Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて

2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。

ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタート

Especia / Wizard
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC

【価格】
単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)

【収録曲】
1. ナイトライダー
2. 海辺のサティ
3. アバンチュールは銀色に
4. FOOLISH
5. No1 Sweeper
6. Boogie Aroma
7. Savior
8. Nothing
9. Danger
10. John’s Rod
11. Call me Back
12. Just Go
13. Ternary
14. Savior(Remix)
15. Nothing(Remix)

活動の集大成、Especiaのファイナル・ライヴ

Especia SPICE Tour -Viva Final-*バンドセット
2017年3月26日(日)@新宿BLAZE
時間 : OPEN 16:00 / START 17:00
料金 : スタンディング 4,500円
※共に入場時1ドリンク別途
プレイガイド ローソンチケット/e+/チケットぴあ

INTERVIEW : 清水大充

Especiaは、2012年4月に大阪・堀江からスタートし、2017年3月に東京・新宿でその幕を閉じる。当初と比較すれば、その印象が大きく変わったことは一目瞭然だ。アイドル・グループからアーティストへ。その変化への挑戦過程での歪みがなかったといえば嘘になるだろう。現体制の3人になってから、メンバーのTwitterアカウントとブログはなくなり、メンバーの発言機会は少なくなった。そうしたフラストレーションや秘めた想いは、billboard JAPANに掲載された冨永悠香、森絵莉加、ミア・ナシメントの解散インタヴュー(http://www.billboard-japan.com/special/detail/1840)で語られている。

同時に発言機会が少なくなってしまった人物がいる。Especiaを生み出した男、清水大充だ。あるときから彼は頑なに表に出ることをしなくなった。そこにはメディアで語る必要のないことや語れないこともあるのだろう。しかし、Especiaというグループを解散するにあたって、最後まで彼の発言がないということは考えられない。Twitterから流れてきた〈Especia SPICE Tour〉の大阪公演後のメンバーたちとの屈託のない笑顔。そこには、Especiaというグループを地球上の誰よりも愛している男が映っていた。

取材&文 : 西澤裕郎

Especia インディ期(2012年〜2014年)

ーーEspeciaは、清水さんがつばさプラス大阪支社にいた時代に始めたプロジェクトです。実際、いつぐらいから動きはじめたんですか?

清水大充(以下、清水) : 2012年4月です。もともとジャンカラさんと共同でやったオーディション「ソクデビ」で準グランプリをとった冨永悠香を中心にしたガールズ・グループをやろうってことを会社に提案したんです。ジャズやおしゃれな感じの曲を中心にやっていこうってことだけ決めてはじめました。

ーー準優勝の悠香さんを中心にしたのはなんでなんでしょう。

清水 : 準グランプリの特典がうちのスクールの1年間無償受講だったんですよ。それで高校3年生の1年間まるっと受講して、ヴォイトレ期間が終わるタイミングで動き出したんです。そのときのスクールの同期に三ノ宮ちかがいて、ちかと悠香がオーディションに誘って受かったのが、三瀬ちひろと脇田もなりだったんです。

ーー最初は10人でスタートしたEspeciaですが、2ヶ月後には7人での活動になり、11月28日にはタワレコ新宿店で1st EP『DULCE』をリリースしました。楽曲は、最初から横山さんがサウンド・プロデュースを務めていますね。

レーベル つばさレコーズ  発売2012年

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


清水 : グループをやろうと思った瞬間、横山に電話をしたんです。プー・ルイがリリースした「エレガントの怪物」の「pink ver」と「white ver」を聴いたとき、アレンジが超かっこいい!! と思ったのを覚えていて。「BiS周りで使わなかった曲まわしてくれない?」って話をしたら、「まわすとかじゃなくて、がっつりやりましょう」って言ってくれたので、改めてコンセプトを全部組み直したんです。

ーーそれからしばらく、Especiaは大阪を中心に活動をしていました。東京にも名前が広まったきっかけはなんだったんでしょう。

清水 : あの日ですよ。最初のOTOTOYインタヴューの日。11月4日に西麻布elevenでやった〈POP SONG 2 U〉に出演してからです。それまでアイドル・イベントに出てもお客さん3人だったこともあったし、学校があるメンバーがリハに間に合わず客席にいることとかもあったんですけど、少しずつ状況が変わっていきましたね。

ーータワレコ新宿店限定で1st EP『DULCE』をリリースのは理由があったんですか?

清水 : まだ名前も知られていないし、売れると思っていなかったから、最初は手売りで売っていたんですよ。そしたら当時タワレコ新宿店のスタッフだった古木さんから「かっこいいです!」って言ってもらって、新宿店限定で流通してみましょうって決めたんです。

ーー砂漠や横浜の野外など変わった場所で歌って踊った動画を上げていたのも印象的でした。


Especia「きらめきシーサイド」鳥取砂丘で踊ってみた

清水 : なぜか鳥取でのライヴが決まったので、せっかくだから鳥取砂丘で動画を撮ってアップしてみようってだけでやったんです。おもしろいからって(笑)。

ーー(笑)。2013年3月には、クラウドファンディングで131万円が集まり、『Taste of Spice』のアナログ盤を作っています。その頃には、手応えはあったんですか?

清水 : 曲への反応がいいなってことは思っていました。その前に、サウンドクラウドに楽曲をアップロードして、Twitterでシェアしたらダウンロードできるって施策をやったんですけど、結構ダウンロードされたんですよ。

ーーEspeciaの音楽は当時から洗練された楽曲でしたけど、あくまでアイドル的なアプローチは崩さなかったですよね。

清水 : 大阪の市場を調べていたら、ローカル止まりで満足しているアイドルが多いなと当時思ったんです。せっかく知名度があっても大阪だけで成り立つって背景があったからなんでしょうけど、大阪でアイドルのトップをとるぞって気持ちでやっていました。

ーー当時、お客さんがどういうふうに楽しんでいいか戸惑っていた部分も少なからずあったと思うんですよ。そんな中、メンバーが客席に降りていくパフォーマンスが、一つ架け橋みたいになっていきました。

清水 : その辺ができるようになったのが、OTOTOYで無料配信した「Good Times」ですね。

レーベル つばさレコーズ  発売日 2012/12/27

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


ーーそもそもEspeciaの子たちは礼儀正しくて、一見おとなしい印象があるんですけど、清水さんはどういう教育方針をとっていたんでしょう?

清水 : あまり歌が下手だとかダンスが揃っていないってことは言っていなくて。もちろん細かいところでアドバイスはするんですけど、それよりもリハ前にちゃんと準備をするとか、挨拶をするとか、リリース時、必ず関係者全員にお礼を送れってことは言っていました。リリースできることが当たり前じゃないよってことは徹底して言っていました。

ーーマネージャーによって教育方針もバラバラだと思うんですけど、そうした清水さんの考え方はどこで培われたものなんですか?

清水 : 僕自身がそうなんですけど、1人じゃ何もできないっていうのが大きいです。僕は曲を作れるわけでもないし、最先端なものに対する敏感さがあるわけでもない。周りの人たちがいて初めて成り立つってことがよくわかっていたから、一緒にガッツリやってくれる人たちを巻き込み続けないとという考えがありました。

ーー実際、2014年にはNegiccoとのコラボ・ユニットNegipeciaを結成しました。




Negipecia「Girl’s Life」


清水 : 当時、Negiccoと一緒のイベントに出ることが多かったのもあるんですけど、NegiccoとLyrical schoolとEspeciaの3マンが話題になったんです。Negiccoの方が知名度があったし、おしゃれな楽曲をやっているグループだったんですけど、彼女たちも新潟出身でローカルというところで一緒に組んでやりましょうってことになったんです。

Especia メジャー期(2015年〜2016年)

ーー2014年12月にはO-EASTで行われた全国ツアー・ファイナルで、メジャー・デビュー発表をしました。

清水 : 当時僕が大阪支社にいたから、東京でガッツリ動くこともできないし、タイアップとかキャンペーンを折り込むとか、細かいメディアにも全く出れてなかったのでプロモーションの限界を感じていたんです。もちろんつばさのスタッフが頑張ってくれてはいたんですけど、自分が動けないのがもどかしかったので、メジャー・デビューすることで、より多くの人たちに届けられるって期待はありました。

ーーメジャー・デビュー・ミニ・アルバム『Primera』1曲目の「We are Especia~泣きながらダンシング~」では、メジャー・デビューに対する不安を切り取った歌詞が入っていたり、それまでの路線と違う楽曲に違和感を覚えた記憶があります。


Especia - We are Especia ~泣きながらダンシング~(ショート ver.)

清水 : あの曲は、いわゆるディスコ・チューンなんですよ。だから違和感があったとしたら、曲の方向性じゃなくて詞の内容だったと思うんです。Especiaって、そこまで個性が前に出るグループじゃないかったかもしれないですけど、僕的には悠香も絵莉加もちかもちひろももなりも、辞めていった暁音にもしっかりしたキャラクターがあって、それを少しずつ前に出していってあげたいと思ってはいました。そこで若旦那さんとのコラボさせていただいたりして。若旦那さんはすごく情熱を持っている方なので、そこでの融合はおもしろかったと思っています。

ーー個性というところでいうと、ちかさんとちひろさんはダンスの中心になっていましたね。ライヴでもそれぞれ見せ場があったり。

清水 : 歌唱の部分で悠香ともなりが前に出てきて、絵莉加の力もだんだんついてきたんですけど、ちか、ちひろが歌の部分で劣っちゃっていたので、彼女たちの役割をダンスに求めたっていう。2人のダンス・ソロって実は意外と多いんですよ。

ーーメジャーで約1年の活動の結果、2016年1月17日に新木場STUDIO COASTで行った〈Especia “Estrella” Tour 2015 -Viva Final-“〉にて、ちかさん、ちひろさん、もなりさんの卒業が発表されました。なんで、そんな状況が生まれてしまったんでしょう。

清水 : いろんな事情があるんですけど、僕は東京に戻ってきて、その間、マネージメントを別の方に委託することになり、距離ができてしまったというのはあるかもしれません。最終的にメンバー全員を上京させるのが目標ではあったんですけど、思ってる以上に売上や集客がついてこず結果が出せなかった。アルバム『CARTA』が1万枚とか売れたら話は違った気がするんですけど、目標に達しなかった。

ーー東京と大阪という物理的な距離ができてしまったり、結果が思った通りついてこなかったことなど、少しずつ歯車が狂っていってしまった、と。

清水 : それも理由の1つだと思っています。

Especia 第2期(2016年〜2017年)

ーー悠香さんと絵莉加さんが上京し、新メンバーにミア・ナシメントさんを迎え、Especia第2章がスタートしました。楽曲にしてもデザインにしてもさらに洗練されましたが、メンバーのブログもTwitterアカウントがなくなりました。なぜ、こんなに大きく変わったんですか?

清水 : 一言でいえば、アーティスト性をより洗練させるためでした。すごくかっこいい曲をやっているのに、自撮りのTwitterを載せていたらアイドル感が出ちゃうから、本人たちの自主的な部分を求めて教育させていったというのが実情です。

ーーたしかに準備期間中、メンバーに音楽的知識を教育していたりしましたよね。

清水 : 例えばフェイクを入れるにしても、今までは「こういうふうに歌ってみて」って言われたままのフェイクだったんですけど、理論的にどうしていくかを学んで自由に入れられるようにとか、リズム感を鍛えるためにトレーニングしていた時期でした。


Especia「Savior」Music Video

ーーつまり、Especiaの第2章をしっかり作り上げるために、グループの立て直しをはかったわけですよね。メンバーも東京に出てきて物理的な距離もなくなったわけですし、アーティスティックな部分にも力を入れることができたのに、結果的に動員が下がっていきましたよね。

清水 : 第2章のお披露目ライヴに150~200人入ったのが、次の1回で100人になり、3、40人と減っていきました。

ーー第2章スタートから、わずか半年後の10月には解散の決断をしています。何かきっかけはあったんですか?

清水 : 僕がEspeciaを守りきれない状況にしてしまった。それだけです。本来はメンバーのモチベーション・コントロールを含めてマネージャーの仕事だと思うんですけど、こういうふうに結果を出していこうっていうヴィジョンさえ見せ続けられなかった。

ーーこうやって書くと清水さんだけが悪者みたいになっちゃうけど、それだけじゃないと思うんですよ。第2章は清水さんがプロデュースから遠ざかっていた部分もありますし、チームとしての歯車が狂ってしまった。

清水 : だとしても、それはファンからしたら関係ない部分じゃないですか。もちろん、清水がプロデュース・ワークから外れたって気づいているファンの方はいますよ。その当時、僕は現場にもいなかったですし。

ーーどのような形でEspeciaが変化しようが、Especiaを好きでいてくれる人たちがいたことは変わらない事実だと思うんです。泣いても笑っても、3月26日の新宿BLAZEが最後のライヴになります。最後のライヴ・ツアーについてはどういうことを考えていますか?

清水 : そこは、旧体制と新体制の融合かなと思っていて。この体制になって、出来なくなっていたことも新しく増えたスキルも両方あって。3人になってからのコーラスワークはすごく良くなりました。今回大阪・東京はバンドセットにしているんですけど、以前のようにバックコーラスを3人入れたり楽器隊の人数を増やしたりはせず、シンプルな編成にしています。それは、やっぱり3人がある程度完成されたものを持って来てくれるからこそできる勝負だと思っています。そして出来なくなっていたのは曲に対する執着。前は途中で突然セトリを変えちゃうことが多々あったんですけど、何の曲が来ても対応できていたんです。歌割りで、自分の覚える歌詞が少ないのもあるんでしょうけど、それが今は出来ない。一番象徴的だったのが、Especiaの代表曲「No1 Sweeper」をミアが歌えなかった。これじゃあ僕がドンって急に曲を出したとしても困惑して終わっちゃう。そんなグループじゃなかったはずなんです。


Especia 「No1 Sweeper」 MV

ーーツアーを通してEspeciaの本質を取りもどし、最高の状態を見せることができるかというのが最後のEspeciaの意地なんじゃないかと思います。

清水 : このツアーは再稼働してから半年の集大成ではなくて、あくまでEspeciaとしての集大成だから。3人で回る初めてのツアーで得たものも多いと思います。旧体制時代に培ったもの、3人になって得たもの。全てを出し切るファイナル公演にしないといけないとと僕もメンバーも思っています。

OTOTOYで配信中のEspecia作品

LIVE INFORMATION

Especia SPICE Tour -Viva Final-*バンドセット
2017年3月26日(日)@新宿BLAZE
時間 : OPEN 16:00 / START 17:00
料金 : スタンディング 4,500円
※共に入場時1ドリンク別途
プレイガイド ローソンチケット/e+/チケットぴあ

PROFILE

Especia

HARUKATOMINAGA
ERIKAMORI
MIANASCIMENTO

>>Especia OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
Yun*chi、ミニ・アルバム『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催!
[INTERVIEW]・2017年08月02日・未来を自由な色で描こう! Yun*chi、『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催 2年ぶりのミニ・アルバム「Canvas*」をリリースしたYun*chi。ナチュラルな雰囲気を身にまとった新ビジュアルにも注目です。OTOTOYでは本作のリリースを記念してリード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」のリミックス・コンテストを開催! 本日から8月30日(水)まで作品を募集します。グランプリはOTOTOYで期間限定フリーDLをおこないます。詳しくは応募要項をチェック! 2年ぶりのミニ・アルバム!Yun*chi / Canvas*'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 257円 まとめ購入 1500円【Track List】 ''01. 今僕のいる場所が理想と違っても / 02. HIMAWARI* / 03. Trendy Night* / 04. Kare Kano* / 05. Again* / 06. Seaside In Dream* / 07. Thank U* 「Canvas*」リリース記念リミックス・コンテスト応募要項応募用素材はこちらY
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事