DE DE MOUSEのライヴ・ キーボーディストとしても知られる渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクト、Schroeder-Headz。クラブ・ジャズとオーガニック・グルーヴを繋ぐオルタナ・ピアノ・トリオとして、ジャンルを飛び越え、既成の概念を覆しながら活動を続けている。そんな彼が12月4日に最新作をリリース。いま、エレクトロシーンで最も人気のあるアーティストのひとりSerph、Revirthレーベル主宰のNUMB、シネマティックなサウンドが特徴的なポスト・ロック・バンドL.E.D.、さらにShing02までをもフィーチャーした贅沢な1作。リリカルなメロディが美しい10分超の大作「Harusame」など、充実の本作をHQD(24bit/48kHzのwav)で配信スタート!! そのサウンドに酔いしれてみてほしい。

新作をHQDで高音質配信スタート

Schroeder-Headz / Sleepin' Bird
【配信形態】 HQD(24bit/48kHzのwav)

【配信価格】 単曲 200円 / まとめ価格 1,050円

1. Sleepin' Bird
2. Sleepin' Bird - remixed by Serph
3. Sleepin' Bird feat. Shing02 - remixed by NUMB
4. Sleepin' Bird - remixed by L.E.D.
5. Sky
6. Hidden View
7. Harusame

普遍的だからこそ壊せる創造性

「Sleepin' Bird」のデモ・バージョンがYouTubeにアップされたのは、2009年9月10日のこと。そこから約4年間、現時点で再生数は61,833回を記録している(2013年12月3日時点)。そして、同曲を聴いた人たちの熱望の声により、ついに正式な音源化に至ることとなった。YouTubeを通じて音楽を知ることは、いまでは当たり前の行為だ。とはいえ、4年という月日をかけて再生回数をのばし公式にリリースされるというのは、それほど一般的なことではない。それだけ「Sleepin' Bird」には、時流を越えて人を惹き付けるものがあるということだろう。

その楽曲を作ったSchroeder-Headzこと渡辺シュンスケは、国立音楽大学でピアノを学んだ経歴を持っている。末光篤と行なったピアニスト対談では、真面目に音楽の勉強をしておけばよかったということを話しているが、メロディ・センスだったり、作曲だったり、音楽におけるセンスを元より持ち合わせている天才肌だ。「Sleepin' Bird」のデモ・バージョンは、その才能から生まれ落ちた原石。それを見つけたリスナーの「もっと磨いてほしい」という要望から、今回正式な音源が世に出ることになったわけである。おもしろいのは、渡辺以外のアーティストにも参加してもらい原石を磨いていることだ。エレクトロシーンで評価を得ているアーティストのひとりSerph、Revirthレーベル主宰のNUMB、シネマティックなサウンドが特徴的なポスト・ロック・バンドL.E.D.がリミックスで参加している。さらに、NUMBのリミックスには、Shing02もラップで参加しており、「Sleepin' Bird」の光をいろいろな角度から楽しむことができる。

そして「Sleepin' Bird」のステムも販売されているのがおもしろい。ステムというのは、ベースやキック、ハットなど、楽器の各パーツのみ切り取られたマルチトラックで、その音源をダウンロードすれば、誰でもリミックスを作ることができる。ステムを配信するというのは、リミックスを期待してのことであること間違いないが、なぜそれほどまでに「Sleepin' Bird」をいろんな角度から磨くのか。それを読み解くためには、渡辺が末光篤と行なったピアニスト対談にヒントがあるように思う。

「ヘタクソだけどすごくカッコいいライヴ・バンドとかを観て、俺には足りないなとか思って。だから、いまSchroeder-Headzをやっているのかなって思います」

作曲家としての自分と、それを壊すことから生まれる創造性。渡辺が「Sleepin' Bird」に求めているのは、普遍性と先鋭性の両方なのではないかと筆者は想像する。時間をかけて聴かれてきた間口の広い楽曲だからできる創造性、そこから生まれるものはどんな輝きを放つのか。「Sleepin' Bird」には、まだまだ大きな可能性が秘められている。これを読んだあなたも、ぜひリミックスで参加してみてほしい。(text by 西澤裕郎)

>>>末光篤とのピアニスト対談はこちら

LIVE SCHEDULE

土岐麻子 meets Schroeder-Headz 東名阪ワンマン・ライヴ開催決定!!

2013年12月6日(金)@愛知県 名古屋ブルーノート
2013年12月7日(土)@大阪府 ビルボードライブ大阪
2013年12月10日(火)@東京都 ビルボードライブ東京

2013年12月29日(日)@愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
出演 : DJみそしるとMCごはん / HINTO / LITE / モーモールルギャバン / rega / Sawagi / Schroeder-Headz

L.E.D. presents "in the universe vol.3"
2014年1月11日(土)@東京都 渋谷O-nest
出演 : L.E.D. with VJ mitchel / Schroeder-Headz / no.9 orchestra

『Toki Asako meets Schroeder-Headz TOUR 2014』Toki-Headz!

2014年1月12日(日)@宮城県 仙台retro Back Page
2014年1月13日(月)@新潟県 ジョイアミーア
2014年1月17日(金)@兵庫県 神戸café Fish!
2014年1月18日(土)@香川県 高松SPEAK LOW
2014年1月19日(日)@広島県 Live Juke
2014年2月14日(金)@東京都 キネマ倶楽部
2014年2月15日(土)@東京都 キネマ倶楽部

RECOMMEND

DE DE MOUSE / sky was dark(HQD ver.)

DE DE MOUSEが前作「A journey to freedom」から2年半ぶりのフル・アルバムを自身が立ち上げた"not"からリリース! FUJI ROCK FESTIVAL'12への出演、プラネタリウムツアー全7公演がソールドアウトなど、レーベル独立後も活躍の幅を広げ続けるDE DE MOUSEが自身のレーベル"not records"を立ち上げ、その第1弾として4thアルバムをリリース! ストーリー性を強めた今作には、ブックレットにアルバムの序章となる自身の短編小説を封入。曲順 / タイトルも含めて、DE DE MOUSEの世界感をこれまで以上に堪能できる1枚です。

>>>DE DE MOUSEの特集ページはこちら

L.E.D. / in motion

2011年の2ndアルバム『elementum』以来、2年振りとなる3枚目のフル・アルバム。今作はゲスト・ヴォーカルにSalyu、作詞にはタナカカツキを迎え、L.E.D.×Salyu×タナカカツキというこの3者でしか生まれないであろう壮大なスケールを描いた新曲「空水になる feat.Salyu」を収録。そして無二のスタイルを確立する、孤高の詩人、志人を迎えた「賽の河原~八俣遠呂智の落とし子と鬼八の祟り~」では、歪でファンタジーなトラックの世界観と、まるで日本神話のような文学的リリックを変幻自在のフロウで畳み掛けた圧巻の超大作! 極上のサウンドスケープを繰り広げる全10曲を収録。

>>>L.E.D.の特集ページはこちら

N-qia / Fringe Popcical

Serph、Reliqと、ソロとしても圧倒的な才覚を発揮するTakmaが、ヴォーカル、Nozomiと結成したユニット、N-qia。自由奔放で複雑なビート、繊細で透明なヴォーカルはジャンルの枠組みを超え、ファンタジックな世界を創りあげる。そんな彼らがmatryoshkaやworld's end girlfriendが所属するVirgin Babylon Recordsからリリース。

>>>N-qiaの特集ページはこちら

Profile

Schroeder-Headz

クラブ・ジャズとオーガニック・グルーヴを繋ぐオルタナ・ピアノ・トリオ「シュローダーヘッズ」は、DE DE MOUSEのライヴ・キーボーディストとしも知られる渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクト。Jazzの世界でよく見られる「ピアノトリオ」という、もっともシンプルかつベーシックなアンサンブル・スタイルを使い、ジャンルにカテゴライズされた、さまざまな音楽フォーマットの枠組から「抜け出してみたい」という試みの実験場。それは「スマートネス」と「クレイジネス」が同居する新世代のハイブリッド・サウンド。サンプリングやプログラミングに支配された、インテリジェンス・ダンス・ミュージックを含む、現在のあらゆる音楽を、シンプルでスタンダードな「ピアノトリオ」という生のアンサンブルで翻訳〜演奏することによって、逆に2010年代以降の近未来に、フレッシュな新しい音楽を響かせることができるのではないか? という思いからスタートしている。2010年にアルバム『ニューデイズ』でデビュー。最新作は、スヌーピーでお馴染みのコミック"PEANUTS"に登場するトイピアノを弾く男の子シュローダーとコラボしたカバー・ミニアルバム『ピアノ・ア・ラ・カルト・フィーチャリング・シュローダーヘッズ』(2011)。

>>official HP

o

 
 

"Everybody Listen!"の最新アーカイヴ

THE ANDS『FAB NOISE』インタビュー
[TRIAL]・2012年06月13日・ 1stアルバム先行販売開始! イチ早く聴いて、リリース前哨戦ツアーへ行こう 2011年、Vo&Gt磯谷直史(monokuro)、Ba朱雀佑輝(NANANINE)、Dr大坪徹志(hare-brainedunity)により結成された3ピース・バンド、THE ANDS。結成後、突如ミニ・アルバム『ONE』を発売し、その後も自主企画やコンピレーション・アルバムへの参加を果たしてきた彼らが、満を持してファースト・アルバム『FAB NOISE』を完成させました。1曲平均3分以下、全ての無駄を削ぎ落としたシンプルでソリッドな直系サウンド計12曲35分。60年代のブリティッシュ・ロック、90年代のオルタナティヴ・ロックやブリット・ポップをバックグラウンドにあげる彼らがミュージシャンとして築いてきた経験値はそのままに、ぶつかりあうサウンドは新鮮な衝撃に満ちています。また、今作は磯谷の故郷である福島に拠点を置くレーベルNomadic Recordsからのリリース。サウンドのみならず、意識面でも原点回帰した作品となっています。 OTOTOYでは、なんとCDの発売より約2ヶ月先駆けて販売開始。6月21日からは『FAB NOISE
by 渡辺 裕也
全曲フル試聴 EVERYBODY LISTEN! The Bootles『RED』
[TRIAL]・2012年02月08日・ 中期THE BEATLESを再現するユニットが誕生!世界を変えた伝説のロック・バンドと1文字違い(英字では2文字違い)の名を持つ彼らは、中期THE BEATLESを再現すべく結成されたユニット。結成の発端となる出来事が起こったのは2011年11月。巨大掲示板ウェブ・サイト「2ちゃんねる」で流れた「THE BEATLESの未発表アルバム『RED』がリリースされるらしい」というデマに踊らされ、末に落胆したミュージシャン3人が「ないのであれば作ってしまえ」と集まり完成させたのが本作『RED』。今作を聴いてTHE BEATLESを懐古するもよし、THE BEATLESの現代的な解釈として受け取るもよし。オリジナルへの深い愛に裏打ちされた完成度の高いオマージュ作をお楽しみください。 the Bootles / RED'【価格】MP3 : 150円 / 1000円WAV : 200円 / 1200円【Track List】''1. Heroin Baby / 2. Bloody Mary / 3. Kick in,Court / 4. Surfin United Kingdom / 5. Queen Of Night
by bobbiiiiie
BiSの発表前の音源を全曲フル試聴で!
[TRIAL]・2011年12月13日・ BiSの新作『primal.』発売! 振付もブッキングも自らこなすDIYアイドル、BiS。メンバー同士のディープ・キスやほぼ全裸のPVなどファンの度肝を抜くパフォーマンスもさることながら、クオリティーの高いロック調の楽曲を発表し続け、コアな音楽ファン層からも高い評価を集めている彼女たちが、ニュー・シングル『primal.』をリリース! 疾走感溢れるエモーショナルなリード曲のほか、クリスマスにぴったりの楽曲や90年代を代表する名曲のカヴァーまでを収録。恵比寿リキッドルームでのワンマン・ライブを大成功に収めた彼女たちの勢いは止まりません! BiS / primal.1. primal. / 2. eat it / 3. KFC / 4. ウサギプラネット / 5. YAH YAH YAH (オリジナル : Chage&Aska) 配信開始日 : 2011年12月21日※全曲フル試聴は終了しました。※Twitterのつぶやきの反映には時間がかかることがございます。その場合は少々お待ちください。 BiS『primal.』についてつぶやこう!
by オトトイ
全曲フル試聴『EVERYBODY LISTEN!』vol.3 白波多カミン
[TRIAL]・2011年11月18日・ 11月18日より全曲フル試聴企画「EVERYBODY LISTEN!」で紹介してきた白波多カミンの『ランドセルカバーのゆくえ』が、遂にリリースされる。リリース元は、これまであふりらんぽ、ミドリ、宇宙人などを輩出してきた大阪の老舗インディー・レーベル「ギューンカセット」だ。「巫女シンガー・ソングライター」という風変わりな肩書きが示すように、彼女は今年2011年に大学を卒業した後、神事に奉仕する巫女となった。しかし楽曲内の彼女は、常に何かを信じ身を委ねることを拒否している。なぜ彼女はその仕事を選び、且つ音楽を続けることを選んだのだろう。 今回のインタビューで彼女の口から頻繁に発せられた言葉、「せめぎ合い」。彼女の音楽はこの一言に集約されている。「あなた」を守ることと「あなた」を破壊することのせめぎ合い、幼さと大人のせめぎ合い、巫女であることと音楽を奏でることのせめぎ合い。それらの摩擦による痛感と快感のせめぎ合い。これほどに温度を持った荒々しい作品は、彼女本人であろうとも二度と作れないだろう。そしてこの先にはどんな作品が生まれるのか。今ある巫女シンガー・ソングライター、白波多カミンをインタビューで切り取り、ここ
by bobbiiiiie
THE TON-UP MOTORS『THE TON-UP MOTORS』を先行フル試聴スタート!!
[TRIAL]・2013年12月10日・ ダイノジ大地とともに、STV(札幌テレビ放送)制作のバラエティ番組「ブギウギ専務」で主役を務め、テレビCMやラジオのパーソナリティもつとめる男、上杉周大。そんなマルチな才能を持つ彼をヴォーカルに擁したソウル・ロック・バンド、THE TON-UP MOTORSが、活動13年目にしてメジャー・デビューを果たした。黒人音楽に影響を受けたメロディと日本語詞の融合。初めて観た人をも一瞬で魅了するライヴ・パフォーマンス。そして、メンバー4人のキャラクターにより、じわじわと話題を呼び、満を持してのメジャー・デビューとなる。それを祝い、OTOTOYではドッキリ企画を発動(笑)。なんでも、ギターの井上仁志、「ロック界のツッコミ王」と呼ばれているらしい。それなら、井上に存分にツッコんでもらいましょう。ということで、スキンヘッドの強面ライターをご用意しました。果たして、井上は「ロック界のツッコミ王」の面目を保てるのか? 別室でその様子を観ていたメンバーのネタばらしも含めて、じっくりお楽しみください!! メジャー・デビュー作を配信スタートTHE TON-UP MOTORS / THE TON-UP MOTORS'【配信価格】mp
Schroeder-Headz『Sleepin' Bird』をHQDにて配信スタート
[TRIAL]・2013年11月27日・ DE DE MOUSEのライヴ・ キーボーディストとしても知られる渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクト、Schroeder-Headz。クラブ・ジャズとオーガニック・グルーヴを繋ぐオルタナ・ピアノ・トリオとして、ジャンルを飛び越え、既成の概念を覆しながら活動を続けている。そんな彼が12月4日に最新作をリリース。いま、エレクトロシーンで最も人気のあるアーティストのひとりSerph、Revirthレーベル主宰のNUMB、シネマティックなサウンドが特徴的なポスト・ロック・バンドL.E.D.、さらにShing02までをもフィーチャーした贅沢な1作。リリカルなメロディが美しい10分超の大作「Harusame」など、充実の本作をHQD(24bit/48kHzのwav)で配信スタート!! そのサウンドに酔いしれてみてほしい。 新作をHQDで高音質配信スタートSchroeder-Headz / Sleepin' Bird【配信形態】 HQD(24bit/48kHzのwav)【配信価格】 単曲 200円 / まとめ価格 1,050円1. Sleepin' Bird2. Sleepin' Bird - remixed by
by 西澤 裕郎
bananafishの2ndフル・アルバム『SYNCHRONIZE』を先行配信開始&インタビュー掲載
[TRIAL]・2013年11月06日・ 2012年11月、渋谷クアトロでのワンマン・ライヴを成功させた、東京青山発のポップ・ロック・バンド、bananafish。OTOTOYでは、彼らの2ndフル・アルバム『SYNCHRONIZE』を、先行フル試聴&先行配信開始。UKロックを軸に、様々なジャンルの音楽を取り込み、独自の進化を遂げた、彼らの新機軸という作品になっている。2014年1月には赤坂BLITZでのワンマン・ライヴという、バンドとしての勝負に出たbananafish。その熱い想いをOTOTOYは、引き続きがっつり追っていく予定だ。まずは、本作を作るために通ったという埼玉山奥のスタジオ「ネバーランド」で、メンバー全員へのインタビューを決行。なんと、12月には真冬のネバーランドから生ライヴをUstream中継する予定だ!! 10月末から行なっている路上ライヴ、そしてネバーランドからのUstreamを経て、どのような成長を見せるのか。その後に繋がっている赤坂BLITZまでの道を、ぜひ一緒に追いかけてほしい!! 2ndフル・アルバムを一週間先行配信bananafish / SYNCHRONIZE'【配信価格】wav 単曲 200円 / まとめ購入
fula、初めての全国流通ミニ・アルバム『safari!』をリリース!
[TRIAL]・2013年10月17日・ ジャムを基調としたサウンドに温かい歌声を乗せる、4人組のポップ&ジャム・バンド、fulaが、初の全国流通盤となるミニ・アルバム『safari!』をリリース。「野外フェス」を意識し、遊び心にあふれた、心躍る作品となっている。 今回OTOTOYではメンバー全員にインタヴューを行い、収録曲を1曲ずつ紐解きながら、夏フェスへの想い、メンバーの生活環境の変化によりバンドに起こったことなど、多岐にわたって話をきいた。fulaがいま充実した状態にあり、これから見逃せない存在になっていくことが読み取れることだろう。ぜひ音源と合わせてこのインタヴューを読んでほしい。 fula / safari!!'【価格】WAV 単曲 300円 / まとめ購入 1,500円mp3 単曲 300円 / まとめ購入 1,500円【Track List】''1. orion coffee / 2. tropical5 / 3. can't go / 4. grizzly / 5. lala salama / 6. goyemon INTERVIEW : fula インタヴュー : 飯田仁一郎(Limited Express (has
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事