J-Jazzシーンの超新星ーー新世代ポップ・ロック・トリオ、Piano Shiftがkilk recordsよりデビュー

fox capture planを筆頭に盛り上がりを見せるJ-Jazzシーン。そこに突如現れた新星にして台風の目とも言える3人組、Piano Shift。ダンサブルなピアノ・インスト曲を基軸とした新世代ポップ・ロック・トリオである彼らのデビュー・アルバム『Rings』がkilk recordsよりリリース。ジャズ・ロック、ジャム、ポストロック・ファンに加え、ゲーム音楽、ファンク、プログレ、クラウト・ロック好きにも突き刺さる全方位的ポップ・アルバムをOTOTOYで配信開始。ライヴ・バンドとしても定評のあるPiano Shiftの魅力を詰め込んだ充実作について、初インタヴューを敢行した。

注目のデビュー・アルバムを配信スタート

Piano Shift / Rings
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC

【価格】
単曲 216円(税込) アルバム 1,944円(税込)

【収録曲】
1. butterfly
2. Cosmos Wall
3. mentalism
4. Mortal
5. Tsuemon
6. kagero
7. Sinkai
8. sutoratera
9. Memory of path


『Butterfly』 Piano Shift music video


INTERVIEW : Piano Shift

なんだこれは?! 全曲、ピアノを主体としたインスト曲なのに、飽きることなく最後まで聴き通してしまう。全体を貫く疾走感はロック色に溢れているが、要所要所にジャズやポスト・ロック、クラウト・ロックを感じるフレーズやリズムが織り込まれており、聴くもののツボをついて離さない。本作の前にリリースされたEP『PIANO SHIFT IS B?』はアーティスト性が高く、どこかポスト・ロック的なアプローチだった。それに対し、デビュー作となる『Rings』は聴く人のことを意識した「ポップス」をテーマにしたという。一度再生したら通して聴かずにはいられない。そんな本作について、Piano Shiftから、ベースの斎藤庸介とドラムの山口さとしを迎え、初インタヴューを行った。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎

ちょっと頭がいかれている人なんですよ(笑)

ーーPiano Shiftは、どのようにして結成されたバンドなんでしょう。

斎藤庸介(bass 以下、斎藤) : もともと、ピアノのTONTENTENさんと初代ベースの人が、エレクトロニカやアンビエント、北欧ジャズみたいな音楽をやっていたんですけど、山口さんが入ってからバンド形態になっていったんです。

山口さとし(Drums 以下、山口) : 最初は打ち込みでやっていくつもりだったらしいんですけど、TONTENTENさんがドラムを入れたいと思って僕に連絡が来て、それからずっと叩かせていただいてますね。

ーーもともと2人ともジャズ畑出身なんですか?

山口 : 僕は違います。師匠はT-SQUAREの則竹裕之さんですけど、歌ものやロック、ポップスをやっていて。今も仕事で叩いてるのは、ほとんどがロックやポップスですね。よくフュージョンっぽいって言われたりするんですけど、ジャズも叩くことがあるので中間にいるドラマーというか。基本的にはロック・ドラムです。

斎藤 : 俺は学生時代に千葉県の柏に住んでいて、よくジャズのジャム・セッションやライヴをしていたんです。そのときTONTENTENさんと知り合ったんですけど、当時はあまり絡みがなくて。エレクトロニック系の音楽にはまった時があって、それをTwitterかなんかで見たのか一緒にやろうよって誘われました。当時エイフィックス・ツインとかスクエアプッシャーも全然知らなかったんですけど、俺が入る前のベースの人から教えてもらって聴いたら、どハマリしちゃって(笑)。

左から、斎藤庸介、山口さとし

ーーそれじゃあ、バンドのキャリア自体は結構長いんですね。

山口 : そうですね。バンド自体はTONTENTENさんの意思でマイペースにやっていたんですけど、斎藤さんの加入だったり、kilk recordsさんから声をかけてもらったりっていうのがあって、一気にリリースに向かって進んでいったところはあります。

斎藤 : 自主制作でEPを作ろうかと思っていた時期にヒソミネでライヴをしたんですよ。そのとき、森さん(森大地 / kilk records代表)に声をかけてもらったんだよね。ちょっと前までバンド=仕事みたいな感じだったけど、サラリーマンや飲食店のスタッフをやりながらとか、俺みたいに講師や作曲をしながらバンドをやるって形態が広がっていったじゃないですか? うちもそんな感じで別の仕事もしつつ、音楽的なものを追求するためにバンドをやっていたから、いざライヴが決まってか練習に入るみたいな流れで活動していました。

ーーTONTENTENさんは、よりアーティスティックに音楽だけに集中しているような方なんですか?

山口 : ちょっと頭がいかれている人なんですよ(笑)。これは百聞は一見にしかずなんですけど。

斎藤 : 一つのことに集中すると、他に目がいかなるタイプなんですよ。

山口 : 人生であそこまでの人は会ったことないですね。

「俺とジャコを目指さないで、自分らしいものを目指してください」って

ーーあははは。『Rings』に収録されている曲は、アルバム制作が決まってから作った曲なんでしょうか。

斎藤 : タイトル曲にもなっている「Butterfly」は前のEPにも入っていて、今回ミックスをし直して使いました。「深海」も前のEPでインタールード的に使っていたけど、今回はちゃんとした曲にしようってことで作り直しました。後はアルバムを作ることになってから、何曲にしたらいんだろう、どういう流れにしよう、あまり曲が被らないようにしようって、そういうことは結構考えて作りましたね。

山口 : 同じテンポとかジャンルも被らないようにしようってね。

斎藤 : インスト曲って、タイトル曲は覚えているけど残りの曲は覚えてないっていうことが結構あって、そういうのはイヤだなと思ったんです。やるなら全曲覚えていてほしい。それもあって、4つ打ちハウスみたいな曲もあれば、ラテンのビートの曲もあったり、エイトビートのロックな曲もあったり、メタルみたいな曲も入っています。山口さんは曲をアレンジするとき、何に気をつけました?

山口 : 俺はリズム被りだね。音階がないから似て聴こえちゃうのがイヤだなと思って。聴いている人はそこまで思わないかもしれないけど、俺はダブルパラディドルをリズムに入れがちなんです。今回も2曲くらい使っちゃって、気づかれたらちょっと恥ずかしいなって(笑)。

斎藤 : 別にいいじゃん(笑)。

山口 : あと、たぶん音源を聴いてもわからないと思うんですけど、ほとんどが一発撮りなんですよ。ベースとドラムだけは8割5分、1テイクで録ってます。俺は直感で叩いちゃうタイプなんですよ。

斎藤 : それでロック感が出たと思うけどね。

ーーたしかに前作のEP『PIANO SHIFT IS B?』と比べるとだいぶ印象が違いますよね。前作はポスト・ロックっぽさを感じたんですけど、今回は疾走感があってロック感があるというか。いわゆるfox capture planとか、そういうバンドも頭に浮かんできたし、ジャンルを選ばずに聴ける作品だなと思いました。

斎藤 : 俺はポップスになるようにと思ってやりましたね。

山口 : ジャズにならないようにってね。

斎藤 : そう、ジャズにならないようにしたかったし、日本のポスト・ロックみたいな音楽も他でやっている人いるから、わざわざ俺らがやることはないなと思って。なによりインストを聴いて飽きられたらやばいって気持ちがあったから、曲を作る時にちゃんとメロディは入れようってことを考えました。ピアノのリフで1曲作って、ドラム・ソロがあって、盛り上がって終わりっていうのはちょっとね… って。

山口 : もちろんソロも録るし、しつこいくらいやる時もあるけど、基本は聴かせたいっていうテーマに変わったんです。EPのときは、作った曲を1回盤にしてみようって気持ちが強くて、曲に対する目的とか指標はそんなに定まっていなかったんですけど、今回はアルバムだから大きな統一感で「ポップス」って枠があった方がいいかなって。

斎藤 : あと、前作のレコーディングはセパレートされた空間で録っていたんですよ。ドラムはレコーディングブース、俺はエンジニアさんの後ろでベースを弾いていたんですけど、今回は対面でやりました。目の前でドラムが鳴っているとライヴをやっている気持ちになるし、やっぱり違うよね。音源を聴いて、これライヴやってるっぽいなと思ったし。

山口 : あまりパンチインとかしちゃうとグルーヴを潰すんじゃないかと思ったから、極力それもしなかったしね。

斎藤 : 要するに、人に聴いてもらうってことがどういうことなのかを考えるようになったんですよね。俺らの世代って、DTMが進化して家で打ち込みで音楽も作れるし、1ヶ月あればアルバムも1枚できるんですけど、だいたいの人は実際やらないじゃないですか。今回、俺らはそういうところから一歩外に出れたのかなと思っていて。ちゃんとやるっていったら変だけど、聴いてもらうとか、音楽を物として出すことに意識的になれた。

ーーそのために「ポップス」っていうテーマは大きな指標になったと。

山口 : そうですね。ポスト・ロックみたいな感じにしちゃうと差別化が図りづらいじゃないですか。僕はジュディマリとかすごい好きなんですよ。そういう音楽をやる気持ちでやりました。あと、3人みんな畑が微妙に違うっていうのは良くも悪くもあるんじゃないかな。ベースの斎藤さんは狙って変拍子を書く人で、TONTENTENさんは気づかないで、「え、これ変拍子だったの?」って言うタイプ(笑)。

斎藤 : 山口さんもよくわからない曲を持ってきたりしたけど、このアルバムはこれをやるところじゃないなと気づいたから、変えたりしたんです。好きなものはみんな別々だけど、このバンドは何をする場所なんだろうって全員わかってきたというか。TONTENTENさんの車に乗ると、ずっとアンビエントかかってたりするから。

山口 : かと思ったら、アニソンが流れてきたりするし(笑)。ベンチャーズが流れていたかと思ったらパスピエをずっと流していたり、よくわからない。ある意味統一性がないっていうか。ロックっぽかったり、スウィングしてみたり、ツイン・ペダルを踏んでみたり、ジャンルに依存していないのが逆にいいと思う。アルバム全部が好かれるって、まず奇跡的なことだと思うから。

ーー僕は普段それほどインストは聴かないんですけど、Piano Shiftの『Rings』は丸々聴いたし、リピートして聴くくらい気に入ってます。

斎藤 : お、それは大成功ですね(笑)。

ーー斎藤さんは、ポップスという点で気をつけていることはありますか?

斎藤 : ベースの面でいえば、フュージョンにならないように気をつけました。フュージョンは好きだけど、大御所がいるから俺がやることじゃないかなと思って。やっぱりそこですよね。フュージョンをやっている人も、ポスト・ロックをやっている人もいるわけで、そこに便乗すると2番煎じ感が否めなくなっちゃうから。

ーーそこを意識しないと、フュージョンっぽくなっちゃうものなんですか?

斎藤 : 俺自身、フュージョンを長く聴いてたからというところですよね。あと、ジャコ・パストリアスっぽいってよく言われるんですけど、それが嫌で。ジャコっぽくやってる人っていっぱいいるじゃないですか。以前、ビリー・コブハムのライヴを観に行ったとき、ウィル・リーにサインをもらったんですけど、「ジャコとあなたがすごい好きなんですけど、なにかアドバイスをください」って話したんですよ。そしたら「俺とジャコを目指さないで、自分らしいものを目指してください」って言われて。それが未だに残っているというか、ああそうだよなって。70年代にスタジオ・ミュージシャンをやっていた人たちで、今も名前が残っているのは、ジャコの真似をしないでいた人たちだったから。

Piano Shiftのロックっぽさそ消さずにRDMを狙っていきたい

この取材は、タワーレコード渋谷店への挨拶回りの後、同店舗内のカフェで行った

ーーそれはすごく印象的な話ですね。レコーディングの話に戻ると、お2人で録った音の上に、TONTENTENさんが自由にピアノを乗せていったんですか?

山口 : 一応決めたフレーズではあったんですけど、あとはご自由にどうぞって感じでした。

斎藤 : 伸び伸びレコーディングしてくださいって伝えてね。プレッシャーに弱いから(笑)。

山口 : 僕らがちょっとでもせっついちゃうと、TONTENTENさんはぶっ壊れちゃう。氷の窓くらいの精神なので(笑)。

斎藤 : 俺たちがさくっと終わらせなきゃって、そういう緊張感はありましたね。実際、TONTENTENさんにのんびりレコーディングをしてもらって結果が出たので、成功だったのかなって。EPの時、俺たちが結構時間とっちゃったから、別日でピアノの録音をしたりしたので、今回はなるべくさくっとやろうって。

山口 : 僕と斎藤くんは予定より3時間くらい早く終わったからね。

斎藤 : そういうやり方がいいんだって今回わかりました。俺らがさくっとやって、さあどうぞっていうのが向いている。TONTENTENさんは黙々と作業する人だから。

ーーすごい絶妙なバランス感で成り立ってるんですね。

斎藤 : 音楽でつながってるくらいの方がいいのかもしれないですね。練習が終わって居酒屋みんなでいこうよっていうノリではないですし。

山口 : サバサバしてる(笑)。

ーーTONTENTEさんは、今作に対してどういう評価をしてるんですか。

山口 : なんか言ってましたっけ(笑)?

斎藤 : 彼は感情をあんまり出さないから(笑)。俺は最終的なミックスを2人でしたから、終わった後の達成感はあったけど、それっきりだったからなあ。

ーーお2人はアルバムを聴き直してみてどう思いました?

斎藤 : 最近送ってもらって全部聴いたんですけど、ロックだと思いました。フュージョンにしたくないっていうのが成功したと思った。

山口 : 俺はロックだけどロックでもないなと思った。精神的ロックっていうか。ロックにしてはドラム手数多すぎるしね。

斎藤 : いいじゃん(笑)。

山口 : だから、すごくいいなって気持ちはあります。

斎藤 : 次のアルバムをどういうペースで録音するのかまだわからないけど、また曲作りをするのが楽しみではありますね。EDMっぽいのやりたいけどもう遅いかな?

山口 : 今更感はあるけど、ロックなEDMだったらいいんじゃない?

斎藤 : この間、次はADMがくるって雑誌に書いてあったんだよね。アコースティック・ダンス・ミュージック。聴いてみたんだけど、アコギが入ってるEDMだった(笑)。

山口 : じゃあ俺らは、RDMですね。ロック・ダンス・ミュージック(笑)。

ーー今、ロックって少しダサいっていう見られ方もありますけど、『Rings』には新しいロック的な形というか希望を感じる部分があると僕も思いました。

斎藤 : ロックが楽しめなくなってきてポスト・ロックにいったりする人もいるだろうし、俺もジャズにいったりとかダンス・ミュージックを探しにいった感があるから、ロックが面白くなってほしいんですよね。いまのJ-ROCKって、裏打ちと4つ打ちが多いじゃないですか? そういう意味でも、俺はこのPiano Shiftのロックっぽさそ消さずにRDMを狙っていきたいですね。

山口 : まあ、置かれてるのはジャズ・コーナーですけどね(笑)。

RECOMMEND

fox capture plan / Fragile (24bit/96kHz)

今やJ-JAZZシーン最重要バンドにのし上がったといって過言ではないfox capture plan。自由度を増して更に加速していることを確信できる5thフル・アルバムとなる『FRAGILE』が完成。歪んだベース、シンセやストリングスアレンジが際立つ音世界、中空を飛行するかの如く軽やかなメロディと疾走感溢れるリズムセクションが堪らなく心地よいサウンドに酔いしれること間違いなし。

>>特集ページはこちら

Kan Sano / k is s (24bit/48kHz)

mabanuaらとともにorigami PRODUCTIONSを象徴するソロ・アーティストとして、そしてHEXへの参加や、作品 / ライヴでの多くの客演など、この国のシーンになくてはならないキーボーディストでもあるKan Sano。待望の3rdアルバム『k is s』がここに完成した。

>>特集ページはこちら

TRI4TH / AWAKENING(24bit/96kHz)

最強に踊れるジャズ・クインテット「TRI4TH」の4thアルバムが遂に解禁。前作から約2年ぶりとなる今作は新たな試みが随所に詰まっており聴きごたえのある内容に仕上がっている。全17曲ラストまで痛快なアレンジとご機嫌なホーンが突き抜けるダンサブルなジャズ・グルーヴに心も踊ること間違いなし。

LIVE SCHEDULE

アルバムリリース記念インストア・ライヴ
2017年4月22日(土)@タワレコ渋谷店

Beat Music Jam with TPSOUND【Jam Session 齊藤(Bass)】
2017年5月31日(水)@新宿GoldenEgg

PROFILE

Piano Shift

Key.tontenten、Ba.斎藤琢磨、Drs.山口さとしによるピアノ・インスト曲を基軸とした新世代ポップ・ロック・トリオ。

ジャズ、ポストロック、ゲーム音楽、プログレなどをミックスしたようなライヴ感のあるサウンドが特徴。2013年、Pf,BaからなるPiano Shift前身のDuoを結成。同年よりサポートDrsの山口さとしが加わる。2015年、Kilk recordsに所属。その後、Baのメンバー・チェンジを経て、tontenten、斎藤庸介、山口さとしの3人で2016年3月に1st EP『Piano shift is B』をライヴ会場限定でリリース。2016年12月には斎藤庸介が脱退、斎藤琢磨が加入し、現在の編成となる。2017年にはkilk recordsより1stアルバム『Rings』をリリース。都内近郊を中心にライヴ活動を行っている。

Official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
Yun*chi、ミニ・アルバム『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催!
[INTERVIEW]・2017年08月02日・未来を自由な色で描こう! Yun*chi、『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催 2年ぶりのミニ・アルバム「Canvas*」をリリースしたYun*chi。ナチュラルな雰囲気を身にまとった新ビジュアルにも注目です。OTOTOYでは本作のリリースを記念してリード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」のリミックス・コンテストを開催! 本日から8月30日(水)まで作品を募集します。グランプリはOTOTOYで期間限定フリーDLをおこないます。詳しくは応募要項をチェック! 2年ぶりのミニ・アルバム!Yun*chi / Canvas*'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 257円 まとめ購入 1500円【Track List】 ''01. 今僕のいる場所が理想と違っても / 02. HIMAWARI* / 03. Trendy Night* / 04. Kare Kano* / 05. Again* / 06. Seaside In Dream* / 07. Thank U* 「Canvas*」リリース記念リミックス・コンテスト応募要項応募用素材はこちらY
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事