少し遅れてやってきた衝動! フラットライナーズ

フラットライナーズ / 不運な人

【トラック・リスト】
01. トゥルーラブストーリー / 02. 不運な人 / 03. ヘルシーガール / 04. パインボックス / 05. セダン / 06. 犬の一生 / 07. 狭き門 / 08. 遠くへ行きたい / 09. ビューティフルガール / 10. ボーイズ&ガールズ世界大会 (M10はアルバム購入者のみのボーナス・トラック)

「憎らしいほどカワイイ奴ら」 ―浦沢直樹
「不思議な脱力感。かろやかな失望。だるくてゆるい希望。この人たちの音楽は癖になる」 ―角田光代

新しいものが求められる社会で意地を見せる不屈のバンド

ここ数年、特に時代の変わり目にいると実感することが多い。僕たちは今までにないくらい変化の早い社会に生きている。今はTwitterやYouTubeを活用しているけれど、数年後にはまったく別のツールを使っているかもしれない。便利になっていくのはいいけれど、そのスピードに置いていかれてしまうのではないかと心配になることもある。そんな高速道路並みの社会に生きていると、逆に変わらないなものに惹かれることも少なくない。一瞬で全てを覆してしまうようなものよりも、時間をかけて層をなしていったものが愛おしくなる。そういう意味で、フラットライナーズというバンドも、不器用ながら時間をかけて厚みを増してきたバンドである。その積み重ねは、彼らの音楽を語る上では欠かせない。

『MONSTER』や『20世紀少年』など、多くの名作を生み出している漫画家、浦沢直樹のアシスタントだった石川俊樹(Ba/Vo)、佐藤誠司(G/Ch)。その2人が1990年に結成したバンドを母体に、幾度かのメンバー・チェンジを経て、2003年頃、現在のメンバー構成に落ち着いた4人組。バンド暦は20年を越え、現メンバーになってからでさえ8年も経っている。今作『不運な人』は、満を持してのファースト・アルバムになる。

考えてみると、影響を受けたバンドの固有名詞がバンバン浮かんでくるようなバンドは、最近では案外思い浮かんでこない。ましてや、80年代後半以降のUSインディー・ロックがここまでにじみ出ている作品には、なかなかお目にかからない。それも表面上だけをなぞったモノマネ的なものではなく、影響から一生逃れられないくらい染み付いている感じがたまらない。一聴すると、PAVEMENTやBuilt to Spill、PIXIES、Superchunkなどの音楽を思い起こさせるけれど、よく聴いていくと、ボトムには初期WEEZERの泣き虫ロック的なエモーショナルも見えてきて、なおさらグッと来る。そうしたサウンドに乗る、YO-KINGにも似た真っすぐで力強い石川のヴォーカルがいいアクセントになっている。歳を取ることで油が乗ってきていることは間違いないだろう。

これだけ影響が見えると単なる懐古趣味にもなりかねない。しかし、好きなことを突き詰めて何十年もやり続ければ、オリジナリティに行き着くということを彼らは身をもって教えてくれる。もちろん単純に真っすぐやってきたのではなく、自分たちのアイデンティティに悩み、“3歩進んで2歩下がる”ことを繰り返しながら続けてきたのだろう。だからこそ、これほど時間がかかったのではないか。悩みながらも決断し自分の道を進む大人たちによるロックがここにはある。

歌詞を見ると、世の中に対するあきらめや、斜に構えたような感覚があるように見える。しかし心の奥底ではあきらめてなどいないことは明白だ。それは楽曲からも響いてくる。強い希望の光が楽曲の奥底にある。そもそも希望がなければ、20年近くバンドを続けてきていないはずだ。また、石川は大学でマンガコースを受け持っている。Twitterやブログには、生徒たちに対する熱い想いと、漫画に対する情熱が綴られている。音楽に対しても、漫画に対しても、希望を持ち続けて生きてきた人たちなのだろう。自分が信じたものに対するあきらめの悪さみたいなところが何よりの魅力になっている。アルバム・タイトルが『不運の人』というのも、皮肉っぽくてニヤッとしてしまう。決して不運な人たちなんかじゃないということは、本人たちが一番分かっていることだろう。これまでやってきた自信と誇りが、それぞれの中で光っているのが見えてくる。新しいものが求められる社会において、一本の軸を持ち意地を見せる不屈のバンドだ。(text by 西澤裕郎)

不器用な男が歌う愛おしいロックンロール

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / Official Bootleg 2011 -LIVE in KYOTO & TOKYO -

日本各地のライヴにソロ/バンド問わず、年中ひっぱりだこ。2011年9月にはデビュー・アルバムにしてベスト・アルバムとも呼べる名盤『GOLDEN TIME』を発表し、2011年、飛ぶ鳥落とす勢いで全国にファンを増やしていった奇妙礼太郎。本作に収録するのは2011年10月23日に行われた京都のインディー・フェス「BOROFESTA'11」でのライヴと、2011年11月13日、渋谷WWWで行われた「OTOTOY presents VANISHING POINT」でのライヴの模様。酔いしれながら聴くもよし、ドンチャンしながらみんなで歌うもよし。大阪が誇るグッド・シンガー、奇妙礼太郎に何度でも心奪われてください!

>>>特集ページはこちらから

BOGEY / 青い春

福岡を拠点に、トロピカル&ダンサブルなバンドnontroppoの活動のほか、最近ではルーツである弾き語りでのライヴも積極的に行っているBOGEYから、ライブでの定番曲であり永らく音源化が望まれていた名曲「青い春」を含む13曲入りのアルバムが到着! 本作は、限りなくいつも通りのライブに近いコンディションで録音をする為に、“魔王セッション”と銘打たれ、一曲録るごとに焼酎「魔王」で乾杯。呑むほどに酔うほどに絶好調になっていくという“酔拳”方式で録音されています。弦が切れても、コード間違っても、声が裏返っても、演奏がノッていればOK! 福岡の個性派ミュージシャンやおとぎ話のメンバーを迎え、表情豊かな作品が誕生しました。

>>>特集ページはこちらから

マーガレットズロース / 大ワンマン2009~2009.12.26@新代田FEVER

日本語詞によるロックンロールの可能性を追求するマーガレットズロース。彼らが2009年12月26日に新代田feverにて行った"ロックンロールアニマルツアー"ファイナル・ワンマンの模様を鮮明に記録した本作。会場の熱気と息づかい、ロックンロールの衝動、彼らの声から気付かされる日本語の美しさをご堪能ください!

>>>特集ページはこちらから

フラットライナーズ LIVE SCHEDULE

『不運な人』レコ発スペシャル“MOONLIGHT DRIVE 8”
2012年2月12日(日) @新宿MOTION
OPEN 18:00 / START 18:30
前売り : 2,000円 / 当日 2,300円 (共に1drink別)
W / Hello Hawk / room202 / toddle

フラットライナーズ PROFILE

漫画家、浦沢直樹氏のアシスタントだった石川、佐藤が1990年頃バンドを結成。幾度かのメンバー・チェンジを経て2003年頃に現状のメンバー構成に落ち着く。なおドラムの磯は石川の妻であり自身のバンド「Sweet Sunshine」ではピアノ&ヴォーカルを務めるが夫の依頼で初心者ながらドラムで加入、ギターの井上はtoddleの小林愛氏のバンド「swarms arm」でも活躍していた。2007年頃から三軒茶屋Heaven’s doorを中心に各種レコ発イベントや企画に参加するかたわら、盟友「room202」と共同企画『MOONLIGHT DRIVE』をスタート。師匠である浦沢直樹氏とは、2009年の自主企画、2010年の「Sweet Sunshine」企画のライブで2度共演を果たしている。また2011年2月には新宿「MOTION」にてtoddleと共演している。2012年2月12日にはレコ発を開催予定、toddleの参加が決定している。

>>>フラットライナーズ official website

o

 
 

"Everybody Listen!"の最新アーカイヴ

THE ANDS『FAB NOISE』インタビュー
[TRIAL]・2012年06月13日・ 1stアルバム先行販売開始! イチ早く聴いて、リリース前哨戦ツアーへ行こう 2011年、Vo&Gt磯谷直史(monokuro)、Ba朱雀佑輝(NANANINE)、Dr大坪徹志(hare-brainedunity)により結成された3ピース・バンド、THE ANDS。結成後、突如ミニ・アルバム『ONE』を発売し、その後も自主企画やコンピレーション・アルバムへの参加を果たしてきた彼らが、満を持してファースト・アルバム『FAB NOISE』を完成させました。1曲平均3分以下、全ての無駄を削ぎ落としたシンプルでソリッドな直系サウンド計12曲35分。60年代のブリティッシュ・ロック、90年代のオルタナティヴ・ロックやブリット・ポップをバックグラウンドにあげる彼らがミュージシャンとして築いてきた経験値はそのままに、ぶつかりあうサウンドは新鮮な衝撃に満ちています。また、今作は磯谷の故郷である福島に拠点を置くレーベルNomadic Recordsからのリリース。サウンドのみならず、意識面でも原点回帰した作品となっています。 OTOTOYでは、なんとCDの発売より約2ヶ月先駆けて販売開始。6月21日からは『FAB NOISE
by 渡辺 裕也
全曲フル試聴 EVERYBODY LISTEN! The Bootles『RED』
[TRIAL]・2012年02月08日・ 中期THE BEATLESを再現するユニットが誕生!世界を変えた伝説のロック・バンドと1文字違い(英字では2文字違い)の名を持つ彼らは、中期THE BEATLESを再現すべく結成されたユニット。結成の発端となる出来事が起こったのは2011年11月。巨大掲示板ウェブ・サイト「2ちゃんねる」で流れた「THE BEATLESの未発表アルバム『RED』がリリースされるらしい」というデマに踊らされ、末に落胆したミュージシャン3人が「ないのであれば作ってしまえ」と集まり完成させたのが本作『RED』。今作を聴いてTHE BEATLESを懐古するもよし、THE BEATLESの現代的な解釈として受け取るもよし。オリジナルへの深い愛に裏打ちされた完成度の高いオマージュ作をお楽しみください。 the Bootles / RED'【価格】MP3 : 150円 / 1000円WAV : 200円 / 1200円【Track List】''1. Heroin Baby / 2. Bloody Mary / 3. Kick in,Court / 4. Surfin United Kingdom / 5. Queen Of Night
by bobbiiiiie
BiSの発表前の音源を全曲フル試聴で!
[TRIAL]・2011年12月13日・ BiSの新作『primal.』発売! 振付もブッキングも自らこなすDIYアイドル、BiS。メンバー同士のディープ・キスやほぼ全裸のPVなどファンの度肝を抜くパフォーマンスもさることながら、クオリティーの高いロック調の楽曲を発表し続け、コアな音楽ファン層からも高い評価を集めている彼女たちが、ニュー・シングル『primal.』をリリース! 疾走感溢れるエモーショナルなリード曲のほか、クリスマスにぴったりの楽曲や90年代を代表する名曲のカヴァーまでを収録。恵比寿リキッドルームでのワンマン・ライブを大成功に収めた彼女たちの勢いは止まりません! BiS / primal.1. primal. / 2. eat it / 3. KFC / 4. ウサギプラネット / 5. YAH YAH YAH (オリジナル : Chage&Aska) 配信開始日 : 2011年12月21日※全曲フル試聴は終了しました。※Twitterのつぶやきの反映には時間がかかることがございます。その場合は少々お待ちください。 BiS『primal.』についてつぶやこう!
by オトトイ
全曲フル試聴『EVERYBODY LISTEN!』vol.3 白波多カミン
[TRIAL]・2011年11月18日・ 11月18日より全曲フル試聴企画「EVERYBODY LISTEN!」で紹介してきた白波多カミンの『ランドセルカバーのゆくえ』が、遂にリリースされる。リリース元は、これまであふりらんぽ、ミドリ、宇宙人などを輩出してきた大阪の老舗インディー・レーベル「ギューンカセット」だ。「巫女シンガー・ソングライター」という風変わりな肩書きが示すように、彼女は今年2011年に大学を卒業した後、神事に奉仕する巫女となった。しかし楽曲内の彼女は、常に何かを信じ身を委ねることを拒否している。なぜ彼女はその仕事を選び、且つ音楽を続けることを選んだのだろう。 今回のインタビューで彼女の口から頻繁に発せられた言葉、「せめぎ合い」。彼女の音楽はこの一言に集約されている。「あなた」を守ることと「あなた」を破壊することのせめぎ合い、幼さと大人のせめぎ合い、巫女であることと音楽を奏でることのせめぎ合い。それらの摩擦による痛感と快感のせめぎ合い。これほどに温度を持った荒々しい作品は、彼女本人であろうとも二度と作れないだろう。そしてこの先にはどんな作品が生まれるのか。今ある巫女シンガー・ソングライター、白波多カミンをインタビューで切り取り、ここ
by bobbiiiiie
THE TON-UP MOTORS『THE TON-UP MOTORS』を先行フル試聴スタート!!
[TRIAL]・2013年12月10日・ ダイノジ大地とともに、STV(札幌テレビ放送)制作のバラエティ番組「ブギウギ専務」で主役を務め、テレビCMやラジオのパーソナリティもつとめる男、上杉周大。そんなマルチな才能を持つ彼をヴォーカルに擁したソウル・ロック・バンド、THE TON-UP MOTORSが、活動13年目にしてメジャー・デビューを果たした。黒人音楽に影響を受けたメロディと日本語詞の融合。初めて観た人をも一瞬で魅了するライヴ・パフォーマンス。そして、メンバー4人のキャラクターにより、じわじわと話題を呼び、満を持してのメジャー・デビューとなる。それを祝い、OTOTOYではドッキリ企画を発動(笑)。なんでも、ギターの井上仁志、「ロック界のツッコミ王」と呼ばれているらしい。それなら、井上に存分にツッコんでもらいましょう。ということで、スキンヘッドの強面ライターをご用意しました。果たして、井上は「ロック界のツッコミ王」の面目を保てるのか? 別室でその様子を観ていたメンバーのネタばらしも含めて、じっくりお楽しみください!! メジャー・デビュー作を配信スタートTHE TON-UP MOTORS / THE TON-UP MOTORS'【配信価格】mp
Schroeder-Headz『Sleepin' Bird』をHQDにて配信スタート
[TRIAL]・2013年11月27日・ DE DE MOUSEのライヴ・ キーボーディストとしても知られる渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクト、Schroeder-Headz。クラブ・ジャズとオーガニック・グルーヴを繋ぐオルタナ・ピアノ・トリオとして、ジャンルを飛び越え、既成の概念を覆しながら活動を続けている。そんな彼が12月4日に最新作をリリース。いま、エレクトロシーンで最も人気のあるアーティストのひとりSerph、Revirthレーベル主宰のNUMB、シネマティックなサウンドが特徴的なポスト・ロック・バンドL.E.D.、さらにShing02までをもフィーチャーした贅沢な1作。リリカルなメロディが美しい10分超の大作「Harusame」など、充実の本作をHQD(24bit/48kHzのwav)で配信スタート!! そのサウンドに酔いしれてみてほしい。 新作をHQDで高音質配信スタートSchroeder-Headz / Sleepin' Bird【配信形態】 HQD(24bit/48kHzのwav)【配信価格】 単曲 200円 / まとめ価格 1,050円1. Sleepin' Bird2. Sleepin' Bird - remixed by
by 西澤 裕郎
bananafishの2ndフル・アルバム『SYNCHRONIZE』を先行配信開始&インタビュー掲載
[TRIAL]・2013年11月06日・ 2012年11月、渋谷クアトロでのワンマン・ライヴを成功させた、東京青山発のポップ・ロック・バンド、bananafish。OTOTOYでは、彼らの2ndフル・アルバム『SYNCHRONIZE』を、先行フル試聴&先行配信開始。UKロックを軸に、様々なジャンルの音楽を取り込み、独自の進化を遂げた、彼らの新機軸という作品になっている。2014年1月には赤坂BLITZでのワンマン・ライヴという、バンドとしての勝負に出たbananafish。その熱い想いをOTOTOYは、引き続きがっつり追っていく予定だ。まずは、本作を作るために通ったという埼玉山奥のスタジオ「ネバーランド」で、メンバー全員へのインタビューを決行。なんと、12月には真冬のネバーランドから生ライヴをUstream中継する予定だ!! 10月末から行なっている路上ライヴ、そしてネバーランドからのUstreamを経て、どのような成長を見せるのか。その後に繋がっている赤坂BLITZまでの道を、ぜひ一緒に追いかけてほしい!! 2ndフル・アルバムを一週間先行配信bananafish / SYNCHRONIZE'【配信価格】wav 単曲 200円 / まとめ購入
fula、初めての全国流通ミニ・アルバム『safari!』をリリース!
[TRIAL]・2013年10月17日・ ジャムを基調としたサウンドに温かい歌声を乗せる、4人組のポップ&ジャム・バンド、fulaが、初の全国流通盤となるミニ・アルバム『safari!』をリリース。「野外フェス」を意識し、遊び心にあふれた、心躍る作品となっている。 今回OTOTOYではメンバー全員にインタヴューを行い、収録曲を1曲ずつ紐解きながら、夏フェスへの想い、メンバーの生活環境の変化によりバンドに起こったことなど、多岐にわたって話をきいた。fulaがいま充実した状態にあり、これから見逃せない存在になっていくことが読み取れることだろう。ぜひ音源と合わせてこのインタヴューを読んでほしい。 fula / safari!!'【価格】WAV 単曲 300円 / まとめ購入 1,500円mp3 単曲 300円 / まとめ購入 1,500円【Track List】''1. orion coffee / 2. tropical5 / 3. can't go / 4. grizzly / 5. lala salama / 6. goyemon INTERVIEW : fula インタヴュー : 飯田仁一郎(Limited Express (has
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事