ひらくドア

プロフィール

私たちが暮らす世の中にはさまざまな音楽があります。ひらくドアの音楽は、なんとなく居心地の悪い人たちが作る、なんとなく居心地が悪い人たちのための音楽です。

公式サイト: http://izutzrecord.com/

ディスコグラフィー

  • ひらくドア、渾身の6曲を収録した最新にして最後のアルバム。2014年3月の解散を目前に発表するラストアルバム「君と世界の歌」は、ドラムスにMUGWUMPSのクロサワコウゾウ、コーラス・キーボード・タンバリンにぽわんのヨシヤマモエを迎えた5人での新編成で録音された。これまでの渋谷系的な雰囲気は控えめになり骨太なサウンドになりつつも、複雑でひねくれた構成・歌詞の世界はより深みを増した最新にして最後の意欲作となっている。
  • フロントマンのタカユキカトーを中心に2007年から本格的に活動を開始したひらくドア。2008年にデモCD-Rが一部専門店で隠れヒットしたりしながら、2010年区切りのいい年に遂に全国デビューが決定!“なんとなく居心地の悪い人たちが作る、なんとなく居心地が悪い人たちのための音楽”をキーワード(?)に下北沢や高円寺でライヴ活動を続ける4人+サポート2人の計6人で活動するひらくドア。全国デビューとなる今作はタカユキカトーの作り出すメロディアスな楽曲、男女ボーカルのコーラスワークが絶妙なアレンジが不思議な心地よさを感じるポップな1枚!そんな中でも楽曲は多様で、シンプルな弾き語り系からオルタナ風味のギターポップなども取り入れたカラフルな作品に仕上がった。スピッツやくるり、はたまたビートルズから渋谷系休日サウンドにも似たり離れたりしながら勝手に爽快に突き進む。。。 間違いなく2010年最初にチェックすべきバンドでしょう!