2019/09/20 00:00

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

東名阪ツアー〈BEND〉や夏フェス・シーズンを終えたD.A.N.から早くも新曲のプロモが届いた。名前は「Aechmea」で、壮大な世界観を持ち、最近のライヴで垣間見せる表現力のさらなる高まりを感じさせることのできる楽曲となっている。本作は、10月半ばにスタートする国内9都市のツアー〈PERMANENT〉の直前、10月16日にデジタル・リリースされる予定だ。とりあえず新曲はリリースまで首を長くしてまっていただいて(もちろんOTOTOYでも配信予定)、新曲のこと、そして9月23日に開催の迫る豪華ゲストとのツーマン企画〈Timeless〉の第5回、さらにツアー〈PERMANENT〉について、OTOTOYがインタヴューしてまいりました。

取材・構成 : 河村祐介
写真:鳥居洋介(ライヴ写真のみ)

10.16 digital new single「Aechmea」Release



こちらは〈BEND〉ツアー会場限定シングル「Bend」「Elephant」がついにハイレゾ配信中




豪華ゲストとのツーマン、Timeless開催間近
WWW & WWW X Anniversaries “Timeless #5”
2019年9月23日(月祝)
@SHIBUYA WWW X
会場:WWW X
出演:D.A.N. / Guest Act: Erika de Casier
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
料金:ADV ¥3,800(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)
公演詳細は下記イベント・ページをチェック
http://d-a-n-music.com/live/timeless-5/

D.A.N. TOUR 2019 “PERMANENT”も開催、詳しくはページ後半を

INTERVIEW : D.A.N.

ツアー〈BEND〉の編制、左からサポートの小林うてな、市川仁也、川上輝、シノザキソウヘイ、櫻木大悟

──夏前の東名阪ツアー〈BEND〉、そしてひとしきりフェスも終わってと言うタイミング。今回のツアーは、小林うてなさんを入れた4人、ないしはシノザキソウヘイ(FLATPLAY)を迎えた5人体制でライヴをまわったわけですが。

櫻木 : 去年は、3人のリセットして再びライヴのやりかたを構築した感覚あって。そこからふたりがサポートとして、その基礎ができた状態の上に入ってきた感じだったので、さらにすごいライヴの可能性を感じることができましたね。

市川 : 2018年の3人で回ったツアーで絶対に必要不可欠な骨組みができたんですが、それは筋トレというか体幹がしっかりした状態でのライヴができるようになった。それによって加わったふたりのサウンドも生かせる感覚がああります。2017年以前は、サポートでうてなが入ってましたけど、その頃よりもさらにライヴのダイナミクスがより引き出せるようになったんじゃないかなと。

川上 : 音に対するアプローチに関して、とにかく選択肢が増えたという印象。それを今後はもっと楽しめるようになれるかなという。

──今夏、ライヴでいちばん手応え感じたのはいつの?

櫻木 : やっぱり東名阪のツアーは充実してたかな。

川上 : あと福井のONE PARK FESTIVAL 2019かな。

櫻木 : あのフェスの評判は良かったね。会場もコンパクトな感じで、ホスピタリティも良くて、フェス自体も良かったですね。熱量が分散しなくて、ひとつの場所で行われてる感じ。演奏としてはそこでやった「Tempest」のグルーヴがすごく良かった。

市川 : あとは東名阪ツアー、東京はもちろんなんだけど、名古屋、大阪の人の熱量もすごい出てて。5人でのライヴははじめてだったんだけど、僕らの意図しているところで、お客さんがしっかり上がるんですよね。ソウヘイが加わったことで、音の層も上積みされた。そこで「ここを聴かせたい」というポイントが今回新しくできてきていて、そこに対してちゃんと反応してくれている感じがありました。名古屋はちょっと集客で苦戦しましたけど、盛り上がりでいったら一番かもしれない。

サポートを入れた5人編制のライヴ映像
サポートを入れた5人編制のライヴ映像

──サポートのふたりの印象はどうでしょうか? たとえばうてなさんとか前と違った部分は?

川上 : やっぱりコミニケーションですかね。とってなかったわけではないですけど、うまくとれるようになったというか。

櫻木 : うてなは第三者的な僕らにない視点を提供してくれるところがあってすごい参考になる。ソウヘイに関しては、僕がもともとやりたくてできなかったことを実現してくれるというか、かなり器用にこなしてくれている。なんか2人とも、なぞの玄人感があって飄々としていて頼もしいですね。

サポートのシノザキソウヘイ

──できなかったところっていうのはやはりいわゆるキーボーディスト的なところ?

櫻木 : そうですね、シンセは特に。ライヴの部分は、機材面でこれまで手数の関係で難しかったところを踏み込めるようになったんで。

川上 : 仁也と大悟の幼なじみというところもあって、大悟が気にせず、お願いしやすい感じもでかいんじゃないですかね。

櫻木 : そうですね、音のニュアンスなんかが、すぐ伝わるところはすごい助かってますね。

──ちょっと変な言い方になるんだけど、5人の馴染み方が半端ないというか、はじめて5人編制でのライヴ観たとき「あ、本当にいるんだ」という。これまでの世界観は崩れず、単純にスムースに世界観が広がっている感じというか。

櫻木 : それはうれしいですね。

サポートの小林うてな

チェロ、速いBPM、新曲のキーワードとは

──そしてちょうど新曲を録り終えたところと。ライヴの5人体制は楽曲作りにも影響を与えてますか?

櫻木 : 無茶苦茶影響ありますね。アレンジを考えてるときも5人のライヴをイメージしながらやりましたね。「ソウヘイにここを弾いてもらったら、ライヴでもできるかも……」という感覚とか。

──新曲はインスタのストーリーとかでちょくちょく上げてた、レッドブルのスタジオでレコーディングしてた曲?

櫻木 : そうですね、レッドブルと他のスタジオで録った素材もあります。

──なんか仁也くん、エレキのアップライト・ベースみたいなの弾いてなかった?

市川 : あ、あれはチェロですね。エレキ・チェロを買いまして。

──その音色もあるのかもだけど、プログレ感というか、全体として10分、もしかしたら前後半にわけるかもという話だけど、壮大な楽曲だよね。これまでも「Tempest」とかあったけど。どんなところからはじまった曲なの?

櫻木 : 3人で曲造りのためのセッションがまずあって。ひとつテーマとして軽快なBPMが早い曲というのがあったんですよ。そこからできた素材が新鮮だと思ったので、その素材ベースで自分の家で作り始めたものが元になっていますね。そこにシンセとか新しい機材もあったんでいろいろ試してたら、偶然できた電子音のフレーズから展開を思いつき…… という感じでこうなりました。前半の軽快なグルーヴができたんで、そこまで行くのに意外な感じがいいかなと思って、オフ・ビートのニューエイジっぽいサウンドのものを作ろうと思って。そこでイントロの部分は、変調したりして声を重ねて使っていって。そこも、あの曲のBPMに対してのシンコペーションで歌っていくということをやっていて。さらに後半ではBPMが3/4になったりとかの仕掛けを足していって。ちなみにこれは、3人でDJをやるようになって、そのなかでBPMが、ひとつアイディアとして機能するようなそんな感覚になったからなんですよ。

──BPMというのが明確に曲の要素を決めて行くという感じ?

櫻木 : いままでの僕の感覚では、逆にどうしてもBPMに縛られてしまうという感じがあるんですよ。具体的に言うと、DAWのグリッドに縛られて曲を作っているという感覚。そこから今回は1度、解放された感覚があって。これまでも「Now It's Dark」という曲で、急にBPMがあがったりというのはあったけど、そういうBPMの変化みたいなものが最初からアイディアとして入ってくるというのではなく。だから自分のなかですごい新鮮で。

──ドラムの感覚もなんか絶妙ですよね、どこかドラムンベースっぽい感覚もあったりして。

川上 : 「軽快で速いBPM」ってテーマで、練習スタジオで適当にやってたビートがなんとなくハマってずっと叩いていて。「俺はコレをやりたいんだぞ」という感じで、セッションしながら2人に知らせるというか(笑)。そこからシンセを一緒に鳴らすと……おお、良い感じになってきたなというところでできたパターンですね。でも、そこまでいくと、曲が見えてくる。とにかく「速いBPMのビート」というのが仁也から出ていてテーマとしてあったんですけど……はじめに仁也が言っていたモノとは全然別物になっちゃって。

市川 : 僕は、いわゆるテクノっぽいイーヴン・キックの曲のことを言っていて。でも出てきてみたら良いなっていうものができました。僕らの場合、イーヴン・キックの曲ってだいたいBPM120ぐらいだったんで、もっとテクノぐらいの早さのBPM130超えの曲があってもいいかなって言ってたんですけど。ドラムが出てきたら……この感じで。でも、これもいままでにない良い感じだなっていう。

櫻木 : UKのドラムンベースっぽい感じもあるんだけど、ジャズのやんちゃな感じのビート感もあって、そういう意味では輝らしいビートだなと思って。

川上 : 良い具合に下手なんで、下手なりにできることをやったという感じです。

櫻木 : このドラムが起点になって、歌とか、後からいろいろなアイディアを一緒に当てはめていったという感じで。

川上 : セッションで出てきてものを「あのフレーズが良かったね」とか、とにかく「この感じが良いんだ」というのを切り出してきて3人で調整していくというのが曲作りの仕方ですね。

──ベースラインは?

市川 : そういうことでいえば、わりと当たり障りのない感じを選びました(笑)。ふたりの出している音が、ぱっと耳に残る印象の強い、濃い味の音だったので、そこに対して邪魔しない、寄り添うようなベースラインを付けていくという。リフとかフレーズというよりも、ベースらしいベースの役割を心がけて。いろいろとDAWで遊びながら大悟が後半の展開を構築していったんですけど。そこであのBPMが3/4に落ちて、四つ打ちに切り替わるという展開ができてきて。そこにベースラインをどうしようと思ったときに、倍で裏をとったり、普通に裏をとったりというようなリズムの遊びがおもしろいかなって思いついて。そこでベースとチェロが違う裏の取り方をして、交互に交差するように作っていて。

川上 : そこまでしてるの知らなかった(笑)。

市川 : 楽譜を起こして構築していくとか、そこまでのことはできないんで、実際それがどういう関係性になっているかはわからないんですけど(笑)。「ここに音を挟んでいったらおもしろい」という感覚だけで、ベースを録って。チェロも指で弾いて録って。

──しかしなぜにチェロ?(笑)

市川 : 昔から欲しかった楽器なんですよ。タイミング良く、エレキ・チェロが安く売っていたんで……。アーチ・ペラーゴがきっかけでチェロが気になっていて。チェロを指で弾くのってなかなかないじゃないですか? あのユニットでは、チェロを指ではじいてフレーズを作っている。しかもそれでハウスをやるというのがすごい好きで。いつかやりたいなと。実はこれまでもハイCのベースを使っているのは、チェロの質感に近いものにしたいというのがあるんですよ。ミックスのときにもそんな無茶なことをよく言っているんですけど。今回はエレキ・チェロを買ってみて本当にやってみようと。

櫻木 : あの曲はけっこうチェロに救われてますね。前半もアンビエントにフリーな弓の動きが入っていて。

市川 : チェロも本来の教育とかもちろんうけたこともないですし、誰かに教わったわけでもないので。普通は幼少期からやるような楽器だと思うんですけど。触って1週間とかでレコーディングに使うという。

櫻木 : そのなんとなくのイメージで使ってみるというのが良かったんじゃない。

市川 : いわゆるクラシックをこれまで聴いてきたわけでもないので「チェロはこういうもの」っていう概念もないんですよね。ベン・ビンスとかアーチ・ペラーゴとか、そういうクラシックじゃないところからインスピレーションを受けてチェロをやっているという。下手だけど、その分、自由に思いつく方法というか、そういう感覚でチェロを使えているという感じがあって。

初のバンドとしてのリミックス作業

──さて少し先ですがfoodmanの「Elephant」のリミックスも出るみたいですね。

櫻木 : 食品さんのファンで、交流もあってという感じもあるんですが、とにかくヨーロッパやアメリカでも活躍されてて、単純にアーティストとしてリスペクトしていて。ぜひリミックスをやってもらうと、そこで僕らのなかでは特殊な「Elephant」をやってもらおうと。そうしたら「アンビエント~ニューエイジっぽい感じとかツボでした」って言ってくれて、あがって来たリミックスもすごかったんですけど(笑)。NTSの番組とか、食品さんはすでに海外でちゃんと浸透しているから、ちょっとお裾分けしてもらおうかなっていう(笑)。

──そいうえばシングルは海外でも展開しているみたいですけど、BBCで流れたり、XL Recordingsのプレイリストに載ったりと反響は少しずつあるみたいですが。

市川 : Spotifyのリスナーの海外の分布を見ると明らかに増えましたね。

川上 : あとはエルダー・アイランドのリミックスとかも。

──あれはどんな経緯で?

櫻木 : UKに〈Metropolis studio〉っていう有名なレコーディング・マスタリングのスタジオがあって、僕らもマスタリングをお願いしているんですけど、オフィスに日本人の営業スタッフさんがいるんです。その方、経由でエルダー・アイランドってバンドをつなげてくれて。

川上 : スタジオでD.A.N.の作業をしていたのを、たまたまエルダー・アイランドの人が聴いてリミックスをお願いしたいという話みたいですね。

──リミックスはどんな作業環境でやったんですか?

川上 : 大悟の家の機材を使って、3人でいじって。

櫻木 : ラインでベースとかは録ったよね、

川上 : Octatrackをいじって偶然できたビートを使ってみたり。あれはあれでおもしろかったですね。

──いわゆるドラムは叩かないけど、輝くんが加わるっていう作り方はまた違いそう。

櫻木 : やっぱりビートの作り方とかおもしろいですね。僕はその機材の補助みたいな感じで。

市川 : いわゆるリミックス的な作業は、大悟がほぼやってくれていて、そこに対して足していくという、そういう意味ではリミックスの作業だけど、僕と輝はいつもの曲作りと変わらないかもしれない。ビートとベースを作っていくという。

櫻木 : でもはじめは「どうしよう」って感じだったよね、一カ所だけループしてみて延々とBPM上げたり下げたりするのを聴きながら。

川上 : でも良い感じのビートが生まれたんで、良いリミックスが作れたなと思いましたね。

──今回出るシングルが3曲目という感じなると思うんだけど、これはそういうモードなの? アルバムとかは今年は出さなそうだけど。

櫻木 : ヨーロッパとかアメリカの流れを観ていると、どうしてもシングルを刻むイメージなので自分たちもそれに影響を受けた気がしますね。アルバムでまとめて聴くというのはかなりなくなってきている気がして。いずれはアルバムを出すと思いますけどね。でも、シングルを出していく感じもそれぞれの楽曲の鮮度が保てて、いまはいいかなというのありますね。

──今後のプランみたいなものは?

櫻木 : それはもちろんありますよ。今回ヨーロッパはPIASから配信リリースされましたけど、やっぱりちゃんとプランがないと相手にされないと思うし。そこは結構、みんなで改めて詰めて、それに向かってやろうってなっていると思いますよ。

──そして一番手前だと〈Timeless #5〉。エリカ・ジ・カシェール。DJセントラル周辺のひとだよね、DJスポーツのお兄ちゃんだかの。

櫻木 : ハウス系の人とか近いみたいっすね。

川上 : 今回の〈Timeless〉は、はじめてWWWの三條さん発信なんですよね。これまでは僕らの人選だったんですけど。だから、僕らもちゃんとどういうアーティストなのかわかってない(笑)。でも音を聴いたら、良い感じだったので。

櫻木 : あのチャーミングな感じのヴォーカルと、トラックはすごいシンプルで良いなと。軽い感じがいいですよね。僕らは重いですから(笑)。いいコントラストになると思う。

市川 : でもなんか不思議な人ですよね。懐かしい感じもするし、いまのR&Bのポップさもあって。

川上 : いろいろ僕らも模索してたんだけど、うまくハマらず、今回は新機軸という感じで。

裏方、海外録音、クレー射撃

──〈Permanent〉ツアーはまた5人で? その5人でもうちょっとこまかく日本中をまわると。

川上 : そうですね。

──バンドの状態としては良さそうですね。

櫻木 : ライヴも制作もバランスもちょうど良い状態でやれている気がしますね。

──今後やってみたいことは?

櫻木 : 音楽っすか?

──あるなら、それ以外もいいよ(笑)。

川上 : 僕はクレー射撃ですね。

──そこ(笑)

川上 : あれ無茶苦茶初期費用かかるんですよね~。免許とかもあるし。

市川 : えっと、俺はいますぐじゃなくても良いんですけど、海外でレコーディングとかしてみたいですね。

川上 : 海外での認知度がちゃんとあがって、半々ぐらいで生活とかレコーディングもできるようになったら最高ですね。

市川 : 僕らのレコーディングの仕方なんですが、いま録ると同時に楽曲のアレンジも考えていくとか、そういう風になってきて。「用意してきたものを全部そこで録ります」っていうような感覚ではなく、出てきたアイディアをまずは録ってみるという感じの方法に変化しているんです。そういう録り方だと場所を変えるだけで出てくるアイディアとかすごい変わりそうだなって思ってて。別に海外じゃなくても日本国内で地方とか、自然の多いところでやっても新鮮なアイディアとかでてきそうだなっていう。

櫻木 : 僕は前から言ってますけど、プロデュースとか裏方をもうちょっとやってみたいですね。

川上 : 裏方、海外録音、クレー射撃か。

──ひとりおかしい!(笑)

TOUR SCHEDULE

5人編制で国内9都市をツアー
D.A.N. TOUR 2019 “PERMANENT”SUCHEDULE

10月18日(金)
@浜松窓枠
OPEN/START:18:30/19:00

10月26日(土)
@新潟GOLDEN PIGS RED
OPEN/START:17:30/18:00

10月27日(日)
@金沢AZ
OPEN/START:17:30/18:00

11月06日(水)
@大阪BIG CAT
OPEN/START:18:30/19:30

11月08日(金)
@名古屋CLUB QUATTRO
OPEN/START:18:30/19:30

11月17日(日)
@福岡 beatstation
OPEN/START:17:30/18:00

11月23日(土)
@仙台 Darwin
OPEN/START:17:30/18:00

11月24日(日)
@札幌 cubegarden
OPEN/START:17:30/18:00

12月05日(木) 渋谷O-east
OPEN/START:18:30/19:30

チケットの詳細はアーティスト・ページのライヴ・インフォメーションへ
http://d-a-n-music.com

D.A.N.過去作もハイレゾ配信中!

2018年リリースの2ndアルバム、ハイレゾ配信中
D.A.N.『Sonatine』のインタヴューはこちら

PROFILE

D.A.N.

2014年、櫻木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。2015年7月にデビューe.p『EP』をリリース。2016年4月に待望の1sアルバム『D.A.N.』をリリースし、CDショップ大賞2017の入賞作品に選出。7月には2年連続でFUJI ROCK FESTIVAL’16に出演。また同年のFUJI ROCKオフィシャルアフタームービーのBGMで「Zidane」が起用される。2017年2月にJames Blakeの来日公演でO.Aとして出演。4月にはミニアルバム『TEMPEST』をリリース。11月に初の海外公演をLONDONで行い、滞在中にはFloating Pointsのスタジオで制作活動を行う。現地のジャイルス・ピーターソンのラジオ番組〈Worldwide FM〉に出演しスタジオライブを敢行。2018年2月、UKのThe xx来日東京公演のO.Aを務める。5月にUK TOURを敢行し”THE GREAT ESCAPE’18″に出演。7月には2ndアルバム『Sonatine』をリリースし、FUJI ROCK FES’18へ出演。9月からのリリースツアーは、中国4都市、台湾2都市、バンコク、香港のASIA TOUR、日本国内は9都市、全17箇所を巡り、ファイナルは新木場スタジオコーストで開催する。不定期で行う自主企画〈Timeless〉ではこれまで、LAからMndsgn、UKからJamie Isaacなど海外アーティストを招聘して開催している。

D.A.N. Official Web Site
Twitter

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

この記事の編集者
河村 祐介

わからずや

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.26 - SUMMER SPECIAL「mitokon編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.26 - SUMMER SPECIAL「mitokon編」

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

YMOリマスタリング第4弾『浮気なぼくら』『サーヴィス』『アフター・サーヴィス (live 1983)』

YMOリマスタリング第4弾『浮気なぼくら』『サーヴィス』『アフター・サーヴィス (live 1983)』

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

TOP