album jacket
TitleDurationPrice
Stay Gold  mp3: 16bit/44.1kHz 06:16 Album Purchase Only
やくそくはやわらかく(demo)  mp3: 16bit/44.1kHz 03:17 Album Purchase Only
BOYS DON'T CRY  mp3: 16bit/44.1kHz 04:17 Album Purchase Only
あと少し  mp3: 16bit/44.1kHz 01:59 Album Purchase Only
誕生日  mp3: 16bit/44.1kHz 03:24 Album Purchase Only
pray for gaia  mp3: 16bit/44.1kHz 03:22 Album Purchase Only
Wake up to the world  mp3: 16bit/44.1kHz 02:41 Album Purchase Only
Glide  mp3: 16bit/44.1kHz 05:17 Album Purchase Only
夢の続き  mp3: 16bit/44.1kHz 04:48 Album Purchase Only
Do Not Despair  mp3: 16bit/44.1kHz 04:32 Album Purchase Only
Unlucky doughnuts  mp3: 16bit/44.1kHz 03:33 Album Purchase Only
ハイパーUP  mp3: 16bit/44.1kHz 04:29 Album Purchase Only
大きな世界樹の下で  mp3: 16bit/44.1kHz 04:31 Album Purchase Only
Universe K (PFJ Mix)  mp3: 16bit/44.1kHz 03:52 Album Purchase Only
Sensya(live)  mp3: 16bit/44.1kHz 05:28 Album Purchase Only
春風  mp3: 16bit/44.1kHz 03:43 Album Purchase Only
波と港町  mp3: 16bit/44.1kHz 05:56 Album Purchase Only
針金の木(live)  mp3: 16bit/44.1kHz 07:04 Album Purchase Only
街の灯(Live at 名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL 2011.12.8)  mp3: 16bit/44.1kHz 03:30 Album Purchase Only
Moon River  mp3: 16bit/44.1kHz 01:49 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 83:48
Album Purchase Privilege

PFJ2012_08_DaisukeNISHIJIMA.jpg

PFJ2012_08_NozomiWachi.jpg

about_Play_for_Japan_2012.pdf
Note

イラスト・ジャケット : 西島大介
写真 : 輪千希美
マスタリング・エンジニア : 小泉大輔(studio SIMPO)
キュレーター : 福アニー|ototoy.jp... ]]

Discography

FODオリジナルドラマ「ポルノグラファー〜インディゴの気分〜」オリジナルサウンドトラック。CD未発売の配信限定のアイテムです。

FODオリジナルドラマ「ポルノグラファー〜インディゴの気分〜」オリジナルサウンドトラック。CD未発売の配信限定のアイテムです。

Rock

2018年11月21日にリリースされたアルバム『Virgin Graffiti』より「おしえない!」を配信限定でシングルカット。 アコースティックギターのアルペジオとエレキギターのリヴァーブが現実と夢の狭間の幻想世界を描き出し、心地の良いリズムがそれをゆっくりと動かしていく。

Rock

2018年11月21日にリリースされたアルバム『Virgin Graffiti』より「BIG CAR」を配信限定でシングルカット。 初期に見られた荒削りなギターロックサウンドを彷彿とさせながらも、洗練されたメロディと小気味のいいリズム、ストレートな歌詞が心地よいナンバーとなっている。

Rock

2018年11月21日にリリースされたアルバム『Virgin Graffiti』より「完熟宣言」を配信限定でシングルカット。 バンド史上初めてメンバー全員でボーカルをとるこの楽曲は、チームを離れたスタッフに向けられて制作された。 世の中の人が感じている、当たり前だった色々なことが徐々に無くなっていく喪失感の中で、シャムキャッツは「それでもやっていこうぜ」とエールを送り続ける。

Rock

それはまるで、「成熟したジュブナイル」のように......。前作『Friends Again』で、ソング・ライティング、アンサンブルともに滋養とシンプリシティを究めた“プレーン・ロック”を奏でたシャムキャッツ。デビュー以来のその時々においてインディー・ロックの最もみずみずしい形を聴かせ続きてきた彼らが、今再び自らの興味と純真の湧き出るまま、多様な「今の音楽」を「成熟したジュブナイル」とでもいうべき筆致で描き出す。 ヴァーサイタルなプレイで自在な筆致のリズムを書き込んでいく大塚のベース、個性を維持しつつも繊細さと力強さのバランスを更に増した藤村のドラム、各曲を牽引しながらその魅力を最大限に引き出すフレーズを配していく菅原のギター、前作での練達を経て今一度好奇心に満ちた冒険に飛び込んでいくような夏目のソング・ライティングと歌詞世界。オルタナティブ・ロック、ネオアコ、フォーク・ロックetc.これまで彼らが自らの音楽に混ぜ合わせてきたそれらをより深く消化しつつ、時にハウス・ミュージックやオルタナティブR&Bまでもを射程に捉えたような、今こそ、そしてこの先も長く聴かれるであろうバラエティに富む軽やかな傑作が完成!何かを失うこと、さよならをすること、つい逃避してしまいたくなること...日々もたげて来るそんなことを、とりあえずは音楽という壁に、心の赴くままスケッチしてみよう。その落書きはきっと、今までだれも見たことのないような、そして一度見たならばきっと心の何処かに触れてくれる素敵なグラフィティになるはずだから。今日も僕たちと遊んでよ、シャムキャッツ!

今年(2018年)結成10周年を迎える井乃頭蓄音団、前作「MAHOROBA」以来2年振りとなる渾身の5thアルバム。

Rock

今作「FRAGILE E.P.」は新体制壊れかけのテープレコーダーズの待望の初音源である。収録の3曲はいずれも昨年新体制になってから作られた楽曲。録音とミックスを小森清貴(vo、gu)自らが手がけ、初心を取り戻すかのようなDIY精神で製作された。荒い音の質感に込められた忘れることなき初期衝動と、年月を経たからこその深みは、かつてのいずれの作品とも異なる。マスタリングには彼らの1stアルバム「聴こえる」のレコーディングエンジニアを手がけた狩生健志(YAKEN STUDIO、俺はこんなもんじゃない)、ジャケットデザインにはかつてドラムス高橋が在籍したバンド「Far France」のフロントマンであった英真也(SUSAVI)、旧知の縁の古い盟友達を起用した。表題にもある「フラジャイル」とは「脆さ、壊れやすさ」を意味する。それはつまり壊れかけのテープレコーダーズという名そのものを現すことばである。次の10年へ向けての、新たなバンドの門出となる作品がここに完成した。

Rock

ジャックス+フィル・スペクター!!07年結成、都内で活動する(共演歴:GELLERS、俺はこんなもんじゃない、豊田道倫、割礼など)ガレージサイケバンド「壊れかけのテープレコーダーズ」。エンジニアは狩生健志(俺はこんなもんじゃない他)、マスタリングは中村宗一郎氏のもと、制作は進められ、妖しく美しい幻惑の轟音ナンバーからフィル・スペクター・ライクなドリーミィなポップソングまで、ドアーズばりのオルガンをフィーチャーした全7曲。「三輪二郎といまから山のぼり」「前野健太」に続いてハヤシライスレコードが自信をもってリリースします。

Rock

異質の、そして明らかな異物感、もはやロック・バンドではないと、年間100近くに及ぶライヴのたびに、この1年、驚きを持って迎えられた。前作以降に披露された新曲は、白昼夢のディスコ、マシーン・エイジのヴードゥー、スペースシャトルのロックンロール・イン・ソウル・マイン、キャバレー・ヴォルテールで流れていた恍惚のグルーヴ、微分化された牧羊歌とその詠唱などなど、ひとつのスタイルに縛られることを嫌い時間をかけ練られ、そして液状化していった。それらは、本年3月(〜4月)、名エンジニア近藤祥昭(GOK SOUND)のもと、バンドの名に帰すようにオープンリールのテープレコーダーによってオール・アナログレコーディングが行われた。唯一無二の音が聴こえ、その場に引きずり込まれる独特独自のサウンド・ピクチャーとなる3rdアルバム「ハレルヤ」が完成した。結成5年の集大成である。

Rock

昨年1stアルバム「聴こえる」(ハヤシライス・レコード/HAYA3)を発表後、オルガンをフィーチャーしたそのドリーミィーでサイケデリックなバンド・サウンドと男女ツイン・ボーカルが、''フィル・スペクター・ミーツ・ジャックス''と評判を呼び、同年フジロックに出演。本年参加したコンピ・アルバム「TOKYO NEW WAVE 2010」では、太平洋不知火楽団、Far France、オワリカラ、andymoriといった次世代オルタナ・シーンの参加バンドの中にあって、異色中の異物としてさらに評価を上げることとなる。この1年に数多くのライヴで発表し磨き上げられてきた新曲を録音、MIXからマスタリングまでの全てをエンジニア・中村宗一郎氏に託し、アンビエンス感を重視し(さらにこのタイプには珍しく、ボーカル・バランスを上げたことは特筆すべき)、出来上がったのが本作、全8曲、フル・アルバム。‘風に向って放尿ス’と歌い放ったニール・ヤング「渚にて」を思い起こさせる白日夢のヤングマン・ブルース・アルバムだ。発展していくその様をご期待ください。なお、ジャケットに使われたオブジェは、アーチスト・JIROXによる作品。アート・ディレクション/デザインは、「遊」「HEAVEN」「ガロ」などの雑誌からYMOのジャケットまで手がけた羽良多平吉氏による。

Rock

2011年3月9日リリース。シャムキャッツ初の全国流通シングル盤。

Rock

2017年、シャムキャッツの新機軸は“プレーン・ロック"。各プレイヤーの個性がおこす奇跡的な化学反応と、今日的なポップミュージックと共振する新しいモードがここから立ち現れる。 昨年、自主レーベルを立ち上げ、バンド史上に輝くアンセムとなったシングル「マイガール」と、楽曲のバラエティに富んだEP『君の町にも雨はふるのかい?』をリリースしたシャムキャッツ。 そんな彼らが果敢な“音楽的冒険"をへて超待望のフルアルバム『Friends Again』をリリースする。 様々な市井の情景を切りとった前アルバム『AFTER HOURS』〜EP『TAKE CARE』では、ネオアコとオルタナティヴロックの幸福な邂逅を実現させたシャムキャッツが、新作『Friends Again』では“プレーン・ロック"を展開。 シンプルで深みのあるフレーズを重視した大塚のベース、タイトな響きがロック黄金期を彷彿とさせる藤村のドラム、情感豊かなソロが耳に残る菅原のエレキギター、そして、牧歌的ながらどこか寂しいニュアンスを残す夏目のアコースティックギター。 今作ではかつてないほど各プレイヤーの個性が際立っている。 今にもどこかへ飛んでいってしまいそうな喜びや、時の流れにひたり寄ってくる悲しさ。じっくり耳を澄まさなくても、音楽はいつだってそばで鳴っている。

View More Discography Collapse
Collapse

News

シャムキャッツ新作EP『はなたば』ジャケット公開

シャムキャッツ新作EP『はなたば』ジャケット公開

シャムキャッツが新作EP『はなたば』のジャケットを公開した。 「日常の違和感」をテーマに未来への兆しを捉えるイラストはVANGELIS MANTZAVINOS。デザインは前作「Virgin Graffiti」から引き続き前田晃伸が担当。 また、本日10/

シャムキャッツ、New EP『はなたば』より先行シングル「我来了」のMV公開

シャムキャッツ、New EP『はなたば』より先行シングル「我来了」のMV公開

シャムキャッツの11月6日発売 New EP『はなたば』より、話題沸騰の先行シングル「我来了」のMVが公開された。 すでにCM動画としてその一部、点滅するライトを浴びてダンスをするメンバーの姿がSNSで公開され反響を呼んでいたが、本編ではさらに80〜90

シャムキャッツ菅原、カルチャーを学ぶイベント「Schoolyard Council」を定期開催  ゲストはミツメ大竹

シャムキャッツ菅原、カルチャーを学ぶイベント「Schoolyard Council」を定期開催 ゲストはミツメ大竹

シャムキャッツの菅原慎一、「THINK OF THINGS」のコンテンツ・ディレクターの安永哲郎、各方面で執筆活動を展開しているライター/編集者の小柳帝という、業/職種も世代も異なる三人が、これから共にイベントやグッズの企画・開発などを行なっていくための

シャムキャッツ、5曲入りEP『はなたば』を11/6に発売

シャムキャッツ、5曲入りEP『はなたば』を11/6に発売

昨年リリースの5thアルバム『Virgin Graffiti』リリースを経て、フェス出演や海外ツアーなど以前にも増して積極的な活動を繰り広げてきたシャムキャッツ。 デビュー10周年を迎える今年、12月13日にはこれまでで最大規模となる新木場STUDIO

シャムキャッツ、デビュー10周年記念全国ワンマンツアー開催

シャムキャッツ、デビュー10周年記念全国ワンマンツアー開催

シャムキャッツデビュー10周年を記念した新たなイベントに、全国ワンマンツアーが決定した。 すでに発表されているファイナル公演「Live at Studio Coast」の他に、今回発表があったのは福岡、札幌、名古屋、大阪の4か所。 もちろん、本ツアーも2

〈ボロフェスタ2019〉第4弾でBiS、でんぱ組.inc、オメでたい頭でなにより、羊文学、ZAZEN、GEZAN、シャムキャッツ、リクオら24組決定

〈ボロフェスタ2019〉第4弾でBiS、でんぱ組.inc、オメでたい頭でなにより、羊文学、ZAZEN、GEZAN、シャムキャッツ、リクオら24組決定

あなたの「音楽が好き」と、わたしの「音楽が好き」を繋げ、重ね、深める、ジャンル / 世代 / シーンを越えた新しい出会いの場と、いつでも帰ってこれる無邪気な居場所を”Do It Yourself”で作りあげる世界で一番人間的な音楽フェスティバル〈ボロフェ

View More News Collapse
どつ、g.a.g、Coff、フルフェイス、壊れかけ、DOTAMA 、四万十川友美ら出演 〈パリ、手賀沼、吉田寮〜パスフェス〜〉タイムテーブル発表

どつ、g.a.g、Coff、フルフェイス、壊れかけ、DOTAMA 、四万十川友美ら出演 〈パリ、手賀沼、吉田寮〜パスフェス〜〉タイムテーブル発表

8 月 31 日(土) 京都大学 吉田寮にて開催されるライブイベント〈パリ、手賀沼、吉田寮〜パスフェス 〜〉のタイムテーブルが発表された。 吉田寮といえば明治に建てられ、大正、昭和、平成の若者とともに歩んできた日本最古の現役学生寮で あり、自由と対話を大

アジア音楽を語るトーク・イベント〈夜間音楽ラボ〉にてシャムキャッツ菅原のカセットDJプレイが決定

アジア音楽を語るトーク・イベント〈夜間音楽ラボ〉にてシャムキャッツ菅原のカセットDJプレイが決定

オトトイの学校にて行われるトーク・イベント〈夜間音楽ラボ〉にて、シャムキャッツの菅原慎一がカセットDJを行うことが決定した。 〈夜間音楽ラボ〉とは、岡村詩野を司会進行に、毎回あるジャンルやシーン、ミュージシャンに特化した知識を持ったゲストを招き、開催する

シャムキャッツ デビュー10周年記念のポップアップショップを京で期間限定オープン

シャムキャッツ デビュー10周年記念のポップアップショップを京で期間限定オープン

シャムキャッツのデビュー10周年を記念したポップアップショップが京都で期間限定オープンする。 今回はシャムキャッツと同じ85年生まれの4人が設立したBackpackers' Japanの運営するHOSTEL & BAR LOUNGEの蔵前Nui.と京都河

〈森、道、市場2019〉より、KID FRESINO、BIM、カネコアヤノら総勢21組のライヴ映像が一挙公開

〈森、道、市場2019〉より、KID FRESINO、BIM、カネコアヤノら総勢21組のライヴ映像が一挙公開

5月31日から6月2日にかけて愛知・蒲郡ラグーナビーチとラグナシアで開催された野外イベント〈森、道、市場 2019〉。 同フェスでのライヴ映像が、スペースシャワーTVのアーカイブサイトDAXと、分散型動画メディア「lute/ルーテ」のYouTubeアカウ

日本最古の現役学生寮で開催〈パリ、手賀沼、吉田寮〜パスフェス〜〉にどつ、g.a.g、Coff、フルフェイス、壊れかけ、DOTAMAら出演

日本最古の現役学生寮で開催〈パリ、手賀沼、吉田寮〜パスフェス〜〉にどつ、g.a.g、Coff、フルフェイス、壊れかけ、DOTAMAら出演

明治に建てられ、大正、昭和、平成の若者とともに歩んできた日本最古の現役学生寮・京都大学 吉田寮にて、8月31日(土)にライブイベント〈パリ、手賀沼、吉田寮〜パスフェス〜〉が開催される。 出演はどついたるねん、壊れかけのテープレコーダーズ、DOTAMA、g

〈カクバリズムの夏祭り〉追加出演にシャムキャッツ、bonobos、サイトウ”JxJx”ジュン、JUN KAMODAら

〈カクバリズムの夏祭り〉追加出演にシャムキャッツ、bonobos、サイトウ”JxJx”ジュン、JUN KAMODAら

真夏の祭典〈LIQUIDROOMの15周年記念公演カクバリズムの夏祭り〉の追加出演者が発表された。 カクバリズムと長年親交の深い、今年デビュー10周年を迎えたシャムキャッツと、いつでも最高のバンドサウンドを聞かせてくれるbonobosのLIVEアクトが追

シャムキャッツ菅原が代官山蔦屋にてカレーフェア開催

シャムキャッツ菅原が代官山蔦屋にてカレーフェア開催

2019年8月2日(金)~ 8月25日(日)に、代官山 蔦屋書店3号館 2階 音楽フロアにて、大のカレー好きであるシャムキャッツ/菅原慎一BANDの菅原慎一がプロデュースするカレーフェア「SPICE RHYTHM & SONG WEEK」が開催決定した。

シャムキャッツ菅原がアジア音楽シーンを語るトーク・イベント〈夜間音楽ラボ〉の開催が決定、「飲み屋 えるえふる」の出店も

シャムキャッツ菅原がアジア音楽シーンを語るトーク・イベント〈夜間音楽ラボ〉の開催が決定、「飲み屋 えるえふる」の出店も

この夏、オトトイの学校で新たなイベントとして〈夜間音楽ラボ〉がスタートする。 〈夜間音楽ラボ〉は、岡村詩野を司会・進行に、毎回あるジャンルやシーン、ミュージシャンなどに特化した知識を持つゲストを招いて行うトーク・イベント。特定の音楽の歴史や当時の評価、現

CRAFTROCK BREWING主催、音楽&クラフトビールイベント〈LITTLE YOUNG BEERS〉にJoy Opposites出演決定

CRAFTROCK BREWING主催、音楽&クラフトビールイベント〈LITTLE YOUNG BEERS〉にJoy Opposites出演決定

新EP『Bad Phase』を配信リリースしたばかりのJoy Oppositesが、9月16日(月・祝)に開催される音楽とクラフトビールを楽しむイベント〈CRAFTROCK BREWING presents "LITTLE YOUNG BEERS"〉に出

Hi, how are you? 5thアルバムをシャムキャッツ主宰 TETRA RECORDSよりリリース

Hi, how are you? 5thアルバムをシャムキャッツ主宰 TETRA RECORDSよりリリース

”取扱注意!右手にピアニカ、左手にギター、そして唇にジョーク。マブくてあぶない二人組。”でお馴染みの、Hi, how are you? 。 この度、5thアルバム『Shy, how are you?』をシャムキャッツ主宰 TETRA RECORDSよりリ

吉祥寺NEPO、「アコースティックリバイブ」とコラボイベント開催

吉祥寺NEPO、「アコースティックリバイブ」とコラボイベント開催

「すべてが新しいライヴハウス」吉祥寺NEPOと、「ソースに刻まれた信号をピュアに伝送し、よりリアルな音を解き放つ。」を理念に掲げるサウンドメーカーAcoustic Revive(アコースティックリバイブ)社、待望のコラボイベントの開催が発表された。 吉祥

デビュー10周年記念シャムキャッツ1st Album『はしけ』再現ライヴ開催決定

デビュー10周年記念シャムキャッツ1st Album『はしけ』再現ライヴ開催決定

今年デビュー10周年を迎えたシャムキャッツが、デビュー・アルバム『はしけ』再現ライヴの開催を発表した。 彼らのホーム渋谷O-NESTで完全再現を行う、一夜限りのスペシャルライヴとなる。 また、シャムキャッツ10周年記念ライヴを最高の映像作品にするべく、現

【ライター講座】シャムキャッツの菅原慎一がアジアのインディー音楽を語る!

【ライター講座】シャムキャッツの菅原慎一がアジアのインディー音楽を語る!

「アジア・インディー・ロック大研究」をテーマに開講中の〈岡村詩野音楽ライター講座5月期〉。シャムキャッツのギタリスト菅原慎一がスペシャル・ゲストとして登壇する、第3回講座(2019年6月15日開催)の詳細が発表された。 近年盛り上がりを見せるアジアのイン

アジア・インディー大研究の岡村詩野音楽ライター講座にアジア音楽カルチャーの中心人物、寺尾ブッタが登壇決定

アジア・インディー大研究の岡村詩野音楽ライター講座にアジア音楽カルチャーの中心人物、寺尾ブッタが登壇決定

音楽評論家の岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。5月18日より開講し、シャムキャッツのギタリスト、菅原慎一のゲスト出演もしている今期だが、新たにゲスト講師として、寺尾ブッタの登壇が決定した。 いま最もおも

〈京音-KYOTO- 2019〉最終出演アーティスト発表、全出演者が決定

〈京音-KYOTO- 2019〉最終出演アーティスト発表、全出演者が決定

6月22日(土)、23日(日)に、磔磔、KYOTO MUSE、METROの京都市内3会場のライヴハウスで開催される〈京音-KYOTO- 2019〉の最終出演アーティストが発表された。 最終出演アーティストとしてLITTLE TEMPO、奇妙礼太郎、平賀さ

〈BAYCAMP2019〉出演アーティスト第3弾&日割り発表

〈BAYCAMP2019〉出演アーティスト第3弾&日割り発表

ベイエリアを拠点にドキドキとロックだけを発信する首都圏唯一のオールナイト・野外ロックイベント〈BAYCAMP〉。 今年は初の2DAYS開催となる本イベントの出演アーティスト第3弾ラインアップが解禁された。また、日割りも前回発表から順次発表されている。9月

〈京音-KYOTO- 2019〉第3弾でjizue、テンテンコら出演決定

〈京音-KYOTO- 2019〉第3弾でjizue、テンテンコら出演決定

6月22日(土)23日(日)に磔磔、KYOTO MUSE、METROの京都市内3会場のライヴハウスで開催される〈京音-KYOTO- 2019〉。 その第3弾出演アーティストが発表された。 今回、アナウンスされたのは、jizue、テンテンコ、HALFBYら

シャムキャッツ、夏目(Vo&Gt)が撮影・監督を務めたMV「おしえない!」公開

シャムキャッツ、夏目(Vo&Gt)が撮影・監督を務めたMV「おしえない!」公開

シャムキャッツが楽曲「おしえない!」のミュージック・ビデオを公開した。 同曲は、彼らの最新アルバム『Virgin Graffiti』収録曲で、作詞作曲した夏目知幸 (Vo&Gt)が撮影・監督を担当した。編集を務めたのは佐藤祐紀。英語、韓国語、台湾語、日本

Collapse

Articles

菅原慎一が語るアジアの音楽──韓国と台湾、現行シーンから生まれる音たち

インタヴュー

菅原慎一が語るアジアの音楽──韓国と台湾、現行シーンから生まれる音たち

菅原慎一が語るアジアの音楽──韓国と台湾、現行シーンから生まれる音たち講師である岡村詩野の指導のもと、これまでにも様々なアジア音楽の魅力に迫ってきました。回を重ねるごとにアジア音楽の未知数な魅力の虜になっていった我々ですが、どうしても超えられない壁がありま…

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

レヴュー

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ──新アルバム『Virgin Graffiti』に迫る前作『Friends Again』では、“プレーン・ロック”を新機軸として、よりシンプルに削ぎ落とされたソングライティングを見せたシャムキャ…

シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──〈岡村詩野音楽ライター講座〉よりクロス・レヴュー

レヴュー

シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──〈岡村詩野音楽ライター講座〉よりクロス・レヴュー

シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──新たに提示する“シャムキャッツの音楽”とは昨年、自主レーベル〈TETRA RECORDS〉を立ち上げ、バンド史上最高のアンセムとなった『マイガール』、バラエティ豊かな楽曲が並ぶ『君の町にも…

LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード

インタヴュー

LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード

これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmen…

壊れかけのテープレコーダーズ『Silent Sunrise』配信スタート&ハバナイ浅見を迎え対談を敢行

レヴュー

壊れかけのテープレコーダーズ『Silent Sunrise』配信スタート&ハバナイ浅見を迎え対談を敢行

壊れかけのテープレコーダーズ『Silent Sunrise』配信スタート&ハバナイ浅見を迎えた対談記事を掲載男女ツイン・ヴォーカルとヴィンテージ・オルガンをフィーチャーしたサイケデリックな音像で唯一無二なサウンドを奏でるバンド、壊れかけのテープレコーダーズ…

シャムキャッツ、1年5ヶ月ぶりとなる待望のオリジナル作品『マイガール』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

インタヴュー

シャムキャッツ、1年5ヶ月ぶりとなる待望のオリジナル作品『マイガール』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シャムキャッツ、1年5ヶ月ぶりとなる待望のオリジナル作品『マイガール』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載シャムキャッツが、1年5ヶ月ぶりとなるオリジナル作品『マイガール』を自ら立ち上げたレーベルTETRA RECORDSよりリリースした。アルバム『AFTER…

京都のライヴサーキット「いつまでも世界は…」第4回開催記念対談 : 西島衛(ザ・シックスブリッツ) × ゆーきゃん

インタヴュー

京都のライヴサーキット「いつまでも世界は…」第4回開催記念対談 : 西島衛(ザ・シックスブリッツ) × ゆーきゃん

「いつまでも世界は…」が目指すは"京都版SXSW"! 第4回開催決定、主催の西島衛(ザ・ シックスブリッツ)とゆーきゃん対談京都の中心街、四条・新京極から木屋町まで14会場を使い、総勢約90組が出演。関西の大型ライヴサーキット「いつまで…

壊れかけのテープレコーダーズ、新作アルバムを配信開始&百々和宏との対談が実現

レヴュー

壊れかけのテープレコーダーズ、新作アルバムを配信開始&百々和宏との対談が実現

いまのロックってどうなのよ?ーー壊れかけのテープレコーダーズ、MO’SOME TONEBENDERのフロントマンに訊く現在のロックロックとはいつの時代も衝撃的で、ある時は大きな希望となり、魅了された者の世界を変えてしまう大きな力がある。壊れかけのテープレコ…

シャムキャッツ、待望のニュー・アルバム『AFTER HOURS』をリリース!

インタヴュー

シャムキャッツ、待望のニュー・アルバム『AFTER HOURS』をリリース!

全てのGirls&Boysへ捧ぐ“現代のサウンドトラック”――シャムキャッツ、スタイリッシュでフレッシュな3rdアルバムをリリース2007年頃から活動開始。ゆるい佇まいとローファイなギターロック・サウンドでひときわ輝きを放ち、東京のインディ・シーンを牽引す…

おすすめの2.3枚(2013/7/17~2013/7/23)

レヴュー

おすすめの2.3枚(2013/7/17~2013/7/23)

2013/7/17~7/23の注目2作品をレビュー!!今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューととも…

LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS 待望の初音源を先行配信!!

レヴュー

LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS 待望の初音源を先行配信!!

待望の初音源を先行配信!!東京を中心に活動するオルタナティブなロック・バンドが一同に介するイベント、<みんなの戦艦>の主催メンバーである赤倉滋(ex. マヒルノ)によって、2010年に結成された新バンド。その名もLOOLOWNINGEN & THE FAR…

シャムキャッツ『たからじま』インタビュ―

インタヴュー

シャムキャッツ『たからじま』インタビュ―

シャムキャッツ INTERVIEW昆虫キッズやceroと共に、東京のインディ・シーンを引っ張ってきた4人組バンド・シャムキャッツが、約3年半ぶり2枚目となるフル・アルバム『たからじま』をリリース。昨年発売のミニ・アルバム『GUM』に引き続き古里おさむ(um…

View More Articles Collapse
worst taste『逃避行は終わらない』インタビュー

インタヴュー

worst taste『逃避行は終わらない』インタビュー

worst taste『逃避行は終わらない』INTERVIEWバンドを追い続けていると、思いもよらなかったようなドラマが起こっておもしろい。今回紹介するworst tasteにしてもそうだ。約3年ぶりとなる『逃避行は終わらない』は、間違いなく彼らの最高傑作…

イントロで「おっしゃ! きた!」ってなるようなフェス・アンセム10曲

その他

イントロで「おっしゃ! きた!」ってなるようなフェス・アンセム10曲

イントロで「おっしゃ! きた!」ってなるようなフェス・アンセム10曲やっぱ、フェスっていいよね。そこら中で幸せが炸裂しまくっている感じが素晴らしいよね。ハイネケンなんか飲んじゃってさ。そんで、フェスでいちばん幸せが凝縮されている時間を考えたんだけど、それっ…

壊れかけのテープレコーダー『ハレルヤ』配信開始

レヴュー

壊れかけのテープレコーダー『ハレルヤ』配信開始

'''結成5年の集大成。最高傑作3rdアルバム堂々完成!'''''壊れかけのテープレコーダーズ / ハレルヤ''【Track List】01. 街の灯 / 02. 迷路 / 03. ニセモノの銀河 / 04. エレベーター、ひらかない / 05. 曇りの裂…

nothingman『夜をあける』インタビュー

インタヴュー

nothingman『夜をあける』インタビュー

nothingman 宮下浩 (Vo&G) INTERVIEW名古屋の音楽シーンをまとめたコンピレーション・アルバム『IN THE CITY THERE IS A NAGOYA MUSIC』が配信されるなど、東京、大阪、福岡と並んで独自の盛り上がりを見せる…

名古屋音楽シーン大特集!『IN THE CITY THERE IS A NAGOYA MUSIC』

インタヴュー

名古屋音楽シーン大特集!『IN THE CITY THERE IS A NAGOYA MUSIC』

OTOTOYとシンガー・ソングライターのゆーきゃんで制作した京都コンピレーション・アルバム『All Along Kyoto Tower(京都タワーからずっと)』は、現地に住むミュージシャン、そしてレコ屋の店員でもあるゆーきゃんの言葉と手書きの相関図と共に、…

シャムキャッツ×BOSSSTON CRUIZING MANIA対談

ライヴレポート

シャムキャッツ×BOSSSTON CRUIZING MANIA対談

11月23日、BOSSSTON CRUIZING MANIAとシャムキャッツが新譜をリリースする。BOSSSTON CRUIZING MANIAはダークなノーウェーブ・ダブが堪能できる7年ぶりのフル・アルバム『Loaded,Lowdead,Rawdead』…

LAGITAGIDAインタビュー

インタヴュー

LAGITAGIDAインタビュー

LAGITAGIDA 1stミニ・アルバム『CaterpiRhythm』リリースその名は、ラギタギダ。完全オリジナルな造語を冠したこのバンドが、世界を驚かせるのは、そう遠い未来のことではないかもしれない。聞き慣れない単語はもちろん、その音楽性も聴いたことが…

シャムキャッツ『渚』配信開始!! 夏目知幸、菅原慎一(シャムキャッツ)×古里おさむ(umineco sounds)鼎談

インタヴュー

シャムキャッツ『渚』配信開始!! 夏目知幸、菅原慎一(シャムキャッツ)×古里おさむ(umineco sounds)鼎談

プロデューサーに古里おさむ(umineco sounds)を迎え、シャムキャッツ『渚』リリース!!シャムキャッツの新曲「渚」を聞いて、変わったと思った。「ねじ曲がった」音楽は大好きだが、わざと「ねじ曲げている」音楽は好きではない。来日しているジャド・フェア…

Sorrys!『そう今すぐ そう全部』フリーダウンロード

レヴュー

Sorrys!『そう今すぐ そう全部』フリーダウンロード

Sorrys! が次世代のミュージック・シーンを担うアーティストとして、新宿MotionからOTOTOYに紹介されたのが今から一年前ぐらい。この度、ついに彼らの1st Album『そう今すぐ そう全部』がリリースされます。RECエンジニアに浅井健一、チャ…

acari,wheellz,深沼元昭主宰レーベルLAVAFLOW RECORDS

レヴュー

acari,wheellz,深沼元昭主宰レーベルLAVAFLOW RECORDS

10年の時間を飛び越えて…2010年の2月、PLAGUESの深沼元昭率いるMellowheadを見に代官山UNITを訪れた。ライヴでは、アイゴンこと會田茂一や片寄明人(Great 3)、西寺郷太(NONA REEVES)等が飛び入りし大はしゃぎ。10年前の…

今、東京インディー・シーンで起こっていること

コラム

今、東京インディー・シーンで起こっていること

大都会東京。下北沢、渋谷、高円寺、吉祥寺、代官山、秋葉原、小岩... と、都内には実に多くのライブ・ハウスが点在するが、今インディー・シーンで一際目立っているのが新宿。20代前半の次世代ミュージシャンらが、ライブ・ハウス新宿MotionやMARZを中心に切…

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

コラム

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

2008年7月にレコミュニがリニューアルして1年。これまでに邦楽、洋楽、有名、無名、老若男女を問わず、レコミュニ・スタッフの感度抜群のアンテナに、ビビッと反応したアーティストをいち早く紹介してきました。その中から、日本最大のフェスティバルであるFUJI R…

壊れかけのテープレコーダーズ レビュー

レヴュー

壊れかけのテープレコーダーズ レビュー

'''21世紀のネオ・サイケデリック・ロック'''日本のサイケデリック・ロックは、—ジャックスやゆらゆら帝国が現れた時がそうだったように—常に音楽的な目新しさと古き良きロック・ミュージックの持つ懐かしさの両方を抱えて進化してきている。それは、日本の都会の風…

シャムキャッツ 『はしけ』インタビュー

インタヴュー

シャムキャッツ 『はしけ』インタビュー

彼らの音楽はとっても、ゆるい... 飛び跳ねたくなるような曲も、とろりと甘い声の曲も、遊び心満載の曲も、どれも...『新世代ゆるゆるオルタナティブ・レボリューション!』でも、ついつい歌詞に共感してうるっとしてしまう。年齢が近いからかな?彼らは、10代後半か…

worst taste インタビュー by 池田義文

インタヴュー

worst taste インタビュー by 池田義文

'''worst tasteをダンスで決めて ! ''' 東京のオルタナティブ・シーンがいよいよ盛り上がりを見せてきた。若手から、中堅まで色とりどりのバンドが熟成してきている。音楽だけでなくみずから企画する自主イベントまで、一筋縄ではいかない表現方法でシー…

Collapse