OTOTOY編集長・飯田仁一郎が語るAureoleの魅力とは?ーー約2年9ヶ月ぶりの4thアルバムを1週間先行ハイレゾ配信

飯田仁一郎

kilk recordsを主宰する森大地が率いるAureoleが、2年9ヶ月ぶりとなる4thアルバム『Spinal Reflex』を2015年6月10日にリリースする。これまでの「内向的な心の中の音楽」から「感覚を刺激する外へ解き放たれた音楽」へ。バンドとしての肉体感とグルーヴにうごめく作品へと大きな進化を遂げた。2015年3月にはタワーレコード渋谷店をジャックしライヴ・ベスト・アルバムをリリースするなど、自分たちならではの仕掛けを見せて話題を呼んだ彼ら。OTOTOYでは本作を1週間先行でハイレゾ配信。より多くの人に聴いていただきたい想いから全曲フル試聴も実施する。そして、7年以上の付き合いで森のことを1番よく知るOTOTOY編集長・飯田仁一郎がAureoleを、そして森大地を語った。このバンドの燃え尽きることのない情熱に耳を傾けてみてほしい。

待望の4thアルバムを1週間先行ハイレゾ配信スタート!!

Aureole / Spinal Reflex

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC : 単曲 216円 / まとめ購入 2,160円
AAC / mp3 : 単曲 162円 / まとめ購入 1,620円

【Track List】
1. I / 2. Core / 3. Closetsong / 4. The House Of Wafers / 5. Pearl / 6. Hercules / 7. Edit / 8. Inner Plane / 9. Brighten / 10. In Light / 11. Ghostly Me / 12. Last Step

『Spinal Reflex』をCD発売日まで全曲フル試聴実施!!

レーベル Kilk Records  発売日 2015/07/02

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

森さんがロックにこだわれたってことは、かっこいいことだなと思って

ーーずばり訊きますが、『Spinal Reflex』を聴いて率直にどう思いましたか?

飯田仁一郎(以下、飯田) : いや、素晴らしかったです。 特にアルバム最終曲「Last Step」。前作よりも全員のビート感が似てきてリズムが細かいなと思ったんですけど、最後にテンポが落ちるじゃないですか? なので、音的には1番印象に残ってます。それがこのアルバムのいいところでもあるし、アルバムとしてもうちょっとバラエティに富んでもいいのかなと思った部分もあるんですよね。

Aureole

ーーたしかにバリエーションは、今までで1番固めた感はありますね。

飯田 : 総じて、森さんのオルタナティブな姿勢、常に挑戦して新しいものを生み出すべきだという部分に感銘を受けています。その上で言いたいんですけど、今日森山公一さんがUstreamでOTOTOYに来てくれて、すごくいい歌を歌っていかれたんですよ。歌の強さを感じた。それを聴いていて、Aureoleの飽くなきトラックへの挑戦にすごいメロディが載せられたとき、世界一のバンドになれると思いました。

ーーそれはかなり具体的な指摘ですね。

飯田 : 「Last Step」は歌がいいんですよ。このアルバムを聴いていて「森大地、お前の心の叫びを聴かせてくれよ」っていう気持ちが出てきた。イメージとしてはそんな感じかな。やっぱりポスト・ロックからは脱したい気持ちはあったんじゃないかなと。僕の中では、前作も今作もポスト・ロックから脱しようとあがいているAureoleの感じがすごく好きで。その音楽が持つ時代性ってあるじゃないですか? このアルバムではリズムに対して挑戦していて、そこが素晴らしいなと思ってます。


Aureole「Core (official music video)」

ーーそれこそ、飯田さんはOTOTOYでアイドルの取材もすれば音楽も聴いて、ロック以外の盛り上がりを感じると思うんですね。音楽を評価する上での基準みたいなものはあるんでしょうか。

飯田 : 僕は、オルタナティヴ・ミュージックの“新しいものを生み出して行く”部分が好きで、ずっと追いかけてきたんです。でも、ある時からアメリカやイギリスが、オルタナティブを、以前に比べてあまり生み出さなくなった。僕自身は、新しい音楽を作る人たちが一番すごいと思っていて、新しい音楽に出会えた時一番興奮することを理解したんです。そうやって自分を客観的に見れるようになった後、音楽を平均的にみれるようになって。つまり自分が好きな音楽は、たったそれだけの音楽なんです。新しいものを生み出そうとしてる人たちが最上級。その自分の幅の狭さを知った時に、いろんな音楽が好きになって平らになったんです。逆を言うと、音楽に拘りがなくなった時に、新しい音楽かどうか? だけでなく、いい音楽かどうか? や心に響く音楽かどうか? っていう部分が非常に重要になってきました。

ーーAureoleの音楽から、その新しいものを生み出そうという挑戦を感じたと。

飯田 : 森さんが挑戦しようとしている“おもしろさ”は感じましたね。ただ、それはHave a Nice Day! の面白さとは違うんです。ハバナイってめっちゃくちゃ音楽に詳しいんですよ。それこそネットの音楽をずっと漁って、いろいろ俯瞰して見て、自然に新しい音楽を生み出しちゃうタイプ。森さんの場合は、レコ屋的な触れ方はしていないじゃないですか? このアルバムは、森さんがピュアに「俺はロックを進めてやるぜ」っていう気合いを感じる作品で、それが実はすごいいいなと思ったんです。たぶん、すごく早い人たちって、もはやロックにこだわらないんですよ。でも森さんがロックにこだわれたってことは、かっこいいことだなと思って。

ーーそれは前作に感じたものとは違うものですか?

飯田 : 前作は、ロックに挑戦してるって感じはしなかったかな。それよりメンバーのベースがすごくいいとか、ドラムがいいとか、メンバー同士の絆があるみたいなことをすごく感じました。今回に関しては、ロックに挑戦してやろうって気合いを感じた。あとは、やっぱし歌かな。歌がもったいないなって思ったな。

ーーもったいないっていうのは?

飯田 : 歌詞が聴きたかった。逆にもしなくすのであれば、歌詞がなくてもいいんだっていう説得力がなきゃダメで。例えば、ストラグル・フォー・プライドっていうバンドはヴォーカルがめちゃくちゃ小さいんですよ。なんなら歌ってるのかどうかも聴こえない。でも歌詞カードを開いた時にものすごく詩的なことだったり政治的なことが書いてあって、その時にわーすげー!! ってなる。それは歌詞の持ってる武器だと思っていて。そういう武器にできないのであれば、僕は使うべきじゃないかなと思っています。聴こえないっていうのが武器であるならいいんだけど。

ーーそれを武器にしているという可能性もあるんじゃないかなと思いますが。

飯田 : でも僕は、森さんの歌詞が聴こえてきた方が武器になるなと思った。そこに意味があってもなくても。なんでかっていうと、ビート・ミュージックだから。歌詞は意味っていう以外にビートでもある。それは言葉のビートとかであって、日本語がふわっと聴こえて来た時にはっとするんですよね。


Aureole「Ghostly Me (official music video)」

ーーその上で、ビートと歌詞の内容にもっと必然性が欲しいってことですか?

飯田 : もっと単純かも。聴こえていいじゃん!! って。日本語で歌ってるのが英語に聴こえてしまうっていうのはどうなんだろなあ。そこで、Aureoleの世界を作ることができるかだと思うんですよね。バンド・アレンジ、アンサンブル、リズムに関しての進化が半端無かったので、じゃあ次に歌がどう絡んでくるかってところが超楽しみです。それが見たいし、見た時にAureoleが世界を変えますよ。

その純粋さって、音楽をする上ですごく大事なことだと思うんですよ

ーーAureoleとOTOTOYの付き合いはもう7年以上ですが、その間に森さんは大宮に自身のライヴハウス“ヒソミネ”を立ち上げたり、コッテルなどのソロ・アーティストをプロデュースしたり、バンド以外のこともかなり挑戦的にやられていますよね。経営的な視点を経たことで、Aureoleの音楽にも変化を感じますか。

飯田 : むしろ、変わらなく好きなものがあるところが、Aureoleの好きなところなんですよ。本当にピュアなんです。これ、上手く伝わるか分からないんですけど、Aureoleっていうフォーマットから脱して、新しいことをした方が森さんくらい音楽を聴いている人にとっては楽なんですよ。でもそれをしないじゃないですか。さっき話していたみたいに、Aureoleが実はロックのフォーマットに拘ってやっていたり、ヒソミネが利便性の良くない場所でやってしまったり、すごい純粋だなと思って。その純粋さって、音楽をする上ですごく大事なことだと思うんですよ。だいたい、上の人間になると辞めちゃうんですよ。

ーーそれはなぜですか。

飯田 : 音楽において、純粋でいられなくなるから。そういう意味では、森さんは経営者に間違いなく向いてないです(笑)。でもミュージシャンとしては素質がある。森さんが職業ミュージシャンになるのは俺は成功すると思います。トラックも作れるし。

ーー飯田さんもミュージシャンであり経営者である点という部分では近いのかなと思います。

飯田 : 僕は20代の頃、売れたくて売れたくて仕方なかったんです。海外ツアーも周って、ほんとに必死で売れたかった。でも30代になってOTOTOYの編集長という役職を与えてもらったり、リアル脱出ゲームで成功したりしたことによって、売れるってことから解き放たれたんです。それは良い意味で牙は剥かれたってことだと思っていて。もちろんいいことじゃないこともいっぱいあるだろうけど、でも実際そうだと僕は思っていて。すごい俯瞰して見て自分の好きな音楽も分かったし、アイドルも全然自然に推せる。その部分は俺がピュアになりきれない部分だとも思う。

ーー音楽をより広く、芸術という視点以外でも考えるようになったと。

飯田 : OTOTOYをやってるのもあるけど音楽をビジネスにしたいと思う。その気持ちはある。自分たちの周りのメンバーを見た時にそういうビジネスをするタイプじゃないし、僕はビジネスをするタイプだってことがわかったときがあって、そういう状況を含めて幸せだという結論を出したんです。そして、そういう方向に向けて突き進めた。だからこそ、いますごく客観的に見れるんですよ。

ーーそんな飯田さんから見て、森さんはどう見えるんでしょう。

飯田 : 20代の僕と同じようにすごくあがいている。でも、僕より全然可能性がある。それはDTMが使えること、曲が作れること、歌が歌えることなど、いっぱいある。実は僕も「飯田君は音楽だけしとけば成功したかもしれないよ」って言われたことがあるんですよ。その時にそっちの道を選ばなかったし、もし選んでたらどうなると思うって言われたこともあります。だから森さんもそういう分かれ道がきて、森大地としてプロの作曲家、プロの音楽家としてやっていくタイミングが来るかもしれない。もちろん、森さんが今選んでる道を発展させていって、ミュージシャンもやりながら、レーベルもやる、ライヴハウスもやるって立場で上がってく可能性も全然あると思います。そのピュアさを持ち続けている限り大丈夫なんじゃないかなって。

取材 & 文 : 西澤裕郎

Aureoleのワンマン・ライヴが決定!!

Aureole "Spinal Reflex” Release Party

2015年7月2日(木)@代官山UNIT
時間 : 18:30 OPEN / 19:30 START
料金 : 前売 2,800円 / 当日 3,300円(1DRINK 別途)
出演 : Aureole
問い合わせ先 : UNIT(03-5459-8630)
チケット予約 :
Aureole公式ページ http://goo.gl/19YfmA
プレイガイド(ぴあ / ローソン / e+)の発売は後日発表

Aureoleの作品アーカイブはこちらから

>>『Reincarnation』リリース時インタヴュー・前編
>>『Reincarnation』リリース時インタヴュー・後編

PROFILE

Aureole

2007年結成。森大地(Vo/Gt/Prog)、岡崎竜太(B)、中村敬治(Gt)、中澤卓巳(Drs)、saiko(Syn&Flute)、佐藤香(Vibs&Glocken)の6人組バンド。都内を中心にライヴ活動を行っている。ポストロック、エレクトロ、クラシカル、ミニマル、プログレ、サイケ、民族音楽、ダブステップなどを通過した奥深いサウンドと「歌モノ」としての側面、この二つの要素が違和感なく融合したサウンドが特徴。2009年にNature Blissよりデビュー・アルバム『Nostaldom』をリリース。青木裕(downy、unkie) をゲストに迎えたこの作品は、各方面から多くの支持を得た。2010年にはVoの森大地が主宰するレーベル、kilk recordsより2ndアルバム『Imaginary Truth』を発表。『今後の日本の音楽シーンのキーマン』と称され、一層の注目を集めた。2012年には3rdアルバム『Reincanation』をリリース。同作品のレコ発ライヴとなる渋谷o-nestワンマン公演ではソールドアウトを記録。2014年11月には2年ぶりとなるフリーの配信限定シングル『Ghostly Me / The House Of Wafers』をリリース。一晩で1000以上のダウンロード数を獲得する。2015年3月、ライヴ・アレンジでリテイクしたベスト・アルバム『Awake』をタワーレコード渋谷店限定でリリース。タワーレコード渋谷店をジャックした前代未聞のハッシュタグを活用したO2O施策「Hashtag Awake」が大きな反響を呼んだ。

>>Official HP

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月17日・自由なる電子音の戯れ──ケンイシイ、フレア名義の作品をハイレゾ配信開始 世界中のテクノ・シーンでその名が知られるケンイシイ。そのアナザー・サイドとも言えるフレア名義の作品『Leaps』がこのたびハイレゾ配信される。ストレートなテクノ・サウンドのケンイシイ名義の作品に比べ、フレア名義は彼のエクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージック・サイドを担っている。ある意味で初期のケンイシイ名義の作品に渦巻いていたストレンジな電子音の感覚を継承している名義でもある。本作はすでに1年ほど前からケンイシイが出演する会場や自身のアーティスト・サイトなどかなり限られた販路でCDとして売られていた作品だが、今回、待望のハイレゾ版がリリースされる。まさに音そのものを楽しむ、その作品性を考えればハイレゾでのリスニングにもってこいの作品と言えるのではないだろうか。 Flare / Leaps(24bit/48kHz)'【Track List】01. Mole Tunnel02. Downglide03. Deep Freeze04. Sympathetic Nervous System05. Las Pozas06. Iapet
by 河村 祐介
UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月11日・若手と新しさを競い合っても意味がないだろ──UKテクノのベテラン、プラッドの新作をハイレゾ配信 エド・ハンドリー、アンディ・ターナーによる、このテクノ・ユニットは1990年代初頭から現在にいあたるまでエイフェックス・ツインらとともにブリティッシュ・テクノを象徴する存在であり続けている。ビョークのコラボレーターでもあり、ルーツ・オブ・エレクトロニカであり、松本大洋原作の劇場アニメ作品『鉄コン筋クリート』のサントラを手掛けたことでも知られる彼らだが、決してその活動は初期からぶれていない。彼らの作品のクリアで叙情的な電子音は、綺羅星のごとく輝き、そのシーンのヒストリーを穏やかな光で照らし続けている。そんな彼らの最新アルバム『The Digging Remedy』も、そのヒストリーを継続させる、また美しい電子音の連なり、それ以外の何物でもない。 本人たちもインタヴューで語っているように、この繊細なサウンドはぜひともハイレゾで体験していただきたい。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバム、CDと同様のライナーノーツをPDFにてダウンロード可能。こちらはヴォーカロイドでおなじみのクリプトン・フューチャー
by 河村 祐介
ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月10日・ベース・ミュージック・ペルー譚──ダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信 ジャイルス・ピーターソンのレーベル〈ブラウンズウッド〉から2012年にリリースされた『Mala In Cuba』。多くのリスナー、メディアから絶賛された作品から約4年の月日を経て、UKダブステップのイノヴェイターのひとり、MALAの新たなプロジェクトがここにリリースされた。『Mirrors』と名付けられた本作は、キューバでのセッションとUK本国でのスタジオ・ワークにて完成した『Mala In Cuba』と同様、MALAとペルー現地のミュージシャンとのセッションから生み出された作品だ。現地でレコーディングされたさまざまなフォルクローレの断片やアフロ・ペルー音楽のパーカッションなどが見事にMALAの才覚を通して作品として示されている。 OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、ハイレゾ版アルバムまとめ購入でCDと同様のライナーノーツPDFが付属する。北中正和による日本盤ライナーノーツ、そしてEmma Warrenによる英語版ライナーノーツの和訳を読めば、この不可思議なサウンドが具体的にどんなプロセスで、どんなペル
by 河村 祐介
オーストラリア・ロック・シーンの雄、4年ぶりの帰還──ザ・テンパー・トラップ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月10日・4年ぶりの帰還──芳醇なるオーストラリア・シーンからザ・テンパー・トラップがひさびさの新作 ここ数年、さまざまなタイプのロック・バンドを世界レベルで輩出し、シーンの芳醇な底力が垣間見えるオーストラリアのシーン。そんなシーンの動きを予見すべく、オーストラリアはメルボルンから、2009年に世界デビュー。1st『コンデションズ』を伴って飛び出したザ・テンパー・トラップ。英米を中心に高い評価を経て、ここ日本でも同年のサマーソニック、そして東京、大阪の単独公演を成功させるなどファンをつかんだ彼ら。さらに2009年の映画『(500)日のサマー』でも彼らの「Sweet Disposition」が使用され、こちらもシングルとしてヒットしさらなる人気を集めた。2012年の2nd『ザ・テンパー・トラップ』を経て、そんな彼らが4年ぶりに新作『シック・アズ・シーヴス』をリリースする。ギタリストのロレンゾの脱退などの苦難を経て、ついに彼らが動きだしたのだ。さらに、8月8日(月)には〈梅田クラブクアトロ〉と8月9日(火)に〈リキッドルーム〉での来日公演も控えている。 The Temper Trap / Thick As Thieve
by 渡辺 裕也
D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月07日・独占ハイレゾ配信 : 小林うてなの1stアルバムはドープなベースと幽玄な歌声がこだまするビート・アルバム 元“鬼の右腕”にして現在はソロ、そしてD.A.N.や蓮沼執太フィルなどの客演などでも知られる小林うてな。このたび1stアルバム『VATONSE』をリリースした。リリースはインターネット・ライヴ・ストリーミング・サイト、2.5Dが設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から。ポップ・エレクトロ・プロデューサー、tomgggの作品とともに本レーベルの第一弾アーティストとなる。スティール・パンやエレクトロニクス、さらにはヴォーカル / コーラスまでこなすマルチ・プレイヤーとして知られる彼女だが、1stソロのサウンドはこれまたぶっ飛びのダーク&ヘヴィーなエレクトロニック・ビーツ、そして彼女の幽玄な歌声を中心にしている。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ版で配信開始。美しい歌声と細やかな電子音の表現、野太いベースをぜひともハイレゾにてお楽しみください。 小林うてな / VATONSE'【Track List】01. GONIA SE02. ILA03. EN04. TON TO WAHAHI05.
by 河村 祐介
ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月03日・ボンジュール鈴木らも参加の、カラフルなポップ・エレクトロ──Tomgggの最新作を独占ハイレゾ配信 自身のSoundCloudや〈Maltine Records〉など、まさにインターネット・フィールドで徐々に知名度を上げ、昨年はフィジカル作品として『Butter Sugar Cream』をリリース、さらにその活動領域を広げた、Tomggg(トムグググ)。このたび、ライヴ・ストリーミングでおなじみの〈2.5D〉が設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から、新作『Art Nature』をリリースした。ボンジュール鈴木、tsvaci(辻林美穂)といったゲスト・ヴォーカルを迎え、彼の真骨頂とも言える、めくるめく展開ときらびやかな電子音によるポップ・エレクトロを展開している。また前作に引き続き、ジャケットはKazami Suzukiが担当し、そのドリーミーでメルヘンなサウンド・イメージをさらに強く印象つけている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信。インタヴューにもあるように、展開や音響的な効果など緻密に構築されたそのサウンドはハイレゾでさらにきめ細やかに楽しめることでしょう。 Tomggg / Ar
by 河村 祐介
ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム
[POWERPUSH]・2016年05月30日・〈トランスマット〉である必然性──デリック・メイを魅了したHIROSHI WATANABEの作品をハイレゾで KAITOや本名名義でリリースを行い、まさにテクノ / ハウス・シーンにて世界レベルで活躍するHIROSHI WATANABE。そんな彼がこれまた快挙を成し遂げた。テクノの伝説的レーベルからそのアルバムを今春にリリースした。そして、このたびやっと、その作品のハイレゾ版がリリースされた。おっと、興奮して書き忘れていたが、アルバム・タイトルは『MULTIVERSE』、そしてその伝説のレーベルとは、デリック・メイの〈トランスマット〉である(「知らない!」という人は後述のコラムを)。〈トランスマット〉らしい、エネルギッシュなグルーヴと叙情性に満ちたコズミック・テクノに。グイグイとスピーカーからスペーシーな情景が迫ってくる。いやー、すっきりとテクノを聴きたいぜというのならぜひともこのアルバムを。ストレートなデトロイト・テクノのかっこよさに満ち溢れた作品。繊細なシンセの揺らめきや空間的な表現に満ちたそのサウンドは、ハイレゾでぜひとも楽しみたい。 HIROSHI WATANABE / MULTIVERSE(24
by 河村 祐介
丈青、ライヴ・レコーディング作品をDSD11.2MHzで配信開始
[POWERPUSH]・2016年05月10日・DSD11.2MHzの先駆者、丈青のライヴ・レコーディング作品が配信開始!! 2016年3月11日から13日まで表参道のスパイラルを会場に行われた〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。現在OTOTOYで配信中のフェス内でのレコーディング作品のラインナップ(Suara×真依子、蓮沼執太、大木和音)に満を持して加わったのがSOIL&“PIMP”SESSIONSのピアニスト、丈青。 商用として世界で初めてDSD11.2MHzに挑戦し話題となった彼の前作『I See You While Playing The Piano』と同じスパイラルホールで録音されたのが『re: I See You While Playing The Piano』。前作とはほぼ異なる楽曲をたずさえた本作は、レコーディング&ミックスに奥田泰次、iFi Audio/M2TECHの協力の元、SPIRAL RECORDSよりOTOTOYにて1ヶ月先行配信開始! 彼の重厚なピアノの音色に酔いしれるとともに前作より経た2年間という歳月の軌跡を体感、そして客席とピアノの張りつめた対話をぜひ堪能ください。 丈青 / re:
by 中村 純
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事