2009年8月1日に2年ぶりの新曲「NOW!!!」をリリースしたクラムボン。その発売を記念して、ソング・ライティングをつとめクラムボン・サウンドの要であるミトのソロ・プロジェクトを紹介。彼の音楽に対する探究心はクラムボンだけでなく、ソロ・プロジェクトにもあらわれ、3枚のアルバムのどれを聴いても非常に高い完成度。そして何よりも、一人のミュージシャンが生み出したとは思えない程の幅広い音楽性だ。この機会にクラムボンの楽曲が持つ実験性とポップさ両方を兼ね備えながらも、全く違う魅力を持った彼のソロ作品に触れてほしい。聴けば、「NOW!!!」に散りばめられたサウンドのマジックを垣間みることができるだろう。

クラムボン ミト

FOSSA MAGNA

『Declaration of the Independence of the imagination and the Rights of Man to His Own Madness I』

記念すべきミトのソロ・プロジェクトの第1弾FOSSA MAGNA。メンバーはミト、伊藤大助、ナタリー・ワイズの斉藤哲也の3人。フォッサ・マグナ (Fossa Magna) の語源はラテン語の "Fossa Magna" で、「大きな窪み」を意味している。ミトの内面にぽっかり空いた「大きな窪み」を覗いてしまったかのように、狂気と衝動に満ちあふれた作品。9曲目に収録された「You better to get the RAMONES soul」というタイトルが示すように、何よりも感じるのは初期衝動。フリー・ジャズの形態をとっているけれど、その内実はどちらかというとノー・ウェイヴ。5分台のスピード感溢れるジャズは、クラムボンでは決して見ることの出来ない“牙”をかいま見ることができる。(池田義文)

  1. Megamouth
  2. Down stroke bop
  3. E-17
  4. 70's violence movie revival part 1
  5. Robert plays on the beach
  6. Tuesday's shock style
  7. Propaganda jazz
  8. 11th count one, two, three, fxxx
  9. You better to get the RAMONES soul
  10. My PC's folt
  11. 70's violence movie revival part 2
  12. Iran (Invitation of our irony)

dot i/o

『Declaration of the Independence of the imagination and the Rights of Man to His Own Madness II』

ミトのソロ名義(FOSSA MAGNA、dot i/o、micromicrophone)の中で、最もミニマルでスタイリッシュな作品が、dot i/oの『想像力の独立と自己の狂気に対する人権宣言II』。本作は、CAN(カン)のイルミン・シュミットを共同プロデューサーに迎え、ミックスに際してはミトが渡仏、彼の自宅スタジオで2週間かけて作業が行われた。ぶちぎれたボーカル・コラージュの3曲目「Rokus」からミトが優しく歌う4曲目の「We're living」にかけての流れは、クラムボンでは決して聴くことの出来ない、まさに狂気と呼ぶにふさわしい産物。先日行われたNEUTRAL NATION 2009@新木場STUDIO COASTでは、全編TENORI-ONを使っての演奏。ダンス用のフロアでの演奏だったが、オーディエンスは踊るというより、dot i/oを聴きながら、TENORI-ONの光とミトの動きを凝視していた。そこには、クラムボンやmicromicrophoneにある優しさはなく、危険な美しさが存在していた。それは、決して触れてはいけない硬質なサウンドの固まり。本作を聴けば、ミトの深くに潜む闇を垣間みれるだろう。そしてクラムボン・サウンドが、TVの中で垂れ流されるありきたりのJ-POP サウンドにならない理由がわかるだろう。(JJ(Limited Express (has gone?)))

  1. 09
  2. Ditelno
  3. Rokus
  4. We're living
  5. Tang
  6. Sip
  7. Litho
  8. yauyua
  9. Fluid
  10. lfln
  11. yauyua [mtaltdm remix]

micromicrophone

『Declaration of the Independence of the imagination and the Rights of Man to His Own Madness III』

『想像力の独立と自己の狂気に対する人権宣言III』というタイトルが示すように、3部作の完結編。前作の2作から一変し、ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム、その他の楽器全てがミトによって演奏されている。ひとつひとつの音から、音楽との蜜月ぶりが伺える。楽器の音数は決して多くないが、空間の密度は高い。それは、ミトにプロデュースを受けたSOURが「ミトさんは、0と1の間をすごく大切にする人」と言っていたことと繋がるのだろう。先日recommuniで発売されたクラムボンの新曲「NOW!!!」を、CDよりも音の良い24bit/48KhzのWAVファイルで配信したのも、音楽に対する果てない野心とこの3部作以降も続く彼の自己探求だ。音楽の聴き方は人それぞれあれ、このアルバムを繰り返し聴く理由は、1回では完全に個人内で消化できないくらいの情報量が込められているからである。シンプルなリズムと、ギター・アルペジオ、寛容なベース、どの音もはっきりと聴き取れるにも拘わらず、雰囲気を一変してしまうのは、ミトの音楽への真摯な探求が表れているからなのだろう。聴き手が、何度も繰り返し音楽を聴いて作品を理解していくように、ミトは音楽を自らが創ることで音楽を理解しようとしている。音楽は奥深く、冒険的なものだということを指南してくれる。(西澤裕郎)

  1. Sudden
  2. Halcyon
  3. Till When I come to own world
  4. Unconscious hypocrite
  5. Mimic
  6. Will be mine
  7. Fractal
  8. Hearken
  9. Bias
  10. When you came alone
  11. We're living(micromicrophone ver.)

ミトのソング・ライティング能力が抜群に発揮された新曲『NOW!!!』を今すぐゲット!

待ちに待ったクラムボンの新曲「NOW!!! 」が発売。この「NOW!!! 」は、オリジナルの新曲としてはなんと2年ぶりのリリース。先日の「Re-clammbon tour」、スタジオ・コーストの「NEUTRAL NATION 2009」、そしてFUJI ROCK FESTIVEL '09で唯一の新曲として披露されました。プロデュースはクラムボン自身。ゲストにはバービー・ボーイズのKONTAがソプラノ・サックスで参加。セルフ・カバー・アルバム『Re- clammbon 2』を経て生み出された強靭なクラムボン・サウンドに、フレッシュな1ページを書き加える名曲の誕生です。しかも、CDよりも良い24bit/48KHzのWAVファイルがダウンロード出来ます。レコーディング・スタジオで作り上げられたそのままのサウンドをお楽しみください。

クラムボン夏の風物詩「日比谷野音ワンマン」開催決定!

毎年恒例となっている野音ライブが今年は10月10日に開催することが決定しました! 1999年の「はなれ ばなれ」でデビューより10年、10月10日に10周年を記念して! そしてクラムボンより「ありが10」を込めて、今年は秋の夜長をスペシャルに盛り上げます!

9月12日のチケット発売に先がけて、8月21日(金)12:00〜24日(月)18:00までオフィシャル・サイトでは先行予約を開始します。
クラムボン オフィシャル・サイト : http://www.clammbon.com

『クラムボン 10月10日に10周年 ありが10!!!』
10月10日(土)
日比谷野外大音楽堂
開場 16:45 / 開演17:30
指定¥4,725 立見¥4,200-

クラムボン特集ページ

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸