ここは大人たちの遊び場、Ice Cream Studioーー毎週末繰り広げられるセッションを33週連続配信する企画「Biff Sound」始動!!

薄暗い光に照らされた倉庫内に響く生まれたてのサウンドたち

20年ぶりの大雪が関東各地を襲った2014年1月某日、オトトイ編集部・西澤は千葉県浦安駅へと足を運んだ。雪が舞うロータリー、指定された時間を15分ほど過ぎたころ、一台の車が迎えにきた。少しぎこちなく挨拶をかわし、車に乗り込む。ものの5分もしないうちに地方の国道から見える風景が窓の外に広がった。車内に流れるBGMは、エルビス・プレスリー。暖かい車内にうとうとしかけたころ、風景は緑色の工場街へと変わっていた。一律のブロックのような光景。ここで降ろされたら、帰ることはできなさそうだな。そんな心配をしているうちに、今回の目的であるスタジオ、Ice Cream Studioに到着した。

「スタジオ」と言っても、日本で一般的に言われるものとは趣を異にしている。倉庫の一角を改造、いや改造というよりも、ドラム、アンプ、ミキサーなどの機材が通路に無骨に置かれている。倉庫という構造をそのまま活かした配線や機材の配置。見上げるとロフトがあり、そこにはソファーや電飾、本、ラジオなどアンティークなおもちゃが置かれている。音楽をプレイしない人が観たらガラクタの山と思ってしまうかもしれない。いわば大人の秘密基地。その言葉がこれほど適した場所はないだろう。一歩外に出れば、人っ子一人いない休日の倉庫街というさみしさも、この空間の特異さを際立たせている。

もちろん、この場所はただの飾りではない。いまも機能している。毎週末、10人以上のミュージシャンが集まり、セッションを行なっている。そこに集うミュージシャンはすべてが公表されているわけではないが、90年代インディー・ミュージック・シーンを牽引したSECRET GOLD FISHの長塚大地擁する“sundelay”、昨年待望の復活を果たしたdownyのギタリスト青木裕、カヒミ・カリィとの共作の発表でも話題を集める“hydrant house purport rife on sleepy”など、音楽にストイックなサウンド・ジャンキーばかりだ。おもしろいのは、それ以外のいわゆる素人も取込んでしまうところ。今回の取材が終わったあと、筆者もポエム・リーディングとして、レコーディングに参加させられてしまった…。

このたび、毎週行なわれるセッションから生み出された楽曲を、OTOTOYで33週連続で配信する!? 33週というのは、ここに集まる彼らのレーベル名が33RECORDだからという理由だが、そこにどんな意味があるのかは不明だ。その謎は、33週間の中で探っていければと思う(もしかしたらとくに意味はないかもしれないが…)。配信価格は、毎週刊行される週刊少年雑誌と同じ240円。単行本が出るように、月ごとに編集版もリリース予定である。初回配信日は、3月3日ということで、3にこだわった本企画。正直なところ、どのような連中なのか不明瞭なところも多いため、Ice Cream Studioに潜入取材を敢行した。今回インタヴューしたのは、DUBプロデューサーとして世界から賞賛を集める“E.D.O. ECHO SOUNDSYSTEM”のJINYA、UMB2012千葉予選優勝の経歴も持つラッパー田中光、クリエイターの夏木瑠璃。彼らがどんな集団なのか、その一部でも切り取れていれば幸いだ。大人が子どものように楽しみながらなにかを作っていくことほど無敵なことはない。それを証明できるか? 注目しておいてほしい。(text by スカムライター西澤くん)

33週連続リリースの企画名は『Biff Sound』!! 第4弾をリリース!!

33RECORD / Biff Sound #004

※まとめ購入のみ
wav / mp3 : 240円

【収録曲】
1. violence (JINYA)
2. Kiddy (Yukino)
3. la neige (sa)
4. quiz (mal da kid)
5. Corner Bead (pius)
6. KM (i.c.s. remix) (Hiroko Arakaki)
7. Detune Piano (10)


Biff Sound Session 「TDJ / JINYA」


33週連続リリースの企画名は『Biff Sound』!! 第3弾をリリース!!

33RECORD / Biff Sound #003

※まとめ購入のみ
wav / mp3 : 240円

【収録曲】
1. tt (Daniel Karras)
2. re-amber(i.c.s. remix) (Alex Keleher)
3. Sing (KINU)
4. hood (Constructions)
5. arrow (Aimee & Yukino)
6. Sing(Session) (KINU)


Biff Sound Session 「Sing / KINU」


33週連続リリースの企画名は『Biff Sound』!! 第2弾をリリース!!

33RECORD / Biff Sound #002

※まとめ購入のみ
wav / mp3 : 240円

【収録曲】
1. dials (Mike Hannah)
2. 4th Noise Product feat.Sone (LZ129)
3. hidden (Daichi Mori)
4. Oetzi (soap)
5. bubble (Sone)
6. monument (田中光)


Biff Sound Session Room / 田中光


33週連続リリースの企画名は『Biff Sound』!! 記念すべき第一弾は7曲入りミニ・アルバム!

33RECORD / Biff Sound #001

※まとめ購入のみ
wav / mp3 : 240円

【収録曲】
1. fellow(harmonious)
2. синий (Aimee)
3. 11 (Alan Premselaar & Hiroko Arakaki)
4. Departure feat.KINU (JINYA)
5. One Last Enemies (Last Ten Enemies)
6. 流転 feat.田中光 (Ryo Takezawa)
7. build up dub (JINYA)

Jacket / Artwork : Ruri Natsuki
Mix : Nebow
Mastering : Tetsushi Mase / leo

※3月3日より毎週火曜日に新曲をアップしていきます!!(3月3日のみ月曜日リリース)


синий / Aimee


INTERVIEW : 33RECORD

左から、夏木瑠璃、田中光、JINYA

一緒に楽しもうとすると自然と役割が出てくるんですよ(JINYA)

――今日は直接取材させてもらえるということで来たんですけど、まず、みなさんがどういう方々なのかを教えてもらえますか?

JINYA : JINYAです。自分はトラック・メーカー、DUBミキサーなど、いろいろやってきたんですけど、ここに通いはじめたことをきっかけに、参加していたバンド、進行中の制作の仕事も辞めました。

――え、辞めたんですか?

JINYA : ははははは。ここに来たのが12月なんですけど、来るうちに漠然と自分の役目がジワジワ出てきて。そこにある機材もそうなんですけど、自分で持ち込んだものでミックス作業全般をやっています。とにかく毎週のように、いろんなゲスト・アーティストの方が来て、打ち合わせもないような状態から録音しているんです。

――じゃあ、いろいろよくわからないまま進んでいったと(笑)。

JINYA : そうです、そうです(笑)。最初、とりあえず機材を持ってきてセットしたんですけど、なにをやるのかなと思ったらヘッドホンを渡されて「いまから録るんで」って言われて。スタジオにはずっとビートが流れているんですよ。それにあわせてぱーっと録音して、そのあと映像も録ったりして。

――ちなみにJINYAさんは誰にここへ連れてこられたんですか?

JINYA : この男(田中光)です。

田中光(以下、田中) : ぼくはラップをやっているんですけど、本当に同じ状況ですね。遊びにきたら、RECしてみようって言われ、フリースタイルでRECして。普通、フリー・スタイルだと即興は即興、楽曲は楽曲ってわけるんですけど、ここにはその場で作ったものを楽曲レベルまでビルドアップする人が何人もいて。しかも、そのときいるメンツによって全然違う形に変わったりするんですよ。いろんな人も入り交じったりするから、どこからどこまでがメンバーっていうわけでなく、ミュージシャン同士がクリエイトする場所みたいな感じです。

――具体的にどういう感じで制作していくんですか。

田中 : ぼくはラップをして、JINYAさんもその場でミックスしたりエフェクトをかけたりしながら、みんなで同時に作り出していきます。

JINYA : 本来あとからやるような作業をこの場でやってしまうんですよ。それで、すぐこれでいきましょう!! って判断していく、ほんとスピードが命です。そうじゃないと、この企画は成り立たない。下手したら、自分がやったことのないようなこともやらされてしまう可能性もあって、そこから花開いてしまうような出来事もあったりします。夏木さんとかはそうなんですけど(笑)。

倉庫の一角を改造した“Ice Cream Studio”

――そうなんですか?

夏木瑠璃(以下、夏木) : 以前メンバーのフィジカル作品のアートワークを担当したことがあって、ずっとお会い出来てなかったんですよ。去年12月くらいにここに遊びにおいでよって言われて来てみたら、初対面で、いきなり「よし、夏木さんマイクの前に立ってこれ朗読して」って言われて(笑)。学生時代にはバンドもやってましたがRECとか初めてで、その後いつのまにか巻き込まれてた感じですね。

JINYA : この人をこのために呼んだからこうとかじゃなくて、自然と役割を見つけていくというか。もちろん色々な分野で長けている人たちの集まりではあるんですけど、毎週のように結構な人が集まるので、一緒に楽しもうとすると自然と役割が出てくるんですよ。

夏木 : また、それを義務感ではなくて、作っていく工程を皆が楽しんでいるので、すごく活発にこうしたらいいんじゃない? って提案し合ったりしてますね。

体験したら、病みつきになっちゃいました(夏木)

――要するに組織とか会社ではないわけですね。

JINYA : そうですね。だからこの際、レーベルとも言いたくないんですよ。まだ音源が出ていない状態ですけど、そういう部分では革新的な集まりなんじゃないかと思っています。俺たちもどうなるかまったくわからないし。でも、このメンバーが集まることで、すごく安心してできている。お前はこうしろみたいな義務感はなく、ただ自分がやりたいからやる。それだけだと思っていて。でも、普段は俺はいいんだよって一歩引いちゃう人にも打席がまわってくるような。

田中 : いざ、やってみるとおもしろいよね。

JINYA : そうそう。絶対その達成感と面白さみたいなものがある。それが作品になって世の中に音源としてリリースされるわけじゃないですか。普段の自分はこんなんじゃないんだとか、そういうのは抜きにして、全部ぶつけられるような場でありたいと思いますね。

――大人の遊び場っていうのは理想ではあるけど、いざやってみると毎週人が集まらなかったりしますよね。なんでこのプロジェクトではできたんですかね?

田中 : それは偶発的なものですね。

JINYA : そう、わからないですね。でも初めて来たとき、いままでなかったもの、求めていたもの全部が広がっていた。例えば、ミュージシャンだったら、スタジオっていう狭い密室に入ってレコーディングするのが当たり前になっている。しかも、お金をたくさん払ってね。いまは個人単位でも制作できる環境はできましたけど、せいぜい部屋じゃないですか。大きい音を出したら苦情が出て。そういう境界線が、ここにはないですから。音は出し放題だし、魅力的ですよ。ヒカルくんはマイクを求められたら全部フリースタイルで一切迷わずにやりますからね。

田中 : 基本的に、即興でレコーディングして楽曲にするってスタンスはあまりないと思います。フリースタイルを1曲に近い形にするのはここ独自だと思っていて。作り込まれたものだけじゃなく、その一瞬の空気感みたいなものをRECして、いろんなメンバーで楽しみながらパッケージングする。そういった作業は、こういう場所がないとできないので。海外とかだったらいるのかもしれないですけど。

夏木 : 大人数で作っていく場だからこその魅力って、過程がみえることだと思うんですよね。どんどん音が重なって出来上がるまでが、ほぼ一日で見える。しかもそれを体験できる。体験したら、病みつきになっちゃいました。自分の声がミックスされて変わっていくのかとか、それに誰かがギターを重ねたら全然違う音が出てくるとか。普通仕事とかで何かを作るときは、こうゆうものを作りましょう! って決まってる事が多いと思うんですけど予定とか方向性とか全くないからすごくおもしろくて、刺激を貰えますね。

JINYA : 本当に全然決め事がないんで、みんな自由なんですね。だからカットって言ったら急に真剣になったりって感じじゃない。

田中 : 確かに。

JINYA : ずっと録音をまわしていても絵になるような空間。レコーディングすると、みんな聴いたことのないギターだったり歌だったりするから、感動するわけですよ。録ったあと自然と拍手が出てきたりする。

大量の機材が参加メンバーの多さを物語る

――それは素敵ですね。

JINYA : 「これもありか!!」みたいな気付きが常にあって。そうすると、プレイしている人間にとっても、いまのでよかったんだってその場で報われてしまうというか。

田中 : これ、特殊かもしれないですね。コミュニケーションをとる感じで、みんなでやっていくって感じですから。

JINYA : なんていうのか、普通は誰かが言い出さないと始まらない空気ってあるじゃないですか。その空気を破って一人が踏み込んだ瞬間に、急に楽しくなったりすることがある。それが常にこの場で起きているんです。

夏木 : それぞれバックグラウンドが違ったり、専門や得意なものが違う状態なのにこんなに自由って物凄く危ういと思うんですけど、ここにはお互いを信頼し合っているからこそできる自由っていうのがあるんじゃないかなと思います。

とにかくアウトプットすることも含めて楽しみたいんです(田中)

――根底にあるのは、クリエイティブなものを作りたいという意思なんですね。

夏木 : たぶん、純粋に音楽を楽しみたいというか、創造していくことを楽しみたい人たちが主なんだと思います。

田中 : その通りで、そんなに力んでないと思います。わりと音楽のプリミティブな部分、楽しい、そこだと思うんです。うまいプレイヤーだからいいとかってわけでもないじゃないですか。楽しそうだからわたしもやってみようみたいな感じでやったのが、みんなでいいねえみたいになったというか。そういう瞬間をみんなで共感して、その空気感を録音する人がいて、ミックスする人がいて、それをアウトプットできる人がいる。世の中の仕組みがそのままなっているっていったら大げさですけど、できることはみんなで楽しんでやろうよって、それだけかもしれないですね。

――そういうのができる場所があるのは本当に大きいですね。

JINYA : それはいつでもありがたいなって気持ちですね。ここに来るときは、毎回なんでもやってやろうと思っているんですよ。思えば思うほど、クオリティがくっついてくる。遊びなんだけど真剣にやるからね。遊びって、真剣にやったほうが絶対に楽しいし、全員が楽しんでいれば絶対にいいものができる。音源が出てなくて評価はうけてないなかで言うのはあれなんですけど、絶対にいいものができています。かといって聴く人を限定してしまうような音楽でもないので。

――仲間うちだけじゃなく、33recordのBiffSoundという名前を冠してリリースしていく理由があるとしたら、それはなんででしょう。

田中 : 別に名前を残したいとか、お金がほしいとかってことではないですね。とにかくアウトプットすることも含めて楽しみたいんです。音楽やクリエイティブなものを楽しく作れる、かなり特殊な場所だと思うんですね。その空気感も含めてレコーディングしているってだけで。

JINYA : そういった意味では、かなり無敵なことをやっているんですよ。こうじゃなきゃいけないとか、特別縛りもない状態でやっているので。やればやるほど楽しくなるし、いいものができていくんじゃないかと思っています。BiffSoundっていうのは、これから提示していくことで、映像だったり音源だったりっていう部分でいろんな人を刺激していくと思うんですけど、そのへんも俺たちは身構えずにやっていこうかなって。ウィークリーってスタンスで音源がでるってこと自体未知のことなんで。だから1、2ヶ月後にどうなっているかわからないし、思いもよらない奇跡が起こるんじゃないかって。ここにいること自体奇跡だと思っているんですけどね。

――新宿LOFTを中心に盛り上がっているオモチレコードを観てても思いますけど、楽しいってほんと無敵だなって思いますよ。

JINYA : ライヴの話でいえば、来ている人がどれだけ楽しんでいるのか、要するに次も来ようかって思うかですよね。俺はここに来たときにまた来たいと思った。こんだけのことが起きている場所にせっかく呼ばれて、次いかないのももったいないなって。… でも実は、結構悩んだんですよ。楽しいけど、普段やっていることもあるしって。最初はマジで考えたんですけど、気づいたらそれ全部やめちゃったんで。

一同 : 爆笑

JINYA : だから、楽しいに勝るものはない。音楽でお金をもらうことって素晴らしいことなんですけど、それだけ背負わなきゃいけないものも出てくるじゃないですか。みんなに喜んでもらうことをやるわけだから。ある意味で、すごくピエロ的な形になってくるんですよ、みんなにうける曲をやろうって。そういうものだと思えばやっていけるのかもしれないですけど、基本は音楽をやりたい、楽しみたいんです。そういう気持ちが勝っていくかぎりは、それをやれる場所にいたい。

――あと、コミュニティ・レーベルっていっているように、同じ人だけでなく、いろんな人が来るのがおもしろいですね。

夏木 : 全然歌ったことのない人も歌わされるわけですしね(笑)。

JINYA : そうそうそうそう。突然「合唱!!」とか言いだすんですよ。といっても、マイクは一本一本あって、一回一回録るんですけど。シーンとした状態でみんなが観ているなかで歌う。

田中 : 歌ったことない人もみんなの前でヘッドホンして歌わされるから、音痴な人とかも、みんなで楽しむっていうのは空気感としてありますからね。

夏木 : 別に笑うわけではなくて、こんなに楽しい体験があるんだよ? ほら、やってみたらすっごく楽しいでしょ? みたいな。こういう楽しみ方があるんだって、わかってもらえる場なのかなって。

この場で起こったことをパッケージングするっていうのが原点で終着点(田中)

――それは貴重な経験になりますよね。ほんと全員が参加者というのは、新しいものが生まれる土壌になりそうですね。

夏木 : みんなで作り上げていっていますからね。それを楽しむことが第一条件というか、それがあるから進んでいけるのかなって思います。

――ちなみに、どれくらいのペースで集まって制作していくんですか。

JINYA : 週一ですね。土曜日、日曜日にここが解放されるから。別にカチカチに予定を立てているわけではなくて、やりますけどどうします? って。それでも最低でも10人くらいは集まる。逆に少ない人数で地味にやりたいねってくらい集まっちゃうんです(笑)。みんなでいるとわーってやりたくなっちゃうから、冷静に取り組みたいときもあるんですけど、それもそれでいいんじゃないかって。

――じゃあ、家に持ち帰ってミックスするとかはなくて、ここで完結するんですか?

JINYA : なるべくここで押さえたものを未編集で出すっていうのがベストです。これからより一層そうしていこうと模索しています。

――それじゃあ、これからどうやって進んでいきたいか、青写真はありますか。

夏木 : 音楽が楽しくて、全力で遊んでいる人が強いって先程仰ってたじゃないですか。ゆくゆくは何処かでお金を生み出していかないと回らない部分も出てくると思うんですよね。うまく全力で楽しむことでお金が付いてくるような、そういう世界にもっていけるのであれば、今後音楽業界だけに限らずアートシーンにいる人も変わっていけるんじゃないかと思って。その足がかりになればなってすごく思います。

田中 : ただ、いろいろ面倒くさくなったら終わりでいいんじゃないかって。

JINYA : あははは。

田中 : 本当そう思っていて。終わりっていったら残酷ですけど、自分たちが意図しない方向にいっちゃったら意味がないから。ストイックにやっていくことは個々でできるので、この場は楽しむ。この場で起こったことをパッケージングするっていうのが原点で終着点なんで。先のことはわからないですね。

――あと、いまさらですけど、ここの秘密基地感っていったらないですよね(笑)。

まさに“大人の秘密基地”!

JINYA : 今日のミーティングを渋谷の某所でやりますとかだったら、こういう話はできなかったと思うんですよ。まずはここに来てもらうってことがあって、ここに感動してほしいなと思ったんです。

――ほんと来てよかったと思っています。最初はなんのテーマも決まってなかったですし、インタビューもセッションでしたからね。

JINYA : 俺も最初は、ここに来たときのショックとかをタンタンとしゃべろうかなと思っていたけど、自然に言葉がたくさんでてきました。ここで感じたことがかなりの比率で占めているんですよ。それだけ、ここで起きていることは自信がありますね。

夏木 : あと楽しむからこそ、いいものを作って受け取ってもらいたいって気持ちはありますよね。

JINYA : そうそうそうそう。そのへんは果てしないじゃないですか。どこまでもやりたくなるのはアーティストだからしょうがないんですけど。そこは肩の力抜いてやりたいなと思います。

PROFILE

33RECORD

ice cream studioに集う作品をお届けする不確定的コミュニティ・レーベル。3/3より33週連続配信企画スタート!初回の所属アーティストとして発表されたアーティストは、Lee "Scratch" Perry、Adrian Sherwoodとも共演した経歴を持ち、ドイツの老舗DUBレーベルなどからも称賛を集める“E.D.O. ECHO SOUNDSYSTEM”のJINYA、 90年代インディー・ミュージック・シーンを牽引したUK PROJECTの雄、<SECRET GOLD FISH>の長塚大地擁する“sundelay”、フリー・スタイル・ラップ・バトル<UMB 2012>CHIBA CHAMPION “田中光”、昨年待望の復活を果たした<downy>のギタリスト青木裕や<カヒミ・カリィ>との共作の発表でも話題を集める“hydrant house purport rife on sleepy”など、既にとても多種多様。

>>33RECORD OFFICIAL WEB

JINYA

dub engineer、composerDUBプロジェクト「E.D.O.ECHO SOUNDSYSTEM」の活動を中心に、トラック・メーカー、DUBミキサーとして様々なバンドへの参加等、活動は多岐にわたる。
現在は、Ice cream studioにて、セッション & レコーディングを繰り返し、精力的な音源制作。アナログ機材を駆使した縦横無尽なリアルタイムDUBを追求している。

>>E.D.O.ECHO SOUNDSYSTEM OFFICIAL SOUNDCLOUD

田中光

ラッパー。活動当初より、即興と楽曲を織り交ぜたライブを各地で行う。
様々なシーン、ジャンルとのセッションをライフ・ワークとし、独自の音楽を精製し続けている。
2011年 1st album 「PROOF」を田中光&MASAYA YONEYAMA名義で全国リリース
2011年 SSWSトーナメント優勝
2012年 戦極MCバトル優勝
2012年 UMB2012千葉予選優勝

Ruri Natsuki

Aimee Artist[Photo,Art,Drawing,Music]
写真や絵、雑貨やアクセサリーの制作活動をしている。何かを表現、創りだす事を愛して止まない為、活動は多岐にわたる。 33RECORDのBiffSoundジャケット、アートワークを担当。 Aimeeとして楽曲にも参加している。

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

丈青、ライヴ・レコーディング作品をDSD11.2MHzで配信開始
[POWERPUSH]・2016年05月10日・DSD11.2MHzの先駆者、丈青のライヴ・レコーディング作品が配信開始!! 2016年3月11日から13日まで表参道のスパイラルを会場に行われた〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。現在OTOTOYで配信中のフェス内でのレコーディング作品のラインナップ(Suara×真依子、蓮沼執太、大木和音)に満を持して加わったのがSOIL&“PIMP”SESSIONSのピアニスト、丈青。 商用として世界で初めてDSD11.2MHzに挑戦し話題となった彼の前作『I See You While Playing The Piano』と同じスパイラルホールで録音されたのが『re: I See You While Playing The Piano』。前作とはほぼ異なる楽曲をたずさえた本作は、レコーディング&ミックスに奥田泰次、iFi Audio/M2TECHの協力の元、SPIRAL RECORDSよりOTOTOYにて1ヶ月先行配信開始! 彼の重厚なピアノの音色に酔いしれるとともに前作より経た2年間という歳月の軌跡を体感、そして客席とピアノの張りつめた対話をぜひ堪能ください。 丈青 / re:
by 中村 純
サニーデイ・サービス、発売20周年迎えた『東京』が完全リマスタリングでよみがえる
[POWERPUSH]・2016年05月20日・この素晴らしいアルバムを90年代から解放しよう──サニーデイ・サービス『東京』リマスター盤配信 現在に続く東京インディー・シーンの礎を築いたといっても過言ではない、いまなお輝き続けるロック・バンド、サニーデイ・サービス。彼らの作品の中でもひとしお愛され続ける『東京』が、発売から20周年を迎えた。そんなメモリアルな年を記念して、同作はオリジナルマスターテープより全曲完全リマスタリング、"2016年の『東京』"として生まれ変わった。 この作品を、その価値を、今一度見直すときがやってきたのである。現在の若きミュージシャンにも影響力を持つ『東京』の背景にあったものとは、そしていまも色褪せないその理由とは。世界中の土地、街、そこで鳴らされるグルーヴを探求するライター/エディターの大石始が、『東京』を語る。 オリジナルマスターテープより完全リマスタリングされたメモリアル盤!!サニーデイ・サービス / 東京'【Track List】01. 東京02. 恋におちたら03. 会いたかった少女04. もういいかい05. あじさい06. 青春狂走曲07. 恋色の街角08. 真赤な太陽09. いろんなことに夢中になったり飽きた
チェンバロの名器で継承するスパニッシュ・ピアノの絶技──大木和音、DSD11.2MHzライヴ録音作を配信
[POWERPUSH]・2016年05月12日・チェンバロの名器で継承するスパニッシュ・ピアノの絶技──大木和音、DSD11.2MHzライヴ録音作を配信 2016年3月11日から3月13日にかけて行われたハイレゾの祭典、〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。そのなかでも最終日は、中島ノブユキ、渋谷慶一郎のトーク・ショウやピアニスト丈青の公開ライヴ・レコーディングなどが開催され、ある意味で鍵盤楽器一色に染まった1日だった。 そしてその日、ライヴ・レコーディングに臨んだもうひとりの才女が、ピアノの原型となった鍵盤楽器、チェンバロの奏者として世界で初めてDSD11.2MHzレコーディングを行った大木和音。しかも今回は、同じDSD11.2MHzレコーディングといっても、オーデイエンスを目の前に極限の緊張感をまといながらの録音。彼女の新たな挑戦ともいえるレコーディング作品をOTOTOYで独占配信します。 それにともない大木和音と本公演を企画し世界的に活躍する調律師、狩野真のふたりを迎えてインタヴューを敢行。本作ができるまでの裏側やOTOTOYではあまり馴染みのないかもしれないチェンバロの魅力を大いに語ってもらった。 大木和音 /
by JJ
Have a Nice Day! の新作を1週間先行配信開始&ネイチャー$EKIとの対談掲載!!
[POWERPUSH]・2016年05月04日・ハバナイ新作登場! そして東京アンダーグラウンドの双璧、ハバナイ浅見北斗とNDG $EKIが語るシーンの"これからと未来" 2015年11月、クラウド・ファンディングにより『Dystopia Romance』のフリー・リリース・パーティーを恵比寿リキッドルームで成功させたHave a Nice Day! (以下、ハバナイ)。そしてその模様をとらえた『Dystopia Romance release party@LIQUIDROOM』や、アンセム集ベスト『Anthem for Living Dead Floor』など、彼らは昨年末から今年にかけて立て続けに作品を送り出してきた。 その飛ぶ鳥を落とす勢いのハバナイが新作『Dystopia Romance 2.0』をリリース。新たなアンセムと呼ぶにふさわしい「ファウスト」やとびっきりラヴリーな「LOVE SUPREME」、さらにworld's end girlfriendとコラボを果たした「NEW ROMANCE」など全6曲が収録されている。 そんな本作をOTOTOYでは1週間先行配信を開始!! それにともないハバナイ浅見北斗、同じ東京アンダーグラウンド・シーンで
by JJ
2016年、最大の問題作にして大名盤!!ーLess Than TV主宰、FUCKERこと谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース!!
[POWERPUSH]・2016年04月22日・2016年、最大の問題作にして大名盤! ! Less Than TV主宰、FUCKERこと谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース! ! 君はカスか? もし君がカスで、FUCKERを聴いたことがないのなら、今すぐにでも聴くべきだ。 20数年に渡り、日本のアンダーグラウンド・シーンを切り拓き続けてきているレーベル、Less Than TV。そのレーベル・オーナーとして、数々の素晴らしいバンドたちを送り出してきただけではなく、自らもU.G MANやGOD’S GUTS、we are the world、younGSounds、idea of a joke等のバンドで活躍してきた男、谷ぐち順。諸事情により、フォーク・シンガー"FUCKER"となって数年、自らの私生活をさらけ出しながら、日々の喜怒哀楽を時にファニーに、時にシリアスに、そしてハードコア・パンクスとしてのラディカルさと、ポリティカルなメッセージを込めて歌う姿は、唯一無二以外の何者でも無い。 そんな男が産み出した渾身のソロ・1stアルバムは、伊豆にて録音が行われ、エンジニアとしてAxSxE(NATSUMEN)が参加。むき出しの魂が隅から隅にまで
でんぱ組.inc、待望のニュー・アルバムをハイレゾ配信!
[POWERPUSH]・2016年04月27日・新しい冒険への果敢な挑戦ーーでんぱ組.inc、待望のニュー・アルバムをハイレゾ配信 でんぱ組.incが前作からおよそ1年ぶりのアルバムをリリース。ゆず北川悠仁 × ヒャダインによる「おつかれサマー!」や、漫画家・浅野いにお作詞「あした地球がこなごなになっても」、配信シングルに加え、もちろん新曲も収録された全15曲は、アルバム・タイトルどおり「GOGO」な内容に! どの曲も音がとても緻密なので、ハイレゾでお聴きいただくのがオススメです! でんぱ組.inc / GOGO DEMPA'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 3,240円(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,057円【Track List】 ''01. GOGO DEMPA / 02. 破! to the Future / 03. ファンファーレは僕らのために / 04. 惑星★聖歌 〜Planet Anthem〜 / 05. STAR☆ットしちゃうぜ
エゴラッピン、20周年の軌道を収めたベスト盤をリリース
[POWERPUSH]・2016年04月23日・ルーディ、エレガント、そしてスウィング──エゴラッピン20年目のベスト&カヴァー・アルバム 圧倒的な歌声を持った中納良恵と唯一無二のソング・ライターであり、ギタリストでもある森雅樹によるユニット、エゴラッピン。1996年結成、1990年代後半には大阪から音楽シーンへと颯爽と現れ、今年は記念すべき、活動20年目の節目となる。そんな20周年を迎える今年は全国ツアー「EGO-WRAPPIN' live tour "ROUTE 20 HIT THE ROAD"」や、その集大成ともいえる11月27日(日)の日本武道館公演が決まっている。さて、そんな節目の年に、まずはここにCD3枚組分のベスト盤『ROUTE 20 HIT THE ROAD』がリリースされた。2枚分の内容はいわゆるベスト盤、そして残り1枚分には、デヴィッド・ボウイやカーティス・メイフィールドから、彼らの真骨頂とも言える昭和歌謡、そして“たま”のあの曲まで手がけた、色彩豊かなカヴァー集を併録している。こちらは彼らの音楽的ルーツを反映させたものだとか。彼らのそのセンスを存分に味わうことのできる作品となっている。 EGO-WRAPPIN’ / ROUTE 20
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】M2TECH「JOPLIN MK2」
[POWERPUSH]・2016年04月21日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第10回】M2TECH「JOPLIN MKII」 近年、アナログ・レコードの復権という話題がメディアを賑わせるようになった。日本レコード協会によれば、2015年の日本国内のアナログ・レコードの売り上げは前年比165%に増加したという。アメリカやヨーロッパでも同じような増加傾向にあるという。 僕自身、一時期はCDでは手に入らない古い音源を中古レコードで探すだけになっていたのが、最近はまた新譜をアナログ・レコードで買うことが多くなった。すると、アナログ・オーディオ機器への興味も再燃し、レコード・プレイヤーやフォノ・イコライザーをあらたに買ったりもしている。 デジタル・ファイルによる音楽配信ビジネスに関わっている僕が、アナログ・レコードのファンであるというのは矛盾しているように見えるかもしれない。が、16bit/44.1kHzというCDの規格に疑問を抱いたそもそものきっかけは、アナログ・レコードのサウンドの方が良いと思える作品が少なくなかったからだ。 16bit/44.1kHzのPCMもよりも良い音を求めて、ハイレゾのデジタル・ファイルへ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事