2013年6月18日にデビュー5周年を迎えた、女性シンガーSAWAを、OTOTOYで6月より3ヶ月連続で特集。これまでのSAWAのキャリアを振り返るとともに、彼女のこれからの活動の展望を、音源配信とロング・インタヴューによってあぶり出していきます。6月9日に開催された自主企画イベント「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!! ワイワイ!! SAWAのカム着火祭」のDSD配信に引き続き、7月17日には、7月1日に音霊で行われたライヴ音源をDSD配信いたします。前者は打ち込みメインのライヴ、後者はバンド・セットでのライヴと、同じ曲でも違ったサウンドの色を臨場感溢れるDSD音質でお楽しみいただけます。そして、3ヶ月連続企画のファイナルとして、8月にはオリジナルの新曲を配信限定リリース。5周年を迎え、新しい道を踏み出すSAWAの素顔にせまります。

逗子で行われた第2弾ライヴの音源を7月17日にリリース

配信第2弾 : 「音霊OTODAMA SEA STUDIO」

【配信形態】
DSD 5.6MHz / HQD(24bit/48kHzのwav)

【配信予定日】
2013年7月17日(水)18時

音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2013 「DREAM CATCH ME」

INTERVIEW : SAWA (後編)

6月9日に開催された自主企画イベントのライヴ音源をリリースしたばかりのSAWAが、7月17日に早くも第2弾ライヴ音源をリリースする。前作が打ち込みメインでクラブ仕様だったのとは対照的に、今作はバンド編成でのライヴ、しかも会場は逗子の砂浜の上に立てられたライヴハウスでのライヴを収録。同じ楽曲でも、違う顔を見せながら聴き手に迫ってくる内容となっている。

本作のリリースとSAWAの5周年を記念し、前回に引き続きSAWAというアーティストに迫ったインタビューの後編をお届けする。「ケースに入ったSAWA」みたいな状態でデビューしたというデビュー当時から、他のアーティストへの楽曲提供、ワンリルキスやEspeciaなどのアイドル・グループ、そして自身のプロデュースまで、プロデュース・ワークも幅広く行うようになった現在まで、SAWAの考えとこれからの展望について迫った。

取材 & 文 : 西澤裕郎

>>SAWAの5年を辿るインタビュー(後編)はこちら

PROFILE

SAWA

幼少期にバイオリンとピアノを習い絶対音感を身に付け、音楽人生をスタートさせる。

2008年6月、FreeTEMPOの全面プロデュース『COLORS』でCDデビュー。
2ndミニ・アルバム『TIME&SPACE』でiTune Music Storeのダンス・チャート1位を獲得。
2010年10月、初のワンマン・ライヴを渋谷club asiaで行い、ソールドアウトする。
2010年、打ち込みによる楽曲制作を開始。
同年秋にFM 岡山の番組とのコラボ曲、SAWA作詞作曲による「Mysterious Zone」を配信リリース。
2011年秋、DJ WASA (ワーサー) の名でDJ活動を開始。
2012年4月、佐々木希「カラフルワールド」の作詞・作曲・ボーカル・ディレクションを行い、初のプロデュース作として携わる。(花王プリティアCMソングとしてオンエア)
2012年5月、セルフ・プロデュース曲「Good day Sunshine」を配信リリース。iTunesエレクトロ・チャート初登場5位を獲得。
その歌声が音楽プロデューサー西部敏彦の目にとまり、歌唱参加した「ソプラノレイン」がNHK「みんなのうた」2012年12月、2013年1月のうたとして放送される。
2012年12月19日、6thミニ・アルバム『ソプラノレイン』を2年半ぶりにリリース。
これまでに、6枚のミニ・アルバム、1枚のフル・アルバムをリリース。

ゆるふわなファンシー・ヴォイスとシュールで底抜けに明るいキャラクターで愛され、ヴォーカリストとして多くの作品に参加している、常に多彩な才能が開花し続ける女性アーティストである。