僕がカーネーションを知ったのは中学生の頃。何の曲だったかは忘れてしまったが、ラジオで初めて耳にした。今調べてみると彼らがコロムビアに移籍して、アルバム『EDO RIVER』を発表した頃にあたる。正直に言えば、僕はカーネーションの音楽を素通りしてしまっていた。今では信じられないくらい全体的にCDが売れていた時代で、NHK-FMでフィッシュマンズやTOKYO NO.1 SOUL SETなどを聴いてはいたものの、少ない小遣いはサザンオールスターズやMr.ChildrenのCDに費やす普通の少年だった。
それから15年近く経った今、カーネーションの3年振りのアルバム『Velvet Velvet』を聴いて、彼らの音楽の強度に驚いている。実験的なことをわかりやすい形で表に出しているわけではない。変に装飾することなく、王道といっていいくらい真っすぐなロックが鳴らされている。それにも関わらず、そこには誰も真似できないカーネーションという個性が宿っている。彼らの曲を表面上で真似できても、一番の核を真似することは絶対に出来ないだろう。

デビュー30周年以上を迎えたムーンライダーズが今年発表した『TOKYO 7』と同じように、カーネーションの辿って来た積み重ねが作品の核にはある。所属事務所の移籍、数度のメンバー・チェンジやレーベルの立ち上げなど、音楽周辺の出来事も彼らの音楽形成に大きな影響を与えている。しかし、直枝政広がOTOTOYのインタビューで「サウンド自体が何か目的を持って生まれてきたものだと思うので、その中にもう1度入り込んでいって歌詞を練り上げる」と話しているように、楽曲ありきの姿勢が垣間見える。そう考えると、当時からのオリジナル・メンバーが直枝ひとりだというのは必然とも思えるし、今作のサポート・ドラマーにタマコウォルズの中原由貴を迎えているのも結果として納得できる。これだけの月日をブレることなく進むことが出来たのは、直枝の音楽を作る姿勢が楽曲をメインにしているからであり、その上で表出方法を模索してきたカーネーションの楽曲を他のバンドが再現することはやはり難しいだろう。

それと同時に、この作品を聴いて内田樹の著書『表現者の航路』の一節を思い出した。フランス哲学を勉強していた彼がどうしても理解できない箇所にぶつかった時、それが理解できないのは自分の「生き方」が足りないからだと述懐する。「親の死を看取ること、子供を育てること、人を愛すること、愛する人を失うこと・・・そういう身銭を切った体験がないと一行一行に血と涙がにじんでいるような言葉はわからない」。中学生の頃、カーネーションの音楽を素通りしてしまったのは、僕の「生き方」が足りなかったからなのだろう。そう考えると『Velvet Velvet』がこれだけ素晴らしいと思えるのは、僕が歳をとって経験を積んだ証左とも思えて個人的にも感慨深いし、なによりこのようにして思いを馳せることが出来るのは、カーネーションが結成26周年を迎えてもなおシーンの前線で活動を続けているからなのである。ミュージック・マガジンのインタビューで、直枝が独立する際に体を壊していたことを話しているが、まさに身銭を切った体験を経て出来上がった作品として『Velvet Velvet』は今まで以上にフックのあるアルバムに仕上がっている。ただ一つ誤解すべきでないのはそうした苦悩が込められた作品ということではなく、幸福感に満ちているアルバムであるという事実である。音楽を作ることの喜びがカーネーションを、そして直枝を突き動かしてきたのである。

新作と共にコロムビア時代の音源が再発される。カーネーションのように苦楽を伴いながらもシーンの前線で活動を続けてきたアーティストが、これからの音楽シーンでより重要な意味を持つのは言うまでもない。聴き手の「生き方」がどうであれ、この作品に耳を傾けることから始まることは多いはずだ。多くの背景を濾過して出来上がった純粋な音楽を、これまでの軌跡とともに追体験することは何とも言えない醍醐味であり、非常に喜ばしいことである。(text by 西澤裕郎)

『Velvet Velvet』収録の「さみだれ」を高音質で


ニュー・アルバム『Velvet Velvet』より、「さみだれ」を24bit/48KHzの高音質HQDで配信中。一度聴いたら忘れない、落ち着きがあり哀愁の漂うメロディと、直枝政広の確固たるヴォーカル、そしてバンドのキャリアからにじみ出る説得力と勢いに溢れた演奏が感情を揺さぶります。レコーディング時の空気感を、高音質の細やかな音像でお楽しみください。
「さみだれ」特集ページはこちら 直枝政広のインタビューもあり

カーネーションと共にこちらもどうぞ

Here we go'round HQD / moonriders
6ヵ月連続でリリースした配信限定シングルを、限定シングル・コレクションとして、HQDで高音質配信。シンセサイザーの音色があちこちに飛び交う「Tokyo, Round and Round」、淡く儚いラブ・ソング「恋はアマリリス」、リコーダー、グロッケン、アコーディオンやバイオリンなど多様な楽器を使用した「You & Us」、歌詞の至る所に東京の地名がでてくるカントリー調の「Tokyo Navi」、シンプルながらヴァイオリン等のアレンジがキラリと光る「三日月の翼」、ホーンの音色が鮮やかでファンキーな「Come Up」と、彼らの魅力を余すことなく収録。購入者特典は、配信形態では入手不可能だった歌詞入りのウェブ・ジャケットです。

THIS IS MUISC / 大橋トリオ
2008年7月に発売され、ロング・セラーとなった2ndアルバム。穏やかで心地良いメロディやヴォーカルや、前作の音楽性を踏襲しながらも、エレクトロニカやヒップ・ホップなどの貪欲に新しいスタイルも取り入れ、更に洗練された楽曲を丹念に作り上げた作品。アルバム全体が大人のための絵本のような雰囲気をもった名盤です。

PROFILE

カーネーション
1983年12月耳鼻咽喉科を前身にカーネーション結成。当時からのオリジナル・メンバーは、直枝ひとり。 1984年シングル「夜の煙突」(ナゴム)でレコード・デビュー。以降、数度のメンバー・チェンジを経ながら、時流に消費されることなく、数多くの傑作アルバムをリリース。練りに練られた楽曲、人生の哀楽を鋭く綴った歌詞、演奏力抜群のアンサンブル、圧倒的な歌唱、レコード・ジャンキーとしての博覧強記ぶりなど、その存在意義はあまりに大きい。2008年に結成25周年を迎え、2009年1月、ドラマー矢部浩志が脱退。現メンバーは、直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人 に、サポート・ドラマー中原由貴(タマコウォルズ)を迎えて活動している。
カーネーション web : http://www.carnation-web.com/

CARNATION tour 2009 "Velvet Velvet"

12/11(金)@大阪 Shangri-La
OPEN 19:00 / START 19:30
前売り¥4,500 +ドリンク代

12/12(土)@京都 拾得
OPEN 17:30 / START 19:00
前売り¥4,500 +ドリンク代

12/23(水・祝)@東京 渋谷O-WEST
OPEN 18:00 / START 19:00
前売り¥4,500 +ドリンク代

ツアー・サポート
Drums : 中原由貴(タマコウォルズ) / Keyboards : 渡辺シュンスケ

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事