外を問わずリスペクトしているミュージシャンにてがみを書くコーナーです。丁寧に綴られたお互いのやりとりを、本のようなレイア…

acari,wheellz,深沼元昭主宰レーベルLAVAFLOW RECORDS

レヴュー

acari,wheellz,深沼元昭主宰レーベルLAVAFLOW RECORDS

2010年の2月、PLAGUESの深沼元昭率いるMellowheadを見に代官山UNITを訪れた。ライヴでは、アイゴンこと會田茂一や片寄明人(Great 3)、西寺郷太(NONA REEVES)等が飛び入りし大はしゃぎ。10年前の渋谷にタイム・スリップした…

NEXT POP powered by Motion VOL.8 Sorrys!

インタヴュー

NEXT POP powered by Motion VOL.8 Sorrys!

このコーナーは日々新しい才能を排出し続け、今最も勢いのあるライヴ・ハウス新宿Motionのスタッフが、“NEXT POP”をキーワードに次世代のミュージック・シーンを担うアーティストを、どこよりも早く紹介するコーナー。新宿Motionの店長である鶉野拓人と…

NEXT POP powered by Motion VOL.7 swan song council special!!

インタヴュー

NEXT POP powered by Motion VOL.7 swan song council special!!

このコーナーは日々新しい才能を排出し続け、今最も勢いのあるライヴ・ハウス新宿Motionのスタッフが、“NEXT POP”をキーワードに次世代のミュージック・シーンを担うアーティストを、どこよりも早く紹介するコーナー。今回は、年末にMotionとMARZの…

NEXT POP powered by Motion VOL.6 Kanina

インタヴュー

NEXT POP powered by Motion VOL.6 Kanina

このコーナーは日々新しい才能を排出し続け、今最も勢いのあるライヴ・ハウス新宿Motionのスタッフが、“NEXT POP”をキーワードに次世代のミュージック・シーンを担うアーティストを、どこよりも早く紹介するコーナー。今回は、新宿のライヴ・ハウスにもかかわ…

Collapse