計100分! CD未収録の新章&リミックスをフリーで配信開始

2010年11月に、world's end girlfriendが主宰するレーベルVirgin Babylon Recordsからリリースされたabout tessの3rdアルバム『Song of the Bird』。ツインギター+ツインベース+ツインドラムによって描かれた74分・全4章にわたる鳥の旅路は、聴く者をイマジネーションの世界へと連れ出す壮大なもの。今回、『Song of the Bird』に収録されなかった約25分のパートをフリー・ダウンロード開始! もともと100分の作品として構想/録音されていた作品が、今回の中間部(第3章/第4章)を組み込む事で、全6章の完全版になります。さらに、『Song of the Bird』のあらかじめ決められた恋人たちへのリミックス・ヴァージョン、全編からのdigヴァージョンも収録。『Song of the Bird』の世界はどこまでも広がり続けます。

about tess / Song of the Bird : Remix & Director's Cut
>>Song of the Bird : Remix & Director's Cutのフリー・ダウンロードはこちらから

【TRACK LIST】
1. Song of the Bird 〜風の編〜part 1 : 進行 part 2 : 手紙 part 3 : 窓際 (あらかじめ決められた恋人たちへREMIX)
2. Song of the Bird (dig ver)
3. Frenzy / Song of the Bird (Director's Cut : mid-part.3)
4. Bird Across the Bloom River / Song of the Bird (Director's Cut : mid-part.4)

ファイル形式 : M1、2はHQD(24bit/48kHzのwav)、M3、4は通常wav(16bit/44.1kHz)
☆ダウンロード頂いた方には、remix版、Direstor's Cut版のジャケット画像をプレゼント!


オリジナル・アルバムはこちら

about tess / Song of the Bird
『ツインギター+ツインベース+ツインドラムによって鳥の旅路を1曲74分で描きだした一大絵巻!』2010年リリースのabout tess 2年ぶりの新作。今作は鳥の旅路を1曲74分で描き出した超大作。特異なる編成ツインギター+ツインベース+ツインドラム。鳥の飛翔ごとく自由に延々と弾きまくられるギター! 揺れ動く大地のごときベース! 移り変わる嵐のように四方八方から叩かれるドラム!いくつもの場面転換をむかえながら鳥の旅は続きます。

時間と概念の枠を超えて

いまや、音楽配信におけるフリー・ダウンロードは珍しいものではない。リスナーにとっても、アーティストにとっても、お互いにメリットのある企画として定着してきている。リスナーは、ダウンロードした曲を気に入れば、アルバム全体にも耳を傾けるかもしれない。アーティスト・サイドにしてみれば、もし販売につながらなくても、それなりのプロモーションになる。しかし、今のようにフリー・ダウンロードが当たり前のものになってしまえば、無料という価値は薄れてしまい、簡単にダウンロードされなくなってしまう。その結果、レーベルやアーティスト・サイドは、キャッチーで、短くて、わかりやすい曲を配信したりして、何とか興味を引きつけ、ダウンロード・ボタンを押してもらわなければならない。

そんな中、6人組のインストゥルメンタル・バンド、about tessがフリー配信するのは、2曲で約25分という、ミニ・アルバムに匹敵する長さの作品だ。しかも1曲の中で様々な展開を見せるプログレッシヴ・ロック調の曲である。そもそも昨年11月にリリースされた3rdアルバム『Song of the Bird』は、鳥の旅路を74分1曲で描くという野心作であった。CDに収まる最大限の尺を使い、4つの章にわけて収録された大作だった。今回配信される2曲は、アルバムに収録することができなかった2章分にあたり、これを追加することで『Song of the Bird』は完成する。もともとこの2曲を加えた100分バージョンも録っていたそうで、約2年前から構想はあったようだ。それはリーダーのTAKUTOが自身のブログで明言しているので、そちらを参照いただきたい。(>>"Song of the Bird 100min ver"について(text by about tess・takuto))

それにしても、100分の作品とは挑戦的だ。ただでさえ情報が氾濫しすぎて、それを追うだけの時間が足りないと言われる情報社会。100分ぶっ通して音楽を聴く機会はなかなかないのではないかと思う。1時間40分。ファンであっても、長いと感じるかもしれない。しかし、このような形で『Song of the Bird』の完全版を世に出したことは評価すべきだ。そもそもabout tessは、フリー・ダウンロードで注目を集めたり、曲の長さで目立とうとするバンドではない。あくまでも作品で勝負する硬派なバンドである。今回のフリー・ダウンロードは、プロモーションというより、足りないパーツを補完して、作品を完成させるための手段であることに違いない。

では、どうして100分も必要だったのだろうか。それは、このアルバムが鳥の旅路を描くという写実的な作品だからである。極端に言ってしまえば、バンドの内面を吐き出した内省的なものではないし、リスナーの共感を得てグルーヴを生んでいくものではない。鳥たちが広大な空を飛んでいく様子を音楽で描いた作品である。写実的であるということは、現実を出来るだけありのままに描こうとする作業であり、それだけの情報量が必要とされる。あなたの1日を描こうとしたら、具体的な場面を描くために多くの言葉が必要だろう。それと同じで、鳥の旅路を音で描くにはそれだけの音楽的な情報が必要となってくる。もしかしたら100分でも足りないくらいなのかもしれない。

今作を聴いて気がついたのは、合理的だったり効率的という言葉が自分に染み付いてしまっていることだ。ダウンロード・ボタンを押してもらうために、キャッチーで、短くて、わかりやすい曲を…、なんて書きながら、音楽ってそんな道具みたいものじゃないだろうと思った。もちろん『FREE』という概念がマーケティングの世界で主流になっていることはわかるけれど、about tessのように作品を補完し、完成させるために、フリー・ダウンロードを活用するというのは目から鱗が落ちるような方法である。彼らのように積極的にアイデアを持って新しいメディアを使っていくことは、これからのアーティストの表現の幅をより広げていく契機になることだろう。(text by 西澤裕郎)

RECOMMEND

about tess / BEAUTIFUL

2008年発売の2ndアルバム。プログレッシヴな超絶演奏を息つく間もなく壮絶に繰り広げ、ひたすら繰り返されるリフとそれに重なる様々な音は芸術といえる程の構築美。冒頭から、拍数も数えられぬ展開から、硬質なギター、それに対し躍動するリズム、グルーヴをも作り出し混沌から未来へ向け彼らの本領が発揮された美しい作品となっている。

あらかじめ決められた恋人たちへ / CALLING

その名声はもはやインディー・フィールドを飛び出していると言っても過言ではない。そして2011年、約半年の制作期間を経て、待望のニューアルバム、『CALLING』が届けられた。ソロ・ユニットを出発点としてきたあら恋としては初めて、バンド編成でのレコーディングに臨んでいる。2008年に大阪から東京へ拠点を移し、以降はバンド編成でのライブ活動を主軸に行なってきた彼らの姿が、ようやくスタジオアルバムとしてパッケージされることとなった。初聴でも入り込める懐の深さと中毒性が同居した、あら恋の最高傑作。そして、他に類をみないアーバン・ダンス・ミュージックの誕生でもある。

Joseph Nothing Orchestra / super earth remixes ☆FREE DOWNLOAD

2011年4月にVirgin Babylon RecordsからリリースされたJoseph Nothing Orchestraのアルバム『super earth』のリード曲を、アンダーグランドからオーバーグランド、インディー・レーベルからネット・レーベルと、各方面から集まったアーティストが個性豊かにリミックス! Joseph Nothing本人のリミックスも含む全12曲収録のリミックス・アルバム『super earth remixes』として、Virgin Babylon RecordsとBunkai-Kei Recordsより共同リリース! そしてなんと、まとめてフリー・ダウンロードでお届けします!

world's end girlfriend / ending story

2000年にリリースされ、当時まったくの無名ながら、多くの評価と驚異の売上をあげたworld's end girlfriendのデビュー・アルバム。廃盤により入手困難となっていた幻の名盤が、GraphersRockが手掛けた新たなジャケットとともにVirgin Babylon Recordsより再リリース! 初期衝動と数千のサンプリング、ファンタジーと悪意、喜劇と悲劇のカオス。その後の世界へ大きく広がっていったwegの音楽の源泉がここに!

LIVE SCHEDULE

2011年8月6日(土)@新宿 Motion

2011年8月28日(日)@新宿 Motion+Marble

2011年9月9日(金)@Shinjuku Motion
unkie VS about tess 2nd BATTLE

2011年9月17日(土)@新宿LOFT/新宿LOFT BAR STAGE/新宿MARZ/新宿Marble/新宿Motion
ツジユウヤ Presents ETERNAL ROCK CITY.2011

2011年9月24日(土)@埼玉スタジアム2002
ぐるぐる回る2011

PROFILE

about tess
TAKUTO (G) / KAZUYA (G) / KANZ (Ba) / MIYA-KEN (Ba) / TETSURO (Ds) / DKO (Ds)
ツインドラム+ツインベース+ツインギターという特異な6人編成バンド。延々繰り返えされるリフと重なり合うリズム、即興と構築を並列に置き、肉体の限界から精神の暴走までを体現するライブは「観る」「聴く」というよりは「体感する」もの。

>>about tess Official Web
>>Virgin Babylon Records

あらかじめ決められた恋人たちへ(「Song of the Bird 〜風の編〜part 1 : 進行 part 2 : 手紙 part 3 : 窓際」リミックス担当 )
トラック・メイカー、鍵盤ハーモニカ奏者の池永正二を中心とした叙情派エレクトロ・ダブ・ユニット。メンバーは、鍵盤ハーモニカxベースxドラムxテルミンに加え、DUB P.A.xDUB照明を含めた「ユニット(組織)」として圧倒的なステージを展開する。美しい爆音であることでも有名。また、メンバー個々の課外活動も盛んで、他のバンド活動はもちろん、作曲、マネージメント業務、レーベル業務まで、その活動は多岐に渡る。「あらかじめ決められた恋人たちへ」として、あがた森魚、はっぴぃえんど、加藤和彦、等のアルバム、リミックス・ワークに参加する一方で、映像的なセンスを持った音楽性が高く評価され、映画音楽や演劇音楽、バンドのプロデュースも手掛けている。

あらかじめ決められた恋人たちへ Official Web

o

 
 

レヴュー

ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人
【REVIEW】TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!!
[REVIEW]・2017年08月30日・TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!! 連載開始から30年を過ぎた今もなお多くのファンを魅了、そして新たなファン層を増やし続けている漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。2012年にはアニメ化もされた同作ですが、この度原作の第1部から第3部のオープニング、エンディング曲を収録したベスト盤の配信がスタート!(CD版とは1部内容が異なります) そ・し・て! 今までのアニメ・シリーズの全サントラがOTOTOYでも解禁! ベスト盤と合わせてこちらも改めてチェックして、あなたも果てしなきジョジョ・ワールドへ! V.A. / TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険 Theme Song Best「Generation」 -Opening Collection-'【Track List】01. ジョジョ〜その血の運命 / 富永TOMMY弘明02. BLOODY STREAM / Coda03. STAND PROUD / 橋本仁04. ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜 / JO☆STARS 〜TOMMY,Coda,JIN〜05. アク役◇協奏曲 /
by 純三
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事