INTERVIEW : SAWA (後編)

ーーSAWAさんが表現されているものは、日常で経験したものとは、遠いところにあるものですか?

SAWA : MCでしゃべる分には、普段のSAWAとそんなにかけ離れてはいないんですけど、どこかで線引きをしているだろうし、プロデュースしているんだろうなと思います。

ーーそういう考えでやってらっしゃる方と、なかなかお会いしたことがないからおもしろいです。

SAWA : デビュー当時はそんなに考えなかったんですけど、曲を作るようになると自分の中で、自分の株が一個上がるんですよね。それまでは作家さんがからデモとかを貰っていたんですけど、自分で作るようになると「これじゃ駄目なんだ。ここをこうしたら良いんだ」っていう細かいディレクションができるようになるので、「これはSAWAに歌ってほしいのか」「SAWAじゃないと駄目なのか」とか「SAWAに歌わせるとしたら、こういう風に歌ってほしい」という目線が自分の中に出てきて。そうすると歌い方も変わってきたりとか。

ーーそれって、SAWAを演じているということですか?

SAWA : というところは少しはあると思いますね。「完全に作っているのか?」と言われれば違うんですけど。

ーー変な質問になりますけど、アーティストとしてのSAWAは、SAWAさんにとってどういうアーティストなんですか?

SAWA : 軽いっていうのはひとつのテーマかも。アーティストそれぞれの思いがあるし私にもあるんですけど、それを押し付けない。というか宙に浮かせて「取りたい人は取っていいよ」くらいの軽さのほうが私がライヴにいったら楽しいと思うので、そういうふうにしているかもしれないです。

ーー「私」を強く出さないのは歌詞を見てもわかるんですけど、もっとスピリチュアルで宇宙的な内容、ファンタジーやSF的にすることもできるのにそこまではいってないですよね。

SAWA : 完全によくわからない部分までいくこともできるとは思うんですけど、「ちょっと人間らしい部分も出た宇宙」を目指しているのかもしれないです。

ーー現実逃避とはいっても、全然関係ないところにぶっ飛ぶというより、少し現実離れしたところへ誘導する、という感じなんですね。

SAWA : ちょっとだけエスケープするくらいの気持ちでやっていますね。

ーーデビューしたてのころは、自分で曲を作ったりはしていなかったんですよね。

SAWA : 曲も作ってなかったし詩も書いていなかったです。本当に歌っているだけで、「ケースに入ったSAWA」みたいな状態でデビューしたんじゃないかなって。

ーーそれこそ、曲も歌詞もない「箱に入ったSAWA」状態のときは、かつてヴァイオリンを課せられていたときに近いのかなと思ったのですが。

SAWA : でも、Free TEMPOのプロデュースだったり、好きな音楽に基づいてやっていたので、「何でヴァイオリン弾かなきゃいけないの?」っていうのとは根本的に違いますね。

ーー作詞作曲を手がけるようになって、自分の自由度が増した感じはありますか?

SAWA : そうですね。作り始めのころは自由度が低かったですけど、慣れてきたら書き分けもできるようになってきたし、歌ってほしいアーティストも変わってくるので、そうなると別人格で「SAWAに歌ってほしい、ほしくない」という発想が生じてきたりして不思議な感覚に陥りました。「私は歌いたいけれど、作家のSAWAは歌ってほしくないというからSAWAは歌いません」みたいな(笑)。

求められているものを作る思考なんでしょうね

ーーあははは。5周年を迎えましたけど、どうですか? 短かった?

SAWA : いや、長かったですよ(笑)。あっという間のようで、いろいろなことがあったなと。思い返すと色々なことがあって、自分の成長が自分の中で見れました。

ーー変化はありましたか?

SAWA : そうですね。ライヴも少しは慣れてきたし、人前に立つ上でどうしたらいいのかをちゃんと考えられるようになって、あと音を作り出すと耳は育つんだなって。最初の頃はミックスもそんなに言うことはなかったんですけど、ここをこうしたいとかこの音はもっとクリアな方がいいといった感じで、耳を使った脳が育ったなと、そういうところがありますね。

ーーやっていきたい部分はまだまだあるという感じですね。

SAWA : そうですね。もっといろいろ曲を作っていかなきゃと思うし、自分を育てていかないといけないなと思います。

ーーSAWAをプロデュースするということはもちろんですが、他のアーティストへの楽曲提供や、アイドルをプロデュースといった、プロデュース・ワークも増えてきましたね。

SAWA : そうですね。初めての曲提供したのが佐々木希さんで、あんなに素敵なかわいらしい方に曲提供できたことで自信になったし、それによっていろいろと作っていこうという気持ちが芽生えたので、もっといろんな曲を作ったり、アーティストに捧げたりしたいですね。

ーーちなみに、SAWAさんはどういうシチュエーションで曲を作ることが多いんですか?

SAWA : 一番活性化するのは風呂上がりですけど、お風呂に入る前になにかをやってその延長で風呂に入って風呂上がりにまとめるという流れがわりといいかなと。

ーーお風呂って割と皆さんキーワードに出すんですが、なんなんでしょうね。

SAWA : なにもできない環境だからですかね。お風呂は自分の身体くらいしか見ることはないじゃないですか(笑)。マイナス・イオンが出てるようなそんな環境で、頭の中のことと向き合えるのかな。

ーーなかには楽曲提供するのが辛くて泣きながら作ったというアーティストもいたりしますけど、そういうことはないですか。

SAWA : えー。わからないなそれは。私は、たぶんアーティスト・アーティストしたアーティストじゃないんだと思います。どこかドライというか。例えば「売れる曲を書け」って言われたら「ハイ」って言って書くと思うし(笑)。売れるかどうかはおいといて。商業的に音楽を作ることができるんじゃないかなって思います。

ーーそこまで、音楽が自分の生き写し的な感じではないんですね。

SAWA : もちろんこだわりもあるし、自分の中でここはこうしたい、というのもあるんですけど、周囲に受け入れられたいというほうがはるかに大きいから、求められているものを作る思考なんでしょうね。

ーーかなり職人的な、サウンド・プロデューサーとしての視点が強いですよね。

SAWA : そうですね。だから、「これはSAWAじゃないから書けない」とかするつもりはなくて、可能な限りなんでも書きたいなと思います。

ーー今の話を聞くと、音楽じゃなくてもいい、というわけではないんですよね。だから音楽であることは絶対条件だと思います。

SAWA : なんでもいいわけじゃないんですよ。

ーーやっぱり、SAWAさんは掴めるようで掴めないですね。

SAWA : そこが売りなんじゃないですかね(笑)。

ーーうまくまとめられてしまいました(笑)。じゃあ、SAWAさんの音楽への信頼感は一体なんなんでしょうね。

SAWA : 多分、音楽をやりたくてやっている、あるいは自分を表現したくて音楽をやっている人がアーティストに多いと思うんですけれど、私には音楽がもともとあったから。やりたいからそれを結びつける動機が必要なのではなくて、音楽がすでにあったから動機は必要なかったのかもしれませんね。

「SAWA」というツールを通して繋がってイベントなどになっていければ

ーー音楽活動5周年という節目を迎え、先日のMCでも「次は10周年だ」とも仰っていたじゃないですか。プロデュ―スしたりと活動の幅が広がっていますが、5年以降のSAWAさんはどういったヴィジョンを持っていらっしゃるんでしょう。

SAWA : 5周年と10周年はまったく変わっていなければいけないと思っていて。やっとプロデュースという所にまで辿り着いているので、そこから第二ステージみたいな感じで、そこからはプロデュースとか曲づくりを頑張った上でのSAWAを10周年では見せていけたらと思います。

ーー今回のDSD録音もそうでしたが、7月1日の音霊ではバンド・セットで出演されますよね。打ち込みじゃない部分も見せて行くご予定ですか?

SAWA : そうですね。最近はオケ・ライヴ、バンドもしくはアコースティック編成、DJ、とそのときによってSAWAの形態はさまざまです。月に3本ライヴがあったら1本アコースティックくらいの割合だったりもして、ニーズに合わせていこうかなと思っています。

ーー常にそういった視点を忘れないんですね。

SAWA : 外から見ていい状態でいたいんですよね。

ーーこれからはどういうプロデュースをしていきたいですか?

SAWA : 自分ができないことをしてもらうっていうのがひとつの要素ですね。曲を書く側としてどこまでできるのかを試させてもらうわけではないですけど、実現させてもらう、というのがありますね。

ーーアイドルという面ではどういったアイドルを作りたいと思いますか。

SAWA : アイドルの魅力って不完全さだと思うんですよ。隙があるとか抜けてるとか。そういう意味で、最近プロデュースしたワンリルキスは本当に隙があると思って。完璧を求めるのではなく、隙があって癒されて自分も頑張れるなと思われるアーティスト、アイドルを作れたらいいなと思います。

ーーちょっとした現実逃避というか、日常から少し浮いているという感覚は他の人をプロデュースする場合でも変わらないですか。

SAWA : そうですね。曲の中にも、自分が意図していないSAWAらしさがあるようで、自分ではそんなに出しているつもりじゃなくてもどこか癖が出るようなので、そこを生かしながらSAWAらしさも出していきたいなと。

ーー音楽を使ってひとつのプロジェクトやアーティストを作り出して世の中に出していくということで、どういう効果や反応をSAWAさんは期待していますか?

SAWA : 全部のアーティストを通して見れるようなイベントってすごくいいイベントだと思うのでそんなイベントをするとか。こないだの5周年のイベントはそれを目指していた訳ですが。私がアイドルやアーティストのプロデュースをさせてもらうことで好き嫌いをなくすとまでは言わなくても、、“SAWA”というツールを通して繋がってイベントなどになっていければもっと楽しいだろうなあと思います。

ーーいわゆる「ちょっとした現実逃避」だとしても最終的には現実で結びつく、みたいな部分があるんですね。

SAWA : そうですね。大きく言えば、みんなで集まってワイワイしたいくらいのことなんです。意外と簡単そうに見えて難しかったり、ワイワイできないということもあるので、ワイワイできるようなツールを作りたいです。

>>SAWAの5年を辿るインタビュー(前編)はこちら

第1弾ライヴ音源が絶賛配信中

第1弾配信開始「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!!ワイワイ!!SAWAのカム着火祭」


SAWA☆Debut 5th Anniversary Live at SHIBUYA Glad

【配信形態】
DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 900円
HQD(24bit/48kHzのwav) ver. 単曲 200円 / まとめ 900円

【Track List】
1. Blue / 2. Mr.Brown / 3. StarlightPavilion / 4. ハッピーバースデイ / 5. Good day Sunshine


music & performed by SAWA

Recorded & Mixed & Mastered by 高橋健太郎
Recorded at SHIBUYA Glad

All photos by norico
Movie by 藤井伸

Artist Management 高橋亜矢子
Project Director 西澤裕郎(OTOTOY)

>>DSDの聴き方はこちら

※DSD 5.6MHz+mp3 ver.には、楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のmp3トラックが同梱されております。5.6MHz DSDの音源は、ご使用の再生環境によっては再生できない可能性もあります。ご購入の前にご確認ください。DSD DISCでお聴きになる場合は、DSD(2.8MHz)にダウン・コンバートしてご使用ください。

※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

>>「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!!ワイワイ!!SAWAのカム着火祭」のLIVE REPORTはこちら

配信第3弾 : 新曲(オリジナル楽曲)

【配信形態】
HQD(24bit/48kHzのwav)

【配信予定日】
2013年8月上旬

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

〈After Hours〉開催記念!! MONO × envy × downy、主催3組によるインタヴュー掲載!!
[POWERPUSH]・2017年03月27日・極上の音楽体験がここに──祝SOLD OUT!!〈After Hours〉開催記念!! 主催3組による特別対談を掲載!! 2017年4月9日(日)、日本を代表するロック・バンドであるMONO、envy、downyの3組による主催フェス〈After Hours〉が開催される。昨年は〈SYNCHRONICITY'16 – After Hours –〉の中で行われた同イベントであったが、今年は〈After Hours〉が独立したフェスとして開催、日本の最前線を走るオルタナティヴなバンド、アーティスト全31組が渋谷に集結する。OTOTOYではイベントの開催を記念し、主催の3組からTakaakira ‘Taka’ Goto(MONO)、Nobukata Kawai(envy)、青木ロビン(downy)の3名にインタヴューを敢行。フェス開催のいきさつや今後の展望について話を伺った。 〈After Hours〉詳細 & タイムテーブルはこちら!! After Hours ’172017年4月9日(日)@TSUTAYA O-EAST / duo MUSIC EXCHANGE / TSUTAYA O-WEST / TSUTA
callme、9ヶ月ぶり4thシングルをリリース 3つの曲に込めた思いをインタヴュー
[POWERPUSH]・2017年03月22日・3つの曲に込められた、自分たちの思いとこれからーーcallme、9ヶ月ぶり4thシングルをリリース callmeが9ヶ月ぶりにシングルをリリースした。曲数は3曲。ポップさに舵を取り、物流応援PR曲として作られた「Bring you happiness」、3人のこれまでとこれからが凝縮された超大作「It's own way」、RUUNAのヴォーカルが冴え渡る「I never know tomorrow」の3曲について、じっくりと話を訊きました。 callme / Bring you happiness(24bit/48kHz)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,100円(税込)【Track List】''01. Bring you happiness02. It's own way03. I never know tomorrow INTERVIEW : callme 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが、今年最初となるシングル『Bring you happiness』をリリースした。表題曲はそのタイトル通りの
堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!!
[POWERPUSH]・2017年03月10日・堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!! 神奈川県央在住のロック・ヴォーカリスト、シンガー・ソング・ライターDEATHRO。昨年末にリリースされた1stアルバム『PROLOGUE』は90年代のジャパニーズ・ビート・ロックへの敬愛と、現行のインディー・ロック、オルタナを取り込んだサウンドで、新たなファンを続々と増やし続けている。今回配信となるライヴ音源はアルバムのリリース・ツアーのファイナル公演、下北沢THREEでの模様をパッケージング。ツアーを経てパンプ・アップしたサウンドとヴォーカリゼーション、1秒も聞き逃して欲しくないMC、そしてオーディエンスから湧き上がる歓声。この日ライヴに行った方も、行けなかった方も是非ともこの熱く狂った一夜を追体験してみてほしい。 DEATHRO / THE END OF THE PROLOGUE ”REVENGE” 3.6 Shimokitazawa THREE'【Track List】01. OPENING /KEN-O by 幽閉 a.k.a ZERO磁場02. RUNAWAY ANIMAL03. CRAZY FOR
the magic vol.7 ~A FIRST AID KIT リリースツアー・ファイナル DIALUCKライヴ・レポート
[POWERPUSH]・2017年02月21日・2人から3人へ、DIALUCKの魔法は進化していくーー リリースツアー・ファイナル・レポート 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をひっさげたリリースツアー・ファイナルが2月12日に北堀江club visionでおこなわれた。その模様をレポートする。 ライヴ中、ずっとサポートメンバーとして活動していたkanatama(Ba)のサプライズ感ゼロのサプライズ加入発表もあり、最後までDIALUCKらしいファイナルになりました。 初の全国流通ミニ・アルバムをハイレゾ配信中DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら LIVE REPORT :
LEARNERSがKiliKiliVillaより2ndアルバム・リリース&インタヴュー掲載!!
[POWERPUSH]・2017年02月07日・楽しいを追求したその先にある"MORE"ーLEARNERS、待望となる2ndアルバムをリリース!! 松田"CHABE"岳二を中心とした5人組ロックン・ロール・バンド、LEARNERS。2015年12月にリリースされた1stアルバム『LEARNERS』は年を跨ぎロング・セールスを記録、ジャンルを問わず魅力的な楽曲をカヴァーするそのセンスとハッピーなライヴ・パフォーマンスは各所にて話題を振り巻き続けている。そんな中リリースされる待望の2ndアルバム『MORE LEARNERS』はオリジナル楽曲はもちろん、ビーチ・ボーイズやダイアナ・ロス、山下達郎もカヴァーしている「WHY DO FOOL FALL IN LOVE」をはじめ、チェッカーズのドゥーワップ・ナンバー「MOONLIGHT REVIEW 50’S」のカヴァーで日本語楽曲にも初挑戦するなど、前作よりも確実に"MORE"な仕上がりとなっている。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信中。そしてリリースにあたり、リーダーである松田"CHABE"岳二にインタヴューを敢行。バンドの結成とそのこだわりについて話を聞いた。 LEARNERS / MORE LEARNERS'
by JJ
日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!!
[POWERPUSH]・2017年01月20日・日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!! 元銀杏BOYZの安孫子真哉がチーフ・プロデューサーとしてパンク、ハードコア、ギター・ポップ等アンダーグラウンドから飛び出してくる生き生きとした音楽をリリースするレーベルKiliKiliVilla。モデル・歌手のSARAと松田"CHABE"岳二によるユニットから発展した5人組ロックン・ロールバンドLearnersや、栃木・足利を拠点として活動する3人組のCAR10、北海道・苫小牧の若きトリオ、NOT WONKなどなど、現在の音楽シーンにおいてKiliKiliVillaのリリースは目が離せない状態になっている。 OTOTOYでは、すでに発売されているLearnersのファースト・アルバム、NOT WONKの2枚のアルバムを始め、1月11日リリースのSuueat.のシングル『Let's get lost EP.』や1月18日リリースのEccy『Lonely Planet feat.あるぱちかぶと』、『Blood feat.泉まくら』のシングルを配信開始。また、LEARNERS待望の2ndアルバム
Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク
[POWERPUSH]・2017年01月20日・Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク OTOTOYが主催するオトトイの学校にて、音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深め、「表現」の方法を学ぶ場として開講している「岡村詩野音楽ライター講座」。 2013年より、年末に製作してきた『Year in Music』。その名のとおり、受講生の選盤によって、その年のベスト・ディスクのレヴューを集めたものになります。ひとりの師を仰ぎながらも音楽の趣味嗜好の異なる書き手たちが選んだ2016年のベスト・ディスクを、2017年につながるひとつの指標としてお楽しみください。 list 『Year in Music 2016』作品一覧(あ-ん) ・agraph『the shader』・イ・ラン『神様ごっこ』・in the blue shirt『sensation of blueness』・エンジェル・オルセン『マイ・ウーマン』・カニエ・ウェスト『ザ・ライフ・オブ・パブロ』・KOHH『DIRTⅡ』・Suchmos『MINT CONDITION』・ジェイムス・ブレイク『ザ・カラー・イン・エニシング』・ス
最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート
[POWERPUSH]・2017年01月17日・最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート 清 竜人が一夫多妻アイドル「清 竜人25」結成後、TSUTAYA O-EASTにて定期的に開催していた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。今年6月で清 竜人25が解散するにあたり、最後のハーレム♡フェスタが1月14日に新木場Studio Coastでおこなわれた。今回はスペシャル版ということで規模も出演アイドルもステージも最大数と、まさかのアイドルフェス仕様に。今回はトリを務めた我らが清 竜人25と、フィナーレの模様をレポートする。清家のみなさん、解散まで半年切りましたよぅ・・・! REPORT : 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル あと何回清 竜人25を見られるのだろうか。ステージを見ながら、そんなことを考えている自分自身に気がついた。 2017年1月14日、新木場Studio Coastで「清 竜人ハーレム♡フェスタ♡SPECIAL」が開催された。 清 竜人25が結成された2014年から、女性アーティストを招いて開催されてきた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。しかし、2017年6月17日の清 竜人25解散をひ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事