水曜日のカンパネラ、最高傑作をハイレゾ配信!! コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fに訊くアルバム制作秘話

お・待・た・せ・し・ま・し・た!! 水曜日のカンパネラ、5作目となるオリジナル・アルバム『ジパング』のハイレゾ配信をスタートです!! 今年5月にリリースした『トライアスロン』では普段とは違うサウンド・プロデューサーを迎えるなど挑戦的なことをしてきましたが、本作はメンバーであるケンモチヒデフミが100%プロデュース。それでいて、これまでの水曜日のカンパネラとも印象がガラリと変わった超大作に。テーマは国外から見た日本、ユーラシア大陸の旅。KOHHのアルバムも手がける上岡拓也によるイラスト・ジャケットが示しているように、コムアイが最前線に立ち、アイデアを全面に散りばめた、水曜日のカンパネラ、第2章の幕開けです。

水曜日のカンパネラを初期から追いかけてきたOTOTOYでは、4週連続で企画を実施中。第3週目となる今回は、水曜日のカンパネラ3人へのインタヴューを行いました。実は、3人に揃って話を聞くのはこれがはじめて。コムアイのやりたいことが作品上にも反映されることが多くなり、3人での関係性の変化も今作に影響を与えているのではと思い、全員揃ってのインタヴューをお願いしました。そこから浮かび上がったのは、今作がファミリー感の強いアルバムだったということ。コムアイが「エモい!」と連発し、その場の全員がジーンときた理由とは? ぜひアルバムを聴きながらインタヴューをお楽しみください。

取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤
写真 : 雨宮透貴

待望のハイレゾ配信スタート!

水曜日のカンパネラ / ジパング(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,800円(税込)

【Track List】
1. シャクシャイン
2. 猪八戒
3. メデューサ
4. ラー
5. ツイッギー
6. ウランちゃん
7. ライト兄弟
8. 小野妹子
9. 西玉夫
10. マッチ売りの少女


水曜日のカンパネラ / 小野妹子


INTERVIEW : コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.F

ーー『ジパング』を聴かせてもらって、これまでに作り上げてきた水曜日のカンパネラ・サウンドをいい意味で裏切ったサウンドに挑戦していてビックリしました。例えば、きゃりーぱみゅぱみゅが方向性を変えてダブステップをやることはないだろうし、リスナーも望んでいるところではないと思うんですね。それと同じく、カンパネラが新しい方向性に舵をとる必要があったのか、迷わなかったですか?

コムアイ : 最初ケンモチさんが前作の拡大版みたいな曲を作ってきたんですよ。でも「いやいや、申し訳ないけどそういうのはやる気が起きません」と言って全部ボツにしました(笑)。

ーー全部ボツ…(笑)。

コムアイ : 例えば、中田ヤスタカさんは曲を作る役目とディレクションとプロデュースが重なっていると思うんですけど、水曜日のカンパネラではプロデュース権限は分担されているので、ケンモチさんが曲を作りつつも最後まで決められないジレンマがあるんですよ(笑)。
ケンモチヒデフミ(以下、ケンモチ) : 日によってコムアイの言うことが変わるしね(笑)。

左から、Dir.F、コムアイ、ケンモチヒデフミ

コムアイ : 変わる、変わる(笑)。あとは東京と大阪(※ケンモチは10月まで大阪在住だった)だったこともあって、受けている刺激が全然違うというか。東京のほうが明らかにスピードが速いし、1週間で3回くらいヒップホップのみんなが気になるイベントとかがあったら急にそっちに傾く。すごい勢いで流行りがインスタントに変わっていくから。
ケンモチ : それは別にいいんだけど、1ヶ月間に何度も飽きていくんですよ(笑)。それが問題。ええ~って。

ーーあははは。EP『トライアスロン』あたりから、コムさん(コムアイ)のアーティスト性が前に出てきたなと思っていて。それに対してケンモチさんとDir.Fも変わることで、水曜日のカンパネラとしての整合性がとれていると思うんですけど、そういう意味で、Dir.Fはどんなサウンドの方向性を目指していたんでしょう。

Dir.F : 過去に聞いたことのあるようなサウンドは出したくないなと思っていました。自分がお客さんだったら、似たようなアルバムが出たら買わないと思うんですよ。ケンモチさん自体いろんな音楽を聴いているから、絶対違うものが生まれるだろうと思っていたんで、『トライアスロン』では、あえてケンモチさんには3曲中1曲だけしかお願いしなくて、この期を待ったんです。そしたら、「ディアブロ」と「シャクシャイン」「カーネル」が2015年の頭にできて、そこから全然違うものが生まれてくるようになって。正直「カーネル」を入れるか入れないかも悩んだんです。

ーー今作に?

コムアイ : そう。タイミング的には入れてもおかしくないんですけどね。
Dir.F : 曲とライヴの雰囲気で「カーネル」はちょっと違うなと思ったんですよ。
コムアイ : ロキノン寄りでキャッチーな曲だから、出したら売れるのはわかっているんだけど、私が好きじゃなかったらうまくいかないから、お客さんにも失礼になっちゃうし、だったら早めに断っておいたほうがいいじゃないじゃないですか。めっちゃわがままな理由だけど、わがままを通すのが仕事みたいなところがあるし、しょうがないよね…(笑)。

ーー要するに「シャクシャイン」と「カーネル」を天秤にかけたときに、「シャクシャイン」のほうに、水曜日のカンパネラの未来を感じたと。

コムアイ : 曲はキラキラしていました。最初は「ステージでこの曲どうしよう…」って悩んでいたのに、ライヴをするなかでどんどんよくなっていって。ライヴにぴったりな曲になっていったし、ハマっていって。そこからちょっとずつ触手が伸びた感じかな。


水曜日のカンパネラ / シャクシャイン

カンパネラらしいっていうのは「新しいものってことなんじゃないか」

ーーケンモチさんは、楽曲の作り方自体も変わっていったんですか。

ケンモチ : 「シャクシャイン」は、面白い歌詞の曲を作りたいなと思って作った曲で、日本語でも英語でもない魔法の言葉みたいな感じがいいと思って北海道の地名をモチーフにしたんです。なので言葉にフォーカスするっていう点で、メロディとか音程のある部分を抜いて、リズムだけにしていきました。「シャクシャイン」以降は、ほぼほぼ全部音を変えましたね。

ーー音を変えるっていうのはどういうことですか?

ケンモチ : 最近よく使われるような、ベース・ミュージックっぽい音に寄せました。『羅生門』、『シネマジャック』、『私を鬼ヶ島に連れていって(以下、わた鬼)』までは、ほぼ同じリズム・パターンや音色だったので、そこは一新しました。

コムアイ : 今作でわかったことなんですけど、こういう感じのを作ってくださいって言ったら、ケンモチさんは本当にその通り作れるんですよ。
一同 : (笑)。
ケンモチ : 僕はそれほどビートに特徴のあった作風ではなかったので、言われた感じのものに差し替えられるなっていうのはあるんですけど、根底に流れている僕っぽさは残っていて。そこを、2人から「ピアノとストリングスはもういいでしょ!」って言われて(笑)。だから「シャクシャイン」以外の曲はあまりピアノもストリングスも入ってません。

ーーケンモチ節のピアノとストリングスを、あえて削っていったんですね。

コムアイ : そう。デモの段階で入っていたフレーズとかがバシバシ切られて、曲がどんどん短くなっていっちゃって。
Dir.F : 気づいたら2分台の曲が4曲あるみたいなね(笑)。
コムアイ : 「ライト兄弟」もアウトロがなくなりかけて、アルバムの長さじゃなくなっちゃって。他の曲もどんどん切っていったんです。でも、内容が濃ければ全体の時間が短くてもいいでしょ、と思って。

ーーいわゆるビートの作り方で象徴的なのが「ツイッギー」なんですけど、CM曲を作るということで、外部の人たちを巻き込んだ曲制作という点も大きな変化ですよね。


水曜日のカンパネラ / コムアイ出演 ヤフオク! CM&メイキングまとめ

コムアイ : CM制作とかタイアップって、要求が大きくて負担になるのかなと思ったんですけど、私には全然負担にならなくて。むしろ、博報堂とヤフオク! チームが「やっちゃえ、やっちゃえ~」みたいな感じで、逆に「これでいいのか?」みたいな感じで。1番戸惑っていたのがケンモチさんだったんですよね。
Dir.F : みなさん、そもそもケンモチさんの曲のファンでしたからね。
ケンモチ : 「ミツコ」と「マリーアントワネット」みたいなやつがいいですって言われて、5~6曲くらい作って持っていったら「あ~なんか聴いたことあるんですよね~」って。それを求めてきたんじゃないのかよ! って(笑)。
一同 : (笑)。
Dir.F : そこから、カンパネラらしいっていうのは「新しいものってことなんじゃないか」 「聴いたことないものってことなのかな」って考えて、コムアイがiPhoneのボイスメモで録った30秒くらいの曲をポンッと出したら、それになったという(笑)。
コムアイ : お布団をかぶって録ったんですよ。そのあとも細かいフレーズをケンモチさんと送り合って音を足したり変えたり、声を入れたり引いたりしながら更新していって。
ケンモチ : だから「ツイッギー」で何が起こったのか僕の中でもよくわかっていないまま世に出ていったんですけど、アルバムに入って聴いたら、風通しがいいなって、ようやく初めて思いましたね。

ーー僕は最初「ラー」を単曲で聴いてリード曲になるって言われたとき、ちょっと地味な気がしたんですよね。でもアルバムで通して聴くと「あ、なるほどね」って納得しました。それまで、他の曲は全然聴かせてもらえなかったので(笑)。


水曜日のカンパネラ / ラー

Dir.F : 全部できてから聴いてもらおうと思って。だから「ラー」だけ送って、リード曲になると思うって言ったんだけど、あんまり信用してくれなくて。
コムアイ : えー、そうだったんだ。私「ラー」を聴いた時、これはリード曲だよ、やったー! と思ったけど。

ーー〈BAYCAMP2015〉でのライヴも正直よくわからなかったんですけど、アルバムを聴いて、「あっ、すいませんでした」ってなりました。

コムアイ : 我慢しなくなってきているというか(笑) 。本当にどんどんお客さん目線を考えなくなってきちゃって、大丈夫かな~って感じだけど、自分たちが好きなものは世に受け入れられるし、流行るべき! っていう過信があるんですよね。

超ファミリーなアルバムになりました

ーーちなみに、『ジパング』でやりたいことが明瞭になってきたのはいつくらいなんですか?

コムアイ : 『トライアスロン』を出したくらいに、ケンモチさんがアルバムに取り掛かっていたんですけど、その時は全然イメージがなくて。『ジパング』的景色が見えたのは8月とかかな。
Dir.F : 1回、ケンモチさん家に行ったよね? で、骨子となる楽曲のPVとかいろいろ見て、その後にデモを聴いて「いい感じ」ってなって。
コムアイ : あ、それもあった。もうアルバム大丈夫だね!! ってなって。1曲も出来ていないのに「大丈夫だ」ってなった瞬間あったんだよね(笑)。
ケンモチ : 本当に1年間、次の方向性を探っていたんですけど、本当に最後のバタバタで「これなんです!」ってイメージが決まって、急にそこから動き出した感じというか。

コムアイ : ユーラシア大陸のあっちこっちに曲が散らばっている感じにしたかったんですよ。日本とユーラシア大陸を繋ぐのが遣隋使、遣唐使だから、「小野妹子」がありますね。その間に点在するように、砂漠感とか鉱物感とか金属っぽい音が入っている、全部まとめるような曲が欲しいなって思って作ったのが「西玉夫」なんですよね。

ーー「西玉夫」は最後のほうに出来た曲なんですね。

コムアイ : 大河って悠久の時を連想させるし、河の周りにだんだん少しづつ文明が栄えてきたイメージもわいて、いいなと思って。いろんな川の名前を挙げるだけで「太古の昔から」みたいなイメージが伝わってくると思ったので。最後にたどり着くところに「タマちゃん」を持ってきて。あと私が育ったのが多摩川の辺りなんで(笑)。


水曜日のカンパネラ / 西玉夫

ーー「マッチ売りの少女」は、生楽器のサックスが入っていて、これまでのメロウな路線の曲ではあるんですけど、より叙情的になっている曲ですよね。

コムアイ : そう! それによって超ファミリーなアルバムになりました。

ーーファミリー?

コムアイ : そう、ファミリー。サックスを吹いているのが、渋谷の駅前でよく吹いている横田寛之さんで、NHKで番組を作っている知り合いに紹介してもらったんですけど、温度感がそんな変わらないっていうか、もともと音楽じゃない畑にいたギャップみたいなものもあって。事務所から帰る道で見かける時、「あ、横田さんやってる、いつか一緒にやれたらいいな~」って思っていたんですけど、誘ったらほんとに即答で「あ、わかりました。いきまーす」みたいな(笑)。数日後にレコーディングして、ここに入れてくださいって言ったテイクが全部よくて。友達を呼ぶっていうのは、他のバンドとかだったら普通なのかもしれないけど、水曜日のカンパネラをやっていて、そういうことは御法度な気がしていたんですよね。商業音楽をやりたいからビビっているんですかね。今回、ジャケットを描いてくれた上岡拓也さんも、私の義理の親族なんで。

ーーへえ~、そうなんだ。

コムアイ : そう。で、高校が和光の出身なんだよね。OKAMOTO'Sとかもみんな和光で、ミュージシャンがめっちゃいるし、気のあう人が多い学校です。

次はデザートっぽいというか、ちゃっ!! と作ったんですよ

ーー今作のラフ・ミックスを最初にもらったとき、方向性はわかるけど、なんかイマイチだなと思ってたんですよ。でも、完パケした音源を聴いたら断然よくなっていて。それでクレジットを見たら、松橋秀幸さんがミックスをやっていることを知ってジーンってきました。

コムアイ : そう! エモいでしょ~(笑)。ここで、新しく出会った「うちでやりますよ~」みたいなみんな知ってる古株エンジニアじゃなくて、松橋さんっていうのが!
ケンモチ : 松橋くんは、僕の専門学校の同級生なんですよ。
コムアイ : く~~~~(笑)。
ケンモチ : 十数年来の友達で。
コムアイ : 親友だよね。
ケンモチ : マスタリングをやってくれた森崎雅人さんも、僕がソロで『シェイクスピア』を出した時にやってくれたエンジニアなんです。
コムアイ : わっ、エモっ(笑)!
ケンモチ : 僕のインストの時の人たちともう1回やれたというか。
Dir.F : 全員集合(笑)。
ケンモチ : そう、手を取り合って(笑)。
コムアイ : えっ、超エモい! 水曜日のカンパネラに予算がついて、やっと仕事として付き合えるようになったっていうのが嬉しいよね。「十年後またここで会おうみたいな」(笑)。

ーー実際、ミックスで明らかにサウンドが変わりましたよね。

ケンモチ : ベース・ミュージックって音がちゃんとしてないと変な感じになっちゃうから、バランスが難しくて、そこはもうお願いしようと思って組み立てていったんです。ミックスしたら上手くいくよって感じで、曲作りに専念できたんです。
コムアイ : そんなに変わるんだ。

猪八戒の声を出すための歌い方を教えてくれるコムアイ

ーー全然、変わりましたよね。

ケンモチ : 音を新しくするっていうのはソロでもやってきたことではあるんですけど、『わた鬼』で満足できるものが作れたこともあるので、変えるってことに抵抗はなかったかもしれないですね。『わた鬼』は、もうお腹一杯って感じでみっちり作ったから、次はデザートっぽいというか、ちゃっ!! と作ったんですよ。
コムアイ : だって「ライト兄弟」とか3日くらいでできたもんね。
Dir.F : ライトにね(笑)。
コムアイ : 「猪八戒」とかも1日目に「どういう曲にする?」って言って3人で2曲を考えて「このコンセプトでいきましょう」ってアイデアが浮かんだ次の日に曲ができて仮歌を入れて、その次の日にレコーディングしておしまい! みたいな(笑)。
一同 : (笑)。

ーー『わた鬼』のときは、ケンモチさんが大阪から東京に来る深夜バスのなかで、じっくり歌詞を書いていましたよね。

ケンモチ : 今回は「ライト兄弟」とか「猪八戒」とかほんと2日間くらいで考えました。そういう意味では、歌詞のほうが難しかった。だって、曲はないんだけど、先に歌詞をくださいって言われて「そ、そんなバカな!」って(笑)。
一同 : あははは(笑)。

ーーよくまとまりましたね(笑)。

Dir.F : 挫折しかけましたもんね、ケンモチさん(笑)。
コムアイ : 「カーネル、入れたいんですけど…」「いや、無理です!!」ってやりとりがあり(笑)。「もう間に合わないっす」って言ってきても「却下します!」って突き返して。

自分の好きなものをやるってことにしか希望がないよね

ーーあはははは。コムさんは「根拠はないけど多くの人にウケる自信がある」って前から言ってましたけど、実際、状況がそうなりつつありますよね。次はどんなところにいきたいとかっていうのはありますか。

コムアイ : 多分、それにはまた新しい音楽にハマらないといけなくて。小さなクラブに行ってたくさん音楽を浴びていたことは今作への影響としてあったと思うので、「わっ、こんな音楽が楽しいな」「これは踊れるな」みたいなものを新しく見つけにいかないといけない気がしますね。

ーーライヴが終わった後の深夜から遊びにいったり、とにかく遊ぶことに忙しそうでしたもんね。

コムアイ : あ~、あったね。一時期、本当に無理して遊んでいる時があって。その時にまとめて遊んだ後は、どうでもよくなったというか。「あ、私こういうアルバムにしたいんだ」ってケンモチさんたちと共有したら、あとは娯楽になっちゃったというか、そこからは制作をがんばったほうがいいなという気はしましたね。それでも手が出ちゃうけど。もしかしたら交互なのかな? でもやっぱり自分がびっくりするくらいのものを作りたいから、また新しいものを見つけないと、モチベーションが上がらなさそう。

ーー『ジパング』がリリースされた後にそれは見えてくるのかもしれないですね。

コムアイ : でも次もちょっと見えてるな。ふふふふふふ(笑)。次、ドン引きだね、多分(笑)。
Dir.F : 反応は楽しみですけどね。『ジパング』収録曲のMVの反応を見ていると、お客さんの許容範囲って広いなと思いますよ。
ケンモチ : これでウケなかったときのショックはハンパないかもしれないです。これでも世の中には伝わらないのか~って凹むと思うんですよね。ただ、『トライアスロン』のときにコムアイが言ってたんですけど、カンパネラのイメージが面白ラップに固定される前に、何か新しいところにいきたくて。今作ができたことで、6作目はまた変わってもいいって前提ができたんじゃないなかな。もし今作も『わた鬼』のパワーアップ・ヴァージョンとかだったら…。
コムアイ : いやー、本当に動けなくなっていたと思う。

ケンモチ : っていうのがあったので、動きやすくはなりましたよね。次ジャンプするにしても、1回屈伸しないといけないじゃないですか? 膝をきゅっと曲げることで、より高くジャンプできるかなって。だから僕はこれがウケなかったとしても、まあまあそれは進み方としては結果的によかったんじゃないかな。
コムアイ : でもさ、自分の好きなものをやるってことにしか希望がないよね。『わた鬼』もそうだったけど、好きなものを世の中に出して受け入れられるっていうことが大事だと思う。

ーー心がないものは見透かされちゃいますよね。

コムアイ : そう、キラキラがでない。

ーー『ジパング』は、すごく魂のこもったアルバムだと思いましたよ。

コムアイ : は~、また頑張んなきゃ。

ーー次作も楽しみにしてます。

  発売日 2015/11/11

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


>>5thアルバム完成記念企画①タワレコ×TSUTAYA対談
>>5thアルバム完成記念企画②BAYCAMP×サマソニ制作者対談

水曜日のカンパネラ LIVE SCHEDULE

水曜日のカンパネラ・ワンマン・ライヴ・ツアー〈ジパング〉
2015年11月18日(水)@赤坂BLITZ 18:30/19:30 SOLD OUT
2015年11月27日(金)@大阪umeda AKASO 18:30/19:30 SOLD OUT
2015年12月4日(金)@札幌Sound Lab mole 18:00/19:00 SOLD OUT
2015年12月6日(日)@仙台CLUB JUNK BOX 17:00/18:00 SOLD OUT
2015年12月12日(土)@福岡BEAT STATION 17:00/18:00 SOLD OUT
2015年12月18日(金)@名古屋CLUB QUATTRO 18:30/19:30 SOLD OUT
2015年12月23(祝・水)@沖縄ガンガラーの谷・ケイブカフェ 18:30/19:00 ※ゲスト : オオルタイチ
前売 : 3,400円(税込・ドリンク代別途)

水曜日のカンパネラ・ワンマン・ライヴNANIWA! / OEDO!
2016年2月24日(水)@大阪 BIGCAT 18:30/19:30
2016年2月28日(日)@東京 Zepp DiverCity 17:00/18:00
前売 : 3,500円(税込・ドリンク代別途)
オフィシャル先行予約 : 11/18(水) 12:00〜

水曜日のカンパネラ・競演ツアー「ジパング」
2015年11月13日(金)@台湾 高雄駁二 LIVE WAREHOUSE 19:30 / 20:00 w / 黒狼
2015年12月13日(日)@広島 414 17:00 / 18:00 w / tricot
2015年12月19日(土)@神戸 太陽と虎 17:00 / 18:00 w / 吉田一郎不可触世界

〈ジパング・インストアツアー〉
2015年11月11日(水)@タワーレコード新宿店 20:00~
2016年1月9日(土)@TOWERmini盛岡店 15:00~
2016年1月16日(土)@タワーレコード高松丸亀町店 15:00~
2016年1月17日(日)@タワーレコードららぽーと磐田店 16:00~
2016年1月23日(土)@タワーレコード佐賀店 15:00~

水曜日のカンパネラの作品をチェック!!

3名のプロデューサーによるEPをハイレゾ配信中!!

水曜日のカンパネラ / トライアスロン(24bit/48kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 208円 / まとめ購入 555円

【Track List】
1. ディアブロ
2. ナポレオン
3. ユタ



>>>インタヴューその①「ナポレオン」プロデューサー・OBKR
>>>インタヴューその②「ユタ」プロデューサー・オオルタイチ
>>>インタヴューその③「ディアブロ」プロデューサー・kenmochi hidefumi
>>>インタヴューその④ヴォーカル・コムアイ

待望の4th・ミニ・アルバムをハイレゾ配信中!!

水曜日のカンパネラ / 私を鬼ヶ島に連れてって(24bit/48kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 208円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. 千利休 / 2. 桃太郎 / 3. エンゲル / 4. チャイコフスキー〈Interlude-ラモス-〉 / 5. インカ / 6. デーメーテール / 7. ジャンヌダルク / 8. ドラキュラ



>>4thミニ・アルバム完成記念企画①ビレバン、タワレコ、OTOTOYバイヤー座談会
>>4thミニ・アルバム完成記念企画②振り付け師・竹森徳芳への初インタヴュー
>>4thミニ・アルバム完成記念企画③ヴォーカルのコムアイへのインタヴュー
>>4thミニ・アルバム完成記念企画④トラックメイカー・kenmochi hidefumiへのインタヴュー

ヴィレッジヴァンガード限定のカバー・ミニ・アルバム、ハイレゾ版!!

水曜日のカンパネラ / 安眠豆腐(24bit/48kHz)

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 249円 / まとめ購入 800円

【Track List】
1. カンフー・レディー / 2. めぐる季節 / 3. 月灯りふんわり落ちてくる夜 / 4. 星めぐりの歌

>>コムアイの前世を占うために催眠術にかかりにいくの巻

映画をテーマにした3rdミニ・アルバム、ハイレゾ版!!

水曜日のカンパネラ / シネマジャック

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. ミツコ / 2. 二階堂マリ / 3. 義経 / 4. モスラ / 5. ラオウ / 6. ダ・ヴィンチ / 7. ニキータ / 8. ランボー

>>Kenmochi Hidefumiへのインタビューはこちら

CD版とはミックス違いの2ndミニ・アルバムをハイレゾ配信中!!

水曜日のカンパネラ / 羅生門

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. モノポリー / 2. 素子 / 3. 星一徹 / 4. シャア / 5. マリー・アントワネット / 6. アリババ神帝 / 7. 不二子 / 8. 竹久夢二

>>コムアイ、Dir.Fへのインタビューはこちら

お待たせしました!! ヴィレッジバンガード下北沢店限定の1stミニ・アルバムをハイレゾ配信スタート!!

水曜日のカンパネラ / クロールと逆上がり

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,440円

【Track List】
1. パフ / 2. お七 / 3. ゴッホ / 4. テンテン / 5. 浮雲 / 6. ヒカシュー / 7. マチルダ / 8. マルコ・ポーロ / 9. ネロ


エロスの連載を振り返っておこう

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第一弾シングル

水曜日のカンパネラ / モスラ(幼虫Ver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メイカー、Kenmochi Hidefumiによるモスラをテーマにしたトラックと、そこに乗っかるコムアイのエロスをモチーフにしたリリック。連載第一弾配信シングルにして、すでに最高傑作ともいえる湿気たっぷりのエロス・ソング!! 怪しくくぐもったサウンドにエモーショナルな鍵盤が絡まるロマンティックでエロティックな楽曲にときめきを感じてみては? 水曜日のカンパネラが羽化していくことを予感させる名曲!!

>>第一回『モスラ対ゴジラ』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第二弾シングル

水曜日のカンパネラ / ラオウ

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メイカー、Kenmochi Hidefumiによる北斗の拳をテーマにしたトラックと、そこに乗っかるコムアイのエロスをモチーフにしたリリック。連載第二弾配信シングルにして、エロス・ソングとしては最大の問題作。

>>第二回『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第三弾シングル

水曜日のカンパネラ / ミツコ(セーラー服ver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メーカーKenmochi Hidefumiによる『恋の罪』をテーマにしたトラックと、コムアイのエロスをモチーフにしたリリックが結実した、連載第3弾配信シングル。水カン至上最も難産となった1曲にして、現時点での最高傑作。不穏なイントロとくぐもったサウンドでスタートする本曲は、ぐるぐる城の周りを歩いているように、辿り着きそうでつかない雰囲気が醸し出された内容となっている。水曜日のカンパネラが、新境地を切り開き、次のフェーズへ踏み出すためのきっかけになるであろう作品。

>>第三回『恋の罪』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第四弾シングル

水曜日のカンパネラ / ニキータ(若気の至りver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メーカーKenmochi Hidefumiによる『ニキータ』をテーマにしたトラック&リリック、それをコムアイが歌った連載第4弾配信シングル。静かにゆったりはじまるサウンドスケープから一転、軽快なドラムンベースが疾走感をもたらす。映画のストーリーを示すリリックとあわさることで妙な哀愁がただよう、これまでの水曜日のカンパネラにはない1曲。

>>第四回『ニキータ』の考察ページはこちら

OTOTOY限定のSPECIAL Editionも配信中!!

ここでしか手に入らない限定版

水曜日のカンパネラ / ノルウェイの盛り

【価格】
wav 単曲 200円 / まとめ購入 400円
mp3 単曲 150円 / まとめ購入 300円

【Track List】
1. モノポリー
2. ものぐさ太郎
3. 素子

PROFILE

水曜日のカンパネラ

2012年、夏。初のデモ音源「オズ」「空海」をYouTubeに配信し始動。

「水曜日のカンパネラ」の語源は、水曜日に打合せが多かったから… と言う理由と、それ以外にも、様々な説がある。当初グループを予定して名付けられていたが、現在ステージとしてはコムアイのみが担当。それ以降、ボーカルのコムアイを中心とした、暢気でマイペースな音楽や様々な活動がスタートしている。

コムアイ
担当 : 主演 / 歌唱
1992年7月22日生まれ。
神奈川県出身。

成人しても未だ「クロール」と「逆上がり」ができないという弱点を持つ。
高校生時代には、いくつかのNGOやNPOに関わり活発に動き回る。
サルサ・ダンスに毒され、キューバへ旅し、同世代100人のチェキスナップとインタヴューを敢行。
その後は、畑の暮らしを体験したり、たまに海外へ。
最近は、鹿の解体を習得中。
好物は、今川焼と明石焼といきなり団子。

また、“サウンド・プロデュース”にKenmochi Hidefumi。
その他、“何でも屋”のDir.F。
などが、活動を支えるメンバーとして所属。

>>水曜日のカンパネラ オフィシャル HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.