【予約受付中】水曜日のカンパネラ、2015年初EPはトライアスロンーースペシャル・インタヴューその①「ナポレオン」プロデューサー・OBKR

完全に台風の目になりました。きゃりーぱみゅぱみゅがつぶやいたかと思ったら、KAT-TUNの亀梨和也までもが水曜日のカンパネラの「桃太郎」にはまっているというではありませんか。その勢いはとどまることを知りません。2014年11月からは初めての全国ツアーも行い、2015年3月29日には恵比寿リキッドルームで初ワンマン。しっかりと実力もつけています。

そんな水曜日のカンパネラの2015年初EP『トライアスロン』が完成。トライアスロンよろしく、おなじみのサウンド・プロデューサーkenmochi hidefumiに加え、OBKR、オオルタイチがサウンド・プロデュース。そんな本作を、OTOTOYではハイレゾで、そしてCDのリリースより2週間先行の4月1日(水)に配信開始。それさえ待ちきれずアルバムの予約も開始いたします!! 予約してくれた方には、OTOTOYでしか手に入らないヤバいポスターの超デカいデータが特典でつきます。

そして、もはや音楽だけでなく、カルチャーとして、その存在を世に知らしめようとしている水曜日のカンパネラの現在を、前作に続き4週連続で特集していきます!! 特集第1弾は「ナポレオン」をプロデュースしたOBKRに単独インタヴュー。R&Bユニット「N.O.R.K.」のヴォーカル兼プロデューサーとしてインディーズ・シーンに名乗りを上げ、音楽レーベル「Tokyo Recordings」も主催する1991年生まれの作詞家 / プロデューサー。なぜ、今回の作品に携わることになったのか? それは… 特集をご覧ください。

取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤

3名のプロデューサーによるトライアスロン的なEPを予約受付中!!

水曜日のカンパネラ / トライアスロン(24bit/48kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 208円 / まとめ購入 555円

【Track List】
1. ディアブロ
2. ナポレオン
3. ユタ

※2015年3月31日までに予約いただいた方には、「水曜日のカンパネラ初ワンマン「鬼ヶ島の逆襲」!」で会場に貼られるポスターの超ビックサイズなデータが特典としてついてきます。

INTERVIEW : OBKR(from N.O.R.K)

OBKR



1991年生まれの作詞家 / プロデューサー。

2014年5月にR&Bユニット「N.O.R.K.」のヴォーカル兼プロデューサーとしてインディーズ・シーンに名乗りを上げ、同年7月には平成生まれのクリエイターのみで構成された音楽レーベル「Tokyo Recordings」を立ち上げる。自身のレーベルでは「綿めぐみ」「XANAX」「Capeson」などの新進気鋭のアーティストを手掛ける傍ら、日本初の「CDの入っていないCD」「簡易VRを使ったMV」等、ゲリラ的に数々のプロモーションを次々と仕掛け、インディーズ・シーンを牽引している。

ーーOBKRくんとコムアイさんは、どういうきっかけで出会ったんですか?

OBKR : 池袋のシェアハウスで共通の知り合いの誕生日があって、そこではじめて会いました。といっても、コムアイはすっと来てすっと帰っていったので、そのときの印象はあまりなくて(笑)。そこから連絡もすることもなかったんですけど、ふとしたきっかけでFacebookのやり取りを通して久々に会って、「私、音楽やるんだ」って話されたのが2回目です。だから、ちゃんと話したのは今回の企画で3回目かもしれないです。

ーーOBKRくん自身、どういうきっかけで音楽活動をはじめたんですか?

OBKR : 18歳の頃まで高校野球をやっていたんですけど、野球部が厳しくて。センターから校歌を歌えと言われたときがあって、普通は「聞こえねーぞ、もっかい歌え」ってなるんですけど、僕だけ拍手が起きたんですよ(笑)。そこで歌がうまいんだって認識して、19歳でプロになりたいと思い、いろんなオーディション受けていました。

ーー校歌もファルセットっぽい感じで歌ったんですか(笑)?

OBKR : キーはEだったような気がします(笑)。女声も男声もどっちも歌えるような、いい按配の旋律で歌ってました。

ーー國本怜さんとのデュオ、N.O.R.K.は大学を卒業してからはじめたんですか?

OBKR : 大学を卒業するちょっと前のタイミングですね。最初はちゃらいEDMをやろうとしてたんですけど(笑)、お互いのバックグラウンドがそんなところになくて。彼はすごくクラシックの知識があって、僕は最近の音楽事情は知ってるというところで、クラシックの旋律とトレンドを合わせた音楽を作ろうっていう形でディレクションしていった感じですね。

ーーOBKRくんのバックグラウンドにある音楽はどんなものですか?

OBKR : 結構まちまちですね。最初に聴いたのがビートルズなんですけど、一番ハマったのがジャミロ・クワイ。あと、ひたすら口ずさんでたら歌えるようになるくらい洋楽を聴いていました。友だちでオアシスがすっげー好きなやつがいて、いかにオアシスをうまく歌うかっていうゲームをずっとしてたんですよ(笑)。英語はまるでできないのに、オアシスだけ、子音の繋げ方とかがやたらうまかったんですよ。そのときに悔しいと思って、歌詞をめちゃくちゃ研究するようになりました。

ーーN.O.R.K.は英語詞ですが、「ナポレオン」に関しては日本語詞ですよね。


水曜日のカンパネラ「ナポレオン」

OBKR : なんで日本語にしたかというと、ハウスの言葉ノリって日本語だと絶対できないんですよね。アイウエオの母音がはっきりしてるから、子音がちゃっちくなっちゃうんです。僕はどうしてもそれに挑戦したかった。例えば、ワンバース目の歌詞ではア・イ・エの母音しか使ってないんですよ。〈大義なんてない会議 いけ好かない大臣〉って〈たいぎなんてないかいぎけすかないだいじん〉って、母音のイを合わせて言ってるんですよね。それって洋楽でしかできないことなんですよ。want toをwannaっていう感覚を、いかに意味のある日本詞で、どれだけ人に聞かせられるかっていうのが今回の歌詞における大テーマだったんです。

ーーフレーズの最後の母音と次の母音が繋がるってことですよね。

OBKR : そうですね。ア・イ・エしか使ってないですし、それで意味を持たせるっていうのが「ナポレオン」の歌詞のなかでの大テーマでしたね。

世界一バイタリティーがあった男知ってる?

ーーサウンドに関してのテーマは、どんなものでしたか。

OBKR : 音に関しては、目をつぶって聴きながらアガるような曲を書きたくて。UKのクラブ・シーンを見ていると、ディスクロージャー以降、トラックメーカー的な人たちがいっぱい出てきちゃって、ひとりがパッと出てきて歌うっていうのがあんまりなくなってしまった。それを日本でやりたかったっていうのもありました。

ーー「ナポレオン」を聴いて、ディスクロージャーの名前を出している人もいましたね。

OBKR : 結構いましたね。少なくとも影響は受けたんですけど、あんまり参考にもしてないです。もちろん、どこかに影響はあると思うんですけど。

ーートラックに関しては、Tokyo Recordingsの酒本くんと一緒に練った感じですか?

OBKR : そうですね。僕のスタイルは、こういう音にこういうのを入れるんだけど、そのタイム感とかは、一緒に作ってくれる人の自由にやっていいって感じなんです。そして今回適任だったのが酒本だったっていうことですね。

酒本信太



1991年生まれ。音楽家。

学生時代より作曲活動を精力的に行い、”Tokyo Recordings"では主にプロデューサーとして活動。綿めぐみやXANAXの作曲・作詞を手がけている。映画や舞台演劇への楽曲提供も行っており、映画監督・中川龍太郎『Plastic Love Story』の音楽を担当する等、活躍の幅を広げている。

ーーTokyo Recordingsのコア・メンバーは4人ですが、他の2人はどういう関わりをしたんですか?

OBKR : エンジニアをやっているヨコハタは音作りに関して助言をくれました。TR-808を使って、どれだけ新しい音を作るかっていうことを目指して、すごく低音を作ってくれたりとかしました。あと、ナポレオンについて話してくれたのは、もう一人のメンバーである小島なんですよ。彼と一緒にWikipediaを見ながら「なんでナポレオンここで負けたんだろうね」っていうのをひたすら話してたりとか、他の資料を漁って「風邪ひいたらしいよ」みたいなところをひたすら研究したりしてました(笑)。

ーーなんでそこまでナポレオンにこだわったんですか?

OBKR : みんなでドライブをしていたときに、ハマコーのバイタリティーってなんなんだろうね? って話になって、やっぱり世界を変えるのってバイタリティーだよねっていう話になったんです。そこで「世界一バイタリティーがあった男知ってる?」って小島に言われて「ナポレオンなんだよ」って話から興味を持って、その曲を書きたいって思ったんですよね。

ーー世界一バイタリティーがあった男がナポレオンだった、と。

OBKR : と、思ってますね。リンカーンとか、ホーキング博士とかいろんな人がいると思うけど、ナポレオンほど破天荒で嫌われ者ってあんまりいないですよね。

ーーナポレオンって、どんな人なんですか?

OBKR : 歴史上、島流しになって帰ってきた人って、ほとんどいないんですよ。世界のなかで、ほぼほぼ唯一無二なんですよね。当時のフランスってキリスト教だから、ローマ法皇が神さまみたいなものだった。そのローマ法皇から言われて国を統治していた王を殺すなんて絶対に考えられないのに、ナポレオンは民衆の前で”おらっ”て首を切ったりするんですよ(笑)。しかも、ナポレオンはフランス人じゃなくてイタリア人なんですよね。要するに、出世欲の塊なんですよ。それで、島に流されたんだけど、また帰ってきて100日後に天下取ってるんですよ。何がそうさせてんのかも分からないけど、やっぱバイタリティーなんですよ。そこがやっぱりおもしろい。

ーーそれをカンパネラの楽曲に持ってきたっていうのもおもしろいですが。

OBKR : あー。カンパネラの楽曲は、これまでずっと歴史上の人物をテーマにしていたっていうのがあるじゃないですか。あと、コムアイもエネルギーが常に発散してる感じなんですよね。それがナポレオンっぽいっていうのはありましたね。

実は今回、サビでコムアイが5人いるんですよ

ーーOBKRくんから見て、コムアイさんのヴォーカルの一番の特徴ってどういうところにあると思いましたか?

OBKR : 変なところで倍音が乗ってるんですよね。出してない音域の震える時間が長いというか。彼女のメッセージの強さっていうのも、たぶん倍音のレンジが広いから単純に響きやすく、届きやすい声なのかなって。

ーー倍音が出ることで曲に効果を与えるようなことがありましたか?

OBKR : ありますね。実は今回、サビでコムアイが5人いるんですよ。あの声は重ねたら絶対よくなるっていうのがあったので。あと、それは彼女の声じゃなかったらできなかったことですね。

ーーその5つの音程は全部変えている?

OBKR : そうですね。周波数の特性というか、持ち上げる部分を変えたりしてます。同じ音程で重ねると、キンキンしたところだけになっちゃうんですけど、そこを抑えつつできましたね。アイドルっぽいへにゃへにゃ声というか、あんまり倍音が効いてない声だと、それはできなかったことなので。

ーーかなり、コムアイという素材を生かして作ったわけですね。

OBKR : そうですね。レコーディングで同じパートを何回も歌わせましたもん(笑)。

ーーおもしろいですよね。水曜日のカンパネラのノリ的にどうかなにたいなところはあんま考えてなさそうですもんね(笑)。

OBKR : そうですね。あまり考えてないですね。やりたいことしかやってない(笑)。

ーーカンパネラの今までをぶち壊そうとか、そんな考えもなく?

OBKR : そうですね。ちょっと言い方が悪いかもしれないですけど、売上を考えなくてもいい立場だったから(笑)。ナポレオンの曲調は、確か最初の打ち合わせで決まってたんですよ。頭のなかで絵が決まっていので、気にせず作っちゃいました。

ーー水曜日のカンパネラのサウンド・プロデューサーであるkenmochi hidefumiさんの「ディアブロ」は聴きました?

OBKR : 相当攻めましたよね、ケンモチさん。すげーと思いました。なんか全然違うし、はー!! みたいな(笑)。

ーーケンモチさんも相当気合いが入っていたんだと思いますよ。

OBKR : 僕も刺激になりました。すげーなって思いましたし、いいチームだなって思いました。

ーーオオルタイチさんの楽曲「ユタ」はどうでしたか?

OBKR : タイチさんの曲は、最初何を言っているのかわからなくて、何語なんだろうと思いながら聴いていました。僕は音像よりも、どんなシーンでこれが使われてて、どんな影響を人々に与えるんだろう? って考えることが好きなので、トラックっていうよりは、何を伝えたかったんだろうってことをひたすら考えて聴いていました。

トライアスロンのなかで一番最後の競技って感じがします

ーーそういう意味でいえば、「ナポレオン」の歌詞もおもしろくて、ダブル・ミーニングっぽいところが結構ありますよね。 〈こんな事〉と(ナポレオンが飛ばされた)〈こんな孤島〉がかかっている。しかも、ちゃんと史実のストーリーに基づいた作りになってるんですね。

OBKR : 2番の最初にある〈焼き払った大草原〉っていうのも史実に沿っていて、ナポレオンが唯一失敗したモスクワ遠征のことなんです。ロシアのモスクワまで攻めるんだけど、ロシアは自分の街を焼いたんですよ。で、なんにもないところをナポレオンが進んでいく。ナポレオンって今の兵歩を作った人で、軍隊の組織をはじめて作った人なんです。現地でテントとか構えて、蛇とか食べてたんだけど、ロシアが自分たちの土地を全部焼きはらっちゃったからなんにもなくて。それでもナポレオンは進軍してったっていう。〈焼き払った大草原 もろともせずに〉っていうのはそれなんですよ。

ーー「ナポレオン」を聞いて気になったフレーズを調べていくと、歴史に詳しくなるかもしれないですね。

OBKR : そうかもしれない(笑)。

ーー今作のタイトルにかけた質問ですが、トライアスロンでいうと「ナポレオン」は、自転車、水泳、マラソン、どの競技に当てはまると思いますか?

OBKR : う~ん。走りじゃないですか? 一番キツいときですよね。トライアスロンのなかで一番最後の競技って感じがします。

ーーなるほど。それともう一問。コムアイさんを一言で例えるとするとなんでしょう?

OBKR : 難しいですね(笑)。コムアイを形容すると… 月っぽいっすよね。

ーーその心は?

OBKR : 彼女自身が輝いているというより、周りに光源があって、そのなかで一番輝いてるのがコムアイですよね。そんなに深い付き合いではないですけど、たくさんの仲間がいて、その中でいかに出し抜くかみたいなところがあるんですよ。全体的な強さというか、相対的ななかで自分がどう出し抜いていくかっていうのに長けてるって思うんで、月っぽいですよね(笑)。自分でいうのは恥ずかしいですけど、自分は割と照らす方なんですよ。あとはよろしくみたいな。彼女は月っぽいですし、暗くなったらキラーって。満ち欠けもあり、そんな感じじゃないですか?

水曜日のカンパネラ LIVE SCHEDULE


水曜日のカンパネラ初ワンマン「鬼ヶ島の逆襲」!

2015年3月29日(日)@恵比寿・LIQUIDROOM
時間 : OPEN 16:00 / START 17:00
料金 : STANDING 2,900円(※SOLD OUT)
主催 : DISK GARAGE
企画制作 : 水曜日のカンパネラ
制作 : ATFIELD inc.
お問合わせ : 050-5533-0888
チケット一般発売日 : 2015年1月31日(土)
・ぴあ(Pコード : 248-818)
・ローソン(Lコード : 72214)


水曜日の視聴覚室 vol.3

2015年5月6日(祝・水)@渋谷・WWW
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
料金 : 前売¥3,000 / 当日未定(※ドリンク代別)
出演 : caino × VJ Yu Ishikawa(from 沖縄) / 水曜日のカンパネラ × VJ 中山晃子
チケット : 一般発売日 3月25日(水)
ローソン(Lコード : 76734)
ぴあ(Pコード : 258-816)

水曜日のカンパネラの作品をチェック!!

待望の4th・ミニ・アルバムをハイレゾ配信中!!

水曜日のカンパネラ / 私を鬼ヶ島に連れてって(24bit/48kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 208円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. 千利休 / 2. 桃太郎 / 3. エンゲル / 4. チャイコフスキー〈Interlude-ラモス-〉 / 5. インカ / 6. デーメーテール / 7. ジャンヌダルク / 8. ドラキュラ


>>水曜日のカンパネラ、4thミニ・アルバム完成記念企画①ビレバン、タワレコ、OTOTOYバイヤー座談会
>>水曜日のカンパネラ、4thミニ・アルバム完成記念企画②振り付け師・竹森徳芳への初インタヴュー
>>水曜日のカンパネラ、4thミニ・アルバム完成記念企画③ヴォーカルのコムアイへのインタヴュー
>>水曜日のカンパネラ、4thミニ・アルバム完成記念企画④トラックメイカー・kenmochi hidefumiへのインタヴュー

ヴィレッジヴァンガード限定のカバー・ミニ・アルバム、ハイレゾ版!!

水曜日のカンパネラ / 安眠豆腐(24bit/48kHz)

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 249円 / まとめ購入 800円

【Track List】
1. カンフー・レディー / 2. めぐる季節 / 3. 月灯りふんわり落ちてくる夜 / 4. 星めぐりの歌

映画をテーマにした3rdミニ・アルバム、ハイレゾ版!!

水曜日のカンパネラ / シネマジャック

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. ミツコ / 2. 二階堂マリ / 3. 義経 / 4. モスラ / 5. ラオウ / 6. ダ・ヴィンチ / 7. ニキータ / 8. ランボー


CD版とはミックス違いの2ndミニ・アルバムをハイレゾ配信中!!

水曜日のカンパネラ / 羅生門

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. モノポリー / 2. 素子 / 3. 星一徹 / 4. シャア / 5. マリー・アントワネット / 6. アリババ神帝 / 7. 不二子 / 8. 竹久夢二

>>コムアイ、Dir.Fへのインタビューはこちら

お待たせしました!! ヴィレッジバンガード下北沢店限定の1stミニ・アルバムをハイレゾ配信スタート!!

水曜日のカンパネラ / クロールと逆上がり

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,440円

【Track List】
1. パフ / 2. お七 / 3. ゴッホ / 4. テンテン / 5. 浮雲 / 6. ヒカシュー / 7. マチルダ / 8. マルコ・ポーロ / 9. ネロ


エロスの連載を振り返っておこう

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第一弾シングル

水曜日のカンパネラ / モスラ(幼虫Ver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メイカー、Kenmochi Hidefumiによるモスラをテーマにしたトラックと、そこに乗っかるコムアイのエロスをモチーフにしたリリック。連載第一弾配信シングルにして、すでに最高傑作ともいえる湿気たっぷりのエロス・ソング!! 怪しくくぐもったサウンドにエモーショナルな鍵盤が絡まるロマンティックでエロティックな楽曲にときめきを感じてみては? 水曜日のカンパネラが羽化していくことを予感させる名曲!!

>>第一回『モスラ対ゴジラ』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第二弾シングル

水曜日のカンパネラ / ラオウ

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メイカー、Kenmochi Hidefumiによる北斗の拳をテーマにしたトラックと、そこに乗っかるコムアイのエロスをモチーフにしたリリック。連載第二弾配信シングルにして、エロス・ソングとしては最大の問題作。

>>第二回『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第三弾シングル

水曜日のカンパネラ / ミツコ(セーラー服ver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メーカーKenmochi Hidefumiによる『恋の罪』をテーマにしたトラックと、コムアイのエロスをモチーフにしたリリックが結実した、連載第3弾配信シングル。水カン至上最も難産となった1曲にして、現時点での最高傑作。不穏なイントロとくぐもったサウンドでスタートする本曲は、ぐるぐる城の周りを歩いているように、辿り着きそうでつかない雰囲気が醸し出された内容となっている。水曜日のカンパネラが、新境地を切り開き、次のフェーズへ踏み出すためのきっかけになるであろう作品。

>>第三回『恋の罪』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第四弾シングル

水曜日のカンパネラ / ニキータ(若気の至りver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メーカーKenmochi Hidefumiによる『ニキータ』をテーマにしたトラック&リリック、それをコムアイが歌った連載第4弾配信シングル。静かにゆったりはじまるサウンドスケープから一転、軽快なドラムンベースが疾走感をもたらす。映画のストーリーを示すリリックとあわさることで妙な哀愁がただよう、これまでの水曜日のカンパネラにはない1曲。

>>第四回『ニキータ』の考察ページはこちら

OTOTOY限定のSPECIAL Editionも配信中!!

ここでしか手に入らない限定版

水曜日のカンパネラ / ノルウェイの盛り

【価格】
wav 単曲 200円 / まとめ購入 400円
mp3 単曲 150円 / まとめ購入 300円

【Track List】
1. モノポリー
2. ものぐさ太郎
3. 素子

PROFILE

水曜日のカンパネラ

2012年、夏。初のデモ音源「オズ」「空海」をYouTubeに配信し始動。

「水曜日のカンパネラ」の語源は、水曜日に打合せが多かったから… と言う理由と、それ以外にも、様々な説がある。当初グループを予定して名付けられていたが、現在ステージとしてはコムアイのみが担当。それ以降、ボーカルのコムアイを中心とした、暢気でマイペースな音楽や様々な活動がスタートしている。

コムアイ
担当 : 主演 / 歌唱
1992年7月22日生まれ。
神奈川県出身。

成人しても未だ「クロール」と「逆上がり」ができないという弱点を持つ。
高校生時代には、いくつかのNGOやNPOに関わり活発に動き回る。
サルサ・ダンスに毒され、キューバへ旅し、同世代100人のチェキスナップとインタヴューを敢行。
その後は、畑の暮らしを体験したり、たまに海外へ。
最近は、鹿の解体を習得中。
好物は、今川焼と明石焼といきなり団子。

また、“サウンド・プロデュース”にKenmochi Hidefumi。
その他、“何でも屋”のDir.F。
などが、活動を支えるメンバーとして所属。

>>水曜日のカンパネラ オフィシャル HP

o

 
 

連載

BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」
[BISH]・2017年09月22日・【BiSH】Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。セブン‐イレブンのおでんCMを歌ったり、音楽ファンを越えて浸透しはじめている彼女たちの6周目となるメンバー個別インタヴュー掲載。第1回はセントチヒロ・チッチのインタヴューをお届けする。 BiSH初のミニ・アルバムをハイレゾ配信中 BiSH / GiANT KiLLERS'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 750円【Track List】1. GiANT KiLLERS 2. Marionette 3. Nothing. 4. 社会のルール 5. VOMiT SONG※アルバムをまとめ
by JJ
D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!
・2017年09月15日・D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く! ということで、ひさびさ登場「D.A.N.の新譜放談」、今回は少々趣向を変えまして「特別番外編」と題し、マウント・キンビー新作『Love What Survives』にフォーカスしたいと思います。こちらは4年ぶりにリリースされた新作。この新作を提げて10月の頭には、D.A.N.も出演の朝霧JAM、そして東京、大阪での単独来日公演(まだ間に合う!)も控えている彼ら。音楽性に、彼らに大きな影響をうけたというD.A.N.の3人に迫ってもらいました。D.A.N.といえば、年末に向けたワンマン・ツアーも。こちらいまや完売必至。一般発売は9月23日(土)となりますので、お忘れなく (詳しくは記事後半の告知にて)! それではレッツラ行って見ましょう! 取材 : 河村祐介 Mount Kimbie / Love What Survives(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Four Years and One Day02. Blue Train Lines (feat. King Krule)03. Audition04. M
by 河村 祐介
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回
[REVIEW]・2017年09月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回 8月も終わり、夏もじわじわと過ぎ去りつつある今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか? 先月は「夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書」ということで、北千住を根城に活動するマイク集団・VLUTENT ALSTONESのクルーとして初となる作品『2017』と一十三十一の約2年ぶりとなるアルバム『ECSTASY』、そして新しく創刊されたヒップホップ専門誌「FRESTA(フリスタ)」を紹介いたしました。今月は先日リリースが発表されたばかりのあのアルバムをリリース前に一早くレヴュー掲載! オトトイでも配信予定なので記事を読んで気になった方はそちらもぜひチェックお願いします! 第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』 今月はリリースが楽しみで仕方ない1枚を先走って紹介します。 GRADIS NICE & YOUNG MASによる『L.O.C -Talkin About Money- 』。全編GradiceNiceの曲にFebbのラップで
by 斎井 直史
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回
[REVIEW]・2017年08月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回 東京は亜熱帯になってしまったんでしょうか? 嫌な湿気と暑さですっかりバテてきてる感じですが、まだまだ暑さは続きそうです。ですが今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は元気にいきますよ! 先月は「気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚」ということでAlfred Beach SandalとSTUTSによる共作ミニ・アルバムと神奈川を拠点とするヒップホップ・グループ・CBSの初CD作品、そして話題のフィメール・ラップ・デュオ・chelmicoのメンバーである鈴木真海子のソロ作をピックアップしました。気になる今月は音源に加えて、雑誌も1冊紹介してくれるみたいですよ! Don't miss it! 第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書 8月に入っても梅雨みたいな天気が続き…なんて書いていたことが懐かしくなる事を祈ってます。先月膨らませた夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書を1冊セレクトしました! まず、1枚目。VLUTENT ALSTONES『2017』。Playboi Cart
by 斎井 直史
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なくとも、隣国
by 斎井 直史
*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回
[REVIEW]・2017年07月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回 暑い! 暑い! 暑い! 最近の東京はジメジメと暑く、いよいよ夏本番がすぐそこに来てるという感じですが、いかかがお過ごしでしょうか? この斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も6回目ということで掲載から半年! これからも細く長く続けていければと思っております! さて、先月は「#超WAVYでごめんね」というキラー・フレーズが話題を呼んでるJP THE WAVY(例の楽曲、SALUもリミックスしてましたね)と、先月待望の初来日を果たしたDC出身のラッパーGoldlinkを取り上げましたが、今月はすでにやってきているうだるような暑さも忘れられるような気持ちいいアルバム3枚をピックアップしてるみたいですよ!(2ヶ月ぶり、今月はOTOTOYでも配信があるぞ!) 第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚 ちょっと買い物に外を出た瞬間、ワクワクするような夏の空を不意に見つけて胸が高ま…りたい。 海へ向かう車内で曲を流し、「これ最高だよなぁ〜」なんて友達に言わ…せたい。 そんな気持ちのいい夏
by 斎井 直史
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.7 ユメノユア&連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.7掲載!!
[GANGPARADE]・2017年07月29日・GANG PARADE インタヴュー、ユメノユア編「今のギャンパレで戦っていく自信はある」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第7回は、ユメノユア編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の7回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.7 はこちら>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこ
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.6 ヤママチミキ&連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.6掲載!!
[GANGPARADE]・2017年07月28日・GANG PARADE インタヴュー、ヤママチミキ編「ここが私の居場所だから」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第6回は、ヤママチミキ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の6回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.6 はこちら>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこちらユイ・
by 西澤 裕郎
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事