計100分! CD未収録の新章&リミックスをフリーで配信開始

2010年11月に、world's end girlfriendが主宰するレーベルVirgin Babylon Recordsからリリースされたabout tessの3rdアルバム『Song of the Bird』。ツインギター+ツインベース+ツインドラムによって描かれた74分・全4章にわたる鳥の旅路は、聴く者をイマジネーションの世界へと連れ出す壮大なもの。今回、『Song of the Bird』に収録されなかった約25分のパートをフリー・ダウンロード開始! もともと100分の作品として構想/録音されていた作品が、今回の中間部(第3章/第4章)を組み込む事で、全6章の完全版になります。さらに、『Song of the Bird』のあらかじめ決められた恋人たちへのリミックス・ヴァージョン、全編からのdigヴァージョンも収録。『Song of the Bird』の世界はどこまでも広がり続けます。

about tess / Song of the Bird : Remix & Director's Cut
>>Song of the Bird : Remix & Director's Cutのフリー・ダウンロードはこちらから

【TRACK LIST】
1. Song of the Bird 〜風の編〜part 1 : 進行 part 2 : 手紙 part 3 : 窓際 (あらかじめ決められた恋人たちへREMIX)
2. Song of the Bird (dig ver)
3. Frenzy / Song of the Bird (Director's Cut : mid-part.3)
4. Bird Across the Bloom River / Song of the Bird (Director's Cut : mid-part.4)

ファイル形式 : M1、2はHQD(24bit/48kHzのwav)、M3、4は通常wav(16bit/44.1kHz)
☆ダウンロード頂いた方には、remix版、Direstor's Cut版のジャケット画像をプレゼント!


オリジナル・アルバムはこちら

about tess / Song of the Bird
『ツインギター+ツインベース+ツインドラムによって鳥の旅路を1曲74分で描きだした一大絵巻!』2010年リリースのabout tess 2年ぶりの新作。今作は鳥の旅路を1曲74分で描き出した超大作。特異なる編成ツインギター+ツインベース+ツインドラム。鳥の飛翔ごとく自由に延々と弾きまくられるギター! 揺れ動く大地のごときベース! 移り変わる嵐のように四方八方から叩かれるドラム!いくつもの場面転換をむかえながら鳥の旅は続きます。

時間と概念の枠を超えて

いまや、音楽配信におけるフリー・ダウンロードは珍しいものではない。リスナーにとっても、アーティストにとっても、お互いにメリットのある企画として定着してきている。リスナーは、ダウンロードした曲を気に入れば、アルバム全体にも耳を傾けるかもしれない。アーティスト・サイドにしてみれば、もし販売につながらなくても、それなりのプロモーションになる。しかし、今のようにフリー・ダウンロードが当たり前のものになってしまえば、無料という価値は薄れてしまい、簡単にダウンロードされなくなってしまう。その結果、レーベルやアーティスト・サイドは、キャッチーで、短くて、わかりやすい曲を配信したりして、何とか興味を引きつけ、ダウンロード・ボタンを押してもらわなければならない。

そんな中、6人組のインストゥルメンタル・バンド、about tessがフリー配信するのは、2曲で約25分という、ミニ・アルバムに匹敵する長さの作品だ。しかも1曲の中で様々な展開を見せるプログレッシヴ・ロック調の曲である。そもそも昨年11月にリリースされた3rdアルバム『Song of the Bird』は、鳥の旅路を74分1曲で描くという野心作であった。CDに収まる最大限の尺を使い、4つの章にわけて収録された大作だった。今回配信される2曲は、アルバムに収録することができなかった2章分にあたり、これを追加することで『Song of the Bird』は完成する。もともとこの2曲を加えた100分バージョンも録っていたそうで、約2年前から構想はあったようだ。それはリーダーのTAKUTOが自身のブログで明言しているので、そちらを参照いただきたい。(>>"Song of the Bird 100min ver"について(text by about tess・takuto))

それにしても、100分の作品とは挑戦的だ。ただでさえ情報が氾濫しすぎて、それを追うだけの時間が足りないと言われる情報社会。100分ぶっ通して音楽を聴く機会はなかなかないのではないかと思う。1時間40分。ファンであっても、長いと感じるかもしれない。しかし、このような形で『Song of the Bird』の完全版を世に出したことは評価すべきだ。そもそもabout tessは、フリー・ダウンロードで注目を集めたり、曲の長さで目立とうとするバンドではない。あくまでも作品で勝負する硬派なバンドである。今回のフリー・ダウンロードは、プロモーションというより、足りないパーツを補完して、作品を完成させるための手段であることに違いない。

では、どうして100分も必要だったのだろうか。それは、このアルバムが鳥の旅路を描くという写実的な作品だからである。極端に言ってしまえば、バンドの内面を吐き出した内省的なものではないし、リスナーの共感を得てグルーヴを生んでいくものではない。鳥たちが広大な空を飛んでいく様子を音楽で描いた作品である。写実的であるということは、現実を出来るだけありのままに描こうとする作業であり、それだけの情報量が必要とされる。あなたの1日を描こうとしたら、具体的な場面を描くために多くの言葉が必要だろう。それと同じで、鳥の旅路を音で描くにはそれだけの音楽的な情報が必要となってくる。もしかしたら100分でも足りないくらいなのかもしれない。

今作を聴いて気がついたのは、合理的だったり効率的という言葉が自分に染み付いてしまっていることだ。ダウンロード・ボタンを押してもらうために、キャッチーで、短くて、わかりやすい曲を…、なんて書きながら、音楽ってそんな道具みたいものじゃないだろうと思った。もちろん『FREE』という概念がマーケティングの世界で主流になっていることはわかるけれど、about tessのように作品を補完し、完成させるために、フリー・ダウンロードを活用するというのは目から鱗が落ちるような方法である。彼らのように積極的にアイデアを持って新しいメディアを使っていくことは、これからのアーティストの表現の幅をより広げていく契機になることだろう。(text by 西澤裕郎)

RECOMMEND

about tess / BEAUTIFUL

2008年発売の2ndアルバム。プログレッシヴな超絶演奏を息つく間もなく壮絶に繰り広げ、ひたすら繰り返されるリフとそれに重なる様々な音は芸術といえる程の構築美。冒頭から、拍数も数えられぬ展開から、硬質なギター、それに対し躍動するリズム、グルーヴをも作り出し混沌から未来へ向け彼らの本領が発揮された美しい作品となっている。

あらかじめ決められた恋人たちへ / CALLING

その名声はもはやインディー・フィールドを飛び出していると言っても過言ではない。そして2011年、約半年の制作期間を経て、待望のニューアルバム、『CALLING』が届けられた。ソロ・ユニットを出発点としてきたあら恋としては初めて、バンド編成でのレコーディングに臨んでいる。2008年に大阪から東京へ拠点を移し、以降はバンド編成でのライブ活動を主軸に行なってきた彼らの姿が、ようやくスタジオアルバムとしてパッケージされることとなった。初聴でも入り込める懐の深さと中毒性が同居した、あら恋の最高傑作。そして、他に類をみないアーバン・ダンス・ミュージックの誕生でもある。

Joseph Nothing Orchestra / super earth remixes ☆FREE DOWNLOAD

2011年4月にVirgin Babylon RecordsからリリースされたJoseph Nothing Orchestraのアルバム『super earth』のリード曲を、アンダーグランドからオーバーグランド、インディー・レーベルからネット・レーベルと、各方面から集まったアーティストが個性豊かにリミックス! Joseph Nothing本人のリミックスも含む全12曲収録のリミックス・アルバム『super earth remixes』として、Virgin Babylon RecordsとBunkai-Kei Recordsより共同リリース! そしてなんと、まとめてフリー・ダウンロードでお届けします!

world's end girlfriend / ending story

2000年にリリースされ、当時まったくの無名ながら、多くの評価と驚異の売上をあげたworld's end girlfriendのデビュー・アルバム。廃盤により入手困難となっていた幻の名盤が、GraphersRockが手掛けた新たなジャケットとともにVirgin Babylon Recordsより再リリース! 初期衝動と数千のサンプリング、ファンタジーと悪意、喜劇と悲劇のカオス。その後の世界へ大きく広がっていったwegの音楽の源泉がここに!

LIVE SCHEDULE

2011年8月6日(土)@新宿 Motion

2011年8月28日(日)@新宿 Motion+Marble

2011年9月9日(金)@Shinjuku Motion
unkie VS about tess 2nd BATTLE

2011年9月17日(土)@新宿LOFT/新宿LOFT BAR STAGE/新宿MARZ/新宿Marble/新宿Motion
ツジユウヤ Presents ETERNAL ROCK CITY.2011

2011年9月24日(土)@埼玉スタジアム2002
ぐるぐる回る2011

PROFILE

about tess
TAKUTO (G) / KAZUYA (G) / KANZ (Ba) / MIYA-KEN (Ba) / TETSURO (Ds) / DKO (Ds)
ツインドラム+ツインベース+ツインギターという特異な6人編成バンド。延々繰り返えされるリフと重なり合うリズム、即興と構築を並列に置き、肉体の限界から精神の暴走までを体現するライブは「観る」「聴く」というよりは「体感する」もの。

>>about tess Official Web
>>Virgin Babylon Records

あらかじめ決められた恋人たちへ(「Song of the Bird 〜風の編〜part 1 : 進行 part 2 : 手紙 part 3 : 窓際」リミックス担当 )
トラック・メイカー、鍵盤ハーモニカ奏者の池永正二を中心とした叙情派エレクトロ・ダブ・ユニット。メンバーは、鍵盤ハーモニカxベースxドラムxテルミンに加え、DUB P.A.xDUB照明を含めた「ユニット(組織)」として圧倒的なステージを展開する。美しい爆音であることでも有名。また、メンバー個々の課外活動も盛んで、他のバンド活動はもちろん、作曲、マネージメント業務、レーベル業務まで、その活動は多岐に渡る。「あらかじめ決められた恋人たちへ」として、あがた森魚、はっぴぃえんど、加藤和彦、等のアルバム、リミックス・ワークに参加する一方で、映像的なセンスを持った音楽性が高く評価され、映画音楽や演劇音楽、バンドのプロデュースも手掛けている。

あらかじめ決められた恋人たちへ Official Web

o

 
 

レヴュー

現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち
[CLOSEUP]・2017年11月01日・インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち 森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう? Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴Good Luck EP / Temple of Kahn【収録曲】1. Always H
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事