【ゴリラ】レペゼン地球の紙芝居ラッパー!?ーー元HAPPY BARTHDAY・あっこゴリラに迫る独占ロング・インタヴュー

元HAPPY BIRTHDAYのドラマー・あっこが、紙芝居をめくりながら自作トラックにのせてラップをするストーリーテラーMC、あっこゴリラ。相方のドラマー兼格闘家のカディオとともにTVの映り込みをしたと思ったら、ガチのMCバトルへ参加するなど謎の行動力で各所で爪痕を残している。そんな彼女が向井秀徳への愛を詰め込んだ人気曲「向井さん」をOTOTOY独占でハイレゾ配信するとともに、あっこゴリラのいまをインタヴューで切り取った。6月30日の聖誕祭を控え、気力溢れるあっこゴリラに要注目だ!!

ライヴでの人気曲を初ハイレゾ配信

あっこゴリラ / 向井さん

【配信価格】
単曲 150円

【配信形態】
24bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC :

ハイレゾについてはこちらから

INTERVIEW : あっこゴリラ

ゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラゴリラ!!

(元・HAPPY BARTHDAYのドラマー・あっこが、紙芝居をめくりながら自作トラックにのせてラップをするストーリーテラーMC、あっこゴリラ。アーティスト写真からするにイロモノの匂いがプンプンするけれど、家族のことなどをテーマにしたリリックは、コミカルながらメッセージ性に溢れた熱いものになっている。最近ではMCバトルに参加して即興ラップをしたり、自主企画を行なったり、活動の幅も広がっており、多方面で気になっている人も増えているのでは? そんなあっこゴリラの今を切り取るため、ロング・インタヴューを行なった。世の中、生きづらいという人へ向けて、泣きながら笑える紙芝居ラップよ、届け!!)

インタヴュー & 文 : スカムライター西澤くん

かっこよくて、面白いものの象徴がゴリラだと思っていて

ーーテレビのお天気コーナーの後ろで、あっこさんと相方の2人が写りこんでいる画像がFacebookにあがっていましたけど、あれって本物なんですか?

あっこ : 本物です!

ーーあんなにはっきり映るもんなんですね(笑)。

あっこ : 「5時に夢中!」は映りやすいですね。こないだPON! を狙ったんですけどダメで。天達も狙ったんですけど、綾瀬はるかと広瀬すず、長澤まさみ、夏帆がゲストに来ててコーナーがなくなっちゃって、超朝早く起きて行ったのにダメでした。

※あっこゴリラより映り込みの画像をもらったのですが、思いっきり一般のお客さんと映っているため、掲載は見送らせていただきました。

ーーあはははは。そもそも、あっこゴリラは、HAPPY BIRTHDAY時代に生まれたプロジェクトですよね。

あっこ : そうですね。もともと、バンドの時にめちゃくちゃ気をつかっていたというか、きーちゃんの才能のおかげで私はドラムを叩かせてもらってますって意識がすごくあったんですけど、私も当事者なんだからやれることをやろうと思ってライヴでちょっと自分を出してみたんですよ。そしたらそれが結構ハマった気がして、それを追求していくなかで生まれたんです。

ーー自分を少しずつ解放しながら自分を見つけていったみたいな感じなんですね。

あっこ : そうですね。この前、元女子アナの小島慶子さんの「波瀾万丈」みたいな番組を観たらすごく共感しちゃって。小島さんは自分が本当に大嫌いで摂食障害だったんですって。でも、なんとか爪跡を残して人が喜んでくれたら、自分のことを好きになれると思ってガツガツいったらしくて。それを聞いて、うわ! 一緒すぎる!! ってなりました。

ーー自分を出していく中で、なんでゴリラだったんですか?

あっこ : それはたぶん、自分が嫌いだから。あと、私はゴリラが大好きなんですよ。かっこよくて、面白いものの象徴がゴリラだと思っていて。自分が笑われて、よかったなと思うタイプの人間なんだなと思ってます。


あっこゴリラLIVEダイジェスト

ーーなんで、そういうふうに思うんでしょう? 家庭環境とかも影響している?

あっこ : なんでですかね? あ、新興宗教の話、しましたっけ?

ーーしてないです。

あっこ : うちのお母さんが新興宗教にどんハマりだったんですよ。小学校の三者面談で先生にプレゼンしてたんですよ。やばくないですか(笑)?

ーーたしかに聞いたことないです(笑)。

あっこ : その宗教を辞めさせたんですけど、今度は自分の生きがい探しに必死になっちゃって。ただ、うちのお母さんは、みんなのためにやっているって信じこんでいて。こいつ笑顔で人殺しかねないなみたいな、そういう危ない女ですね。すっごい苦手だし一緒にいると喧嘩も絶えないけど、毎朝早朝に起きて、ラジオ体操するエネルギーの塊なんですよ。そのエネルギーにもうちょっと脳みそがあったら、すごいことを成し遂げられたんじゃないかと思って、そういう面ではすごくリスペクトしてるんですよ。

ーーたしかにそうかもしれないけど。

あっこ : あと、小さい頃からセミナーとかに行かされまくってたんですよ。「赤ん坊はみんな握りこぶしをしながら産まれて来ますよね。何を握ってると思いますか? 夢と希望を握って産まれてるんですよ!!」とか言われるんですよ。で、「私は絶対にこの会社を裏切りません!!」って、会社の社長の肖像がどーんって出てきて、一生ついて行きます!! とかなんか言ってて、どぅどぅーん! ってBGMが流れて。

ーーそんなの現実にあるんですか(笑)?

あっこ : あるんです!! あと小学校の時、女社会に溶け込めなくて。ボスに認められた瞬間、他の部下たちが手のひら返しみたいな感じだったんですよ。だから、自分がピエロみたいな感じになって、友達を作るっていうコミュニケーションをしてきたんです。ただ、バンドって気を遣っててもダメじゃないですか? 自分のそういうところも解散の原因だったと思いますね、これ、長いスパンをかけてカウンセリングしていかないとなって。直していかないとなって本当に思ってます。

なんだかんだ楽しくしたいし、面白いものが最強だと思う

ーーそもそも、ラップは以前からやってたんでしたっけ?

あっこ : 趣味で、HAPPYBIRTHDAY時代から、ガレバンでトラック作ってラップしたりしてました。リップスライムとか好きだし、すっげー楽しいんですよ。ドラムと似ているっていうと怒られるかもしれないけど、ビートを司る遊びだなって。あと言いたいこと言えるし。1人でやるならラップですね。またバンドやったらドラム叩きたいですけどね。でも6月30日の生誕祭ではドラム叩きます!

ーー最初から、あっこゴリラはお兄ちゃんのこととか、身の回りとか好きなものとかを取り上げていましたよね。

あっこ : 正直言って、テーマは一貫しているんですよ。お兄ちゃんのことも、お兄ちゃんには生きづらい世界だけどかっこいいよって言ってる曲で、それを一貫してるんだねって言わせる曲がいまはないから、テーマがわかりづらいかもしれないですけど。


あっこゴリラ「お兄ちゃん」

ーーお兄ちゃんの曲には、どういうテーマが込められているんですか。

あっこ : お兄ちゃんは電車が好きで、ずっと鉄道会社を受けていたんですけど、4年間就職が決まらなくて。「お兄ちゃん、面接でなんて言ってるの?」って訊いたら、「長所は明るいところです。短所はありません」って言っているらしくて「いや、おめー明るくないだろ、短所がない人間なんてこの世に一人もいないよ」って言ったんですよ。そしたら「じゃあ、巨人の亀井も短所あるの?」って。まじ、こいつ本気で言ってるの? と思って「これ、なんにも考えずに丸暗記して。朝何時に起きてこれ5回読んで」って具体的な指示をして、その通りにやったら受かったんですよ。

ーーおおおお。

あっこ : でも、仕事ができないっていうのでいじめられちゃうんですよ。お兄ちゃんは、電車が好きなピュアな青年なのに。いじめっていうか、意地汚い社会によく転がってるそういうやつですよね。ちっちゃい頃、養護学校に行かされてたけどギリ自閉症の重度ではないから普通の学校に通っていて。そういう人ってまじでいっぱいいるから。ってか、人間なんでどっからどこまで病気かっていう線引もわからないじゃないですか? そういうのってすっげえむかつくじゃないですか。お兄ちゃんになるべく生きやすくなって欲しい。って思ってる矢先に自分も生きづらいし。

ーーあっこさんはすごく気をつかってくれる性格ですもんね。

あっこ : 私はすごくシャイだから、素でいることが耐えられない。打破する方法を一個一個考えちゃうんですよ。イケメンとの対峙の仕方、とか、苦手なクラブの倒し方、とか。そういうの言うと、お前馬鹿じゃねえのって言われるんですけどね(笑)。でもしょうがない。

ーーそういう想いをあくまでコミカルな感じにアウトプットしていこうと。

あっこ : やっぱり、なんだかんだ楽しくしたいし、面白いものが最強だと思うから。

3回ゲロを吐きました

ーーそんななか、ガチなMCバトル・イベント〈戦極MCBATTLE〉に出演されたんですよね。

あっこ : まだ解散も決まっていない1月とか2月とか、とりあえず動くしかないってときに、ラッパーのKEN THE 390さんに引き上わせてもらって「バトル出るといいよ」みたいにアドバイスをもらったんですよ。爪跡を残せると面白いんじゃない? って。その場で〈罵倒〉ってMCバトルにエントリーしたんですけど、これが所謂ラッパーのDQNしかいない下町のバトルで。

ーー今まで、あっこさんがいた場所とは全然違ったんじゃないですか。

あっこ : 3回ゲロを吐きました。

ーーたった1人で殴りこみに行くような状況ってことですよね。実際、どうだったんですか。

あっこ : ほんっとに怖かったです!! 両国駅を何周もして、ブルブル震えながら帰ろうかなって悩んで。でも、やってよかったですね。バトルだと、本当に心と心の殴り合いでコミュニケーションをとれている感じなんです。もちろん、いろんなこと言われますよ。私が〈イロモンポケモンテクマクマヤコン〉って言ったら、相手が〈テクナイマンコ〉とか言ってきて(笑)。思ってることをそのまま言ってくれるからこっちも、あれだからこうだよねって言えるし、すっごく気持ちよくて。日常生活だったら絶対に言えないし、思ってても言わないし。でもバトルって、言うのがゲームだからみんな言うし、ピュアだからすっげーうわーって感じでした。

ーーそういう場所に行って逆に気遣ってたら変ですもんね。

あっこ : そうなんですよ。だから私にとってのカウンセリングというか、荒行時なのかも。ラッパーさんはみんな誇り高くて、私が自分を下げるようなこと言うと怒ってくれる。本当に、リスペクトしてます。

ーー最初に出場した〈罵倒〉は何回戦かまで勝ち進んだんですよね?

あっこ : ベスト16までいきました。最初は、バトルのことが全然分からなくて、台本を全部暗記するもんだと思っていたんですけど、緊張しすぎて全部飛んじゃって。ラップにもなってないけど、とにかく自分の思いを言ってたんですよ。〈お前とは本気のベクトル違うけど私はわたしでやってんだよ!!〉みたいなことをがーって言えて。予想外のことがいっぱいくるし、台本とか用意しても勝てるものじゃないなって1回経験してわかりました。

ーーかなり実践的に自分を追い込んでいる感じでたくましいですね。そういえば、アーティスト写真であっこさんの隣にいる相方はどういう方なんですか。

あっこ : 6月30日のイベントのためにTシャツを作ろうってことで、モデルを探すためにTwitterで募集したんですよ。マッチョな黒人がいたらここまで連絡くださいみたいな。それには応募が来なかったんですけど、記憶を手繰り寄せてドラマーのカディオっていう格闘技もやってるやつがいると思って。それでモデルをやってもらったとき、私とこの並んでるこの感じがめちゃめちゃいいと思って、ユニット組んじゃわない? って言ったら「いいっすよ」みたいな感じでユニットを組みました。

ーーすでに、音楽の部分でなにかやっているんですか?

あっこ : まだ映り込みしかやってないです。

ーーあはははは。

あっこ : 6月のイベントでは、シャドーボクシングをやってもらおうかなって思ったんですけど、ちょっと嫌がってたんですよ。「まじでイヤなの!? 格闘家なのに!?」と思って。もしかしたらレースクイーンとかがプラカードを持っているみたいな感じで紙芝居を持ってもらおうかなって。もちろんボクサーパンツ一丁で。そういうのもいいかなと思ってます。あと、ドラムもめっちゃ上手いんで、1曲くらい叩いてもらってもいいのかなって感じですね。

最終目標はお兄ちゃんにこの世は素晴らしいって思わせたい

ーー(笑)。あっこさんは、ヒップ・ホップの世界で、この人すげえなとか憧れている人はいますか?

あっこ : 武井壮さんですね。ヒップ・ホップの人じゃないですけど。

ーーなんでですか(笑)?

あっこ : 本当に好きなんですよ!! 武井壮さんを見てて誰も不幸にならないし、すっごいおもしろいし、元気になるじゃないですか。そう思う人が他にもいっぱいいるだろうし、人を元気にする人が私は大好きなので。武井壮さんの特技は、動物の倒し方じゃないですか。だったら、私は社会の倒し方ですね(笑)。しがらみのね。レペゼン地球っていう武井壮バイブスで、キャバクラ営業からヒップ・ホップバトルからライヴ・ハウス、お笑いイベントまでレペゼン地球のゴリラ・バイヴスでやっていこうと思ってます。

ーー音楽に限らず、社会を生きやすいものにすることに関してはなんでもやろう、と。

あっこ : うん。それを思うと、自分はミュージシャンじゃないのかなと思ったりもしちゃうけど、でもビートが好きっていうのはあります。最終目標はお兄ちゃんにこの世は素晴らしいって思わせたいっていうか、お兄ちゃんに生きやすくなってほしい。

ーーちなみに、紙芝居ラッパーあっこゴリラにとって、紙芝居っていうのは重要な道具なわけですよね。

あっこ : 全然重要じゃないです!! マイクでラップをしているだけじゃつまらないだろうなと思ったから、宴会芸みたいな感じで「次はこの曲」みたいな感じで使ってみただけなんですよ。ただ私、人にプレゼンするのがめっちゃ好きで!! これ性癖なんですけど。だからラッパーというより、ストーリーテラーMCって呼ばれる方がしっくりきますね。そういう意味じゃ、紙芝居ラップは自分の性格に合ってるのかもしれないですね。今後はもうちょっと紙芝居のスキルあげたいなって思います(笑)。

ーーそうやってプレゼンするには紙芝居がすごく便利なわけですね。

あっこ : 簡単です。便利だし。今後はもうちょっと紙芝居のスキルあげたいなって思います(笑)。

ーー紙芝居のスキルってなんでしょうね(笑)? いまは手探りながら、自分のスタイルを確立していく段階ですね。

あっこ : そうですね、4月に解散して、いまはカウンセリング期間ですね。でも、とにかくいつ死ぬかわからないから、行動あるのみ。行動しなきゃ人生が動かない。自分の場合はそう思います。とりあえず年内にアルバム作りたい。あと、カディオもそろそろ映り込み以外の活動をしたいと思うので(笑)、一緒に面白いことやれたらなって思います。

RECOMMEND

HAPPY BIRTHDAY / デートにいけない日曜日

2人組ガールズ・バンドが奏でる、シンプルなラヴ・ソング。しかし、ただのラヴ・ソングじゃない。全てが「ソング・フォー・ユー」、全てが究極の「失恋ソング」全8曲を収録。

坂口喜咲 / 朝が壊れてもあいしてる

元HAPPY BIRTHDAYの坂口喜咲が、1stソロ・アルバムを自主レーベルよりリリース。作詞・作曲・編曲を自らが手がけ、彼女と親交のある愛しい仲間たちによって作り上げられたトータル・プロデュース作。坂口喜咲を全部表現したかったという全9曲は、これまでのイメージを壊すようなインタールードから、憧れの90年代サウンドを表現した楽曲、演歌を意識した楽曲までバリエーション豊かな内容に。

>>>坂口喜咲へのインタヴューはこちら

ZAZEN BOYS / すとーりーず

2011年の初頭にデモ制作を開始し、メンバーによる永遠に終わらないマツリ・セッションを経て、2012年初頭より本格的レコーディングを開始したという本作は、これまで以上に研ぎ澄まされた作品へ昇華。作詞作曲、録音、ミックス、ジャケット、PV撮影編集など、マスタリングを除く全ての制作作業を向井秀徳がマツリスタジオにて行い、 70年代より数々の名作を手がけたUKの巨匠エンジニア、Kevin Metcalfe(The soundmasters)が、マスタリングおよびアナログ・カッティングを担当。ZAZEN BOYSの新たな名作がここに誕生!!

>>>向井秀徳へのインタヴューはこちら

LIVE INFORMATION

あっこゴリラ(ex.HAPPYBIRTHDAY)初自主企画!
あっこゴリラ生誕祭〜ゴリラはみんな大体友達〜

2015年6月30日(火)@月見ル君想フ
時間 : 開場 18:30 開演 19:00
料金 : 前売 2,000円(ドリンク代別)
出演 : あっこゴリラ(ex.HAPPYBIRTHDAY) / ササキシホ(ゆるめるモ!) / ジョニー大蔵大臣 (水中、それは苦しい) / 森心言 (Alaska Jam) / ハジメファンタジー (センチメンタル研究家) / プティパ -petit pas!- / 細身のシャイボーイ / ぼく脳 (NATURE DANGER GANG) / 柿澤秀吉 (秀吉) / DJしもっきー
スペシャルゲスト : おかもとえみ(Ba) / にしのえみ(Key) / 渋谷勇太(赤い猫)(Gt) / カディオ(格闘家)

PROFILE

あっこゴリラ

紙芝居をめくりながら自作トラックにのせてラップをするストーリーテラーMC。

官能小説家の父、
新興宗教にハマりあげる母、
鉄ヲタの兄を持ち、
それぞれの家族が不器用に生きる様を、紙芝居ラップで紹介している。

紙芝居ラップという手法に行き着いたきっかけは、幼い頃に母に連れられた数々の自己啓発セミナーの影響で”無類のプレゼン好き”という性癖になってしまったことからだと考えられる。

将来の夢は、不器用で要領の悪い(うちの家族のような)人間でも解放できるきっかけ、場、存在になること。ゴリラは、そんな世知辛いコンクリートジャングルをたくましく生きるバイヴスの象徴から由来している。(とか言いつつ、普通にただゴリラが好き)

レペゼン地球バイヴスで、ライヴハウスからアイドル、クラブ、キャバクラ・MCバトル、お笑いイベントまでジャンルレスに活動中。

>>あっこゴリラ official website

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介