Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて

2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。

ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタート

Especia / Wizard
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC

【価格】
単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)

【収録曲】
1. ナイトライダー
2. 海辺のサティ
3. アバンチュールは銀色に
4. FOOLISH
5. No1 Sweeper
6. Boogie Aroma
7. Savior
8. Nothing
9. Danger
10. John’s Rod
11. Call me Back
12. Just Go
13. Ternary
14. Savior(Remix)
15. Nothing(Remix)

活動の集大成、Especiaのファイナル・ライヴ

Especia SPICE Tour -Viva Final-*バンドセット
2017年3月26日(日)@新宿BLAZE
時間 : OPEN 16:00 / START 17:00
料金 : スタンディング 4,500円
※共に入場時1ドリンク別途
プレイガイド ローソンチケット/e+/チケットぴあ

INTERVIEW : 清水大充

Especiaは、2012年4月に大阪・堀江からスタートし、2017年3月に東京・新宿でその幕を閉じる。当初と比較すれば、その印象が大きく変わったことは一目瞭然だ。アイドル・グループからアーティストへ。その変化への挑戦過程での歪みがなかったといえば嘘になるだろう。現体制の3人になってから、メンバーのTwitterアカウントとブログはなくなり、メンバーの発言機会は少なくなった。そうしたフラストレーションや秘めた想いは、billboard JAPANに掲載された冨永悠香、森絵莉加、ミア・ナシメントの解散インタヴュー(http://www.billboard-japan.com/special/detail/1840)で語られている。

同時に発言機会が少なくなってしまった人物がいる。Especiaを生み出した男、清水大充だ。あるときから彼は頑なに表に出ることをしなくなった。そこにはメディアで語る必要のないことや語れないこともあるのだろう。しかし、Especiaというグループを解散するにあたって、最後まで彼の発言がないということは考えられない。Twitterから流れてきた〈Especia SPICE Tour〉の大阪公演後のメンバーたちとの屈託のない笑顔。そこには、Especiaというグループを地球上の誰よりも愛している男が映っていた。

取材&文 : 西澤裕郎

Especia インディ期(2012年〜2014年)

ーーEspeciaは、清水さんがつばさプラス大阪支社にいた時代に始めたプロジェクトです。実際、いつぐらいから動きはじめたんですか?

清水大充(以下、清水) : 2012年4月です。もともとジャンカラさんと共同でやったオーディション「ソクデビ」で準グランプリをとった冨永悠香を中心にしたガールズ・グループをやろうってことを会社に提案したんです。ジャズやおしゃれな感じの曲を中心にやっていこうってことだけ決めてはじめました。

ーー準優勝の悠香さんを中心にしたのはなんでなんでしょう。

清水 : 準グランプリの特典がうちのスクールの1年間無償受講だったんですよ。それで高校3年生の1年間まるっと受講して、ヴォイトレ期間が終わるタイミングで動き出したんです。そのときのスクールの同期に三ノ宮ちかがいて、ちかと悠香がオーディションに誘って受かったのが、三瀬ちひろと脇田もなりだったんです。

ーー最初は10人でスタートしたEspeciaですが、2ヶ月後には7人での活動になり、11月28日にはタワレコ新宿店で1st EP『DULCE』をリリースしました。楽曲は、最初から横山さんがサウンド・プロデュースを務めていますね。

レーベル つばさレコーズ  発売2012年

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


清水 : グループをやろうと思った瞬間、横山に電話をしたんです。プー・ルイがリリースした「エレガントの怪物」の「pink ver」と「white ver」を聴いたとき、アレンジが超かっこいい!! と思ったのを覚えていて。「BiS周りで使わなかった曲まわしてくれない?」って話をしたら、「まわすとかじゃなくて、がっつりやりましょう」って言ってくれたので、改めてコンセプトを全部組み直したんです。

ーーそれからしばらく、Especiaは大阪を中心に活動をしていました。東京にも名前が広まったきっかけはなんだったんでしょう。

清水 : あの日ですよ。最初のOTOTOYインタヴューの日。11月4日に西麻布elevenでやった〈POP SONG 2 U〉に出演してからです。それまでアイドル・イベントに出てもお客さん3人だったこともあったし、学校があるメンバーがリハに間に合わず客席にいることとかもあったんですけど、少しずつ状況が変わっていきましたね。

ーータワレコ新宿店限定で1st EP『DULCE』をリリースのは理由があったんですか?

清水 : まだ名前も知られていないし、売れると思っていなかったから、最初は手売りで売っていたんですよ。そしたら当時タワレコ新宿店のスタッフだった古木さんから「かっこいいです!」って言ってもらって、新宿店限定で流通してみましょうって決めたんです。

ーー砂漠や横浜の野外など変わった場所で歌って踊った動画を上げていたのも印象的でした。


Especia「きらめきシーサイド」鳥取砂丘で踊ってみた

清水 : なぜか鳥取でのライヴが決まったので、せっかくだから鳥取砂丘で動画を撮ってアップしてみようってだけでやったんです。おもしろいからって(笑)。

ーー(笑)。2013年3月には、クラウドファンディングで131万円が集まり、『Taste of Spice』のアナログ盤を作っています。その頃には、手応えはあったんですか?

清水 : 曲への反応がいいなってことは思っていました。その前に、サウンドクラウドに楽曲をアップロードして、Twitterでシェアしたらダウンロードできるって施策をやったんですけど、結構ダウンロードされたんですよ。

ーーEspeciaの音楽は当時から洗練された楽曲でしたけど、あくまでアイドル的なアプローチは崩さなかったですよね。

清水 : 大阪の市場を調べていたら、ローカル止まりで満足しているアイドルが多いなと当時思ったんです。せっかく知名度があっても大阪だけで成り立つって背景があったからなんでしょうけど、大阪でアイドルのトップをとるぞって気持ちでやっていました。

ーー当時、お客さんがどういうふうに楽しんでいいか戸惑っていた部分も少なからずあったと思うんですよ。そんな中、メンバーが客席に降りていくパフォーマンスが、一つ架け橋みたいになっていきました。

清水 : その辺ができるようになったのが、OTOTOYで無料配信した「Good Times」ですね。

レーベル つばさレコーズ  発売日 2012/12/27

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


ーーそもそもEspeciaの子たちは礼儀正しくて、一見おとなしい印象があるんですけど、清水さんはどういう教育方針をとっていたんでしょう?

清水 : あまり歌が下手だとかダンスが揃っていないってことは言っていなくて。もちろん細かいところでアドバイスはするんですけど、それよりもリハ前にちゃんと準備をするとか、挨拶をするとか、リリース時、必ず関係者全員にお礼を送れってことは言っていました。リリースできることが当たり前じゃないよってことは徹底して言っていました。

ーーマネージャーによって教育方針もバラバラだと思うんですけど、そうした清水さんの考え方はどこで培われたものなんですか?

清水 : 僕自身がそうなんですけど、1人じゃ何もできないっていうのが大きいです。僕は曲を作れるわけでもないし、最先端なものに対する敏感さがあるわけでもない。周りの人たちがいて初めて成り立つってことがよくわかっていたから、一緒にガッツリやってくれる人たちを巻き込み続けないとという考えがありました。

ーー実際、2014年にはNegiccoとのコラボ・ユニットNegipeciaを結成しました。




Negipecia「Girl’s Life」


清水 : 当時、Negiccoと一緒のイベントに出ることが多かったのもあるんですけど、NegiccoとLyrical schoolとEspeciaの3マンが話題になったんです。Negiccoの方が知名度があったし、おしゃれな楽曲をやっているグループだったんですけど、彼女たちも新潟出身でローカルというところで一緒に組んでやりましょうってことになったんです。

Especia メジャー期(2015年〜2016年)

ーー2014年12月にはO-EASTで行われた全国ツアー・ファイナルで、メジャー・デビュー発表をしました。

清水 : 当時僕が大阪支社にいたから、東京でガッツリ動くこともできないし、タイアップとかキャンペーンを折り込むとか、細かいメディアにも全く出れてなかったのでプロモーションの限界を感じていたんです。もちろんつばさのスタッフが頑張ってくれてはいたんですけど、自分が動けないのがもどかしかったので、メジャー・デビューすることで、より多くの人たちに届けられるって期待はありました。

ーーメジャー・デビュー・ミニ・アルバム『Primera』1曲目の「We are Especia~泣きながらダンシング~」では、メジャー・デビューに対する不安を切り取った歌詞が入っていたり、それまでの路線と違う楽曲に違和感を覚えた記憶があります。


Especia - We are Especia ~泣きながらダンシング~(ショート ver.)

清水 : あの曲は、いわゆるディスコ・チューンなんですよ。だから違和感があったとしたら、曲の方向性じゃなくて詞の内容だったと思うんです。Especiaって、そこまで個性が前に出るグループじゃないかったかもしれないですけど、僕的には悠香も絵莉加もちかもちひろももなりも、辞めていった暁音にもしっかりしたキャラクターがあって、それを少しずつ前に出していってあげたいと思ってはいました。そこで若旦那さんとのコラボさせていただいたりして。若旦那さんはすごく情熱を持っている方なので、そこでの融合はおもしろかったと思っています。

ーー個性というところでいうと、ちかさんとちひろさんはダンスの中心になっていましたね。ライヴでもそれぞれ見せ場があったり。

清水 : 歌唱の部分で悠香ともなりが前に出てきて、絵莉加の力もだんだんついてきたんですけど、ちか、ちひろが歌の部分で劣っちゃっていたので、彼女たちの役割をダンスに求めたっていう。2人のダンス・ソロって実は意外と多いんですよ。

ーーメジャーで約1年の活動の結果、2016年1月17日に新木場STUDIO COASTで行った〈Especia “Estrella” Tour 2015 -Viva Final-“〉にて、ちかさん、ちひろさん、もなりさんの卒業が発表されました。なんで、そんな状況が生まれてしまったんでしょう。

清水 : いろんな事情があるんですけど、僕は東京に戻ってきて、その間、マネージメントを別の方に委託することになり、距離ができてしまったというのはあるかもしれません。最終的にメンバー全員を上京させるのが目標ではあったんですけど、思ってる以上に売上や集客がついてこず結果が出せなかった。アルバム『CARTA』が1万枚とか売れたら話は違った気がするんですけど、目標に達しなかった。

ーー東京と大阪という物理的な距離ができてしまったり、結果が思った通りついてこなかったことなど、少しずつ歯車が狂っていってしまった、と。

清水 : それも理由の1つだと思っています。

Especia 第2期(2016年〜2017年)

ーー悠香さんと絵莉加さんが上京し、新メンバーにミア・ナシメントさんを迎え、Especia第2章がスタートしました。楽曲にしてもデザインにしてもさらに洗練されましたが、メンバーのブログもTwitterアカウントがなくなりました。なぜ、こんなに大きく変わったんですか?

清水 : 一言でいえば、アーティスト性をより洗練させるためでした。すごくかっこいい曲をやっているのに、自撮りのTwitterを載せていたらアイドル感が出ちゃうから、本人たちの自主的な部分を求めて教育させていったというのが実情です。

ーーたしかに準備期間中、メンバーに音楽的知識を教育していたりしましたよね。

清水 : 例えばフェイクを入れるにしても、今までは「こういうふうに歌ってみて」って言われたままのフェイクだったんですけど、理論的にどうしていくかを学んで自由に入れられるようにとか、リズム感を鍛えるためにトレーニングしていた時期でした。


Especia「Savior」Music Video

ーーつまり、Especiaの第2章をしっかり作り上げるために、グループの立て直しをはかったわけですよね。メンバーも東京に出てきて物理的な距離もなくなったわけですし、アーティスティックな部分にも力を入れることができたのに、結果的に動員が下がっていきましたよね。

清水 : 第2章のお披露目ライヴに150~200人入ったのが、次の1回で100人になり、3、40人と減っていきました。

ーー第2章スタートから、わずか半年後の10月には解散の決断をしています。何かきっかけはあったんですか?

清水 : 僕がEspeciaを守りきれない状況にしてしまった。それだけです。本来はメンバーのモチベーション・コントロールを含めてマネージャーの仕事だと思うんですけど、こういうふうに結果を出していこうっていうヴィジョンさえ見せ続けられなかった。

ーーこうやって書くと清水さんだけが悪者みたいになっちゃうけど、それだけじゃないと思うんですよ。第2章は清水さんがプロデュースから遠ざかっていた部分もありますし、チームとしての歯車が狂ってしまった。

清水 : だとしても、それはファンからしたら関係ない部分じゃないですか。もちろん、清水がプロデュース・ワークから外れたって気づいているファンの方はいますよ。その当時、僕は現場にもいなかったですし。

ーーどのような形でEspeciaが変化しようが、Especiaを好きでいてくれる人たちがいたことは変わらない事実だと思うんです。泣いても笑っても、3月26日の新宿BLAZEが最後のライヴになります。最後のライヴ・ツアーについてはどういうことを考えていますか?

清水 : そこは、旧体制と新体制の融合かなと思っていて。この体制になって、出来なくなっていたことも新しく増えたスキルも両方あって。3人になってからのコーラスワークはすごく良くなりました。今回大阪・東京はバンドセットにしているんですけど、以前のようにバックコーラスを3人入れたり楽器隊の人数を増やしたりはせず、シンプルな編成にしています。それは、やっぱり3人がある程度完成されたものを持って来てくれるからこそできる勝負だと思っています。そして出来なくなっていたのは曲に対する執着。前は途中で突然セトリを変えちゃうことが多々あったんですけど、何の曲が来ても対応できていたんです。歌割りで、自分の覚える歌詞が少ないのもあるんでしょうけど、それが今は出来ない。一番象徴的だったのが、Especiaの代表曲「No1 Sweeper」をミアが歌えなかった。これじゃあ僕がドンって急に曲を出したとしても困惑して終わっちゃう。そんなグループじゃなかったはずなんです。


Especia 「No1 Sweeper」 MV

ーーツアーを通してEspeciaの本質を取りもどし、最高の状態を見せることができるかというのが最後のEspeciaの意地なんじゃないかと思います。

清水 : このツアーは再稼働してから半年の集大成ではなくて、あくまでEspeciaとしての集大成だから。3人で回る初めてのツアーで得たものも多いと思います。旧体制時代に培ったもの、3人になって得たもの。全てを出し切るファイナル公演にしないといけないとと僕もメンバーも思っています。

OTOTOYで配信中のEspecia作品

LIVE INFORMATION

Especia SPICE Tour -Viva Final-*バンドセット
2017年3月26日(日)@新宿BLAZE
時間 : OPEN 16:00 / START 17:00
料金 : スタンディング 4,500円
※共に入場時1ドリンク別途
プレイガイド ローソンチケット/e+/チケットぴあ

PROFILE

Especia

HARUKATOMINAGA
ERIKAMORI
MIANASCIMENTO

>>Especia OFFICIAL HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!!
[CLOSEUP]・2017年06月08日・パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!! 「パンドラ」...そうあの有名な「箱」のエピソードで多くの人が耳にしたことがある言葉だと思うが、この言葉の意味はご存知だろうか? 正解は「すべてのおくりもの」。シンプルながら骨太なサウンドと、ヴォーカル・海北大輔の聴く人の心を掴んで離さない歌声と歌詞で、日本のギター・ロックの良心として止まることなく歩みを続けてきたバンド・LOST IN TIMEはファースト・アルバム『冬空と君の手』から丸15年、そして10枚目となるアルバムにそう名付けた。アルバムの名前の通り、バンドを支えてきた仲間、友人、そしてファンに捧げる”おくりもの”のような1枚となった今作。「シンプルにLOST IN TIMEというバンドが好き」と力強く話してくれたに彼にとっての”バンド”とは? ヴォーカル・海北大輔のインタヴューと共にお楽しみください。 リード曲「ライラック」を含む渾身の全12曲!!LOST IN TIME / すべてのおくりもの'【Track List】01. ライラック02. 蹲る人03. アンカー04. Iris05.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事