> News

2014年01月03日20時00分

 
ひらくドア、3月のレコ発ワンマンで解散
 

タカユキカトーを中心に結成されたバンド、ひらくドアが、3月5日に約2年ぶりの新譜となるミニ・アルバム『君と世界の歌』を発売。そのレコ発となる3月30日の下北沢BASEMENT BARでのワンマン・ライヴ〈夢から醒めても君に会えたら〉をもって、バンドを解散することを発表した。

ひらくドアは、2007年に本格的に活動を開始。2010年に初の全国流通アルバム『HE LUCK DOOR』を発売して以降、JACCSカードのCMへの出演や、テレビ東京系列の特番「今夜誕生!史上最高の“恋歌”」で特集されるなど、注目を集める。2013年6月にはドラムスのクロサワコウゾウ、キーボード・コーラス・タンバリンのヨシヤマモエが加入し、今後の活動が期待されていた。

3月5日に発売する6曲入りのラスト・アルバム『君と世界の歌』は、これまでの渋谷系的な雰囲気は控えめに骨太なサウンドをくわえた意欲作であるとのこと。また、最後のワンマン・ライヴとなる〈夢から醒めても君に会えたら〉では、1月15日までに予約した人を対象に当日のライヴ音源がプレゼントされる。解散発表は残念ではあるが、アルバム、ライヴともに、これまでも多くの名曲を残してきた彼らの集大成的な内容になることが予想される。どちらも期待しておこう。(前田将博)

〈夢から醒めても君に会えたら〉
2014年3月30日(日)下北沢Basement Bar
開場 / 開演 : 18:00 / 18:30
料金 : 前売 2,000円 当日 2,500円 (ドリンク別)
※ 先行前売予約特典 : 当日のライブを収録したCDを後日郵送します。(1/15(水)18:00まで)

・ひらくドア『君と世界の歌』
発売日 : 3月5日(水)
価格 : 1,200円(税抜)
収録曲
1. 君と世界の歌
2. ミニアルバム
3. 緑色春がやってくる
4. あの子のプラネタリウム
5. 布袋さんと原発と日本の若者
6. 七夕のお祭り

・ひらくドア
http://izutzrecord.com/

編集