根っからのミュージック・ラヴァーたちが創る音楽!ーーCICADA、1stフル・アルバムを先行フル試聴

ヒップホップやR&Bといったブラック・ミュージックと、トリップ・ホップやエレクトロニカのミニマルな要素を組み合わせたサウンドに、紅一点の女性ヴォーカリスト・城戸あき子の歌声が乗る、都会的で上質なポップ・ミュージック。そんな音楽的嗜好性を明確に持った5人組バンド、CICADA(シケイダ)が、1stフル・アルバムをリリースする。2014年には〈りんご音楽祭〉に出演したり、DE DE MOUSEやコトリンゴと共演するなど、各地のフェスやクラブで反響を呼んでいる。そんな彼らの同作をOTOTOYでは2月4日よりハイレゾ配信、それに先駆け全曲フル試聴を行なう。メンバー全員のルーツに迫ったインタヴューとともに、新しいポップ・ミュージックのはじまりに耳を傾けていただきたい。

まずは下記から全曲フル試聴してみよう

レーベル para de casa  発売日 2015/02/04

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

ハイレゾ配信は2015年2月4日スタート!!


CICADA / BED ROOM(24bit/48kHz)

【発売日】2015年2月4日(水)

【Track List】
1. ふたつひとつ
2. Naughty Boy
3. 君の街へ
4. 夜明けの街
5. フリーウェイ
6. 月明かりの部屋で
7. Colorful
8. 雨模様
9. あなたの影
10. 熱帯魚
11. door


INTERVIEW : CICADA

2014年は、森は生きているやYogee New Wavesなど、はっぴいえんどをルーツにあげる若いバンドたちが大きく飛躍した年だった。それと同時並行的に、ブラック・ミュージックを取り入れ、日本人ならではの感覚で昇華したSuchmosやSANABAGUNといったバンドも少なくない数産まれていた。2015年は、そうしたバンドたちが日本の音楽シーンを彩ってくれそうな予感がしていて、いまから楽しみで仕方ない。本特集にて紹介するCICADA(シケイダ)という5人組もまた、ブラック・ミュージックの感覚を現代風に変換し、ポップ・ミュージックとして描いてみせたモダンでセンスに溢れるバンドである。マッシヴ・アタックをキーワードに集まった5人の音楽ルーツは、ほとんどが海外からの音楽、そしてヒップホップやファンク、AOR、フュージョンといった、ロック・バンドとは違うところから来ている。そして、とにかく探究心が旺盛で根っからの音楽好きという言葉がぴったりのメンバーたちである。そんな彼らの音楽嗜好に、無機質なミニマル性、艶っぽい女性ヴォーカルが加わることで、都会的なサウンドとアダルトな雰囲気を醸し出している。インタヴューでは、彼らに影響を与えた音楽について、本作についてじっくり話を訊いた。これからが非常に楽しみなバンドが、世の中に飛び立つ。音楽がとにかく好きで仕方ないという人にこそ、彼らの音楽が伝わることを願ってやまない。

インタヴュー & 文 : 西澤裕郎
写真 : 雨宮透貴

マッシヴ・アタックとか、日本でいうとACOのような音楽をやりたくて

ーーCICADAは2012年冬の結成ということですが、この5人はどういう繋がりで集まったメンバーなんでしょう?

若林とも(以下、若林) : mixiですね。

若林とも

ーー mixiの掲示板ですか?

木村朝教(以下、木村) : そうです。募集版みたいなところで若林が募集を始めたんですけど、及川だけはちょっと違って。
及川創介(以下、及川) : 僕は木村から誘われたんですよ。間にもう1人知り合いがいて、知り合いの知り合いという感じで繋がっていきました。

ーーちなみに、掲示板にはどういうことをやりたいと書いていたんですか?

若林 : トリップホップをやりたいって書いていました。マッシヴ・アタックとか、日本でいうとACOのような音楽をやりたくて。トラックは無機質だけど、ヴォーカルは柔らかいメロディーが乗っている。そういう音楽をやりたくて募集をしたら、彼女(城戸あき子)から応募がきて、カラオケに行って歌ってもらった約100人のなかから決めました。

ーー100人ってすごいですね。ちなみに、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんも、mixiで募集してindigo la Endを作ったって以前話してくれて、音楽で食っていくってことをすごく意識していたんですけど、CICADAをはじめるにあたって、そういう食っていこうみたいな部分も考えていましたか?

若林 : ばりばりに売れたいのでメジャー志向とか書いてましたね。本当に音楽でご飯食べたいので、そういう気持ちです。もちろん、いい曲を作ればどうにかなんだろうって想いが一番強いですけど。
及川 : 僕も曲資本でしか考えていないというか考えれないです(笑)。木村は"CICADA外交官"みたいな感じなんで、いろんな人とのネットワークを作れたりするけど、若林は外交力が皆無なんで。そういう意味でもメンバー間で役割が分かれているからバランスは取れてると思うんです。まぁ、でも曲のことしか考えてないです。

ーー楽曲に対する自信が原動力にあるわけですね。そうしたCICADAの核となる楽曲製作は、若林さん発信になるんですか?

若林 : そうですね。創介くんもやってますけど。
及川 : 半分づつくらいですね。
若林 : 創介くんは、DTMですっごく上手に曲作るタイプ。僕は弾き語りで、お願いしまーすってメロディーだけ投げるっていう感じですね。

ーー最初にマッシュヴ・アタックって名前が出ましたが、みなさんがそれぞれ普段聴かれている音楽を教えてもらえますか。


Massive Attack「Teardrop」

木村 : 新しい音楽が一番好きなのは若林で、いつもタワレコの袋を持っていて「買った買った」って言っています。

ーー最近買ったもので、おもしろいと思うものはありましたか?

若林 : 最近買ってよかったのは、アリエル・ピンクとアリアナ・グランデですね。

ーー逆に日本だと誰を聴きますか?

若林 : UAさんとか一十三十一さんとか青葉市子さん。あとASIAN KUNG-FU GENERATION、くるりとかかな。基本的に日本は女性ヴォーカルが好きです。海外には女性も男性もいい声だなと思う人がいますけど、日本で特にいい声だなって思う男性ヴォーカルはいなくて。だから女の人ばっかりですね。柔らかい声が好きなんですよね。

ーー櫃田さんはどんな音楽が好きですか?

櫃田良輔

櫃田良輔(以下、櫃田) : 僕はこのバンドでヒップホップを教えてもらって。ロバート・グラスパー・エクスペリメントの『ブラック・レディオ』っていうアルバムから自分のドラムが変わっていた感じがしています。そこからザ・ルーツが好きになったりもしましたし、ヒップホップや決まったループのトラックのものを聴いています。本当に突き詰めていくとリズムももちろんなんですけど、音のよさっていうのが自分のなかでわかってきたなと思っていて。ヒップホップの人が作るトラックの音って、シンプルなのにかっこよくて濃い感覚がして。それが僕のなかで憧れになっています。


Robert Glasper Experiment feat. Yasiin Bey "Black Radio"@the Highline Ballroom 2/28

ーードラムの肉体感というよりも、そこでの鳴りとかに関心があるわけですね。

櫃田 : そうですね。後ろで鳴ってるサウンドのかっこよさを、このバンドでももっと追求していって誰もできないようなトラックを作っていけたらいいなとすごく思っていて。いまそういう音楽が好きでよく聴いていますね。

ーー城戸さんはどんな音楽を聴いていますか?

城戸あき子

城戸あき子(以下、城戸) : 私はエリカ・バドゥですね。今まではJ-POPの女性ヴォーカル・アーティストばっかり聴いてたんですけど、メンバーからすごく勧められて。エリカ・バドゥは表現力がすごくて。〈StarFes.'14〉に木村と行ってきたんですけど、出てきた瞬間からステージの上で放つ圧倒的な表現力とか主役感が、すばらしいなと思っています。


Erykah Badu「Window Seat」

ーー他にそういうアーティストはいましたか?

城戸 : 他はケンドリック・ラマーを教えてもらって。自分でも最近ヒップホップを歌う曲が出てきたりしたので、ヒップホップのアーティストも最近聴いています。

ーー木村さんはどうでしょうか。

木村 : 僕はソウルとファンクとフュージョンが元々好きで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズとランシドが好きでベースを始めました。レッチリとかで昔プロデューサーをやっていたジョージ・クリントン経由で、パーラメント、スライ&ザ・ファミリー・ストーンとかを好きになって。後期のスティーヴィー・ワンダーとか、ソウル・ミュージックとかジャズ・ファンク、ベイカー・ブラザーズとか、そういう白人・黒人問わずソウルのある音楽というのがすごい好きで、今でもそういうのはよく聴きますね。

木村朝教

ーーどういうところに惹かれたんですか?

木村 : フュージョンとかは、難しいことをやっている部分よりも、ドラムとベースがピタッとハマったときの気持ちよさ。グルーヴっていってしまえばそうなんですけど、そういうのが気持ちいいんですよね。


Sly & the Family Stone LIVE ! on soul train「Thank you」

ーーでは、及川さんの聴いている音楽を教えてもらえますか?

及川 : 考えていたんですけど、最近あんまり音楽を聴いてないんですよね。「NARUTO」の動画ばっかり観てました。

ーー「NARUTO」の動画?

及川 : 戦闘シーンばっかり集めたやつ。
一同 : (笑)。
及川 : 九尾のチャクラがかっこいい。
櫃田 : 黒くなるやつ?

及川創介

及川 : そうそう。音楽に関しては、ぱっと出てこないんですけど、プロエラはかっこよかったですね。おれもヒップホップが好きなんで、ジョーイ・バダスとかスクールボーイ・Q とか、トラック色のある最近はやりのやつは聴いています。ケンドリック・ラマーの一番新しいのが、カントリーとかアコースティックっぽい感じでよかったなあ。でも、レディオヘッドが一番好きで、サブモーション・オーケストラとかエレクトロニカも好きです。ビョークとかエフタークラングとか。


Radiohead「Planet Telex (Live at Coachella 2004)」

ーーちなみに、それぞれが好きな音楽って、メンバー間でどうやって共有していますか?

木村 : LINEにYouTube貼ったりとか。
城戸 : ひたすら貼られてるから、貼られたらとりあえずすぐ見るみたいな感じで、それを観て「ほお」ってなります(笑)。

5分間ノリをキープするっていうのはCICADAの一つの美学

ーーインタヴュー前に立ち話で聞こえてきたんですが(笑)、いい曲は書けるけどオリジナリティーっていうところで苦戦しているって言ってましたよね。CICADAは現在オリジナリティーっていうところで模索してる部分ってあるんですか?

若林 : リリースするアルバムに入ってる曲は上手にできた曲が入っているんですけど、上手にできるっていうのがコンスタントにできていないのと、あんまり曲作るの早くないのでっていうところが課題ですね。

ーーただ、本作に収められている11曲は、結成してからの集大成じゃないですけど、それくらいの感覚はあるんじゃないですか?

木村 : いや、そんなかっこいいものじゃないですよ。
櫃田 : とりあえず限界です、これが。
木村 : そのときの限界。
若林 : もっと上がるけど、これを作ったときの限界まではやったっていうアルバムです。


CICADA「Naughty Boy」

ーーちなみに一番新しい曲っていうのは、どれですか?

城戸 : 一番最後にでてきたのは…「雨模様」?
及川 : いや、一番最後にできたのは7曲目。
城戸 : 「Colorful」か。そうだ。

ーーこれは、いつくらいに作った曲なんですか?

櫃田 : レコーディングの1週間くらい前。
若林 : たしかに暑かったな、レコーディング。
城戸 : 夏だっけ?
若林 : そうだよ。扇風機が回ってて。
城戸 : そうだ。めっちゃ暑かった。
若林 : だから8月ですね。

ーーじゃあ、レコーディングしてから半年くらい経ってのリリースってわけですね。なんでこんなに時間がかかったんでしょう?

及川 : レコーディングをしてからが大変だったんです。
若林 : 今回ミックスは全部、及川がやってるんですよね。
木村 : 地獄だったよね。
若林 : 絶望的なミックスしてたよね。

ーーどこが大変だったんですか?

及川 : なんて言えばいいんですかね…。いろんな理想とするものっていうのがあるじゃないですか? それに対して実際の音のズレがある。それを埋めすぎてしまうとバンドで表現しているものとは遠ざかってしまうし、遠すぎてしまうものは作品にならない。そこの距離をどのくらいまで縮めるかっていう作業をしたって言い方をしておきます。ロバート・グラスパーがライヴをしている音源やレコーディング映像とかがあるんですけど極めて一発なんですね。ただ、それは揺れないんですよ。1曲5分だったら5分間ノリを続けられる。そういうようにして5分間ノリをキープするっていうのはCICADAの一つの美学なんですね。でも、いざそれをやってくださいってなったら難しいことで。上手な人たちは、機械的にやるんじゃなくて温度感はちゃんとあるんですよね。そこを出したかったんですよ。そういう作業がめちゃくちゃ大変だったんです。


CICADA「door」

ーー揺れの部分と無機質な部分との間で、落とし所をみつけるのに時間がかかったわけですね。

及川 : このアルバムを作る前に6曲1発録りの音源を無料配布したんですよ。それは本当にマイクを立てて、せいので鳴らしてっていう生感があって、多少のズレとかはむしろよく感じられるものだったんですけど、いざしっかりと録っていくと、そのズレはいい温度にはならなかったですね。でも、いいところもすごく多かったんで、それを基準にやっていったんですけど、なかなか難しかったです。

ーーその間、メンバーのみなさんはそこに立ち会ったり、聴いたりもしつつやったんですか?

若林 : 立ち会ってっていうわけではなくて、例えば「door」って曲だったら、「door1」「door2」「door3」って形でデータでわーって送られてくるんですよ。自分のなかでも「どうしよう?」っていうのが出てくると、みんなのところに投げてっていくって作業が行なわれて。
木村 : かなりやったよね。
一同 : うん。
及川 : いつの間にか外の気温が寒くなってたからね(笑)。
木村 : 季節が変わった。

ーーさっきおっしゃってたように、それがCICADAの美学に近づく作業であったってことですよね。

及川 : そうですね。

ダサいアレンジにしたくなります(笑)

ーーそれこそ、フライング・ロータスとかって、敏腕のジャズ・ミュージシャンがレコーディング収録した演奏をコンピューターで切り刻んで再構築したりするわけじゃないですか。そういうのに近い作業でもありますよね。

及川 : そうですね。そこまではいかないけど、その気持ちはよくわかります。プレフューズ73とかも同じ手法じゃないですか。ヴォーカルをかなり崩して、原曲がわからなくなるくらいまで構築して新しい曲を作るとか、マシュー・ハーバートとかの気持ちもわかりますね。すぐ脱線したくなっちゃうというか、若林よりいいアイディアすぐ出ちゃうんで。
若林 : でも、おれの方がかっこいい!

ーー(笑)。若林さんと及川さんはプライドのぶつかり合いみたいなのがバンド内ではあるんですか?

城戸 : よく、お互いの力は拮抗していると信じてますよね。
若林 : 俺は詞も書けるじゃん。
及川 : 詞だけじゃね? 彼がいい曲を作ると嫌ですね。ダサいアレンジにしたくなります(笑)。

ーー足の引っ張り合いですよ、それ(笑)。それは冗談としても、そういう関係っていいじゃないですか。バンド内で曲を作るために切磋琢磨するっていうのは。

及川 : そうですね。みんな役割がすごく分かれてるというか。でも、みんな向いてる方向は一緒なので、こういうぶつかりっていうのはすごくいいなって思います。

ーー本作は2月4日のリリースですけど、録ったのは半年以上前ということで、バンドとしては次のところに向かっているんじゃないですか?

木村 : そうですね。次の早く出したいくらいですね。
若林 : 早く作りたい。もっとすげーし!! っていうのを人に見せたいですね。

ーーまだまだもっとできるっていう感じですか?

若林 : これで限界だったら、音楽でご飯は食べていけないので。

ーー次の作品はいつくらいに出せそうですかね。

木村 : 今年中にはもう1作出したいなっていうのはあるんですけど、どういうふうになるかな…。
櫃田 : 夏かな。すぐレコーディングしようよ!
木村 : 本当は『BED ROOM』を出すまでに、次のレコーディングを終わらせようって勢いはあるんですけど、いまは頑張って作曲してるのでね。それ次第かな。
若林 : …。
城戸 : 声がちっちゃくなっちゃった(笑)。

ーー全然聞き取れなかったです(笑)。最後になるんですけど、CICADAっていう名前には何か意味はあるんですか?

若林 : 僕、ゲームが大好きで。「フロントミッション」っていうゲームの機体がヴァンツアーっていうんですけど、シケイダっていうのがあって、それがめっちゃかっけーなと思って。字に書いたらシャネルのロゴみたいじゃないですか? それで、これだ!! と思って。
櫃田 : 以上。
木村 : そこだけはほんと頑なに変えなかった。

ーーそうなんですね(笑)。変えようっていう案もあったんですか。

木村 : ガンガン言いましたよ。
櫃田 : もう一個なんだったっけ?
城戸 : エンリケ。
一同 : (爆笑)。

ーーエンリケってどういう意味ですか?

若林 : エンリケは日本でいうスペイン語の太郎みたいなものです。ジョンとか太郎とかエンリケ。

ーーCICADAは「好きだから」「かっこいいから」っていう理由がわかるんですけど、エンリケってよく意味がわからないなあ、と…。

若林 : もっと深く考えてください!! かっこいいっていうのがわかるので。
一同 : (爆笑)。

RECOMMEND

Suchmos / Twice(Day)(24bit/96kHz) / Twice(Night)(24bit/96kHz)

FUJI ROCK FESTIVAL '14「ROOKIE A GO-GO」2日目のトリを務め、各地のライヴハウスには関係者が集うなど、耳の早いリスナーから注目を集めている湘南・茅ヶ崎出身のバンド、Suchmos。ディアンジェロ、ジャミロクワイ、J・ディラの3アーティストをファイバリットにあげ、ソウルやジャズ、ヒップホップからの影響をバンドに落としこんだクールでモダンな高い演奏技術はまさに本物。このたび、2014年ライヴ会場限定でリリースされた2作のEPを、OTOTOYにてハイレゾ配信スタート。

>>特集ページはこちら

Especia / GUSTO

色とりどりのオシャレな洋服で身をまとい、最高にクールなシティ・ポップ、ディスコ・トラックに乗ってかけ巡る、大阪は堀江系アイドルEspecia(スペイン語で“スパイス”を表す)。このたび彼女達にとって初であるフル・アルバムが完成!! スペイン語で“味”を意味するアルバム・タイトル『GUSTO』の名の通り、奥行き豊かなで清涼感のある風味に、ほどよい“スパイス”が散りばめられた今作からは彼女達のこれまでとこれからが凝縮された一品である。

>>特集ページはこちら

us / QUARTZ

結成から5年、試行錯誤を繰り返し育まれたバンドの個性と、その多様性が存分に詰め込まれた1stアルバム。一曲一曲が強烈な個性を持ちながら、普遍的なメロディーを内包している。エレクトロニカを表現の基盤としながらも、”歌”を重視した本作は、多くのリスナーに受け入れられることだろう。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

CICADA×MISTAKES presents『Scene I LOVE』
CICADA : ~1st Full Album『BED ROOM』release party~

2015年2月6日(金)@Shinjuku MARZ
料金 : ADV / DOOR ¥2,500 / ¥3,000 (1drink)
時間 : OPEN / START 18:00 / 18:30
【LIVE】CICADA / MISTAKES / Fragment(guest) / TAMTAM(guest) / 阿佐ヶ谷ロマンティクス
【DJ】星原喜一郎(DJ) / KOTOBA SELECT(DJ)

PROFILE

CICADA

2012年12月 サポート・メンバーを迎えCICADA活動開始。
2013年2月 1stシングル『ep』を発売。(sold out)
2013年4月 ドラム櫃田、8月、キーボード及川が加入し現在のCICADAとなる。
2013年9月 ミニ・アルバム『Eclectic』を発売。初のツアーを行い、下北沢にて初の企画ライヴを行う。
2013年12月 ROCK IN JAPANのRO69JACKに入賞。
2014年4月 DE DE MOUSEやCharisma.com、YMCKのO.Aで出演し、クラブ・シーンからの強い支持を受ける。
2014年6月 SAKAE-SPRING2014出演。
2014年6月 初の2マン・ライヴを行う。
2014年7月 限定無料アルバム『BLUE NUDE』配布開始。
2014年9月 りんご音楽祭出場。
2014年11月 代官山LOOP × DE DE MOUSE × コトリンゴにO.Aで出演。
2015年2月 1st Full Album『BED ROOM』発売決定。

HIP HOPやR&B等のブラック・ミュージックと、Trip HopやElectronicaのミニマルな要素で作られたサウンドに、城戸のボーカルが上質なJ-POPを構築する。東京のアンダーグラウンドから生まれた新しいサウンドは各地のフェスやクラブで反響を呼んでいる。

>>CICADA Official HP

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事