2013年9月に1stシングル『ミッドナイトConfusion』をリリースしたばかりの、堀江系ガールズ・グループ、Especiaが、アナログ・レコード『ミッドナイトConfusion』を発売。それを記念し、Especiaのサウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝と、2014年1月リリース予定のニュー・シングルに楽曲を提供するマセラティ渚(LUVRAW + Pellycolo)の対談を決行。ほとんど表に出てこなかった横山と、初めての露出となるマセラティ渚の貴重な対談は、「横浜」「概念」といった意外な展開へ。アナログ盤を買って、パスコードで音源をダウンロードし、対談をじっくりお楽しみください。


Especia初のアナログ・レコードを発売

Especia 2nd LP『ミッドナイトConfusion』

【配信】
アナログレコードについているパスコード・シートのみに対応

【Track List】
1. ミッドナイトConfusion
2. 海辺のサティ(Greeen Linez Remix)
3. 海辺のサティ(Vaxation Edit)




Especiaの1stシングルをHQD(24bit/48kHzのwav)で配信中!!

Especia / ミッドナイトConfusion

【配信価格】
HQD(24bit/48kHzのwav) : 単曲 315円 / まとめ 945円

【Track List】
1. ミッドナイトConfusion / 2. X・O / 3. 海辺のサティ

2014年1月8日 2ndシングル・リリース決定 & 記念ワンマン決定!!


2nd Single リリース記念ワンマン「Especia va Bien」

大阪
2013年12月26日(木)@あべのROCKTOWN
OPEN 18:00 START 19:00
前売り 3,000円 当日 3,500円

東京
2014年01月11日(土)@代官山UNIT
OPEN 17:00 START 18:00
前売り 3,000円 当日 3,500円

共にTICKET発売:10月26日10:00~

INTERVIEW : Schtein & Longer、マセラティ渚(LUVRAW + Pellycolo)

9月にリリースされた1stシングル『ミッドナイトConfusion』Especia』のレビューにおいて、僕はアイドルという言葉を一度も使わなかった。アイドルという記号抜きに、その楽曲を聴いてほしかったからだ。アイドルというストーリーがあってこその楽曲という捉え方はもちろん承知しているのだけど、単純に楽曲だけをピックアップしたい気持ちに勝てなかった。それくらい楽曲の素晴らしさというのが際立っており、そのセンスは他のアイドルグループから一歩も二歩も抜きん出ている。

そして今回、Especiaのサウンド・プロデューサーであるSchtein & Longerこと横山佑輝のインタビューが実現した。さらに、翌年1月8日にリリース予定の2ndシングルに曲を提供するマセラティ渚へのインタビューも同時に行うことに成功。マセラティ渚とは、ハマのトークボックス・メロウ・グルーヴを奏でるLUVRAW & BTBのLUVRAWと、「不機嫌ランデブー」を制作したトラックメイカーPellycoloからなるユニット。この対談記事が初登場となる。渋谷からOTOTOYまでの道のりで迷っているLUVRAWを待ちながら、ゆるやかに始まった対談をお送りする。

インタビュー & 文 : 西澤裕郎
写真 : 雨宮透貴

左から、横山佑輝、LUVRAW、Pellycolo

根底にあるのが、“ないものねだり”なんですよ

ーーLUVRAWさんが道に迷って遅れているので(笑)、さきに横山さんとPellycoloで始めさせてもらいますね。まず、お2人は、どちらのご出身なんですか。

横山佑輝(以下、横山) : 僕は、LUVRAW先輩と一緒で横浜です。
Pellycolo : 僕はシドニー生まれ、香港育ちです(笑)。
一同 : カッコいい(笑)!!

ーーそもそも、横山さんとPellycoloさんの付き合いは、2nd収録の「不機嫌ランデブー」がきっかけなんですよね。

横山 : そうですね。SoundCloudでPellycoloさんを知って、清水(大充)(Especiaマネージャー)さんにコンタクトとってもらったんです。そこでEspeciaの曲を送ったら興味を示してもらえたので、Pellycoloさんの曲を聴かせてもらって「この曲ください!」ってお話をしました。

ーーお2人は86年代生まれだから、ディスコやブギーってリアルタイムな音楽ではないと思うんですね。そこにハマった魅力ってどういうところにあるんでしょう?

横山 : なんですかねー。僕の考えとしては、根底にあるのが、“ないものねだり”なんですよ。生まれてすぐバブルを取り上げられ、不況だの失業率がなんだの、そういうディストピア感のなかで育ってきて、リーマンショック、そして震災があったんです。だから、音楽だけでも享楽的に生きさせてくれよみたいなとこがあって。その流れで、80年代の刹那的で快楽的な音楽への憧れが爆発したのかなと思います。

ーーその点、Pellycoloさんは、いかがですか。

Pellycolo : 僕もシリアスなものより、快楽的なものへの憧れがあって、昔のディスコのMVを観ると、黒人が超ダサい服装で踊りながら楽しそうに歌っているじゃないですか。そういう、いわゆる“ダサカッコいい”みたいなのが好きなんです。ディスコは単純にノリがいいし、踊れるし、そういうのがいいなって。

ーーそうした嗜好を、当時を知らない若い女の子たちがやっているってのも不思議ですね。

横山 : 僕らも時代考証をちゃんとしないでやってますからね(笑)。三番煎じぐらいの話じゃないですか。だから、本人たちも一切意味がわかってないと思いますよ。それをおもしろいと言っていただけてるので、それはそれでいいかなって。

ーー今回は『ミッドナイトConfusion』のアナログのリリース記念ということなんですけど、同じ楽曲をアナログ盤にすることで音の違いは感じましたか?

横山 : 僕はそんなに“音質厨”とかじゃないんでよくわからないんですけど、音が違うのは確かです。東洋化成さんでカッティングを見せてもらったんですけど、納品したマスター音源を比べると、CDの音とは全然違いました。

ーーPellycoloさんは、自分の曲をアイドル現場で聴いたときの印象はどうでした?

Pellycolo : 意外にハマってるなと思いました。元々、Especiaに歌ってもらうことを想定して作ってないんですよ。最初に「海辺のサティ」を書いたとき、アイドルに寄せた感じの曲を送ったんです。でも、横山さんから「もうちょっとPellycoloさんっぽくしてください」って言われて。
横山 : それはSCRAMBLES(BiSの楽曲制作チーム)で脈々と受け継がれてることで。BiSの楽曲制作においても、アイドル・ソングらしいものだったりBiSっぽく作ったものを出すと、100%差し戻されるんですよ。僕も同じ考え方なんですけど、Especiaっぽさを考慮しちゃうと、中途半端な感じになっちゃう。折角、いちトラックメイカーの方にお願いするのであれば、その方の特色やよさを最大限盛り込んだサウンドを出していきたいなって。
Pellycolo : それで送ったのが、いまの「海辺のサティ」なんです。
横山 : 送ってもらって、「これ! これ! これ! これです!」ってなりました(笑)。

Especia

ーーEspeciaを考慮しないで作ったものが、必然的にEspeciaらしさに繋がっていくというのがおもしろいですね。

横山 : そこはEspeciaの実力だと思うんですよ。ちゃんと噛み砕いて自分たちのパフォーマンスに昇華してやってくれている。やらされてる感のおもしろさも楽しみ方の一つとしてあると思うんですけど、彼女たちなりに昇華したパフォーマンスをしているところもおもしろい。

Especiaは概念なんです

ーーもう一つの特徴として、Especiaには“郊外感”というテーマがあるじゃないですか。

横山 : 出ましたね、郊外感というワード(笑)。

ーー(笑)。郊外といっても、横浜というイメージが強いですよね。

横山 : 横浜は概念です。「THE 港町!!」みたいな。ちょっとトレンディー感があるんですよね。キザな感じ。東京とかだともっとハイファイな感じだから。
Pellycolo : そうそう。なんかちょっとイメージ違いますね。
横山 : 概念としての都会というか(笑)。海もあるし、歓楽街、ベイブリッジ、中華街もあるみたいな。

ーーでも、横山さんは横浜出身ですよね? 概念じゃなくて、現実としてそこで暮らしてきたわけじゃないですか。

横山 : いや、僕は内陸のベッドタウンのほうに住んでいるんですよ。だから、外の人が撮った夜景とか、ショウアップされた横浜を、先に外から知るんです。だから、ショウアップされた横浜が概念化されている。その状態で、僕が電車で横浜に行こうが見ようが聞くまいが、モノにはできないんですよ。いわゆるネットで言われる“アーバン感”みたいな言葉が一人歩きしすぎちゃっているというか。

ーーなるほど。

横山 : そういうのが、Especiaの音楽とマッチしていたっていうのもあるんですよ。あと、彼女たちは大阪にいて、僕は東京に住んでいるわけではない。東京に対する憧れもあるけど、東京の人になれない。その反動として、コミットしないでやっていこうっていう東京に対する対抗心も出てきて、郊外からやってやるみたいなところがあるのかなって。

ーーきらびやかな都会を描いているけれど、複雑な成り立ちがあるわけですね。

横山 : だから、洗練された本当の都会じゃないんですよ。雲をつかむようなもの。
Pellycolo : 概念的だよね。
横山 : そう、Especiaは概念です!!

(遅れていたLUVRAW氏、登場)

ーーいま、Especiaは郊外というのがテーマで、概念であるって話をしていたんですよ。

LUVRAW : うん。郊外感って、概念の固まりなんですよ。俺も横浜出身なんですけど、横浜って、海とか、みなとみらい周辺、関内の猥雑なイメージがあると思うんですけど、そういうのは一切ないんですよ、北部のほうは。だから、横浜なのに郊外でなにもないってところから妄想が広がっていく。そこから、概念がどんどん生まれていくんですよ。

ーーLUVRAWさんも、横浜出身なのに横浜が具体的ではないんですね。

LUVRAW : 全然違いますね。
横山 : 実感がないんですよね。手に入れられないんで、夜景は。
LUVRAW : ちょっと電車に乗ったら東京なんだけど、家の前にあるのは田んぼだから。コロちゃん(Pellycolo)もけっこう横浜に近くて、神奈川と東京の間くらいだから共通していると思う。
横山 : だから死ぬほど東京に対する憧れとか、音楽で上京してやるぞとかもないし、電車を使えば渋谷まですぐ行けるし。とはいえ東京の人間でもないし、変なこじれ方をしている。
LUVRAW : そう、郊外にいる人は基本的にそれを共有していて、東京への体験はしているんですね。でも実際の場所はそうじゃないから、妄想が進むんじゃないですかね。人それぞれですが。
横山 : あらゆる郊外が日本にはあって、イオンがあり、マック、TSUTAYA、ブックオフ、くら寿司、私鉄があり、そこは一緒なんですよ。そこから生まれる集合的無意識みたいなものが、Twitter上で一気に答え合わせが行われて、ムーブメント化している。
LUVRAW : (笑)。ほんとそういうことだと思う。

全体のストーリー感というか、概念がどう生きていくかが重要

ーー今回LUVRAWさんをお呼びしたのは、Pellycoloさんと2人で、マセラティ渚というユニットを組んで、2014年1月リリースのEspeciaのシングル曲を制作するということがきっかけなんですけど… マセラティ渚ってなんでしょう(笑)?

横山 : マセラティ渚は実在しません。
Pellycolo : そう、概念です。
LUVRAW : 全部概念なんです。LUVRAWも概念ですし。
横山 : Schtein & LongerもPellycoloも概念です。

ーーあはははは。で、マセラティ渚ってなんなんでしょう(笑)?

LUVRAW : マセラティっていうのはイタリアの車なんですけど、かっこよくて、しゃらくさいんですよ。調子こいてんなーっていう感じがあって。で、渚は響きですね。
横山 : 大島(渚)感ですか?
LUVRAW : かなり大島感もありますね。大島渚の愛車がマセラティだったらヤバすぎますけど。

ーーあはははは。ちなみに、LUVRAWさんは、Especiaのことはご存知でしたか?

LUVRAW : 知ってました。たぶんTwitterで知ったと思うんですけど、「これ絶対DorianくんとかLUVRAW&BTBのこと好きなやつが作ったんだって思いました。
一同 : あはははは。
横山 : Pellycoloさんとイベントで一緒に出演してらっしゃったんですよ。そのときに紹介していただいて、お互い横浜に住んでいるって話になって。じゃあ今度横浜で集合しましょうって話になって。
LUVRAW : この間も喫茶店に行きましたよね、地元の。
横山 : そうですね。郊外の(笑)。
LUVRAW : また郊外の話になっちゃうんですけど、住んでる場所きいて、うわーってなっちゃって。
横山 : 僕の地元、上辺感が半端ないんですよ。
LUVRAW : なんか変にハイソなアーバンというか。
横山 : 鉄道会社が人を乗り降りさせるためにドカーンと駅前の街をつくって、駅の回りにだけ、いい感じのカフェとか作って、他は知らんみたいな感じの街なんですよ。

ーーそれこそイメージが形になったようなところなんですね。あと、Especiaは概念だって話が出たんですけど、LUVRAWさんはどう思いますか。

LUVRAW : どう思うっていうか、概念だと思います(笑)。すべて概念だってことにしちゃったときに、自分のなかで、思考の流れも完全に変わってしまったんですよ。Especiaは概念ですよって考えると、わかりやすいよ思います。「横浜」を押しているけど、やっているのは大阪の人たちで、自然発生的なものではないんですね。ある程度イメージしたものを作っていくというか。例えば、アーティストとかだと、楽曲を最終的な作品とすると思うんですね。それも重要だと思うんですけど、俺の見方としてはさして重要ではないというか。全体のストーリー感というか、それこそ概念がどう生きていくかが重要かなって。

ーーたしかに、アイドルとつき合うとか結婚することがゴールってわけじゃなくて、そのストーリーを共有していくっていうのは楽しみ方として大きいですよね。

LUVRAW : 俺はアイドルのことをまったく知らなかったんですけど、Especiaと知り合って、そのシーンを観ていったら素晴らしすぎると思って。完全に概念。受け手側は、自分で楽しめるというか、自分で楽しみを見いだせる。何でもそうですが。

ーー確かにそれは大きいですよね。マセラティ渚は、来年1月にEspeciaにシングル曲を提供する予定ですよね、どんな楽曲になりそうですか。

LUVRAW : ここだけの話、まだ作ってないんですよ(笑)。一個オケだけはあがっているんですけど、もう一個できたらやってみようって。でも、ディスコですね。
Pellycolo : 速めのディスコですね。
LUVRAW : タウン感がありますね。それも完全な概念なんですけど。コロちゃんが持っている天然のフュージョン・センス、シンセ感というのが全開ですね。

ただいい曲を作ってやりますって、そんな図々しいことは絶対にできないですから

ーー(笑)。LUVRAWさんは、ソロ作品もリリースするそうで、忙しそうですね。

LUVRAW : やっと昨日納品したんですよ。それをリリースするために、「イメージクラブ」ってレーベルを作りました。イメクラです。さっきから概念概念いってるんですけど、本格的にイメクラをつくっちゃいました(笑)。観念を売ります。「LUVRAWがイメクラをオープン!」とかニュースに出すのが目的です。
横山 : ピンプ感がすごいですね。
LUVRAW : ただ、それをいいたいだけっていうのもあるんですけど(笑)。

ーーあはははは。どんな内容になっているんですか。

LUVRAW : 俺と、featuring コスタ・デ・パルマと、リミックスでコロちゃんが参加しています。オリジナルラブの「接吻」のカバーです。

ーー概念としてのレーベルまで作ってしまって、そこからのリリースということで、注目して待っています(笑)。

LUVRAW : そういえば、Schtein & Longerの名前が、エスタロン&モカになってなかった?
横山 : そうなんですよ。いまは、「小川平蔵オフィス所属。アメリカ人女性2人組ユニット。日本語かなり大丈夫です」ってプロフィールで。
一同 : (笑)。
LUVRAW : 個人個人の自己みたいなものをすごく雑に扱っていくというか、あなたにとって都合のいいわたしでいたい、みたいな(笑)。

ーーあはははは(笑)。

LUVRAW : 作品を聴くときに、こういう概念が入っているかいないかで、聴き方が絶対変わってくると思うんですよ。一個の概念があると、連想しやすくなって、聴きやすくなる部分ってあると思うんですよ。マセラティ渚の名前にしてもそうだし。これだけ曲とかがいっぱいあるなかで、ただ、いい曲を作ってやりますって、そんな図々しいことは絶対にできないですから。
横山 : それは僕もありますね。仮にEspeciaの曲をアメリカ人女性が作っていたらうっとりするじゃありませんか。
LUVRAW : 日本語、うますぎるだろ!! ってね(笑)。
横山 : Twitterを見たら「なんだ、クソだな」ってなっちゃうんですけど(笑)。顔出しとかしちゃって夢を壊すようで恐縮なんですけど、概念としてのアメリカ人女性2人組がキャッキャしながトラックを作っていたらワクワクするなと思って。
LUVRAW : ほんと、そう。ずっとそういうつもりでLUVRAWもやってます。

ーーいまのお話を聞くと、イメクラにもより強い説得力がでてきますね(笑)。

横山 : 横浜はこういう人たちを育む街です(笑)。大先輩たちがパッケージ化したもので、横浜感を再認識していくというか。
LUVRAW : もうちょっとイメクラを宣伝してもいいですか? 「スピリチュアルピンプ」っていう概念が…。
横山 : また新しいワードが(笑)。
LUVRAW : 今回のリリースは「スピリチュアルピンプ」と「ハラボー(原由子)」と「1993」っていうのがキーワードです。
横山 : 一切わからない(笑)。
LUVRAW : 隠しきれない「いなたさ」をさらけだすっていうテーマなんですけど…。

ーーそのあたりは、また別で訊かせていただければと(笑)。1月リリースのシングルも楽しみにしています!!

RECOMMEND

SAWA / Mr.Brown(HQD ver.)

SAWAにとって8ヶ月ぶりとなるニュー・シングル「Mr.Brown」をHQDで配信スタート!! SAWA初となるスウィングジャズ調の楽曲に、こぼれ出るリズミカルなスキャット、スウィングしたドラムリズムとはねるメロディー・ラインが印象的な作品となっています。

>>SAWAの特集ページはこちら

水曜日のカンパネラ / 羅生門

OTOTOYで連載中の「水曜日のシネマ淫談」でもお馴染みのコムアイがヴォーカルをつとめる“水曜日のカンパネラ”。元ハイドアウトプロダクションのKenmochi Hidefumiがプロデュースした、ハウス、テクノ、ダブ、ラップ、ドラムンベース、チルアウトなどの要素が交わったトラックに、東京の地名、歴史上の人物やマンガのキャラクターをモチーフにした歌詞が乗るというミスマッチ感。そして、コムアイの匿名性を帯びたような浮遊感のあるヴォーカルが中毒性を醸し出す楽曲が魅力を放っている。

>>水曜日のカンパネラの特集はこちら

Negicco / Melody Palette

Negiccoが、結成10周年にして初のオリジナル・フル・アルバム『Melody Palette』を、タワーレコードのアイドル専門レーベル、T-Palette Recordsよりリリース。彼女たちの活動を10年間支えてきたconnieが全体のプロデュースを務め、小西康陽、西寺郷太、サイプレス上野とロベルト吉野、tofubeats、長谷泰宏(ユメトコスメ)、吉田哲人、RAM RIDER、grooveman Spot、banvoxという豪華アーティストが制作に参加。

>>Negiccoの特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

アメホリバル2013
2013年10月20日(日)@VedetteBoite

AKASAKA HALLOWEEN WEEK 2013「アイドルハロウィン」
2013年10月27日(日)@赤坂BLITZ
Dorothy Little Happy / アップアップガールズ(仮) / LinQ / THE ポッシボー / バンドじゃないもん!

Especial Especia 15th Live
2013年10月28日(月)@VedetteBoite

関西外国語大学「穂谷祭」
2013年11月2日(土)@関西外国語大学学研都市キャンパス体育館
川嶋あい / Especia

2nd Single リリース記念ワンマン「Especia va Bien」

大阪
2013年12月26日(木)@あべのROCKTOWN
OPEN 18:00 START 19:00
前売り 3,000円 当日 3,500円

東京
2014年01月11日(土)@代官山UNIT
OPEN 17:00 START 18:00
前売り 3,000円 当日 3,500円

共にTICKET発売:10月26日10:00~

PROFILE

Especia
2012年6月1日結成、大阪堀江系ガールズグループEspecia(エスペシア)。Especiaとはスペイン語で「スパイス」という意味。音楽性、ファッション性、メンバーの個性等、様々な要素がグループを作り上げるスパイスとなるべく考案。大阪のオシャレな音楽&ファッションが集まる人気スポット『堀江』を拠点として、定期ワンマン・ライヴも実施し、精力的に活動中!

OFFICIAL HP

エスタロン&モカ(Schtein_Longer)
小川平蔵オフィス所属。アメリカ人女性2人組ユニット。日本語かなり大丈夫です。お仕事頂くことできますか?

SoundCloud

マセラティ渚
足早なピンプは流れ星で夜を確認する。殺し屋のネオンが笑みを浮かべる。そしてパームストリートを光速で走り去ったシルバーシャドウ。LUVRAWとPellyColoがアーバンポップスを製作する。

LUVRAW (PAN PACIFIC PLAYA / MAGNETIC LUV)
レイドバック研究家、TALKBOXプレイヤー、DJ、ハマの甘党。日本のベイエリア、ヨコハマから発生した特殊プレイヤー集団「PAN PACIFIC PLAYA」所属。ハッピーな目つき「MAGNETIC LUV」代表。その他たくさんの企画があります。アーバン・メロウなTALKBOXデュオの決定版「LUVRAW&BTB」として、色んなCD / レコードを発表。イケてる夜のパーティーでLIVE / DJしてます。趣味は日光浴と愛の一点張りで超遊び人です。

http://www.panpacificplaya.jp/blog/


リリース情報

LUVRAW主宰のレーベル「IMAGE CLUV」からオリジナル・ラブ「接吻」カバーEPがリリースされます。
こちらは10月16日から iTunesにて配信開始です!

1.接吻 / 2.接吻(Pellycolo Remix)

詳しい情報はTwitterアカウント @LUVRAW_をチェック!

Pellycolo
東京在住トラックメイカー / DJ。80年代を彷彿とさせるディスコ/ブギー感を持ち味にトラックを制作し、海外レーベルからのリリースやアイドル・グループ「Especia」への楽曲提供など、じわじわとその活動の場を広めている。

https://soundcloud.com/pellycolo

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

一時期小説ばっかり書いてたけど、いまは音楽──いとうせいこう『再建設的』をめぐって
[CLOSEUP]・2016年09月23日・一時期小説ばっかり書いてたけど、いまは音楽──いとうせいこう『再建設的』をめぐって いとうせいこう & Tinnie Punx『建設的』は1986年にリリースされた最初期の日本語ラップの楽曲を含んだ作品として名高い。そんなクラシック・アルバムのリリース30周年を記念して、このたび、いとうせいこう & リビルダーズ名義でトリビュート盤『再建設的』がリリース。豪華メンツが参加し、当時の楽曲をカヴァーしている。また日本語ラップの金字塔的作品たる「東京ブロンクス」では、いとうせいこう自らがヤン冨田とともにスリリングにカヴァーしており、間違いなくアルバムのクライマックスと言えるだろう。OTOTOYでは本作を配信開始。またオリジナルの『建設的』もリリース30周年記念に再リリース。こちらも配信開始しています。そして本アルバム・リリースとともに9月30日、10月1日、東京体育館にて「いとうせいこうフェス~デビューアルバム『建設的』30周年祝賀会~」が開催。アルバム参加の豪華メンツに加えて、さまざまなアーティスト、DJやお笑い芸人が入り乱れての、まさにいとうせいこうにしか成しえないイベントとなるだろう。 豪華メンバーによる
ハコイリ♡ムスメ、これまでの活動を振り返るインタヴュー掲載!! 会場限定シングル4作品を一挙配信スタート!!
[CLOSEUP]・2016年09月23日・ハコイリ♡ムスメ、会場限定シングル4作品を一挙配信スタート!! これまでの活動を振り返るインタヴュー 80〜90年代のアイドルの名曲をカバーし、見る人に癒しとトキメキを与え「女の子本来の可愛らしさ」を表現することをテーマとした11歳〜17歳の女優志望の女の子9人組、ハコイリ♡ムスメ。本業の「女優」を生かした「劇団ハコムス」という芝居と音楽の融合にも挑戦している彼女たちが、2016年11月に南波一海が主宰するレーベルPENGUIN DISCより初の全国流通音源をリリースする。まさに世の中に広く羽ばたく直前の彼女たちに、これまでの歩みを伺うとともに、会場限定で発売されていた4作のシングルをOTOTOY独占で配信スタート。この機会にハコイリ♡ムスメに触れてみてはいかがだろう。 会場限定の4作品をOTOTOY独占ハイレゾ配信スタート!! ハコイリ♡ムスメ / 微笑みと春のワンピース【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC : 単曲 251円 まとめ購入 500円【Track List】1. 微笑みと春のワンピース2. なかよし ハコイリ♡ムスメ / 夏に急かされて【配信形態】
by 西澤 裕郎
ベイビーレイズJAPAN、メンバーに訊く2ndアルバムとこの2年
[CLOSEUP]・2016年09月09日・改名後の2年間、そして今作に込められた思いとはーーベイビーレイズJAPAN、メンバーに訊く2ndアルバム 2012年に活動を開始した5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPAN。9月21日に2年ぶりの2ndアルバム『ニッポンChu! Chu! Chu!』をリリース。数々のライヴやフェスで人気沸騰中の青春エモ・ロック「夜明けBrand New Days」や、ラップを取り入れた「真夏のフィーバー!」、新しいメンバー紹介曲としてライヴで定番となりそうな「Ride On IDOROCK」など、かわいく、暑苦しく、エモい彼女たちのすべてが詰まったアルバムとなった。 待望の2ndアルバム!!!!!ベイビーレイズJAPAN / ニッポンChu! Chu! Chu!'【収録曲】1. Ride On IDOROCK2. 虎虎タイガー!!3. 閃光Believe4. シンデレラじゃいられない5. Pretty Little Baby6. 真夏のフィーバー!7. Baby Kiss8. 栄光サンライズ9. 走れ、走れ10. 少しだけ11. 夜明けBrand New Days12. ニッポンChu! Chu! Chu!【配
Predawn、3年半ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年09月21日・Predawn、音作りの"文法"、その新境地とはいかに──2ndフル・アルバム『Absence』ハイレゾ配信 溢れ出る才能と音楽への探求を丁寧に綴じ込んだ1stフル・アルバム『A Golden Wheel』から3年半、Predawnが待望の2ndフル・アルバム『Absence』をリリースした。収録楽曲にはライヴでの人気曲 「Universal Mind」を始め、正式な作品としては初めての日本語曲「霞草」など、音源化を待ち望まれていた9曲を収録。初めてアルバム制作にゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある音像を目指したという今作。24bit/44.1kHzのハイレゾ音源は、そのささやかながら匂い立つような歌声と繊細ながら豊かなアレンジ、全編を通して縫い込まれたPredawnの文学を驚くほどダイレクトに、鮮やかに、感じてもらえるだろう。秋の夜長に最適の1枚を、是非。 Predawn、3年半の沈黙を破り待望のフル・アルバム、ハイレゾ配信!Predawn / Absence'【Track List】01. Skipping Ticks02. Black & White03. Universal Mind04
いまっぽい〈黒さ〉で都会を描く――新生bonobosが表現した東京という街
[CLOSEUP]・2016年09月21日・いまっぽい〈黒さ〉で都会を描く――新生bonobosが表現した東京という街 2011年の『Ultra』では管楽器やストリングスを大胆に取り入れ、続く2014年『Hyper Folk』ではさらにエレクトロニックな要素も取り込み壮大な表現を見せたbonobos。7枚目のオリジナル・アルバム『23区』は、それらの表現を引き継いだ… というよりは、過去作を咀嚼した上で新たな方向性をメンバー同士で探り合った結果作られた、バンド感の強い一枚だ。演奏面では、ファンキーでソウルフルな表現がぐっと増え、作品を通して開放的な空気が流れている。〈黒い〉表現が特徴的ではあるが、アーシーというより都会的。風通しがよくて軽やか、これまで以上に洗練されており、かつ折衷的なアルバムと言っていい。本作をOTOTOYでは、それぞれ音源形式に合わせてマスタリングされたというDSD、そしてPCM 24bit/48kHzにてハイレゾ配信を開始する。結成して間もない時期より共に活動してきたドラマーの辻凡人が脱退し、オリジナル・メンバー2人に。さらにその後3人の新メンバーを追加し、5人体制での再スタートという大きなメンバーチェンジは、彼らがアウトプット
イロムク、店舗限定ワンコイン・シングルを独占配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年09月21日・“女々しい系ギター・ロック”を脱ぎ捨てて──再スタートを切るイロムク『四枚目はどうなるの』配信 2013年より活動するギターロック・バンド、イロムクが両A面シングル『四枚目はどうなるの』をタワーレコードとヴィレッジヴァンガード下北沢店の店舗限定でのリリースが決定し、配信はOTOTOYでスタートすることとなった。両A面となる今作には、"とあるメジャー・バンド"(こちらはインタヴュー内で触れている)の1枚目のアルバム発売から3枚目のアルバム発売までの期間における、ある男女2人の生活を歌にした「三枚目」と、SNS上であれやこれやと言う人たちに向けて作った攻撃的ながらユニークな「化け者」が収録。前作との間にメンバー・チェンジを経て、一皮向けたいまの4人に話を伺った。 イロムク / 四枚目はどうなるの'【Track List】01. 三枚目02. 化け者【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込) INTERVIEW : イロムク 2015年8月に桂野敬章(Ba&Cho)と河野智央(Dr)がメ
テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ
[CLOSEUP]・2016年09月16日・世界基準のテクノ / ハウスをハイレゾで聴く! 〈mule musiq〉のOTOTOY限定コンピが登場! 国内外を分け隔てることなく旬のアーティストのリリースを続け、ハウス / テクノのシーンでは世界的に高い評価を受ける本邦のレコード・レーベル〈mule musiq〉。これまでOTOTOYでは、ゴンノ(Gonno)やペトレ・インスピレスク(Petre Inspirescu)、マウスオンザキーズ(mouse on the keys)など、〈mule musiq〉もしくはそのサブ・レーベル〈Endless Flight〉の作品をハイレゾで配信し好評を博してきたが、このたびはOTOTOY完全限定のエクスクルーシヴなハイレゾ・コンピレーション・アルバム2枚の配信を開始する。 レーベル・オーナーである河崎俊哉のコンパイルで『romantic standard』と題されたこのコンピレーションは、ダンス・サイドの『Part 1』とチルアウトな『Part 2』の2枚で構成されており、セオ・パリッシュ(Theo Parrish)やトッド・テリエ(Todd Terje)、ドナート・ドジー(Donato Dozzy)、クニユキ
by 河村 祐介
生活になじむ音楽、〈路地〉1stアルバムリリース&インタヴュー公開
[CLOSEUP]・2016年09月15日・大貫妙子を彷彿とさせる真っすぐな歌声。風景が目の前に広がる〈東京のポップス〉 男性3名、女性1名。東京のバンド〈路地〉。はっぴいえんど「風をあつめて」の冒頭一節に登場する単語であり、ceroにも「Roji」という楽曲がある。ポスト大貫妙子とも称される飯島梢(Vo,Syn)の歌声も含めてシティ・ポップ系譜のサウンドと想像していた。聴いてみると確かにその要素は多分にあるが、突如入るノスタルジックでリバーヴの効いた音の波、ハードなギターソロなど幅広いアプローチが垣間見える。そんなサウンドもやさしさで1つに包み込んでしまう飯島の歌声。地に足のついたリベラルな思考を持つ音楽集団だ。また日常と地続きのサウンドは全員普段フルタイムで仕事をしており、そんな生活の軸の置き方が音楽に反映されていることも大きいだろう。 初めての取材だという今回。結成のいきさつから、本作を含めた路地の音楽への想い、インタヴュワーである筆者も普段は会社員とあって、バンドと同じく大切だという仕事にまで話が及んだ。少し遅めの平日20時半、全員仕事が終わり集合次第でインタヴューが始まった。(ベースの飯田直規は仕事のため欠席) インタヴュー&文 : 峯大貴
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事