僕がカーネーションを知ったのは中学生の頃。何の曲だったかは忘れてしまったが、ラジオで初めて耳にした。今調べてみると彼らがコロムビアに移籍して、アルバム『EDO RIVER』を発表した頃にあたる。正直に言えば、僕はカーネーションの音楽を素通りしてしまっていた。今では信じられないくらい全体的にCDが売れていた時代で、NHK-FMでフィッシュマンズやTOKYO NO.1 SOUL SETなどを聴いてはいたものの、少ない小遣いはサザンオールスターズやMr.ChildrenのCDに費やす普通の少年だった。
それから15年近く経った今、カーネーションの3年振りのアルバム『Velvet Velvet』を聴いて、彼らの音楽の強度に驚いている。実験的なことをわかりやすい形で表に出しているわけではない。変に装飾することなく、王道といっていいくらい真っすぐなロックが鳴らされている。それにも関わらず、そこには誰も真似できないカーネーションという個性が宿っている。彼らの曲を表面上で真似できても、一番の核を真似することは絶対に出来ないだろう。

デビュー30周年以上を迎えたムーンライダーズが今年発表した『TOKYO 7』と同じように、カーネーションの辿って来た積み重ねが作品の核にはある。所属事務所の移籍、数度のメンバー・チェンジやレーベルの立ち上げなど、音楽周辺の出来事も彼らの音楽形成に大きな影響を与えている。しかし、直枝政広がOTOTOYのインタビューで「サウンド自体が何か目的を持って生まれてきたものだと思うので、その中にもう1度入り込んでいって歌詞を練り上げる」と話しているように、楽曲ありきの姿勢が垣間見える。そう考えると、当時からのオリジナル・メンバーが直枝ひとりだというのは必然とも思えるし、今作のサポート・ドラマーにタマコウォルズの中原由貴を迎えているのも結果として納得できる。これだけの月日をブレることなく進むことが出来たのは、直枝の音楽を作る姿勢が楽曲をメインにしているからであり、その上で表出方法を模索してきたカーネーションの楽曲を他のバンドが再現することはやはり難しいだろう。

それと同時に、この作品を聴いて内田樹の著書『表現者の航路』の一節を思い出した。フランス哲学を勉強していた彼がどうしても理解できない箇所にぶつかった時、それが理解できないのは自分の「生き方」が足りないからだと述懐する。「親の死を看取ること、子供を育てること、人を愛すること、愛する人を失うこと・・・そういう身銭を切った体験がないと一行一行に血と涙がにじんでいるような言葉はわからない」。中学生の頃、カーネーションの音楽を素通りしてしまったのは、僕の「生き方」が足りなかったからなのだろう。そう考えると『Velvet Velvet』がこれだけ素晴らしいと思えるのは、僕が歳をとって経験を積んだ証左とも思えて個人的にも感慨深いし、なによりこのようにして思いを馳せることが出来るのは、カーネーションが結成26周年を迎えてもなおシーンの前線で活動を続けているからなのである。ミュージック・マガジンのインタビューで、直枝が独立する際に体を壊していたことを話しているが、まさに身銭を切った体験を経て出来上がった作品として『Velvet Velvet』は今まで以上にフックのあるアルバムに仕上がっている。ただ一つ誤解すべきでないのはそうした苦悩が込められた作品ということではなく、幸福感に満ちているアルバムであるという事実である。音楽を作ることの喜びがカーネーションを、そして直枝を突き動かしてきたのである。

新作と共にコロムビア時代の音源が再発される。カーネーションのように苦楽を伴いながらもシーンの前線で活動を続けてきたアーティストが、これからの音楽シーンでより重要な意味を持つのは言うまでもない。聴き手の「生き方」がどうであれ、この作品に耳を傾けることから始まることは多いはずだ。多くの背景を濾過して出来上がった純粋な音楽を、これまでの軌跡とともに追体験することは何とも言えない醍醐味であり、非常に喜ばしいことである。(text by 西澤裕郎)

『Velvet Velvet』収録の「さみだれ」を高音質で


ニュー・アルバム『Velvet Velvet』より、「さみだれ」を24bit/48KHzの高音質HQDで配信中。一度聴いたら忘れない、落ち着きがあり哀愁の漂うメロディと、直枝政広の確固たるヴォーカル、そしてバンドのキャリアからにじみ出る説得力と勢いに溢れた演奏が感情を揺さぶります。レコーディング時の空気感を、高音質の細やかな音像でお楽しみください。
「さみだれ」特集ページはこちら 直枝政広のインタビューもあり

カーネーションと共にこちらもどうぞ

Here we go'round HQD / moonriders
6ヵ月連続でリリースした配信限定シングルを、限定シングル・コレクションとして、HQDで高音質配信。シンセサイザーの音色があちこちに飛び交う「Tokyo, Round and Round」、淡く儚いラブ・ソング「恋はアマリリス」、リコーダー、グロッケン、アコーディオンやバイオリンなど多様な楽器を使用した「You & Us」、歌詞の至る所に東京の地名がでてくるカントリー調の「Tokyo Navi」、シンプルながらヴァイオリン等のアレンジがキラリと光る「三日月の翼」、ホーンの音色が鮮やかでファンキーな「Come Up」と、彼らの魅力を余すことなく収録。購入者特典は、配信形態では入手不可能だった歌詞入りのウェブ・ジャケットです。

THIS IS MUISC / 大橋トリオ
2008年7月に発売され、ロング・セラーとなった2ndアルバム。穏やかで心地良いメロディやヴォーカルや、前作の音楽性を踏襲しながらも、エレクトロニカやヒップ・ホップなどの貪欲に新しいスタイルも取り入れ、更に洗練された楽曲を丹念に作り上げた作品。アルバム全体が大人のための絵本のような雰囲気をもった名盤です。

PROFILE

カーネーション
1983年12月耳鼻咽喉科を前身にカーネーション結成。当時からのオリジナル・メンバーは、直枝ひとり。 1984年シングル「夜の煙突」(ナゴム)でレコード・デビュー。以降、数度のメンバー・チェンジを経ながら、時流に消費されることなく、数多くの傑作アルバムをリリース。練りに練られた楽曲、人生の哀楽を鋭く綴った歌詞、演奏力抜群のアンサンブル、圧倒的な歌唱、レコード・ジャンキーとしての博覧強記ぶりなど、その存在意義はあまりに大きい。2008年に結成25周年を迎え、2009年1月、ドラマー矢部浩志が脱退。現メンバーは、直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人 に、サポート・ドラマー中原由貴(タマコウォルズ)を迎えて活動している。
カーネーション web : http://www.carnation-web.com/

CARNATION tour 2009 "Velvet Velvet"

12/11(金)@大阪 Shangri-La
OPEN 19:00 / START 19:30
前売り¥4,500 +ドリンク代

12/12(土)@京都 拾得
OPEN 17:30 / START 19:00
前売り¥4,500 +ドリンク代

12/23(水・祝)@東京 渋谷O-WEST
OPEN 18:00 / START 19:00
前売り¥4,500 +ドリンク代

ツアー・サポート
Drums : 中原由貴(タマコウォルズ) / Keyboards : 渡辺シュンスケ

o

 
 

レヴュー

ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
アドリブで楽曲を作り上げ臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中
[CLOSEUP]・2017年09月19日・アドリブで楽曲を作り上げた臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中! 奇妙礼太郎が、メジャー1stフル・アルバム『YOU ARE SEXY』をワーナーミュージック・ジャパン内レーベル、unBORDEよりリリース。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメ―ションズ、さらにはSundayカミデとテシマコージとの3ピース・パンド・天才バンドなど多岐に渡り活動してきた奇妙が中込陽大(gomes)とふたりで作り上げた全20曲。奇妙礼太郎のいまが詰め込まれた本作をハイレゾでお楽しみください。 奇妙礼太郎、待望のメジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信奇妙礼太郎 / YOU ARE SEXY【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめのみ 3,550円(税込) 【収録曲】''1. Woman2. 眠り時計と王の月3. 春だったのかな4. 君はセクシー5. 骨に雨6. 白鳥のおもちゃ7. 19728. NEWTON9. くま10. Nobody knows11. 欲望のしるし12. 泥の月13. ボタンホール14. よっぱ
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事